靴の花火

葉っぱ天国 > 創作 > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 17:38




    今更な僕は
 ヨダカにさえもなれやしない

      >>2 


                

2: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 17:43




✩妄想した事、メモも少し
✩謎シチュの文章投げたりもある
✩基本的にはレス禁止


                                

3: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 17:45




他所で見掛けて興味持って調べてみたけどケーキバース凄い好き
あんな設定をずっと探し求めてたんだ…
ケーキ(♀)×フォーク(♂)で何時か遣りたい


                         

4: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 17:52




ケーキ、モンブラン。

「 私のこと食べても、美味しくないと思うけど 」

彼女は訝しげな視線と、自己防衛の念からかそうぽつりと呟いて。
――それもそうだろう。目の前に、肉を切り刻み其れを全て嚥下して仕舞いたいと豪語する男がいるのだから。
ケーキは総じて皆美味しい。そして其の美味な味わいを感じる事が可能なのはケーキである彼だけだ。

「 だーから、俺…まあフォークの人達か。にとっては、お前らは皆ィんな美味しーの。…匂いを嗅ぐ限りお前はモンブランだな 」

そういって男は心底嬉しそうに彼女を見詰めて。其の様はまるで、美味しい美味しいケーキを前にして嬉々と瞳を輝かせる幼い子供のようで。


文章にしてみる。めっちゃ猟奇的な感じだけどちゃんと恋愛(?)アイスバースとかも可愛いけど。
食べ物として見てる対象の相手がいつしか愛おしくなっちゃって、みたいなね。


                               

5: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 17:54




ケーキである彼じゃないフォークである彼だクソミスだな!


                  

6: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 17:55




元は韓国の二次創作で発祥したものらしく。
特殊嗜好、。


                

7: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 18:01




「 だーいじょぶだって。そんな直ぐには喰わねーよ 」

ケラケラ、ケラケラ。
少年のように笑う彼の顔を見て少し気が抜けたのか、彼女はくあ、と欠伸を一つ。
モンブランの頂点に存在する栗のように深い茶色をした彼女の瞳の目尻に涙が滲み。
――途端、ぐいと彼が身を乗り出し涙を人掬いするとぺろりと舐めて。

「 お、やっぱ上手ーな。シロップみてーな味 」


――何だかぶるりと身体が震えたような気がした。


                         

8: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 18:11




良い酉がない。ね、


                      

9: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 18:16




「 …美味しく、ない 」

試しに、彼に倣って自分の涙を口に含んだ。じわりと広がる不快な塩味。
味蕾にその味が染み込んでいくのと同じように、彼女の顔も次第に顰め面に変化していく。

自分はモンブランなのだと彼は云った。
当然ではあるが、モンブランはこんな味ではない。矢張りケーキの人間の甘露はフォークの人間にしか感じ取れないらしい。
むすり、と今日一番の顰め面を披露した。


                        

10: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 18:24




「 こんにちは、恩返しに来ました! 」

「 …人違いです 」

明らかに可笑しい。というか異常だ。
白昼堂々、ブランケット一枚ほどしか羽織っていない年端もいかぬ少女が家を訪ねてくるなんて明らかに異常だ。
更に少女はなんと言っていたか。そう、恩返しだ。鶴じゃないのかと突っ込みたくなる衝動は何とか抑えた。

百パーセント不審者…最早不審者という言葉をそのまま体現したかのような電波少女を助けた記憶は、ない。
白昼夢だ。半ば強引にそう決めつけてベッドに向かおうとした瞬間。

「 …こんにちは!開けてー!開けてくれなきゃ、猫パンチします! 」

なんだ猫パンチって。盛大な溜息をついて扉に手をかけた。


ていう、昔子猫のときに助けて貰った彼を見つけ出して人間の姿になって恩返しに来る猫の女の子のお話。
これも考えてた。


                          

11: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 18:30




「 V模擬の結果、知りたくないな 」

はい、今の心情


                     

12: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 18:41



◎快晴( orangestar )


 「 快晴だね 」

青々と澄み渡った蒼天と同じくらい、君の笑顔は綺麗だった。
夏の空は僕らを見下ろして、空を二人占めしているように思えて、

全て全て、遠い夏の日の出来事だけど。
僕は忘れないでいるんだ。坂道も星空も君の泣き顔ですら。

二度と帰れなくても、それはとても美しい僕らだけの夏だったろう。


 「 好きだよ 」


また出逢えます様にって、そう思いながら生きて往くよ。


                               

13: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 18:45




✩白髪(銀髪)赤眼
✩おかっぱ

この二つの属性が好きなんだと気付いた…


                      

14: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 18:50



そうか!毒を飲もう!


                 

15: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 18:59



結束荊( ユイツカ イバラ/ケイ )
おんなのこならイバラ、男の子ならケイやな

紡木( ツムギ )--


                 

16: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 19:00



ケッソクじゃないよユイツカだよ


                    

17: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 19:12




ケーキバースほんと可愛い


                    

18: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 19:24




「 食べるなら、早く食べなよ。切り刻んで、引き千切って 」

強気な口調、ともとれる。然し、華奢なその肩はカタカタと小刻みに震えている。
怯えています、と言わんばかりの表情。

「 そんなに怯えんなって。いやまじで 」

流石の彼も成人もしていない少女の怯え切った表情に良心が傷んだのか少し慌てた素振りを見せ。
それは傍から見ればケーキの人間を喰らう殺人鬼とは到底思えず。


                                  

19: ヨルシカ hoge:2017/09/04(月) 19:42



ケーキ( ♀/モンブラン )
✩涙、唾液、血、全てが甘く美味しい先天性のケーキ。

フォーク( ♂ )
✩ケーキである人間を美味しいと感じる男の人。フォークは後天的なものらしい。

半ば強引にケーキの少女を連れ出して(誘拐)自分のお部屋にすたこらさっさ。
次第に愛着湧いちゃって切ることが出来ない!どうしましょう、

…私得過ぎるな


                        

20:  hoge:2017/09/10(日) 19:03




「 …え?あ、御機嫌よう。えと、今日は良い天気ね? 」
「 と、友達が欲しいわ…それにあの人ともお話したいし、如何してこうヘタレなのかしら… 」

・名前 / 荊( イバラ )
・年齢 / 15歲を迎えたばかり

・容姿 / ヴァイオレットの色彩をした髪は巻いているのか将又癖毛故か、恐らく後者であり規則正しく波打っている。腰辺りまでのそれを両側の耳の上で結い上げており所謂ツインテールの形。然し結び目は其処まで高くない為幼い印象はない。前髪はパッツンで瞳に掛からない程度。長い睫毛に囲われた、玲瓏に透き通った大きな双眸は濃い青の虹彩を持ち、例えるならば宝石のサファイヤといった所。常に凛とした輝きを放ち何処か近寄り難い雰囲気も放つ。真一文字に結ばれた唇は薄桃色、滑らかな白皙と見目だけは申し分ない。制服も乱す事無く着用し学園内では瞬く間に優等生というイメージが浸透した。身長は157cmと平均的なもので、スタイルは年齢故に未だ女性的な凹凸は確りしている訳ではないが、多少なりには成長している様子。

・性格 / 傍から見れば矢張り近寄り難く孤高の存在といった感じであり、彼女自身笑顔を見せる機会が少なく無愛想に思われがち。本音は沢山友達を作ってお喋りして、憧れの男の子とお近付きになって、と年相応な望みを持っている。クラスメイトと馴染めない理由としては極度の人見知り(コミュ障)である事が先ず起因していて、自分から積極的に接していくのが苦手、且つ受け答えも下手くそとヘタレ要素が満載。更に、口調はお嬢様のような綺麗な言葉遣いであるが、実は中等部に成る前、初等部の高学年辺りの頃ボクッ娘だったという痛い過去を持っており、転校前の学園でうっかり其の時の名残が出て一人称をボクにして仕舞った事で周りにやや引かれ、其れを隠し矯正する為に今の口調に至った。また口走ってしまうのでは、という不安も自分から話しかけ辛い要因の一つとなっている。然し、彼女にも長所は有り、正義感が強く困っている人を目の前にして放っておく事が出来ない典型的な御人好し気質を持っている。またこう見えて努力家で正に魔法少女となる資質を持ち合わせている。視聴者の女児からは正義感の強い努力家という面で憧れの的となり彼女の成長していく様を見守っている。十代層や更にその上からは年相応な悩みを持っている事は勿論、ツインテール+実はボクっ娘だったという属性に萌えを覚える人も多々。

・何故学校に馴染めずにいるか / 上にもあるように取っ付き難い雰囲気や表情、とベタ過ぎるもの。此方もまた黒歴史を抱えている故に話し掛ける事に躊躇が生まれ一向に馴染めずにいる。

・備考 / 一人称は私。二人称は貴方。今も時々感情が昂ぶった時にボクという一人称が出て仕舞う。その頃はボクという一人称が可愛いと思い込んでいたらしい。何かと背伸びしたがりな年頃なのにヘタレと本人も呆れる性格で物語冒頭は後ろ向きだった思考も、魔法少女として戦う内に精神的にも成長し自信を持てるようになる…というシナリオ。


                   

21:  hoge:2017/09/10(日) 19:03



「 荊に包まれてお眠りなさい! 」
「 うわわッ、何でボクがこんな目に…!ってボクじゃない!早くどっか行きなさいよ! 」

・戦う魔法少女としての名前

・容姿 / 今迄主人公のテーマカラーは赤やピンクが多かったが新鮮さを出そうとの製作者側の計らいで青になった。最早このシリーズでは当然となった毛量と長さの異常な変化は矢張り表れ、結び目のやや高くなったツインテールは脹脛に届く程長い。パッツンの前髪は変わらずで髪色にも変化なし、結び目に飾りとして薔薇の花があしらわれている。服装は腹部を露出したもので矢張り薔薇の飾りが要所要所に有り、ノースリーブにアームカバー、青と紫を基調とした衣装で可愛らしいというよりエレガントさを重視した様子。細部まで作り込まれた衣装故に作画班殺しと言われる。今作はソロの主人公という事でフォームチェンジが許され、最初のものを除き五色に変化し、それに対応し魔法の属性も変わる仕組みになっている。

・技や武器、設定など / 今回のモチーフは薔薇の花で、魔法の属性毎に青薔薇、赤薔薇、黄薔薇、白薔薇と変化。物語が進行し彼女の大きな成長が見られる場面でチェンジ出来る衣装が変わる、という仕組み。勿論アクロバットな動きも有るが魔法の描写も取り入れる。青薔薇は水、赤薔薇は炎、黄薔薇は雷、白薔薇は治癒、という区分け。良くある魔法少女覚醒時には虹色の薔薇の衣装を纏える(らしい)。またどの衣装関係なく薔薇の蔦で敵の動きを封じ込める、薔薇の棘を降らす等薔薇に関連する攻撃は出来る。割かしチートな感じが漂っているが其処はお約束で苦戦した後に勝利というセオリーである。その分武器は持たず素手での応戦。因みに中の声優は今をトキメク人気女性声優。

「 魔法少女って意外と大変なのね…甘く見てたわ… 」
・その他備考 / 当方過度な女々しさやツンデレなどが無い限り萌え萎え特にありませんので主様のお好きなようにキャラメイクして下さいませ!やりたい展開としては、矢張り共闘とかでしょうか…!お互い悪態つきながらも息ピッタリのコンビネーションで撃退していく…なんていうのが熱いですね。然し偶にはほのぼの日常界なんていうのも捨て難いです。此方もサブキャラの提供は可能です(例えば幹部の下っ端要員だとか…!)ので若し遣って欲しいものがありましたらなんなりと仰って下さい!

・(可能であれば)お好きなシーンのロル

22: ヨルシカ hoge:2017/09/10(日) 22:04




「 …え?あ、御機嫌よう。えと、今日は良い天気ね? 」
「 と、友達が欲しいわ…それにあの人ともお話したいし、如何してこうヘタレなのかしら… 」

・名前 / 荊( イバラ )
・年齢 / 15歲を迎えたばかり

・容姿 / ヴァイオレット色の髪 / 癖なのか波打っている / 両耳の上で結い上げている所謂ツインテール / 深い青の瞳 / 大きな二重瞼 / 睫毛長め / 薄桃色の唇 / 肌は比較的白い / 制服は乱す事なく着用 / 黒タイツ / 身長157cm / 女性的な凹凸は年相応

・性格 / 近寄り難い雰囲気 / 孤高 / 無愛想に思われがち / 本当は年相応 / 友達欲しい恋したい / 極度の人見知り( コミュ障 ) / 実はボクっ娘だった過去有り / 正義感強め / 典型的お人好し / 努力家 / 根幹は良い子 / 結構素直

・何故学校に馴染めずにいるか / 上にもあるように取っ付き難い雰囲気や表情、とベタ過ぎるもの。此方もまたボクっ娘だった過去を抱えている故に話し掛けるとボロが出そうで躊躇が生まれ一向に馴染めずにいる。

・備考 / 一人称は私。二人称は貴方。今も時々感情が昂ぶった時にボクという一人称が出て仕舞う。その頃はボクという一人称が可愛いと思い込んでいたらしい。何かと背伸びしたがりな年頃なのにヘタレと本人も呆れる性格で物語冒頭は後ろ向きだった思考も、魔法少女として戦う内に精神的にも成長し自信を持てるようになる…というシナリオ。


                   

23: ヨルシカ hoge:2017/09/11(月) 17:40



「 荊に包まれてお眠りなさい! 」
「 うわわッ、何でボクがこんな目に…!ってボクじゃない!早くどっか行きなさいよ! 」

・戦う魔法少女としての名前 /

・容姿 / ヴァイオレット色の髪は変わらず / 毛量と長さの異常な変化はお約束 / 結び目に薔薇の飾り / 腹部を露出した衣装 / ノースリーブのアームカバー / レース控えめ / 青と紫を基調 / エレガントさ重視 / 薔薇の装飾 / 緻密で作画班殺しの衣装 / フォームチェンジ有り

・技や武器、設定など / 今まで主人公のイメージカラーはピンク赤系統が多かったが新鮮さを出そうという製作者側の計らいで青になった。ソロキュア故にフォームチェンジが許され、最初のノーマルタイプ(青のもの)以外に四色に変化する(赤、黄、白、虹)。今回のモチーフは薔薇の花で、魔法の属性毎に青薔薇、赤薔薇、黄薔薇、白薔薇と変化。物語が進行し彼女の大きな成長が見られる場面でチェンジ出来る衣装が増える、という仕組み。勿論アクロバットな動きも有るが魔法の描写も取り入れる。青薔薇は水、赤薔薇は炎、黄薔薇は雷、白薔薇は治癒、という区分け。良くあるキュアガール覚醒時には虹色の薔薇の衣装を纏える(らしい)。またどの衣装関係なく薔薇の蔦で敵の動きを封じ込める、薔薇の棘を降らす等薔薇に関連する攻撃は出来る。割かしチートな感じが漂っているが其処はお約束で苦戦した後に勝利というセオリーである。その分武器は持たず素手での応戦。因みに中の声優は今をトキメク人気女性声優。

「 魔法少女って意外と大変なのね…甘く見てたわ… 」

・その他備考 / 当方過度な女々しさやツンデレなどが無い限り萌え萎え特にありませんので主様のお好きなようにキャラメイクして下さいませ!やりたい展開としては、矢張り共闘とかでしょうか…!お互い悪態つきながらも息ピッタリのコンビネーションで撃退していく…なんていうのが熱いですね。然し偶にはほのぼの日常界なんていうのも捨て難いです。此方もサブキャラの提供は可能です(例えば幹部の下っ端要員だとか…!)ので若し遣って欲しいものがありましたらなんなりと仰って下さい!

・(可能であれば)お好きなシーンのロル

──キ、キュアガール…?
( )

24: ヨルシカ hoge:2017/09/11(月) 18:31




「 …え?あ、御機嫌よう。えと、今日は良い天気ね? 」
「 と、友達が欲しいわ…それにあの人ともお話したいし、如何してこうヘタレなのかしら… 」

・名前 / 荊( イバラ )
・年齢 / 15歲を迎えたばかり

・容姿 / 青みの強いヴァイオレット色の髪 / 癖なのか波打っている / 両耳の上で結い上げている所謂ツインテール / 深い青の瞳 / 大きな二重瞼 / 睫毛長め / 薄桃色の唇 / 肌は比較的白い / 制服は乱す事なく着用 / 黒タイツ / 身長157cm / 女性的な凹凸は年相応

・性格 / 近寄り難い雰囲気 / 孤高なイメージ / 無愛想に思われがち / 本当は年相応 / 友達欲しい恋したい / 極度の人見知り( コミュ障 ) / 究極のヘタレ / 実はボクっ娘だった過去有り / 正義感強め / 典型的お人好し / 努力家 / 根幹は良い子 / 結構素直

・何故学校に馴染めずにいるか / 上にもあるように取っ付き難い雰囲気や表情、とベタ過ぎるもの。此方もまたボクっ娘だった過去を抱えている故に話し掛けるとボロが出そうで躊躇が生まれ一向に馴染めずにいる。

・備考 / 一人称は私。二人称は貴方。今も時々感情が昂ぶった時にボクという一人称が出て仕舞う。その頃はボクという一人称が可愛いと思い込んでいたらしい。何かと背伸びしたがりな年頃なのにヘタレと本人も呆れる性格で物語冒頭は後ろ向きだった思考も、魔法少女として戦う内に精神的にも成長し自信を持てるようになる…というシナリオ。


「 荊に包まれてお眠りなさい! 」
「 うわわッ、何でボクがこんな目に…!ってボクじゃない!早くどっか行きなさいよ! 」

・戦う魔法少女としての名前 /

・容姿 / ヴァイオレット色の髪は変わらず / 毛量と長さの異常な変化はお約束 / 結び目に薔薇の飾り / 腹部を露出した衣装 / ノースリーブのアームカバー / フリル控えめ / 青と紫を基調 / エレガントさ重視 / 薔薇の装飾多々 / 緻密で作画班殺しの衣装 / フォームチェンジ有り

・技や武器、設定など / 今まで主人公のイメージカラーはピンク赤系統が多かったが新鮮さを出そうという製作者側の計らいで青になった。ソロキュア故にフォームチェンジが許され、最初のノーマルタイプ(青のもの)以外に四色に変化する(赤、黄、白、虹)。今回のモチーフは薔薇の花で、魔法の属性毎に青薔薇、赤薔薇、黄薔薇、白薔薇と変化。物語が進行し彼女の大きな成長が見られる場面でチェンジ出来る衣装が増える、という仕組み。勿論アクロバットな動きも有るが魔法の描写も取り入れる。青薔薇は水、赤薔薇は炎、黄薔薇は雷、白薔薇は治癒、という区分け。良くあるキュアガール覚醒時には虹色の薔薇の衣装を纏える(らしい)。またどの衣装関係なく薔薇の蔦で敵の動きを封じ込める、薔薇の棘を降らす等薔薇に関連する攻撃は出来る。割かしチートな感じが漂っているが其処はお約束で苦戦した後に勝利というセオリーである。その分武器は持たず素手での応戦。因みに中の声優は今をトキメク人気女性声優。

「 魔法少女って意外と大変なのね…甘く見てたわ… 」

・その他備考 / 当方過度な女々しさやツンデレなどが無い限り萌え萎え特にありませんので主様のお好きなようにキャラメイクして下さいませ!やりたい展開としては、矢張り共闘とかでしょうか…!お互い悪態つきながらも息ピッタリのコンビネーションで撃退していく…なんていうのが熱いですね。然し偶にはほのぼの日常界なんていうのも捨て難いです。此方もサブキャラの提供は可能です(例えば幹部の下っ端要員だとか…!)ので若し遣って欲しいものがありましたらなんなりと仰って下さい!

・(可能であれば)お好きなシーンのロル

──荊に包まれてお眠りなさい!
( 温かい陽光は先程までの麗らかさが嘘だったかのように息を潜めている。それも敵の出現と同時に、瞬く間に淡い水色だった天空は今や不安を煽る曇天とへと変化し。突然の変化に声を上げる暇もなくキュアガールとして初陣を迎え、心境は泣きたい位だったが友人のピンチであれば弱音を上げる言は出来ぬと勇気を振り絞り。学校の制服からキュアガール衣装に変化し、薔薇の散りばめられた少々気恥しい其れを身に纏い、何故か脳からパッと出た決め台詞を気高く凛とした表情で堂々と言ってのけ。 )


書き込む 最新10 サイトマップ