なんだかんだで 

葉っぱ天国 > 短編小説 > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1: ◆AY:2017/07/16(日) 21:10



ぼそぼそ 
ゆっくりと ( >>2 )

  

2: ◆AY:2017/07/16(日) 21:10



レス禁止

  

3: ◆AY hoge:2017/07/17(月) 08:19




小渡 要 -こわたりかなめ
→ 長男 / ♂ / 23 / 社会人

小渡 叶 -こわたりかなえ
→ 長女 / ♀ / 21 / 大学生

小渡 港 -こわたりみなと
→ 次男 / ♂ / 19 / 大学生

小渡 京 -こわたりみやこ
→ 次女 / ♀ / 19 / 大学生


  

4: ◆AY hoge:2017/07/17(月) 08:22




木純 晴 -きすみはる
→ 一人っ子 / ♀ / 高校生辺り / 喋れない


  

5: ◆AY hoge:2017/07/17(月) 08:56




短編をぼそぼそいくつも、短編集みたいな。
>>3が主なおはなし。たまに>>4でおはなしの種類は気分で追加。


  

6: ◆AY hoge:2017/07/17(月) 12:49




食後のプリンを探す京。
ボールを磨く港。
ひたすらにケータイをいじる叶。

今日も家は平和である。


  

7: ◆AY hoge:2017/07/17(月) 13:40




ばしゃばしゃと飛び散る水の音。リビングから聞こえるテレビの音。弟がした大きなくしゃみの音。

様々な音を聞きながらに皿洗いをする。
いつもなんら変わらぬ夕食後の一時。

蛇口から流れる水を止めてはふと思う。

「 あれ。京に頼まれたプリン、買ってきたっけ? 」


  

8: ◆AY hoge:2017/07/17(月) 13:41



>>7 
いつもなんら → いつもとなんら

  

9: ◆AY hoge:2017/07/17(月) 13:47




自分の記憶に語りかけるも、記憶からの返答はない。
きっと買い忘れているのだろう。

「 これはまずい、京が怒ると怖いからなあ 」

ため息混じりにぽつりと呟く。
既にプリン探しを始めている京にプリンが無いことを気づかれるのは時間の問題だ。

皿洗いを終えた僕は手を拭きながらに弟のもとへと歩いていった。


  

10: ◆AY hoge:2017/07/17(月) 17:38




港の背中を軽くたたくと彼は此方に振り向く。
ボール磨きの邪魔をして悪いと思う気持ちはあるが、この一大事に港に頼らずにはいられない。

「 実は京に頼まれてたプリン買ってくるの忘れちゃってさ…
  急いで買ってくるから京の足止めしてくれない? 」

両手を合わせつつ、ちらりと京に視線を送る。
すると港もちらりと京を見る。

二人の眼に映るのは人里におりてきた野性の熊の様な荒々しさで冷蔵庫を漁る京の姿。
普段はのそのそとした動きなのにここまで荒々しくなったのは、好物が無いことに腹を立てているからなのだろう。

ことの大きさを察してくれた港は、無言でこくりと頷くと親指をぐっとたてた。


僕は急いで靴を履いて家を出る。
はやくプリンを調達せねばと焦りながらに。


  

11: ◆AY hoge:2017/07/17(月) 17:41



>>6 プロローグ
>>7-10 プリン1

  

12: ◆AY hoge:2017/07/17(月) 17:45




優しく吹く風が病室に秋を運んできた。
そして、あの夏をさらってゆく。


  

13: ◆AY hoge:2017/07/18(火) 18:22




今年の夏も暑かったよと、東京から遊びにきたいとこは言った。
それを横で聞いていた祖母が、こっちもすごく暑かったよと梨を剥きながらに言う。

涼しい病室と夏を共にしたわたしにはわからないが、連日照りつけていた太陽から察するに夏の気温は30度を越えていたのだろう。

外で元気に遊べるみんなが羨ましい、なんて思うのは何度目だろう。


  

14: ◆AY hoge:2017/07/22(土) 18:28



>>13 きすみ(一旦打ち切り)

  


書き込む 最新10 サイトマップ