竹前物語

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:レモンミルク:2016/05/26(木) 20:58 ID:hnA


STORY
1581年、あの本能寺の変が起こる
1年前に生まれた一人の娘。

その娘は生まれてすぐに名前のない
赤ん坊。

子どものいない商人の夫婦に引き取られ
て育ったある娘の物語

2:レモンミルク:2016/05/26(木) 21:11 ID:hnA


「登場人物」

竹前(たけまえ)
1581年生まれ
生まれてすぐに両親に捨てられ
子どものいない商人の夫婦に拾われ育つ、
5歳の時に両親は豊臣秀吉に招待され大阪城にいく。
そこで秀吉に気に入り養女にしたいと言われ
逆らえない秀吉なため育ての両親は大阪に
置いて行ってしまう。
秀吉の妻、ねねに育てられ美しく育つ。
15歳の時に松本定長に恋に落ちる。
ねねの進めで定長と結婚をさせる。
2男2女と4人をもうける。

3:レモンミルク:2016/05/27(金) 19:02 ID:hnA


「登場人物2」

山屋五兵衛(やまやごへえ)
竹前を拾った育ての親のひとり
子どものいなかった五兵衛にとっては愛らしい
実の娘のように育てる。
しかし竹前が5歳の時に豊臣秀吉に呼ばれ
「竹前」を気に入ってしまい養女にさせたいと言われ竹前を大阪城に置いってしまう。

山屋いと
五兵衛のつま

山屋やや
五兵衛といとの実の娘
竹前が2歳のときに生まれた。
跡取り娘として12歳で結婚する。

・・・・・

「豊臣家」

豊臣秀吉(とよとみひでよし)
足軽から天下統一に上り詰めた男

ねね(ねね)
豊臣秀吉の正妻

茶々/淀殿(ちゃちゃ,よどとの)
織田信長の姪、秀吉の第二の妻(側室)

4:レモンミルク:2016/05/27(金) 19:34 ID:hnA


「登場人物(松本家)」

松本定長(まつもとさだなか)
1580年生まれ
生まれてすぐに父親を他界。
一人息子として母親と二人三脚で歩んできた
竹前と恋に落ちねねの進めで結ぶ。
2男2女をもうけるが35歳で他界する。

高清姫(たかきよひめ)
定長の母親
夫を早くして他界し女一つで自ら育っててきた。中流貴族の出身。

亀鶴御前(かめつるごぜん)
高清姫のお付き添い.名は「千代」

菊姫(きくひめ)
1595年生まれ
定長と竹前の長女
夫婦ともに始めての子どもとして生まれる。
明るくておてんばな勝気で男勝りの高い性格
中々嫁ぐことはなく22歳にして遅婚。
佐々木高綱と結ぶ。
高綱は二度目の結婚になるため1女いる。
3男3女をもうける。78歳で閉じる。

多羅姫(たらひめ)
1601年生まれ
定長と竹前の次女
菊姫とは対象に大人しく物静かで凛とした
性格。真面目でしっかり者。
14歳の時に高槻時麿のもとへむすぶ。
中々子宝に恵まれず16歳で離縁
その後,嫁ぐことはなく弟,秋定を見守る。
28歳にして若くして他界。

松本秋定(まつもとあきさだ)
1604年生まれ
定長と竹前の長男

四郎丸(しろうまる)
1605年生まれ
定長と竹前の次男。10歳で他界。

5:レモンミルク:2016/05/29(日) 15:19 ID:hnA


1581年、冬

「寒いの・・」

ウギャウギャ
赤子の泣き声
ある男が赤子を連れて帰った。
両親は不明の名もない女の赤子。

男は中々子宝に恵まれなかった。
そんな女の赤子を育てようと決心した。

6:レモンミルク:2016/05/29(日) 15:26 ID:hnA


・・3年後・・
赤子はすくすくと育ち
名は「れい」と名付け
愛称は「竹前」とよぶことに。
そして1つ下の娘「やや」。

しかし妻、いとを死んでしまった。

・・・・・・・・・

「父上、やや」

「竹前、おはよう」

「はい」
しっかりすぎて育つ竹前
ちなみに着物商人「竹前千歳屋」から。
ややは千歳と呼ばれている。


書き込む 最新10 サイトマップ