哲学

哲学について。

  1. 1:黄金比(9)
  2. 2:もしも記憶が自分なら(4)
  3. 3:生きている意味(5)
  4. 4:恋とは何か?(9)
  5. 5:死ってさ(9)
  6. 6:何で人間は生きているものを平気で殺すのか(10)
  7. 7:「神」を完全に解明しました!!(SB量子神学)(3)

黄金比(9)

1 マロン同盟:2008/09/23(火) 18:00

黄金比詳しいひと集まれ廂宦i^o^)/

5 みく:2009/02/09(月) 23:25

モナリザの
目や口とかの配置や
縦横のバランスも
黄金比だって…
みんな知ってるかな;;
ダ・ヴィンチは
黄金比を理解してる
孤高の人だったと思いました

6 fermat:2009/02/10(火) 20:45

スペル、間違えてました…

黄金比に因んで「黄金角」ってのもありますよ。

その角度って言うのは、松ぼっくりやパイナップルの表面のやつが螺旋になってるけど、

その角度のことで、ひまわりの種もそんな感じで配置されてますよ。

確かにダ・ヴィンチさんはとてもすごい人だと思います。

でも、フィボナッチさんもすごい人ですよ。自然界の数学を発見したのですからね

7 名無し:2017/05/07(日) 23:15

初音ミクは、黄金比だらけです。
髪の長さ、身長、服の広がり方、初音ミクを構成する全てが黄金比です。
確か、そういう画像あった気がします。

もしも、誰かの御気分を害したようなら、すみません。
ボカロは一部の方には不人気なので……
でも、これは凄いと思いました。

8 名無し:2017/05/09(火) 00:44

>>7 これ↓(がその一例なの)かな?「初音ミク 黄金比」で検索をかけてみたら、これが筆頭になって出て来ました。

http://4.bp.Blogspot.com/_oZqc5_gpslI/TSRkZ7ja19I/AAAAAAAAACQ/o5qNjFpG4aQ/s1600/MikuGoldenRatio.jpg

…で、此方も同様。御参考まで。m(_ _)m↓

http://lohas.nicoseiga.jp/thumb/1727787i%3F

9 名無し:2017/05/09(火) 03:19

>>8 は正確に言うと「画像検索」ね…(^_^;)

名前 メモ

全部読む/最新50

もしも記憶が自分なら(4)

1 びすたっぷ:2016/10/15(土) 21:50

記憶喪失になる本を読んでいてふと思った。
記憶=自分なら、記憶を失った自分は同じ顔をした別人になるんでしょうかね?
人格も好きなものも嫌いなものも人間関係も全部リセットされるなら、
自分として残るのは空っぽの入れ物なんでしょうか。
記憶=自分 だとしたら、
ある日自分の記憶が消えたら残ったものは何なんでしょう。

2 びすたっぷ:2016/10/15(土) 21:50

混乱で意味わからん文になってる。
あはは

3 ◆f6 :2017/02/26(日) 15:12

深層意識>潜在意識>顕在意識

4 名無し:2017/04/11(火) 18:34

記憶が蘇ったりすりけどどうなの?

名前 メモ

全部読む/最新50

生きている意味(5)

1 一般人:2017/04/10(月) 07:05

よくある題です。
まずこのスレを立てた目的はある程度似た考えを持つ、もしくはできる方々を集めて話をしたかったからです。
人それぞれ様々な考えがあり、それはどれも素晴らしいものだと思いますがこのスレではある条件にあてはまる人に見て、考え、意見を述べたり反論したりしてもらいたいです。

ある条件は

・自殺を考える自称鬱状態(心苦しい、何をするのも辛い)になったこと
・病院などに行かずに自力で鬱状態じゃなくなった

この二つで、二つ両方の条件にあてはまる人です。

2 一般人:2017/04/10(月) 07:07

私は哲学とかを専攻してない普通の大学生のため、文章が正しい文法でかけなかったり、上手な文章が書けなかったり、知識がない部分も多々あると思いますが目をつむっていただけると幸いです。

3 一般人:2017/04/10(月) 07:14

予め断っておきますがここで私の言うことは完全に私個人の考えであり、偏見であり、(私なりに根拠はありますが)一般的に根拠のない推測であるものです。

条件を指定した理由ですが、二つの条件両方にあてはまる人は私と近い境遇にあるからです。
私の考えでは問題ができるとそれを解決するために人は悩み、悩みをもつと人は考え、それが中々うまい答えが出ないとき、鬱状態になり生きている意味を考え出すかと思います。
そこから自力で立ち直ったということはその人なりの理屈で生きている意味ができたからだと思います。
その意味が聞きたくて、またその考えについての話がしたくてこのスレを立てました。

4 一般人:2017/04/10(月) 07:16

また、私は理系であるため生きている意味がより自然科学に関連付けられたもので、宗教的、抽象的なものでないとなおありがたいです。

5 一般人:2017/04/10(月) 07:16

私の出した答えは、私の探している方々が来られたら話すつもりです。

名前 メモ

全部読む/最新50

恋とは何か?(9)

1 コメ返しませんごめんなさい:2014/02/03(月) 13:26

どうして人々は恋をするのだろう。
まず、恋とは何なのか。

5 びすたっぷ:2016/10/15(土) 21:44

やはり性欲でしょうか
必要なものだからそんな感情があり、
人の気持ちを揺さぶるんでしょうね

6 夢愛◆Sw:2016/10/15(土) 22:27

愛の中の1つだと思います。
数学でいう、「定理と逆」
恋は愛であり、愛は恋ではない。
でも、数ある愛の中からは劣った愛だと思います。
アガベー、フィリアと比べものにはならない。

7 名無し:2016/11/12(土) 23:20

性欲の向かう先がいくつも完璧に分離している状態であるから特定のひとつだけにいくらかの時間恋をした方が効率がいいとか?大学とかできちんと勉強したわけじゃないからなんとなくだけど

8 ◆f6 :2017/02/26(日) 15:13

素晴らしいが幻想

9 枕上 白痴:2017/04/06(木) 03:34

プラトンのパイドロスは読んだ?

芥川は
恋とは詩的な性欲である
と言ってる

この詩がわかれば、プラトニックラブラブもわかる

名前 メモ

全部読む/最新50

死ってさ(9)

1 hoge:2015/06/10(水) 23:18

普段哲学板来ないから文も思考も初心者だし
ただの厨二餓鬼の戯言っつーか独り言なんだけどさ
ここ数年ずっと考えてることがあって

なんで人間って死ぬのをあんなに恐れて不の存在として見るんだろう。
なぜ生に執着するんだろう?
人間が起こす行動の大半は生きるため。
そして、生の後には遅かれ早かれ死が待っている。
つまり生きることは死ぬためにあるのと同じだと思う。
そう考えると人間は死ぬために動いているんだと考えたら、すごく馬鹿っぽくないか?
死ぬために寝て死ぬために起きて死ぬためにご飯食べて死ぬために走って死ぬために学んで、いざとなったら死にたくないとか、なんか変。
友との別れがさみしいとしてもその友もいずれ、いやすぐに死ぬしそんなに嫌なら最初から死んでおけば楽じゃない?って

あらら、文脈がおかしくなってきちゃったから一旦切る

5 びすたっぷ:2016/10/15(土) 21:40

人間って一回しか死ぬ事できないじゃないですか。当たり前だけど
恋愛したい、できる。
可愛く/格好良くなりたい、整形だってできる
お金が欲しい、働ける

だけど『生まれる事』と『死ぬ事』は一回しかできません。
一回しか経験できない死を、恐れるより受け入れろとはよく思います。
人生で最もあやふやだけど、だれもができる経験ですし

6 びすたっぷ:2016/10/15(土) 21:42

嫌とか怖いとかは、理解できないものだからでは?
何が出てくるか分からない暗闇に、
潜在的な恐怖を抱くのと似ていますね。
人は自分と対になるものを恐れ、羨むものでしょうから

7 名無し:2016/11/17(木) 23:03

死を恐れるのは、びすたっぷさんの言う通り「死は一度しか訪れない」つまり、まだ死を知らないからなのではないかと思ったり。
幽霊や呪いや都市伝説が怖いのは、「それらが確実に何かが分からないから」なのではないかと。

>>1さんの言う通り、人間が死に向かってるのに関わらずもがき苦しむのは、暗闇を必死に探るのと似たような感覚なのではないかと考えます。

8 ◆f6 :2017/02/26(日) 15:14

永遠に続く次の生への旅立ち

9 枕上 白痴:2017/04/06(木) 03:31

死ぬときゃ死ぬよ
そのあとのこともどうだっていい
なるようになるだけ

名前 メモ

全部読む/最新50

何で人間は生きているものを平気で殺すのか(10)

1 猫好き:2017/01/02(月) 00:50

語り合いましょう❗

6 名無し:2017/01/02(月) 02:09

生きるために闘うことに善悪はない
悲しむべきことかはわからない
ただ闘うことを皆が辞めた平和な世界の人間ってそれもう人間じゃないのではと思う

7 猫好き:2017/01/02(月) 02:33

戦いすぎて?

8 ◆f6 :2017/02/26(日) 15:14

解脱

9 ◆f6 :2017/02/27(月) 07:20

8は誤爆すまん

10 枕上 白痴:2017/04/06(木) 03:30

因果

名前 メモ

全部読む/最新50

「神」を完全に解明しました!!(SB量子神学)(3)

1 SB:2016/04/27(水) 04:07

 宗教ではなく、科学で「神」を完全に解明したと主張する内容です。
 Amazon(Kindle Direct Publishing)による電子書籍に、《「神」を完全に解明しました!!(SB量子神学)》と題するシリーズ本が有りますので、良かったら検索してみて下さい。

        【要約】

 ライプニッツのモナドロジーに則り、実在するのは個々の心(モナド)だけであり、客観的物質世界なるものは実在しないと考えます。
 さらに量子力学の多世界解釈を取り、存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…が実在していると考え、その集合{M}を「神」と定義します。
 人間の心は要素の1つです。
 「神」は、あらゆる心の状態を体験しているという意味で「全知全能」です。
 個々の心が持てる情報をNビットとし、個々のビットが独立して「0」、「1」、「?」(=「0」+「1」)の3つを取り得るとすると、全部で3^N種類の心になります(N→∞)。

 2つの心MiとMjが、シュレディンガーの猫の「生きた状態を知覚した心」と「死んだ状態を知覚した心」のように矛盾する情報を持つとき、<Mi|Mi>=<Mj|Mj>=1(自分にとって自分の存在確率は1)ですが、<Mi|Mj>=<Mj|Mi>=0(自分にとって相手の存在確率は0)です。
 つまり個々の心Mi(i=0、1、2、3、…)は、「「存在する」と認識する視点に立てば「存在する」」、「「存在しない」と認識する視点に立てば「存在しない」」のダブル・トートロジーを満たしています。
 これを「半存在」と呼びます。
 こう考えると、「なぜ存在するのか?」、「なぜ存在しないのか?」という謎自体が消滅します。

 1人の人間である自分の心M1は、「なぜ自分の心M1は、「存在しない」ではなく「存在する」の方なのか?」、「なぜ自分の心は、他のM2、M3、M4、…ではなくこのM1なのか?」、「なぜ自分が住む世界の物理法則は、他の物理法則ではなくこの物理法則なのか?」、…等の謎を感じますが、「神」の視点に立てば、すべての謎が消滅します。
 「神」は全知全能であり、あらゆる○○○に対し、「○○○である」と認識する心と「○○○でない」と認識する心の両方を作っています。
 そして、「「○○○である」と認識する視点に立てば「○○○である」と認識する」、「「○○○でない」と認識する視点に立てば「○○○でない」と認識する」というダブル・トートロジーが成立しているだけです。
 「神」に謎は何も有りません。

 さらに、自分が体験しているのは1人の人間の心M1だけだと考えると、M1に対し「もっとこうありたかったのに…」という不満が生じます。
 実は自分こそが「神」であり、本当は存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…を平等に体験しているのだと悟れば、何一つ不満も無くなります。
 これが究極の悟りです。
 M0が完全な無意識状態「空」であり、M1、M2、M3、…が特定の有意識状態「色」です。
 すべての「色」を重ね合わせると、情報が打ち消し合って消滅し、「空」になります。
 M0=M1+M2+M3+…〔色即是空・空即是色〕。
 つまり「神」は、完全な「無」M0であると同時に、すべての「有」M1、M2、M3、…でもあります。

2 SB:2016/04/27(水) 20:08

 全知全能の「神」の定義について考えてみます。Amazon(KDP)による電子書籍『「神」を完全に解明しました!!(SB量子神学)《基礎論》』からの引用です。

 まず、特定の1つの状態として全知全能の「神」を定義しようとすると、解無しです。
 「神」を「○○○である」と定義すると、「神」は「○○○でない」を放棄し、全知全能でなくなってしまうからです。
 「神」が全知全能であるためには、「○○○である」と「○○○でない」の両方を満たさねばなりませんが、これだと矛盾が生じ、矛盾が生じるとあらゆる命題の肯定も否定も証明できてしまい、「神」とは何かを議論する事自体が無意味になってしまいます。

 これを超越する方法が1つ有ります。
 量子力学の多世界解釈です。
 「神」は、この世界で「○○○である」を、別の世界で「○○○でない」を実現し、両者は線形の重ね合わせであって互いに相互作用しないので、個々の世界に矛盾は無い、と考えれば良いのです。
 つまり「神」を、様々な状態の集合として定義することになります。

 「全知全能の「神」は、存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…を体験しているか?」と尋ねてみます。
 もちろんYESです。
 NOだったら全知全能とは言えません。
 つまり、「存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…を体験すること」は、全知全能の「神」であるための必要条件です。
 では、これ以外にも条件が必要でしょうか?
 それは不要です。
 仮にこれ以外に「○○○であること」が必要だと仮定してみても、結局これは、「「○○○である」と認識している心を体験すること」になるからです。
 従って、「存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…を体験すること」は、全知全能の「神」であるための必要十分条件です。
 そして全知全能の「神」の定義は、「存在し得るすべての心M0、M1、M2、M3、…を要素とする集合{M}」になります。
>>続きを読む

3 枕上 白痴:2017/04/06(木) 03:30

なんで、神学に量子をひっつけるかね
神は、いま、ここにいるので、解析するもの
ではない
神学とは、神がいる前提の学問なのに
今さら神がいるかいないか言われても

名前 メモ

全部読む/最新50

次のページ>>

スレ立てフォーム

題名:
名前: メモ:

スレッド一覧リロード検索サイトマップ先頭へ↑ RSS

最近のスレッド / 掲示板一覧
  1. 始まりと終わり(13)
  2. 哲学っぽいこと(12)
  3. 記憶=命? (5)
  4. (´・ω・`)y━・~~~ニーチェの哲学 (39)
  5. 世界には私たちの生きているこの世界以外の世界は存在しないのか (16)
  6. 誕生した時の地球と今現在の地球の重さって変わってるの??? (7)
  7. 芸術とはいったいなんなのか?? (18)
  8. 生命力とはいったいなんなのか? (10)
  9. >>スレッド一覧

[サイトマップ]

★新しくスレッド(話題)を作る
共有 シェアする?