マイソロ3アナザーストーリー

葉っぱ天国 > 上級者/自慢話 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:夢乃:2017/02/02(木) 14:16

小説を書かせてもらいます。
マイソロ3のその後です。

2:夢乃:2017/02/02(木) 14:22

設定

ライ.レディアント
右目はアメジストの色になっている。
ラザリスが右目に宿って居るからだ。
左目はサファイアの色になっている。
ラザリスは眠っている。
TOP〜TOBまでが登場する。

3:夢乃:2017/02/02(木) 14:31

第壱話 ルミナシアの救世主が帰還

ライ「皆ただいま〜」
カノンノ「え、ライ?」
ライ「カノンノ退いて。」
ドカン
カノンノ「ライ大丈夫?」
ライ「痛い、鼻にクレイヒット。」
カノンノ「お帰りライ。」
ライ「ただいま。カノンノ」

4:夢乃:2017/02/02(木) 14:37

第弐話 ラザリスと対話

ライ「なぁ。ラザリス。」
ラザリス「なんだ、ライ?」
ライ「今も、争いがあるのか?」
ラザリス「争いは、耐えない。」
ライ「そうか、その時には力を貸してくれ。ラザリス」
ラザリス「分かった。」

5:夢乃:2017/02/02(木) 14:56

第参話 ライとラピードの出会い

ユーリ「おーい。ラピード何処だ。」
ライ「どうしたの?ユーリ。」
ユーリ「お。ライ調度良いところに。ラピードを探してくれねか?一緒。」
ライ「ラピード?」
ユーリ「犬何だけど。戦えるんだ。コンフェイト大森林から戻って来てねぇんだ。」
コンフェイト大森林の奥
ラピード「ワン」
ライ「あの子がラピード?」
ユーリ「ああ、そうだ。」
ラピードが、ライに飛び付く
ライ「うわ。」
ユーリ「おい。大丈夫か?」
ライ「あははラピードくすぐたいよ」
ユーリ「ライにラピードが懐くなんて思っていなかった。」
依頼達成

6:蒼月 空太◆eko:2017/02/02(木) 18:29

小説板で書いたらどうですか?

あとほぼ台詞だけになっているのでこう書くのをオススメします。そして台本書きなので小説書きに直すことをオススメします。





「あの子がラピード?」

「ああ、そうだ。」

ユーリが自信満々に答えて、ラピードの元へ向うと、ラピードは、いきなりにライに飛びついた。


書き込む 最新10 サイトマップ