君へ。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:由希◆q. YELLOW DANCER:2016/06/30(木) 20:03

皆さん、おはこんにちばんわ!

学園恋愛物です。恐らく。最後まで読んでいただけたら嬉しいです♪では、よろしくお願いします!

2:由希◆q. YELLOW DANCER:2016/06/30(木) 21:33

0.プロローグ

……一緒だよね?
うん、ずっと!

あれ?これは誰の声?聞き覚えはある。今よりも少し高い。あの時だ。
近くて遠い君…

「…ら…倉…藤倉!!!」
「はぃぃぃぃ!!!!」

ん?ここは?って一瞬思ったけどすぐに思い出した。
そうだ、学校だ。

先生「ったく、私の授業で寝るとはいい度胸ね?」

さーせん。

あ、皆さんこんにちは!私、藤倉透です。"とおる"って名前だけど、女子だよー。

透「はぁ…スミマセン」
先生「反省文な」
透「そんなぁ〜…」

バカな。睡眠とは生きるためにあるものだ。決して無駄なものじゃあない。
いわゆる、生命力の源。

菜穂「びっくりしたよー!寝てるんだもん」
笑いながらそう言っているのは、井上菜穂。私の親友。

透「あはは…」
仕方がない。私が学校で居眠りしてしまったのには理由がある。先生以外、この学校で知る人はいないだろう。

透「あ、先生に反省文渡してくる!」

まったくもって、紙のムダ使いだと思う。木を大切に!とか言うけど、減らしてるのは何処の誰やら。

透「失礼します…」
先生「ああ、藤倉。反省文か?どれ…」

先生は私の書いた反省文(反省などしていないさ)に目を落とす。

先生「……ま、ちゃんと反省してるようだな。見逃してやる。それはそうと」

やった!

透「はい?なんですか?」
先生「まだ帰って来ないのか?保護者の方々」
透「あ…はい…」

そう。もうかれこれ1ヶ月以上、家に帰ってきていない。
ある朝、机の上に5万置いてあった。驚いた。いつも何も置いてないのに。起きたら親がいないのは、当たり前だった。仕事だ。
とくに気にしてなかったんだ。その時は。どうせ、また帰ってくるだろうって…。

だけどそうはいかなかった。1週間、3週間。そして1ヶ月がたった。冗談じゃない。可笑しい。

先生「バイト、何時までだ?」
透「10時までです」

もう5万じゃ足りない。
私は学校に相談し、バイトを始めた。先生は何度も『一緒に暮らそう』と言ってくれた。けれど。全部断った。

だから、授業中寝てたのね。

先生「本当にいいのか?独りで」
透「はい、大丈夫です。ありがとうございます。さよなら!」
先生「あ、ああ。さよなら」

頼れない。今さら。どうせ今日も帰って来ないさ。

菜穂「来た来た。遅いよー」
透「ごめーん」

でも大丈夫。支えてくれる人はいるから。

?「……………あいつは…」

3:由希◆q. YELLOW DANCER:2016/07/02(土) 20:18

1.

透「ありがとうございましたー」
茉未「透。先に帰って。疲れてるでしょう?」

時計を見る。夜の9時だ。

透「大丈夫です。それに、あと1時間もありますし…」
茉未「そう?ならいいけど…」

大橋茉未さん。私のバイト先の先輩。とっても優しくて、頭も良いんだよねぇ〜!

ウィィーン
ドアが開いた音がする。

透「いらっしゃいませー」

その人はパン2個と牛乳1本をレジに置くと、ギョッとしたように私を見た。

?「おまえ………!」
透「はい?356円になります」

この人、知り合いだったっけか?違うはずだけど。何しろ帽子で顔がよく見えない。ジャージ姿だし、走ってたのかな?

?「ん」
透「356円、ちょうどお預かりします」

それにしても。張り込みみたいな買い物だな。パンに牛乳って。

透「ありがとうございましたー」
茉未「さぁてと。あたし帰るね。透も一緒に帰ろ?」
店長「もう帰っていいぞ」

な、なんかここまで優しいと逆に怖いんだけど…ま、いいか。



菜穂「おはよー!透」
透「あ。おはよ、菜穂」

次の日。私は珍しく遅刻ギリギリではなく、余裕を持って登校してきた。
そう。いつもは遅刻ギリギリなのだ!

菜穂「ね!知ってる?」
透「何が?」

私が余裕を持って登校してきたのは初めてだって?うん、知ってる。

菜穂「あのね!今日は転校生が来るんだって!」
透「転校生?」

へぇ…転校生、ね。

瞬「転校生か。男らしいぜ」
透「ん?なんだ瞬か」
瞬「『なんだ』ってなんだよ!」

こいつは辻村瞬。私の幼馴染み。

先生「ほら、席つけ!…転校生紹介するぞ」

教室がざわめく。そんなに待ち遠しいか?

?「おはようございます。はじめまして。前川潤です」

へぇ…。なんか、胡散臭そう。

って、ん?なんかどっかでみたような…あ!

透「コンビニの!」
潤「え?あ!君は…」

4:由希◆q. YELLOW DANCER:2016/07/04(月) 23:38

2.

潤「コンビニの…店員さん?」
透「そ……………」

う………じゃあない!

危ない危ない…勢いに乗って「そう」と言いそうになってしまった。言ってはいけない。何故なら先生以外、知らないから。

透「コンビニでは、見たことないかな…」
潤「あれ?そっか」

前川潤(まえかわ じゅん)。隣の県から来たそうで、サッカーやってたんだとか。確かに足は速そう。

休み時間。

潤君の周りには案の定、女子がわらわらといる。何がそんなにいいんだか。

瞬「なーんか俺、あいつのこと、知ってるような気がするんだよなぁ」

いつの間にか隣にいた瞬が話しかけてくる。

透「へぇ…。名前、似てるよね」

なんつっても"瞬"と、"潤"だし。

瞬「だよなぁ!色々苦労しそうだな」
透「頑張れ」

先生も苦労するだろうよ。

菜穂「あのさ、透…?図書室行かない?」
透「あ、ああいいよ」

やっと食べ終わった菜穂が私の元へ来る。今の班は楽しいんだとか。羨ましいよ。

凉果「潤くぅん!校内の案内しようかぁ?」

出たあ!!ぶりっこ様様。天野凉果(あまの すずか)

菜穂「あの人の何処がいいんだろうね?」
透「本当にね!」

菜穂と私は割りとタイプも同じように思える。お互い、潤のことは、あまりよく思っていない。

潤「ありがとう。嬉しいけれど……」
ガタリ

潤君が席を立ってこちらへやってくる。

潤「藤倉さん。校内案内を頼みたいんだけど、いいかな?」
透「は?」

何で私なの!?怖い怖い、凉果ちゃん達が怖いから!

菜穂「…ちょ、ちょっと!悪いんだけど、私達いま、取り込み中なんで!邪魔しないでくれる?」

ナイス菜穂!さすが私の親友!

透「そうよ!…ごめん、断るね」
潤「…………そっか?」


これで終わりだと思っていたんだ。まさか…こんなことになるとは。

5:葉月 美桜◆hc 頑張ります☆:2016/07/09(土) 18:17

おもしろい!!
続き楽しみ〜♬

6:由希◆q. YELLOW DANCER:2016/07/10(日) 11:40

3.

菜穂「いや〜それにしてもさ」
透「何だったんだろうね、あの転校生」

構内案内を私にたのむ…おかしい。確かにコンビニの店員だけども…。

菜穂「潤が言ってたけど…コンビニの店員なの?」

ギクリ。

言いたいけど。言えない。

透「まっさかぁ!コンビニに出没はするけど、店員じゃないよ!」
菜穂「だよねぇ。第一、うちの学校バイト禁止だし」

うう。ごめんね菜穂。

鶴岡「こら!そこ!サボってないで練習しなさい!」

いつの間にかいた鶴岡先生に注意される。ちなみに今は部活中だ。今日は外トレ。私が卓球部で、菜穂はテニス部。親友だけど、部活は違うんだー。

瞬「ダッセーのw怒られてるしな」
透「うるっさいな!」

ったく、なんで時折アイツは嫌なヤツ何だろうって思う。

のの「ほら、行こう?」
聖「そうだよ〜」
透「あ、うん」

聖の前で悪いことしちゃったかな。いくら声に出してなくっても。


書き込む 最新10 サイトマップ