【 人数制限アリ 】 スピリット・ラヴ! 【 1 : 1 】

葉っぱ天国 > 恋愛なりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:生の精霊:2015/02/28(土) 20:37





――へぇ、君も俺や他の子のように魔力を持っている稀少な人間みたいだな。


――もし、大人になって君の力が強まり、悪魔に狙われることが多くなったらここにきなよ。


――そうしたら、俺と契約をした精霊がいるから。……きっと君を守ってくれるよ。



 とある8人の少女たちは、幼い頃にひとりの青年と約束をしました。

 その数年後、“悪魔”という異質なモノに命を狙われるようになってしまいます。

 そこで、少女らは、あの時の青年の言葉を信じ、あの花畑へ向かいます。そこで、待っていたのは――。





「 はぁ、やっと、これであいつとの約束が守れる。……なあ、俺と―― 」





 これは、8人の少女らの甘酸っぱい恋の物語。




>>2 ルール


>>3 世界観 ( +ストーリー的なもの )


>>4 精霊たち+α ( 提供character )


>>5 PF


>>6 備考 ( 重要点のまとめ )


レス禁です。

2:生の精霊:2015/02/28(土) 20:42


【 ルール 】

◆ トリップ、安価は必須。

◇ ロルは最低でも、20字。

◆ 恋愛、戦闘などは、ほどほどに。

◇ 死ネタは無し。死なない程度の怪我描写は黙認。

◆ PF書き逃げも無し。

◇ 本体同士の会話の際には【】or(/)必須。

3:生の精霊:2015/02/28(土) 20:49

【 世界観 】

 この世界には、3つの種族が存在している。悪魔、精霊、そして人間。悪魔と精霊は対の存在であり、人間は基本的には精霊側についている。しかし、人間らは2種族の存在をあまり認識して追わず、信じているのがごく1部である。

 悪魔と精霊は、魔力を用いており、人間は魔力の代わりに知識を持ち合わせていた。しかし、たまに人間から魔力を持ったものが生まれることがある。

 力が欲しい悪魔にとっては、そんな人間は格好の餌だ。しかし、魔力のある人間は一人につき一人だけ、契約精霊というものを持つことができる。その契約精霊の力を借り、悪魔を撃退しているのだ。


 悪魔は主に、人に取り付くことを得意とし、人に取り付くとそのものの負の感情を増やし、人間がその感情に溺れてしまった時に生命力を奪ってしまう。

 精霊は、それぞれ火・水・木・氷・雷・時・光・影の属性を持っており、その力を活かして、戦っている。


 舞台となるのは、山に囲まれた田舎町“伊勢町”。伊勢街の西の方にある森は“生の森”と呼ばれ、中央の大木には精霊を生み出す“生の精霊”がいるとされていて、別名“精霊の森”とも呼ばれている。

 その町に住む8人の少女たちは、魔力を持っている稀少な人間なため、悪魔に狙われることが多い。 そんな彼女たちが幼い頃出会ったのは、ひとりの青年だった。青年は、危なくなったらこの生の森の花畑に来い。そこには、君たちを守ってくれる精霊がいるはずだ、と告げて姿を消した。

 そして、その数年後、悪魔に命を奪われそうになる機会が増えた。そこで、青年の言葉を信じて花畑に向かう少女たち。そこで出会ったのは――青年の契約精霊たちだった。

〜〜

▼えっと、簡潔に纏めてしまえば精霊と契約して、悪魔を撃退しながら恋愛しちゃおうZE☆みたいな話ですね、はい。
 質問があれば容赦なく聞いてくださいな!

4:生の精霊:2015/02/28(土) 21:00



【 精霊たち+α 】

@ ブレイブ ・ イールス / 男 / 容姿的には18歳 

 炎の精霊。明るくムードメーカー的存在。しかし、少々大雑把な部分が有る。馬鹿なので鈍感。
得意とするのは炎の魔術。炎を武器へ変化させて戦うことも可能。

「 俺はあいつと約束した。おまえを守るって 」


A アイル ・ ヴィーズ / 男 / 容姿的には14歳

 水の精霊。ツンが80%、デレが10%のツンデレ。子供っぽいところがある。
 得意とするのは水の魔術。水を操って、雨を降らせることもできる。

「 お、お前のクッキー食べてやらないこともないけど 」


B クロス ・ ジアンス / 男 / 容姿的には18歳

 時の精霊。クールに見えるが、ただのめんどくさがり屋。常に気まぐれで行動している。
 得意とするのは、時の魔術。進めることも止めることも戻すこともできる。

「 甘ったれんな。いつも助けてもらえると思うなよ 」


C ヴィル ・ アウラ / 男 / 容姿的には15歳

 風の精霊。無邪気で子供っぽい部分があり可愛らしい、が、実は腹黒で、笑みを絶やしながらとんでもない毒舌を吐くことも……。
 得意とするのは、風の魔術。風を使って周りの人の会話も聞き取れる。

「 君面白いー! ねえ、僕の玩具になってよ 」


D シャド ・ グリムザ / 男 / 容姿的には18歳

 影の精霊。無愛想で、口数は少ない。あまり世間を理解しようとしないがために少々天然な部分がある。
 得意とするのは、闇の魔術。人の影に乗り移り、行動不可能にすることもできる。

「 お前の笑顔を見るためならなんだってする 」


E レイ ・ ラール / 男 / 容姿的には17歳

 光の精霊。とても優しく、裏表が全くない純粋な心を持っている。礼儀正しく、敬語は忘れない。
 得意とするのは光の魔術。暗闇を照らし、導くこともできる。

「 僕はレイ。あなたを全力で守ります 」


F ルト ・ フルミネル / 男 / 容姿的には18歳

 雷の精霊。気が強く、一匹狼の少年。人に触られるのを苦手とする。しかし、淋しがり屋な一面もある。
 得意とするのは雷の魔術。雷を落とし、相手を麻痺させることも可能。

「 話しかけんな、近寄んな、触るな。……一人にさせろよばーか 」


G 綾部 紅夜 / 男 / 亡くなったときは18歳だった。

 魔力を宿していた希少な人間。本来は一人しか契約できないが、力が強いため7人の精霊と契約を結んだ。
 場を自然と明るくさせ、心を自然と癒すそんな性格を持っていて、精霊たち7人から好かれていた。悪魔たちとのある戦いで命を落としたらしいが……?

「 ほらっ、元気出せって。お前は笑顔が似合うんだから! 」


▼基本的には、お相手はこの8人です。ですが、Gは特別で、7人の精霊たちのお相手さんが全員決まってから、Gは募集スタートさせます。
 絡みは、契約精霊だけではなく、ほかの参加者様や精霊たちにもしてくださると嬉しいです。
 恋愛に関しては、絶対契約精霊じゃないといけないわけではないですけど……。まあ、そこは参加者様同士でご相談をお願いします。

5:生の精霊:2015/02/28(土) 21:19


【 PF 】

台詞 : ( 1 〜 2 )

名前 : ( 和名で )

読み :

性別 : ( 女only )

年齢 : ( 16 〜 18 )

性格 : ( 詳しく )

容姿 : ( 上記同様 )

契約相手 : ( 番号を記入 )

備考 :



▼ 契約精霊の被りは、無しでお願いします。
あと、予約やkeep、PF決めはありませんので、基本的に早くPFを出した方に参加してもらいます( ただし、雑すぎるPFは無し。そこは私が判断させていただきます )

6:生の精霊:2015/02/28(土) 21:30



【 備考 】


えと、ひとまず大切なことをまとめさせていただきます。

・ 絡みは、基本的に全員と。

・ 恋愛は、契約精霊でもなくていい( しかし、その場合は精霊の契約相手様と相談をしてくださいね )

・ 最初の募集は@〜Fまで、GはFまで埋まった時点からスタート

・ 精霊の被りは無し。

・ 予約やkeep、PF決めで決めず、PFを早く出した人に決める( ただし、雑すぎるのはダメ )


ここまで読んでくださった証として、世界観のページに何回「精霊」という言葉が出てきたのか、回数を書いてください!

それでは、レス禁解除です。

7:ティタニア・アイスドール◆R.:2015/02/28(土) 21:44

【参加希望です!】

8:生の精霊◆Fho:2015/02/28(土) 21:46


( / えと、そういう予約やkeepなのは受け付けておりませんので、直ぐにPFを投下して頂ければ助かります )

9:◆dA:2015/02/28(土) 21:50



「 …別に…、あんたに守られなくても、私一人で十分よ。 」

「 私を守ろうとか、そんな事考えてもらわなくて結構ね。 」

名前 : 神崎 夜宵 
読み : かんざき やよい

性別 : 女
年齢 : 17

性格 : 一言で言えば強気で照れ症な典型的なツンデレ属性の子。極度な照れ症で、少しでも褒められたり触れられたりするとすぐに顔が真っ赤に紅潮し、それを隠すため思っても無い事を言ってしまったりキツイ事を言ってしまったりする。手が出てしまうこともしばしば。そんなツンデレっ子だが、いつもはあまり笑顔を見せない、冷静沈着で無愛想。他者を寄せ付けないようなオーラを放っている。冷めた態度や発言が少々目立つも、実際は優しい。それが素直にできないだけで。こんな性格だが、年相応の所もあり、可愛いものが実は好きだったりする。それと、いつも強気な発言をしているが、実際はそんな事思ってなかったりする。寂しがり屋な一面も。

容姿 : サーモンピンクっぽい髪を腰辺りにまで一つも癖のないストレートにして伸ばしていて、右側で少量の髪を団子状(?)に結っている。普通に下している時もある。手入れは特にしていないが、髪質なのか癖がつくことはない。前髪は目にかかるくらいで、ちょっと長めで左向き。瞳は美しい青の瞳をしていて、パッチリと二重で大きいが切れ長の大人っぽい瞳をしている。服装は外出時はシンプルなものばっかで、可愛い系のものは恥ずかしいのであまり着ないらしい。だが、家ではワンピースやスカート等女の子っぽい可愛い服を着ていることも。そして、実はウサギのパジャマを着ている。身長は160pで、出るところは出てる体型。

契約相手 : D 

備考 : 一人称「私」、二人称「貴方、あんた、呼び捨て」尚、勉強はダメ。運動神経は良い方。

「精霊という言葉が出てきた回数は…。12か13…?(間違ってたらすみません…!!)」

(/…で参加希望です!プロフィールにもあるようにD君で希望です…!不備等ございますでしょうか…?)

10:生の精霊◆Fho:2015/02/28(土) 21:54


( / わぁ! 可愛らしい女の子をありがとうございます! ですが、少し不備がございまして……えと、髪、瞳の色を変えていただけますでしょうか。これは私が言い忘れたことなのですが、そういう特殊な髪、瞳の色はやめて頂ければ良いなと。あとは、不備はございませんよ!回数もあってます……多分((← )

>>9

11:◆dA:2015/02/28(土) 21:58


(/わぁすみません!!!全力で変えさせていただきますッ…!!!!(( えと、どこまでが良いのか解らないけど、とりあえず色素薄めの茶色(?)で良いですかね…?
 瞳も髪同様茶色で!!ちゃ、茶色はだいじょぶですよね…ガクブル  回数合ってますよね!!……多分←)

>>10 主様

12:生の精霊◆Fho:2015/02/28(土) 22:02


( / はい!茶色でokですよ。なんというかですね、異色(?)とか、普通だったらありえない色は、普通の人間キャラの場合は私苦手なんですよねー。精霊とかはいいんですけど。えと、改めまして不備がもうございませんので、絡み文を早速出していただけると嬉しいです!できれば、花畑に向かっていく描写から……((( )

>>11

13:Anna、◆Pk:2015/02/28(土) 22:08






台詞 :「ば、ばか!そんな正直に言うことないでしょ!!?」
「…………私、あんたのそんな所嫌いじゃない。寧ろ、好きだよ?」

名前 : 白馬 夏稀

読み : はくま、なつき

性別 : ♀

年齢 : 17

性格 : 典型的なツンデレで素直になれない天邪鬼な性格である。白黒ハッキリしないと気が済まないらしく変に神経質な所があるがそんな厳しいものでは無いらしく人の前では普通。自分に厳しくプライドが高い。正義感は人一倍強いがそれに伴い照れ屋な所も人一倍あるんだとか。だが脳内お花畑なロマンチストで夢見がちらしく、そのような話の手には簡単に乗るらしい。喜怒哀楽などの表情はすぐに出て分かり易いんだとか。

容姿 : 染めていない地毛の黒髪の腰ぐらいまで伸ばした前髪ぱっつんにしている。時折、おさげのような下に二つ結びにしているんだとか。祖父が外国人というクォーターという事もあり薄い水色の大きく二重の瞳が特徴的。色白なのでより映えて見え、顔つきは少し大人っぽいが少しあどけなさが残るような年齢相応である。服装は普段は小さいリボンが付いた白いカーディガンを羽織りその下には黒い大人しめのワンピースを着用している。時折スキニージーンズを履いたカジュアルな格好も好む。身長170糎。

契約相手 : E/レイ・ラール

備考 : 一人称「あたし、/私」、二人称「あんた、/○○」など。性格も不器用だが手先も不器用なようで現在料理を頑張っているらしい。学校には通っているらしく、そこでは委員会などに所属しているんだとか。仮想voiceは「P/i/l/e」様、


精霊の数「33個……?」



(/素敵スレということで書き込ませていただきました、。精霊の数がHNも含むのか迷った挙句こうなりましたので不備等あるかと思いますがその時はなんなりと、!

14:      ◆a6:2015/02/28(土) 22:08







「 怖いことは、あんまりしたくないんだけど。 」

「 …あんまり、無理はしないで。 」

名前 : 沙原 紫苑

読み : さはら しおん

性別 : ♀

年齢 : 17( 高校3年 )

性格 : 良く言えば素直。そんなに口数が多いわけではないものの、思ったことは率直に述べる 。但し一応良心はある様で言葉を選んではいる様子。しかし大して改善はされていない。面倒事が苦手で今回の件も自分の身を守る為に仕方無く、とのこと。だがその実根は他人を思いやれる優しい心の持ち主。観察力に優れており、他人の癖等を見抜くのが得意。しかし自分の癖には気付かない。非科学的な事は基本的に信じていないが今回の件は信じざるを得ない様子。

容姿 : 肩甲骨辺り迄真っ直ぐに伸びた髪は少々赤み掛かったダークブラウンに染められており、前髪は目上できっちり切り揃えられている。ヘアピンで左分け 。瞳は深い茶色 。蒼い石が付けられたネックレスは祖母の遺品だとの事、付けてるとなんとなく心が安らぐらしい。服装は基本的に高校指定の黒セーラーに灰色のカーディガン、黒ハイソックスに茶色のローファーと至って普通。スカートは膝上。実は左耳にのみピアス穴をあけているが、普段はピアスはしない。中学の頃、反抗期にちょっとした反抗と称してあけた。見た目は不良臭いが成績はそこそこ優秀、勉強面も普通に勉強して普通に良い点を取る程度。

契約相手 : @

備考 : 両親が仕事の関係で転勤族な故、祖母の家がある伊勢町にずっと住んで来た。が、2年前祖母は他界、もう高校生だから、と其の儘両親の仕送りと己のバイト代で祖母の家に住んだ儘。友達と呼べる友達は少なく、広く浅くの人間関係。一人称「 私 」、二人称「 君、名前 」





( / 不備などございましたらなんなりと ! 因みに回数は12、だと思われます !3回数えましたので多分大丈夫です、笑 )



 

15:Anna、◆Pk:2015/02/28(土) 22:12







(/>>13の者です、33個とか馬鹿だろ私……明らかに読み間違えて全ての数を読んでしまいました、すみません。今、数えていたところ「13」でした。本当にすみません、!

16:神崎夜宵◆dA:2015/02/28(土) 22:15

(/あー…。解ります。(( 人間だって事忘れてたんですかね、私。← ではでは、お言葉に甘えまして、下手なロルとともに
 絡み文を出したいと思います!! 解りました!!花畑に向かっていく描写ですね!!お任せ下さいです!!ビシッ)


…?…全く…。こんなところに花畑なんてあるのかしら…。
( 青年の言葉を信じ、約束した花畑へ向かっていたが、道が解らず上記を呟きガサガサとむやみやたらに進んでいたが、遥か前方に光が差し込んでいるのが見え、まさか、と思いそこに向かって歩いていくと、途端に道が開け綺麗な花畑に出て、「綺麗…。」と呟き呆然として

>>シャド(?)

17: 生の精霊 ◆Fho:2015/02/28(土) 22:18


( / 素敵スレだなんて、ありがとうございます。貴方様もなんと可愛い、ツンデレ! レイ君大丈夫かな(((← 不備はございません!、絡み文をお願いできますか?できれば、花畑へ向かう描写からお願いしたいのですが )

>>13>>15


( / え、何この子可愛いんだけど(((← え、えーっと、可愛らしい子ありがとうございます! 不備はございませんよー。で、絡み文をお願いしたいのですが、できれば花畑へ向かう描写からお願いできませんかね? )

>>14


( / えっと、少しの間落ちますので、絡み文なのはそのあとまとめて返させていただきます! )

>>all

18:   紫苑   ◆a6:2015/02/28(土) 22:37






 >>17  主様



( / なんと ! そう思っていただけたならば幸いです … !
それでは絡み文投下しておきますね、初回なので少々長くなってしまいましたが削ることも伸ばすことも可能ですので…! )









…… 見たことある 、あの時の 、場所だ 。
( 幼い頃、よく遊んでいた裏山からずっと進んだ花畑 。薄れに薄れた記憶と感覚だけを頼りに道と言えない様な道を進み 、ようやく辿り着いた見覚えのある綺麗な景色を進み花畑の真ん中迄来た所で疲労が込み上げたのかその場にぺたりと座り込み 、周り見回すも人っ子一人居ないこと確認しては気が抜けた様に溜め息付き満開の花の上に寝転がり 。 )





 

19: シャド ◆Fho:2015/02/28(土) 22:41


( / では、絡ませていただきます! )

……お前が、俺の新しい契約者、か?

( 木の上でぼー、と花畑を見下ろしていたが、ふと目線の下で何か動く気配がし、目線を向けてみれば呆然と、花畑を見ている相手を見つけ。その容姿を見て、前の契約者から聞かされた者だと理解すれば、木の上から飛び降りて相手の目の前で綺麗に着地すれば、上記を問いかけて

>>17

20: ブレイブ ◆Fho:2015/02/28(土) 22:44


……おい。

( 今日も、いつもの通りに花畑へ向かおうと、木々の枝を乗り移りながら移動していれば、珍しく花畑から人の気配がし、しかも魔力も感じるのでまさか、と思いつつスピードを速めて花畑へ向かって行って。花畑につき、歩き回っていれば花の上に寝転がっている相手を見つけ、その容姿が前の契約者から聞かされていたもの一致していることを確認すれば、呆れ顔で相手の顔を覗き込んで上記を言って )

>>18

21:ティタニア・アイスドール◆R.:2015/02/28(土) 22:51

台詞
「はー、気持ちの良い朝ですね〜!」
「ねえ……私の魔力って、貴方のサポートは出来ないの?」
名前:大照 鏡
読み:オオテル カガミ
年齢:16歳 高校一年生
性別:女
性格:
天真爛漫で無邪気で素直。
思ったことは良くも悪くもすぐ口にしてしまう。
甘えん坊なのかスキンシップが激しいのか、自然に手を繋いできたり抱きついてきたりする。
いつも幸せそうににこにこしている。
超絶ポジティブシンキングで誤解しやすく騙されやすい。
慌てると脚がもつれてよく転ぶ。
誰かの役に立ちたい意識が強いが、自分といる事自体迷惑なのでは、とも思っている。
自分に魔力があると知った時から、自分は誰かを救う魔法使いになるのだと大真面目に夢見ている。
容姿:
艶のある黒髪ボブヘア、丸く大きな明るい赤茶色の目。
服は右側が赤で左側が黒の長袖膝丈ワンピース。
茶色のサンダル。 肌は色白。
向日葵の小さな飾りが付いた、つばの広い卵色のハット。
161cm 50kg 胸?Bかな(
契約相手:2
備考:
一人称「私」 二人称「貴方、君、〜ちゃん、くん」
小6の時に事故で脚を骨折し、待ち望んでいた中学の入学が遅れてしまった。
脚は治ったものの後遺症が残り、早く歩く事が出来ない。
その為友達と遊びに出掛けたりすることが出来ず、一人で過ごす事が多い。
両親と自分の三人暮らし。
自分の事故以外に特に大きな事件は無く、貧しくもなく、普通に良い家庭。

精霊……12個?ですかね;


【不備ありませんか?】

22:神崎夜宵◆dA:2015/02/28(土) 22:52


(/ありがとうございますッ!)

…ほんとに此処で合ってるのかしら…。
( 今度は何だか落ち着かずキョロキョロと挙動不審に辺りを見回し上記を述べるも、誰もいないと思っていたがイキナリ木の上から飛び降りて着地すれば着地した時音がして「ひゃっ!?」と短く悲鳴を上げるがすぐに振り向き、相手が問いかけてくれば「…多分、そう。…あんたが私を守ってくれるっていう精霊…?」と少し眉を顰めて述べ

>>19 シャド

23:   紫苑   ◆a6:2015/02/28(土) 23:07






 >>20  ブレイブ




… 何 、え 、…どちら様 ?

( 暖かい日光と花の香りに良い気分で目閉じるも不意に掛けられた声に其れ迄閉じていた目開き其方見遣り 。見覚えの無い相手の姿にさっき迄誰も居なかったのに 、と驚き隠せない様子で目ぱちくり 、上体起こし頭に付いた花弁払い乍首傾げ誰だと問い掛けて。 )






 

24: 生の精霊 ◆Fho:2015/02/28(土) 23:16


( / おぉ、!なんと純粋な……! アイルには勿体無いこをありがとうございます! 不備はございませんので、絡み文をお願いできますか? できれば、花畑へ向かう描写が良いのですが )

>>21


【 / シャド 】

ああ。

( 眉をひそめて、怪訝そうに問いかけてくる相手に無愛想に上記を返して。「俺は、影を司る精霊、シャド・グリムザ。……お前は?」と、一応の礼儀は知っているのか、相手の名前を聞く前に自分の名前を明かして、相手に問いかけて

>>22


【 / ブレイブ 】

俺? 俺は、ブレイブ・イールス。お前の契約精霊になる炎の精霊だ。

( 驚いた表情で、上体を起こして首をかしげて問いかける相手を呆れ顔で見れば、相手の目線に合わせるようにしゃがみこめば手短な自己紹介をして、なぜか相手の額に軽くデコピンをし。「なーに、呑気に寝転がってんだ。そんなことしてたら悪魔に襲われるぞ」と少し強めな口調で告げて

>>23

25:ティタニア・アイスドール◆R.:2015/02/28(土) 23:31

>>24
【ありがとうございます! 性格が被らないようにした&自分の趣味()を混ぜたらこうなりました←
 了解ですー(・ω・´)】

はぁ、はぁ……
うーん、無いぃ! んー、本当に会ったのかなあ?
って……そんなことない、よね! 私は私を信じなきゃ〜。
さて、と…… とわっ、ああぁーっ!?
(幼い頃の思い出を頼りに森をさ迷っていて、疲れたのか膝に手をついて息を付き、自分の妄想だったのでは? と少し疑ったが、それは無いと首を横に振ると、あの花畑を探そうと木に手をついて立ち上がろうとしたが、場所を誤って空中に手を付き、横の丘を転がり

……あい、たたた。 うぅ、たくさん腰打ったなぁー。
……ん? あれ。 ここって……
(怪我はなかったものの帽子を落としてしまい、腰をさすりながら半身を起こし、辺りを見渡そうとすると、見覚えのある花畑が広がっており

26: 生の精霊 ◆Fho:2015/02/28(土) 23:42


【 / アイル 】

何やってんだ、アイツ。

( 木の上でのんびりとしていれば、森に入っていく相手の気配に気づき好奇心で、相手のあとを付いていけば、坂を転げ落ちていく相手を見て呆れた声で上記をつぶやき。ふと、さっきの相手のつぶやきを思い出せば相手が自分の契約する相手なのではないかと、思い、やべ、と思いつつ木々の中を駆け抜けていけばザァーっ、と相手の目の前に姿を現して「お、お前っ! 俺と契約する人間か!?」と少々裏返った声で相手を指出しながらそう問いかけて

>>25

27:大照 鏡◆R.:2015/02/28(土) 23:51

>>26
あ、あったあった帽子!
えへー、良か……っひゃあ!?
は、え? え? えと……もしかして、精霊さん?
(側に落ちていた帽子を見付けると、ぱあっと笑顔になり、被り直してご満悦といった様子で居ると、いきなり来た相手に驚いて声を上げ、少し後ろに引くと半泣きになったが、言葉にきょとんとして相手を見上げ

28:   紫苑   ◆a6:2015/02/28(土) 23:54





 >>24  ブレイブ



__精霊 、? 精霊って何 、どういうこと ?… もしかしてからかってる ?
( 相手の自己紹介に一瞬思考停止、存在するはずのない存在だと示されては動揺隠せぬ様子で質問責め。デコピンに顔歪め額押さえ、あり得ないことを飄々と告げる相手にからかっているのかと問いてはふと幼き頃の記憶巡り途端に黙ったまま相手じ、と見つめ。 )





 

29: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/01(日) 00:00


【 / アイル 】

そっ、そうだけど?

( なぜか、いきなり相手が半泣きになり後ろに引いたのを見て、泣くか、泣くのか!?と身構えていたが、相手はなきもせずきょとんとして問いかけてきたので、拍子抜けしながら上記を答えて。「俺は、アイル・ヴィーズ。水の精霊だ」と簡単な自己紹介をして。


【 / ブレイブ 】

おい、ごら。てめぇ、ガキの頃に紅夜に会って説明聞いたんじゃなかったのかよ?

( 自分に対して質問攻めをしてくる相手を怪訝そうに見つめて、まさか、あいつ説明してねぇんじゃ、と古きパートナーのことを思い出しぐぎぎ、と歯を食いしばるも、相手からの視線に気づき「……なんだよ」と問いかけて

>>28

30:大照 鏡◆R.:2015/03/01(日) 00:05

>>29
水の精霊さん……アイル……。
じゃあ、じゃあ! ここはあの花畑で合ってるのね!?
よ……良かったぁ〜、流石に疲れてたところだったの
(相手の名前をぽつりぽつりと繰り返すと、ハッとして嬉しそうに辺りを見渡し、目元を拭うと、無事に目的地についた安心感から思わず相手の手を握って笑い

31: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/01(日) 00:07


【 / アイル 】

そうだけど……。っ!?

( 相手がここが花畑だということを知って安心したようにするので、変な奴と思っていればいきなり、相手が自分の手を握って笑いかけてくるものなので、な、なななと言葉を続けたあと「な、何すんだ!」と思わず、相手の手を振り払って赤くなった顔を片腕で隠して

>>30

32:大照 鏡◆R.:2015/03/01(日) 00:16

【すいません、今日は落ちます! お相手感謝です】

33:   紫苑   ◆a6:2015/03/01(日) 00:18






 >>29  ブレイブ




…覚えてない 、ただ 、此処に来たら何とかなる 、って事だけは 、なんとなく。
( 紅夜、という名前に聞き覚えは無いもののきっとあの時の少年だろうと心の中で処理し、その時話された内容など幼かった事もあり鮮明に覚えているはずも無く 、ぽつりぽつりと覚えている事だけを述べ。「 …それと、精霊、的なことも言ってたかもしれない 。 」と言いつつ相手から目逸らして。 )




 

34: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/01(日) 00:18


( / 了解です )

>>32

35: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/01(日) 00:22


【 / ブレイブ 】

ふーん……。

( 相手の返答を聞いて、そんなもんか?、と思いつつ適当な返事を返して。すると、相手が呟きながら自分から目線をそらすので、なぜかそれが気に食わなくなったのか、「おい、なんで逸らす」と相手が目線をそらした方向に移動すれば相手の顔を覗き込み

>>33

36: 颶風騎士  ◆M.:2015/03/01(日) 00:26



「 ねえ!暇なら僕と遊ぼうよ 」
「 僕の事は心配要らないよ、無敵なんだもん!…なーんて 」 

名前 : 一条 あやめ

読み : ayame itizyou

性別 : ♀

年齢 : 18 

性格 : 明るく前向きな性格の持ち主。やる気も元気も人一倍で、元々不器用でありつつも持ち前のハイテンションさとポジティブさで何とか乗りきっているらしく、かなり社交的で何気に騙され易い子。好奇心はバリバリの旺盛で興味を抱いたことには直ぐにのめり込む一面を持っているものの子供っぽいためなのか飽き性な部分も多い様子でかなりの我が儘らしく駄々を捏ねるときがこ面倒くさいと言われてしまうことも屡々。怖いもの知らずで胸を張ることやドヤ顔等が多い程の自慢っ娘でこの娘の自慢話と言ったら口を開けばもう止まらない。

容姿 : 艶のある綺麗に手入れされた黒髪は腰辺り迄の長さに常時ツインテール結、前髪は右分けにしており黒色のピン留を着。睫毛短めの若干細目瞳の二重瞼に髪色同様の黒眼。顔立ちは幼さ充分残った俗に言う童顔、本人はからかわれる事も無いので気にしていない様子。服装は学校には通っていない為か基本的に可愛らしい絵柄が入ったTシャツに時には乙女チックなフリルワンピース等と彼女の箪笥には色々と豊かな服装が紛れ込んでいる。結い用の髪飾りは小さくも可愛らしいリボン着。身長は156糎程度。

契約相手 : F

備考 :  一人称 「 僕 」、二人称「 名前、君 」
      生まれの地自体が " 伊勢町 " らしく、祖父母と両親が畑仕事を幼い頃から手伝い始め、今に至る。友達は少ないようだが気にしていない様子。

【    至らない点有りましたらなんなりとお申し付けを!そして、精霊と言う言葉が出てきた回数は…12、でしょうか?確りと見たので多分間違いは…。   】


 

37:   紫苑   ◆a6:2015/03/01(日) 00:29






 >>35  ブレイブ




別に 、人の目見るの苦手だから 。
( 目逸らした先に相手の顔現れては少々戸惑うも上記述べつつ俯き 、近頃になって増えた奇妙な身の回りの現象思い浮かべ乍「 それで、これからどうしたら良いの ? 」とちらり相手見つつ問い掛け 。 )





 

38: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/01(日) 00:33


( / ボクっ娘だ!ボクっ娘、ボクっ((((← え、えと可愛い女の子をありがとうございます!ボクっ娘がツインテとか萌えr(((←← こほん、不備はございませんよー!なので、絡み文をお願いできませんか?できれば花畑へ向かう描写のところで! )

>>36

39: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/01(日) 00:36


【 / ブレイブ 】

俺、人じゃねーし。精霊だし。

( 戸惑うようにして呟く相手に、なんの対抗心からか、変な屁理屈で上記を答えて。相手に、これからどうすればいいのか、と問いかけられれば「俺と契約をしろ。そしたら、おまえを悪魔たちから守ってやる」と答えて

>>37

40: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/01(日) 00:51


( / 落ちます。お相手感謝です )

41:  ◆KY hoge:2015/03/01(日) 02:11




「 迷惑掛けて仕舞って、御免なさい… 」

「 見捨てて良いですから…。私の事は気にしないで下さい… 」


名前 : 草凪 唄羽 

読み : くさなぎ うたう

性別 : ♀

年齢 : 17

性格 : 引っ込み思案な為か口下手であり、あがり症。其れなりに慣れれば緊張の糸を解いたりするも敬語癖は基本的に直らない模様。普段から表情が固いが、懐いた相手には笑顔を見せたりする。実はかなりの面倒くさがりで大雑把。感受性高く涙脆い。照れ性。ボーッとしている事多い為か案外人の話を聞いていなかったりする。

容姿 : 猫っ毛セミロングのフワフワとした柔らかい髪は普段耳下辺りで緩く二つ結びにしている。髪と同色の猫目の瞳は二重瞼。普段はコンタクトだが黒渕眼鏡の時も。普段、外出する事が少ない為か色白の肌で偏食な為か細身。基本外出時はパーカー等の緩い服装で済ませている事多いも実はフェミニンな物や、アンティーク系統の服も沢山持っており、自室時はワンピースの方が多いのだとか。

契約相手 : B

備考 : 一人称「 私 」 二人称「 貴方、さん、くん 」。人と交流する事を大の苦手としている為か対人関係は酷く少なく、基本的に孤立しがち。一度、悪魔に襲われそうになった際に大切な人を亡くしており、其れが影響してか対人恐怖症に。


( / 不備等有れば指摘お願い致します!回数は12…回でしょうか…? )

42:   紫苑   ◆a6:2015/03/01(日) 11:31






 >>39  ブレイブ




…そうだね 、…それで 、契約って何すれば良いの ? 判子とか持って来てないよ 、
( 相手の屁理屈が面白おかしく感じたのか緩く笑い乍顔上げ 、「 契約 」という言葉に少々首傾げつつ何をすれば契約になるのか問い。身の回りの現象が悪魔の所為だとは知らない故「 悪魔 」という非科学的な存在についても疑問抱くが今は質問せず相手じ、と見つめつつ返答待ち。 )




 

43:神崎夜宵◆dA:2015/03/01(日) 15:52




>>24 シャド (/ 昨日は予告無しの闇落ちすみませんでした…!! )



……ふーん…。

( 相手が無愛想に返してくれば無愛想だな…、と思うが、自分も似たようなものだと思えば人知れず苦笑して。相手が「俺は、影を司る精霊、シャド・グリムザ。……お前は?」と自己紹介とともに自分に問いかけてくれば「へぇ…影…。…私は神崎夜宵。なんでもできるわよ!」とそんな訳ないのに強気発言して。

44:◆oz6:2015/03/01(日) 18:26

【自分の好きな世界観のスレ発見!
まだ、空いてるようでしたら、参加したいのですが...。
頻繁には来れないと思うので、置きレスが多くなります。
それでも大丈夫ですかね?
あと、書き込む機会によってトリップ変わります。】

>スレ主様

45: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/01(日) 23:09


( / かっ、可愛い……。何この天使!(((← 勿論、不備はございませんよ!ではでは、絡み文をお願いいただけますか? できれば花畑へ向かう描写からお願いしたいのですが……!)

>>41


 ブレイブ /

契約ってのは……。よっ、。

( 相手に問いかけられ、相手の口から飛び出した判子という言葉に疑問を抱きながらも、いきなり手を握って開けば、そこには真っ赤な宝石があって。その宝石を相手に差し出し「これは、魔力を個体にした魔石。契約ってのはこの、魔石を交換し合うってのだけど……まだ、お前はできないだろうし。ま、ひとまず受け取れ」と簡単な説明を相手にして。

>>42


 シャド /

( / いえいえ、大丈夫ですよ! )

夜宵……、いい名だ。

( 相手が、自己紹介をすれば無意識に上記をつぶやいているが、無表情なのは変わりなく、相手の強気発言は、あえて無視をしていて。「それで……この場に来たということは、俺を必要としている、ということか?」と、話題を本題に戻して、相手に問いかけて


>>43


( / 世界観をそんなに気にっていただけるとは光栄です。ただ今、空いていますのは、Cのみとなっていますが、他の方を待っていただければGも希望できます。置きレスとかは問題ありませんよ!頻繁に来れないのなら前もって教えていただければリセはしないですし。トリップも全然問題ないですよー )

>>44

46:白馬 夏稀、◆Pk:2015/03/01(日) 23:30





(/昨日は闇落ちすみません、可愛いだなんて有り難うございます!とてもレイ君が好みで襲っちゃi(、花畑へ行く途中の絡み文ですね、了解しました!



あー……もう、落ち着くのよ私……。
(昔、小さい頃にある男の人との約束を胸に成長して行き魔力とやらも自分の身が危険に晒されるぐらいまでに上がった頃、一人で地図もなしに小さい頃の記憶だけで森の奥深くへと足を運んでいき。そして、現在大きな岩の所へと片足を抑えるように座っており。どうやら、足を抉いたらしく痛そうに顔を歪めつつも実は道に迷ったらしくキョロキョロと不安そうな表情を時折見せつつも上記を呪文のように呟いて平常心を取り戻そうとしていて。


>>17 レイ

47: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/01(日) 23:37


 レイ /


( / いえいえ、お気になさらずですよ! )

あ、やっぱり、ここにいたんですね!

( 今日も、花畑へ向かおうとしたとき、人の気配と魔力を感じ、しかも一箇所にとどまったままのことに疑問を感じて、その魔力を頼りに、木の枝を飛び移って来てみれば片足を抑えている相手を見つけて、木の上から相手の目の前に綺麗に着地すれば安心したように息をついて、上記をいい微笑んで

>>46

48:   紫苑   ◆a6:2015/03/01(日) 23:38






 >>45  ブレイブ




 …綺麗 、これ、持ってるだけで良いの 、? 心臓に埋め込むとかしない ?
( 相手の手から差し出された赤い宝石の輝きに目を奪われ落とさない様にと両手で静かに受け取り 、身に付ける物ではないのが不便だなと感じ物騒ながらも真面目な質問相手へ投げ掛け 。宝石を「 交換 」する、という言葉に己の首に下げていた祖母の遺品であるネックレス相手に差し出してぽつり。 )…これじゃ、契約にならないかもしれないけど 。…あげる 。

49: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/01(日) 23:40


 ブレイブ / 

んな、アホなこと言わねーよ。

( 相手が物騒なことを、真面目ていうものなので、本気で馬鹿なのか、それとも天然なのか、と思いつつ呆れたように上記を返し。相手が、自分の首からネックレスをとり差し出したのを見て。「いいのか? 大事なもんじゃねーのか?」と受け取らずに相手に問いかけて )

>>48

50: 草凪 唄羽 ◆KY:2015/03/01(日) 23:49





( / そう言って貰えると非常に嬉しいです!了解いたしましたー!絡みにくい場合は言ってくださいね…! )




確か、此処…だった気がする…


( 幼い頃、花畑の話を聞いた際に一度だけ写真を見たことがあった為か曖昧乍も覚えており、現場に着いてはゆっくりと歩みを進めつつ辺り見回しては上記呟くも自分が本当に此処に来て良かったのかと不安になって仕舞えば何処か不安げな表情浮かべた儘その場で立ち止まっていて。 )


>>45 / クロスさん

51:   紫苑   ◆a6:2015/03/01(日) 23:50






 >>49  ブレイブ




 良いよ 、君信用出来そうだしね 。…その代わり、大事にしてね 。
( ネックレス受け取らず躊躇う相手に緩く笑い掛け腰上げ膝立ちしては相手の首へとネックレス掛け。落ちて来た日を眺めてはよいしょ、と立ち上がり「 そろそろ帰らなきゃ。 」とスカートに付いた葉や花弁払い落としつつ述べ。 )




 

52: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/01(日) 23:55


 クロス /

( / いえ、全然大丈夫ですよ! では、絡ませていただきますね )

やっと、来たか……。

( 今日も、何時ものように花畑に来てみれば前の方に相手が立ち尽くしていて、なぜここに人間が……と思っていれば、相手から魔力を感じたため、なぜ相手がここにいるのかという理由を理解して、はぁ、とため息を付けば相手の後ろに歩み寄り、上記をつぶやいて )

 ブレイブ /

……おう。

( 相手にかけられたネックレスを見ながら、上記を答えて、落ちてきた日を見て、帰ろうとする相手を見て「あ、ちょっと待て! 夜は特に悪魔に狙われやすい。だから、家まで送ってく」と、相手にそう声をかけて、相手のそばに歩み寄って )

>>50

53: 草凪 唄羽 ◆KY:2015/03/02(月) 00:00





...誰、ですか...?


( 背後から自分以外の声が聞こえては驚きからか肩を少しばかり震わせつつぎこちなく振り返っては相手見詰め、記憶をたどっても見覚えの無い相手に初対面な為か上記少々控えめに問い掛けては緩く首を傾けて。 )



>>52 / クロスさん

54: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/02(月) 00:05


 クロス /

いつもへらへらと笑ってた、男から聞いてないのか?……ここに来れば、お前と契約する精霊がいるって。

( 少々控えてに問いかけて、首をかしげてくる相手に対し、呆れたような口調で上記をいい。「俺は、時の精霊、クロス・ジアンス。ここまでくればわかるだろ、つか、察しろ」と説明するのが面倒なのか、相手に僅かなヒントを与えて説明を省こうとしているように言って

>>53

55: 草凪 唄羽 ◆KY:2015/03/02(月) 00:12





え、ええと、つまり…私と、時の精霊さんが契約する、って事…ですか?


( 相手の僅かなヒントに頭悩ませつつもあまりに時間取って仕舞えば迷惑だと考えてはイマイチ冴えていない頭を必死に回転させており、暫くして導き出した一つの答えを自信無さげに述べて仕舞えば正解かどうか気になるようで目線少しばかり泳がせていて。 )



>>54 クロスさん

56: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/02(月) 00:17


 クロス /

簡潔に言えば、そうなるな。

( ヒントを出し、時間をかけて悩んだ挙句に、自信なさげに言う相手に、めんどくさい主だ、と思いつつも上記を答えて。目線を泳がしている相手に「そんじゃ、契約をするぞ」と片手を手のひらを握り、再び開けばそこには深い青色をした宝石があって )

>>55

57:   紫苑   ◆a6:2015/03/02(月) 00:21






 >>52  ブレイブ




あのさ、ずっと気になってたんだけど、「 悪魔 」って何 ? 悪い奴なの ?
( ずっと内心で抱えていた疑問相手に投げ掛けては送ってくれるという相手に「 ありがと、 」と短く返し。取り敢えず家に帰る為歩を進めては急に己の足元へ飛んで来地面へと刺さったナイフにびくり 、ナイフが飛んで来た方向咄嗟に見るも其処には人影すら無く。 )



 

58: 草凪 唄羽 ◆KY:2015/03/02(月) 00:25






…私何かと契約して、…良いんですか、?


( 相手の発言に僅かながら吃驚した様な表情浮かべては深い青色の宝石を一度は視界に映すも不安感からか視線思わず下に向けて仕舞い、明らかにハズレくじである自身の存在に期待する様な返答求めていないも上記思わず問い掛けて仕舞っていて。 )


>>56 / クロスさん

59: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/02(月) 00:27


 ブレイブ /

悪魔ってのは、俺ら精霊たちの対の存在。あいつらは力が欲しくて、お前のような魔力を持ってる稀少な人間を狙ってんだ。そのために契約精霊ってのがいる。

( 相手に合わせながら歩き始めて、その途中途中に悪魔のことについて説明していれば、いきなり相手の足元にナイフが飛んできたことに気づき、ばっ、と相手をかばうように前に出れば、「はっ、早速お出ましかよ」と呟いたとき、草陰からゆらりと不吉な形をした黒いものが出てきて

>>57

60: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/02(月) 00:30


 クロス /

お前じゃないといけない、とかじゃねぇから。お前は、魔力を持った人間だから、契約をするだけだ。

( 相手の言葉に、はぁ?、と意味がわからないとでも言うように声を上げるも、相手が俯いたままなので相手にとっては重要なことなのだろうと察すれば、今度はため息をついて相手の期待なんぞ無視して、上記を返答し。

>>58

61: 草凪 唄羽 ◆KY:2015/03/02(月) 00:37





そうですか、…御免なさい、変な事を聞いて仕舞って、


( 相手の返答に寧ろ相手が縛られていなかったことから少なからず安堵を覚えつつも後から明らかに相手を不機嫌にしてしまったかと考えて仕舞えば謝罪添えつつ上記を述べ、目線上げ相手見詰めていて。 )


>>60 / クロスさん
 

62:   紫苑   ◆a6:2015/03/02(月) 00:48






 >>59  ブレイブ



え、何 … ? 何が 、起きてるの 、

( これ迄の不可解な現象とは全く比にならない程の出来事に驚き隠せない様子で己の胸元ぎゅ、草陰から出て来た黒い影の様なものに恐怖と驚きでその場に立ち往生し、己の前へと出た相手へ襲い掛かる影に「 危な… 」と。 )




 

63: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/02(月) 00:54


 クロス /

別に。……で、契約するのか? しないのか?

( 相手が目線を上げて自分を見つめてくるのを見て、そっけなく上記を返せば。まだ手のひらに乗ったままの、青い宝石を突き出して再び同じ質問を繰り返して

>>61


 ブレイブ /

悪魔はな、人の負の感情に漬け込み、それを増やして食うやつだ。精神折れねぇように気をつけろよ!

( 自分の後ろで戸惑い気味の相手を横目で見れば、手から炎を出し、その炎が見るみるうちに剣に姿を変えて、それを目の前の悪魔に対して構えれば相手に忠告するように上記を言った途端、「さっさと片付けてやらァ!」という声とともに悪魔の方へ斬りかかって行って


>>62

64:大照 鏡◆R.:2015/03/02(月) 19:01

>>31

え? だって私、此処に来たかったから。
えーと、信じて貰えないかもしれないけど!
私小さい頃ね? ここで不思議な人にあって、もし悪魔が追い掛けてくるのに困ったら、此処に来れば助けてくれる精霊さんが居るんだって!
貴方かどうかまでは、わからないけど……
(振り払われてもきょとんとするだけで特に気にせず、ほわっと微笑んで、人差し指を額に当てると、何とか昔言われた内容を思い出すように述べ、いい終えると本当だよ、と言いきるように相手を見上げて

65:神崎夜宵◆dA:2015/03/02(月) 19:37



>>45 シャド


うへぇ!?そ、そんな、い、良い名だなんて…、

( 自分の強気発言スルーされ少しムカッときたがそれも束の間、相手の゙いい名だ。゛という発言を聞けば変な声を上げ、一気に顔が紅潮し、もごもごと上記を言ってはそれ以降ずっと同じような事を繰り返していたが、「それで……この場に来たということは、俺を必要としているとしている、ということか?」と話が本題に戻り、問いかけてくれば気を取り直して、冷静な表情に戻し、「…まあ、そういうことね。でも、別に大丈夫だけどね。ほんとに。ただ、ちょっと危険っていうか、」と素直に言わず、色々と付け足して

66: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/02(月) 21:54


 アイル /


……お前、俺の話を聞いてたか? 馬鹿なのか? 

( 相手が自らの昔の記憶を明かして、本当だよ、と言い切るように見上げてくるのを見て、心底呆れたような顔を向ければ、意味がわからないとでも言うように頭を抱えながら上記を言えば、「いいか、よく聞け? 俺は水の精霊、アイル・ヴィーズ、お前の契約精霊だっ!」と、相手に人差し指をビシッ、として大声で叫んで )

>>64


 シャド /

……?

( 自分が、いい名だと正直に言ったとたん、目の前の相手がいきなり頬を赤くさせて、同じようなことを繰り返しているのでどうしたのかと首をかしげていて。相手が、色々と付け足して本心を隠しているのを見て、「素直に助けて欲しいといえばいいものを」とため息混じりにつぶやいて

>>65

67:大照 鏡◆R.:2015/03/02(月) 22:14

>>66
わ、私馬鹿じゃないよ!
ほらっ、此処にもちゃんと来れたし……!
(少したじろいだが、真っ直ぐな目でコクコクと頷きながらしっかり否定し、「え? あ、うん、聞く。」と言うと姿勢を但し

わー、格好いいね〜アイルー。
(ニコニコと楽しそうに笑い、ぱちぱちと手を叩いてほのぼのとしており、「あ、じゃあアイルが私と契約してくれるんだあ」と今更のように気付いて、おお〜と感嘆の声を上げ

68:神崎夜宵◆dA:2015/03/02(月) 22:22




>>66 シャド



あ、気、気にしないで!!

( 首を傾げる相手を見ては、自分が変な反応したからだ、と解り顔はまだほんのりと赤いが、自分の胸の前で手を振り少し俯き気味に上記述べ。相手が「素直に助けて欲しいといえばいいものを」と呟くのが聞こえればすぐに「いや、ほんとに、私は強いから大丈夫よ。ちょっと危険なだけで。」と一向に素直になろうとせず反論して

69: 草凪 唄羽 ◆KY:2015/03/03(火) 01:35





契約…します、…


( 最初こそは迷っていたも、襲われた際に亡くしてしまった人の事を思い浮かべてはあのような事は繰り返したくない為か決断し、何処か不安感含んだ声色で上記述べては宝石に視線移して。 )


>>63 クロスさん
 

70: 生の精霊 ◆Fho:2015/03/03(火) 18:59


 アイル /

……だめだ、コイツのテンションよくわからん。

( 相手を指さしているポーズをカッコいいと、行ってほのぼのな雰囲気をだし、やっと本題に入れた事実に関して再び頭を抱えれば嘆くように上記をつぶやいて。

>>67


 シャド /

ちょっと危険、か。……悪魔の仕打ちは甘いものではないぞ。

( 一向に素直になれない相手に、これ以上同じこと言っても無駄だろうと思い、ならあえてきつく言ってしまおうと思い、少し相手を睨みながら上記を述べ、「悪魔は、人の負の心に取り付き、その人物にとって悲しく思い過去を何度のその人間の頭の中で繰り返させ、そして壊す。……魔力を持っているお前なら確実に、有り得るだろう」と、一切何も隠さずに事実を述べて、いやでも契約をさせようとしているようで

>>68


 クロス /

……本来なら、お互いの魔力で作ったこの魔石を交換し合うが、ま、今のお前の力じゃ形にすることもできないし、ひとまず受け取っとけ。

( 相手が辛そうな顔で、宝石に目線を落としているのを見て相手から過去に何かがあったということを勘づいたが、何も言わずに上記を言えば、相手に向かって手に持っていた宝石を投げて。

>>69

71:大照 鏡◆R.:2015/03/03(火) 19:34

>>70

? ……、あっ。
ねえねえ、契約って私、何をすればいいの?
(相手の反応にきょとんとして首をかしげ、暫し考えていたが、そういえばどうやって契約するのだろうという疑問が沸いて、考えるのをやめてしまい立ち上がってワクワクした目で相手を見て

72: ◆Fho:2015/03/27(金) 01:26



 アイル /

( / 遅レス、すみません…… )


え、……あー、契約ってのはな。

( 頭を抱えていたが、ふと相手からの質問に我に返り体制を戻せば、上記を言いながらぽんっ、と手のひらに水色の宝石を出して、「 この、魔力を固めた魔石を互いに交換し合って契約完了ってわけ。でも、お前はまだ魔力が小さいから、ひとまず受け取っとけ 」と相手の方にその水色の宝石を投げて


>>71





@ …… 沙原 紫苑ちゃん >>14


A …… 大照 鏡ちゃん  >>21


B …… 草凪 唄羽ちゃん >>41


C …… 予約なし


D …… 神崎 夜宵ちゃん >>9


E …… 白馬 夏稀ちゃん >>13


F …… 一条 あやめちゃん >>36


G …… 予約なし



(  / 今更のような気がするけど……埋まっていないのはCとGですね  )


書き込む 最新10 サイトマップ