見えない花と輝く花。作者:すぴか

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:如月すぴか@デルタルーン完走◆y2:2019/01/01(火) 15:21


俺は、いつからあいつに恋をしていたのか。それはわからない。
ただ、ひとつ分かること。

「あいつの心には、一輪の花が咲いていた。」

――――――――――――――――――――――――――――――

私は、なぜあんな嫌いだった人を信頼できたのか。理由なんて知らない。
ただ、ひとつ分かること。

「私に、今までにない感情が芽生えていた。」




*恋愛小説です(断言)
*作者の花に関する知識は全てggって得ましたので、細かい間違いがあっても目をつむってくださると嬉しいです。
*端末の都合上、月末は投稿ができないことが多いと思います。よろしくお願いします。
*感想やアドバイスがあってもなくてもレスしていただけたら一回転してから喜びます。

2:如月すぴか@デルタルーン完走◆y2:2019/01/01(火) 15:25

>>2主な登場人物
>>3〜レス禁解除&小説スタート

3:如月すぴか@デルタルーン完走◆y2:2019/01/01(火) 15:26

間違えました!
>>4主な登場人物
>>5〜レス禁解除&小説スタート

4:如月すぴか@デルタルーン完走◆y2:2019/01/01(火) 17:04

彩崎 奈月 (あやさき なつき)
高校1年の女子。控えめな性格で、笑顔がチャームポイント。男子が苦手。

佐野 千依麻 (さの ちいま)
高校1年の女子。奈月の親友。あだ名はさのちー。明るくてムードメーカーだが嫌味はない。実はツンデレ…?

中園 アリーシャ (なかぞの ありーしゃ)
高校1年の女子。奈月の親友。日本とイギリスのハーフ。アリサと呼ばれている。少し天然。

古河 夏樹 (ふるかわ なつき)
高校1年の男子。クールで冷たいと思われがちだが人を大事にできる。女子が嫌い。でもそれには過去の辛い話が…

辻井 彰介 (つじい しょうすけ)
高校1年の男子。夏樹と中学からの親友で過去のことも知っており、理解して接している。本人は気づいてないがモテる。

5:如月すぴか@デルタルーン完走◆y2:2019/01/01(火) 17:05

これから始めます!
どうぞよろしくお願いします。

6:如月すぴか@デルタルーン完走◆y2:2019/01/02(水) 18:25

【第1章】

ここは、この世界のどこかにある○○区立そよ風学園。

新しい環境、それはすなわち新しい人生の始まりだ。大袈裟かもしれないが。
こんな自分を、少しでも変えられたら__

「…ここが、そよ風学園」

私の名前は彩崎 奈月。
そよ風学園に入学する高校一年生だ。

女子、そして男子が緊張した顔つきで登校してくるのを見て、少し胸が痛んだ。
でもその一瞬後、私は校門前に咲く満開の桜に目を奪われ、立ち止まった。

(すっごく綺麗…。)

何分でも、何時間でも見ていられるような、大きくて鮮やかな桜だった。

「奈月、そろそろ教室確かめに行った方がいいんじゃない?」

その桜に見とれていると、お母さんに釘を刺された。
そうだ、入学式だ。早めに教室に入らないと。

「あ、そっか。行ってきます!」

「いってらっしゃい。お昼用意しておくから、終わったら家帰って食べてね」

「わかってるよー」

校舎に向かいながら返事をする。

ここには、中学のころの友達は一人もいない。もちろん、男子もいる。

「新しい友達作れるかな…」

不安な気持ちでいっぱいだが、今までの自分とは違う、と自分自身に言い聞かせる。さらに、ぱしっと軽く頬を叩き、気合いをいれる。

そして、そよ風高校の校舎に足を踏み入れた。



「…もう少し、あののんびりした性格直してもいいと思うけどねぇ」

奈月を見送った後、奈月の母はくすっと笑いをこぼしていたという。

7:すぴか☆彡キサラギ◆y2:2019/02/01(金) 09:02

あげます!

8:すぴか☆ミキサラギ◆y2:2019/02/01(金) 09:05

【第2章】

昇降口には、新品の真っ黒な制服を着た一年生でこみ合っていた。なるべく邪魔にならないように
なんとかクラス分け表を確認できた。1年B組だ。

「あ、○○ちゃん!そよ高でもよろしく〜」

「もちろん!クラス一緒に見に行こ!」

耳に入ってくるそんな会話が羨ましい、と思いながら1年B組へ向かう。

ガラッと扉を開ける。想像したより静かだった。まだグループができていないからか。

(えっと、自分の席は…)

黒板に貼ってある座席表から『彩崎』を探す。

(青木って人の後ろか。)

中学でも毎年、出席番号は1番か2番だ。
席がの方になることくらい予想済み。

(…前、男子か。)

席に着き、青木という知らない男子の、自分より大きい背中を見て小さくため息をつく。

(私は、男子が苦手だ。)

その理由は、………

―――――――――――――――――――――――――――

中学のころは女子校に通っていた。
高校もそのままその学校に通おうと思っていたのだが、親の転勤のせいで受験し、少し遠めの学校に通わざるを得なかった。

女子校をもちろん受けたが、落ちてしまった。
なのでOGである母親の高校を受け、そよ風学園に通うことになったのだ。

そんなこんなしている間に、ホームルームが始まっていた。

担任の先生は前田先生という若い女の人だった。髪を後ろで一つにきっちりとまとめている。
前田先生が軽く話をしたあと、出席番号順でならんで体育館に向かった。

これから入学式。私たち一年生がするのは校長先生の話をおとなしく聞き、うろ覚えの校歌を歌うだけだ。

出席番号が若い私にとって辛いのは、真ん前にステージがあるので正直つまらないことだ。
そしてぼーっとしていると、起立するのが遅れ、後ろの人に少し笑われた。恥ずかしい。

そして何事もなく入学式は終わった。
これから教室に戻って自己紹介だっけ。
自己紹介で第一印象がつくといっても過言ではない。上手くできるか不安だ。

「彩崎 奈月です。中学は女子校で手芸部でした。あと、猫を飼ってます。よろしくお願いします」

なんとか当たり障りのない自己紹介ができたと思う。
しっかりと礼をして、パチパチと拍手をもらえた。

3番、4番と自己紹介はどんどん続いていく。

(あ、隣の席の子だ)

隣の席に座っていた女の子が立ち上がる。
揺れるツインテールが彼女にすごく似合っている。

「佐野 千依麻です!中学ではさのちーって呼ばれてて、部活はバレー部でした!よろしくお願いします!」

その子…佐野さんがパッと笑顔になる。元気でいい子そうだ。

(隣の席だし、友達になれたらいいな…。)

9:すぴか☆ミキサラギ◆y2:2019/02/02(土) 09:16

>>8
「その理由は、………」
の意味は、あとで明かされる的な感じです…
紛らわしくてごめんなさい

10:レイア@雷葉*新一 ◆2A:2019/02/02(土) 09:55

すぴか、小説メチャメチャ良い‼
楽しみにしてる(^^)

11:すぴか☆ミキサラギ◆y2:2019/02/02(土) 11:13

>>10
レイア〜!
見てくれる人がいたとは!
うれしいありがと(T ^ T)レイアのも読んでるよ!

12:レイア@雷葉*新一 ◆2A:2019/02/02(土) 16:46

>>11
えへへ(*´∀`)♪
メチャメチャ良いよ!すぴか、文才あんじゃね?w
ホンマに?ウチのも読んでくれてるん?
うれしい

13:すぴか☆ミキサラギ◆y2:2019/02/02(土) 18:46

>>12せんきゅーべりべりまっち!
そんな褒めてもらえたの始めてだわww
もちろん読むよー!


更新しまーすよ

14:すぴか☆ミキサラギ◆y2:2019/02/02(土) 18:48

【第4章】

「うーんと、確か11時からだったよね…」

今日は中学のころの友達とお花見に行く予定だ。
場所は地元で一番大きい鈴森公園。
そして今の時間は10:45。少しギリギリになりそうだ。急がないと。

「レジャーシートは買ったし、あとは向かうだけ」

「あれっ?もしかして同じクラスの子?」

(…知り合い?)

声のする方を辿ると、公園の前の歩道橋に金髪の美少女が佇んでいた。

「えっと、どちら様でしょうか…」

「同じクラスの楠木 アリーシャだよ。確か最初の方の子だよね?」

「うん、わたし彩崎 奈月」

「そーだ、奈月ちゃんだ!偶然だね、この辺住んでるの?」

「そうなの。もしかして楠木さんも?」

「んーん、なんか歩いてたらここに着いてたの」

「…ん?」

なんだか、理解しがたい台詞が聞こえた気がしたのだけれど。

「っふふ」

しまった、つい笑ってしまったけど、これってけっこう失礼なのかな…?
怒ってるかもしれない、顔を見ると楠木さんは少し驚いた表情をしていた。
…目が、青くて綺麗だ。

「…可愛いなぁ」

「え?」

誉められた?怒っているかと思ったのに。

「あ、口に出してた?彩崎さん笑顔すごく可愛いなって」

「そうかなーありがとう」

なんか、不思議な人。天然っていうのかな。
フレンドリーな人っぽいし、仲良くなれるかもしれない。もっと。

「よかったらさ、学校でも仲良くしてもいいかな?」

「もっもちろん!」

その後、私に二人目の友達ができた代償でお花見に盛大に15分遅刻し、友達からほんの少し強めのつねりを受けたのだった。

15:レイア@雷葉*新一 ◆2A:2019/02/02(土) 19:04

>>13
ホンマかいな?
続き楽しみにしてーる(*´∀`)♪

16:すぴか☆ミキサラギ◆y2:2019/02/02(土) 21:10

>>15
ありがとう(^^)

17:すぴか☆ミキサラギ◆y2:2019/02/03(日) 21:26

【第5話】

「では昨日告知していた通り、委員会を決めます!」

(委員会かぁ、どうしようかな)

前田先生がスラスラと黒板に委員会の種類を書いていく。

約10個もの委員会の中で目に止まったのが、美化委員会だった。

「先生ー美化委員会ってなんですか?」

教室の窓際の女の子が立ち上がって質問している。
私が口に出したのかと思うくらい、同じことを考えていた人がいたのか。

「えっと…校門を抜けたところに、大きな道があるじゃない?あそこの掃除と、花壇の手入れが主な仕事らしいの。
この学校に大きな桜やいろんな木があるでしょう?」

なるほど。あの桜と関われるってことか。
それなら、やってみようかな。

そして、席の列ごとに黒板に名前を書き込みにいく。

「じゃあ、委員会ごとに集まってー」

いつの間にか、委員会決めが終わっていたらしい。

美化委員会の子は、さっき質問していた女子と、…男子二人だ。

「奈月ちゃんだっけ?わたし三宅 椿希、よろしくね」

「よ、よろしく!」

女子の方はしっかりしてそうだけど、怖い雰囲気じゃなくて優しそう、安心安心。

男子をちらっと見る。
一人は、爽やかな雰囲気。明らかにモテそう。絶対に一軍だ。

もう一人は…そっぽ向いてるので横顔しか見れなかった。クールで怖そう。

人を見た目で判断するのはよくない、と小さいころから教えられていたが、人は顔が90%なんてよくいう。これは仕方のないことなんだ。

「男子組、自己紹介して!」

「前に自己紹介したのに意味ねーだろ」

爽やかな方が笑っていう。

「俺は辻井彰介。んでこっちが…」

「古河夏樹。」

古河くんがぶっきらぼうにそう答える。

「え、奈月ちゃんと夏樹くんがいるの?すごくない?」

「だよなー」

椿希ちゃんと辻井くんがにやにやしてる。
運命だよねー、と言ってる気がするのは気のせいか?

「ちょ、椿希ちゃん、やめてよ」

「彰介その顔やめろ」

私と古河くんが同時に言う。
そこでまた笑いがおき、
「そこ、少し騒ぎすぎです」
と、先生にお叱りをもらったのは言うまでもない。

18:すぴか☆ミキサラギ◆y2:2019/02/05(火) 22:20

>>14
楠木って何…?((((;゚Д゚)))))))gkbr


楠木⇨中園でお願いします🤲

19:すぴか☆ミキサラギ◆y2:2019/02/09(土) 22:30

感想やアドバイスなどあればお願いします!
明日更新予定です

20:すぴか☆彡キサラギ◆y2:2019/03/24(日) 14:25

ごめんなさいなる早で上げます諸事情ありまして


新着レス 最新10 使い方 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かきシェアする?