「それはね、ここにあるよ」【心做し】

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 ▼下へ
1:時雨◆1w:2018/07/15(日) 18:01

少し微笑んで君が言う
「それはね、ここにあるよ」

2:時雨◆1w:2018/07/15(日) 18:18

初めての小説なので下手くそですががんばります。
心做しの自己解釈です。

キャラ

人型ロボット

天才のハカセが作った旧時代の人型ロボット。核戦争で大暴れしたため地下に監禁(?)されている。


エミ

ロボットの警護係の女。優しい性格でロボットに温もりを教えた。


ハルト

元々ロボットにあった心を無くした男。核戦争で大暴れしたのもハルトのせい。エミに好意がある。

3:時雨◆1w:2018/07/15(日) 18:33

〖episode零〗災厄。
今から百年以上前、すごい混乱が世界中を襲ったんだって。お金が溢れたり、人が巨大化したり、洪水が起きたり、天使がやってきたり。世界の終わりみたいになったらしいよ。
私は小さい頃、そんな話をしている少年と少女の記憶が甦る。災厄_と呼ばれた事件で起きた核戦争。
それで大暴れした人型ロボット_名前がない彼の警護係を担当した私の物語_

4:時雨◆1w:2018/07/15(日) 19:41

〖episode 1〗頼み。
私はとある研究所で働いていた。研究のジャンルは様々だ。

ある日_

〈・・・エミは会長室に来なさい〉
そんな放送が聞こえてきた。私は急いで会長室に行った。なんかヤバイことしたっけ・・・?

「なんですか?会長。」
会長_ハルト会長はイスから降りゆっくりと喋る。

「エミ。お前の心理研究は好評だったな?」
心理研究は先月完成したもの。かなりの好評だったらしい。

「ああ、好評だったらしいですね。」
「それでエミに頼みがある。その心理能力を使い、アレに温もりを教えてほしい。」

アレ_監禁されている人型ロボットだ。暴れないように警護係がついているのだ。

「あの人型ロボットですか_」
「躾をしても無感情でな、頼む。」

でも、と口を開く。

「私は今新しい研究の準備を・・・」
「またやられたいのか?」

ビクッとする。

「やります。警護係_」



この強引な頼みで彼に出会った。

5:時雨◆1w sou君の心做し聞きながら書いてます。:2018/07/16(月) 12:37

〖episode 2〗名前。

監禁されている所は、綺麗で壁が真っ白だった。そして彼は、私に気づくとペコリとお辞儀をした。

「ぼくノことハお前ト呼んでください」

よく通る_綺麗な声。

「私は_あなたに温もりを与えるために来たの。だから、名前をあげるわ」

会長から貰った資料には「名前をつけてあげる」と書いてあった。

「ナ、マエ_?」

カクンと首を傾ける。私は少し考えてから

「あなたへの、プレゼント。どんなのにしようかな・・・」

彼にないものは何だろう_あ!

「ぼくハどんな名前デモいいです。プレゼントなんて久しぶりダ_」

久しぶりダ、の言葉に引っ掛かる。具体的に言えないが、違和感って感じ。

「あなたの名前はヒロト。漢字で書くと、大きいに翔ぶ。あ、とぶってこの漢字ね!」

私は大翔と書く。彼は_大翔はじっと字を見る。気に入らないのかな。

「ぼくハ大翔ですね。とてもいい名前です。あなたノ名前ハなんですか?」
私は自分の名前を名乗ってなかったことに気づいた。

「私はエミ。漢字で書くと、笑うに美しい。こうかくの。笑美。」

「これから、よろしくおねがいしま」
「待った!」

挨拶をしようとするヒロトを遮って私は言う。

「敬語じゃなくていいよ。いい?ヒロト。」

彼が笑ったような気がした。ヒロトに心はないのに。

「わかった。エミ。」

6:桜子◆ZI:2018/07/16(月) 14:22

2年ぐらい前に台風過ぎても話したいみたいな専スレにいなかった?

7:時雨◆1w:2018/07/16(月) 17:32

>>6
いなかったよ。最近葉っぱ始めたから

8:桜子◆ZI:2018/07/16(月) 17:35

>>7
人違いでした
すみません!

9:時雨☆Alice◆1w 名前変えたにょ(σ≧▽≦)σ:2018/07/16(月) 17:38

>>8
大丈夫ですよ!

10:時雨☆Alice◆1w やっぱりsou君は最高だぜ!:2018/07/16(月) 18:09

〖episode 3〗心。
「ぼくノ過去?」
私はこくりと頷く。どうして暴れたのか、とか_ヒロトは誰に作られたのか、とか。

「ぼくノ親ハ天才ノハカセ。ぼくガ生まれた時代ニロボットハいたけれど、心ヲ持たないロボットしかいなかった。
デモハカセハ天才だから、ぼくニ心ヲつけてくれた。ハカセハ言ってくれた。お前は優しいな、ト。
優しくしたから、笑顔っていうプレゼントヲ貰った。デモ_」

大翔は目をカッと大きくした。

「ある人ガぼくヲ勝手ニいじった。ぼくノ心ハ高く売れるらしいから_盗まれたんだ。ぼくハ人ノことなんかどーでもよくなった。
いや、どーでもよくなったっていうより全てノものニ感情ヲ持たなくなった。そのあとすぐニ【災厄】ガ起きた。」

ああ。少年と少女が話してた_世界の終わりみたいになったやつか。

「災厄ハ、願いヲ叶えて不幸ヲ撒く、【願いを叶える装置】(呪われた箱)でね、色んな願いガ叶っちゃうんだ。
平和ヲ嫌うやつガ現れてね、核戦争ガ起きたんだよ。」

11:時雨☆Alice◆1w Do not leave me alone ...:2018/07/16(月) 19:10

〖episode 3〗続き。
大暴れ、したのか···
「ぼくヲ使って日本ハ勝とうとした。デモ核戦争ヤ勝つことガどーでもいいぼくハ大暴れしたんだ。」

12:時雨☆Alice◆1w Do not leave me alone ...:2018/07/16(月) 19:11

https://i.imgur.com/Dk0NIqS.jpg
パステルガールで作ってみた

13:時雨☆Alice◆1w Do not leave me alone ...:2018/07/16(月) 19:11

https://i.imgur.com/I8Oqzq0.jpg

14:時雨:2018/11/27(火) 00:14

時雨です。申し訳ございません!妹がやらかしてアク禁され浮上できませんでした!


新着レス キーワード 最新10 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かきシェアする?