恋愛系短編小説まとめ【美桜】

葉っぱ天国 > 短編小説 > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1:美桜◆HQ 俺の嫁は山ほどいる:2017/07/15(土) 00:09

恋愛小説をまとめてみました。
キュンキュンしてくれたら嬉しいです。
感想等書いてくれたら泣いて喜びます。
キュンキュンさせれるように頑張ります!

2:美桜◆HQ 俺の嫁は山ほどいる:2017/07/15(土) 00:34

No.1 幼なじみ


「ミーン、ミーン、ミーン………」
蝉が鳴いている8月上旬。
あたし、河内芽衣。普通のJK。
友達とゲーセン行ってプリ撮って…
今に満足してる。
でも、青春がやってこない。
彼氏も居ない。ましてや、
好きな人も居ないし、気になる人も…

居ない。
でも、何でか女子にモテる。
部活の後輩達から貰ったラブレターは数えきれない程。

「女子にモテるより男子にモテたい…」
これが今のあたしの本当の気持ち。
体育館前の階段に座り、ぼーっと
サッカー部の練習を見つめる。
「……ん?」
何か人が集まっている。
よく見ると、大きい円の中に
女子一人、男子一人。
その女子は………
「か、歌恋!?」
そう。あたしの親友、森山歌恋。
そして男子は………
「瞬!?」
あたしの男子での親友、中谷瞬。
え、待って。
歌恋の好きな人って……そういえば、
瞬じゃん!

それに今、瞬が歌恋に花束渡してるし……
ってことは、
「歌恋は、好きな子から皆の前で告白されてるってこと?」

「そうなんじゃないの?」

「うわ!」

あたしが後ろを振り返ると、あたしの幼なじみの藤井隼人がいた。

「え、何その悲しそうな顔。」

隼人は、私に向けて言った。

「どんどんあたしの周りの親友がリア充になっていく……」

「リア充って何?」

「彼氏や彼女が居たりして、リアル充実してる人の事……かな。」

「じゃあさ……俺達もリア充になろうよ。」

「えっ!?」
隼人から出た思いがけない言葉に
本気で驚く。

「待って。それ、ど……!」

あたしと隼人の距離は0cmになった。

あたしは初めて、幼なじみに本気で惚れた。

3:青春を見失ってしまったJS hoge 何処へいったの私の青春!:2017/07/17(月) 19:29

スレ停止


書き込む 最新10 サイトマップ