世界が反転して君に会えたら .  

葉っぱ天国 > ポエム > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1:  ふうか  ◆.I hoge:2018/10/06(土) 10:00




  世界がくるっと反転して .
  もし君に会うことが出来たなら
          >>2


 

2:  ふうか  ◆.I hoge:2018/10/06(土) 10:04



  「 もしも君に会うことが出来るなら 」


  __°*


  ◎ポエムともいえないようなのを置いてく .
  ◎前スレはどっかいった .
  ◎レスとかそういうのはご自由に .

  *°__

 

3:  ふうか  ◆.I hoge:2018/10/06(土) 10:06



  __°*「 光 」


  ああほら、そこそこ
  見えるでしょう ?


  木々の隙間から見えたその光
  君に灯せるのなら .

 

4: 空 ◆0c:2018/10/06(土) 12:06




新スレおめですっ!
酉変わりました 、 空です( ˊᵕˋ )
実は前スレ少し目を通しておりました
ふうかさんのポエム良いと思います☺☺
これからも頑張ってください 応援してます

お邪魔しました!

            

5:  ふうか  ◆.I:2018/10/06(土) 12:55



  わああ空様だあああ !!!!!!!!
  ありがとうございます !!

  えっまじですか ..
  嬉しいです、 !!
  私も応援しております、空様大好きです !!

  本当にありがとうございましたッッ !!!!

 ( うるさいレス )

 

6:  ふうか  ◆.I:2018/10/06(土) 22:38



  空様へ !!

__


  貴方にはどれだけ頑張ったって届かないことは知ってる

  背伸びしたって貴方の存在は私にとって大きすぎた


  諦めがつくほど大きな貴方の存在に

  .. ___私は憧れてました 。


( 超絶大好きですよ !!
  ポエムも空様自身も !!

  私の憧れです )

 

7:  ふうか  ◆.I:2018/10/06(土) 22:43




  嫌

__


  貴方のことが嫌で嫌で仕方ない
  貴方に会うくらいなら消えた方がましだと死にたくなった
  けど死ぬことのできない私は嫌なやつ


  世界にさよなら出来ないのなら、
  終わらしてあげよう、私がこの手で 。


__

( 終ワッたセ界ヲ ?。)

 

8:  ◆.I:2018/10/07(日) 07:43



  手の中

__


  その弾けるような笑顔が見たくて、

  その輝くような白い歯が見たくて、

  その赤らんだ綺麗な頬を見たくて、


  何もかも全て全て自分のものにしたくて




  .. __全て、僕の手に 。


__

 

9:  まひろん  ◆.I:2018/10/07(日) 14:53



  ゆきどけ

__


  ゆきがとけて、はるがきた

  きらいじゃないはるのおとずれ

  はるはあたたかいからさ

  きらいじゃないよ

  らんらんってはなうたうって

  いいきもちね


__

 「 雪 .. ?、ふふ、大好きだよ 」

 

10:ふうか:2018/10/07(日) 17:42



  潤んだ
__


  「 なに、泣いてんの 」

  そんなことない、そう言おうとした時あたしは声が出ないことに気づいた

  出るのは嗚咽だけ。


  「 お前さ、泣いてる方が綺麗だよ 」

  なにそれ、全然嬉しくない

  なのに、君からあたしへ綺麗なんて言葉を投げかけてくれたから

  いつぶりだろう、あたしの瞳は潤んだ。

__

 

11:  ふうか  ◆.I:2018/10/07(日) 19:01



  愛愛愛

__


  愛したい
  あたしの愛しい愛しい貴方を愛したい

  愛したって足りないくらい愛してるの


  貴方が他に話しかけてるだけで許せないの
  お願い本当に愛してるの、ねえ


  愛しすぎて死んじゃいそう


__

  「 貴方のことが好きで好きでたまらない 」

 

12:  ふうか  ◆.I:2018/10/07(日) 22:36



  >>9、わかってくれた人いるかなあ ..
  わかってくれた人レスしてほしい( ちら )

 

13:  ふうか  ◆.I:2018/10/07(日) 22:40



  男

__


  「 理由なんてないよ ??
  たださ、君が

  あの夜、私じゃない貴方の親族でもないきっれーなお姉さんと、そう私みたいな色気もくそも何もないぺたんこじゃなくて色気むんむんの私と正反対のお、ね、え、さ、ま !!
  と、どこかに行ってたのたまたま見ちゃったからさぁ ??
  反省しろとか言ってないよ、私別に君の彼女でもなんでもないしぃ
  いやでもさそういう人が出来たら私にも声かけてほしかったというか ..
  そしたら私も諦めつくし .. 、あっ、なにもない今の間違い、!!!


  .. てことで、あの人だれ ?? 」


  あの人は俺の友達、男だよって言ったら君はどんな顔するんだろ


__

 

14: しぃ 。 ◆0c:2018/10/07(日) 22:43




>>12

縦読みかなとか思っちゃいました!
うわこれ間違えてたら失礼だごめんなさい(

            

15:  ふうか  ◆.I hoge:2018/10/08(月) 08:10



  >>14

  ひぃぃ !!
  あってます、あってます!!

  意味不明わろたとか思われてたらどうしようとか思ってたんですけどわかってくれてる人がいてよかったです 〜!!

 

16:  ふうか  ◆.I hoge:2018/10/08(月) 20:08



  あの日見た夢

__


  「 いかないで 」

  気がついたらそうつぶやいてた 、



  夢なんて久しぶりに見た気がする 。
  夢といってもほとんど記憶に残ってなくて、ぼんやりとした頭でふと思う

  なにをそんなに必死になって叫んでいたのだろう
  わからなくて顔を歪めた 。
  

  少しだけ覚えてたのは白い彼女の声、いかないでって言われた気がしなくもなかった


__

  「 置いていかないで、寂しいの 」

 

17:  ふうか  ◆.I:2018/10/08(月) 21:47



  欲しい

__


  欲しい、あのこが 。
  全て欲しい、心も体も 、


  私だけの、私の為に生きているようなそんな存在になってほしい

  私に依存してなにもかも考えられなくなってほしい


  いつも私は見てるよ、ねえ


__

  「 依存していたのは彼女だった話 」

 

18:  ふうか  ◆.I:2018/10/09(火) 21:46



  花束を

__


  「 花束を君に 。 」



  約束したよね、君が幸せになったら花束を送るって 。

  そして私が幸せになったら君が××してくれるって 。


  でもね私が幸せになることは多分、この先ないから 。



  だから私は君に花束を 。


__

 

19:  ふうか  ◆.I:2018/10/09(火) 21:48




  「 結婚おめでとう 」


__

( 空ちゃん900おめです !上のは気にせんでください 笑 )

 

20:  ふうか  ◆.I:2018/10/10(水) 22:17



  糸

__


  .. __ぷつん

  糸切れた 。


  君とあたしを繋いでた赤い紅い糸が切れた 。


  もう手元には何も残らない、
  強いていえば切れた残骸 。


  もう修復は不可能、


__

  「 あたしたちはお別れ 」

 

21:  ふうか  ◆.I:2018/10/11(木) 22:44




  いらないね
  いらないね
  いらないね
  いらないね
  いらないね

  なにもかも、いらないね

 

22:  ふうか  ◆.I hoge:2018/10/13(土) 23:46



  巻き戻せたら、私は一番に貴方のもとへ 。


______▽タイムリセット

 

23:  ふうか  ◆.I:2018/10/13(土) 23:47



  この暗闇、貴方が浮かびあがる


______◇灯る貴方の姿

 

24:  ふうか  ◆.I:2018/10/15(月) 18:21



  消えたいなんて

__


  「 消えたいなんて私が言ったから 」




  知ってた筈だったんだ、私がいらないこと
  消えないといけないこと。

  怖くて怖くて知らないふりしていつのまにか忘れてて、


  でも私はやっぱり必要なくて、


  さよならってする日最後にほんの少しの抵抗でばいばいって言ったから




  「 君が消えて私がここにいる 」


__


  いらないならさようなら

 

25:  ◆.I:2018/10/18(木) 23:02



  ぱいなっぷる

__


  ふわっと香る甘い甘美な。

  それは果汁が滴り、なんともいえぬ色鮮やかな、そう君。



  ぱいなっぷる !



  黄色く僕を惑わせて誘惑する、
  それ本当に危ういんだよ、やめてくれ


  そんな声が届くことなく君は誘惑をやめないようで


  じゅわっと口に果実の甘味が広がったと同時に罪悪感も薄れていった。


__

( ぱいなっぷるを一人で勝手にこっそり食べた男の子の話 )


いみわからん

 


書き込む 最新10 サイトマップ