小説書きましょっ( ̄0 ̄)/

葉っぱ天国 > 少女漫画 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ウサ:2010/12/10(金) 22:02 ID:i-2QY

小説に、ついて、語り合いましょッ♪
たまぁに、小説も、書きましょう。
 お約束

1荒らしは、ダメ!
2仲良く!
3楽しく♪

です。

それじゃあ…、始め!

2:匿名さん:2010/12/10(金) 23:41 ID:BiA

ココは少女漫画のとこだから、小説のとこに行ってそこでスレ立てな!!!

ちょっときつい言い方だけど、まぎらわしいから。

よろしくね?!

3:うり:2010/12/11(土) 20:16 ID:BiA

いいじゃんいいじゃん!

私も一緒に小説書きたぁい(*´∪`)

4:うり:2010/12/11(土) 20:17 ID:a.6

いいよね?!

5:ウサ:2010/12/12(日) 11:03 ID:i-GiI

うん!

6:ウサ:2010/12/12(日) 11:17 ID:i-GiI

うり

助けてくれて、アリガト〜マ

7:うり:2010/12/12(日) 14:40 ID:BiA

助けて?!
わし助けたっけ?


えぇっと!小説書きまぁっす(≧∇≦)

8:うり:2010/12/12(日) 15:06 ID:BiA

〜羽香の抱く夢〜

* キャラクター紹介

》香純 羽香《
年齢 高校1年
恋愛経験 0
好きな人 立花 秀季

》立花 秀季《
年齢 高校1年
恋愛経験 1
好きな人 いない

》板野 棗《
・秀季の友達
・真奈美の彼氏

》空雅 真奈美《
・羽香の友達
・棗の彼女

》境 蓮《
・羽香のクラスメートであり、羽香のライバル

9:うり:2010/12/12(日) 16:26 ID:vHM

〜羽香の抱く夢〜
《第1障》: プロローグ

羽香の夢。
・・・神様・・、私は・・・、私の恋は叶いますか・・・?!
           :いつも通りの学校・・・・じゃない?!
            いつも通り目を覚まして朝ご飯を作る。
『おはよう羽香。』
『おはようお母さん。
ご飯作っといたから食べてね!』
と言って自分の部屋に戻って、制服に着替えて学校の用意をして家を出た。

ここまではいつも通り。
でもここからがいつもと違うことを、羽香はまだ知るよしもない。

10:ウサ(^3^)/:2010/12/12(日) 19:29 ID:i-4ZY

うりすごい!!
きちんと、物語、出来てる〜。んじゃ、うちも、作る!

いつも、大好き!

登場人物

鳳 椿
年齢 16才 高校一年生
好きな事 運動
恋愛経験 1回
春香の、友達。
環京谷
年齢 17才 高校二年生
好きな事 彼女?
恋愛経験 1回
光の、友達。
藤原春香
年齢 16才 高校一年生
好きな事 遊ぶ事
恋愛経験 0回
椿の、友達。
寺本光
年齢 17才 高校二年生
好きな事 する事。(←意味分かる?)
恋愛経験 0回
京谷の、友達。




<椿サイド>

今日は、入学式♪
今日から、楽しい生活だ〜。
っと席は、…………あった!
席に、ダッシュで、行く。「いったぁ〜。」
横を、見ると、そこには、背の大きな人。
これが、私達の、出会い。

11:ウサ:2010/12/12(日) 19:40 ID:i-5sk

<京谷サイド>


うゎ〜。入学式かー。かったる。
まぁいっか。ま、一応出よっ。
あぁー。着いた。家から遠っ!引っ越ししよう!
って、それより、席はどこ?
ドカッ!
何!
うゎ〜。ちっちゃい奴にぶつかったんだ。
…それより、席!

12:うり:2010/12/12(日) 20:11 ID:4xE

物語出来てるって失礼なっ oO(PД`q゜)Oo

あぁ!小説!

それから!今更だけど、
私が書いてるのは、『恋愛系』だからねぇー**

分かってるよセって感じだよねぇ 《笑》

じゃあ!次からまた書くよぉo(>∀<*)o

13:ウサ:2010/12/12(日) 20:22 ID:gzE

うちも恋愛系だよ!
って、わかってるってなっ!

14:ピーチ:2010/12/12(日) 20:29 ID:AWE

*+:。♪.。:+*゜□・*:.。*+:。♪.。:+*゜■・*:.。.*+:。♪.。:+*゜□・*:.。.♪
うり≫
うり、今から小説かくのっ??
*+:。♪.。:+*゜□・*:.。*+:。♪.。:+*゜■・*:.。.*+:。♪.。:+*゜□・*:.。.♪

15:うり:2010/12/12(日) 22:43 ID:ez-m8Q

:いつもと違う

私は、学校が遠いから電車通学をしてる。


『〇〇駅です。降りのさいは、お忘れ物のないよう・・ 』
あ!降りなくちゃ!
と心の中で呟いて電車を降りた。

ピッ
改札口を通って駅を後にする。

『さて!お茶買ってこぉっと!』
と欲しいお茶に手を伸ばすが・・・届かない。

『あともうちょっと・・・・・!』

『!!!』

「おっと危ねぇー。」

「大丈夫か?」

『あぁ!はい・・・大丈夫・・です。ありがとうございます。』

目の前には格好良い人。
綺麗な人・・・

「そんな見んなって。」

『あ!ごめんなさい。ついみとれてしまって。』

「っまぁ!お前も気をつけろよ!」

と言ってどこかへ行ってしまった。

16:うり:2010/12/12(日) 22:48 ID:ez-BiA

ウサ
やっぱ恋愛だよねぇ!

ピーチ
返事遅くなってごめん(。-人-。)
うん!8>から書いてるよぉ(≧∇≦)

また見てねぇー♪

17:ピーチ:2010/12/13(月) 15:34 ID:AWE

o-|´ω`|-o>´Д`|-o-|´∀`|-o-|"-ω-|-o|´v`|-o
うり≫
そぉなんだっ♪
読ませてもらったよっ★ミ
うり、小説書くのうましっwww
o-|´ω`|-o>´Д`|-o-|´∀`|-o-|"-ω-|-o|´v`|-o

18:ウサ:2010/12/13(月) 16:37 ID:Hkc

<椿サイド>

うわぁぁー。
綺麗な人ーーー。
って、何も反応なしかい!!!!
いやぁー、もう少し反応してよ!「大丈夫?」とか、「気をつけて。」とかないわけ?
ひどっ!!!!!
外が、綺麗なのに、中身最っっっっっっ低!!!!!!!!!!!!

19:ウサ:2010/12/13(月) 17:53 ID:Hkc

<京谷サイド>
席、席っと。
って、っめっちゃ怒ってるんじゃん!
俺、何かした?いや、ただ、ぶつかっただけだよな。
それが、嫌だったのか?
一応謝っとこう!
「ご・・・ごめん!」
「え?。何が?」
「え、何が、じゃなくて、嫌だったんだろ。ぶつかったこと。」
え、何が。って、嫌だったんじゃないのかっての!

20:うり:2010/12/13(月) 18:58 ID:m8Q

ありがとうフ続き↓

やっとの思いで学校に着いた。
「ぉおい!ホームルーム始めるぞー!」

ざわざわし始める。

「今日は、転校生を紹介する。立花秀季くんだ。えぇっとどこが空いてる?

香純の隣が空いてるな。じゃあ、香純の隣に座ってくれ。」
また、ざわざわし始めた。

『ねぇねぇ!立花くん、めちゃくちゃ格好よくない?!』

男子が転校してきた時は、いっつもそう。

女子が、決まって騒ぎ立てるんだ。

とか思いつつも、私も実は気になったりする。

上を向いてみる。
・・すると、知っている顔があった。

「『あぁ!』」

ハモってしまった。

だってその顔の主は、朝に会ったあの綺麗な顔の人だったから。

これが、いつもと違う日・・・の始まりだった。

21:ウサ:2010/12/13(月) 20:15 ID:i-3GE

<椿サイド>

「ごめん」
と、言われた。
ばれた!?と、思いながら、「え?。何が?」
と言う。
ってゆうか、最低!って言ったの気付かれた?
ヤバイじゃん!
「え、何が。って、ぶつかったのが、嫌だったんだろ?」
あぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ばれて無かった。
良かったぁ〜。
………………………………………………………………………………………………………………………………入学式が、やっと終わったぁ〜。
私の、組は、何組だ?
っと、1組だ!!
「………椿?」
「え?」
「私だよ。中学の、時一緒だった!!藤原春香だよ。」 「は…るか…?春香ー!!久しぶり!元気?春香って、何組なの?」
「いきなり、質問ぜめですなぁ〜。」
「だって、久しぶりなんだもん!!」
「やっぱ、その強引な、所は変わんないね!」
「で、何組?元気?」
「ハイハイ、答えますよ。で、元気!そんで、1組です。」
「やっっっった♪一緒の、組だぁ!!」
それで、隣の席!
もう、これって運命!?みたいだな♪

22:うり:2010/12/13(月) 21:37 ID:BiA

:違う日常の幕開け
》秀季》
眠たそうに髪をかきあげる。
めんどくせぇけど学校行かなきゃな。

と電車を降りていざお茶を買いに・・・。

お茶売り場に行くと、うさぎみたいにぴょんぴょん跳ねながら頑張ってお茶取ろうとしてる。
その仕草が余りにも可愛いから、見入ってしまった。

すると、やっとお茶を取った。
かと思いきや急にこけそうになる彼女。

『!!!』

「おっと危ねぇー。」

「大丈夫か?」

急に俺が来たからか、びっくりした顔をしている。
やっと口を開いた。

『あぁ!はい・・・大丈夫・・です。ありがとうございます。』

何故か、こっちをずっと見ている。

なんか妙にハズい。

「そんな見んなって。」

すると
『あ!ごめんなさい。ついみとれてしまって。』

めちゃくちゃ可愛い。
こんな汚い顔、そんなに見られたくない。

「っまぁ!お前も気をつけろよ!」

と言って小走りして来てしまった。

顔が熱い。
なんかドキドキする。

〜・〜・〜・〜・〜・〜

ついに学校、知らない人ばっかりだ。
そう考えているうちに、席が決まっていたから、その席に行った。

そしたら、

「『あぁ!』」

また、彼女に会ってしまった。

『えぇっと!私、香純羽香だよ!よろしくね!
分かんないことあったら、なんでも聞いて!』

「うん。俺立花秀季。よろしく。」

どうしよう。ハズイ。ハズすぎる。

でも、いつも通りにいれば大丈夫だろう。

23:アスカ:2010/12/14(火) 16:21 ID:j2U

うちも入っていい?

24:ウサ:2010/12/14(火) 18:54 ID:SWw

<京谷サイド>

はぁ?
意味わかんねぇ。
つか、何組だよ!
掲示板は〜っと。おっ、あった!
えーっと、1組か。
行くか!
って、何で朝のヤツがいるんだよ!
同じクラスって最悪。
いや、でも新しい友達つくれば・・・、忘れられる!
よっっっっっっしゃぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
友達沢山つくるぞ!

「あのー。」
おっ。早速来たか!
『何だ?』
「友達に、なってくれませんか?」
『いいぞ』
そいつの名前は、光
で、少し話したら、中学も一緒だったらしい。
そして、俺らは、「し・ん・ゆ・う」になった。

25:うり:2010/12/14(火) 18:56 ID:86.

どぉぞどぉぞおぉ(≧∇≦)

私の小説、下手だけど暇だったら読んでみて♪

26:ウサ:2010/12/14(火) 19:28 ID:i-3GE

良いですよ。っていうか、入って下さい。(笑)

うちも、小説下手ですけど………。

27:うり:2010/12/14(火) 19:54 ID:4xE

:ある日の授業中

秀季が転校してきて結構たった。
秀季とも、なんだかんだ言って仲良くなったし。
〜・〜・〜・〜・〜
あぁあ!めんどくさい。
授業なんかどうでもいいし。かったりーし。

なぁんて考えてたら、頬を突かれた。
『///っなによ!//』

「暇だー。」

なんて言ってダラダラしてる。びっくりした。
けど・・・

『授業中なんだから。私だってめんどくさい。』

その言葉を聞いて、なんとなく微笑んでる様子。

可愛い。格好良い。

でもなんでこんなにもにやけてるんだろう。

28:アスカ:2010/12/14(火) 22:59 ID:bKA

読みました!!面白いですよ!じゃあ私も書きます


交換ノート

登場人物


<<高梨 香織>>女
中学二年
11月15日生まれ
双子の姉。
156a

<<高梨 沙織>>女
中学二年
11月15日生
双子の妹。
155a

<<郁野 有馬>>男
中学二年
06月17日生まれ
152aのチビ


<<堂嬢 郁>>男
中学二年
01月01日生まれ
170a


いまんところ登場人物だけで

29:アスカ:2010/12/15(水) 16:44 ID:CQQ

〜プロローグ〜

4月、私は中学二年生になった。
中学校では、毎年クラスがえがある 沙織は、香織といっしょに掲示板を見に行った。
「まっ待ってよ〜」
香織は足が遅いので沙織においつけ無かった。
沙織はやっと香織においついて掲示板を見た。
「おい郁、俺お前と同じクラスだぜ!」
沙織は気づいて左側を見た。そこにいたのは、背の高い男の子と背の低い男の子だった。
名前なんて言うんだろう...
香織は沙織がそんなことを考えてる間に、自分たちのクラスを見つけていた。


続く


とまあこんな所で良いでしょうか?
ちなみに主人公は沙織です。

30:うり:2010/12/15(水) 22:52 ID:BiA

アスカ、ありがとう♪

:悩みを話して?!

あぁもぉ!!
なんか分かんないけど秀季のことばっか考えちゃう。

今までこんなこと1回も無かったのに・・。

どうしよう。
こういう時こそ真奈美に相談しよう。

『く・う・がちゃん!
話があるんだけど。』

て言うと、

『空雅って呼ばないでよー!』
って怒ってくる。

『ごめんごめん!
だって可愛いんだもん。』

『そんで、どうしたの?』

『私、最近変なんだ。
なんかドキドキするし。』

『羽香にもようやく春がきたんだね!』

とか言ってても返事になってないしね・・。

『羽香にも好きな人ができたってことだよ!』

びっくりした。
好きな人?!もしかして秀季のことかな・・。

でも、もうちょっとで分かる時もくるのかな。

今は、まだわからなくても良いかな!

31:ウサ:2010/12/16(木) 18:01 ID:zKk

ごめんなさい。
題名?見たいなの入れてない!
で、題名?は、『一つ目の出会い』です。
今から書くものは、『二つ目の出会い』だよ!

<春香サイド>

やっっっっっっったぁーーーーーーーー!
黒百合学校うかった♪
でも、椿に言わないのは、まずかったかなぁ・・・。
まぁいっか!
なんか、面白そうだし。
私も、一芝居してやるかぁ。
会ったら、びっくりさせてやろ♪

32:ウサ:2010/12/16(木) 21:52 ID:i-W4A

<光サイド>

誰か、友達出来るかな?
中学の、時一緒だった人って、いないんだよね。
頑張って友達作ろっ!
あっ、あんま、話した事無いけど、京谷君だ!
最初に、京谷君に、はなしかけてみよ!!

33:アスカ:2010/12/17(金) 19:43 ID:AGk

ゴメンホホちょっとプロローグの所間違えたからプロローグからもう一回かくね

 ̄ ̄
〜プロローグ〜
4月、私は中学二年生になった。
中学校では、毎年クラスがえがある 沙織は、香織といっしょに掲示板を見に行った。
「まっ待ってよ〜」
沙織は足が遅いので香織においつけ無かった。
沙織はやっと香織においついて掲示板を見た。
「おい郁、俺お前と同じクラスだぜ!」
左側からとびきり大きい声が聞こえた。沙織は気づいて左側を見た。そこにいたのは、背の高い男の子と背の低い男の子だった。
背の高い男の子の方の名前は郁君って言うんだ〜じゃあ郁君の苗字、なんて言うんだろう?
香織は沙織がそんなことを考えてる間に、自分たちのクラスを見つけていた。

せっかくだからつづきも書いちゃうね。






「あったよ!うちたち二組だ!」
香織は、指を指しながら言った。
沙織は、二年二組と書いてあった掲示板に目を向けてホントだ!と叫んだ。
入学式はクラスがえの後にあった。
入学式で名前を呼ばれると「はい」と返事をして立つ。 沙織は、香織の後に呼ばれた。
その後に何人か呼ばれ五人目くらいに『堂嬢郁』という名前が呼ばれた。
沙織が郁君ってさっきクラスがえの時、背の低い男の子が叫んでいたなぁ〜と思っていると その立ってる男の子は、クラスがえの時
『おい郁、俺お前と同じクラスだぜ!!』と叫んでいた背の低い男の子の友達(郁君)だった。
ふーん郁君の苗字堂嬢って言うんだ〜

34:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/22(木) 14:26 ID:GNI

あの・・・仲間に入っていいですか?私の夢は、小説家です!

35:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/22(木) 14:27 ID:GNI

じゃあいきます。

36:ユッピン♪ ◆0rlM:2012/03/22(木) 15:46 ID:nlk

>>2の言うとおりですよ
“少女漫画板”だってこと知ってますか?
(言い方きつかったらすみません)
小説を書きたいなら小説板へ。
ここは少女漫画の話をするとこであって
小説を書く掲示板ではありません
なので小説板にて小説を書いてください

37:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/22(木) 16:07 ID:GNI

千姫の華伝説

<織田 千>
織田 信長 の子孫。
辰巳から、婚約を破棄した。
けど、未だに辰巳の事を思っている。

<豊臣 辰巳>
豊臣 秀吉 の子孫。
千のことを思っている。
一度破棄されたが、あきらめない。

<大倉 瑠璃架>
千姫の小さい頃からの世話係。
とても、おせっかい&几帳面。
ある日、千姫に今までのことを、全て伝えなくてはならなくなる。

その他
<織田 慧>
千姫の父。
もう、亡くなっているが、魂は、残ってるという。
呪い玉を作っていた、かなりの悪党だったらしい。

<織田 梅>
千姫の母。
母も、もう、亡くなっているが、魂は残っている。
呪いを解く薬をつくっていた。

<織田 陸>
千姫の兄は行方不明。
最低は亡くなってると判明するべきだ。

<豊臣 燐夜>
辰巳の父で帝。
国の王とてつもない、力を持っている。

<豊臣 佳苗>
辰巳の母。
千姫の母とは、とても仲良しだった。
誰にでも優しい。

<汪氏 箕逗{みかづ}>
国を守っている。
前まで、千姫の父 慧 と呪いの玉を作っていた。
皆から怪しまわれていた。

<汪氏 神門>
箕逗の息子。
いずれか、千と結婚したいと述べている。
「これで何回目だっけ?123回目だそうです。」結婚申し込みー


ここで、この、人物紹介終わり!!でわ!どうぞーー
 

時は平安時代。これは、若い女子{おなご}のお話。

〜前書き〜
皆さんは、千年の伝説って聞いたことありますか?このお話は、皆さんを、未知の世界に吸い込ますかも知れません、そんな時はかならず、意識を持ってください。

ー、千姫の月夜道と知らない彼

「姫様。今宵の月は、満月を、さかのぼって、お美しい星に見えますね。」
私は、姫。は姫だけど、織田 千 と言う。織田とは、かつて戦国時代の織田 信長の子孫です。{私。}
「・・・・・・・・別に・・・・・・。」
「はぁーもう、過ぎた話ですし・・いいんじゃないですかー姫様ー」
「いや!こればっかしは嫌じゃ!!・・・こればっかしは・・・・・」
ーそれはー朝のこと。
「姫様ーーー!!!決まりましたよ!」
「なにがじゃあ?」
うるさい位の瑠璃架が今日は、もっとも、うるさかった。
「何がって、結婚ですよ!結婚!!」
「ぶぅーー」
私は、飲んでいたお茶を吐き出してしまった。
「結婚!?い、いいいいい嫌じゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
ー現在ー
「はぁー結婚なんて・・・嫌よ。」
瑠璃架は、行ったみたいだ。そう、思ってると、障子から、声が聞こえた。
「そっと、出ておいで、俺付き合ってやるよ。俺とだったら、月夜道歩くのによくねぇ?」
「だ、だれ!?月夜道?まぁ、よい外に、出られるのならば・・・・・な。」
私は、おずおずと外にでた。
「わぁーーー。」
そこには、とてもきれいな、満月があった。そこに、月明かりに照らしだされた、男の子がいた。そして、
「行こう、月夜道へ・・・・」
私は、思えなくなり、その手を取ってしまった。
それが、その人が、誰だかも知らずに・・・・。

38:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/22(木) 16:17 ID:GNI

私、少女漫画をちょっとアレンジしたのを、書いてたんですけどー

39:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/22(木) 16:26 ID:GNI

てかーこれの題名小説書きましょうになってるよ!?

40:李桜:2012/03/22(木) 16:50 ID:8Bw

小説板に書いてください!!

41:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/22(木) 17:30 ID:GNI

うわぁーん!!ばかやろーう!
小説水浸しじゃぁーん!!
しかも、恋愛小説がーーーー」

42:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/23(金) 08:38 ID:GNI

あ、書きました!!

43:匿名さん:2012/03/28(水) 01:05 ID:eiU

あの、私以外にも板違い、小説板に書いてって書かれてますが…
このスレ、消去依頼出てますよ?
ついでに言えば、あまりこういう注意をしないほうがいいと思います。書き禁くらうかもしれないので。

44:はるるん♪:2012/03/28(水) 10:41 ID:tx.

入ってもいいですか?????????

45:はるるん♪:2012/03/28(水) 11:05 ID:tx.

小説書きます

『不良ガール』
私は天童 愛結(てんどう あゆ)中3。
あだ名は『不良ガール』。
先生「おい 天童!!学校には化粧やネイルを
してきてはならん!!!」
愛結「は?うるせーんだよ はげジジイ」
先生「な・・・はげジジイとはなんだ!!」
愛結「カッカしてると血管きれるよ?」
先生「なんだと!!」
先生2「せ、先生やめてください!」
先生2「すみません天童さん。」
愛結「・・・・べつに・・・
だけど、次はないからね・・?」
愛結は2人の先生をにらみつけた←ナレーター
2人の先生「ひいいいい!!」
芽生「愛結〜今日もやるねえ^^」
芽生は私の友達だ。
愛結「ま、ちょろいからね」

    続く☆

46:はるるん♪:2012/03/28(水) 11:36 ID:tx.

  続き^^;
キーンコーンカーンコーン
愛結「あ!予鈴だ!!早くいこ」
芽生「・・・さぼっちゃう・・?」
愛結「だね♪」(今、朝です。)
芽生は友達でもあり、不良仲間でもある。
2人はとぼとぼ歩いていた。すると
「ねえ君たちどうしたの?」
数人の男がにやにやしている。
愛結「さぼっただけだけど。」
芽生「どいてくんない?」
「どっか遊びにいこうよぉ」
愛結「チッ」
愛結が舌打ちをすると
「黙って言うこと聞けばいいんだよ!」
男が愛結のむなぐらをつかんで怒鳴った。
愛結「・・なせよ・・」
「は?」
愛結「はなせっつてんだよ!!」
ドカッ
愛結は男のふところを殴った。
「ぐはっ」
「・・・なんなんだよ!!」
男は愛結を殴ろうとした。だが
男はその手をとめたのだ。
「まさか・・・不良ガールの天童愛結か!?」
愛結「はぁ・・そうだけど今気づいたの?」
愛結は男をにらんだ。
「うわあああああ!!」
男たちはにげていった。
芽生「かっこい〜愛結♪」
愛結「ああゆう男はだいたい弱いからね。」

      続く♪^^

47:はるるん♪:2012/03/28(水) 11:39 ID:tx.

なんか続いてない・・・・・
おちます。

48:ami:2012/03/29(木) 23:08 ID:qgI

すいません、こういうのは小説掲示板でやって下さい ここは小説をかくところではありません

49:クロス:2012/03/30(金) 10:12 ID:ZW2

2つのスレに分けて小説とフリトに作るといいと思いますよ

50:はるるん♪:2012/04/06(金) 12:17 ID:tx.

みなさん消せ消せって言ってるけど
言われる人の気持ちわかってますか!?
たしかにここは小説をかくところじゃ
ないかもしれません。だからといって人を
責めるような言い方はないんじゃないですか!?
こんなこと、3,4回しか来てない私が言うこと
ではないけれど、もうすこしは人の気持ちを
考えた方がいいと思います。
どっちがえらいとかそんなきまりごとは
ないはずですから^^
少女漫画についてのことで来た人にはまぎわらしいと
思います。
けど、じゃあ用のない人はここにこなくても
いいんじゃないですか?
もんくを言いに行こうなんて思わないでください。
そのひとつのきもちできずつくこともあるんですから。
私が言いたかったことは
注意するのはいいこと、だけど責めるような言い方は
やめてください。みんなで仲良くしましょう
ということです。
気分が悪くなったひとについては謝罪します。

51:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne.jp:2012/04/10(火) 07:39 ID:GNI

私・・・消せ消せって言ってませんけど?

52:にゃお:2012/04/17(火) 20:34 ID:5kc

こんにちは、小説が好きなので、よろしくお願いします。

53:いちご mai:2012/04/17(火) 20:43 ID:yMM

クロスさんみたいにやさしく言ってくれてる人も
いるじゃないですか。
自分が悪いのにそういう言い方はよくないです。
ここに立てちゃいけないって分かってるんなら
小説板言ったほうがいいですよ

54:はるる☆ ◆GL8c:2012/04/18(水) 13:49 ID:l4s

>>50
人の気持ち考えてねーのは
はるるん♪たち、君らだべ。
こんなおもしろそーな小説なんだから
ちゃんと小説にたてたらいいんべ^^
みんながるーるってもんさえ守れば、こんな文句(?)
言われないんだべ^^
オラもこの小説、読んでみてぇなぁ〜
今度小説にスレ作ったら、オラにも読ませてくれだべ。^^

55:かぶ=^_^=:2012/05/05(土) 11:25 ID:sRM

小説版に作ってください!
そしたら読みますから!


書き込む 最新10 サイトマップ