コクった彼氏は肉食系でした・・・

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:猫又◆Pw:2016/04/24(日) 19:10 ID:.gc

 初めましての人が多いと思います。猫又です。
この小説は主人公が彼氏に押し倒されたり、後ろから襲われたりするだけのとってもピュアな作品です。

 ……マジメに言うと、小学生には見て欲しくないレベルでエロいです。
とはいえ大人向けのエロではないので、

○通報
○荒らし行為
○根拠の無い誹謗中傷
……などはやめて下さい。

 では『コクった彼氏は肉食系でした・・・』。
略してコク肉カレー。お楽しみいただければ幸いです。

2:猫又◆Pw:2016/04/24(日) 19:16 ID:.gc

◇プロローグ あぁ、初恋は、儚くも

 一日千秋の思いという言葉がある。
たった1日を千回の秋が巡るほどに待ち焦がれる様子を表しているらしいその言葉を私は今、身を持って感じていた。
 井上奏馬(いのうえ そうま)先輩。
男子陸上部のメンバー。温厚でのんびりとした性格からか男子女子問わず、周囲からの信頼は厚い。特に目立つような行動はせず、裏方に回っている引っ込み思案ではあるがそのお人好しさゆえに彼女を志願する女子も多い。

 以上が私のあこがれの人、ソウマ先輩の基本データである。
ここまで言えば分かるだろうが、並の女子が手を出して良いお方ではない。
特に私のような根暗、コミュ症、友達0が近づけるような存在は、無い。
――ハズだった。

「あ。あそ、その……す、好きれしたぁッ! 付きらってくださいィ!!」
 この盛大にコケたセリフを私が吐いたのは昨日。人目につかない校舎裏に先輩を呼び出した時のことだ。
もちろん期待はしていなかった。
どうせ何もしないで諦めるくらいなら告白して玉砕しよう。先輩のことだ、告白したことで私の悪口をいう人では無いだろうし、他の女子が何をウワサしようと私のイメージはこれ以上悪くなりようもない。そう考えての決行だった。
 先輩の後光に目を潰されながらも私はどうにかして先輩のことが好きだと伝え、テキトーにごまかして帰るつもりだった。しかし先輩から返ってきたのは私の予想の遥か上、雲どころか成層圏まで超えて宇宙まで届くほどの答えだった。

『……考えさせてくれない、かな? 明日まで。……僕も君となら上手く行く気がするんだ』
「クワァ――ッ!!」
 若干頬を染めながらそう言った先輩の顔がフラッシュバックして、私はもたれ掛かっていたボイラー施設の扉をガンガンガンガンガンと叩いて羞恥を誤魔化す。
 そう。先輩は言ってくれたのだ。君となら上手く行きそう。と
それはつまり、そう、つまり、そういうことですよ、えぇ!!


書き込む 最新10 サイトマップ