【 非募集 】 Youth! 【 専スレ 】

葉っぱ天国 > 恋愛なりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:  Let's専スレ!  ◆R/Q:2015/02/11(水) 21:18



非募集、専スレな為参加希望及び葵ちゃん、七緒ちゃん本体さん以外の書き込み禁止です!

ROMは良いけど書き込み駄目だよ、カキコ駄目絶対!


>>2は葵ちゃん、七緒ちゃん本体さんに贈る言葉があります、だからレス禁!
 

2:  Let's専スレ!  ◆R/Q:2015/02/11(水) 21:21



贈るー言葉ー、なんて某3-B先生のドラマの歌を意識した訳じゃないかんね!


安価は無しでも全然良いよ、1:1スレみたいな物だあらね。
ロルも有無長さ自由、けど行動がわかる範囲でw、

いくらレス遅れても返すよ! 極端に言えば一年後とかでm(((
暇だったり、レスしたかったり、取り敢えず都合の良い時に返してくれれば!

あとねあとね、別に誰で絡んでも良いのだよ、そんな恋愛ばっかじゃ疲れちゃうもんね。


こんなトコかな、一応>>3-4にpf貼っとくねー!
 

3:  Let's専スレ!  ◆R/Q:2015/02/11(水) 21:24



>>3は神月君の方のpfですん、


「 ん、俺? 俺は神月 弥代。俺の家神社だからさ、お参りおいで! 」

「 キミさ、どこのクラス? 何て名前? 」

「 いやね、俺って案外純粋なんだよ 」

名前: 神月 弥代  - Yashiro Shingethu -、

性別: 男、

年齢: 15歳 / 中学三年生、

性格: 一言で表すのなら、度を超えた女の子好き。校内で見た事が無い女の子に出会えば取り敢えず名前とクラスを聞くほど。だが本人曰く、「 女の子は好きだけど恋愛とか結婚とかとなると違う 」だとか。常にヘラヘラしている様な感じだが意外と根は真面目。ちゃんと自分の神社始め神様は信仰している様子。よくナンパっぽい事もするが宣伝もする。恋する男の子を見かけたら「 ウチはちゃんと成就するからね 」と声掛けする事もしばしば。

容姿: サラッとした黒髪のショートカット。如何にも毛を染めそうな性格なのだが黒髪。前髪は毛先が目にかかる程度の長さで、それをほんの少し右にながしている。目はつり気味、瞳は黒。良く「 ほら俺って格好いいし 」と男子に自慢している姿が見られるが実際事実。顔面偏差値は平均より高め。
意外にも制服はきっちりと着ているが流石にシャツの第一ボタンは外し、ネクタイも少しだけ緩めている。家ではよく神社の神主さんが着ている袴でよく竹箒を持って掃除をしている。買い物、友達と出かける等の時はシック系を良く着ている。身長は178cmと少し高め、体重もそれに見合う程度。

学年、クラス: 3-D、

委員会: 飼育委員、

部活: 弓道部部長、

備考: 一人称「 俺 」、二人称「 お前 / 苗字呼び捨て ( 男子 ) 」、「 キミ / 名前+ちゃん ( 女子 ) 」
上記の台詞にある通り家は神社、しかも恋愛成就の神社である。意外と評判は良く、年々参拝者は増えて行っている様子。神社名は『 恋叶神社( れんきょう ) 』。そのまんま。
飼育委員に立候補したのは家で毛並みが真っ白な色の犬を飼っている為、学校の白いうさぎに親近感を覚えたそう。
二つ下に神月 なぎさという妹がいるのだが、過保護過ぎて若干シスコンに見えてくる。がしかし、決してシスコンではない。誕生日は1月1日。
好物は半熟の目玉焼きと甘酒。目玉焼きは醤油+塩胡椒派らしい。因みに好きなタイプは" 美味しい目玉焼きを作れる子 "。
勉学は平均値、しかし地理、歴史といった社会全般、国語は強い。運動は得意な方。

 

4:  Let's専スレ!  ◆R/Q:2015/02/11(水) 21:26



>>4はなぎさちゃんのpfだよん、


「 えっと、神月 なぎさです! 家は恋愛成就の神社なので、是非お参り来て下さい! 」

「 お兄ちゃん、黙ってれば格好いいのに... 」

「 この服、似合うかな? 黒って滅多に着ないから 」


名前: 神月 なぎさ  - Nagisa Shingethu -、

性別: おにゃのこ、

年齢: 13歳 / 中学一年生、

性格: 明るく素直、しっかりしていてどこか心配症な所もありの殆ど優等生と言える。但ししっかりしているのは兄が残念な所がある為が原因で、気付いたらなっていた的な。しかしやはり兄妹、自分の神社の宣伝をたまにしてしまう。だが中学生は恋するお年頃、それもあってか良く女の子が神社にお参りに来る事も。自分大好き、ついつい自慢してしまう兄の性格には似ずどこか奥手。少し自信無さ気な面も。礼儀正しく、先輩後輩等の上下関係を重んじている。だからか向こうが年上の場合、タメ語を許すまではちゃんと敬語。真面目系だが季節のイベント等は好きな様子。学校の文化祭等には進んで実行委員をやったりお祭り等は必ず浴衣を着ている。

容姿: サラッとした黒髪を胸辺りまで伸ばし、学校時はポニーテイルにしている。休日はおろしている事が殆どだが、夏は暑いのかポニーテイル。因みに髪ゴムは赤。前髪は兄と似た様な毛先が目に少しかかる程度の長さなのだが、そこは逆でほんの少し左に流している。目は若干たれていて、瞳の色は黒。
制服はきっちり着るタイプ。ブレザー型の為ネクタイもちゃんと締めていればボタンも外していない。
私服は白いカーディガン、膝より少し上のスカートにハイソックスがデフォ。家にいる時はたまに巫女服着てる。私服で黒を着る事は滅多に無い。身長は162cm、体重はそれに見合う程度なのだが着痩せするタイプらしく少し痩せて見える。

学年、クラス: 1-A、

委員会: 学級委員、

部活: 吹奏楽部、

備考: 一人称「 私 」、二人称「 貴方 / 君 」、「 苗字+君 / 苗字+先輩 ( 男子 ) 」、「 名前+ちゃん / 名前+先輩 ( 女子 ) 」。たまに男子に対して名前+君。
上記の台詞にある通り家は恋愛成就の神社。神社名は『 恋叶神社 ( れんきょう )』とそのまんま。それなりに評判は良く、年々参拝者は増えて行っていて、毛並みが真っ白な犬を飼っているそう。
女の子好きな兄が二つ上にいて、兄への呼称は「 お兄ちゃん 」。部活ではアルトクラリネットを担当。
好物は和菓子らしく、特に胡麻羊羹が好きだとか。好きなタイプは" あんなお兄ちゃんでも仲良くしてくれる人 "。ブラコンでは無い全く。
勉学に置いては平均より少し上、運動は平均値。
誕生日は7月26日。家庭的な面もあり、料理、裁縫等は得意。因みに料理で一番得意な物は兄の好物という事もあってか目玉焼き。というか卵料理が得意。裁縫は和裁、洋裁共に出来るそう。




レス禁かーいじょっ、pf貼るなり来たよー、とでも書くなり何でもしていーよ!
 

5:◆ZE:2015/02/11(水) 21:31

【やっほー
| |ω・`)キタヨ| |´・ω・`)キタヨ| |(`+・ω・´)キチャッタヨ♪】

名前:柴崎 葵 しばさき あおい

性別:男

年齢:15歳

性格 :不運でだったりドジでだったり体の所々に怪我がある。 名前が女っぽいのネタに笑っていることもあって大雑把で細かいことには気にしない。困っている人がいたら助けたり、頼まれたら断らないなどのお人好し。見て見ぬフリができなかったり嘘はつけない性格。

容姿 :ボサボサの茶髪で長さも耳にかからない程度に短く、染めるのに失敗したのか毛先が黒い。目の色は焦げ茶色でつり目気味。制服は着崩していて、先生に注意されることもある。私服は柄物が多く特にチェック柄が多い。身長は172cmと少し高め。

学年:3ーD
部活動:男子テニス部部長
委員会:図書委員
備考:一人称「俺」、二人称「女の子/〜さん、〜ちゃん」、「男/名前呼び捨て」
家は食事処をやっていて、その手伝いをよくしているので料理は得意なほう。

6:◆ZE:2015/02/11(水) 21:32

【んでもう一人(・x・ノ)ノ⌒ポイッ】

名前:柊 七緒 ひいらぎ ななお

性別: 女

年齢: 14歳

性格: ルールやマナーは守る真面目で思ったことは誰が相手でもハッキリ言う気の強い性格。チャラチャラしたギャルとかは苦手であまり人混みの多い所は行かない。ギャルじゃなくても行儀の悪い人は苦手。怒る時は静かに怒るので人や物に当たったりはしない。

容姿: 黒髪で前髪を目の上辺りで揃えて切っている。暑い日にはポニーテールなど髪を上げるが大体は耳の下で二つに結んでいる。休みの日には髪を解いて赤縁の眼鏡をかけている。髪の長さはもう少しで腰に届くくらい。目の色は少し緑がかった黒で形はつり目で大きい、所謂アーモンドアイ。制服は真面目なので着崩ずことなくちゃんと着る。ズボンは履かない主義で私服は黒いタイツ+深い色のスカートなどがデフォ。そのうえに黒や灰色のカーディガンやセーター着たりしていることが多い。

学年: 2ーB
委員会: 福祉副委員長
部活動:吹奏楽部
備考:一人称「私」、二人称基本「貴方」、付き合いの長さによって変えている。部活ではホルンを担当している。

7: 神月 弥代  ◆R/Q:2015/02/11(水) 21:37



>>5-6、

お、いらっしゃーい!( にこっ、 )
ごめんねー、俺の本体が半なりしてみたいらしくてさ、( 眉下げ、 )

初回とかどっちが回す? やっぱり俺が回した方が良いかな??( 首傾げ、 )
 

8:柴崎 葵 ◆ZE:2015/02/11(水) 21:42


どーもどーも、おじゃましてまーす

初回はそっちからお願いしまっす!!

9: 神月 弥代 ◆R/Q:2015/02/11(水) 21:47



>>8

神月君了解したよ!( びしっ、 )

何度も聞いちゃってごめんね、どんなシチュエーションが良い?( 首傾げ、 )

あ、あとね、なぎさと葵ちゃんに至ってはLINEでやってた時の後にするか、とも聞きたいかも。

10:柴崎 葵 ◆ZE:2015/02/11(水) 21:51


>>9

んじゃあ下校時で!

なぎさちゃんと葵ちゃんのLINEのやつはリセットで!←

11: 神月 弥代 ◆R/Q:2015/02/11(水) 21:53



>>10

了解だよー!( 再度びしっ、 )

リセットね、おっけー!( 手で丸作り、 )
此方のシチュエーションはどんなのがいいかな?


神月君の方は次レスで出しとくね、
 

12:柴崎 葵 ◆ZE:2015/02/11(水) 21:56


>>11

ありがとーございます!(びしっ)

授業の休み時間とかどうすか?

おkです!

13: 神月 弥代 ◆R/Q:2015/02/11(水) 21:58



つっかれたー、もう帰ってなぎさに癒されたいよー...

( 太陽が沈み始める頃の夕暮れ、校内にて。彼は学校と部活での疲労か疲れた様子で昇降口へと向かっているのか学校規定の通学鞄持ち校内の廊下を歩いていれば上記呟いて。その呟きは一歩間違えば違法とも伺える、 / ェ、 )
 

14: 神月 弥代 ◆R/Q:2015/02/11(水) 21:59



>>12

神月君優しいからね、どんな無茶振りでもばっちこいだよ!( ふふん、 )

休み時間ね、りょーかいだよ!、
 

15:柊 七緒 ◆ZE:2015/02/11(水) 22:03


神月先輩、相変わらずのシスコ…おっと妹好きですね。

(少し危ない発言のする先輩に引くこともなくシスコンと言いかけたところ、口を手で押さえてそっぽを向き言い直して)

16: 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/11(水) 22:05



...、よしっ、

( 一時間目が終わり、校内の廊下が生徒達の話し声で騒ぎ出す頃、三年教室前廊下にて。彼女は兄の忘れ物でも届けに来たのか一つのビニール袋を持っており。やはり三年生の教室があるフロアに来るのは緊張するのか覚悟を決めた様で上記の様に小さく呟けば兄のいるクラスの前に来て、
 

17: 神月 弥代 ◆R/Q:2015/02/11(水) 22:09



んー? その声は可愛い可愛い七緒ちゃん!

( 疲れた様子は何処に行ったのか、相手の声聞けば元気良く上記言い、笑顔で相手の方振り向けば相手がそっぽを向いていた為相手の言葉思い出し、「 神月君はシスコンじゃないよ、だから言い直した事はあってるかもね! 」と何故か自慢気に述べ、 )
 

18:柴崎 葵 ◆ZE:2015/02/11(水) 22:11


お、なぎさちゃんじゃん。
こんなところに来るなんて珍しいね
(何やら真剣な面持ちで自分のクラスの前にいるなぎさが気になり、彼女と彼女の手にあるビニール袋とを交互に見ながら兄の弥代に用があるのだろうかと思いながら上記を言い)

19:柊 七緒 ◆ZE:2015/02/11(水) 22:15


どうも、どんな女の子にも平等な神月先輩

(笑顔で可愛いを言う先輩に対し、誰にでも言ってるのを知ってるからか少しばかり冷たい目で、そして何故か誇らしげな様子を不思議に思いながらも淡々と言い)

20: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/11(水) 22:24



  弥代、

何々、七緒ちゃんが自分から声掛けてくるなんて珍しいな、神月君と話したくなった?

( 冷たい視線にも動じずいつも通りの自慢気な態度でニコニコしつつ上記言えば「 七緒ちゃんってツンデレさんなんだねー 」と一人で納得しており、 )


  なぎさ、

....、柴崎先輩...? ちょっと兄に用がありまして

( 相手に声掛けられれば一瞬反応遅れ、相手の名前口に出せばハッとし、此処に来た用事言えば「 先輩は何で? 」と相手が廊下に来た理由尋ね、 )
 

21:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/11(水) 22:36


七緒

いえ、神月先輩が女の子連れてないなんて珍しいと思っただけですので

(ニコッと一瞬笑った後右手を顔の前でパタパタと振り若干失礼なことを言うと、「それと私ツンデレではありません」と相手の言葉を否定し)




ちょっと知り合いと話してて、なぎさちゃん見つけたから来ちゃった。

(壁に寄りかかり微笑みながら上記を言い。「お兄さん呼んでこようか?」と三年の教室に入りづらいだろうと思い聞き)

22: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/11(水) 22:44



  弥代、

神月君はいつも女の子と一緒な訳じゃないよー、

( 相手の言葉を否定すれば「 俺、部活は真剣にやりたいんだよね 」と笑み浮かべ言えばツンデレ否定をする相手に「 じゃあツンツンしてるだけ? 」と尋ねてみて、 )


  なぎさ、

あ、えっと...その知り合いさんは良いんですか?

( " 知り合いと話してて "という言葉聞けば申し訳なさそうに上記尋ね、" 呼んでこようか "と言われれば「 大丈夫ですよ、柴崎先輩に申し訳ないですし 」と微笑み浮かべ、 )
 

23:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/11(水) 22:58

七緒

……意外です

(女子と部活のことに関し唖然とした表情で上記を言い驚いてたからか少し遅れてハッとした表情を浮かべてから「ツンツンしているだけです」と目線を少しそらすと)




いいのいいの、ちょうど話一区切りついたとこだったし

(申し訳なさそうな顔のなぎさを見て気にしないでとでも言う風に手を振ると、断ったなぎさに対し「じゃあそれどうするの?」とビニール袋を指さすと)

24: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/11(水) 23:06



  弥代、

そりゃあ女の子から声援貰えたら嬉しいけど、部活中はちょっとなー、って感じ。

( ちゃっかり" 嬉しい "と言ってはいるが集中力を要する部活、部活中は嫌、という事を遠回しに言い。目線逸らす相手に「 じゃあデレれればツンデレさんになれるね! 」と若干方向性が違う事言い、 )


  なぎさ、

そうですか、それなら良かったです

( 安心した様に微笑み浮かべ上記言えば相手の問いには「 本当は今日渡さなくても大丈夫な物なんです 」と家に帰ってからで大丈夫、という事を遠回しに言い、 )
 

25:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/11(水) 23:15

七緒

意外と真面目なんですね。でも、やっぱり嬉しいんですね。

(目線は逸らしたまま少しムッとした顔で言うと「貴方にデレたりはしませんよ」と逸らした目線を戻して少し睨むかのような目と言い方)




でも、渡すのは速いほうがいいんじゃない?

(微笑みを浮かべる相手にまた微笑み返すと、大丈夫という相手に対し食い下がるように言って)

26: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/11(水) 23:23



  弥代、

意外と、じゃなくて完璧に真面目だよ俺!

( 嘘つけ、と言える上記を至極真剣な表情で言ってのけ。「 えー、デレてよー 」なんて子供がおねだりをする様な雰囲気出し、 / おい、 )


  なぎさ、

そうですかね...?

( 相手の言葉聞けば( そうなのかな、 )と内心思い首傾げ上記言いつつもその後、「 でも本当に大丈夫な物なんだよね 」なんて無意識に呟いており、 )
 

27:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/11(水) 23:31


【七緒ちゃん夢も希望もないwwww】

七緒

神月先輩にも良いところあったんですね

(口を押さえ控えめに少し笑うと手をどかし普段の表情で「これでいいですか?」と首を傾げ本人的にはデレたつもりで←)




あー、ごめんね
無理強いはするつもりじゃなかったんだけど

(無意識の呟きが聞こえ、ちょっと気まずそうに頭をかきながらもう一回「ごめんね」と謝り)

28: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/11(水) 23:39



【 夢と希望持とうよ! きっと楽しいよ!!w、】

  弥代、

あるよ!? 良いトコだらけだよ俺!

( 驚いた様子で上記言えば相手の渾身のデレを見、「 それデレって言うのかな... 」と真剣に考え始め、 / ェ、 )


  なぎさ、

...え、あ、言っちゃってましたか?

( 相手の発言を聞けばやっと気付き、申し訳なさそうに上記尋ね。その後「 でもありがとうございます 」なんて礼述べぺこり、 )
 

29:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/11(水) 23:52


【はーい!ww
七緒ちゃんが思ったより冷たくなったwwww】

七緒

そうでしたね。
なんでしたら今神月先輩の望むデレをやってあげますよ?

(顎に手を当て頷きながら肯定すると、デレを真剣に考え始めた先輩を少し憐れんだのか首を傾げながら上記を述べ)




いやいや、こっちが勝手に言ったことだし、ね?

(礼を述べた相手に対しほほえましい気持ちになりながらも、申し訳なさそうにするなぎさに「気にしないで」と頬をかきながら言って)

30: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/12(木) 00:00



【 でも神月君にはこんな子が良いよねwww、】

  弥代、

うーん、デレって何かこう、意図的にやる事じゃないと思うんだよね、

( 元々の彼の持論なのか先程考えた結果なのか、顎に手当て考える動作すれば相手の問にそう返事し。その後「 七緒ちゃんが自然にデレてくれるよう神月君これから頑張っちゃうよ 」と若干口説き紛いな事言い、 )


  なぎさ、

優しいですね、柴崎先輩

( 相手の言葉聞けば微笑み浮かべ上記言えば「 兄もこんな優しい人が友達で喜んでると思います 」なんて付け足す様に、 )
 

31:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/12(木) 00:15


【 さいですかwwwww 】

七緒

えー?折角何かやってあげようという七緒ちゃんの思いやりが踏みにじられた―

(えーんえーんとバレバレな嘘泣きをしたあと口説きまがいな言葉を聞いて「まあ頑張ってくださいね」と応援の言葉をかけどこからか出した白旗をパタパタと振り)




ありがとう、なぎさちゃん

(ハハハと笑いながら上記を言い、付け足された言葉に「そうだといいけどなぁ」とナンパをしまくる弥代を思い出して微妙な気持ちになりながら)

32: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/12(木) 00:21



【 (・ω・(ヾ)YESw、】

  弥代、

じゃあその思いやりをデレじゃなくて他の事に使って欲しいな!

( 相手の思いは無下にしないタチなのか自分に対してか、他の人に対してなのかは不明だが笑顔浮かべ上記言い。応援の言葉貰えば「 うん! 」と笑顔で頷き内心( その白旗どこから出したんだろ... )と思いつつ、 )


  なぎさ、

どういたしまして、ですかね

( 先輩相手にこんな事を言うのも上から目線の様で失礼な気もしたのだが上記言い。" そうだといいけどなぁ "と言う相手の言葉には「 きっとそうですよ! 」と満面の笑みで、 )
 

33:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/12(木) 00:29

【 なんか弥代くんかわいそうwww 】

七緒

じゃあまずこれを差し上げます

(鞄をゴソゴソと漁ると黄色のシンプルな袋に入ったクッキーを取り出し先輩の腕を握って手の上にのせ、「あ、これも差し上げます」と白旗もつけて)




なぎさちゃんは優しいねー

(満面の笑みで上記を言いながらなぎさの頭を撫でて、)

34: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/12(木) 00:34



【 d(*´Д`*)ゞソゥ?、】

  弥代、

うん、ありがとねー、

( 手の上に乗せられたクッキー見れば嬉しそうに礼述べ。その後付け足された白旗見れば「 ...白...旗....? 」と不思議そうにじっと白旗見つめ呟き、 )


  なぎさ、

もしかしたら兄に似たのかもしれません、

( " 優しい "と言われれば女の子にだけは優しい兄思い浮かべ上記言い。撫でられる事にはどこかくすぐったそうな様子で素直に撫で受け、 )
 

35:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/12(木) 00:44


【 なんかwww、そして七緒ちゃんフリーダムwwwww 】

七緒

どういたしまして
白旗は私をデレさせるのをあきらめた時用にお持ちください。

(お礼に対しての返答をした後、白旗を不思議そうに見つめる先輩をじっと覗き込みながら何故渡したのかの説明をしながら今度は『ビクトリー!』と書かれた扇子を取り出して)




あー、なるほどー
だけどあんなに異性に声かけまくっちゃダメだよ

(フェミニストな弥代を思い出して苦笑いした。そのあと撫でるのをやめて少し屈んで手で小さく×をつくりながら上記を述べ)

36: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/12(木) 00:55



【 まさかの乙哉くんフラグ?w←、】

  弥代、

む、神月君は諦めないよ!

( 白旗を渡した理由を聞けばむっとした感じで諦めないという旨言い。取り出した扇子見れば( 色んな物出てくるなぁ.... )なんて思い、 )


  なぎさ、

あの...まさかクラスの女の子にまで声掛けてないですよね?

( 兄が女の子に良く声を掛けている事は知っているが流石にそこまではしないだろう、と思っていた様だが相手の言葉にまさかと思い、上記を聞きづらそうに尋ねてみて、 )
 

37:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/12(木) 01:03


【 ないないwww似るかもだけどwwwww 】

七緒

まあ、精々頑張ってください

(先輩に対し失礼かな?とも思ったが、神月先輩だしいいかと考え扇子を仕舞うと水筒を取り出し飲むとハァーとため息をつき)




俺のクラス?それともなぎさちゃんのクラス?

(尋ねてくるなぎさに対し自分の後ろと自分を指さした後、なぎさを指さして逆に聞いて)

38: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/12(木) 01:12



【 主に色々取り出す辺り←、】

  弥代、

でも神月君、一人の女の子に熱入れるのもなぁ...

( 外から聞けば『 何だ此奴 』と言える発言だがそれは彼だからこそ言える上記であり、『 恋愛とかは別 』だと考える彼は女の子皆に平等で無くてはならないとか考えているらしい上記言い、 )


  なぎさ、

えっと、柴崎先輩のクラスで、ですけど...

( 逆に聞かれれば相手のクラスだと言う事答え、途端に兄の事が将来的に心配になってきて、 / ←、 )
 

39:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/12(木) 01:18


【 ねーwww 】

七緒

じゃあ一生結婚できませんね?どうすんです?

(女好きの彼にそれが耐えられるのかどうか心配になりながらもまた水筒を飲みため息をつき、しかし彼らしいが面倒くさいなーと思いながら)




んじゃあ全員だな!

(笑顔で上記を言いながら「だって弥代最低でも学年全員には声かけてるから」とハッハッハと笑いながら)

40: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/12(木) 01:25



【 乙哉くんフラグ←、】

  弥代、

いやいやいや、一生独身は流石にダメだよ、うん

( 結婚したいしたくない云々の前に神社の跡取りの癖して跡継ぎ無しってどうなんだとかを随分前から考えていたのか焦った様な口調で上記言い、 )


  なぎさ、

ぜ、全員....

( 一クラスと言えど二十数人はいるのが普通、相手の答え聞けば苦笑いと驚きの中間の様な表情し。その後" 学年全員には "という言葉聞けば「 ...大丈夫かなお兄ちゃん 」と本気で心配している様な声で呟き、 )
 

41:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/12(木) 01:34


【 ですねーwwそろそろ寝る時間だわーおやすみゃーじノシ 】

七緒

いいお嫁さん見つかるといいですね

(焦る様子に少し驚きながらもだんだん笑えてきたのか微笑みながら上記を言ったあとも笑いが止まらないのか口を手で押さえて肩を震わせて)




他の学年は知らないけど、安心してよ弥代はほかの学校の人には声かけてないから

(弥代の女の子に声かける様子をずっと見てきてなれたのか、いつもの調子と変わらずにしゃべって)

42: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/12(木) 01:41



【 おやすみー、良い夢見てねー!、】

  弥代、

そこ笑わない! 俺にとっては大分大事な事なんだよー...

( 肩震わせる相手見ればびしっと相手指さし指摘して。割と真剣な具合で未来のお嫁さんが見つからなくなるであろう事に落ち込んでいるのか深いため息つき、 )


  なぎさ、

そうなんですか....?

( 相手の言葉に若干安心しつつ聞き返す様に上記言い。その後少し笑み浮かべ「 私、お兄ちゃんの妹なのに柴崎先輩の方がお兄ちゃんの事詳しい気がします 」と付け足す様に、 )
 

43:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/12(木) 20:33

【 もうそろそろバレンタインですねー 】

 七緒

ごめんなさい、でもそんな悩んでるなんて思わなくて

( 指さされた後も笑いが堪えられなく、震えた声で上記を言い。先輩の真剣な顔を見るとおさまってきたのか、目に溜まった涙を指で拭うと深いため息をつく先輩に「You can make it!」とグッと親指を立ていい )


 葵

そうか?、俺は家に居るときの弥代を知らないし、やっぱなぎさちゃんのほうが詳しいんじゃない?

( 自分が付き合っているのはあくまで学校での弥代で、神社など他の場所での弥代を見たことないのを思い出しながら腕を組み、首を傾げ )

44: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/12(木) 21:46



【 何かやっちゃう? やっちゃう??( / ←、 )、】

  弥代、

だって俺、跡継ぎさんだしそれからの事も考えなきゃいけないんだよ?

( 相手の言葉に悩まなければいけない理由を返し「 うん、ありがとね 」と嬉しそうに述べ、 )


  なぎさ、

確かに学校以外はいつも一緒みたいな感じですからね...

( 相手に言われれば顎に手当て考える動作すれば兄と一緒に居る時間だけを考えれば自身の方が多いのかもしれない、と考え付けば上記述べ、 )
 

45:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/12(木) 22:21


【 もちろんっすよ! 】

 七緒

…そういう真面目なところ見せたら、普通にモテルと思うんですけど

( 意外と普通の理由だったのにびっくりして、今日は驚くことが多いなぁと考えながら嬉しそうな先輩を見て、 )


 葵

どっか出かけても弥代って見かけないからな

( 顎に手を添えて考える素振りをし、人混みや女子の多いところにもいなかったなぁと思いながら )

46: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/12(木) 22:33



【 どんなのやるー?、】

  弥代、

神月君は今普通にモテてるしこのままで良いんだよー、

( 胸張り自慢気に上記言えば「 これ以上モテちゃったら神月君困っちゃう 」なんて困った様に眉下げ、)


  なぎさ、

お兄ちゃんって基本、休みの日ってどこも出歩かないので....

( 相手の言葉に上記の様に返答すれば誤解されてはいけないとでも思ったのか「 別に引きこもりとかそんな感じじゃなくて 」と付け足す様に、 )
 

47:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/12(木) 23:13


【 普通にチョコどうぞーっていうwwひねりもなんもないやつwwww 】


 七緒

でも、私は真面目なほうが好感持てるんですけど。

( 首を傾げ残念そうな声色で言い、困った様子の先輩に、「いつも真面目になってくれません?」と聞いて )


 葵

へぇー、てっきりナンパにくりだしてるかと

( 付け足された言葉に「そんなの最初から考えないよ」と答えるが、違う方向に考え )

48: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/13(金) 00:02



【 おけいwwww、】

  弥代、

うーん、七緒ちゃんの為ならどんな神月君にもなれるけどー...

( 此方も困った様子で上記述べ、「 ほら今のままの神月君を求めてる女の子もいる訳だし 」とやはり皆に平等の信念を貫いているらしく、 )


  なぎさ、

いつも境内の掃除してるんですよね、

( 上記言い天井見上げればどんな日もせっせと竹箒を持ち掃除をする兄の姿思い出せば自然と微笑み、「 そうですよね、 」と相手の方に顔向け、 )
 

49:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/13(金) 00:12


【 わーい! 】

 七緒

神月先輩は優しいですね。

( 俯いた後穏やかな表情で前を向き微笑むと、「それと同時に酷いですけど。」と付け足しさらに笑いながら、歩く速度を少しはやめ )



 葵

あんなチャラいけど、根は真面目なんだなw

( なぎさの微笑みから嘘ではないのだろうと予測するが、弥代の境内の掃除をしている姿が想像できなくて複雑な気分になりながら )

50: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/13(金) 00:18



【 って事はなぎさちゃんの持ってるビニール袋って中に手作りチョコとk(((、】

  弥代、

あぁでも、七緒ちゃんが俺の" トクベツ "なら話は別だけどね?

( にっこりと笑顔向け上記言えば付け足しには「 神月君酷くないよー 」と相手の歩く速さに合わせる様に此方も速度速め、 )


  なぎさ、

根は、ですけど

( まるでここが重要、という様に少し強調して言えば「 今度見に来てみますか? 」なんて宣伝なのか何なのか誘ってみて、)
 

51:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/13(金) 00:26


【 まじですかいwwww 】

 七緒

 でもその様子じゃトクベツにはなれてなみたいですね。

( にっこりと笑顔な先輩にポカンとしながらも、すぐに呆れたように肩を竦め笑いながら「女の子全員平等は酷いですよ」と先輩を指さしからかうような声で言い )


 葵

 表面はそうでもないってか?

( クツクツと笑いながら、「いいねそれ、行ってみよ」と面白がって相手の誘いにのり )

52: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/13(金) 00:34



【 それでもいいよー、みたいなw、】

  弥代、

実は神月君、この中学三年間初恋もまだなんだよねー、

( 「 だから" トクベツ "になった子もいないよ 」と依然笑顔で意外な事を言ってのけ。「 恋人とか、そんな感じじゃ無いのに一人をトクベツ扱いの方が酷くない? 」と首傾げ、 )


  なぎさ、

言っちゃえばそう言えますね、

( 上記を苦笑い浮かべ言えば「 でもお兄ちゃん、柴崎先輩居るのがわかればいつもの調子になると思います 」とこっそり来た方が良い、という事を述べ、 )
 

53:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/13(金) 00:42


【 ワロタwwwwwwww 】

 七緒

じゃあ先輩で初心だったりするんです?

( 「それもそうですねー」と気だるげな雰囲気で答えると、笑顔で「トクベツ」などをサラリと言うのを聞いてなさそうだなー、と思いながらも尋ね )


 葵

 なーんだ折角面白いところ見れそうだったのになー

( いつもの調子になると聞くと近くの椅子に座りつまらなさそうに肘をつくと、声を出しながら伸びをし )

54: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/13(金) 00:51



【 ワロタなんです?wwww、
  ところで少し聞きたいw、】

  弥代、

初心だよ、神月君根っからの初心だよー

( 笑みは崩さず上記をサラッと言えば「 そういう七緒ちゃんはどうなの? 」と聞き返し、 )


  なぎさ、

お兄ちゃん疎い所あるから簡単には気付かないと思います、

( 相手の様子見れば少し考えれば上記述べ。「 結構気付かないものですよ 」と微笑み浮かべ、 )
 

55:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/13(金) 00:57


【 ほいほーい!なんでしょう? 】

 七緒

初心なほうですよ?初恋は小学の先輩でとても憧れてましたねー

( こちらもニコッと笑うと平気な様子で言い、顎に指を添えて何故か初恋の人までしゃべり )


 葵

 お、本当?じゃあ今度の休み行ってみよー

( 欠伸をかみ殺したところになぎさからの情報が入り、また意気揚々と動き出し「教えてくれてありがとー」と礼を述べ )

56: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q hoge:2015/02/13(金) 01:02



【 降川 水斗( ふりかわ みなと )って名前、男の子だと思う? 女の子だと思う?、】

  弥代、

お、小学校で先輩に恋するなんて七緒ちゃんもやるねー

( 初恋もまだな癖に悟った様な口ぶりで上記言えば「 クラスの人は殆ど同級生好きになってたからねー 」と数年前思い出し、 )


  なぎさ、

是非いらして下さいね、

( 微笑み浮かべつつ何処の勧誘か、の如く上記言えば「 いつものイメージとは真逆だと思います 」なんて苦笑して、 )
 

57:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/13(金) 01:10


【 男の子だとおもうけど? 】

 七緒

 おませちゃんだったんです。それに気配りができる年上に憧れてて、

( 初恋まだでしょうと思いつつも色んな女子を虜にしてきたのだから、案外恋には詳しいのかもしれないと思い )


 葵

行く前の楽しみが増えるな〜

( 弥代も勧誘に似たことをやってるのを思い出して、やっぱり兄弟だなって心の中で頷きながら )

58: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/13(金) 01:16



【 よっしゃ←、
  女の子なんだねーw 寧ろ男の子だと思ってくれて良かった←、】

  弥代、

そっか、じゃあその先輩君は出来る人だったんだね

( 相手の言う事から見れば余程凄い人だったのだろう、なんて考えればおぉ、と感心する様に上記述べ、 )


  なぎさ、

結構見てるだけ、というものも楽しかったりするんですよね、

( いつもとは違う誰かを見ているのは楽しい、と思っているのか楽しげにくすくすと笑い、右手で口元隠せば上記述べ、 )
 

59:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/13(金) 01:26



【 およww「と」ってあるから男の子かとwww
  そして七緒ちゃん暴走www← 】

 七緒

それはもう顔も良くて勉強も運動もできてリーダーシップもあって、委員会も一緒だったんですけどそこでも情けないですけど助けてもらったり、本当非の打ちようがない人でフェミニストっていうんですかね、女子を大切に扱うんですよ。それが見ていても分かるくらい行動に表れてて

( 頬がいつもより赤くなっておりその頬を両手で包み、いつもより興奮した様子でしゃべり )


 葵

 それ、俺も分かるよ

( 楽し気に笑うなぎさを優しく笑いながら見つめ、自分もという風に自分の顔を指さし )

60: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/13(金) 01:31



【 敢えてそれセレクト←、
  一瞬何事かとwwww、】

  弥代、

な、七緒ちゃーん...?

( いつもと違う相手の様子に困惑すれば上記言いつつ相手の目の前で手を振り。但しその目は困惑の色に満ち溢れている様で、 )


  なぎさ、

あ、そうなんですか?

( 驚いた、という風に少し目見開けば上記述べ。「 一緒ですね 」なんて嬉しそうに微笑み、 )
 

61:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/13(金) 01:32


【もうそろそろ寝るおー!
 返レスは明日やるねーおやすみゃーじノシ】

62: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/13(金) 01:37



【 >>61
  おやすみんとー! 良い夢見てね!、】
 

63: 柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆4A:2015/02/13(金) 17:48


【 どーもどーも! 】

 七緒

 あ、すいません。今も尊敬しているもので

( しばらくポーっとしていたが目の前で振られている手にハッとし深々と頭を下げ謝ると、片手を頬に添えたまま溜息をつくと上記を述べ「いけませんね」と苦笑いし )


 葵

 人見るのって意外と楽しいよね。

( 嬉しそうな笑顔を浮かべるなぎさに「ねー」と体を傾けさせながら同意し、少し離れた場所にいる人を指さしながら )

64: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/13(金) 18:13



【 ドモヽ(*´ω`*))((*´ω`*)ノドモ、】

  弥代、

じゃあ七緒ちゃん、今もその先輩君の事好きなのかな?

( 相手の様子と言葉聞けばニヤニヤとした表情、興味津々な目で相手見つめ上記述べ。「 好きならウチの神社おいでー 」なんて宣伝してみて、 )


  なぎさ、

まぁあんまり見ちゃ失礼なんでしょうけど

( 相手の言葉に頷き同意を示すも苦笑浮かべ上記述べ、相手の差した人物見れば「 あの人ターゲットにしてたんですか 」なんて依然苦笑浮かべ、 )
 

65: 柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆4A:2015/02/13(金) 18:35


【 チョコ初めて作るから失敗したら渡せないかも、もしそうなったらごめんね。
  そして七緒ちゃんブラコン説wwwww← 】

 七緒

 当たり前ですよ。

( 先輩のニヤニヤした様子と言葉を聞き少しキョトンとすると、笑いだし上記を述べると「家族ですもん」とつけたし「もしかして本当に恋愛の方だと思ってました?」とこちらもニヤニヤしながらいい )


 葵

 あいつはコロコロ表情変わって面白いんだwww

( なぎさの言葉に「まあな」と頷きながらも指さしたまま腹をおさえ、笑いながら )

66: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/13(金) 18:51



【 うん大丈夫だよ!! 愛込めて君へのチョコ作るね!!!(((、
  笑った(´^ω^`)ワロチ、】

  弥代、

ま、まさかのお兄さん!?

( 完璧に恋愛の方だと勘違いしていたらしく相手の言葉聞けば盛大に驚き、「 お参りおいでよとか言っちゃった神月君恥ずかしい 」なんてその場に蹲り、 / ←、 )


  なぎさ、

そ、そうなんですか....?

( 相手の様子見れば本当の事なのだと思い、先に相手が指さした人物じっと見つめ、 / ←、 )


【 そして俺氏、絶賛チョコ作りに励むので一旦落ちさせて貰うんwwww、】
 

67: 柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆4A:2015/02/13(金) 19:07


 【とりあえずうちも頑張るから!
  シスコン、ブラコンのCPとかwww】

 七緒

 今度、兄と彼女さんと来ますから

 ( 予想通りの反応に満足し座り込んでしまった先輩に少し屈んで手を差出「兄の彼女さんは口説かないでくださいね」と念をおし )


 葵

 そんな見つめてアイツのこと好きになっちゃった?

( じっと見つめているなぎさを見て面白そうに口を手で押さえて笑いながらからかい )


【了解でっす!俺は夕飯食べたらつくるー、じゃあねん!】

68: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/14(土) 12:37



【 やっと時間が取れたよ!! もうすぐ八ツ橋が家に来るよ!!、
  笑った(´^ω^`)ワロチwwww、】

  弥代、

心配しなくても大丈夫だよ、

( 上記言えば相手の差し出した手は掴まず立ち上がり、「 人の子は取っちゃダメだしね 」と片目閉じウインクし、 )


  なぎさ、

そんな事はないですよ、

( 相手の言葉聞けば相手の方向き、にっこりと笑顔見せ上記述べ、 )
 

69:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/14(土) 18:51


【 やっほー!ちょっと無理があるけどwwww 】

 七緒

 それは良かったです。
 あ、私この角曲がるので、また明日。

( 行き場のなくした手を胸元に持っていき握りしめると、ウインクをした先輩を見て安心したように笑いホッと息をついて言うと、二手に分かれている方の左側を指さし上記を述べると小さく手を振り )


 葵

 そうだよねー
 そろそろ時間だね、戻らなくて大丈夫

( にっこりと笑ったなぎさを見ると何が面白かったのか吹き出し笑いだすと、目に入った時計を指さすともう授業開始三分前をさしていて )



  

70: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/14(土) 20:43



【 ごめん遅れたwwww、
  大丈夫よwwww、】

  弥代、

うん、じゃあまた明日ねー!

( 相手の言葉聞けば また明日 ≠ニ返し、相手が曲がる曲がり角向きその場に立ち止まっていれば手をブンブンと大きく振り、 )


  なぎさ、

...あ、ありがとうございます!

( 相手に言われ、初めてその時間に気付けばはっとし上記述べ。その後「 では、また会いましょうね 」なんて一礼、手軽く振れば階段の方向へ駆けていき、 )
 

71: 柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆4A:2015/02/14(土) 20:54


【絡み文は女子からでいいかな?】

 七緒

 えっと、これからどうしよう…

( 三年の教室を恐る恐る覗き込み、水色の袋を両手で握りしめ「やっぱまずかったな」とつぶやき後悔しながら )

72: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/14(土) 21:59



【 うん、じゃあなぎさちゃんのも投下すんねー、】

  弥代、

なーにやってんの?

( どこかに用があったのか教室に戻るため廊下歩いており、教室覗き込む相手見つければ不思議に思い、駆け寄れば上記を相手の後ろから声かけ、 )


  なぎさ、

お兄ちゃんに用がある、って口実で....

( 彼女らしい白く、チェック柄の入った紙袋を抱える様に持ちつつ彼のいるクラス前に来たはいいものの、どうしようかとおどおどとしていて、 )
 

73:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/14(土) 22:37


【おk!これってよくよく考えたら七緒ちゃんとなぎさちゃん同じ場所にいるよね…←】

 七緒

 ひゃああ!!

( 緊張していたところを後ろから声をかけられ驚き大きな声をあげてしまい。危うく袋を落としそうになったが、慌てて持ち直し肩で息をして )


 葵

 おー、なぎさちゃん!!

( 前と同じようにクラスの近くにいたなぎさを見つけると手を振って近づくと )

74: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/14(土) 22:47



【 気にしちゃダメ絶対wwww、】

  弥代、

驚かせてごめんねー、でも七緒ちゃんが見えたからさ

( ごめんね、とは言っているがその声質はその謝る気は全く無く。落としそうになったその袋をじっと見れば「 何入ってるの? 」と尋ね、 )


  なぎさ、

し、柴崎先輩!?

( まさか当の本人に見つかるとは思わなかったのか肩をビクッと震わせ驚いた様子で上記言えば相手の方向き、 )
 

75:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/14(土) 23:08


【 ですよねーwww 】

 七緒

 べ、別にかまいませんよ

( 肩で息をしていたため息継ぎがうまくできなくどもって。先輩の声を聞くと謝る気0なのに苛立ちを覚えながらも「バレンタインチョコですよ」とため息をついて )


 葵

 うおっ、驚かせるようなこと俺した?

( 驚いた様子のなぎさに驚きながら←、こちらを向いたなぎさに指を唇にあて聞いて)

76: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/14(土) 23:19



【 ( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ンwww、】

  弥代、

そっか? なら良かった、

( 首傾げた後、笑顔になれば上記述べ。相手から バレンタイン ≠フ単語聞けば「 お、まさか七緒ちゃんもくれるの? 」なんて嬉しそうに、 )


  なぎさ、

いっ、いえ、そんな事はないです

( 明らかに焦った様な声で上記言えばはっとし、咄嗟に持っていた紙袋を自分の後ろに隠せば「 ...見てませんよね? 」なんて尋ねて、 )
 

77:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/14(土) 23:26


【 真横で同じやり取りをしているのかと思うとwwwwww 】

 七緒

 …神月先輩いっぱいもらってそうですけど

( 先輩を疑うような目でじっと見つめた後、「欲しいんですか?」と先輩を見上げ首を傾げ )


 葵

 ん?なにを?

( 焦った様子のなぎさに益々ハテナを浮かべ後ろにある紙袋に気付かなかったが、相手の言葉によって後ろの紙袋に気付くと「何々?見せてよー」と楽しそうに )

78: 宮地 清志 、 ◆R/Q:2015/02/14(土) 23:36



【 くっそwwww、】

  弥代、

神月君ね、今の所10個は貰ってるかな!

( 自慢げに上記言えば相手の尋ねる言葉に「 うん、欲しいなー 」と一日が終わる頃には数え切れない程のチョコを貰っていそうなのに欲しがり、 )


  なぎさ、

べ、別に対したものじゃないですよ....

( 楽しそうに 見せてよ ≠ニ言う相手に誤魔化す様に上記述べ、だが隠しきれないと悟ったのか「 ...受け取ってくれると嬉しいです 」なんて袋差し出し目逸らし。その頬は僅かに紅く染まっていて、 )
 

79:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/14(土) 23:42


【笑えるでしょwwwww】

 七緒

 相変わらずすごいですね。

( 呆れ気味に返しながらも少し嬉しそうに袋を差し出すと「ホワイトデーはいりませんから」と俯き小さな声でつぶやくと )


 葵

 わー、もしかしてチョコ!?嬉しいなー

( 差し出された袋を受け取ると、興奮してか少し赤い頬で二かっと笑い「大事に食べるねー」と言い )

80: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/14(土) 23:49



【 そりゃなwwww、】

  弥代、

神月君モッテモテだからねー

( ふふん、と胸張り言えば袋受け取り、「 それはダメだよ、お返しはちゃんとしなきゃ 」と真剣な表情で述べ、 )


  なぎさ、

手作りだから美味しいかわかりませんけど....

( 自然な流れで 手作り ≠セと言えば「 でも上手く出来たと思います 」なんて少し頬が染まった笑顔相手に向け、 )

81:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/14(土) 23:55


【 ねーwww 】


 七緒

 でも、ただでさえ10個もらっているのに。
 大変じゃありませんか?

( 真剣な表情の先輩に驚き、迷惑じゃないか心配になり聞き。)


 葵

 手作りなんだー、きっとおいしいよ!

( 手作りと聞くとパァっと一気に表情を明るくさせ、笑顔を向けられたので笑い返して )

82: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/15(日) 00:05



【 そしてきっと、神月君は七緒ちゃん宛のチョコは手作りにしてくれるwwww、】

  弥代、

えっとね、言っちゃえば俺、お返しは市販のヤツなんだよね。

( 少し申し訳なさそうに言えば「 一個手作りなら全部手作りにしなきゃだしね 」と補足する様に、 )


  なぎさ、

喜んで貰えたなら嬉しいです!

( 相手の反応に嬉しそうにすれば上記述べ、 )
 

83:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/15(日) 00:10


【なにそれうれしいwwwww】

 七緒

 お金かかりそう…

 ( 手で口を押えながら結構お金かかるんじゃないかと考えながらも、「そうですよね」と笑いながら)


 葵

 お返しはなにがいいかなー?

( 唸りながら考え、なぎさのほうを向くと「何か希望はある?」と聞き )

84: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/15(日) 00:18



【 神月「 皆には秘密だからね? 」みたいな←、】

  弥代、

小さいのがいっぱい入ってるの買うからね、その辺は大丈夫なんだ、

( にこり、と笑顔見せ上記述べれば「 なぎさは全員手作りみたいだけど 」と尊敬するような目で、 )


  なぎさ、

あ、お返しとか大丈夫ですよ...?

( 尋ねられればはっとし、上記言えば「 私が渡したくて渡してるだけなので 」と苦笑浮かべ、 )
 

85:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/15(日) 00:31


【ワロチwwwwwww】

 七緒

 なんかセコイし、女の子かわいそう

( 女の子は頑張って渡したのにそんなお返しじゃあ可哀想だな、と考えながら遠い目をして )


 葵

 でも受け取ったからには渡さないと

( 紙袋を眺めながら、 )

86: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/15(日) 00:42



【 これはひどいwwww ....よし声つけよ←、】

  弥代、

う、そうだけどねー....

( それは前々から思っていたのか痛い所を突かれた、的反応すれば「 やっぱりダメかな? 」なんて聞いてみて、 )


  なぎさ、

じゃあ、お言葉に甘えても良いですか...?

( やはり本心では貰いたいらしく、控えめな雰囲気で上記言えば首傾げ、 )
 

87:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/15(日) 00:46


【 明日ねwwwww 】

 七緒

 別に、女の子たちが喜んでればそのまんまでもいいんじゃないですか?

( ギクッとした先輩に、少し言い過ぎたと思いかばうようなことをいい )


 葵

 もちろん!

( 甘えてもらったということに先輩として嬉しく思い満面の笑みで言いながら )

88: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/15(日) 00:52



【 (・ω・(ヾ)YESwwww、】

  弥代、

そ、そうかな?

( まるで 本当に? ≠ニでも聞くように聞き返し、「 それなら良いんだけど.... 」と呟き、 )


  なぎさ、

ありがとうございます、楽しみにしてますね!

( ふふっ、と笑えば笑顔で上記述べわくわくとした表情で、 )
 

89:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/15(日) 00:56


 【弥代くんがホワイトデー意外と雑だったwwwww】


 七緒

 そうですよ、

(どことなく不安気な先輩の声を聞き、心配になり「元気出してください」と言い)


 葵

 この葵先輩に任せておきなさい!

( さっきと変わらず笑顔で胸を張りポンとたたくと満足気に「期待しといてね」と言い )

90: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/15(日) 01:02



【 がしかし、それは みんなの神月君 ≠ナあるためであるwwww、】

  弥代、

うん、こんなテンションなのは俺らしくないよね、

( 相手に言われ思い直せば上記述べ。その後何故か相手に「  神月先輩 ≠チて呼んでみてくれない? 」なんてお願いし、 )


  なぎさ、

はい、お願いしますね。

( 頼りになる先輩だな、なんて内心思いつつ上記言えば「 わかりました、 」と頷き、 )
 

91:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/15(日) 01:11


【 ひでえwwwwwwwwwwwww、そして葵ちゃん達会話がなくなるwwwww 】

 七緒

 ?、神月先輩

( 首を傾げ訳がわからないという顔をしながらも、さっきまでの異様に低いテンションの相手の願いを拒否するのは抵抗があり、呼ぶと )


 葵

 なににしようかなー。

( そういいながら思いつくお菓子を片っ端からつぶやいていき )

92: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/15(日) 01:16



【 神月「 みんなの神月だよー!! 」
  (´^ω^`)ワロチwwww、】

  弥代、

...うんうん、七緒ちゃんにそう呼んで貰えるのは嬉しいなー!!

( 先とは打って変わり、いつも通りのテンションになればニコニコと、元気良く上記述べ、 )


  なぎさ、

あの...趣向違うかな、とは思うんですけど...、

( 菓子名を呟く相手の声聞いていれば遠慮しがちに上記述べ、「 和菓子、好きなんですよね 」と自身の好み言ってみて、 )
 

93:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/15(日) 01:23


【 七緒「キャー神月先輩ー(棒)」
  ワロチwwwwwww 】

 七緒

 そうなんですか?

( 首を傾げ不思議そうな表情をするもハッとし「私は黄色い声じゃありませんもんね」と手を打ちながらいい )


 葵

 和菓子かーおはぎとか?

( てっきり洋菓子を渡そうと思っていると納得したようにうなずき、「さすが神社の子だね」と笑い )

94: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/15(日) 01:31



【 神月「 みんなの神月君だよー!! 」
  おにゃのこ「 きゃー!! 神月くーん!! 」
  七緒「 キャー神月先輩ー(棒) 」

  .....うんw、】

  弥代、

まぁそんな感じかな?

( 相手に言われれば首傾げ上記述べ。「 七緒ちゃんには俺の事先輩呼びが一番だと思うんだ 」と個人的偏見述べ、 )


  なぎさ、

えっと、一番は羊羹が好きですかね

( これまた遠慮しがちに上記述べ。「 あ、でも何でも嬉しいですよ? 」と補足、 )
 

95:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/15(日) 01:38


【七緒ちゃんの温度差wwwもう寝るねーおやすみー】

 七緒

 神月先輩と弥代先輩ってどっちのほうがいいですか?
 どっちもカッコイイ名前だからいいなーって私思ってるんですよ

( 先輩呼びでそういえば名前もあったなーと思い浮かび、本人に聞いてみようと思い )


 葵

 じゃあちょっとだけ洋菓子混ぜさせてもらおうかな


( 何でもいいと言ったのを聞いて渡したいものがあったのか上記を述べると「ごめんね」と一言いい )

96: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/15(日) 01:49



【 こんなもんじゃない?←、
  たかおやすみゃーじー!、】

  弥代、

んー、取り敢えずね、俺の事を下の名前で呼んでる女の子は少ないかな。

( 決め難いな、と思ったのか取り敢えず苗字率が高い、という旨述べ。 カッコイイ名前 ≠ニいう単語に反応を示したが敢えて言わず、格好良い名前でしょオーラを全身から出していて、 / ←、 )


  なぎさ、

洋菓子も好きなので全然良いですよ、

( 相手の言葉に頷き上記述べ。謝罪の言葉聞けば「 寧ろ私が我侭言っちゃってるみたいでごめんなさい 」なんてぺこり、 )
 

97:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆ZE:2015/02/15(日) 21:01


【 葵ちゃんのほうが全く進展なしとかwwww 】

 七緒

 神月先輩って自分の名前好きなんです?

( 自慢のオーラが体からあふれ出してるのを感じて上記を述べ )


 葵

 別にわがままでもなんでも言っていいんだよー

( 自分が謝ったはずなのに逆に気を使わせたのに苦笑しながら、 )

98: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/15(日) 21:51



【 笑ったwwww、】

  弥代、

だって両親が悩みに悩んで付けてくれた名前だよ?

( 相手に尋ねられれば頷き、上記を疑問符付け聞き返す様に述べ、 )


  なぎさ、

え、でも....、

( 食い下がる様に上記言えば「 先輩ですし 」と付け足す様に述べ、 )
 

99: 柴崎 葵、柊 七緒◆ZE:2015/02/17(火) 19:02

【遅れてごめんよー(。ノωノ)】

七緒

それもそうですね。

(意外と真面目な理由だったのに驚きながらもふわりと笑うと、)




じゃあ、先輩命令!
存分に甘えていいからね

(食い下がるなぎさに、遠慮して欲しくなくて少し怒ったように言って)

100: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/02/28(土) 22:36



【 オレが遅れてどうすんだろうね('ω')、】


  弥代、

うん。だから俺、両親から貰ったものは大切にしてるんだ

( いつものヘラヘラとした笑顔を感じさせない、ふわりとした微笑浮かべれば上記述べ。「 だから...神社に相応しい神主さんになりたいの 」なんて目標述べ、 )


  なぎさ、

それなら...、わかりました

( 相手に先輩命令下されれば仕方が無い、といった風に上記述べ。その後クスクスと小さく笑い「 先輩も意外とお兄ちゃんに似てますね 」なんて述べ、 )
 

101:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆6o:2015/03/01(日) 17:42

【 大丈夫だと思うww別に気にしないしwww 】

 七緒

とても良い心掛けだと思います。

( 満足したように頷き「その笑顔を見せれば女の子も嬉しいと思いますよ!」と珍しく身振り手振りを使い少しはしゃぎ気味に話すと )


 葵

俺ってば一途だから、ナンパなんてしないよ?

( 自信満々に胸を張りながら上記を述べると「好きって言葉って使えば使うほど安っぽくなるしね?」と相手に同意を求めるように言い )

102: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/03/01(日) 19:42



【 ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イ
  そしてドリンク飲みすぎて気持ち悪い('ω')、】


  弥代、

俺の中で一番大事なのは神社だからね、

( 表情は変えず少し嬉しそうな声色で上記述べ。相手のはしゃぎ気味な声聞けば 珍しいな、 ≠ネんて思い少し驚いた様な表情すれば「 神月君はこのままでいーの 」なんて、 )


  なぎさ、

あ、そういう訳じゃなくて...

( 相手の言葉聞けば苦笑し上記述べれば「 諦めが悪い所とか 」と表したかった言葉述べ。同意求められる様な言葉聞いては「 確かに...そんな考え方もありますね 」なんてこくりと頷き、 )
 

103:柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆6o:2015/03/03(火) 18:11


【二日ぶりだねー!そして、どんまい】

 七緒

 二番目は女の子ですよね?

( ?をつけてはいるが確信を持ったような言い方でそれ以外ありえないといった風に、そして相手の言葉に「えー!!」と不満げな声をあげ )


 葵

 あ、そうだったんだ。勘違いとか恥ずかしいなー

( 勘違いとわかると顔を赤くさせ自分の顔が赤いのに気付いたのか顔を手で隠し、だがすぐにまだ少し赤い顔で「でしょでしょ!」と嬉しそうに言い )

104: 神月 弥代 / 神月 なぎさ ◆R/Q:2015/03/03(火) 18:54



【 あの時はつらかった(遠い目)、】


  弥代、

んー、なぎさ...なんだけど、女の子の内に入るのかな?

( 確信を持った様な声で言う相手に少し困った様な表情し、首傾げ上記述べては相手の不満げな声に「 今更そんなキャラじゃないでしょ? 」なんて返し、 )


  なぎさ、

でも諦めが悪い≠チて言い方悪かったですよね、ごめんなさい、

( 言ってから気付いたのか眉下げしゅんとすれば上記述べぺこりと軽く頭下げ。「 でもお兄ちゃんはそう思ってないみたいですけど 」なんて微笑浮かべ、 )
 

105: 柴崎 葵 / 柊 七緒 ◆4A:2015/03/07(土) 18:13


【 遅れてすまそー! 】

 七緒

 なぎさちゃんかぁ……さすがシスコンですね。

( 「それもそうですね」なんて顎に手を当てうんうんと頷き、そのあとポンと手を打ち上記を述べると )


 葵

 気にしないで。ありがとう、嬉しいよ。

( 苦笑し上記を述べると、「へぇー、なんか意外だな。」とこちらも微笑しながら )


書き込む 最新10 サイトマップ