人をいじめて何が楽しいの……?

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/08/25(木) 16:44

どうも、美音というものです!
いじめ小説にチャレンジしたいと思います。 
感想、ご意見などがあったらなんでも言ってください。
>>2 登場人物
>>3 小説スタート 

2:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/08/25(木) 17:02

登場人物

加藤 彩芽(かとう あやめ)
主人公。勉強はできるが運動が苦手。
友達はいなく、いつも一人。
だが、孤高ではない。
小学6年生。
(容姿:こげ茶色の髪を背中まで伸ばしている。
サイドで三つ編みをしていて、それを中央で一つにしている。)


藤原 美空(ふじわら みく)
いじめっ子。勉強が苦手で運動が得意。
彩芽とは全く正反対の性格。
クラスのリーダー的存在で逆らう者はいない。
小学6年生。
(容姿:黒髪で、耳の下あたりで二つに結んでいる。)
 
小原 花菜実(おはら かなみ) 
美空の取り巻き。美空と一緒に彩芽をいじめている。
なんでも周りに合わせるタイプ。クラスでは副リーダー
的存在。
小学6年生。
(容姿:茶髪でショートカット。サイドにリボンのバレッタを
    している。)  


以上です

3:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/08/25(木) 17:34

小説始めまーす!

私、加藤彩芽、小学6年生。
友達がいないんだ。
本当は欲しいけど、私は中学受験をするからせっかく友達を
作っても、どうせ別れるんだから作らないようにした。
でも、すごく寂しい。
しょうがないって思うようにしているけど。 

朝。
私は教室のドアをガラッと開ける。
挨拶はしない。
誰も返してくれないから。
でも、無視されている訳じゃなかった。
みんな、話しかけてくれる。
でも、その度私は、ニコッと笑うだけ。 
時々喋ったりするけど、友達になりそうな雰囲気になったら
「ごめんね、トイレに行ってきていい?」って言って、その
場を切り抜ける。
いつもは、ね。 
でも、今日は違った。
私が教室に入った瞬間、顔にホコリを投げられた。
ホコリが鼻や目、口に入り、私は反射的に
「ゴホッゴホッ」 
っと咳込む。
「ハハハッ、笑えるー!もっとかけてやろーか、加藤さん?」
私のことを嘲笑ったのは、美空さんだった。
いつもクラスを引っ張っている、リーダー的存在。
私はホコリを払いながら、聞いた。 



切ります

4:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/08/26(金) 11:19

小説


「あの…、なんのつもりですか?」
すると美空さんは甲高い声を上げる。
「なんのつもりだって?ハハハッ、もっといじめてほしいわけ?じゃ、ご要望
通し、やってやるよ。」
違う。
私が聞きたいのは、そういう事じゃない。
「だからっ、なんで私にホコリを投げ付けたんですかっ?!なにか理由があるんで
すか?」
私の声に、クラスメートがザワザワと囁き合う。
感じ悪い。
「ふん、そんなに教えてほしいわけ?花菜実!来て!」
え?
「ちょっと加藤さん、私のこといじめたって、自覚してないわけ?!」
は?
いきなりの事で、ポカンとしてしまった。
何、私が花菜実さんをいじめた?
そ、そんなこと…、してないんだけど。


切ります

5:アリス:2016/08/26(金) 12:41

入っていい?いじめ小説面白い!

6:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/08/26(金) 13:10

>>5
いーですよ!
感想、ありがとうごさいます。
面白いですかね、この話w

7:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/08/26(金) 13:23



キャラ追加
大川 優梨(おおかわ ゆうり)
彩芽と同じ幼稚園に通っていた。
花菜実とは親友で、美空の取り巻き。
小学6年生。



小説 

なん、なんだろ。
「あの、私、花菜実さんをいじめてなんかないですけど?喋ったこともあんまりないし。」
私は不思議に思いながら言った。
「なにとぼけちゃってんの、加藤さん。花菜実をいじめてるところ、見た人がいるんだから。」
え、誰だろう、それ。
「加藤さん、逃れたいわけ?私、見たんだから。幼稚園のとき。」
幼稚園ときかいっ!  
って……、なんかもっと事態がこんがらからってるような気が。
「私と加藤さんと花菜実、同じ幼稚園だったでしょ。そのとき見たの。花菜実を仲間外れに
したり、髪の毛を引っ張ったり。」
そんなこと、してないけどっ!
でも、私と同じ幼稚園の子は他にいないし。
信じてもらえないよなぁ、口答えしたって。
 

切ります

8:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/08/26(金) 16:37

小説

って、今喋ってるのは誰だろう。
「あんた、今喋ってるの誰だと思う?」
さあ。
私が黙っていると、美空さんが私にツカツカと歩み寄ってきた。
そして、片手を突き出す。 
なにするんだろう。
そう思ったとき、いきなりお腹を押されて、数メートル後ろにしりもちをつく。
「…………………………………っ!!!」
結構な力で、まだ痛みが残っていた。
「答えろよ、クズ!誰だと思うんだ?!」
美空さんはケラケラ笑う。
私はどうしていいのかわからなかった。
クラスメートはクスクス笑ってるし、先生が来るまではまだまだ時間がある。
私はさっき喋った人物が誰なのか全くわからない。 
かといって、顔を上げることもできない。
「わか……り、ません………………………………」
そう言うしかなかった。
怖かった、恐ろしかった。
この人たちに何をされるのかわからなくて、ただただ怖くて。
「ひっどーい!!!」
いきなり花菜実さんが叫ぶ。
「幼稚園の同級生のことも覚えてないのー?!私たちがあんたみたいなクズを覚えて
やってるっていうのに。」
そういう事、ね。
確かに私はひどいかもしれない。
でも、友情関係を作ってなかったんだもの。
覚えてないのはしょうがないと思う。
「じゃ、教えてあげるから、そのゴミみたいな脳みそにしっかり刻み込んどきな。」 
謎の人物が私に言う。
「私の名前は、大川優梨よ。」
おおかわ、ゆうり………。
どこかで聞いたことのある名前だった。
まあ、そりゃあそうだよね、幼稚園の同級生だもん。


切ります

9:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/08/29(月) 11:03

小説

私は大川さんに聞いた。
まだぼんやりとしている頭を整理しながら。
「で……、大川さん。小原さんを私がいじめているのを見たって、何歳のとき、なんですか。」
それを聞きたかった。
内容なんてどうでもいい。
ただ、何歳のときか聞きたかった。
そうすれば、そのときの記憶を心の中から探り出せるから。
それがわかれば、無実を証明できると思ったから。
私はいじめれずに、復讐されずになると思う、いや、絶対なるから。
そう確信していた。
この後に起こる、最悪の悲劇なんかちっとも予想せずに。
「確か……、5〜6歳までだった。ね、長いよねー、ひどくね。そのくせ今は優等生ぶっちゃって。」
5〜6歳……、か。
なんとか思い出せる。
今日、家でアルバムを観よう。
「わかりました。」
そう言うと、美空さんは眉を上げる。
「あんた、何か企んでるでしょ。あっ!わかった、アルバムでも観て自分は無実だと証明する
んでしょ。そうは行かないからね。」
なんて勘が鋭いのだろう。
考えていることが的中したのだ。
ああ、もうこの作戦はダメだ、私はいじめられるのだ。


切ります

10:美音◆.wmpFy.Zyhxio 学校始まった〜:2016/08/30(火) 15:06

小説

そう、私はいじめられる。
あ。
でも、考えてみれば私は受験をするのだ。 
しかも、難関中学・高校に。
それは私にとってすごく明るくなることだった。
だって、難関なんだから美空さんが入る訳ない。 
あの人は勉強嫌いだもの。 
わざわざ勉強ばかりやる学校に入る訳ないよ。
だったら、あと1年弱辛抱すればいいのだ。
気持ちが軽くなる。
ああ、よかった、勉強ができて。
私はしみじみそう思った。
「なに突っ立ってんのよ。あんた、いじめられるってことがどういうことか
わかってんの。それで優等生ぶるとかサイテー!」
美空さんのヒステリックな声に周りも言う。
「ひっどー。じゃあ今までのは全部嘘なんだー。」
「ヤバくね、それって。じゃ、どうやってテストで100点取ってんだろ。」
「それはカンニングでしょー。」
「あー、周りの人の答えを集めながら書いてたんだー。」
な、何それ。
私はそんなことしていないのに。
「ガラガラガラッ」
先生が入ってくる。
「せんせー!加藤さんが、テストでカンニングしてましたー!今までのテスト全部です。」
大川さんが叫ぶ。
先生はすぐさま私を見る。
わ、どうしよう、ピンチだ。
「本当か、加藤。」
私は超高速首横降りっ! 
美空さんたちが睨んでるのがわかったけど、ここでうんと言ってしまったら今までの
努力が元も子もない。

11:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/08/30(火) 16:12

小説

先生はジロッと疑わしそうに私を見たけど、すぐに逸らした。
「授業始めるぞ。席につけ!」
慌て席に向かう。
美空さんが睨んだ。
私、これからどうなるんだろう。
不安を抱えたまま、1日は過ぎ、放課後になった。
もう、早く帰ろう。
私が教室を出ようとすると、美空さんに捕まった。
「ちょっとあんた、来てよ。」
私は鞄を置き、言われるがままに着いていった。 
連れて来られたのは、トイレだった。
一番大きな個室に私を入れ、
「ちょっと待ってなさいよ。」
と花菜実さんが言い、ガチャッとドアを閉めた。
しばらくして、3人が来た。
途端、上から冷たい水をかけられた。
「な、にっ、これ!」
私が叫ぶと大川さんの嘲笑う声が聞こえた。
「学校の近くに流れてる農業用水路の水。苔や泥も入ってるわ。目に入らないように
気をつけなさいよ!」
農業用水路?!
それって、汚いよ、ね…………………。
絶句している間にも水はどんどんかかる。 
あっ、そうだ、ここから出ればいいんだ。
鍵は私の方にあるんだから。
私はドアを開けようとした。
でも、開かなかった。 
そう、美空さんが出られないようにドアの前に立ち塞がっていたのだ。
どうしよう、これじゃあ出れない。 
その間にもどんどんかかる。
そのうち、花菜実さんの声が聞こえた。
「ふぅ、水もなくなったし、これは終わりにするか。」
ほっ!
よかった。

12:もか。:2016/08/30(火) 17:37

みくってうちの友だ!頑張ってください!

13:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/08/31(水) 15:16

>>12 
ありがとう、来てくれて。

14:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/08/31(水) 16:47

小説

「あんた、今日のいじめはこれで終わりってわけじゃないからね。」
えっ……………。
「来てよ。」
私は手を引かれ、運動場につれていかれた。
もちろん、びしょびしょのずぶ濡れで。

短いけど切ります!

15:初:2016/08/31(水) 17:32

とても面白いです!
美空さんひどいですね…

16:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/09/02(金) 18:03

>>15
どうもです。


小説

何をするのかと思ったのも束の間、いきなり後ろから突き飛ばされて躓く。
顔は上げていたからよかったけど、服に土がたくさん着いてしまった。
しかもさっき水をかけられたから、余計に土が着いた。
何これ、もうやだ。
私は逃げ出した。
もうこの人たちと居るのは嫌だ。
そう思った。
一目散に教室まで戻り、ランドセルをしょって学校を出た、
服が泥だらけになって、通行人の目が気になったけど、今はそんなこと
気にしている場合じゃなかった。
早く家まで戻りたい。
それ一心で走っていった。

切ります

17:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/09/06(火) 16:47

久しぶりに小説更新します、美音です。

小説


「ハァ、ハァ、ハァ………。」
あぁ、疲れた………。
本当にもう、いじめって何なのっ?!
なんで、なんでいじめるの?!
なにが楽しいの!
どうして、やめてよ、もう…………。
私には、理想の人生がある。
そう、皆が私が一人で居ることを認めてくれて、でも時々は話しかけて
くれる。
そして、中学受験に合格して、できれば一流大学に合格して、そして…………。
夢を叶えたい。
私の夢を。
私の夢? 
私の夢は、ね…………。
小説家。
今まで誰にも打ち明けていない。
私だけの大切な夢。
小説家なんてバカにされそうな夢だけど、私はそれでいいの。
自分の夢だから。
大切な夢だから。
それを叶えたい。
それが私の理想の人生。
でも、現実は残酷だった。
理想とは、違った。
そして、今がある。


切ります

18:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/09/08(木) 16:04

小説

本当に、現実は残酷だ。
想像とは違う。
それは、そうだけど。
確かに想像が叶ったら嬉しいよ?
でも、無理なんだ、現実の世界では。
私は今まで何をやっていたんだろう?
想像に憧れ、現実逃避していたのだろうか。
そんな私がいきなりバカに思えた。
何をやってんだろ。
自画自賛だったのか……。
自分の考えに惚れ、それを実現できるとでも思っていたのだろうか。
きっとそうだ。
ため息をつきながら家のドアを開ける。
「ただいま………」
お母さんが私に気づく。
「あら、お帰りなさい。それにしても、どうしたの、彩芽。元気ないけど。」
お母さんに話そうか。
でも、わかってくれる?
他人の気持ちなんか。
いじめられたなんて話しても、きっと私の気持ちなんて、わかりっこない。
いくら家族でも、無理なことは無理だ。
そのとき私は、自分がすごく残酷で最悪な問題に直面していると気がついた。
どうしよう。



切ります

19:美音◆.wmpFy.Zyhxio:2016/09/08(木) 16:18

小説

もうやめた、いじめとか未来のことを考えるのは。
そうしたら、明日が怖くなって学校にいけない。
それは嫌だった。
勉強がしたかった。
いじめられてもいいから、いじめに強い自分を作るんだ。
そんなことできるかわからないけれど、やらなければわからない。
頑張るの。
大変かもしれない。
やめたいって思うときがくるかもしれない。
けど、頑張ればできるって思った。
よし、そうしよう。
誰にも相談しないのは悪いことかもしれない。
だけど、やるしかない。
いつまでもいじめに負けてなんかいられない。
「ちょっと彩芽。なに、考え深そうに頷いてんの。悩み事があるなら、聞いてあげるよ。」
あ………………。
「聞いてあげるよ。」。
私の頭で、お母さんの言葉が繰り返される。 
嫌、ダメ。
お母さんに相談なんかしない。
自分で乗り越える!
「いい。何でもないから。ところで、さ。」
話題を切り替えた。
「私が受験するのって、晴葉学園(せいようがくえん)だよね?それとも、
月羽大附属(つきはねだいふぞく)?」
それは、気になっていたことだった。
晴葉学園は女子校で、県内でトップクラスの学校。
月羽大附属は、月羽大学の附属中高で、共学。
もちろん県内トップクラスだよ。
今、私は迷っている。
どっちにしようかな。

切ります

20:美音◆.wmpFy.Zyhxio 小説掛け持ちしすぎww(私が):2016/09/09(金) 16:12

小説

「そうねぇ…………。お母さんは月羽大附属の方が似合ってると思うけど。
あなた、女子校より共学の方がいいと思うの。女子だけっていうのも楽
で楽しいかもしれないけれど、男子もいた方が考え方が広がると思うし。」
なるほど………。
「じゃあ、月羽大附属にしようかな。今度、オープンキャンパスと文化祭
あるよね。行きたい!行き……」
「彩芽!」
言いかけたとき、お母さんに怒鳴られた。
「な、何?」
お母さんはホッと息をつく。
「あのね、彩芽。どこの学校に行くかは、あなたが決めることなの。私が決め
てどうするの。」
それは確かにそうだった。


書き込む 最新10 サイトマップ