キャンディ達が過ごす愉快な時間

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:キャンディ:2016/04/28(木) 21:23 ID:TRk

どうも!キャンディです!
小説を書いてみたいな〜と思ったので、挑戦してみました!

初めての作品なので、ヘンなところがあるかもしれませんが、
それでも楽しく読んでくれればいいな〜と思っています!

感想を言ってくれると、とっても嬉しいです!

2:ほのあんぱん◆1o:2016/04/28(木) 21:33 ID:CqA

キャンディさん、私の所に感想ありがとうございました!
読みますね!楽しみにしています♪

3:キャンディ:2016/04/28(木) 21:38 ID:TRk

>>2
いえいえ!どういたしまして!

ありがとうございます!
頑張りますね!チカラになります!

4:キャンディ:2016/04/28(木) 21:59 ID:TRk

キャラクター紹介1 (主要キャラクター)


キャンディ・メイヤスキー
中学一年生の女の子。お菓子とアニメが大好き。
心配性で、緊張しやすい。

クラブ・サマーレッド
小学五年生の女の子。キャンディの親友。
いつも元気で、運動が得意。

花宮メイ (はなみや メイ)
中学一年生の女の子。アニメと漫画が大好き。
落ち着いていて、おとなしい。

5:キャンディ:2016/04/28(木) 23:00 ID:TRk

キャラクター紹介2 (サブキャラクター)


小海マリン (こうみ マリン)
小学六年生の女の子。
好きなものが、ほとんどキャンディと同じなので、良く気が合う。

流水リカ (りゅうすい リカ)
小学六年生の女の子。おしゃべりが大好き。
特に好きな人の話をする事が多い。

花月ナナ (かげつ ナナ)
小学五年生の女の子。頭が良くて、しっかり者。
よく、名字を「かづき」と間違えられる。

6:キャンディ:2016/04/29(金) 21:00 ID:TRk

〜プロローグ〜


ココは、「コメットタウン」という小さな町。
そこには、子供達が仲良く暮らしていました。

心配性のキャンディ、元気なクラブ、おとなしいメイ。

そんな彼女達の生活を、のぞいてみませんか?

7:ユリ◆e.:2016/04/29(金) 21:12 ID:3zQ

続き楽しみにしてるね(*´ω`*)

8:キャンディ◆ok:2016/04/29(金) 21:36 ID:TRk

>>8
ありがとう!

9:キャンディ◆ok:2016/04/29(金) 21:36 ID:TRk

間違えた!>>7だった!

10:キャンディ◆ok:2016/04/30(土) 14:48 ID:TRk

〜勉強しなさい!〜


晴れた日曜日の昼に、キャンディは言いました。

キャンディ「明日学校あるからイヤだ〜!」

クラブ「うちも〜!」

メイ「うんうん!」


クラブとメイが同意していた…その時!!

???「キャンディは、もっと勉強した方がいいよ?」

11:キャンディ◆ok:2016/04/30(土) 15:00 ID:TRk

キャンディ「その声は…ナナさん!」

ナナ「キャンディってさ、いっつもテストで20点ぐらい取ってるじゃん?ヤバイよ」

クラブ「いやいや、うちの方がヤバいよ!?」

ナナ「クラブは大丈夫だと思う。60点ぐらいでしょ?
たぶんメイも平気だよ。50点ぐらいじゃん。」


キャンディ「そう言ってるナナさんは、どうなの!?」

クラブとメイは、ホッとしましたが、キャンディだけは怒っていました。

12:キャンディ◆ok:2016/04/30(土) 15:47 ID:TRk

キャンディがそう言うと、ナナは持ってきたテストの答案を見せました。
なんと点数は、100点満点だったのです!


ナナ「なんか文句ある?」

キャンディ「くっ…!」


くやしがったキャンディは、20+60+50を計算し始めました。
130と答えを出すと、キャンディは急に叫んだのです。

キャンディ「3人合わせて130点だから、私達の勝ちだよ!」

ナナ「は?」


ナナが「それおかしいよ」と言う前に、キャンディは去って行ってしまいました。

13:キャンディ◆ok:2016/04/30(土) 22:29 ID:TRk

クラブ達は、だんだん遠くへ行ってしまう
キャンディの後ろ姿を見て、固まってしまいました。


ナナ「なんなの…勝負しようなんて言ってないし。」

クラブ「なんで、点数の話題を出したの?」

ナナ「キャンディの成績が悪いから、将来が心配だったの。」


クラブとメイは、その一言を聞くと、暗い表情が明るくなりました。

メイ「そうなんだ!それは良い事だと思うよ!
ただキャンディが、勘違いしちゃっただけだし!」

クラブ「そうだよ!キャンディに伝えておくね!
ナナは、キャンディの成績に心配してたって事を!」


そして翌朝…

キャンディ「ナナさん、昨日はゴメンね!」

ナナ「私も、文句ある?って言っちゃってゴメンね!」

こうしてキャンディとナナは、仲直りをする事が出来たのでした。

14:ほのあんぱん◆1o:2016/05/01(日) 19:24 ID:gsw

面白いね!
キャンディちゃんとナナちゃん、仲直り出来て良かった!(*´ω`*)
更新頑張ってー!

15:ユリ◆e.:2016/05/01(日) 19:40 ID:3zQ

面白いよ!キャンディ(///ω///)♪

16:かき氷◆CY:2016/05/01(日) 19:48 ID:nzc

キャンディ!みたよ!おもしろい!!!

17:キャンディ:2016/05/01(日) 20:02 ID:bmw

>>14-16
ありがとう!!嬉しい!!

18:にか◆Pk:2016/05/02(月) 18:55 ID:nJE

くるの遅くなってごめんね!
すごい…わかりやすい…面白い…

19:にか◆Pk:2016/05/02(月) 18:55 ID:nJE

リカのモデルってだれだ…?

20:キャンディ◆ok:2016/05/02(月) 19:04 ID:EsA

>>18
にかさんも来てくれたんだね!ありがとう!

>>19
モデルが知りたいなら、専スレへGO!!

21:キャンディ◆ok:2016/05/02(月) 22:42 ID:EsA

〜ライスは大事!〜



???「ねぇキャンディ〜、今日のお昼ご飯なんだった〜?
私はハヤシライスだったよ〜♪」

彼女の名は、マリン。
キャンディと良く気が合うのです。


キャンディ「おお!ハヤシライスいいね!
私は、お寿司だったよ!」

マリン「お寿司いいよね〜!」

22:キャンディ◆ok:2016/05/02(月) 23:07 ID:EsA

2人がそんな話をしていると、クラブが走ってきました。


クラブ「ヤッホ〜〜!なにしてるの〜〜?」

キャンディ「マリンさんと、お昼ご飯に何を食べたか話していたんだ〜♪」

クラブ「へ〜!うちはカレーだったよ〜!」

マリン「あ〜〜!カレーライスおいしいよね!私も好き!」


キャンディ「うんうん!でも、白いご飯はイヤだなぁ…」

クラブ&マリン「えっ!?そうなの!?」

23:キャンディ◆ok:2016/05/03(火) 09:41 ID:EsA

キャンディ「ご飯の時間にさ、いっつも出されるじゃん?おいしくないのに…」

クラブ「味つけしてみたら?きっとおいしくなるよ!」

マリン「うんうん!ふりかけとか、おかずと一緒に食べたりとかね!」

キャンディ「あ〜!なるほど!」


クラブ「今度やってみて〜!オススメだよ!
……そうそう、もしご飯がなかったら、どうなっていたと思う?」

キャンディ&マリン「えっ…?」


突然、クラブの表情が真面目になりました。
キャンディとマリンは驚いています。

24:キャンディ◆ok:2016/05/03(火) 12:26 ID:EsA

キャンディ「え〜っと…アハハ、
ご飯がなくったってさ、麦ご飯っていうものがあるじゃん!」

キャンディが苦笑いをしながら答えると、
クラブは首を横に振り、こう言いました。


クラブ「麦ご飯はね、お米がないと作れないの。
お米と麦を混ぜないと出来ないから。」

キャンディ「えっ…そうなの?」


クラブ「うん。お米がなかったら、
うちらが好きなカレーライスも、オムライスも作れないんだよ。」

確かに!キャンディはそう思いました。


キャンディ「うん、そうだよね。今日は大切な事を学んだよ。
いくらご飯料理でも、カレーやオムライスばかりだと飽きちゃうから、
私達は、飽きない白いご飯を食べてるんだね。」

クラブ「そうそう!わかってくれればいいんだよ!」

マリン「味が濃いと、食べ飽きちゃうよね!」


クラブ「ふりかけは、飽きない程度で、かけないとね!」

キャンディ&マリン&クラブ「アハハハハハハ!」

コメットタウンに、3人の楽しそうな笑い声が響いたのでした。

25:かき氷◆CY:2016/05/03(火) 18:58 ID:2ig

平和だねー…笑

26:にか◆Pk:2016/05/04(水) 17:38 ID:PyQ

物知り!私!www

物知りに書いてくれてありがとう(*^^*)
社会が得意から繋げたのかな?

親友だから来るよ!私のところにも来てくれてるし!

27:キャンディ◆ok:2016/05/07(土) 19:29 ID:En6

>>25
コメットタウンは平和な町なのです!←自慢するな!

>>26
どういたしまして〜!
いや〜、頭が良いイメージがするから…www
ありがとう!

28:キャンディ◆ok:2016/05/14(土) 22:59 ID:V0Y

〜おそ松さんごっこ〜



アニメが大好きなキャンディが言いました。

キャンディ「クラブさんって、なんか…カラ松っぽいよね。」

クラブ「カラ松!?おそ松さんの?」

クラブは驚きながら聞きました。


キャンディ「うん、そうそう!
メイさんは…十四松かトド松かな?」

もちろんメイも驚きましたが、
クラブと違って、喜びました。


メイ「えっ!?私が十四松っぽい?!
……あの子、天使だよね!嬉しい〜!」

クラブ「そこ!?」

メイもアニメが大好きなのです。

29:キャンディ◆ok:2016/05/14(土) 23:10 ID:V0Y

キャンディ「うんうん!可愛いよね〜!
メイさんが十四松だとすると…マリンさんはトド松かな?」

マリン「末っ子か〜、悪くないね〜!」

マリンは驚かず、ニッコリしました。
メイは笑顔で同意をし、クラブは困った顔で聞きました。


メイ「トド松もいいよね〜!」

クラブ「似合ってると思うけどさ、
なんで急におそ松さんの話題にしたの?」

話について行けないのでしょうか。
キャンディは笑顔で答えました。

30:キャンディ◆ok:2016/05/14(土) 23:21 ID:V0Y

キャンディ「ふふふ、おそ松さんごっこをしようと
言いたかったからだよ!」

クラブ&メイ&マリン&リカ&ナナ「え〜〜〜〜〜っ!?」

5人は一斉に叫びました。


クラブ「それで、うちにカラ松っぽいって言ったのか!」

メイ「役を決めてたの?十四松だ〜〜!わ〜〜い!」

マリン「リカとナナはなんだろ〜?」


キャンディ「リカさんは一松で、ナナさんはチョロ松かな!」

ナナ「あの、なんで勝手にキャンディが役決めてんの?!」

クラブ「ナナもそう思うでしょ!?やりたいなんて誰も言ってないし…」

31:キャンディ◆ok:2016/05/15(日) 08:32 ID:V0Y

ナナ「私、おそ松やりたいの!!」

クラブ「そっち!?」

クラブはズコッとコケました。


キャンディ「そうかそうか!じゃあナナさんは、おそ松兄さんね!」

ナナが喜ぶと、リカが小さい声で言いました。


リカ「あの…私、チョロ松やりたい…」

キャンディ「オッケ〜!チョロ松が空いてよかったね!」


キャンディが何の役か、もうお分かりですよね。

32:キャンディ◆ok:2016/05/15(日) 16:08 ID:V0Y

そう、一松役です。

キャンディ「私が一松だ〜〜〜!!フゥ〜〜〜〜!!」

一松が大好きなキャンディは、大喜びして、叫びました。


クラブ「そ、そんなに好きなの?!」

メイ「いいから早く始めようよ!」

そのメイの一言で、おそ松さんごっこがスタートしました。

33:キャンディ◆ok:2016/05/15(日) 21:33 ID:V0Y

ナナ(おそ松)「さてと、今日もパチンコ行くか!」

ごっこ遊びが始まって
最初に口を開いたのは、おそ松役のナナです。


メイ(十四松)「いってらっしゃ〜い!」

マリン(トド松)「どうせ、また負けるんでしょ?」

リカ(チョロ松)「こんな事してるヒマがあるなら、働き始めてよ!」

クラブ(カラ松)「フッ…勝つといいな。期待してるぜ。」

キャンディ(一松)「また行くのか。飽きないのか?」


弟達が長男を見送ると、おそ松(ナナ)は出て行きました。

34:キャンディ◆ok:2016/05/16(月) 11:22 ID:V0Y

ナナ(おそ松)「ただいま〜!」

5人(弟達)「おかえり〜!」

おそ松(ナナ)が帰ってくると、5人の弟は笑顔で出迎えました。


メイ(十四松)「どうだった?」

ナナ(おそ松)「負けた!」

マリン(トド松)「やっぱりね〜!そうだと思ったよ!」

負けたのに、なぜかおそ松(ナナ)は微笑んでいました。
いい提案があるから負けてもいいや!そう思っているからです。

ナナ(おそ松)「今日の夕飯は、チョロ松のおごりな!」
これが、おそ松(ナナ)の提案です。


それを聞いたチョロ松(リカ)は怒りながら驚きましたが、弟達は喜びました。

キャンディ(一松)「フフフ…いいかも…。」

クラブ(カラ松)「いや、たまには俺がおごってやろう…。」

マリン(トド松)「チョロ松兄さん悪いね〜!」

カラ松(クラブ)が無視されるのは、いつもの事です。
反応したとしても、「えっ…」と言う事しか出来ませんでした。

35:キャンディ◆ok:2016/05/16(月) 22:03 ID:V0Y

チョロ松(リカ)は、自分の財布を取りに行くと、中を見てみました。

後ろで期待している兄弟達が、横からチョロ松(リカ)の顔をのぞき込むと、
様子がおかしい事に気づきました。

チョロ松(リカ)の顔が、真っ青になっていたのです。
それでも兄弟達は、嬉しそうな表情を変えませんでした。


メイ(十四松)「どうしたの?チョロ松兄さん。」

クラブ(カラ松)「マネーが多すぎて、真っ青になるほどハッピーになったんだな…。」


黙っていたチョロ松は、口を開き始めました。

36:キャンディ◆ok:2016/05/17(火) 19:34 ID:V0Y

リカ(チョロ松)「全然ない……。」

この一言で部屋中が静かになり、、おそ松(ナナ)以外の
兄弟達は、驚いた顔をしました。

おそ松(ナナ)が笑顔でいるのは、弟をからかおうと思ったからなのです。


ナナ(おそ松)「どうせレイカのグッズをたくさん買ったからだろ?」

リカ(チョロ松)「何回言ったらわかるの!?にゃーちゃんだからね!?」

チョロ松(リカ)の顔が、真っ青から真っ赤に変わりました。

キャンディ(一松)「表情変わるの早くね?さっきまでショック受けてたくせに。」


そんな風にしばらく雑談をしていると、十四松(メイ)が話題を変えました。

メイ(十四松)「結局、ご飯はどうするの〜?」

すっかり忘れてた…!

リカ(チョロ松)「あっ…!ごめん十四松!今日も母さんの料理にしよう!」

マリン(トド松)「え〜?おごってほしかったよ〜。」

クラブ(カラ松)「トッティはマミーの料理が嫌いなのか?」

ナナ(おそ松)「嫌いじゃないだろ。たまには良いじゃないか〜。」

37:キャンディ◆ok:2016/05/17(火) 21:53 ID:V0Y

☆ミス発見☆


「すっかり忘れてた…!」

「すっかり忘れてた…!十四松(メイ)以外の5人は、
内心でそう言いながら思い出しました。」

38:キャンディ◆ok:2016/05/17(火) 22:28 ID:V0Y

キャンディ(一松)「いや、おごれるとしてもさ、行けるのはチビ太のところだけだろ。」

確かに〜〜!!おそ松(ナナ)は心の中でそう叫びながら、
一松(キャンディ)の言った言葉で胸がいっぱいになりました。

ナナ(チョロ松)「だよね!一松ナイス!」

クラブ(カラ松)「見直したぜ、ブラザー。」

マリン(トド松)「一松兄さんがそんな事を言うなんて、思ってなかったよ…。」

メイ(十四松)「一松兄さんスゴいね!!今日も母さんのだ〜〜!」


こうして六つ子の夕食はいつも通り、家で食べる事になったのでした。

6人「やっぱり母さんが作るご飯は最高だな〜〜!」

39:キャンディ◆ok:2016/05/17(火) 22:42 ID:V0Y

6人が叫ぶと、一斉にお腹が鳴りました。
気がつけば、もう夕方になっています。


キャンディ「あ、もうこんな時間か…。」

クラブ「でも、楽しかったね!」

メイ「うん!またやりたいな〜!」

マリン「またやろうね!」

リカ「私、チョロ松をやって幸せな気分になった!」

ナナ「私も、おそ松兄さんになれて嬉しいよ!」


キャンディ「さあ、私達も本当の夕飯を食べに行こうよ!」

クラブ「つまり、帰ろうって意味ね!」

メイ「うん!また明日ね!」

6人「バイバ〜〜イ!」


キャンディ達は、夕食がある家へ向かっていったのでした。

40:にか:2016/05/21(土) 14:17 ID:nJE

ほのぼのほのぼの…

41:キャンディ◆ok:2016/06/02(木) 19:37 ID:V0Y

>>40
ふふふ!ほのぼのしてるって?そうかな〜?

42:キャンディ◆ok:2016/06/02(木) 22:07 ID:V0Y

〜私達、愚痴り始めました!〜


キャンディ、クラブ、メイの3人は、キャンディの家で話していました。

クラブ「今日、学校でうちの好きな人がさ〜…」


クラブが学校で起こった事を話そうとした時に、外から声が聞こえてきました。

???「も〜〜!最悪なんだけど〜〜!」

キャンディ達はビックリして、部屋が静かになると、
声の主は、キャンディの家のドアを「バン!」と開けました。

43:キャンディ◆ok:2016/06/02(木) 22:44 ID:V0Y

キャンディ達が声の主を見ると、一斉に言いました。

3人「ラ、ライラさん!?(ライラ!?)(ライラ!?)」


彼女の名前は、ライラ・ホワイト。

ちょっとした事でも気に入らない事があると、
すぐキレる小学六年生です。


キャンディ「ライラさん、なにがあったの!?さっき、最悪って言ってたよね!?」

ライラ「うちのクラスにさ、休み時間に絵を描いてるグループがいるの。
その絵を先生がこっそり見てたの!!気持ち悪くない!?」

クラブ「うわ〜〜!そりゃ最悪と言いたくなっちゃうよ〜!」

キャンディ「え〜〜!?気持ち悪ッ!!」


メイ「最悪だね〜!私の親も最悪だよ!勉強しろってDVDのディスク折ってきたもん!!」

キャンディ「なんで!?勉強とDVD関係ないよね!?」

クラブ「うちはスマホ没収されちゃったよ!」

キャンディ「折られた時、没収された時の気持ちを分かっていないんだね。」

メイ「うんうん!子供の気持ちなんて、全然考えてないよ!」

44:キャンディ◆ok:2016/06/05(日) 18:59 ID:V0Y

ライラ「学校イヤなのに、行けと言ってくるし…ホント辛さを分かってないんだから…。」

クラブ「イヤな事があったら、行く気なくしちゃうよね!」

メイ「私だって、早退したら仮病扱いされたよ!気にかけてくれなかったし!」

キャンディ「うんうん!!」


キャンディは、ライラと愚痴っていると、楽しい気持ちになりました。
愚痴が好きになったとキャンディが言うと、クラブとメイは同意をし、ライラは笑顔になりました。

メイ「愚痴ったらスッキリするもんね!ずっとライラがうらやましかったんだよ〜?
辛い事があっても、隠さないでいるから…スッキリしてるんだろうなぁ〜って…。」


ライラ「うん、ストレス解消するよ!やってみてね!
……そうだ!今度からは、うちの家で愚痴らない?」

ライラが提案を言うと、キャンディ達は目を丸くしました。

キャンディ「いいの?」

クラブ「もちろん行く行く〜!」

ライラ「来ていいよ!ぜひ来てね!」


メイ「部屋がキレイなのなら…行くよ。」

クラブ「コラッ!!失礼でしょ!!」

ライラ「汚くてゴメンネ…。掃除しておくよ…。」

メイはキレイ好きなのです。

45:キャンディ◆ok:2016/06/05(日) 20:12 ID:V0Y

ライラ「あ、ちょっとついて来て。」

キャンディ達は外に出ると、ライラは自分の家のドアに紙を貼りました。

『ライラの愚痴ハウスへようこそ!
学校の事や、家の事、なんでも誰でも大歓迎!』

なんと紙には、こう書いてあったのです!
張り紙を見ると、キャンディ達は嬉しくなりました。

キャンディ「愚痴ハウス誕生の瞬間だね!」

ライラ「うん!これでOKよ!」

メイ「コレは思い出に残るね!」

気がつくとメイは、ビデオカメラで動画を撮影していました。

クラブ「いつの間に撮ってたんだ…。持ってた時点でビックリしたけど。」


ライラ「まぁまぁ、いいじゃない!チーム・ライラも誕生したしね!」

3人「チーム・ライラ?」

ライラ「そう!愚痴組…つまり私達の事よ!」

3人「へ〜!それいいね!」

ライラ「よかった!今日から、うちらは……。」

4人「チーム・ライラ!!アハハハハ!」

こうして、チーム・ライラが結成されたのでした。

46:にか◆Pk:2016/07/10(日) 11:42

久しぶりに来てみたら進んでた!

チームライラって葉っぱで言うあれやんけwww
チーム4242www

スマホ没収ってうちのアイパッド没収みたいwww

47:ほのあ◆1o:2016/07/11(月) 00:09

キャンディ、最近来れてなくてごめんね!

やっぱり、コメットタウンの小説は面白いね〜!読んでいると、元気が出るよ!
これからも頑張ってね!

48:キャンディ◆ok:2016/07/13(水) 19:42

>>46
チーム4242がモデルなんだよ!

>>47
ううん!平気平気!
ありがとう!頑張るね!

49:らら◆Oc:2016/07/16(土) 11:52

独り言板から来てみました!!!ららです(*^○^*)
コメットタウンの小説、すごく面白いよ!!!!!
感想書くね!!!

〜勉強しなさい!〜の感想
最初はキャンディちゃんとナナちゃんが喧嘩してどうなるのかと思ったけれど、仲直り出来てよかったと思うよ!!!
将来が心配だから言ってくれたナナちゃんって優しいんだね!!!(*^○^*)
友達と喧嘩している子供たちに見せてあげれば、きっと仲直り出来るいいお話だと思う!!!!!
個人的にこの回が一番好きです!!!!!

〜ライスは大事!〜 の感想
なんか、こうライスの大切さが分かる回だった!!!ライスがないと、カレーライスもオムライスも作れないっていうのがビックリした……!!!
私は、こういう食べ物の回は好きだな!!!
勉強にもなるし、すごくいいと思うよ!!!
これを見ていると、お腹が空いてくる 笑

〜おそ松さんごっこ〜 の感想
コメットタウンのみんなが、ちゃんとキャラになりきれていて凄かったよ!!!
私は、キャンディがおそ松、クラブがカラ松かチョロ松、メイが十四松、マリンがトド松、リカがチョロ松、ナナが一松って予想してた!!!!!ほとんど同じだね 笑
おそ松さん知らない人でも、十分楽しめると思うよ!!!

〜私達、愚痴り始めました!〜 の感想
なんか……すっごいみんなの気持ちが分かります……!!!私もちょっと勉強しなかっただけで、3DSを壊されかけた時もあるので……。
ライラの愚痴ハウス、私も行ってみたいって思いました!!!
2016年6月5日、午後8時12分、ライラの愚痴ハウスの誕生だーーーっ!!!!! ←そこまで計算するか!?!?

とりあえず、私の感想を書いたよ!!!変なところあったらごめんね!!!
新しいの楽しみにしてます!!!頑張ってね♪♪(*^○^*)

50:キャンディ◆ok かしこま!:2016/07/16(土) 19:15

>>49
おおお〜〜〜!ありがとう〜〜〜!
そんなに細かく書いてくれたんだね!変な所なんて全然ないよ!
これからも楽しんでね!頑張るから!

51:キャンディ◆ok:2016/07/17(日) 23:20

〜悪魔の少女ステイシー〜


キャンディ「ライラさ〜ん!今日も愚痴りに来たよ〜!」

キャンディ、クラブ、メイの3人は、愚痴ハウスことライラの家に行きました。


ライラ「あ、キャンディだ!来てくれたんだね!入って入って!」

クラブ「お邪魔しま〜す!」

3人はライラの部屋に入ると、愚痴るのを始めました。

52:キャンディ◆ok:2016/07/17(日) 23:26

キャンディ「最近、同じクラスのぶりっ子女子がウザくてさ〜……。」

クラブ「あ〜!うちのクラスにもぶりっ子いる〜!イライラするよね!」

メイ「男子に堂々とベタベタするから困るよね!」


キャンディ「しかもさ、そのぶりっ子、話し合いで机をくっつける時に
『私の所へくっつけて!私が中心だから!』って言ってきたんだよ!?」

ライラ「あ〜〜!いるいる!自己中心な奴!」

クラブ「ただくっつければいいだけじゃん!中心とか関係ないし!」


メイ「学校があるからこそ、ぶりっ子が増えるんじゃないかな?」

ライラ&キャンディ&クラブ「そうだそうだ!」

3人は一斉に言うと、メイは自分の考えを言いました。その考えというのは……

53:キャンディ◆ok:2016/07/17(日) 23:31

メイ「自由に勉強ができたらいいのに〜…。」

この事だったのです。


キャンディ「大学に入ったら、自由にできるらしいよ!」

ライラ&クラブ&メイ「そうなの!?」

3人は驚くと、また一斉に言いました。


キャンディ「でもね、ナナさんは大学に入りたくないらしいよ!
『高校に入れたら、それでいいわ。』って言ってた!」

クラブ「うっそ!?ナナ頭いいのに!?」


キャンディ「もったいないよね〜!…でもリカさんは入りたいってさ!」

クラブ「あ〜!リカは行けそうだよね〜!
不真面目なナナと違って、しっかりしてるし!」

54:キャンディ◆ok:2016/07/17(日) 23:35

ライラはいつのまにか、愚痴から雑談に変わってしまった事に気づきました。

ライラ「ねえ、雑談になっちゃってるよ?」

メイ「ああっ…!」

メイは両手で口をおさえると、キャンディは言いました。


キャンディ「まあまあ!たまには雑談してもいいじゃん!
愚痴ったら、またあの人が来ちゃいそうだもん……。」

クラブ「あの人って?」

キャンディ「ホラ、あの人だよ!1年前にいた……。」

ライラ&クラブ&メイ「1年前?……あ〜〜〜〜っ!!」

3人は、1年前の事を思い出すと、驚いて叫びました。

55:キャンディ◆ok:2016/07/17(日) 23:47

ライラ「ま、まさか…ステイシー!?」

ライラは慌てると、キャンディは黙ってうなずきました。


1年前の事です。

当時のライラは小学五年生、クラブは小学四年生、
キャンディとメイは小学六年生でした。


4人は、ライラの家でいつも通り愚痴っていると、ステイシーが入ってきました。

ステイシー「ちょっとあんた達!また暴言を吐いてるわね!?」

ライラ「あ、ステイシー!」


彼女の名前は、ステイシー・ブラック。

ライラの隣に住んでいた小学五年生(当時)です。


ステイシー「暴言と愚痴は違うのよ!そんなに愚痴りたいなら、出て行きなさい!」

ライラ「はぁ!?あんたはこの家に住んでる人じゃないでしょ!?
出て行くかは、住んでるうちが決める事なの!」

56:キャンディ◆ok:2016/07/18(月) 07:52

キャンディ「っていうかさ、嫌なら聞かなければいいじゃん!」

ステイシー「嫌でも隣まで聞こえちゃうのよ!」

ライラ「あ〜もう!わかったよ!
出て行けばいいんでしょ、出て行けば!」

ライラ達は家から出て行くと、公園へ向かいました。
離れた所へ行こうと思ったからです。


ベンチに座ると、今度はステイシーの悪口大会が開かれました。

ライラ「ホントさ、あいつなんなの!?イラつく!
家の人じゃないのにエラそうにしてさ!」

クラブ「耳栓するとか、対策ぐらいできると思うんだけど…。」

キャンディ「確かに!!なのにギャーギャーさわぎやがって…。」

メイ「愚痴ぐらいしたっていいじゃん!」


ライラ「だよね!?もうあいつの隣に住むなんて嫌なんだけど!」

メイ「っていうか、愚痴るなら、公園よりライラの家の方がやりやすいんだけど…。」

クラブ「外だと余計聞こえちゃうもんね!でもステイシーが……。」

キャンディ「なんで追放したんだろ?」

メイ「離れた所にいてほしかったんじゃない?家の方がいいのに…。」

4人は、そんな話をしながらライラの家に戻りました。

57:キャンディ◆ok:2016/07/18(月) 08:09

ライラの家の前に来ると、4人は叫びました。

4人「…ん?うわ〜〜〜〜っ!」

なんと、ライラの家が燃えていたのです!
目の前には、手から炎を出しているステイシーがいました。

実はステイシーは魔法使いであり、炎の魔法が得意だったのです。


ステイシー「ちょっとあんた…。私の悪口を言ったわね…?」

ライラ「なんで!?追放したのはあんたでしょ!?うちの家に何するのよ!」

ステイシー「こんな家が私の隣にあるから、こうなるのよ…。」

ライラの気持ちは、怒りと悲しみが混ざってしまいました。その時!


ライラの家に水がかかり、炎が消えました。
家は灰色になってしまっています。

ライラ「レ…レン!?」

レン「ステイシー!もうやめなよ!」


彼の名前はレン・マルティネス。

黒人と日本人のハーフであり、魔法が使える小学五年生(当時)です。

魔法使い同士といっても、ステイシーとは仲が良くありませんでした。
簡単に言うと、正義の味方と敵が戦っている感じだったのです。

58:キャンディ◆ok:2016/07/18(月) 08:27

レンは、水の魔法で炎を消してくれたのです。
ライラ達の前に立つと、ステイシーと止めようとしました。

レン「確かに愚痴は聞いてて気持ちよくならないけどさ、
家を燃やす方がもっと悪いよ!」

ライラ達「そうだそうだ!」


ステイシー「ふん、へっぽこな魔法使いのくせに何言ってるのよ。」

レン「へっぽこだって暴言に入ると思うんだけどな〜?」

メイ「暴言嫌いって言ってたじゃん?
でも、あなたも使ってるよ!自覚ある?」

ライラ「ふふ、これがブーメランというものね…。」


そんなやりとりをしていると、レンは立ち去ろうとしました。

レン「あ!ちょっとトイレ!」

ライラ「ええっ!?…ま、トイレなら仕方ないか。」

レンはステイシー達から離れた所に行ったきり、
戻って来ないまま、長い時間が経過しました。


キャンディ「レンさん、どうしたのかな…?お腹痛いのかな?」

ライラ「ちょっと公衆トイレに行って、様子を見てくるわね!」

ライラも立ち去ろうとした…その時!

59:キャンディ◆ok:2016/07/18(月) 08:50

警察「警察だ!逮捕するぞ!」

レン「みんな!遅くなってごめんね!」

なんとレンは、警察を呼んでくれたのです!
そしてステイシーは警察に捕まり、連れて行かれてしまいました。

ステイシー「イ、イヤ!離して!」


そんな出来事を思い出したライラ達は、今もステイシーを怖がっていました。
でも、ステイシーは捕まったので、ここにはいません。

ライラ「だ、大丈夫だよね!もういないし!」

キャンディ「うん!そうだね!」


そして夕方になり、キャンディとクラブとメイは帰宅すると、
キャンディはテレビをつけました。

夕方にニュースを見るのが、キャンディの決まりなのです。


ニュースキャスター「こんばんは。ニュースをお伝えします。
去年の6月に逮捕された、当時11歳の少女が脱走しました。

今日、午後2時頃、当時小学五年生の少女が脱走をした事がわかりました。
少女は、去年の6月に、隣人の少女の家を放火をして逮捕されました。
今でも逃走中とのことです。」

キャンディ「えっ!?」

60:キャンディ◆ok:2016/07/18(月) 10:19

キャンディは、ステイシーではないかと考えました。

まさにその通りです。


その頃ステイシーは魔法のホウキで空を飛び、1日かけて脱走していました。

ステイシー「明日は1年前に放火をした日よ。
あいつらはまだ愚痴っているのかしら?」


そして翌朝になると、コメットタウンに着きました。

今日も4人は話しています。
しかし、話しているのは愚痴ではありませんでした。

キャンディ「ねえ、昨日のニュース見た?」

ライラ「見た見た!アレどう見てもステイシーだよね…?」


ステイシー「ええ、そうよ?」

久しぶりにその声を聞くと、ライラ達は驚きました。

ライラ「わあっ!?やっぱりか…。」


ステイシー「今日はなんの日か、わかってる?」

クラブ「脱走した日…?」

ステイシー「違うわよ!1年前に私が放火した日に決まってるじゃない!」

ライラ「だからココに来たのね。」

ステイシー「そうよ。反省してるの?」

ライラ「してるよ!ごめんなさい!」

ライラはめんどくさがりながら謝りました。

61:キャンディ◆ok:2016/07/18(月) 10:41

ライラ「っていうかさ、あんたも放火した事を反省してるの!?」

ステイシー「私はね、あんた達の暴言がなおってるか見に来たのよ!」

ライラ「話を変えないで!反省してないって事にするよ!」

メイ「なおっていたら放火しないよね?」


クラブ「愚痴と暴言は違うって言うのならさ、違いを説明してよ!」

ステイシー「愚痴は陰で言うけど、暴言は堂々と言う事よ!」

ライラ「だから、この愚痴ハウスがあるんじゃない!
でも、あんたが追放さえしなければ、愚痴のままになっていたのよ!」

ステイシー「愚痴ハウス?なによこのネーミングは!今も愚痴ってるという事ね!」
反省してないというのなら、このコメットタウンごと燃やし尽くしてやるわ!!」

ステイシーは地面に、手から出した炎を近づけようとした…その時!


警察「いたぞ!警察だ!お前を再逮捕する!」

なんと警察は、捜していたステイシーを見つけたのです!

ステイシー「イ、イヤ!離して!あいつらが悪いのよ!」

ライラ達「イェ〜〜〜イ!!」

こうしてステイシーは、また警察に捕まって、連れて行かれてしまったのでした。

62:匿名:2016/07/19(火) 09:44

(少しだけ違和感っていうか、もやもやするなんて言えない)

63:キャンディ◆ok:2016/07/19(火) 20:08

>>62
思いついたら、すぐにパッと書いているので、
変な所が出てしまいました…。すみません!

64:匿名:2016/07/24(日) 00:04

>>63いや、大丈夫。ただ愚痴が隣まで聞こえるのに耳栓しろ!はおかしいかなと思っただけ。面白かったよ。

65:キャンディ◆ok:2016/07/24(日) 20:10

>>64
ああ、そういう事ですか!ありがとうございます!
そう言ってくれると嬉しいですよ!

66:ほのあ◆1o:2016/07/28(木) 16:47

やっばり面白いね〜!
私も、キャンディを真似して小説を書いてみることにするよ!

ライラとステイシーの、仲直りの回も見てみたいな〜…!なんて思ったりもしちゃいました。
それでは、これからも更新ファイトだぜー!!

67:ほのあ◆1o:2016/07/28(木) 16:51

キャンディを真似して、じゃなくて「キャンディみたいに」だった!間違えた…ごめんね…!
要するに、キャンディみたいに上手な小説を書けるようにする、ということです!←最初からそう言え!

連レス失礼しました…m(__)m

68:キャンディ◆ok:2016/07/30(土) 09:40

>>66
仲直りの回!いいね〜!頑張るよ〜!

>>67
大丈夫だよ!

69:キャンディ◆ok:2016/07/30(土) 09:54

〜悪魔の少女ステイシー その後〜


脱走したステイシーが捕まった次の日の朝、
ライラの家のポストに1枚の手紙が入っていました。


キャンディとクラブとメイは、手紙を取り出そうとしたライラを見つけると、声をかけました。

キャンディ「おはよ〜、ライラさん!なにしてるの?」

ライラ「あ、キャンディ!それにクラブもメイも!
今、手紙を見ようと思ってた所なの!」

クラブ「そうなんだ!誰が書いたのかな?」


ライラ「さぁ…誰だろうね〜?……えっ!?うそ!?」

キャンディ&クラブ&メイ「どうしたの!?」

4人は手紙を見ると、誰が書いたのかわかりました。

70:キャンディ◆ok:2016/07/30(土) 10:07

なんと、書いた人はステイシーだったのです!

メイ「なんでステイシーがライラに…!?」

クラブ「昨日についての続きじゃない!?」

キャンディ「やっぱり許してくれないのかな…。」

ライラ「まぁまぁ!まだ読んでないんだからわかんないよ!」

4人はドキドキしながら手紙を読み始めると、手紙にはこう書いてありました。


ステイシー『ライラへ 昨日はごめんなさいね。私も悪かったわ…。

声が大きすぎるからボリュームに注意してって言いたかっただけなの。

もちろん去年の事も反省しているわ。

せっかく使える魔法を悪用しちゃったから、正義の魔法使いになって出所してくるわね。

コメットタウンのみんなにもよろしくね。ステイシーより』


手紙を読み終えた4人は、ホッと安心しました。

キャンディ「な〜んだ…謝りに来たのか…。」

クラブ「まったく…ビックリさせないでよ…。」

ライラ「困った人だね…。まぎらわしいんだから…。
(ステイシー、私こそごめんなさい。帰って来れる事を祈っているから頑張ってね!)」

こうしてライラとステイシーは、仲直りをする事が出来たのでした。

71:にか◆Pk:2016/08/19(金) 20:26

お〜!描き方わかりやすいし、ストーリー展開が
うちみたいにだらだら長ったらしくなく、
スパーンと終わってていいね!

うちはすぐに
6年編を書こうと思ってたのに…
3年編が長引いてしまって…( ;∀;)

キャンディを見習いたいわ〜…

72:キャンディ◆ok:2016/08/28(日) 10:52

>>71
ありがとう!
私は短編で、にかさんは長編のような感じだっけか?
長編を書くのって難しいよね…。
でも、見習いたいって言ってくれて嬉しいよ!

73:キャンディ◆ok:2016/08/28(日) 11:03

〜レンは正義の魔法少年?〜


ある日、レンの妹のアイが言いました。

アイ「お兄ちゃんってさ、魔法使えるじゃない?
でもみんなを助けてる所なんて見た事ないわ!」

レン「ひどいな〜!こう見えて僕は苦労してるんだよ!」


小学1年生の妹がこんな事を言うなんて…と、レンがショックを受けた時、
アイと一緒にいたキャンディが聞きました。

キャンディ「いつもどんな事をしてるの?」

アイ「お兄ちゃんったら、いつも家でゲームしてるのよ!」

ゲームで苦労しているのでしょうか。キャンディは笑いました。


キャンディ「マジ!?私がメイさんだったらすぐにメモしてたな〜!」

アイ「本当よ!さてお兄ちゃん、みんなを助けてあげてちょうだい。」

レン「わかったわかった!何か合ったら呼んでね!」

レンはそう言うと、アイとキャンディに背中を向けて歩き出しました。

74:キャンディ◆ok:2016/08/28(日) 11:13

行っちゃったねとアイが言うと、キャンディは話題を変えました。

キャンディ「そういえばさ、レンさんってメロンパンが好きなんだよね?
普通のとチョコチップ…どっちが好きなのかな?」

アイ「どっちも好きそうな感じがするけど、
こういう時は本人に聞いてみましょうよ!」

レンを呼びに行ったアイは、レンを連れてキャンディの所へ行きました。


レン「やぁキャンディ!我が妹と困っていたらしいのだが、何があったんだい?」

アイはさっきと口調が違う事に気づくと引きました。

アイ「うわ〜…急にカッコつけてきた…。」

レン「いいじゃん!そんな事言わないでよ!」


レンは目を涙目にしながら、何があったのか聞きました。
キャンディはメロンパンについて言うと、レンは少し怒りました。

レン「たいした事ないじゃん!そこはチョコチップに決まってるし!
答えられたから僕は行くね!バイバイ!」

レンはそう言うと、また立ち去って行きました。

75:キャンディ◆ok:2016/08/28(日) 11:24

アイ「なに怒ってんのよ…自分から言ったくせに…。」

キャンディ「こんなお兄ちゃんがいて大変だね〜…。」

アイ「うん、とっても困るわ。」

2人のテンションが低くなっていくと、キャンディは別の話題をふりました。


キャンディ「ところでアイさん、宿題はもうやった?」

アイ「やったよ〜!キャンディちゃんは?」

キャンディ「実はまだやってない…難しくてさ…。」

アイ「こういう時は、お兄ちゃんに魔法で解いてもらうといいわよ!」

アイはレンの家に入ると、レンを連れて行こうとしました。
しかし、レンは家を出ようとしません。


レン「なんでこんな時に呼ぶの!?僕は今アニメ見てたの!
カイソフィパラダイスっていうアニメを!!」

アイ「カイソフィパラダイスってなに!?」

レン「少年カイルと、少女ソフィーの恋愛アニメだよ!」

アイ「うわ〜…男らしくないの見るね…。」

レン「男が見たっていいじゃないか!そんで今度は何があったの!?」

2人はキャンディの所へ行くと、キャンディは宿題を見せて言いました。

76:キャンディ◆ok:2016/08/28(日) 11:40

キャンディ「この宿題、魔法で解いてくれない?難しくてさ〜…。」

レン「ハイハイわかったよ!コレでいいでしょ!」

レンがキャンディの宿題に魔法をかけると、宿題に文字が浮かび上がりました。
魔法で答えを書いてくれたのです。

キャンディ「ありがとう!助かったよ!」

レン「いえいえ!じゃあ僕はアニメ見るからもう呼ばないでよ!バイバイ!」

レンはまた立ち去って行きました。


アイ「呼ぶなって言われても…お兄ちゃんが自分から呼んでって言ったんじゃない…。」

アイがボソッとつぶやくと、キャンディは宿題の解答用紙を見て言いました。

キャンディ「この答え合ってるかな?」

アイ「なんで答えも持ってるの!?」

キャンディ「今日はクラブさんとメイさんと勉強会する予定だったんだけど、
2人とも急用が入っちゃったから中止になっちゃって…。」

宿題を持っていた理由がやっと分かったので、アイは「あ〜!なるほど!」と納得しました。
キャンディは宿題と答えを見比べると、間違ってる事に気づきました。

アイ「なによそれ!?解いてもらった意味ないじゃない!」

77:キャンディ◆ok:2016/08/28(日) 11:46

アイは怒りながらレンの家に入ると、レンは泣きそうな顔をして言いました。

レン「あのさ!!僕の話聞いてた!?もう呼ばないでって言ったよね!?
今カイルとソフィーが両想いになる所なのッ!すっごくいいシーンなのッ!!」

アイ「知らないわよ!コレさ、魔法使ったんだから答えわかるはずでしょ!?」

アイはキャンディの宿題を持って言いました。


レン「コレはね、ただ僕が念じた事を書いてるだけだから!」

アイ「手がなまけて鉛筆持てなくなるだけじゃん…。」

レン「テストのズルにならないからいいでしょ!?とにかくアニメの邪魔しないでよね!」

アイ「…お兄ちゃんは人助けに向いてないって事が分かったわ。」

アイはボソッとそう言いながら、レンの家を出て行くのでした。

78:キャンディ◆ok:2016/10/30(日) 12:14

〜クレオが悩みをお聞きします!〜


クレオ・メリーランド・サンディーという小学5年生の男の子が外を歩いていると、
近くで泣いている女の子を見かけました。


彼女の名前は、ラミカ・スターエット。

楽しい事が大好きで、純粋な小学5年生です。


クレオは、ラミカに話しかける事にしました。

クレオ「どうしたんだ?」

ラミカ「クレオくんには…関係ないと思う…。」

クレオ「そんな事言うなよ。俺が悩み聞いてやるから。」

クレオは悩みを聞く事が好きなのです。


ラミカ「うん…アユミちゃんに…ホラー映画見せられた…。」

クレオ「アユミが?なんでそんな事を…。」

ラミカ「さっきね…。」

ラミカは先ほど起こった事を話しました。

79:キャンディ◆ok:2016/10/30(日) 14:47

アユミ「ラミカ〜!あなたのだ〜い好きな
ほのぼのアニメのDVDが、あたしんちにあるんだけど、どう?」


彼女の名前は、桃塚(ももつか)アユミ。

みんなを笑わせる事が大好きな小学3年生です。


ラミカ「えっ、いいの!?見たい見たい!」

アユミ「いいよ〜!レッツらゴー!」

2人は、アユミの家に向かいました。

家に入ると、ラミカはテレビの前に座り、
アユミはDVDをセットして、ラミカの隣に座りました。

映像が始まった…その時!

ラミカ「キャ〜ッ!なにこれ!?」


ラミカは悲鳴をあげました。
なんと、いきなりゾンビが登場したのです!

ラミカ「なんでゾンビなの!?本当にほのぼのしてるの!?
ねぇアユミちゃん!…あれ?アユミちゃん!?」

横を向いたラミカは驚きました。
隣にいたはずのアユミがいなくなっていたのです。

80:キャンディ◆ok:2016/10/30(日) 15:11

アユミ「アハハハハ!」

ラミカの後ろから笑い声が聞こえてきたので、ラミカは後ろを向きました。
アユミは「ドッキリ大成功!」と書いてある看板を持って言いました。

アユミ「残念でした〜!本当はホラー映画を見せたかったんだよ!
ドッキリ大成功〜!イェ〜〜イ!」

ラミカ「そんな!ひどいよ〜!」


クレオ「…そういう事か。いくらドッキリでもそれは困るな…。」

ラミカ「でしょ?アユミちゃん、謝ってくれるかな?」

クレオ「俺、アユミの所に行ってくる。ココで待ってろ。」

クレオは、アユミを探しに行きました。


その頃アユミは、ため息をつきながら歩いていました。

アユミ「悪い事しちゃったかな…。」

クレオはアユミを見つけると、話しかけました。

クレオ「アユミ!」

アユミ「クレオ…。」

クレオ「なんでラミカにあんな事したんだ?」

アユミ「ラミカを笑わせたくて…ラミカがホラー好きになって欲しくて…!
今、謝りに行こうかなって思っていた所なの!」

クレオ「そうか。ラミカは向こうにいるから、行こうぜ!」

クレオは、自分が悪いとわかっているアユミを見ると、
微笑んでラミカの所へ連れて行きました。

81:キャンディ◆ok:2016/10/30(日) 15:26

ラミカがいる所へ着くと、アユミは走ってラミカに近づきました。

アユミ「ラミカ〜!」

ラミカ「アユミちゃん!」

アユミ「さっきの事、許してくれるかな?」

クレオ「アユミはな、ラミカがホラー好きになって欲しくて、
笑わせようとしたんだってよ。」

ラミカ「そうなの?私のために…?」

アユミ「うん…!泣いちゃうなんて思っていなかったから…ごめんね!」

ラミカ「大丈夫だよ!」

クレオ「よかったよかった!」


クレオはうんうんとうなずくと、アユミとラミカは微笑んで言いました。

アユミ「クレオ、ありがとう!おかげで謝れたよ!」

ラミカ「仲直りできる雰囲気が作れるクレオってカッコイイね!」

クレオ「そ、そうか?」


クレオが照れると、アユミとラミカは興奮し始めました。

アユミ「照れてるクレオもいいよね!」

ラミカ「うんうん!カッコイイし可愛い!」

クレオ「可愛いはないだろ!俺、可愛いと言われたの初めてだぞ!?」

ラミカ「初めてなの!?スゴい事聞いちゃった〜!」

アユミ「あ〜!こういう時にカメラオタクのメイがいたらな〜!」

クレオ「…俺ってモテてんの?」

アユミとラミカは、クレオのおかげでふたたび仲良くする事が出来たのでした。

82:ホイップる◆/Y:2016/12/08(木) 18:11

こんばんは、ホイップるです!
小説全部見たよ!感想書くの遅くなっちゃってごめんね…!

コメットタウン、面白いね!ほのぼのしているし、見ていて癒される♪
キャラは個性的で可愛いからみんな好きなんだけど、とくに好きなキャラはマリンちゃんとクレオくんです!

これからも頑張ってね!!

83:キャンディ◆ok:2016/12/08(木) 21:19

>>82
ありがとう!マリンちゃんとクレオくんも喜んでるよ♪
これからも見てくれたら嬉しいな!

マリン「ありがとう〜!私もホイップるちゃん大好きだよ〜!」
クレオ「ありがとな!スゴく嬉しいぜ!」


書き込む 最新10 サイトマップ