後悔

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ミナ◆gi4N93xk8Q:2016/08/07(日) 07:13

いくら後悔したって、時間は巻き戻せない。

私が壊れる1年前まで、時を戻してくれないだろうか

ねえ、神様




※荒らしさんはお断りです。

※この小説はいじめ小説です

2:ミナ◆gi4N93xk8Q:2016/08/07(日) 07:51

私は、いつも建前だけで生きてきた。顔に笑を貼り付け、心無いことばかり口から出していた。

「わ、それ、可愛いね。」

(可愛くない。ブサイク。)

「似合ってるよ。とっても可愛い」

(ぜんっぜん似合ってない。ばっかじゃないの?)

そのお陰で友達も増え、彼氏もでき、モテるようになり、クラスの頂点に立てた。毎日純粋なふりをし、クラスで1位を保つために家では徹夜で勉強、運動。家の手伝いもしてお小遣いup。そしてたまに友達と遊びに行った。
カラオケ、ゲームセンターなどの評判が落ちるような場所には行かず、図書館や本屋などの人に見られても良い場所を選び、漫画などを読まず、読む時は小説などではさみ隠して買う。そして家で読む。
そうして私の世界は成り立っている。私の平穏は保たれているのだ。
たまに、ごく稀にだが私に嫉妬する者がいる。そういう者は大体が教室の隅でラノベを読んでいる地味女だ。
毎日家で何をしているのか、巨体をゆさゆさと揺らし、君の悪い笑みを浮かべ、涎を垂らしながらくっさいタイトルの本を読んでいる。私に勝ちたいのか成績は毎回2位をキープしている。そういう奴らだ。


書き込む 最新10 サイトマップ