〜魔法の世界〜 Anotherstory 

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 ▼下へ
1:聖夢◆Yc:2017/07/02(日) 12:03



 きらきらして宝石のようにかけがえのなく、大切な毎日。
    のぞいてみませんか?ほらあなたも──────。
       ようこそ魔法界へ

          >>2

 

2:聖夢◆Yc:2017/07/02(日) 12:05



すみません!
私情なのですがたて直しました!


親友の作品なのですが番外編的なのをかくことになりました!
これはほのぼのの日常です!
今親友がかいてる(http://ha10.net/test/read.cgi/novel/1474101810/l50)の後なのでネタバレ大です!

荒らしやなりすましはご遠慮ください。

 

3:聖夢◆Yc:2017/07/02(日) 12:06



キャラ

「みーんな!いこいこ!」

「私は魔法使いのミーナ!あなたの名前は?」

ミーナ
魔法使い。魔法学校・1年生。元気一杯で明るく、フレンドリー。誰とでも仲良くできる。彼女の前だと笑顔になる人が多い。「天真爛漫」や「自由奔放」などの言葉が似合う。目立ちたがり屋でもありよく魔法界を飛び出してどこかへいくこともしばしば…。
友達思いで諦めない信念を持つ。魔力が莫大にあるがコントロールができない。そのため暴走もしばしば…。トラブルをよく起こすらしい。事件や何かが起こった時、目が虹色になってすごい魔法がつかえる。それを「アルティメット化」と名付けられてる。(正式名称不明)ただ、そのあと力の反動で倒れてしまう。

「ミーナ…本当いい加減にしろ…」

「こいつら…」

ライト
魔法使い。ミーナの幼馴染で同じく魔法学校・一年生。冷静でしっかりもの。ミーナをからかうこともしばしば。頭が良く、成績優勝で一番の常識人!ミーナ曰く、「モテるけど嫌味」らしい。ミーナにいっつも巻き込まれてあとの対処をいっつもしてる。けどなんやかんやいいつつミーナのことを見守ってくれてる。

「私は誰よりもすごくて美しいもの。だからどいてくれる?」

「先生、手伝います」

ネア
魔法使い。ミーナとライトの幼馴染。お嬢様。仲がいい人などには毒を吐いてる。先生や知らない人にはいい子を演じ、猫かぶってる。ライト同様、成績優秀。ミーナに弱く、案外素直に応じることも。ユウ(あとで紹介)とは恋愛フラグがたっている←。真の性格は毒舌でいじわるで言いたいことはハキハキのいう。お嬢様だけどあまりはなにかけないし自慢しない。

「まぁ、素敵ー!」

「私はミーナ達に救われました」

アンジュ
魔法使い。ミーナ達と友達。魔力が莫大でコントロールができる。
おっとりしているが鋭く、幻覚や言葉を巧みに使って相手の心を突くことが得意。
一回、魔法界を破壊しようとした。けど、ミーナ達にの活躍ですることをやめ心を開き、改心した。今は「StarShop」を経営していて魔法道具をつくってる。ただ、女装するドリンクだとかそういうものも。怒ると怖い……
魔法界一の実力を誇るらしい。

 

4:聖夢◆Yc:2017/07/02(日) 12:08



「はっ俺らさ、そんなことしたくないんだけど」

「ネア、ばかかよ」

ユウ
まほう使い。ライトの友達。ミーナ達の隣のクラス。やんちゃでいたずらっ子 。問題児であり先生からよく警戒されてる。ネアのことが好きでよくからかってる。勉強がダメなためよくネアに見てもらってる。運動神経抜群!またリーミとも喧嘩する

「僕がいちばんに決まってるよね!」

「別にノアのことを思ってやったわけじゃない!」

リーミ
魔法使い。ユウのクラスメイト。毒舌でわがまま。自分大好きナルシスト。小悪魔な子。
ボクっ子。ミーナよりトラブルを引き起こしやすい。仲間思いな一面も。ノアとは仲が良く、彼女のいうことはだいたい素直にきいている。水の魔法だけは完璧! けど根は優しくみんなのことを思って行動してる時もある。敵には真っ先に立ち向かっていったりここぞ!という時に頼れる

「お姉ちゃんを超える魔法使いになってみせる!」

「私、大丈夫なのかな?」

ノア
魔法使い。リーミのクラスメイトで親友。大人びてて成績優秀。ライトと同じく常識もの。姉に学校一優秀なノエルをもつ。姉を超えるのが目標!頭の回転がはやくいかなる時も冷静。姉に絡まれると少し子供っぽくなる。構って欲しい反面、子供扱いしてほしくないと姉のことを思ってる。 おしゃれとか流行に敏感。

「ノーアちゃんー!」

「ふふっかわいい」

ノエル
魔法使い。魔法学校一の成績優秀。ミーナ達の二つ上。おっとりしてて優しいが実力は半端ない。
妹のノアがだーいすき!また美人でありもてるらしい。かわいいものに目がない。
誰よりも努力家で1番になっても満足することなく高みを目指す。

 

5:聖夢◆Yc:2017/07/02(日) 12:10



1話 テスト勉強

「も〜!!わからなーーーい!」

赤ピンク色の髪の少女・ミーナはわー!と叫んだ。
それと同時にまわりは一斉にミーナに視線を向けた。みんなそれぞれの反応をしてた。

「やれやれまたかよ」

呆れながらため息をつくライト。

「うるさい…だまる」

ジト目でミーナをみつめてるネア。

「頑張ってください」

ふふっと穏やかな笑みを浮かべてる天使みたいなアンジュ。

「わかる…したくない」

ノートに落書きをしてるユウ。

「ボクだってしたくなーーーい!」

忌々しそうににノートや教科書をみつめるリーミ。

「後一息。ミーナ、ユウ、リーミ。頑張ろう」

お姉さんのように怒ることなく3人をやる気にさせようとするノア。

ここはstarshop。アンジュが経営してる店だ。いろいろな魔法道具がある。
その店でテスト勉強をしてる。テスト勉強は魔法界では二種類がある。
実技テストと筆記テストだ。簡単に説明すると実技は魔法を披露する、筆記は魔法の呪文を書いたりする。

「テストなんていやだー!」

ミーナはいやそうな顔をしながらため息をついた。

「ライト、ミーナの彼氏ならやる気つけさせてよ」

ネアはやれやれと諦めたようにライトに投げかけた。
そう、ミーナとライトは付き合ってるのだ

「…」

ライトはそれに応じることなく無視をする。

「…ならそうだ!」

ノアはぴっかんと何かを思い浮かんだようだ。

「楽しく勉強しよう!それならできるよね?」

ふふっと微笑みながら椅子からガタッと音をさせ立ち上がった。

「楽しくですか?」

アンジュやみんなは不思議そうに首を傾げていた

6:聖夢◆Yc:2017/07/02(日) 12:10



「クイズ感覚で問題を出すの!正解したらお菓子をプレゼント!」

ノアはウィンクした。

「なるほどね、まかせて」

ガチャっとドアが開き現れたそ、ノエル。ノアの姉だ

「今回だけはお姉ちゃんに協力してもらうわ」

ノアは少し嫌そうにノエルを見つめる。
2人とも中が悪いわけではないのだがノアは完璧な姉のノエルを超えたい。その一心だった。

「ノアちゃんったら素直じゃないんだから」

そういってしれっとノアに抱きついた。

「お姉ちゃん!?やっやめて!みんながみてる!」

「のっノエル先輩…」

ミーナ達はあはは…と2人を見つめる。
ノエルはミーナ達の先輩なのだ。

「あら、私ったら…ごめんなさいね。ふふっ」

ノエルははっとしノアから離れた。

「じゃあ問題。火を250ヘイホーセンチメートルのまわりにつけたい。このとき必要な火の元素は?」

「わっわからない」

「僕も」

「俺も」

ミーナとリーミとユウはぐっとなった。

「馬鹿ね、これしきもわからないの?」

ネアは自慢気にふふっと微笑んだ。

「ネアに言われたくねーし」

ユウはけっとネアを嫌そうにみつめた。

「はいはい、解くのに集中よ」

ノエルは2人をなだめた。

「あのね、これはこうでしょ?だから…」

「「「なるほど!」」」

3人はいぇーいと嬉しそうに飛んだ。

「ってかクイズじゃなくなってる」

ノアはあはは…と苦笑いした。

「でもお菓子はあげるわ。最初に溶けたのはノアとアンジュちゃんね。はいみるきーフラワー」

つぼみがスティックについてるのを渡した。

ミルキーフラワーというのはミーナ達の魔法の世界限定のスイーツだ。一見花に見えるが実はきのみ。けど花びらのようにひらひらとしてふわっとしてる。おまけにあまい。つぼみになってるのは自分で魔法をかけて咲かせるからだ。

「やりました!」

アンジュとノアは嬉しそうに食べる

「むぐぐ」

ミーナは羨ましそうに見つめる

「がんばるぞー!」

………

時は過ぎ夕方。

「今日はおしまい!お疲れ様」

なんとか理解することができみんなもらえた。

「ありがとう!みんな」

ミーナはふふっと微笑む。

「頑張ろうね!」

ミーナはおーっと手を挙げた。
まわりもミーナにつられたのか微笑み出す。

「よーし!お疲れ様!」

1話 end

 

7:聖夢◆Yc:2017/07/02(日) 12:11



2話 ノアの悩み

「はぁ」

綺麗な夜空の下、ノアはため息をつきながらベランダで夜空を見つめた。
浮かない顔をし何か悲しそうな顔つき。
ノアの頭の中は姉のノエルのことでいっぱいだった。
完璧な姉。ノアはその姉を超えたい気持ちでいっぱいだった。
けど、姉だからこそわかる。今の自分に姉を超えられない。いや、ずっと姉を超えられないと──────。

次の日、魔法学校。

「…………」

ノアは机にうつぶせてぼーっとしながら姉のことばかり考えてる。

「ノーア!ちょっと聞いてよー!ネアとユウが僕のこといじめるんだよ?」

泣き真似をしながら「ひどい」というリーミ。ノアはそんなリーミをみて「あはは…」と苦笑いする。リーミとノアは同じクラスだ。それかつ、親友でもある。ノアがノエルと大ゲンカしたとき、リーミはノアのことを心配し仲直りするきっかけを作ってくれたのだ。ノアはリーミに本当に感謝をしてる。かつなんでもいえ自信満々なリーミを尊敬してるのだ。

「ノア?どうしたの?」

リーミはノアの顔を見て何かを感じ取ったようだ。ノアはびくり!とし視界を窓に変えた。

「なんでもないよ」

そういうノア。けどリーミにはわかる。ノアは悩んでるってことを。

 

8:聖夢◆Yc:2017/07/02(日) 12:11



「お姉ちゃんを…超える!!」

ノアは放課後、学校に残って復習をしてる。
夕日がさす教室。照らされながら勉強するノア。頭の中は姉のノエルを超えることでいっぱいだった。
「このままじゃ」そう思って焦りが募ってく。

(お姉ちゃんは本当にすごいよ)

机に伏せて今日のことを思い出す。姉に用があって教室に行った時のことだ。

時は戻り昼のこと。
ノアは姉に呼び出された。

「まったく…なんなの?」

はかっとためいきをつきなざら廊下を歩くノア。はやくリーミたちとゆっくり話したいのに、と嫌そうな顔をする。姉のことは嫌いではないのだ今は話したくない、そんな気分だ。超えれない壁、厚い壁。ノアはゆっくり左手を前に伸ばした。そのときだった───。

「ノーーア!」

いきなり後ろからぎゅっと抱きつかれた。その衝動でノアは前へこけそうになった。けど後ろにぐいっと引っ張ってくれた。振り返らなくてもだれだかわかる。ノアが今、悩んでる相手、そして身内。

「お姉…………ちゃん」

そうかのなく良くな声でいい振り返る。その通りノエルだった。

「来てくれてありがとう!」

にこりと穏やかに微笑むノエル。大好きな姉。が、超えなきゃいけない姉。ノアの心は複雑で複雑だった。
子供扱いして欲しくない、かといって構って欲しい。

「別に…」

ぷいっとそっぽを背けた。ノエルは「あらあら」と呟きノアを見つめる。その表情はどこか悲しげだった。

 

9:聖夢◆Yc:2017/07/02(日) 12:12



 「ノアちゃん、明日出かけない?休みだし」

あっとしノアの肩にぽんっと手を置いたノエル。
笑みを浮かべ、ノアの顔を覗き込もうとする。

 「そんなこと?帰って聞けばいいじゃん」

肩の手をどけ、覗き込もうとする相手に背を向ける。
ノエルは「まぁまぁ」と笑みを崩さないままだ。

 「ノエルちゃんの妹さん?」

そんなやりとりをしてると2人に近づいた子。
ノアは首を傾げ不思議そうにしてた。

 「あら?シーナちゃん!ええ、そうよ」

にこり、とそのシーナというこの方を向き微笑み返すノエル。
シーナはノアをまじまじと見つめしばらく何も発さなかった。

 「やっぱり似てる!ってことは成績とかもいいんでしょ?」

満面の笑みを浮かべ、ノアの手を取ったシーナ。
ノアはその場にぽかんと口を開けていた。

 「この子は私の友達よ」

 「シーナで〜す!でも2人ともすごいね!美人で頭も良くて。ノエルちゃんはね、今日のテストでね、全部100点とったの!」

それを聞いた瞬間、なんとも言えない感じがする。淡々と喋り続けるシーナ。けどノアは無言のままその場に突っ立っていた。シーナの言ってることも耳に入らない。どんどん視界が遠のいていく。この前したテスト。満点もあったが全てというわけではなかった。自分の実力不足を思い知らされた。ふらりとふらつくノア。

 「大丈夫?」

ノエルは心配になりノアを支える。
ノアは首を振る。

 「ごめん。先生に呼ばれてるから」

そんな嘘をつき走り出す。
廊下を走ったりしたら先生とかいろんな人に怒られる。それは常識。
けど今はそんなこと考える余地が彼女にはなかった。

 ( 目が熱い… )

今、自分はひどい顔をしてる。そんなことを思った

 ( けどもっと…もっと… )

教室につき、ノアはノートを広げる。

 「お姉ちゃんを…」

 

10:聖夢◆Yc:2017/07/02(日) 12:12



ここまでが前スレのです。あと書き方を変えさせていただきますね

 

11:聖夢◆Yc:2017/07/07(金) 12:27



 「ふぁ〜…やっと説教終わった。全く先生もほうきレースしただけで大袈裟なんだよな…」

夕方、オレンジ色に染まった空を窓越しで見上げ廊下を歩く。
さっきボクが呟いた通りボク達はほうきレースをして怒られた。
まぁちょっと悪いと思うけど…
それにしても遅くなっちゃったな…。はやく家に帰ろう。
ボクは早歩きで廊下を歩く。そして教室に入ると…

 「ノア!?」

一瞬、人影があってびくっとしてしまった。怖くなんかないけどね!本当だよ!?びっくりしただけだから!
ノアは机に頭を伏せてすーすーと寝息を立ててる。
机の上にはノートとかが広がっているし…
ま〜たノアは無茶してるな?

 「全く…」

ボクは呟いた。

  ・・・

 「ア…ノア」

私を呼ぶ声…?
私は目を覚ます。目の前には水色の髪をゆらゆらゆらしこちらを見つめる親友がいた。

 「リーミ?」
 「ノアのばか。また無茶して。何があったの?」

リーミは頬を膨らませこちらをじっと見つめる。どこか怒ってる。
言わなきゃいけないよね。けどなんだかいいにくい。

 「…ノアか。言えないならいいよ。ただ、どうせ“お姉ちゃんを超えられない〜”とか思ってるんでしょ?」

リーミは裏声でいい、怒りながらも机の上を片付け出す。
私はただぼーっとしていた。動かなきゃと思っても動けなかった。

 「ノアはノアなんだから、無茶したらだめ。ノアが頑張っているのはボク知ってるんだから。それにノアは完璧だよ」

はあっとため息をつき呆れてた顔。けど私の頬を人差し指でツンツンすると笑みを見せた。
本当、私って…

 「ばかだな…」

声に出る。でもそう。目先のことだけを考えてた。無茶してた。私は私。姉は姉なのに…。
なんだか涙が溢れて…

 「さ、帰ろう!!」

リーミは涙を流す私については何も触れずにカバンを私に渡し、手を出した。
私は彼女の手を掴む。あたたかい手

帰るまで私たちは無言だった。リーミは気を使ってくれたのかもしれない。
もう迷わない。なにも…!けどお姉ちゃんは超える。
目標だから!私は私。姉は姉。

だから………きっと!

星はきらりきらりと一つ一つ個性を放つように輝いてた。

          2話 end

 

12:聖夢◆Yc:2017/07/27(木) 21:15



新キャラ!

 「 ふわふわ〜でもふもふ〜だね!」

 「 リーミちゃんかわい〜! 」

 ミク
魔法学校の転入生。天然でふわふわでつかみどころがない。言いたいこと、思ったことははっきりいう無自覚毒舌。
芯が強い。甘えん坊で妹タイプ。そしてあざとい←
常にクマの人形をもっている。自分を可愛いと思ってる。

 

13:聖夢◆Yc:2017/07/28(金) 09:57



3話 ふわふわ、もふもふ!キュートな転入生!

 「 おっはよー!」
がたり!と音をたて元気よく扉をあける。
教室は日が差してポカポカしてそうだ。
 ( 今日も一日がんばるぞー! )
そう意気込んだ。

 「 おはよう。ミーナ 」
ネアがこちらにやってくる。そして「相変わらず元気いいわね〜… 」と微笑ましく私を見つめる。

 「 えへへ〜…元気が私の取り柄だからってきゃ!?」
いきなり後ろに引っ張られる。何かにもたれた私は顔をあげる。
目の前にはライトの顔…
 「 おはよー 」
にやりとからかうような笑みを浮かべる。私はなんだか恥ずかしくなった。
今、顔絶対赤い…
 「 朝っぱらからリア充 」
ネアはじっとした目で私たちのやりとりを一部始終見ていた。さらに恥ずかしくなる。
 「 それよりさ、今日転入生、くるって 」
ライトは一言一言区切りながらそう発する。
 「 え?転入生!?」
私はわくわくした。友達が増えるんだもん!
 「 そうなのね 」
興味なさそうにふーんと無表情のネア。
 ( いつものネアだ… )
 「 でも!友達が増えるから楽しみだね!」
私は期待に胸が膨らんだ。
どんな子なのかなー?

 

14:聖夢◆Yc:2017/07/29(土) 10:16



 「 ミクでーす!よろしくね〜 」
クマのぬいぐるみを持って上機嫌で現れた女の子。なんかほわほわしてかわいい…
 「 ミクさんはミーナさんの隣で 」
ユリア先生はまわりをキョロリ、と見渡す。私の隣は今、ちょうど空いてる。
 ( ミクちゃんか… )
なんかかわいい!
 「 ミーナちゃん、よろしくね!あのね、みんな!ミクの好きなものはかわいいミクとクマちゃん!」
私に手を振り可愛らしく微笑む。そして私が挨拶を返そうとすると「は!」としてミクちゃんは満面の笑みでいう。
そしてこちらの席にやってくる。
 「 ミクちゃん、よろしくね。ミクちゃんかわいいもんね 」
 「 うん!ありがとうミーナちゃん!」
そういって私に抱きつくミクちゃん。私は妹ができたみたいで嬉しかった。


と、私は別にミクちゃんに対してそうなんとも思わなかったんだけど…

 「 あいついらつくんだけど!」
 「 それわかる 」
珍しく(?)意気投合してるリーミとネア。
ミクちゃんは今日いろんなことをしたんだ。みんな気にしてはないけど…

例えば今日の隣のクラスとの合同実験のとき…
 「 は〜い!せんせいせんせい!ミクした〜い!」
先生が実験を見せようとするとミクちゃんは元気よく手を上げる。みんな、「え?」という顔をしてた。
 「 仕方ないですね…今日だけですよ 」
先生はほっこり〜としてミクちゃんを見つめる。
 「 やった〜!ミク、うれしい〜!!」
可愛らしく微笑んでるミクちゃんをみてるとみんなもにこにこしてる。
 「 意味わからない… 」
相変わらずリーミ達は…うん。
 「 じゃあGO!」
ミクちゃんはそういって緑と赤の液体を混ぜる。あれ…?あれって確か混ぜちゃいけな…
 「 ミクさん!?」
  ボンッ!
思った通りだった。混ぜた瞬間、爆発音がした。そしてへんな香りがする煙が…
 「くっさ!」
リーミが叫ぶ。わかる…強烈だよ…。
 「 アロマーゼ!」
ノアが急いで魔法をかける。するとたちまち煙は消えていい香りが漂う。
 「 ノア、ありがと… 」
私はノアに向かって親指をたてる。ノアも親指をたて私に返してくれた。
さすがノア…。いつでも冷静で物事を判断して魔法もできて…。ここにいるみんな、ノアに感謝してるだろう。
 「 ちょっと!?」
 「 えっと…みなさんごめんなさい… 」
ネアがミクちゃんに問い詰めようとする。ミクちゃんは上目遣いをし、目をうるうるさせる。
 ( かわいいな… )
なーんて状況に合わないことを思ってしまう。
 「 大丈夫ですよ。失敗は誰にもあります 」
相変わらず先生も微笑んでいるまま。みんなも微笑んで「大丈夫!」「ミクちゃんなら!」という。
 「 わーい!うれしいな〜!」

これだけじゃなくてノエル先輩達と話す時も…
 「 ノア、今日の実験のとき、活躍したんですってね 」
 「 ううん、そんなに。」
 「 さすがはボクの親友!」
と、リーミ達が話してると…
 「 ミクもはなしたーい!」
なんて入ってきた
 「 いいわよ。あなたは確かミクちゃんね?噂通り可愛いわ 」
ふふっと手をパーにし口にあてる。
 「 ほんとうに!?うれし〜!」
ミクちゃんは先輩でもタメ。
 「 ノエルちゃんって呼んでもいいですか?」
またもや上目遣いで可愛らしく、こてりと首をかしげる。リーミは「なっ!?」といってミクちゃんに取り掛かろうとしたがノアに止められた。ノエル先輩は「まぁ」っとびっくりして目を見開く。けどにこりと笑みを浮かべる。
 「 いいわよ 」
といった。

以上のミクちゃんの行動や言動がリーミ達には気に入らなかったらしい。
 (でも自由というか縛られなくて可愛いんだけどな… )
リーミ達にいったら怒られそうなので黙る
できたらみんな仲良くがいいんだけど…

 

15:匿名:2017/08/18(金) 17:26

ミクちゃんがかわいすぎ。続き期待


新着レス キーワード 最新10 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かきシェアする?