ショータイム

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:鈴:2016/10/11(火) 01:42

こんにちは

鈴です。

たまに、文字がへんかもしれません

これは、いじめです。

一言いうと、あばく時間です。

意味が分かりませんね。

まあ、見てみてください。

2:鈴:2016/10/11(火) 16:17

私の名前は、関原 潤 

なぜか分からないけど、

いじめられています。

でも、私は、財閥は世界一なので、

こいつらを、なんでもできます。

まあ、どうして、いじめられたのかを、

回想します。

3:鈴:2016/10/11(火) 18:42

私は、なぜいじめられた。

思い出そう

いじめられる前のことを


――いじめられる前――

「潤、数学ノート貸してー」

「えーまた、まあ、いいよー」


「サンキュウ―」

(たまには、自分で、やってきてほしいなー)


放課後


潤は、とっくに帰っていた


教室にいるのは、潤を除く女子全員だ。


「ねえ、潤ってうざくなーい」

「確かに」


と、言う声が出ている。

「でもさ、潤いい子だよ」

その声は、潤の親友の若北 要の声だ


「は、そっか〜、あんた知らないのね。」

「潤の奴、お前のこと、うざいって言ってたよ」

「は、いい加減なこと言うな。」

「明日から、潤をいじめるから、庇ったら、お前も、いじめてやるから」

4:優香:2016/10/11(火) 21:07

入っていいですか?

面白いですね!!

頑張ってください!!

5:鈴 天月好き:2016/10/11(火) 21:07

良いよ

6:HOZUMI☆:2016/10/11(火) 21:09

入っていいですか?

続きが気になります。
深いですね、内容が。

7:鈴 天月好き:2016/10/11(火) 21:11

良いよ。

タメでいいよ

8:HOZUMI☆:2016/10/11(火) 21:14

ありがと

9:鈴 天月良いわ:2016/10/11(火) 22:05

――そのころの潤――――

あ―家に帰ってきてもひまー


寝るか


次の日

ガラ

バシャン

「え何」

10:優香:2016/10/12(水) 17:36

面白いですね!

続き楽しみです!

11:鈴:2016/10/30(日) 14:09

クラスの奴らが笑ってる

なんで、私なんかした


「あんたさー、いい子ぶりじゃない?だーからさ

 クラスみんなであんたをいじめることにするわ」

12:鈴:2016/10/30(日) 14:22

「要は、違うよね」

「私は、…潤のこといじめる」


「なんで「潤、私の悪口言ったでしょ。」い、言ってないよ」

「えー、あたし、潤が要の悪口言っての聞いたよ」

「ひどい」 「潤ってサイテー」

(どうして、私の言うことは聞いてくれないの)


「よし、皆、あたしが持ってきてって言ったなの持ってきたよね」


「「「「「うん」」」」」


「いっせのでー」

ぐちゃ、ドカ、ビャ


そこには、生卵や竹刀やホースで当ててきた


キーンコーンカ―コン


「あーあ、終わり」

授業が始まるチャイム


書き込む 最新10 サイトマップ