砂時計

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:Naa.:2016/09/22(木) 02:22


私の恋愛には、タイムリミットがある。

人の人生は、砂時計みたいなものだと思う。
砂時計の砂が全て落ちれば終わり。

私の砂時計は、人より少し落ちる速度が速すぎたんだと思う。


*✽*✽*✽*✽

2:Naa.:2016/09/22(木) 02:30


河上 知恵
ごく普通の高校2年生。

でも人と違ったことがある。
それは、
いつひょっこり死んでしまうか分からないこと。
もしかしたら、
明日死んでしまうかもだし
数分後に死んでしまうかもしれない。

私は生まれた時から心臓が本当に弱い。
今まで生きていられてるのが奇跡なんだとか。

お医者さんはいつも言う。

「長く生きられたとしても成人式は迎えられないかもしれない」

私は16歳で今年で17歳になる。
成人式は迎えられないかもしれない。

成人式は3年後。
要するに時間がない。

…ろくな恋も青春もせずに死んでくのかな、なんて。

でもまぁこれが人生さうん。

所詮こんなもんだと思ってた。

*✽*✽*✽*✽

3:Naa.:2016/09/22(木) 02:35


今日も制限された規則の正しい生活。

⚪走らない
⚪甘いものは食べない
⚪歩きすぎない
⚪運動はしない
⚪我慢しない

…言い出したら限りがない。

そんな生活なにも楽しくなかった。
小さな頃からずっと、
不満だらけの日々を送っていたけど

「長生きするため」

だから守ってきた。

お母さんやお父さんを悲しませたくない一心で。

長く生きたところで、
ろくに親孝行もできやしないんだろうな。

とりあえず、
普通の子が羨ましい。

*✽*✽*✽*✽

4:Naa.:2016/09/22(木) 02:50


あんまり無理な運動もできやしないから、
息切れなんてしたこともない。

どんな感覚なのかな。

ふと、
体感してみたいな、なんて考えが浮かぶ。

ドキドキしたり、
緊張したり、
キュンキュンしたり、

それだけのことなのに、
私の心臓は弱いからすぐに発作を起こすんだ。

…けど、
こんな私だって好きな人がいる。

ドキドキキュンキュンするのが怖いから、
緊張するのが怖いから、
アタックとかそんなことはしない。

ただただ、
遠くからでいいから見ていたかった。

彼はすごく爽やかな好青年で。

きっとモテモテなんだと思う。

「ちぃ??」
「あっ、ごめんねどうしたの?」
「もうちゃんと聞いてよ!」
「ボーっとしてた、どうしたの?」

私の唯一の友達の女の子。
れいれこと、
鎌倉 麗奈ちゃん。

「麗奈ね、好きな人できたの!」
「えぇ、ほんとに??」
「本当に、同じクラスだよ」

れいれの好きな人かぁ。
きっとれいれは可愛いから上手く行くんだろうな。

「誰か知りたい?」
「うん、良かったら教えて??」
「..神崎くん」
「…か」

神崎 龍騎くん。

「神崎くん本当カッコいいよね!」

龍騎くんは、
私の好きな人。

「..ちぃ?」
「あっ、そうなんだ!」
「聞いてる?」
「き、聞いてるよ??」

れいれは、
凄く凄く可愛い幸せそうな顔で龍騎くんの話をした。

…身を引こう。
静かに黙って贅沢なんて言わずただ好きでいよう。

れいれのことを応援しよう。
そう思った。

*✽*✽*✽*✽

5:あみ:2016/09/22(木) 12:35

感想書いても、よろしいでしょうか
面白そうですね
知恵さんと麗奈さんどうなるのでしょうか
楽しみです

6:ららら:2016/09/22(木) 12:45

とーっても面白いです感想書かせてもらうね!続きが気になる〜

7:Naa.:2016/09/24(土) 01:13


>>5 あみさん >>6 らららさん

感想ありがとうございます!
どんどん更新してくので是非見てください!
感想とかアドバイスとかもお願いします<m(__)m>

8:Naa.:2016/09/24(土) 01:20


「今日は席替えを行いたいと思います」

担任がSHRに言い出した。

担任がランダムに黒板に書いた座席表に生徒の名前を埋めていった。

私の席は結構いい席で、
1番後ろの廊下側。

「ちぃ、麗奈たち前後だよ!」
「うそ、やった!」
「それに麗奈の隣の席神崎くんなの!」

…龍騎くんと近くの席。

嬉しい気持ちとれいれと隣と言うヤキモチが入り交じった変な感覚がした。

*✽*✽*✽*

9:Naa.:2016/09/24(土) 01:30


早速新しく指定された席についた。

「神崎くん、よろしくね!」

れいれがものすごく可愛い笑顔で龍騎くんに言った。

「おう!」
「隣の席だし仲良くしてね!」

なんて2人のやり取りをぼんやりと眺めていた。

「盗み聞きですか?」
「え?」

声のした方を見ると無愛想な男の子が冷たい目で私を見て言った。

「盗み聞きとか趣味悪くね?」
「..別にそんなつもりじゃないよ?」

私は、笑顔を向けた。

「なに笑ってんの俺可笑しいこと言ったっけ」
「..ごめんね」

何この人。
初対面でこの態度はおかしくない?

..別に仲良いわけじゃないのに。

「お前、名前なんてゆうの?」
「河上..だけど?」
「下は?」
「知恵だよ」
「河上知恵ね、じゃあ知恵って呼ぶわ」

彼はサラッと答えたけど、
私今まで男の子に 知恵 なんて呼ばれたことない。

..初めてがこの人?
なんなら龍騎くんが良かった。

「そっちは?」
「俺は-、笠原 陽太」

なんかすごい気が強そうな感じなのに、
名前が凄く可愛らしいな。

ひなたくん..

「笠原くんね、よろしくね」
「おう」

*✽*✽*✽*


書き込む 最新10 サイトマップ