〜嘘と恋と私〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1:萌恵:2018/01/06(土) 12:32

こんにちは。スレ主の萌恵です!ここでは、私が体験したことを取り入れて、小説を書いていきます。

登場人物>>2

あらすじ>>3

プロローグ>>4

そこまでは、レス禁です!

2:萌恵:2018/01/06(土) 12:39

登場人物 全員中1です。
河井 那奈 明るくて人気。可愛い。
橘 莉央 那奈の親友。
片原 颯斗 バスケ部のエース女子からモテモテ。


増やすかもしれません!

3:萌恵:2018/01/06(土) 12:46

あらすじ
私は恋なんて興味なかった。でも、中1になったあの日から、颯斗の笑顔を見るだけで嬉しくて…これって、恋なのかな。でも、親友の莉央は颯斗のことが好きなのに。絶対好きになっちゃいけない人、この気持ち、どうしたらいいの?嘘をついてまで貫くことって……何?
友情か、恋か、嘘か……全てはここから始まる。

4:萌恵:2018/01/06(土) 12:47

プロローグ


カットします。


ごめんなさい。かけないもんで……。

5:萌恵◆yc:2018/01/06(土) 13:32

追加
安岡 真昼 女子。運動神経抜群。親友。

吉本 翔也 男子。どSで逆らえない。那奈のことが好き。

6:萌恵◆yc:2018/01/06(土) 14:34

第1章 恋の予感

ピピピピッピピピピッ。ふわぁぁ。私は、目覚まし時計の音で目を覚ますと、朝食を食べてから学校へ行く準備をする。

「行ってきまーす!」
そういって家を出た。今日は入学式!真新しい制服を着て、学校へ向かう。それにしても、制服がちょー可愛い!スカートは、タータンチェックで学校の紋章がついている。ベストも白でめちゃ可愛いんだ。公立なのに可愛いなんて、すっごく嬉しい!!

そう考えているうちに、学校に着いた。入学式が始まり、校長先生の長ーい話がやっと終わる。そして、教室へ移動し始める。階段を下りているとき、後ろから声がした。

「あっ、那奈!おーい!」
莉央だ!そう思って後ろを振り返る。
「あ、莉………」
そう言いかけたとき、階段を踏み外してしまった。嘘!?私は派手に転げ落ち、皆の声も遠くに聞こえる。

「那奈!?大丈夫!?那奈、那奈………!」
そう聞こえたのを最後に、だんだん意識が薄れていった__。


「んんっ………」
私は気が付いたら保健室にいた。てか、今誰かに頭をなでられたような………。
「お、気づいたか。」
隣にいた男子が、声をかけてくれる。
「えっと…あなたは?もしかして運んでくれたの?」
「あぁ、そんな感じ。俺は同じクラスの片原颯人。お前、確か河井那奈だっけ」
片原颯人……か。てか、なんで私のこと知ってるんだろ。
「うん、そうだよ。颯人君ありがと!」
にっこりと微笑んで言う。
「颯人でいいよ。那奈」
っ……!今那奈って呼ばれた……。いがいと恥ずかしい…。

7:萌恵◆yc:2018/01/06(土) 14:49

それに呼び捨てでいいって………。
「は、颯…人…?」
すると、なぜか颯人が目の下を赤らめていた。
「やっぱ、名字の河井のとおり可愛いな」
ぬおぉ!?可愛いって初めて男子に言われた……。そう思っていたら顔を赤くしていたらしく、

「那奈可愛い」
そういって頭をポンポンとして、2人で教室へ戻った。
こ、こんな中学校スタートだなんて−。それに、さっき少しドキドキしちゃったし……。もしかして、これって恋_?

いやいや、そんなわけないー!
そう思っていたら教室に着いていた。

8:萌恵◆yc:2018/01/06(土) 18:26

第2章 新しいトモダチ


キーンコーンカーンコーン。
さっきのことは、なかったかのように授業が始まる。
席は右隣が安岡真昼ちゃんで、左隣が颯人だった。さっきのことを思い出して、少し顔を赤らめた。でも、知ってる人が近くに居てよかったかも。

授業が終わり、休み時間になる。

「ね、那奈ちゃんって颯人と付き合ってるのー?」
は、はぁ!?ちょいとなにをおっしゃってる……。
「ち、違うよ!なんで−?」
「いや、那奈ちゃんさっきお姫様だっこで運んでもらってたしぃ」
真昼ちゃんはからかうような口調でいう。はい!?てか、お姫様だっこだとぉぉぉー!?されたことを思い出して一人で顔を真っ赤にしていると、
「お、赤くなった〜〜!颯人、那奈ちゃん可愛くない〜?」
「ん、そだな」
おいこらー!なにこたえとんじゃボケ−!少々テンションがおかしくなり、私は黒いオーラをまとっていた。
「あのねぇ……2人とも……」
そこまで言ったとき、ふたりはガタガタ震えながら
「ゴメンナサイッ!」
「はいはい、わかりましたよ」
ゴメンナサイッって、ハモってるし!そう思いつつ許してあげた。そして、颯人が居なくなってから真昼ちゃんが

「ね、友達にならないー?那奈ちゃんのこと気に入った」
友達ができるか不安だった私は、そう言われて凄く嬉しかった。だから、にっこりと笑って
「うん!もちろん!それと、那奈でいいよ」
「じゃあ、那奈!私も真昼でいいよ」
「うん、真昼!」
こうして私達は友達になった___。えっと、颯人が彼氏とかあり得ないからってのをちゃんと言っとかなきゃ………。
真昼は私にとって中学生になって、最初の友達!これからもよろしくね。そう思いながら微笑む2人だった。

9:萌恵◆yc:2018/01/06(土) 19:16

次の時間は

10:萌恵◆yc:2018/01/06(土) 19:16

あ、間違えました!

11:萌恵◆yc:2018/01/06(土) 19:38

第3章 私のペアは___?

入学してから数ヶ月がたったある日___。

私は真昼と、急いで着替えて体育館へ向かった。
なりより、今日は体育祭の練習で、しかも学年合同!ウキウキと心を弾ませながら先生の話を聞く。

「それじゃあ、体育祭の練習を始める!今日は二人一組で二人三脚をするぞ。男女ペアな」

「はーい」
そうすると私達はペアをつくっていった。どうしよう…親しい男子なんていないし……。そう思っていたとき、

「那奈、俺とペア組まね?」
声を掛けてきたのは、颯人だ。そういえば、クラスの男子で話すのは颯人くらいだっけ。じゃあいっか!
「私も今誘おうと思ってたとこだし、いいよ!」

「ペアは決まったかー?」
そう先生が聞くと、皆は元気に返事をする。ふふっ、小学生のころ思い出すな〜〜。あ、真昼は誰となんだろ?ふと、真昼をみると、真昼は翔也くんとペアを組んでいた。

「よし、じゃあ練習開始!」
先生の合図と共に、私と颯人は紐で足首を結んだ。二人三脚なんて、久しぶりだし、大丈夫かな…。
「ほら、行くぞ」
「あーちょと、待ってよー!」
さっそく那奈は颯人に置いて行かれそうになる。でも、だいぶ息が合っていて転ばない。

「へへっ、結構できるじゃん」
「そうか〜〜?あいつらのほうがすげーぞ」
そういわれて見た先には、真昼と翔也くんがいた。ふたりはものすごいスピードで走っている。

「うわ〜!凄い!私もっ」
そういって走る速さを上げると、何もないのにつまずいてしまった。

「っ〜〜!!」
もう転ぶと思って、目をつむっていたら誰かに抱きとめられた。


「おい、大丈夫か?つかスピード出し過ぎ!」
そういわれて目を開けると、颯人がいた。私はムッとして
「大丈夫ですぅこれくらい!」
と怒った口調で言うと、颯人が
「那奈がまた転びそうになると、俺まで転ぶからこうしとく」
そういって肩を寄せられる。不意にやられたものだから、私は少しドキッとしてしまった。
「ん…ありがと」
それだけいって、また練習を始めた。でも、その時誰かにじろっと見られていた気がしたけど…。なんでも、ないか。そう感じたことはなかったかのようにまた、颯人と話始めた。

一方その頃見ていた人は

「おい、どうしたか?」
ペアの男子に言われ、やっと今体育祭の練習をしていたことに気づく。
「ううん、何でもない。那奈は誰とペア組んだのかなって思って見てただけ」
素っ気なく、少し嘘を混じらせながら私はこたえた。
「そっか。莉央__行くぞ」
那奈、もしかして颯人くんのことが好きなの__?
ずっと親友だった私に話してくれないから違うよね。だって、私は颯人くんのことが___好きだから。それに_真昼より私と居てよ。




次回_友情崩壊!?

12:萌恵◆yc:2018/01/06(土) 20:21

あ、すみません!今まで全て第1章です!
3 私のペアは?です!

13:萌恵◆yc:2018/01/06(土) 20:49

4,これって、恋?


授業が終わり、部活がないから今日は颯人と帰っている。
「ねぇ、那奈は好きな人居る?」
え、えぇぇ!?私は好きな人なんて居るわけない。そう答えようとしたとき、あの時ドキドキしてたのは何で__?というのが頭に浮かぶ。
「えっ……、よくわかんない。颯人は居るの?」
とにかくこの場をやり過ごそうと、颯人に質問を返す。
「俺?居るけど」

「居るのっ!?誰ー?」
少しドキドキしながら聞いてみる。
「ナイショ」
「えぇー!教えてよ」
そういってぐいっと背伸びをして、颯人の方を向く。すると、2人はすぐにでもキスできる距離になる。

「バカ。可愛いっつーの。惚れるだろーが」
え?惚れる__?あれ、少し嬉しいような…。
そう思いながら背伸びをやめて、歩き出す。
「もうっ!次可愛いって言ったら………」
「あれ?那奈!?」
言いかけていたとき、声を掛けてきたのは莉央だった。

「莉央、どうした?」
楽しかったとこに来られたから、少しムッとしていた。
「ちょと話したいことがあるんだ」
莉央は真剣な眼差しで言う。

「颯人君、那奈借りて良い?」
「あ、あぁ。つかどーぞどーぞ」
むっかー!私は物じゃないっつーの!怒っていると莉央に腕を掴まれて、公園に来ていた。

「で、話って?」
手短にして欲しくて、素っ気なく言う。私何かしたのかな_。
「那奈って、颯人君と付き合ってるの?」
違うけど。何で聞くんだろ。1回違う人に、聞かれたことのある質問で、少し呆れていた。

「ううん、違うよ。」
「そっか。じゃあ、颯人君のこと好き?」
え……?私が、颯人のことを好き_?多分違う…よね。
「好き…じゃない…よ」
恐る恐る言ってみる。でも、好きじゃなかったら何でドキドキしちゃったんだろう、私_。

「よかった!実は私ね、颯人君のことが好きなの。」
莉央が、颯人のことを__?クラス違うのに……?
「だから、今度告ろうと思う!協力してくれるよね?」
「いいよ…。」
「ありがとっ!那奈大好きっ!じゃーね」

そう言うと、莉央はどこかへ行ってしまった。


なんで、断ることが出来なかったのだろう。でも、どうしてこんなに苦しいの?だって親友の恋だよ……?私、どうしちゃったんだろう。私の頭の中で、ただただ“颯人君のことが好きなの”という言葉と、“颯人君のことが好き?”その二つの言葉がこだまする。


これって___恋__なんですか___?

14:萌恵◆yc:2018/01/06(土) 23:15

ねぇ、よんでるかい?リア友のm。
感想欲しいよー、コメがするのがいやなら学校始まったら教えてね。

15:萌恵◆yc:2018/01/07(日) 14:26

5,友情と恋

昨日は、ノリで協力するっていったけど……。あまり乗り気に慣れない私と、友達だから仕方ないと思う私が頭の中に居た。
あれこれかんがえても、良い解決案は見つからない。少しイラついてきていたとき、

「もう、なんなのっ!!!」

私は、思わず叫んでしまった。まわりには、誰も…居ない…はず。そう考えて、辺りをぐるっと見回す。___居たよ1人。
そこには、ポカンとした顔でたっている颯人がいた。

「おい、那奈。お前、どうかした?何かあっただろ」
颯人は鋭い_。でも、こればかりは言えない。友達の_親友の恋を応援するのは、大事なことだもん…ね。

「何でも無いし、早くいったら?遅刻するけど」
今から急いで行っても、間に合うかギリギリの時間。莉央のことを応援するなら、私が嫌われれば良い。そう思って、素っ気なく言ってみる。
「なんだよ、そんなこと。遅刻くらい気にしねーよ。困ってる奴を、助ける方が大事だろ?莉央となんかあったとか?」

やっぱり、颯人はしぶとい_。それに、鋭い。隠し事なんて出来ない。もういっそ言ってしまおうか?この気持ちは__恋なんだって、気づいちゃったんだ。

「ねぇ………。友達と、恋どっちが大事なのかな。」
ついに、本音を言った私に颯人は優しく接してくれる。気づいたら、目から一筋の涙が流れていた。

「そんなの、自分の気持ちが大事だろ。那奈が思い描くようにすればいい。」

いつもより、優しい声で言われてドキッとする。もうそんなに、優しくされたらもうがまんできなくなっちゃうよ__。いっそ言ってしまおうか?でも、これだけ聞かせて_。

「好きになっちゃ行けない人って居るのかな…?」
「そんなことない。世の中に、そんな人は居ないから」

その一言で、ホントの気持ちが分かった気がする。
私は_颯人のことが___好きです___。

その時、私の中で何かが動き出した気がする。嘘をついてまで、友情を選ぶか_それとも、本当の自分と向き合うか_。

ここから私たちの友情は、変わってしまうのだろうか___?



次回、ごめん_やっぱり私_!

あらすじ
ついに、気持ちに気づいてしまう那奈。この気持ちを抑えることなんて、出来ない。そう決意し、那奈は莉央に気持ちを伝えようとするが___。莉央の裏の顔、日々積み重なってゆく思い。本当の友情って一体…。

16:萌恵◆yc:2018/01/07(日) 17:55

6,

17:萌恵◆yc:2018/01/07(日) 17:56

あ、間違えた!

18:萌恵◆yc:2018/01/07(日) 18:21

6,裏切りとホントの気持ち

私は、莉央のところへ向かっている。今はお昼休みだし、きっといるはず…。そう思い、朝決めたことを話そうと決意していた。

「莉央っ!!」
歩いている莉央を見つけて、とっさに声を掛ける。
「おぉ!那奈ぁ〜。どうしたのぉ〜」
ちょっと舞い上がっているのか、ぶりっこみたいな口調になっていた。まぁ、急いでるし…、速く話そう!
そう思い、少し声のトーンを落としていった。
「莉央、やっぱり私協力できない。ごめん」
すると、少ししてから莉央がニヤッと不敵な笑みを浮かべて

「はぁ?なに。もしかして、颯人君のこと好きになったぁ?あんたね、こんなことしてただで済むと思うなよ」
えっ___?莉央…だよね。私には目の前に居る莉央が、別人に見えた。

「どうしたの…?莉央…私達親友でしょ?」
すると、莉央はますます笑みを浮かべて
「いつ、親友って言った?あんたとなんてだぁれも親友じゃねーよバーか!颯人君にお前が、私のこと裏切ったっていったらどうなるでしょうねぇ(ニヤニヤ)」
そう言うと、すたすたと歩いていってしまう

19:萌恵◆yc:2018/01/07(日) 18:21

6,裏切りとホントの気持ち

私は、莉央のところへ向かっている。今はお昼休みだし、きっといるはず…。そう思い、朝決めたことを話そうと決意していた。

「莉央っ!!」
歩いている莉央を見つけて、とっさに声を掛ける。
「おぉ!那奈ぁ〜。どうしたのぉ〜」
ちょっと舞い上がっているのか、ぶりっこみたいな口調になっていた。まぁ、急いでるし…、速く話そう!
そう思い、少し声のトーンを落としていった。
「莉央、やっぱり私協力できない。ごめん」
すると、少ししてから莉央がニヤッと不敵な笑みを浮かべて

「はぁ?なに。もしかして、颯人君のこと好きになったぁ?あんたね、こんなことしてただで済むと思うなよ」
えっ___?莉央…だよね。私には目の前に居る莉央が、別人に見えた。

「どうしたの…?莉央…私達親友でしょ?」
すると、莉央はますます笑みを浮かべて
「いつ、親友って言った?あんたとなんてだぁれも親友じゃねーよバーか!颯人君にお前が、私のこと裏切ったっていったらどうなるでしょうねぇ(ニヤニヤ)」
そう言うと、すたすたと歩いていってしまう

20:萌恵◆yc:2018/01/07(日) 18:32

莉央_いつからそうなっちゃったの?それに、颯人にこのこと言うって_。私は、本当の親友じゃなかったこと。自分の恋を選んだからこうなったこと。どっちも、裏切りが関係している_。ずっと、いつまでも友達って言った莉央は、どこへ行ったのだろうか。私が好きだった莉央はほんとに存在したのだろうか__。私は溢れる涙が止まらなかった。

すると、いつの間にか颯人が目の前にいた____。

21:萌恵◆yc:2018/01/07(日) 18:35

今更だけど!

体験談がどこに入っているかを説明します。
6のように、裏切られたことや自分の気持ちを知ったときのこと。この2つをとりあえず入れました!

今はみんな仲良しです(*ゝω・*)ノ

22:萌恵◆yc:2018/01/07(日) 18:58

6,裏切りとホントの気持ち(後編)

なんで…居るの。私は颯人を前にして、恋なんてしなければ、こんなことにならなかったという思いが、つよくなっていた。だから思わず聞いてしまう。

「なんで…いつも来てくれるの」
下を向きながら、素っ気なく言う。
「言っただろ?困ってる奴を助ける方が大事だって。」
そう言うと、私のことをぎゅっと抱きしめてくれる。誰も、見てないよね_そう確認して、私は颯人にしがみついて言う。

「私っ、莉奈の親友なんかじゃなかった_。莉奈のことを応援できなかった_」

私は、自分を責めていたこと。莉奈の行って来たことを話した。好きな人の名前までは言わなかったけど、十分に伝わったようだ。

「そっか_。大変だったな。ごめん、気づいてやれなくて」

23:萌恵◆yc:2018/01/07(日) 19:16

これが私のラブストーリーの限界(-ω-;)

24:萌恵◆1w:2018/01/07(日) 20:26

続き!

いや_気づいてくれなくても、今こんなに優しくしてくれてるんだから_。“颯人が居てくれる”それだけで、私は安心できた。
「ううん…今こうしてくれてるだけでも、嬉しいから…」
あっ、しまった。つい口が滑って、本音が出てしまう。
「ありがと。颯人」
やっと泣き止んで、颯人の腕の中から抜けようとすると

「那奈……。あー、もう本当可愛いな。あのさ、俺のことだけ見ててくれよ」
え_?これって…。えぇ!?驚きが表情にでてしまう。
「もう見てる!」
私は思うまま言ってしまう。ど、どうしよう!?と思う気持ちでいっぱいだった。
「えっ?」
もう、告白しちゃおうか。でも、
言ってしまったら__後戻りは出来ない__

25:萌恵◆1w:2018/01/07(日) 20:26

この先は、私の書けるラブストーリーのレッドゾーンになりそう……。

26:リリカ@恋歌◆Wg:2018/01/07(日) 21:12

萌恵さん!
すごく上手いです!
引き込まれると言うか……。
私よりすごい上手いです!
応援してます!      

27:萌恵◆1w:2018/01/07(日) 21:18

ありがとうございます(*ゝω・*)ノ
まだまだ初心者なので、とても嬉しいです。
これからも頑張りますヽ(´▽`*)ゝあ〜ぃ!



それと、19と18同じでしたね。ごめんなさい!気を付けます。

28:萌恵◆1w:2018/01/07(日) 22:20

続き!

でも…、ここで言わなかったらきっと後悔する。やっと、決意し真剣な眼差しで颯人のことを見つめる。
「颯人、好きになってもいい?」
私は、好きな映画のセリフを言ってみる。だって、普通に言うのは恥ずかしかったから……。すると、颯人は笑っていた。
「ん、当たり前。つか、なれよ」
意外な言葉が返ってきて、正直驚いた。私は、頬が熱くなっていることに気づいて、
「もーー!颯人ったら__」
言いかけているときに、唇がふさがれる。えっ…?もしかして、今私颯人に__!?
すると、颯人は少し離れてくれた。そして
「那奈、大好き」
耳元でそれだけ言って、どこかへ行ってしまった。


えぇぇぇーーー!?!?
颯人が、私のことを“大好き”!?それにキスまで……。
色んなことが一度に起きて、私は混乱していた。でも、すぐにそんなしあわせな気分が吹き飛んでいってしまうだなんて、思いもしなかった__。



次回
7,変わってしまった親友

あらすじ

那奈が颯人とキスしていたところを、目撃していた莉央は、那奈に嫌がらせをし始める。
嫉妬から始まるイジメ、那奈と颯人の関係、真昼との友情この3つが動きだす___。

29:野獣先輩:2018/01/07(日) 22:36

失礼するゾ〜(謝罪)
この小説面白スギィ!!!!!
自分、応援いいっすか
読書感想文これで書いてやるぜー
いきなりレスしてすみません!
許してください!
なんでもしますから!(なんでもするとは言ってない)

30:萌恵◆1w:2018/01/07(日) 22:52

>>29ありがとうございます!いえ、感想とかぜんぜんokです(^o^)/~~~もちろん許しますよ、悪いことしてないのでw

31:萌恵◆1w:2018/01/07(日) 23:03

あっ!
颯人のバスケ部エースの要素忘れてた。ついでに、翔也も(´・ω・`)ごめんなちゃい、2人とも←おい、颯人はでてるけど、俺を出せっ!by翔也
ギャーー。はい、次回辺りに登場します!←無理して入れて変な話にするなよ?by颯人

2人とも…イヤミですか?ww



自作自演だけどw

32:萌恵:2018/01/08(月) 12:36

えー、書きたいんですが、宿題が1つも終わってないので、夜…夜中に書きます!



宿題ぁぁぁいぃ

33:萌恵:2018/01/08(月) 16:48

7,変わってしまった親友

私は、さっきのことなんて忘れたかのようにして、教室に戻ろうとしていた。すると、廊下で莉央が誰かと話しているところに遭遇した。

「でね、那奈って奴は颯斗を脅してしまいにはキスさせてたんだよぉ。マジうざくね?あいつの分際で。」

盗み聞きしたわけではなかったが、会話を聞いてしまった。

34:萌恵◆1w:2018/01/08(月) 21:09

莉央がそんなことを言うのを信じたくて、走って見つからないように急ごうとした。__でも、それは無理だった。だって、走り出したら

「あ、アイツだよ!良い子ぶりっ子の那奈とか言う奴。こいつ、表では良いこぶって、裏では友達けなしたりするんだよぉ」

そんなことを言われて、みんながざわついていたから。私は皆からの視線が痛かった。今すぐにでもここを抜け出したい_。泣きそうになっていたその時。

「ちょっと、あんたたち何?私の友達のこと、悪く言ったら許さねぇ」

意外にも、出てきてくれたのは真昼だった。それに、いつもより迫力が凄い。なんで、こんなことしてくれるの_?私は、疑問と嬉しさでいっぱいだった。そして、ひとりひとりにらみつけてから、真昼は言い放つ。

「お前ら、私の親友になんかしたらぜってぇ許さねぇ!」

そう言われた子達は、引き下がるしかなかった。

35:萌恵◆1w:2018/01/08(月) 21:10

訂正!
莉央がそんなことを言うのを信じたくなくて

です!1行目。

36:萌恵◆1w:2018/01/08(月) 22:01

明日大量にレスします。

37:萌恵:2018/01/08(月) 22:48

続き

にしても、さっきの真昼の迫力が凄かったな…。でも、またやられるかもしれない。そのことが不安で仕方ない。助けてもらったし、真昼にお礼言わなきゃ!

「真昼!ありがとう、助けてくれて」
普通にお礼を言う。すふと、真昼はまだ険しい表情で私を見てから疑うようにいってくる。

「それくらい当然。那奈、莉央と何かあったよね。私でよかったら聞くよ?」

38:萌恵◆1w:2018/01/09(火) 02:06

注意

ここから先イジメシーンが4話くらいあります

39:萌恵◆1w:2018/01/09(火) 19:19

えーーー、あのですね。



この先のお話が考えられないです_(゜ロ゜;)

今日中には出します。

それと、感想下さいm(_ _)mm(_ _)m(^-^;

40:萌恵◆1w 色々大変。:2018/01/09(火) 22:50

8,友達の形

41:萌恵◆1w 色々大変。:2018/01/09(火) 23:12

8,友情のカタチ

私は、真昼に全てのことを話した。莉央の裏切り、急に変わった態度、でっちあげのことをいわれたことを。__でも、好きな人のことは言ってない。すると真昼の瞳が、一瞬キラッと光った。そして、何かひらめいたような顔をしている。

「那奈、質問するから答えて」
私は一瞬、真昼が何をしたいのかが分からなかったが、言うことを聞くことにした。
「ん、ok」

「那奈は、好きな人と仲の良い友達が、仲よさそうに話してたりしてたらどう思う?」

好きな人といわれ、ふと颯人の顔が思い浮かぶ。仲の良い友達は、莉央のことだと考えていた。そりゃあ、嫌だなとか、なんで?って思うかも_。

「嫌だなとか、なんで?って思うかも…」

すると、真昼はため息をついて呆れた顔をして言う。

「やっぱり。あのね、多分莉央もそう思ったんだと思う」

え_?それって、嫉妬だよね…。私は、数少ない経験の中から答えを出す。やっぱり、恋をしているとまわりが見えなくなるっていうけどほんとにそうなのかもしれない。

「嫉妬が_原因ってことだよ_ね_」


しばらくの間、沈黙が続く。そして、真昼は混乱していた私を1人にしてくれた。

思い当たることはいっぱいある。
体育祭のペアを組んだり、颯人の胸の中で泣いていたり、キスしていたり____。

これは、全て私が恋をしたから始まったのだろうか?
私は、莉央のことなんて全然考えられてなかった。こんなの親友なんて呼ぶ資格がなかった。やっぱり、前みたいに恋愛なんてしなければ_こんなことにはならなかったのに。


『好きになっちゃいけない人だったんだ』

そのことが頭の中でぐるぐるまわっている。

それを、私は___何も考えないで__。

ごめんね、莉央。こんなバカな私で…。

私に出来ることは___あるのだろうか___?


次回
莉央との決戦!嫉妬の奥とは一体_。
颯人と莉央、那奈の三角関係の行方は?

42:萌恵◆1w 色々大変。:2018/01/11(木) 17:56

そうあれこれ考えているうちに、体育祭の練習が始まる時間になった。今日も二人三脚……。莉央のことが頭にあった私は、凄く憂鬱だった。

「おい、大丈夫か?顔赤いし、ぼーっとしてるし」

はっ!私は、颯人にそう言われてやっと練習していることに気づく。

「ううん!大丈夫。さ、練習練習ー」
そう言って、練習を再会した。

ーーー五分後ーーー
あれ_なんだか、目の前がぼやけて見えるようになっている。それに、なんだか熱いしぼんやりする。

でも、心配をかけたくないから言わないでおいた。もうそろそろ、休憩だしね。
そう考えて、颯人と歩いていた。

43:萌恵◆1w:2018/01/11(木) 20:42

あー、のー、


ここから先は実話ぁぁぁ!!!

44:萌恵◆1w:2018/01/11(木) 23:15

あと少しで教室につくところで、すごい吐き気と頭痛がしてきた。私は、耐えきれず颯人のほうへ倒れ込んでしまった。

「おい!大丈夫か!?那奈」

そう聞こえるけど、返事が出来ない。意識は薄れてゆくばかりだ_。もう限界だと感じた私は、颯人に抱きかかえられる形で意識を失った_。

45:萌恵◆1w:2018/01/11(木) 23:25

実話は最初の3行だよ。
次から第二章!

倒れたのは女子相手ですよ?さすがに〜…。


第二章あらすじ
目を覚ました那奈は、颯人たちのことを覚えて居なかった…。那奈を困らせないように、颯人は優しい嘘をついてくれる。那奈は再び恋に落ちるが、那奈の彼氏だといいはる人が出てきて……?私の記憶、優しい嘘、恋愛。この3つはどうなるの_!?


追加人物

七瀬翔 
颯人の親友でライバル。那奈のことが前から気になっていて、このことを利用して近づこうとしている。

46:萌恵◆1w:2018/01/12(金) 16:56

記憶を失った理由は、精神的ダメージが原因←まぁ、別に頭を打たせてもよかったんだけど_。

まぁ、記憶を失わせたかったから…w

細かいことは気にしないでください。

47:萌恵◆1w:2018/01/13(土) 21:08

インフルエンザ_。

48:萌恵:2018/01/14(日) 19:20

すみません、まだ第1章!!記憶喪失はちょっと違うことをキッカケにします。

続き

目を覚ますと、保健室にいた。この光景は何度目だろう?そう思いながら、体を起こして教室へ向かった_。そういえば、起きるまで夢を見ていたような気がする。沢山の人に囲まれて、心配されて、愛される私がいる夢。そのとき、思ったんだ。私は莉央が居なくても、1人じゃない!


そのことを胸に、私は今日もみんなと学校生活を送るのだった_。


9.ランニング中にあったこと__

はぁ、はぁ、はぁ…。

体育祭も近いし、私は昨日からランニングを始めた。昨日は家の周りを走ったんだけど、今日はちょっと遠くに来ている。

今は6時。もうそろそろ帰らなきゃ、今日は学校だしね。そう思った私は、Uターンをして家まで走っていた。すると、突然後ろから聞き覚えのある声がした。

「おいっ!!危ないっ!後ろ!」
危ないと言われて後ろを見たらもう、大きなトラックがすぐそこまで来ていた。

『ガチャーーン!!』

大きな音とともに、私は跳ねられて遠くにとばされた。すると声をかけてくれた人が近寄って来てくれて

「おい、」

七瀬君だった…よね…。

49:萌恵:2018/01/14(日) 19:29

微かに見えた顔で同じクラスの七瀬翔君だと分かった。

でも、そのあと意識が薄れていって記憶が途切れてしまった…。

私、死ぬの?

50:萌恵:2018/01/14(日) 19:30

第1章完結!

51:萌恵:2018/01/14(日) 19:38

翔也と翔は双子!

翔也は、もうでてこない…( ̄^ ̄)

52:萌恵:2018/01/14(日) 19:52


双子で名字が違うのは翔が養子になったからだよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶





第2章
10.あなた達は、誰ですか?

ピーポーピーポー。
「河井さん、分かりますか?ここは桜川中央病院です」
車に跳ねられてから、救急車で病院に搬送された。意識はなく、心拍も下がりつつある。
けど、翔は懸命に那奈を励ましている。____でも、そんな時間はすぐに終わった。

『これより、緊急手術を行います』

手術は成功。心拍も元どおりで、問題はないのに那奈は目を覚まさない。それに、真昼と颯斗が学校を休んで病室に来ている。すると、真昼がふと涙をこらえながら声を漏らす。

「那奈…!」

すると、奇跡的に那奈が目をほんの少し開けた。
「那奈!?わかるか?颯斗だよ」
颯斗も必死で声を掛ける。でも、那奈は何が何だかわからない様子で首を傾げていた。そして、2人に言い放つ。

『あなた達は____誰ですか?___』

わたしには、ここにいる2人のことが分からなかった。誰?それしか頭に思い浮かばない。
真昼と颯斗は凄くショックを受けたようで、冷や汗をかきながら固まっていた。

「嘘でしょ___?那奈__」

53:らいみぃ なまえかえたよ:2018/01/16(火) 23:31

11.俺の彼女

ガラッ。

運悪く、翔が入ってくる。もちろん那奈には誰だかわからない。

「あなたは誰ですか?」
さっき言ったことと同じことを翔にも言う。すると、翔はニッと笑ってから

『俺はおまえの彼氏だよ』

そう言うとまわりが凍りついた。颯人はえっお言う顔で、那奈を見つめている。真昼なんて目が点だ。
彼氏……?この人が?えっと…どうすればいいんだろう。

54:らいみぃ:2018/01/19(金) 16:55

えー、ネタ切れです。無理矢理感があるけど、気にしないで_。


続き

「あ、あの_あなたのこと、何も知りません。帰って下さい…。それに、あなた達も…」

那奈は混乱してるのか、みんなを部屋から追い出す。
そう言われてしまったら、三人は部屋を出るしかなかった。

1人になってから、ずっと何かを思い出そうとしていた気がする。

はぁ___なんなんだろう__あの人たち_。
でも、私は彼氏なんていらないし、恋愛も興味無い。一体どうしたらよいのだろうか。

『わからない』

どれだけ考えても、それだけの答えしか出せない私が憎い。だって、心配してくれてるのに。ずっと一緒にいてくれたらしいの_に_。




気が付いたら、私はまた寝てしまっていた___。
でも、その時夢をみていたのを覚えている_。

55:らいみぃ 連スレ失礼するゾ:2018/01/20(土) 21:58

12.不思議な夢と記憶のカケラ

それは、とってもとっても楽しくて_つらい夢_。
同い年ぐらいの男の子と、女の子と一緒に話していた。それも、さっき居た子達とそっくりな子と__。

『那奈、大好き___』

そう言われた。でも、彼らはすぐに消えていった…。なんなのだろうか、この子達は。何者なのだろうか…。疑問でいっぱいのはずなのに、思い出せない″ということ。それが頭をよぎると、何故か涙が出てくる。

56:らいみぃ:2018/01/20(土) 22:09

〈なに、まだわからないの?〉

ふと誰かの声がする。でも、部屋には誰もいない。一体誰なのだろうか。

〈私は、もう1人の貴方よ〉
〈もう1人の私…?〉

もう1人の自分だなんて、聞いたこともない。それに、私の考えていることが分かっている。

57:らいみぃ:2018/01/28(日) 17:13

あー、ネタ切れがぁぁ!

占いツクールのほうは更新してます…お願いします、読んでくださいm(_ _)m

こっちも更新しますから

58:らいみぃ◆/w:2018/01/29(月) 18:15

続き

「あなた、誰よ!?」

身の危険を感じて、思わず叫んでいた。

「あー、もういいわ。テレパシーやめるから。今行く」

何?テレパシーって。それに、今行くって…………。
そんなことを考えていたらあっという間に、目の前に女の子が現れた。

その時、私は息をのんだ。
だって、目の前にいるのは紛れもなく____


『私そのもの』


「驚いた?私はもう1人のあなた__。そう、記憶を失う前の」

記憶を___失う?
私があの子達を思い出せないのも、記憶を失ったせい?




もう、何が何だか分からない。




私って存在するの?
友達のことも分かんないのに?




このままなんて_____嫌だ

59:らいみぃ◆/w:2018/02/01(木) 22:07

13,記憶は胸の奥底に

「私が出てきたのは、あなたがうじうじしてるから。記憶を失ってからずっと。」

うじうじ?まぁ、確かにそうかもだけど………。でも、私が記憶を失ったことすら分からない…。

「あの…さ。記憶を失う前の私って事は、私が分かんないことも分かるよね?なら、教えて欲し……………」

『それはダメよ』

最後まで言い切っていないにもかかわらず、あっさり断られてしまった。


なんで……………?


「教えてくれればあの2人のことだって……」

「あなたはまだ、記憶を完全に失った訳じゃない。それに、じぶんで思い出さなきゃ意味ないわ」


だから、何なの!記憶はもうないの!



なのにあるって……………?なにそれ………もう、分かんないよ

60:らいみぃ◆/w:2018/02/03(土) 13:21

続き

思い出したくても、思い出せなくて。胸が苦しい。
気分転換に、外を散歩している。

すると、私と同じくらいの子が一人で泣いているのを見つけた。

「どうしたの?」

思い切って声を掛けてみる。

「ねぇ、あなたは好きになっちゃいけない人って居ると思う?」
「そんな人居ないよ。大事なのは自分の気持ち」

え……?こんなこと、言おうとしてないのに。勝手に口が動いてしまう。
この言葉、言われたことがある…………!どこかで誰かに……。
すっごく大事な人に言われたこと……。忘れちゃいけないこと。思い出さなきゃ、今すぐ会いたいよ_!

「ありがとう。私行くね!」

手短にそれだけいって、病室に向かって走りだした。
荒々しくドアを開けるとそこには颯斗と真昼がいた。

「颯斗!真昼!」

「えっ?那奈、私達のこと思い出したの__?」

2人は目を潤ませている。ほんとに、ほんとうにごめんね。思い出すの遅くって___。

「もちろん!ごめんね、遅くなって」
「那奈__よかったな」

ありがとう…颯斗。思い出せたのはあの言葉のお陰。


事故は不運で起こったこと。
心を閉ざしていたのは、嘘と恋。そして私が混じっていたから。
短い期間で生まれた感情。
初めて感じた孤独。

それが私未来へ導いてくれる__。

だから、もう1人の私は言ったんだ。

『自分で思い出さなきゃ意味が無い』

ずっと勘違いしてた。諦めてた_。
思い出した時の喜び、嬉しさを感じるとき。
その時までずっとずっと…!


心の中で
貴方たちを探していた。翔の嘘も、颯斗に恋したことも全て


それは、嘘と恋と私だけが知っている___。



《完》

61:らいみぃ◆/w:2018/02/03(土) 13:22

無理矢理完結!
結局短編になりました。すみません(T_T)許してくださいな
他の小説を別スレでしっかり書くので、読んでね。


書き込む 最新10 サイトマップ