蛍光灯とモルモット

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ライ麦@しょぼんR◆xg:2016/04/23(土) 18:46 ID:DzA





※人が死にます
※糞みたいな文です

2:ライ麦@しょぼんR◆xg:2016/04/23(土) 18:47 ID:DzA


冷たいコンクリートが打ちっぱなしの部屋に、無機質な蛍光灯だけが光を放ち、時計の針は音程も何もかもを変えずに、淡々と音を鳴らす。
時計の針が深夜零時を指した所で、人工知能はあと6日だと、抑揚も付けないで言った。

犯罪者を使った実験、とでも言うべきなのだろうか、世界は犯罪者に溢れ、科学は実験者に飢えていた、都合のいいモルモットに私達はなり、人工知能と監視カメラに二十四時間監視されながら六日間過ごす。

私達、と言ったがこの実験は、二匹モルモットを用意させて、片方を殺したら外に出られる仕組みにし、一匹がもう一匹を殺した時の脳波を調べる、この実験はモルモットを人間に置き換えるだけで良い、つまり、私達はどちらかを殺さなければならない、顔も名前も知らない相手を。

顔も名前も知らないのならば、特に話す事なんてない、私達は一回も会話をせずに、只々時間を沈黙で掃いて捨てるだけだった、殺す期限は7日間、
私は特に行動も起こさずに、液体の栄養食を飲み、静かに本を読むだけだった。

蛍光灯が切れそうになり、頻りに瞬きのような点滅を繰り返している時、
私は名も知らない男に問いかける、

「……どっちを殺すの?」
「何を言っているんだ、二人して助からねばならないだろう」

唖々、こういう奴が一番面倒くさい、とっとと頭をブチ抜けば済む話だろう、
私は少し棘を含ませた声で男にこう告げ、髪を意味もないのにかき上げた。

3:ライ麦@しょぼんR◆xg:2016/04/23(土) 18:47 ID:DzA

「…バカなの?、撃ち殺されたいマゾヒストなの?」

知らない女にこう言われたら大体男はキレる、実証済みだ、
ここで生き残っても解放されるわけではない、次のモルモットになって死ぬのが少し遅くなるだけ、だったら私は今すぐにでも死にたい。
そう考えていると、男がぼそりと呟く様に言った

「……俺は生かせる命は、出来るだけ生かしたい」

元医者だからな。と短く付けたし、男は少し悲しげな表情に変わる、
医者が何故ここにいるのか、なんて言葉を飲み込んで、捲し立てる様に言う

「算盤を弾きなよ、こんなの簡単な引き算でしかないでしょ?」

男は面食らった様にこちらを見た、簡単な計算でしかない、人の命なんて

「引き算以下でもないし、以上でもない、ただ一人を殺すだけ」

生き残れるモルモットは一人、それを誤魔化す為にそんな考えをしているようにしか、私には思えなかった、蛍光灯は消えた、


その暗闇の中で、元医者の男ははっきりとこう言った。


書き込む 最新10 サイトマップ