表の顔、裏の顔。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:東海林瑛治◆ig:2016/09/16(金) 20:37

私は、2つの顔を持つ女。中と外で使い分けてる、悪い女。なんで、こんな女になってしまったのか、説明するね。
それは、ある小さな出来事から、始まった。私は、相原実季。ある、女子会に行ってた時のこと。その日の話題は、嫌いな女子いる?ということだった。私は、何気なく、里佳ちゃんって、「ちょっと苦手かな」って、言ってみた。そこから、私への嫌がらせが 
始まった。里佳ちゃんは女子会メンバーの佳鈴、蘭、咲季と大親友だったことを、私は、知らなかったのだ。
わたしが、「苦手」と、言ったとたん、その場の空気が変わった。「…蘭?」「ねえ、実季、それ本当に言ってるの?」「え?」「だから、本当に実季は里佳の事を、苦手なの?って聞いてるの。」「う、うん…前から、少し苦手だった。」「あっそ。」「…………」「ごめん、実季、私達帰るね。」
「えっ…」「またね。」私の視界から、だんだん佳鈴達の姿が、小さくなっていく。佳鈴達が、自転車に乗ったと思われる頃、声が、聞こえてきた。
「実季、超ウザイ。」「わかるw咲季も!?」「うん。」「学校でさ、痛い目に合わせてやろうよ。」「そうね。」………え?私、明日から、佳鈴達にいじめられるの?仲間が居なくなるの?仲間がいないなんて。誰も助けてくれないなんて。

その後、自分の部屋にこもり、学校に行くか、いかないか、必死で悩んだ。でも、行かないほうが、また、何か言われそうだと思い、重い足取りで、
学校に向かった。ガラガラガラ………
「おはよう。」「……」「佳鈴、おはよう。」「……」「あっ、そうだ、蘭、咲季、里佳のところ行こ!」「あ、実季おはよ。あーそっか!実ー季ーは、里佳のこと、大っっっっっっ嫌い!だもんねー。」ザワザワ…「え、ちょっと、聞いた?」こんな些細な事から、私の人生が変わって行った。

2:珱り:2016/09/16(金) 20:43

こんにちは。
これは私の個人的な意見ですが、カギカッコは一行に1つのほうが読みやすいと思います!

3:東海林泰久&日下瑛治ロス:2016/09/16(金) 21:39

ご指摘ありがとうございます。
以後気をつけます。

4:ナンシー:2016/09/16(金) 21:55

みどり、面白い。

5:たつ:2016/09/18(日) 00:01

「ちょっと待ってよ。佳鈴。」
「……」なんで、無視するの?私、
苦手って言ったから?それだけで?
私これから、クラスの邪魔者として、
みんなに扱われるのかな…?
「え?そうなの?」
クラスがザワついてる。絶対私の事だ。あんなこと、言わなきゃ良かった。



しかし、クラスは、実季の事を言ってるのではなかったのだ。一体、誰の事を言っているのかー。

6:愛里:2016/09/18(日) 00:15

「ねぇ桜子ちゃん。」
私の相談相手に聞いてみた。
「私、何かした?」
「う、う、ううん…」
「ねぇ、みんなは何の事話してるの?」「か、佳鈴ちゃんのこと……」
「ええっ!」
「佳鈴、何かした?」
「何かしたってことではないけど…」「けど?」
「ついに、見せたね…」
「?何を?」私は、佳鈴が何を見せたのか。
キーンコーン…チャイムが鳴る。
「ごめん、実季、また後でね。」
「うん…」私は、授業が始まっても、佳鈴が何を見せたのか。そればかり
考えてた。授業の内容なんて、頭に
入らなかった。右耳から、言葉が
聞こえてきて、左耳から、言葉が出ていく。それの繰り返しだ。そうして、あっというまに授業が終わり、休憩になった。やっとその答えが聞き出せるー。

7:いのあり:2016/09/18(日) 10:23

「桜子ちゃん!」
「あ、実季…」
「それで、佳鈴が何を見せたの?」
「佳鈴ちゃんの………」
「の?」
「裏の顔。」
「裏の顔!?あれが?」
「実季、気づいてなかった?佳鈴ちゃんは、学校でも、人によって見せる顔が違うんだよ。」
「え?」
「表の顔と、裏の顔を使い分けてる子。なの」
「………そうなんだ」
「悪い女だよね。」
「……うん。」
バタッ!!
「実季!しっかりして!!」

















どうして、実季は倒れたのか……
















その答えを知りたいのなら、

































この物語を、最初から読み直してみて。














きっと答えが、分かるはずよ。

8:アリス (ノ>_<)ノ ≡dice5:2016/09/18(日) 10:48

なっなんか怖い!あっ、入っていいですか?感想します!!!

9:みどり:2016/09/18(日) 16:27

>>8
どうぞー

10:匿名:2016/09/18(日) 16:29

改行すれば?

11:桜咲:2016/09/18(日) 17:10

え!
なんで倒れたんだ!?

12:みどり:2016/09/18(日) 18:37

「実季!実季!」
「誰か先生を…」
ー10分後ー
私は、目覚めた。目を開けると、白い天井が見えた。どうやらここは、保健室のようだ。あれから、記憶がない。
そして、保健室に運ばれたのだろう。
ゆっくりと体を起こす。
「っ……先生。」
「目覚めた?」
「なんで私倒れたのだろう。」
「それが分からないの。貧血かしら?」「うーん。貧血とかではなさそう。」「くらくらっとしたり、目の前が
急に目の前が、まっ暗になったりしなかった?」
「別にそんなことはなかった。」
「精神的なものかも。ゆっくりして、体を休めなさい。」
「はい。」
精神的なものか…何話してたっけ……
一生懸命思い出してみる。うーん……
確か、桜子ちゃんと話してたような
気がする……

ガラガラ…
「どうしたの?」
「あの、実季、目覚めました?」
桜子ちゃんの声だ。
「実季、なんで倒れたんですか?」
「それはね…」

        ー続くー


答えはわかった?


精神的というのがヒント。









始めの部分を、もう一度、読み返して。









今度は、もう答えが分かるはずよ。
          

13:桜咲:2016/09/18(日) 19:18

精神的……?
だめだーまだわからない(*_*)

14:みどり:2016/09/18(日) 23:16

「…えっとね。多分なんだけど、
精神的なものだと思うの。最近、
大きなショックを受けたりダメージを受けたりしてた?」
「うーん…思い当たりません。」
「そう。今度は、あなたが一回、話してきて。思い出すかも知れないし。」
「………実季?」
「あ、桜子!呼び捨てにしちゃったよ〜これからは桜子って呼んでいい?」
「ぃぃょ……」
「どうしたの、桜子!元気ないよ?」
「実季。倒れる直前まで、私と何話してたか、覚えてる?」
「えっと……佳鈴が、何かを見せたってとこまで覚えてる。」
「そっか。じゃあ、佳鈴ちゃんが、
裏の顔を見せたってとこ覚えてない?」
「ちょっと待って……。」
「あーーー!!!思い出した!桜子に
裏の顔と表の顔があって、使い分けてる子って、悪い子だね。って言われて、ショックを受けて……………」
「実季がなんでショック受けるの?」
「告白するね。私実はね…………」
「う…ん。」
「実は……

          〜つづく〜



答え、分かりましたか?




最後の「実は…」の後の言葉は、








始めから、読み直したら分かるはず。

















ヒントを与えるわ……














実季は、桜子に「表の顔と裏の顔を使い分けてる子って、悪い子だね。」と、言われた。そして、ショックを
受けたのだ。答えが明確にわかってしまうところを教えるね…




答えをここで知りたくないなら、
ここから先は、見ないようにしてね。







一番始めの行から、3行目辺りまで
よく読んでみて。

もう、明確に答えがあるから。























もう、分かったかしら。さすがに

15:ルルー◆Lck:2016/09/19(月) 07:44

急にすいませんー
なんとか分かりましたー!!

16:桜咲:2016/09/19(月) 09:51

なんとなくわかった、かも?

17:薫:2016/09/19(月) 16:39

入ってもいいですか?

わかりません……どうして倒れたのですか??

18:エイター:2016/09/20(火) 06:40

>>15
分かりましたか?
>>16
よく読めばもう、ハッキリ答えが
わかりますっ!
>>17
実季は、桜子に、裏の顔と表と顔が
ある子って悪い女だね。って言われて
倒れた。。そう言われてショックを
受けた。つまり………?

19:エイター:2016/09/20(火) 07:33

「実はね……佳鈴の気持ち分かるの。」
「…え?どういうこと?」
「だから、私も佳鈴と同じってこと!」
「何が同じなの?」
「本当に分かってないの?自分で言ったのに。」
「………あ。」
「気づいた?この際、私にはっきりいっていいよ。」
「……実季も、表の顔と裏の顔を
持ってるんだね。」
「もう1つ、言ってたでしょ。遠慮しないで。」
「じゃあ……言うね。」
「どうぞ。」
「……実季も本当は悪い女なんだね。」
「そうだよ。私は、私は、」
だんだん自分でも、声が大きくなっていくのが分かる。
「そうよ。私は、悪い女なのよ!」
「実季、落ち着いて。」
「ハァ、ハァ、」
「実季、そんなに言わないで。よく
考えて。実季が言ってもいいって言ったんだよ。」
「そうだよね。ごめん。」
「じゃあ、もう行くね。」
桜子の姿が見えなくなる。






…桜子。恨んでやる。。。
これが、私の裏の顔。



よそ行きの顔は、表の顔なのよ。


人には、表の顔と裏の顔があるものよ。

20:エイター:2016/09/20(火) 07:36

最後まで、読んで下さった方、ありがとうございました!

感想頂けたらなと思います。
よろしくお願いします!

21:桜咲:2016/09/20(火) 07:49

おおぅ……。
やっとわかったぜ……(;・∀・)

22:ナンシー◆YQ:2016/09/20(火) 09:41

おもしろかったぜ…みどり

23:桜咲:2016/09/20(火) 13:00

こういう謎解き系もいいですね!
次の作品も読みたいです(#^.^#)

24:匿名:2016/09/21(水) 16:27

>>21
分かってもらえて良かったです!
>>22
ありがとー!でも、次には期待しないでwww
>>23
適当にパーッと書いただけなので
もう、次は書けないかも…ごめんね

25:エイター:2016/09/21(水) 16:27

あ、上↑私


書き込む 最新10 サイトマップ