色のリボン

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:茅野カエデ(雪村あかり)◆CY:2016/10/03(月) 12:56

荒らし、悪口、なりすまし禁止!!
わたしが、まだ、やってない色は、ぜひ、わたしに教えてください

2:茅野カエデ(雪村あかり)◆CY:2016/10/03(月) 13:06

黒いリボン

「今、……何て……?」

「だーかーら!黒いリボンをみにつけると、呪われるってこと!」

有朱「嘘だー!アハハハ!私、黒いリボンつけても、呪われないよ?」

未来「でも、隣の学校の女の子、黒いリボンをつけて、呪われたんだって」

有朱「例えば、どんな?」

未来「教室のガラスを割ったり、ドアを壊したり、給食を全部こぼしたりとか」

有朱「暴力女?アハハハ!」

何それ?バカらしいじゃん。私は、そういうの信じないんだっつーの!

翌日

私は、昨日、未来が言ったことは、冗談と思い、黒いリボンをつけて、学校に来た。

有朱「おはよう!」

みんな「……」

有朱「あれ?みんな、返事してよ!」

シーーン

有朱「ねぇ、未来!」

未来「クレアちゃん、次の授業なんだっけ?」

クレア「えっと、体育」

む、無視された…

3:茅野カエデ(雪村あかり)◆CY:2016/10/03(月) 13:26

感想もよろしくお願いします!

◆◇★☆◆◇★☆◆◇★☆◆◇★☆

先生「それでは、一人ずつ、バスケのシュートをお願いします。」

私の名字は、松江だし、クラスに松江って名字ないから。

先生「次、上田!!」

上田「はい!」

先生「次、ま」

私だね!

先生「松田!!」

え?ど、どういうこと?私は、出来ずに、終わった。どうして?昨日、未来がいったこと本当だったんだ。未来、ごめんね!

私は、黒いリボンを捨てた。

未来「有朱!着替えにいこっ!」

有朱「うん!」

黒いリボンは、今でも、有朱に呪いはかかっている。

終わり

4:茅野カエデ(雪村あかり)◆CY:2016/10/06(木) 17:37

黄色いリボン

ー私は、この日、ハッピーだった。ー

未雪「希楽々!!帰ろう!」

未雪がいった。でも、未雪と、私、仲良かったかな?でも、新しい友達ってことで!

希楽々「ただいま!」

由楽々「ただいまー」

私には、中2の美楽々お姉ちゃんがいた。今は、病気で、入院中。だから、毎日、妹の由楽々と一緒に言っている。

由楽々「希楽々お姉ちゃん、ここ教えて」

希楽々「由楽々これはね…」

プルルルルル

このときは、お母さんとお父さんは、仕事。私がやらないと!!

ガチャ

希楽々「はい。中川です。」

???「希楽々ちゃんは、いますか?」

5:茅野カエデ(雪村あかり)◆CY:2016/10/07(金) 16:58

希楽々「私ですけど、どちら様ですか?」

???「あっ!ごめん!言ってなかった。未雪だよ!」

希楽々「未雪立ったんだ!で、どうしたの?」

未雪「宿題なんだっけ?えっと、ちょっと待ってね!」

希楽々は、自分の部屋へ行った。

ドタドタ

希楽々「あっ!プリント2枚、漢字ドリル27番だけだよ!」

未雪「ありがとう!またね!」

未雪は、バイバイと手を降るように言った。

6:茅野カエデ(雪村あかり)◆CY:2016/10/08(土) 10:03

ごめんなさい!『立ったんだ』じゃなくて、『だったんだ』です。


翌日

先生「皆さん、席について!今日は、転校生が来ます。」

希楽々(転校生かぁ。仲良くなれたら良いなぁ…。)

希楽々は、ぼんやりしていました。

先生「それでは、入って!」

先生は、転校生の子をよんだ。すると、女の子と男の子が出てきた。

先生「それでは、自己紹介して」

???「皆さん、はじめまして!浅見佑です。よろしくお願いします。」

佑は、にっこりして言った。

???「石澤光樹です!よろしくお願いします!」

先生「それでは、浅見さんは、中川さんの隣で、石澤くんは、山田くんの隣ね。」

すると、佑は、希楽々の隣に、ちょこんと座った。すると、佑は、

佑「よろしくね。えっと…」

すると、希楽々は、笑顔で、

希楽々「私、中川希楽々!よろしくね。佑ちゃん!希楽々って呼んでね!」

佑「うん!こちらこそよろしくね。希楽々ちゃん!」

休み時間

先生「中川さん、山田くん、石澤くんと、浅見さんを学校案内してください。別々に別れても構わないです。」

山田「中川!俺、4階から、案内する」

希楽々「わかった!じゃあ、私は、1階から!」

1階

希楽々「ここは、1年生の教室。1組から、3組あるんだよ!そして、2年生は、4組まであるんだよ!いい忘れたけど、1年1組の教室の隣に、給食室で、下駄箱があるところに、保健室。こっち来て!」

佑「あっ!うん!」

希楽々「ここは、体育館!!」

佑「広いね!私の前の学校、そんなに広くなかったもん!」

希楽々「アハハ!じゃあ、ここ、トイレだよ。じゃあ、2階行こっか!」

2階

希楽々「ここ、図書室。本は、一人一冊だけ、借りるんだよ。お菓子の本、物語、おさいほうの本、マンガなどがいっぱいあるんだ!」

佑「今度、借りてみるね。」

希楽々「で、ここは、3年生の教室!3組まであるんだ!で、私の学年の教室でーす!4年生は、4組まで、あります!次は、3階!!」


書き込む 最新10 サイトマップ