素敵な魔法を君に

葉っぱ天国 > 恋愛なりきり > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1:◆OI:2018/04/14(土) 02:06


昔々あるところに心優しい魔女がいました。
魔女は人間の悩みを聞いては人間のために薬を煎じたり、作物を生き返させたり雨を降らせたりしていました。ある日森の中で倒れている青年を見つけ心優しい魔女は何日も毎日毎日看病し続けました。次第に二人は愛し合うようになりました。しかし、魔女は人間を愛してはいけないと言う掟がありました。その掟を破っていることが魔女に知れ、力ずくでも心優しい魔女を連れ戻しにやって来ましたが案の定心優しい魔女はそれを拒否しました。すると一人の魔女が怒り殺しの魔法を心優しい魔女に向かって放ちました。しかし心優しい魔女には魔法が当たりませんでした。何故なら彼が盾となり守ってくれたのです。心優しい魔女は大粒の涙を流して『ごめんなさい、私が貴方を愛したからいけないの…お願い…死なないで…』と彼を抱きしめて言いました。彼は微笑みながら心優しい魔女の涙を拭き『泣かないで…謝らないで…僕は君との時間がとても楽しかった…君の隣にいられて嬉しかった…生まれ変わっても君のもとへ帰って来るよ…だから僕が分かるようにこれを持っておいて…愛してる』と言うと彼の首元にある銀色のチェーンに透き通った青いネックレスとお揃いの銀色のチェーンに透き通った赤のネックレスを心優しい魔女に渡しました。『えぇ、待ってる…待ってるわ…貴方を永遠に愛してる…生まれ変わっても愛してるわ』とネックレスを受け取り心優しい魔女が言うと彼は微笑みながら息を引き取りました。
これが心優しい魔女と最後まで心優しい魔女を愛した青年のお話。

心優しい魔女と青年の生まれ変わりの子たちのお話はまた今度に…

>>2

>>3

>>4
                       

2:◆OI:2018/04/14(土) 02:10


うわー、めっちゃ長くなっちゃいましたね( 'ω' ;)

簡単に言うと
昔、魔女と青年がいて2人は愛し合っていたけど掟によって殺されそうになった魔女を青年が助けて死に間際にネックレスを渡して生まれ変わっても愛しているから君を見つけるよ
て言うお話です。
                        

3:◆OI:2018/04/14(土) 02:24


ルール

・なりすまし、荒らしとか最低限のルールは守ってください

・ロルの長さは自由ですが行動が分かるようにしてください

・トリップ、安価必須です

・勿論恋愛はオッケーですが行き過ぎ注意

・魔法使いだからって戦闘はいけません

・キャラ喧嘩はやり過ぎないように

・↑本体同士は駄目ですよ!

・本体同士の会話は(/)【】どちらかでお願いします

・相手を決める時は魔女から誘ったり人間から誘ったりしてくださいね
                        
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キャラ募集

 魔女(女子) ✕ 人間(男子)(主やります)
 魔女(女子) ✕ 人間(男子)
 魔女(男子) ✕ 人間(男子)
 魔女(男子) ✕ 人間(男子)

計7名募集
                        

4:◆OI:2018/04/14(土) 15:49


魔女は赤、人間は青で銀色のチェーンに透き通った青い(赤い)宝石のネックレスでお願いします。首から下げてなくても良いです。でも常に着けていてください。指輪とかブレスレットとかピアスにしても大丈夫です。宝石の部分が滅多に無いものになっているので大丈夫です。相手の子が気付いてくれます。


魔女用pf

名前 / 和名

性別 / 

年齢 / 17〜25(高2〜

性格 / 出来れば詳しく

容姿 / 出来れば詳しく

魔法 / (治癒とか水を操るとか心優しい魔女ちゃんの時どんな魔法使ってたのか想像しながらでお願いします

備考 / 一人称、二人称とか

人間用pf

名前 / 和名

性別 / 

年齢 / 17〜25(高2〜

性格 / 出来れば詳しく

容姿 / 

備考 / 一人称、二人称


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主pf

『運命とか信じてないからネックレスとかたまたまだろ』

『俺のこと好きになっちゃった?』(くすっ

名前 / 荒木 真(araki shin)

性別 / 男

年齢 / 20

性格 / ツンデレクール男子。結構ぼーっとしてる事があるので世話したくなるかも。でも、お節介すぎるのは嫌い。うざったく思っちゃう。思ったことをすぐぼそっと呟く癖がある。みんなに優しく頼られるのが好き。張り切っちゃうけど張り切ってるように見えない。人見知りなので友達少ないがちゃんと親友いる。運命とか信じないけど昔からある物語に出てくるネックレスなんで俺もってんだろうと思っている。前世の記憶は全く無い。甘党でケーキ大好き。猫大好き。

容姿 / 黒髪の髪で少し癖っ毛。前髪は眉下まであり右に流している。少しツリ目で藍色のの瞳。声は低め。178cmあり細過ぎず太過ぎずの体で健康的な肌の色をしている。服は紺とか黒とか落ち着いた色を着ている。シャツにジーンズなどラフな格好を好む。首に銀色のチェーンに透き通った青い宝石のネックレス

備考 / 一人称『俺』二人称『君、~ちゃ
     ん、呼び捨て』
大学2年生、一人暮らし2年目。
うるさい子はちょっと苦手。
前世の魔女の子と心が通った時の反応お楽しみに。


以上でルールとか、pf説明終わりです。
後、お互い最初はどんな関係(初対面とか幼馴染とか学校同じとか会社同じとか)にするかとか話し合ってからの方がやりやすいと思うのでそこはお二人にお任せします。
分からないとことか質問などは声かけていただければお答えするので気軽にどうぞ〜。

ここまでとても長くなってしまいましたね。
読みづらかったと思いますがありがとうございます!
ではスレ解禁です
                        

5: *◆.o:2018/04/14(土) 17:58



( 。/素敵なスレですね!!❀.(*´▽`*)❀.
魔女(女の子)で参加希望ですっ!)

6:◆OI:2018/04/14(土) 18:07


( / 素敵だなんて!ありがとうございます(*′V′*)では、pfお願いします!)

>>5
                        

7: ◆uA:2018/04/14(土) 21:09



( 魔女(女子)で参加希望です )

 

8: *◆.o:2018/04/14(土) 21:34



「 そこの貴方止まりなさい!! 」

「 この力は普通の人が見ると気持ち悪がられるけど、あなたは違うみたい 」

「 貴方といると心臓の当たりが脈打つの 」

名前 / 小田 麗子( おだ れいこ )

性別 /  女

年齢 / 18歳

性格 / 人一倍責任感が強く、何事にも全力で真摯に取り組み、曲がったことを許さない性格。沈着そうな外見とは裏腹に、短気で手の出やすい性格をしており、 女の子なのにグーでパンチしたりする。最近の流行りにはついていけていないらしく、女の子らしいファッションやメイクなどには超疎い。魔法が使えることには中学2年の頃に気づくが、普通の人間として生きることを選び周りには隠している。ちなみに恋愛経験は人並み以下。

容姿 / 少し藍色がかった黒髪で前髪が眉毛が見えるまで短く、長さは肩より少し下。ぱっちりと大きい黄緑色の瞳で下睫毛が長い。顔立ちはそれなりに整っていて、いつものような眉間にシワを寄せるような難しい顔をしていなければ美形。身長は162cmで体型は至って標準、お胸は控えめ。夜遅くまで生徒会にて仕事をしているため半日以上は学生服姿であり、季節に関わらず黒タイツを履いている。首からは銀色のチェーンに清潔な血のように赤い宝石を付けている。

魔法 / 治癒魔法(前世である心優しい魔女はどんな難病も治せるという強力な治癒魔法が使えたが、麗子本人は風邪や切り傷ほどしか治せないが、自分に受けたダメージは強制的に自己回復され自分の怪我ならどんな重症でも治る。)

備考 / 一人称は「私」、二人称は相手の年齢や人格によって変わる。現役の学生で学年は高校3年、学校では生徒会長を務めている。前世の魔女が助けたと言われた青年の生まれ変わりがいる、ということについては聞かされたが、興味深くはあるが学生生活を疎かにしてまで調べようとは思わないということ。

( 。/お待たせ致しましたあ!pfに不備があれば遠慮なくご指摘くださいね!!)

9:◆OI:2018/04/14(土) 22:00


( / 不備はございません!真が麗子ちゃんのお相手させていただいても良いですか?)

>>8

( / 参加希望ありがとうございます。pfお願いいたします(*′V′*))

>>7
                        

10:◆OI:2018/04/14(土) 22:12


( / あ!キャラ募集が 魔女(男子)✕人間(男子)になってましたΣ(-∀-;)

正しくは
魔女(女子)✕人間(男子)
魔女(女子)✕人間(男子)
魔女(男子)✕人間(女子)
魔女(男子)✕人間(女子)
です!
ひゃー、いけない間違いをしてました…)
                        

11:◆lo:2018/04/14(土) 22:58


【魔女男子で参加希望です】
                        

12: *◆.o:2018/04/14(土) 23:18



>>9 主さん
( 。/大丈夫です!!Σd(≧▽≦*)
よろしくお願いします!!! )

13: ◆Vw:2018/04/15(日) 07:21


【人間の女の子で参加希望です】
 

14:◆OI:2018/04/15(日) 10:56


( / 参加希望ありがとうございます!pfお願いいたします(*' ')*, ,))

>>11
>>13

( / ありがとうございます!関係は麗子ちゃんも一人暮らしで真とは家がお隣さんって言うのはどうでしょうか?真が引っ越して来た、みたいな感じで)

>>12
                        

15: *◆.o:2018/04/15(日) 11:55


>>14 主さん

( 。/ OKです!
あの、初回は苦手なのでお願いしてもいいでしょうか…? )

16:荒木 真◆OI:2018/04/15(日) 19:33


( / 分かりました。よろしくお願いします(*′V′*))


はぁ…

(引っ越しして来て片付けがやっと終わり夕方になっちゃったなぁ…と思いため息をつき『隣に挨拶に行くか』と上と下と左の部屋に挨拶終わり、最後に相手の部屋のインターフォン鳴らし

>>15 小田さん
                        

17:小田 麗子*◆.o:2018/04/17(火) 15:45


>>16 荒木さん
( 。/ありがとうございます!!
返信が遅れてしまってすみません!<(_ _)> )

「 はぁい 」
( 呼鈴が鳴れば掃除をしていた手を止めて上記で返事をすればドタドタと音を立てながらドアへ向かって、少し勢いよくドアを開け相手の顔を見ればきょとんとした顔で「…どちら様でしょうか?」とドアノブを握りながら尋ねる )

18:荒木 真◆OI:2018/04/18(水) 00:05


( / 大丈夫ですよ( ´∀`)b )

初めまして。隣に引っ越して来た荒木と申します。よろしくお願いいたします。

(相手が出て来るとペコッとお辞儀をして上記を微笑みながら述べ『これタオルですが、よかったら使ってください。』と箱に入ったタオルを見せ相手に差し出し

>>17 小田さん
                        

19:小田 麗子*◆.o:2018/04/18(水) 00:23


>>18 荒木くん

「そうでしたか、ご丁寧にありがとうございます。」
( 相手の紹介を聞くと安心したように笑みを零して上記、「小田です。分からないことがあれば遠慮せずに聞いてください。」とこちらも紹介をし、ば差し出されたタオルに手を伸ばす。 )

20:荒木 真◆OI:2018/04/18(水) 16:20


ありがとうございます
失礼します
(相手にタオルを渡し上記言いまたペコッとお辞儀をすると相手の首元に赤く光る宝石が目に入るが無反応で自分の部屋に戻ると玄関閉じてしゃがみ込み『な、何だこれ…』と心臓がばくばく鳴り出し胸を抑え

>>19 小田さん
                       

21:小田麗子*◆.o:2018/04/18(水) 22:20


>>荒木くん

「……まさかね」
( 閉められたドアの前で高鳴る胸の鼓動に疑問を覚えていれば、もう一度相手の顔を頭によぎらせれば自然に首に下げているネックレスに手を伸ばしぎゅっと握り締めれば上記、 )

22:荒木 真◆OI:2018/04/19(木) 18:23


あれ持って来てたかな?

(本が大量に入っているダンボール箱を開け一冊の本を取り出すとページをめくりだし『彼の首元にある銀色のチェーンに透き通った青いネックレスとお揃いの銀色のチェーンに透き通った赤のネックレスを心優しい魔女に渡しました。…もしかして…これ?』文章を読むと自分の首に下がっているネックレスを外し掌に乗せ。小田さんに聞きに行くのは迷惑だよなぁ…なんて思い

>>21 小田さん
                        

23:小田麗子*◆.o:2018/04/19(木) 21:24


>>22 荒木くん

「…不思議な感じ。」
( 疑問を持ちながらもひとまず部屋の中に入りソファに腰掛ければ天井を見つめ上記、首に下げているネックレスを服の中から出し手のひらの上において見れば「荒木さんに聞いたら気味悪い人だと思われるかな…」なんて少し口角を上げながら言う。 )

24:荒木 真◆OI:2018/04/20(金) 00:55


んー、よし

(少し悩んだが相手に聞くことにして立ち上がり相手の玄関前に来て『運命とか信じてなかったんだけどなぁ…前世の記憶も無いし…』と今更ボソボソと呟き出し、ここまで来たので行くしかないと思いインターフォン鳴らし

>>23 小田さん
                        

25:小田麗子*◆.o:2018/04/20(金) 09:48


>>24 荒木くん

「 あ、はーい! 」
( 天井を見上げながら相手のことを考えていれば再び鳴らされたインターフォンに遅れ気味で返事をすればネックレスを握ったまま駆け足で玄関へ向かい少し勢いよくドアを開ける。 )

26:荒木 真◆OI:2018/04/20(金) 22:01


あの、少し聞きたいことがあるんですが

(相手が勢い良く開けるので少し驚くが上記言い掌に握り締めていた青い宝石のネックレスを相手に見せ『心優しい魔女と青年の話って知ってますか?信じ難いかもしれないんですが、これ青年が魔女にネックレスを渡す場面があるんですけどそのネックレスなんです。えっと…小田さん、もしかして赤く宝石のネックレス持ってますか?いや、あの、感…なんですけど』と真剣な眼差しで相手を見つめ

>>25 小田さん
                        

27:小田麗子*◆.o:2018/04/20(金) 22:40


>>26 荒木くん

「 っ…やっぱり… 」
( 相手の話を聞くと目を見開き驚きの表情を見せ口元に手を添えれば上記、一呼吸置くと「こんな所ではなんですので、どうぞ中へ」とドアを大きく開けば家の中へ誘う。 )

28:荒木 真◆OI:2018/04/21(土) 01:12


はい、失礼します

(お辞儀をして相手の部屋に入り、内心『こうゆうことって本当にあるんだな…じーちゃんの話よく聞いとけば良かった…』と昔から祖父が物語のことを教えてくれてはいたが信じてなかったので話を流していたのを後悔し、『あの、物語の本を持って来たので一緒に物語の内容を確認しませんか?』と本を見せ

>>27 小田さん
                        

29:小田 麗子*◆.o:2018/04/21(土) 13:29


>>28 荒木くん

「 ほんとにあるんだ… 」
( 本を見せられればまた驚いた表情を見せ上記、顎に手を当てうーん、と何かを考える素振りを見せれば「正直…その話を聞かされた時は作り話かなにかと思っていたけど…まさかほんとにいるなんてね。」と言えば相手に微笑みかけ部屋の中へ進んでいく。 )

30:荒木 真◆OI:2018/04/21(土) 21:07


俺も信じてませんでしたよ

(と苦笑いし相手について行き『中高生の時なんて、これ着けてなかったくらいですから』と今思えば着けとけば良かったなとまた後悔し

>>29 小田さん
                        

31:小田麗子*◆.o:2018/04/21(土) 22:28


>>30 荒木くん

「 そうなんですか 」
( 相手の言葉を聞くとすくっと笑みをこぼし上記、「私はなんとなく御守りがわりに…」と首に下げているネックレスに触れながら言えばリビングに着き「適当に座っていてください」と告げればお茶を入れにキッチンの方へ向かう。 )

32:荒木 真◆OI:2018/04/21(土) 23:22


あ、はい

(相手に言われた通り座り本のページをめくりだし物語を読んでいくと『生まれ変わっても愛している』と言う言葉が目に入り現在自分たちはそんな関係では無いしそもそも初対面だしその先があるなんて分かんないしな…と考えながら物語を読み

>>31 小田さん
                        

33:小田麗子*◆.o:2018/04/22(日) 19:31


>>32 荒木くん

「 …その本は誰かから貰ったんですか? 」
( お茶を2つお盆に載せて、キッチンから相手の元へ向かえば真剣に本を読んでいる相手の姿を目にし、手前のテーブルにお茶を置きながら上記を尋ねる。 )

34:荒木 真◆OI:2018/04/23(月) 20:25


これはいつからかは分からないですけど家に昔からあったんです

(相手に本について聞かれ上記述べ自分の前にお茶を出されると『あ、すみません、ありがとうございます』とペコッとお辞儀し

>>33
 

35:小田麗子*◆.o:2018/04/23(月) 23:39


>>34 荒木くん

「へえ…私は物心つく時からこのネックレスを身につけていて、その物語については母から聞かされました。」
( 相手の正面に腰を下ろせば相手の目を見て上記、お茶を手にすると一口だけ飲んで「改めまして、隣人の小田麗子といいます。」と再び自己紹介をすれば目を細めてニコッと笑みを見せる。 )

36:荒木 真◆OI:2018/04/24(火) 23:53


あ、荒木真と言います。よろしくお願いします

(相手が改めて自己紹介をしたのでこちらもと思い自己紹介をしペコッとお辞儀をし物語の話に戻り『これ、2人付き合ってますけど俺達はあって間もないですしこらからこういう関係になることは無いと思うんで、安心してください』とキッパリ言い張り

>>35 小田さん
            

37:小田 麗子*◆.o:2018/04/27(金) 17:33


>>36 荒木くん

「 フフッ…そうキッパリと言われるとなんか傷つきますね 」
( 口元に手を置きながら小さく笑みを零せば上記、「まあ、先程会ったばかりですしね」と再び足元に手を合わせれば「さて、何から話しましょうか」と少し首を傾げながら問う。 )


書き込む 最新10 サイトマップ