夏恋

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:chicchi.:2016/07/08(金) 20:43


初心者なのでそんな上手く書けるか分かりませんが是非読んでくれたら嬉しいです🙌💕

感想.コメントがあれば書き込んで下さい🙋✨
悪口.荒らしは禁止です🙅💔

✻ ✻ ✻

2:匿名:2016/07/09(土) 19:30

タイトルからして楽しみです!
頑張ってください!

3:chicchi.:2016/07/10(日) 15:49


>>2

ありがとうございます🙇💕
頑張ります、是非読んで下さいね😍💋

4:chicchi.:2016/07/10(日) 16:16



深海 楓、高校2年生。

性格は結構大人しい方だと思う。
友達にも恵まれてると思うし、なに不自由ない普通の女子高生。

それなりに恋だってしてきた。
けど、やっぱなんか違っていつもうまくいかなかった。
楓の頭の中にはいつも「キミ」がいたからかもしれない。

✻ ✻ ✻

5:chicchi.:2016/07/10(日) 16:57


暑い夏空の下、キャンディアイス、麦わら帽子。

「かえちゃん」

楓のことを呼ぶ少し高めの愛おしい声。
全部全部昔のことで記憶があやふやだけど
" かえちゃん " と呼ばれる度の胸の高鳴り、
ドキドキは今でも鮮明に覚えている。

✻ ✻ ✻

6:chicchi.:2016/07/10(日) 17:05


楓の住む地域からだいぶ離れた隣町では毎年花火大会が開催されていた。

そこで楓は「キミ」と出会った。
「キミ」に恋をした。

小学生の頃は毎年参加していた。

でも大きくなるにつれて行かなくなって行った。

✻ ✻ ✻

7:chicchi.:2016/07/10(日) 17:08


「キミ」のことで覚えているのは
高めの声、2重の大きな目、ふわふわな髪の毛。

でもそれは小学生の頃の「キミ」で
今では変わってしまってるんだろうな。

✻ ✻ ✻

8:chicchi.:2016/07/11(月) 01:16


「かえちゃん、おはよ」
「あ、おはよ!」

朝から元気に声をかけてきてくれたのは、同じクラスで仲良しの 須賀 伊織 ちゃん。

2人並んで教室まで歩いていた時だった。

「あ!」

伊織がいきなり大きな声を出した。
隣の伊織を見ると目をキラキラさせて、
ある方向を向いていた。

伊織の目線の先に視線を移すと、
そこにいたのは同じクラスの中岡くんだった。

「中岡くん、今日もカッコいいなぁー」
「そうかなあ?」
「何言ってるの!カッコいいもん!」

伊織の好きな人、中岡 龍也 くん。
身長が高くて運動神経がよくて人気者。

「おう、深海と須賀おはよ!」
「なっ、中岡くん!おはっよ!」

楓達に気付いた中岡くんは挨拶をしてきた。

「おう!」

爽やかに立去って行く中岡くんの後ろ姿を伊織は見えなくなるまで見ていた。

…ほんと可愛いなぁ。

「伊織、恋する乙女って感じだね」
「かえちゃんは恋してないの?」
「楓は…」
「花火大会の男の子?」

伊織には話してあった。
仲がいい友達だし、いいかなって。

でも、これは恋と言っていいのかな?
…なんなんだろう。

「かえちゃん、私思うんだ」
「うん?」
「かえちゃんきっと、
思い出に恋してるんじゃないかな?って」

思い出に…恋してる?

でも確かにキレイな小さな頃のキラキラした思い出を忘れたくなくて、
男の子が忘れられないって口実を作って、
無駄に足掻いてるだけなのかな?

「…確かにそうかも」
「かえちゃんがしたいようにすればいいよ、
でもその代わり、
ほんとに好きで忘れられないなら簡単に諦めたりしちゃダメだよ?」

なんだか伊織に言われると正論のように聞こえる。
まぁ正論なんだけどね。

楓もそろそろ現実見なきゃな…

✻ ✻ ✻

9:chicchi.:2016/07/13(水) 20:02


「かえちゃんかえちゃん!」
「伊織、どうしたの?」

伊織が朝から勢いよく飛びついてきた。

「中岡くんがね、8月にある隣町の夏祭りに行こうって!」
「良かったじゃん!行きなよ!」

伊織は更にハイテンションで言った。

「かえちゃんも行くんだよ!」
「え、なんで!2人の邪魔でしょ?」
「なんかね、中岡くんの友達の男の子も来るらしいよ」

まじか、誰だろう??

「かえちゃん、恋のチャンスだよ!」
「いっ、伊織…」

もしかしたら…
なんて考えで楓はその誘いに乗ることにした。

✻ ✻ ✻

10:chicchi.:2016/07/13(水) 20:07


夏休みの序盤、伊織は楓の家に来ていた。

「かえちゃん、もうすぐ約束の夏祭りだよ!」
「そうだね」
「浴衣着ようよ!」

浴衣か…

「楓、浴衣苦手なんだよね…」
「着ようよ、私着たい…」

伊織がキラキラして目で訴えてくるから楓は言った。

「楓は甚平でもいい?」
「いいよやった!」

はしゃぐ伊織を見ていると、
本当に中岡くんのことが好きなんだなって思えた。

✻ ✻ ✻

11:匿名:2016/07/21(木) 12:45

先が気になる…!
楽しみ〜*


書き込む 最新10 サイトマップ