ポケスペ学園

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:グレー:2011/02/06(日) 18:55

題名どうりです

『注意』
・作者は素人&思いつきで書くんでただの駄文になります
・キャラ崩壊も有りなので無理な人は無視してください
・オリキャラはありません
・BWは出ません

キャラ紹介は以下のとおり
>>2カントー組み
>>3ジョウトリオ
>>4制覇トリオ
>>5シンオウトリオ
です間違い等ありましたらコメントお願いします

では学園生活の始まりでーす

2:グレー:2011/02/06(日) 19:17

カントー組み
レッド・グリーン・ブルーが高1イエローは中3

レッド
歳 16
成績 下の上(たまに赤点)
性格 熱血漢で誠実
恋愛には鈍感
生徒会会長だが仕事をしない


グリーン
歳 16
成績 毎回学園2位
性格 落ち着いていて面倒見が良い
よくブルーとレッドに勉強を教えている
生徒会副会長レッドに代わって仕事をしてる


ブルー
歳 16
成績 毎回学園1位
性格 用意周到でずる賢い
よく皆を色んなことに巻き込む
生徒会書記


イエロー
歳 14
成績 中の下(赤点は取らない)
性格 おっとりしていて優しい
レッドのことが好きだが告白できない
生徒会

次はジョウトリオです

3:グレー:2011/02/06(日) 19:59

ジョウトリオ
全員中2

ゴールド
歳 13
成績 下の下(毎回赤点ばっかり)
性格 口が悪くチンピラみたいな感じ大体遅刻する
アイドルのクルミが好き前髪に命をかける
生徒会


シルバー
歳 13
成績 5位以内
性格 若干グリーンと似た感じがある
ブルーにはほとんど従う(尊敬?している)
クリスとゴールドに勉強を教える
生徒会


クリスタル(通称クリス)
歳 14
成績 毎回1位
性格 とにかく真面目でよくゴールドと喧嘩になる
足技はすごい
生徒会&学級委員長

次は制覇トリオですがミツルはでませんm(__)m

4:グレー:2011/02/06(日) 20:30

ホウエン
ルビー・サファイアは小6エメラルドは小5
(ルサはシンオウトリオと同い年設定)

ルビー
歳 12
成績 上の中
性格 美しいものが好きだが小さい時はやんちゃだった
サファイアとは恋人同士(多分)家庭科が得意
生徒会?(あるのか?)


サファイア
歳 12
成績 字が読めれば1位になれるほど
性格 野生児だが小さい時はキレイ好きだった
視力・聴覚・嗅覚・怪力がすごい体育が得意
生徒会(ルビーが入ったから)


エメラルド
歳 11
成績 中の下
性格 髪型がクロワッサン(禁句)
背が低いことを気にしている
生徒会(クリスが居るため)

次はシンオウトリオです

5:グレー:2011/02/06(日) 20:51

シンオウトリオ
3人ともルサと同じ6年

ダイヤモンド(通称ダイヤ)
歳 12
成績 中の下
性格 マイペース(ゆっくり)でつねに何か食べている
お嬢様の護衛?(一緒に居るだけ)パールとよく漫才をやる
生徒会(2人が入ったから)


パール
歳 12
成績 10位以内
性格 せっかちで突っ走るダイヤとは幼馴染で夢はお笑い芸人
なぜかお嬢様の荷物持ちダイヤと漫才をする(ツッコミ担当)
生徒会


プラチナ(ダイヤからはお嬢様パールからはお嬢さんと呼ばれている)
歳 12
成績 毎回1位
性格 やや天然ボケで世間知らず超お金持ち知識はあるが経験が足りないところも
1年生から一緒に居るせいか2人を護衛だと思っている
生徒会(プ「なにごとも経験です」)

終了次は学校設定を書きます

6:グレー:2011/02/06(日) 21:09

ポケスペ学園は小等部・中等部・高等部にわかれている左が中等右が小等そして真ん中が高等になります
一学年に3クラスあってシンオウ以外はみんな1組でシンオウは2組である
校長はオーキド博士で先生はジムリーダー・四天王・チャンピオンなどです
1年間にいろんな行事があるのでそれをネタにします(大体は日常?)

付け足しイエローはよく居眠りをして怒られます
このようなことは多いので暖かい眼で見てください

7:グレー:2011/02/06(日) 21:55

〜主人公達の朝〜(8:10以降が遅刻)

レッドの場合

レ「やっべーあと5分で遅刻だ」
寝坊したレッドは走ってギリギリ間に合った

レ「はぁはぁ・・・・」
ブ「後30秒で遅刻よ」
グ「まったくこれで何回目だと思ってるんだよ」
レ「間に合っただけいいじゃねーかよ」
グ・ブ「良くない」


ゴールドの場合
プルルルルルル・・・ピッ
ゴ「もしもし・・・ふぁぁ」
ク「もしもしじゃない今何時だと思ってるの!?」
(時計 8時10分)
ゴ「げっ完璧遅刻じゃん!!なんで鳴らなかったんだよー」
時計は昨日の朝ゴールドが踏んで壊れていたのである
ゴ「あのぉ・・・クリスさん遅刻の件なんとか無しにできませんか・・・・?」
ク「ダメに決まってるでしょ!!!罰の放課後のトイレ掃除はちゃんとやるのよ」
ゴ「今日は夕方からクルミちゃんのラジオがーー(泣)」
シ「とりあえず早く来いよ」
ゴ「シルバーてめぇは黙ってろ」
ク「シルバーの言うとおり早く来なさい」ブチッ
こうしてゴールドはラジオを聞けませんでした


ルビーの場合
(7時40分)
ル「今日も余裕で着いたことだし続きを作ろうかな」
そう言いながらサファイアのワンピースを作っていたのであった
そしてその場面をサファイアは見て赤くなっていたのである
サ「恥ずかしいったい」


ダイヤの場合
(7時40分)
パ「おいダイヤ起きろ遅れるぞ」
ダ「まだ40分だよ〜」
パ「学校まで自転車で20分掛かんだろ!!!」
プ「そうですよこのままでは遅刻してしまいます」
ダ「お嬢様は車じゃないの?」
プ「自転車に乗る経験になりますから」
パ「とにかく早く行くぞっ」
ダ「わかったから引っ張らないでよ〜」
こうしてなんとか間に合ったのだ

駄文ですいませんm(__)m

8:グレー:2011/02/06(日) 22:36

エメラルドの朝
(6時30分)
エ「ふぁぁ・・・・・さてと準備するか」
と言いながら厚底ブーツを履き服を着替えて洗面所に行った
〜1時間後〜

エ「よし完璧さて学校の準備しよう」
そして余裕で間に合ったエメラルドである


イエローの授業風景
(5時間目)
イ「はぁ〜いい天気だなー」
授業中にウトウトし始めたイエローは眠気に負けて寝てしまいました

(放課後)キーンコーンカーンコーン
レ「イエローいつまで寝てるんだ?もう放課後だぞ」
イ「れっレッドさんどうしてここに!?」
レ「校門にイエローの姿がないからなにかあったのかなーって探してたんだ」
イ「すいませんつい寝ちゃって」
レ「謝んなくていいよそれより早く帰ろうぜみんな待ってるし」
イ「はっはいそうですね行きましょう」
その時イエローはレッドと2人きりというちょっと幸せな時間を過ごせました

なんでこんな駄文しか作れないんだろ・・・・・・OTZ

9:グレー:2011/02/07(月) 17:06

パールのハリセン
(昼休み・小等)
パ「オレが作ったハリセン1つ200円だよ〜買った買ったー」
ダ「売れないと思うよ〜」
パ「いいから手伝え売れたら100円分奢ってやるから」
ダ「お菓子1つだったらいいよー」
パ「わかったから手伝え」

〜数分後〜
グ「何やってるんだ?」
パ「あっグリーン先輩見てのとおりハリセン売ってます」
グ「くだらない」
パ「結構威力はあるんですよーこんな感じに(ズバァァァァン)」
ダ「痛いよ〜」
パ「(ダイヤ無視)どうですか?勉強しない人とかに最適ですよ?」
グ「勉強しない奴か(レッドが頭に浮かぶ)1つくれ」
パ「まいどありー」

〜グリーンが去った後〜
ゴ「おっハリセン売ってんのか?」
パ「いります?」
ゴ「(心・これでシルバーに勝てるぞ)1個くれ」
パ「どうぞー」

〜その後〜
シ「そのハリセン威力はあるのか?」
パ「このとおり(スパァァァァン)」
シ「貰うぞ・・・・・これでゴールドの勉強ははかどるといいが」
パ「ゴールド先輩ならさっき買っていきましたよ」
シ「そうか」

〜放課後〜
パ「売れたのは6個かー」
ダ「お菓子買ってね約束だよ〜」
プ「あれはやっても良いことなんですか?」
パ「気にすることないぜお嬢さん」
ブ「あっいたいたハリセン売ってたのって君でしょ?1つ売ってくれない?」
パ「なんで知ってるんですか!?」
ブ「シルバーとグリーンに聞いたんだ」
パ「そうなんですかじゃあこれどうぞ」
ブ「ありがとね」
そう言ってブルーは帰って行った


パールのキャラが崩壊してる・・・・・OTZ

10:グレー:2011/02/07(月) 22:46

それぞれの勉強

カントー組みの場合
(放課後グリーン宅)
レ「なあそろそろ終わりにしない?」
グ「まだ始めて30分だろそれに全然進んでないぞ」
ブ「そうよアンタ赤点取ったんだからしっかり勉強するのよ」
イ「そうですよレッドさんがんばってください」
レ「それにしても二人共ハリセンって酷くない?どこで手に入れたのさ」
ブ「小等部のパールから買ったのよ」
レ「痛いんだよ」
グ「お前がしっかり勉強すればいいだけだ」
イ「すいません今回はグリーンさんとブルーさんに賛成です」


ジョウトリオの場合
(放課後クリス宅)
スパァァァン
ゴ「痛ってっぇぇぇなにすんだシルバー」
シ「寝たお前が悪い・・・第一赤点ばっかり取りやがって」
ク「そうよ人がせっかく教えてるんだからしっかりやる」
ゴ「それにしてもお前がハリセンを持ってるとはしかも俺と同じやつ」
シ「口よりも手を動かせ」
ク「このプリント終わるまで返さないからね」
結局夜まで帰れなかったゴールドであった


オチなし時間がないため他はまた後日

11:グレー:2011/02/08(火) 17:47

>>10の続き

ダイヤの場合
(放課後パール宅)
ダ「あれ〜ここどうやるんだっけ?(モグモグ)」
パ「そんなのもわかんねーのかよ」
プ「ここはこうやるんです」
ダ「そっか〜お嬢様ありがとう」
プ「どういたしまして」
パ「それはそれとして・・・・まず食い物を置けー」
ダ「えぇ〜」


オチが思いつかないOTZ・・・・それにサファイアの喋り方がわかりません
なぜパールの家かわツッコまないでください

12:グレー:2011/02/09(水) 16:31

図鑑所有者の雪合戦
(休日学校)
ブ「第1回雪合戦大会始めるわよ」
グ「なんでそんなことに付き合わないといけないんだ」
レ「楽しそうだしいいんじゃない?」
イ「雪合戦ですかー楽しそうですね」
ゴ「面白そうだしいいッスよ」
シ「姉さんが言うなら」
ク「たまにはこういうのもいいですね」
(ルサはデートのため欠席)
ダ「おもしろそ〜」
パ「やってやるぜ」
プ「雪合戦とはなんなのですか?」
パ「雪合戦てのは雪をまるめて敵に投げるって遊びだ」
プ「そうなんですか」
ブ「早速チーム分けするわよ」

Aチームレッド・イエロー・ゴールド・クリス・パール
Bチームグリーン・ブルー・シルバー・ダイヤ・プラチナ

ブ「ルールはそうね・・・・それぞれのリーダを気絶させた方の勝ち
ちなみに負けたチームは1週間勝ったチームの掃除当番を交代ね」
レ「絶対に勝つぞー」
Aチーム「おぉーーー」
ブ「絶対に負けないわよ」

リーダー
Aチーム『レッド』
Bチーム『グリーン』

グ「なんで俺がリーダーなんだ?」
ブ「一番年上でしょ」
グ「お前がやればいいだろ」
ブ「私はか弱い乙女なのよ」
グ「お前のどこが乙女だ」
ブ「ひどーい」

〜中略&準備中〜(壁と玉を作ってます)

ブ「試合スタート」
そう言ったとたんレッドとゴールドがすごい勢いで投げ始める
ゴ「毎日掃除当番になんてなるかー」
レ「1週間掃除してもらうぞグリーン」
グ「なんで俺限定なんだ」
レ「年下はかわいそうだろ?」
グ「とにかく負けるのはお前等だ」
そう言うと影からシルバーが玉を高速で投げてきた
レ・ゴ「グハッ」
案の定2人に当たるとBチームの反撃が始まった
ブ「勢いだけじゃ勝てないわよ〜」
シ「姉さんこれだけあれば足りる?」
壁の裏には何十個もの雪玉が用意されている
ブ「十分よさあどんどん投げるわよ」

一方Aチームは
ク「レッドさんもう玉がありませんよ」
レ「えっもうこまったなー向こうはどんどん投げてく(ベシャ
とりあえず一旦攻撃はやめて作ろう」
そんなやりとりをしてる時イエローは雪ダルマを作っていた
パ「ちくしょう2対1とか卑怯だぞ罰金100万円だー」
後輩達は勝負がはじまっていてパールはハリセンで雪玉を打ち返している
はたしてどっちが勝つのか・・・・・(続く)


すいません長いんで2つに分けます
パールがハリセンキャラになってるOTZ
いろいろツッコミどころが多いな〜

13:グレー:2011/02/10(木) 19:04

続き

しばらくの間Bチームの攻撃は続いた
レ「全然おさまらないなどんだけ作ったんだあいつら」
ゴ「早く作りましょう」
ク「イエローさんも手伝ってください」
イ「・・ZZZ・・・ZZ・・・・・・」
レ「寝てる・・・・」
パ「いい加減にやめろ」
後輩達の戦いはヒートアップしていてパールはハリセンを2本使っていた
ゴ「パールは手伝うの無理そうッスね」
レ「これくらいでいいかな?」
ク「そうですね攻撃を始めましょう」
そうしてAチームの攻撃が始まった

グ「むこうが反撃してき(ベッシャー)」
雪玉がグリーンの顔に直撃した
グ「絶対に気絶さしてやる」
そしてグリーンは何かを投げたしかしそれは雪ではなかった

レ「痛ってーグリーンの奴氷の固まり投げてきやがった」
ゴ「オレなんて頭に直撃ッスよ(涙目)」
ク「ブルーさんが高速球で投げてきます(ベシャ)」

それもそのはずブルーは小型のバッティングマシーンを使っていたのだ
ブ「ホホッこれで勝ちは決まりね」
シ「姉さんいいのこれ野球部のだろ?」
ブ「いいのよちゃんと返せば」
シ「姉さんがいいって言うなら」
そう言いながらシルバーも容赦なく投げていた

〜1時間後〜
バコォォォォン
ゴ「レッド先輩大丈夫ッスか!!!」
レ「・・・・・・・・・」
3人による連続攻撃でついにレッドは気絶したのだ
そしてみんな雪まみれだった
イ「レッドさんが気絶しちゃった・・・」
パ「あーーレッド先輩が気絶してる」
ハリセンを持っいてたパールはほとんど雪が付いていない

グ「やっと倒れたか」
ブ「私たちの勝ちね」
シ「長かったな」
ダ「あれ〜いつの間にか終わってる〜」
プ「どうやら勝ったみたいですね」

レ「毎日掃除かー・・・・」
ク「しょうがないですよ負けてしまったんですし」
ゴ「ちくしょうクルミちゃんのラジオがーー(泣)」
イ「つかれました」
パ「放課後漫才の練習があるのによー」
こうして1週間掃除当番になったAチームであった


終わったーまあこんなオチですけど暖かい目でみてください

14:グレー:2011/02/12(土) 12:37

【お知らせ】

小説のネタに困っています誰かネタ提供をお願いします
どのキャラがいいかどんな話がいいかなどを書いてください
『注意事項』
・サファイアは出来ません
・恋愛系は無理です
・駄文です

15:釿:2011/02/12(土) 13:56

んー…
それぞれの放課の様子などはどうでしょう…?

16:グレー:2011/02/12(土) 15:02

いいよじゃあどのタイプがいい
1 各地方
2 主人公
3 ライバル
4 全員

17:釿:2011/02/12(土) 17:41

えっと…ライバルか、全員…

18:グレー:2011/02/12(土) 19:02

OKじゃあライバルでやるね

ちなみになりきりに居る?

19:釿:2011/02/12(土) 19:29

ありがとうございます

どうしてそう思ったんですか?

20:クロス:2011/02/12(土) 21:52

う〜んなんとなくかな?

21:釿:2011/02/12(土) 22:38

なんとなくですか!?

22:グレー:2011/02/13(日) 00:13

うん・・・で入ってるの?

23:釿:2011/02/13(日) 03:32

はい…一応いますよ?

24:グレー:2011/02/13(日) 12:31

誰で入ってる?

25:釿:2011/02/13(日) 17:31

んー…
ブルーとフローライトです

26:グレー:2011/02/13(日) 17:47

ライトだったんだー

27:グレー:2011/02/14(月) 16:54

バレンタインデイ

レッド&イエロー
(放課後)
イ「あっあのレッドさん」
レ「どうしたんだ?」
イ「これ良かったら受け取ってください」
そう言ってイエローは小包を渡した
レ「ありがとうイエローこれ何が入ってるんだ?」
イ「えっ!?・・・・チョコですけど」
レ「チョコかー美味しいもんねでも俺今日は誕生日じゃないよ?」
どうやらレッドはバレンタインを知らないようだ
イ「じゃあ僕はこれで」
そう言って走って帰ったイエローであった


ジョウトリオ
(放課後)
ゴ「ふざけんなよシルバー」
シ「俺は迷惑だ」
ゴ「てめぇ喧嘩売ってんのか」
シ「なんなら全部やろうか?」
口喧嘩してるシルバーの手には沢山のお菓子が入った袋がある
隣のゴールドはまったく貰ってないようだ
ゴ「なんでお前はこんなに貰ってるのにオレは貰ってねぇんだよ」
シ「これどうしようか・・・・・・」
ゴ「あーーーオレも貰いてぇーーーーー」
シ「うるさい」
そんな2人にクリスが走り寄ってきた
ク「よかった間に合って」
ゴ「なんだよなんか用か?」
シ「なにか用か?」
ク「ほっほら今日はバレンタインじゃないだからこれ」
ゴ「貰えたのはいいけど相手がお前だとなー」
ク「なによ貰えただけいいじゃない!!」
ゴ「まっ受け取っておく」
シ「いらない・・・・・・・」
ク「なによそれせっかく作ったのに・・・・」
ゴ「お前酷でぇぞ」
シ「・・・・・わかったから泣くな」
ゴ「ああっもう少しでクルミちゃんのラジオ始まっちまうじゃねーな」
空気の読めないゴールドであった


シンオウトリオ
(放課後)
プ「これどうぞ」
突然プラチナが切り出した
パ「ん?これは?」
ダ「それなに〜?」
プ「チョコです今日は女の子が男の子にチョコを渡す日と本で読みました」
パ「ちょっと違うけどありがとな」
ダ「ありがと〜」
プ「どういたしまして」


終わった〜今日にちなんで書いたけどまあいいか
グリーンとブルーはワンパターンだしルサはわかりきってるから無しです

28:グレー:2011/02/16(水) 16:38

入れ替わり

レッド&グリーン
(朝レッド宅)
ピリリリピリリリリ
レ「ん?」
ピッ
グ「おいレッドなんでこうなってる!!」
レ「なんのことだよてか今5時半だぞ〜しかも土曜だし」
グ「いいから鏡を見てみろ!!!!」
レ「なんなんだよ〜」
めんどくさがりながら鏡を見るとそこに映ってたのはレッドではなくグリーンだった
しかも気付かなかったが声も入れ替わっているようだ
レ「なんでこうなってるんだ!?」
グ「俺が聞きたい今日起きたらレッドの姿になってたんだ」
レ「一回会っといた方がいいかな?」
グ「そうだなそれとブルーには言うか?」
レ「一応呼んどくか・・・・」


(同時刻)
クルミの歌がケータイから流れている
ゴ「なんだよこんな朝早く」
ケータイを見ると相手はシルバーだった
ゴ「シルバーかよ」
迷わずゴールドは電話に出ずにケータイの電源を消し2度寝した
異変に気付かずに
(10分後)
「おい起きろ」
聞き覚えのある声が聞こえた
それは自分自身の声だったが確かにゴールドは寝ている
ゴ「誰だよお前は!!!!」
そこには自分が立っていた
ゴ「おっオレが居る!?ドッペルゲンガーか」
「いい加減に気付け」
ゴ「その喋り方シルバーか?」
シ「今頃気付いたか」
ゴ「どーなってんだ説明しろ」
シ「俺が聞きたい」
ゴ「・・・・とりあえず先輩に話そうぜ」
シ「姉さんには話してある」

その頃レッド達は

(話し合った結果ブルー宅)
ブ「実はシルバーとゴールドも入れ替わってるみたいなの」
レ「あの2人も!!」
グ「てことは偶然じゃないってことだな」
ブ「だから2人も家に来るよう言っといたわ」
レ「なにか手がかりがあるといいけどなー・・・・・」
グ「・・・・・・・・・」
ピンポーン
レ「来たみたいだな」
ゴ「おはようございまーす」
入れ替わってるのを知っていても驚きは隠せない
レ「シルバー?・・・・じゃなかった今はゴールドだっけ」
ゴ「グリーン先輩なんか雰囲気違うッスね」
グ「俺達も入れ替わったんだ」
ゴ「そうだったんスか」
ブ「ねえ昨日4人共同じ行動とかした」
レ「俺は学校行って普通に授業受けて放課後マサキの家に行って帰ったぞ」
グ「俺もそうだ確か実験を手伝ったんだよな」
レ「あーそうそうだけど実験は失敗したんだよな確か・・・・なんの実験だったっけ」
グ「レッドお前詳しく聞いてなかったのか?」
レ「ごめんごめん・・・・でゴールド達は?」
ゴ「オレもそうッスまさか先輩もマサキの家に行ってたとは」
シ「お前はサボってただろ・・・・・だが全員同じ行動をとった」
グ「マサキの家に行くしかないだろ」
レ「そうだな」
ゴ「そうッスね」
シ「それしかない」
そうしてマサキの家に行くことになった4人でした


一旦終わりです後半はまた後で

29:グレー:2011/02/16(水) 21:32

続き

(マサキ宅前)
「マサキさーん居ますよねー」
「出てきてくださ〜い」
そこにはダイヤとパールがいただが行動がおかしい
レ「あの2人いつもと違くない?」
4人「「まさか!!!」」
ゴ「おいダイヤとパールまさかお前等も入れ替わったのか?」
パ「そうなんですよ今日起きたらダイヤになってて話し合った結果マサキさんの家に来たんです」
ダ「眠いよ〜」
パ「ダイヤは黙ってろ」

ガチャ
マ「なんや朝から来てってみんな来たんかいな」
レ「昨日の実験のことなんだけどあれってなんの実験だったの?」
マ「グリーン?・・・・いやこの話し方はレッドかてことは成功しとったんやないか」
グ・シ「どういうことだ」
マ「きっ昨日のあれは人が入れ替わるかってゆー実験だったんや」
レ「そんな実験に付き合わせるなよ」
ゴ「そうッスよ」
マ「何言ってるんや面白そうだからやるって言ったのは2人やろそれとダイヤ」
レ・ゴ「そうだったっけ?」
グ・シ「戻ったら覚えてろ」
パ「先輩達こぇーってお前のせいか!!!!」
ダ「そうだね〜(モグモグ)」
パ「戻ったら罰金100万円だ」
グ「戻る方法はあるんだろうな」
マ「もちろんやついて来い」

こうして無事に戻ることができた6人だったが
レッドとゴールドは殴り飛ばされダイヤは罰金の代わりにハリセンで叩かれたとさ



は〜終わった毎回これでいいのかって思いながら書いてるけどいいよね
なんかパールからハリセンを離せなくなった完全にハリセンキャラだな
マサキはあれでよかったのか?それとブルーも途中から出してないしってとこは気にしません

30:グレー ◆jj2s:2011/02/22(火) 23:15

これからこのすれを18禁にします\\\\\

31:グレー ◆ZYGo:2011/02/24(木) 18:17

いい加減にして荒らされると困るんだよ誰なのあんた

32:匿名さん:2011/02/25(金) 07:53

まあ、ちょっとhttp://www007.upp.so-net.ne.jp/doze/ref/writ/writ01.htmを参考にして小説を書きなおしてみたらどうかな?

33:グレー ◆ZYGo:2011/02/25(金) 19:20

ありがとうございます参考にさせてもらいます
>匿名さん

34:グレー ◆ZYGo:2011/03/05(土) 17:44

もう1人の自分?
(昼休み高等部)
ある日レッドたちのところにホウエンとシンオウの計5人が尋ねてきた
表情からしてなにやら不思議なことが起こったようだ
レ「みんなどうしたの?」
興味半分で聞いてみた
最初に口を開いたのはプラチナだった
プ「実は今日の休み時間私とそっくりの人を見たんです」
すかさずパールがこう言った
パ「そうなんですよでも爆笑してたしお嬢さんとはまったくと言っていいほど違うんです」
そう言うとダイヤも
ダ「でも見た目はお嬢様と変わらないんです」
と続けた
3人の話を聞いた2人も同じ様にサファイアと同じ様な人を見たようだ
レ「不思議だねーもしかしたらドッペルゲンガーかもよ」
とサラリと恐ろしいこと言った
それを聞いたプラチナは
プ「ドッペルゲンガー本で読みましたが実際に経験したことはありません」
と言っていた
そこにルビーが口を挟む
ル「そういえばパールにそっくりに子を見つけたよて言うかまったく同じだったな・・・・」
パ「それオレなんじゃないのか?」
ル「でも3組に入っていったよ」
話が長くなりそうなのでレッドが止めに入った
レ「とりあえず実際に見に行ってみよう何かわかるかもしれないし」
そう言って小等部に行くことになった


久しぶりに書きました結末はわかりきっていると思いますが暖かい目で見守ってください

35: ◆auU.:2011/03/05(土) 18:07

>>34
台本書きやめたらもっと面白いと思うよ。
台詞の前に登場人物の名前を書くのをやめて、地の文だけで状況説明を出来るようになったらもっと面白いよ。

36:グレー ◆ZYGo:2011/03/05(土) 18:47

なるほど適切なアドバイスありがとうございます

37:グレー ◆ZYGo:2011/03/06(日) 20:35

続き

小等部に来たレッドたちは3組に行ってみた
なぜかというと全員似た人を見たのは3組のすぐそばだったからだ
ル「ここに居ればいいんですけどね」
レ「居なかったとしても何か聞けると思うよ」
教室に入ってみるとそこにはサファイアとプラチナによく似た2人が楽しそうに話していた
パ「こんなにも簡単に見つかるとは・・・・・」
ダ「とりあえず話してみようよ」
そこはダイヤに賛成し話しかけようとしたときプラチナに似た子がこちらに気付いた
?「わっ私が居るーーー」
その言葉にレッド達も驚いた
ダ「なんかお嬢様と違うね」
パ「そこじゃねーだろ」
とツッコミしている間にプラチナに似た子がこちらに近づいてきた
?「あなた私とそっくりだけど誰なの?」
怖がる事も無くプラチナに訊ねた
プ「私はプラチナですあなたはなんなのですか?」
ヒ「私はヒカリ2組に私に似た子が居るって聞いたけどあなただったのね」
レ「なんだドッペルゲンガーじゃなかったんだ」
なぜか残念そうなレッドを無視してルビーが話した
ル「じゃあサファイアに似た娘は?」
ヒ「ああハルカのこと?ってハルカに似た子も居たんだてかなんでジュンがそっちにいるの?」
どうやらパールに似た人も居るようだ
ダ「オイラだけ仲間はずれにしないでよー」
レ「オレもそルビーもいないみたいだから気にすることないって」
ル「僕はいなくていいんですけど」
レ「とにかく解決したことだしオレは教室に戻るね」
そう言って歩いていった
終わり


グダグダだなーまあ予想どおりアニメキャラでした

38:グレー ◆ZYGo:2011/03/20(日) 13:24

設定を追加します内容は学園でどれだけモテてるかとそれぞれの部活(クラブ)です
ちなみに部活は小中高で合同です

レッド
みんなの人気者男女のどちらからも好かれています
部活は陸上部で得意種目は100m走だが全部の種目ができる
(ブルーに隠し撮りされてる)

グリーン
女子によるファンクラブができるほどの人気
部活は剣道部(ブルーに隠し撮りされてる)

ブルー
男子にかなりモテる(見た目が)
部活は写真部で主に人気のある人の写真を撮って売りさばいている

イエロー
優しい性格のため男女共に好かれている
部活は美術部
(時々レッドの写真を買ってる)

ゴールド
女子の人気はない男子からはウザがられている
部活は陸上部で得意種目はハードル走レッドと同じ様に全部の種目ができる

シルバー
グリーン同様女子のファンクラブがある
部活はブルーが居るので写真部よくブルーに写真を撮られる(もちろん売るため)

クリスタル
運動ができるとこや真面目なとこがあり女子にモテる
部活は女子サッカー部で2年生キャプテン
(ブルーに隠し撮りされてる)

ルビー
年上の女子から人気ファンクラブがある同年代は特にない
部活は家庭科部で主に裁縫と料理(どっちか選べる)
(ブルーに隠し撮りされてる)

サファイア
運動神経抜群のため同年代の女子に人気がある
部活は陸上部で得意種目は高飛びレッド・ゴールド同様全種目できる
(ブルーに隠し撮りされてる)

(ここからは部活だけ)
エメラルド
部活は帰宅部

ダイヤモンド
部活は家庭科部よくルビーと一緒にお菓子作りをする(ものすごく美味しい)

パール
部活は陸上部で得意種目は幅跳びレッド・ゴールドを尊敬している

プラチナ
部活は美術部でよくイエローと一緒に絵を描いている

これくらいです

39:グレー ◆ZYGo:2011/03/20(日) 13:53

では久しぶりに駄文を書こうと思います生あたたかい目でみてください

部活動
(陸上部)
4人はそれぞれの種目の記録をとっていた
レッドは100mを11秒で走ったらしい
「さすがレッド先輩すごいッスねー」
順番を待っていたゴールドが話しかけてきた
「そんなことないよそれよりガンバレよ」
「絶対1番取るんで応援してくださいよ」
などと話してると高跳びの方でみんなが騒いでいた
どうやらサファイアが記録を出したようだ
「サファイア絶好調だね」
「そうッスねー」
と感心してるとゴールドの順番がやってきた
「あっオレの番なんで行ってくるッス」
「ガンバレー」
ゴールドが走っていくと入れ替わりにパールが走ってきた
「レッド先輩聞いて下さいよ俺幅跳びで最高記録だしたんですよー」
「すごいなーさすがパールだ」
「ありがとうございます」
そんなこんなで陸上部のトップにつくレッド達であった

今回はこれくらいにして今度他の書きます

40:グレー ◆ZYGo:2011/03/21(月) 10:15

追加で制服は高校がブレザー中学は学ランにセーラー服です
小学生が決まりません何かアイディアあったら言ってください

41:A・L・P ◆kvG6:2011/03/21(月) 21:37

私服なんてどう?

42:グレー ◆ZYGo:2011/03/21(月) 22:13

あー言い忘れてたけど制服がいいんだよねだから私服は無しなのごめんね
>A・L・P

43:A・L・P ◆kvG6:2011/03/21(月) 22:27

あ、すみません;

44:グレー ◆ZYGo:2011/03/24(木) 13:49

とりあえず部活ネタ続けます
次のは超短いですただの会話です

部活動
(家庭科部)
この日はルビーとダイヤが一緒にお菓子作りをするようです
「何作ろうか」
「クッキーなんてど〜?」
「そうだねでも普通のじゃつまんないからココアクッキーにしようよ」
「いいよ〜」

〜中略(作ってるとこは無しです)〜

「できた〜」
「パーフェクト後でサファイアにあげよう」
「オイラもパールとお嬢様にあげよ〜」


落ち無し面白さ無しの話でした〜
英語なんてわからないスレ主ですなので英語のことで苦情は受け付けない

45:グレー ◆ZYGo:2011/03/24(木) 14:57

出さないと言っていましたがオリキャラを数人出します
なおそのキャラはなりきり板のオリキャラを使っています

46:アメ ◆kvG6:2011/03/28(月) 17:31

小学生の制服の案をリドさんが出してくれました!
ブラウスにプリ一ツスカート・ズボンだそうです!
>グレーさん

読者のみなさんお知らせです。
スレ主のグレーさんから許可をもらい、
私を含めた約2名もここで小説を書かせてもらうことになりましたー。
私はたまに書くだけだけど…;;
ということでよろしくお願いしまーす。

47:グレー ◆ZYGo:2011/03/28(月) 21:06

ありがとうそうするね

48:アメ ◆kvG6:2011/03/29(火) 20:49

偽りの自分はなりたい自分だった

私は特別でもなんでもなかった。
人気者でもない。モテるわけでもない。特技もない。頭がいいわけでもない。運動もできない。
そして心を開ける友達も私にはいなかった…。
どちらかというと私がただ開かないだけだけど。
昔は誰とも接しようとはしなかったけど今は少し違う。
ちゃんとクラスメートと話したりはするし行事だって進んでやる。
ただ…それは偽りの自分を作り出したから。
偽りの自分は明るくて、元気で、テンションがやけに高い女子。
でも本当の自分は明るくもない
……と思っていた……。
私は…きっと…心の中で“なりたい自分を偽りの自分”にしてたんだと思う。
それに気付き始めたのは3日前。
きっかけは先輩だった。

ー3日前ー

「ねぇ、アメジストちゃん」

廊下を歩いていたらクラスメートの女子に話しかけられた。

「アメジストちゃんって好きな人いる?」

どうやら5人で好きな人について話していたらしい。
なんで私にそんな話を振るんだよ。
と思いつつもいつもの営業スマイルで

「一応いるよっ」

と、こたえる。
そりゃ私だって恋愛に興味が無いわけじやない。
好きな人…はいる。
少女漫画とか恋愛小説は見ないけど。

「誰誰?」

いや言うわけないでしょ。
あなた達はなぜ好きな人をそう簡単に言っちゃうわけ?
あ一あ正直に言った私が馬鹿だった…。

「ひ、秘密だよっ!!」

慌てたフリしてそのまま通り過ぎる。
女子の会話にはどーしてもついていけない。
ファッションとかも興味ないし…。
でもメルヘンは好きだ。
どーなってんだ私の頭。
現実逃避って奴かな……。
………なんか最近…自分がわからなくなってきた…。
たまにいつもの自分が…偽りじゃなくなっているような気がしてならない。
思い込みかもしれないけどね。

「流石レッド先輩!!スゴイっスよ!!自己べスト更新じゃないっスか!!」

窓の外からそんな声がした。
見てみると陸上部が活動していた。
人気者のレッド先輩、超元気なゴールド先輩、野生児ことサファイア先輩、ツッコミで有名なパール先輩。
4人とも…私と全く関係の無い人達。

「サファイアー!」

モテモテのルビー先輩だ…なんか持ってる…

「ココアクッキー作ったんだど食べない?」

クッキーだ。おいしそう…ってイチャイチャしだした…。
レッド先輩はオレも食べるーとか言ってるよ…KYだ…。
あ、ルビー先輩とサファイア先輩が2人だけの世界に……ww

ピロリロリ〜ン♪ピ口リロリ〜ン♪ピロリロリ〜ン♪

私は2人を携帯の力メラで連写。
力ップル撮影は私の趣味。
どんな趣味だよとか自分でも思うけど。

「ちょっとその携帯見せてくれる?」

背後から突然そんな言葉がふりかかる。
振り向くとそこには生徒会書記のブルー先輩。
怒られるのか…そう思いながら携帯をブルー先輩に渡した。
携帯を見たブルー先輩はにんまりと笑う。

「いい戦力になりそうね…。」

はい?心の中でそうつぶやく。
ブルー先輩は私の腕を引っぱりどこかへ連れていく。
そしてこれが私が変わるきっかけになるなんて
この時の私は思ってもみなかった。

ーfinー

オリキャラの分際でこんなの書いてゴメンなさい;;
まだ出てきてもいなのにこんなの書いてゴメンなさい;;

49:アメ ◆kvG6:2011/03/29(火) 21:04

わけわかんない話になってすみません…;;
書いてもいい&出してもいいって言われて
舞い上がりました…;;

設定↓
アメジスト
歳 11
成績 中の中(だと思う)
性格 ニ面性だったけどブルーのおかげでテンションが高くなり
完璧なメルヘンガールへと変貌←何があった;
ものすごい強運(ゲーセンなどで発動)だか本人に自覚なし。
体力皆無。
実はクリスの遠い親戚。
エメラルドに片想い中
部活 写真部(ブルーにスカウトされた)
見た目 紫色の髪・目。髪型は一本三つあみ。

50:グレー ◆ZYGo:2011/03/30(水) 10:35

おぉー前の2つを使ってくるとは・・・・・・ありがとうm(__)m

51:アメ ◆kvG6:2011/03/30(水) 10:45

暗いだろww私暗いでしょww
前の2つ?はて、なんのことかな?ww
>グレーさん

52:グレー ◆ZYGo:2011/03/30(水) 11:15

いやなかなか面白かったよ
あの部活の話だよ
>アメ

53:アメ ◆kvG6:2011/03/30(水) 11:23

携帯じゃなくてポケギアだったかな…?;
なんか…うん使ったww
>グレーさん

54:グレー ◆ZYGo:2011/03/30(水) 11:56

ちなみにこのポケスペ学園はポケモン一切関係ないからほんとにキャラ設定だけ

55:アメ ◆kvG6:2011/03/30(水) 12:55

そうなんだ…;

56:お茶 ◆Op4k:2011/03/30(水) 13:38

ジムリーダーを先生にするというのはどうでしょう?

57:アメ ◆kvG6:2011/03/30(水) 14:05

>>6に書いてますよ?
>お茶さん

58:グレー ◆ZYGo:2011/03/30(水) 14:10

一応決まってるとこもあるよ
1年1組がマサキ先生?(未定)で
3年1組がワタル先生(迷ってる)で
6年1組がダイゴ先生(これ決定)
6年2組がゲン先生(思いつき)
剣道部の顧問がキョウ先生
美術部の顧問がミクリ先生って感じかな
他のも考え中
>お茶

59:アメ ◆kvG6:2011/03/30(水) 14:24

エリカ先生 国語 華道部顧問
カツラ先生 理科 化学部顧問
ツツジ先生 社会
トウキ・ナギ・シジマ・マキシ 体育
メリッサ先生 算数
力ゲツ先生 音楽
プリム先生 英語
ゴヨウ先生 数学
なんてどう?
>グレーさん

60:グレー ◆ZYGo:2011/03/30(水) 15:00

小学生の体育の先生はナギにしようてかできるだけ各地方の人達で
>アメ

61:グレー ◆ZYGo:2011/04/01(金) 22:05

ではここで僕を入れます

設定
名前 グレー
学年 高校1年2組
性格 優しい
部活 帰宅部(時々部活の助っ人をしている)
容姿 肩より短いくらいの黒髪で灰色の目
成績 上の中or上の下

62:グレー ◆lssg:2011/04/03(日) 18:34

グレー視点で他人の話書きます(つまり出したいだけ

席替え
(昼休み高等部)
午前中の授業も終わって昼も食べちゃったしなにしようか・・・・・
なんて考えていると向こうから後輩のアメジストが走ってきた
その表情はとても嬉しそうだ
「やあアメどうしたの?」
「あっグレーさん聞いてくださいよ!!」
「その表情だとなにか嬉しいことでもあった?」
聞いてみると笑顔でこう言った
「はい!今日クラスで席替えがあったんですしかも今回はくじ引きで!!」
そう言えばアメは運が凄く良いんだっけ
「つまりラルドと隣になったってことか」
「えっ!?なんでわかったんですか?・・・・」
なんでって日頃のラルドへの態度でわかるよ
「秘密それより詳しく教えてよ」
そう言うと本人も話したかったらしくこたえてくれた
「元々ラルド君と席離れてたんですよ反対側でそれで昨日席替えしたいなって思ったんです
 そしたらちょうど今日席替えだったんですよほんとに運が良かったです
 しかもラルド君と隣にもなれたし今日はちょ〜〜〜運が良かったです」
「そっか良かったね」
「はいっ」
ふと時計を見るとそろそろ昼休みが終わりそうだった
「そろそろ戻ったほうが良いよ」
「あっそうですねではまた今度」
そう言って走っていった


また駄文ができてしまったアメごめん

63:アメ ◆kvG6:2011/04/03(日) 18:58

駄文じゃない!!!

64:匿名さん:2011/06/12(日) 20:18

おもしろいじゃん

65:ノア:2011/06/12(日) 21:31

イ「レッド先輩。これどうぞ」
レ「何だこれ。」
イ「あけて見て」
レ「ラブレター!!」
イ「今、読んでもいいよ」
ブ「二人何してんの?」
レ「うわー何なのブルー」
ブ「ただとうっただけよ」
イ「ブルーさんなら別に教えてもいいかなーレッド先輩」
レ「だめだよ絶対!」
ブ「怪しいぞ見せなさいよ」
グ「何だ騒がしいぞ」
レ「うわグリーンまできた」
ブ「なんかこの二人怪しいのよ」
グ「ま、俺には関係ないけど」
レ「逃げるぞイエロー」
イ「ははい」
そして1時間後
ブ「どこにいるのよ」
グ「なんか落ちてるぞ。紙か?」
ブ「ラブレターじゃないの!」
グ「しかもイエローよりって書いてるし!!」
ブ「もうばれてるわよーー早く出てきなさいよ」
レ「しまった!ラブレター落とした!」
イ「もうでよー」
2分後
レ「返してくれよ!!」
ブ「その代わりよましてよ」
レ「いやだよバーか」
ブ「グリーンこれもっつてて」
そして30分けんか」
レ「ははー早く返せよ」
ブ「もういいわ返してあげる」

66:グレー ◆ZYGo:2011/06/13(月) 19:03

誰これ書いたの無許可だし意味わからないしイが誰だかわからないし・・・・・・

67:ビック:2011/06/13(月) 21:10

8月8日
イ「レッドさんこれあげる」
レ「おクッキーじゃないか。今日俺の誕生日?」
イ「分らないけどあげる」
レ「ありがとなイエロー」
3分後
ブ「どうだった」
イ「レッドさん誕生日ってしらなかったよ」
グ「でどうすんだよ」
ブ「パーテイを開くんだよ」
グ「俺ののたんとうないのか」
ブ「ケーキのデコレーションの担当よ」
グ「めんどくせえ」
イ「でもグリーンさんの誕生日の時はレッドさんがデコレーション担当だったよ」
グ「ちぇしょうがないな」
そして50分後
ブ「できたグリーン」
グ「ああできたぞ」
イ「後は場所ですね。どこでするの」
ブ「イエローの家よ」
イ「無理です」
ブ「レッドもイエローのこと好きなんだからいいじゃん
イ「はいわりましたいいですよ
ブ「後はレッドをよんできて」
グ「わかったよんでくる
レ「どこに連れて行くんだよ」
グ「いいから早く来い」
ブ「誕生日おめでとう」
レ「ありがとな。でゴールド、シルバークリスタルは」
イ「しゅうがく旅行です」
そして3時間
レ「うまかった。また来年よろしくな」

68:ジーク:2011/06/13(月) 21:19

いいねおもしろい自分も書くぜ

69:アメ ◆kvG6:2011/06/13(月) 21:23

許可を貰ってもいないのに書かないでください
しつこいです

70:ジーク:2011/06/13(月) 21:35

まず俺のこと書きますグレーのを参考に
名前ジーク「いちよう色の名前じゃない」
学年中1

性格マイペース
部活テニス
成績中のほう

71:ノア:2011/06/13(月) 21:40

じゃあ早く新しいのいれろよ

72:アメ ◆kvG6:2011/06/13(月) 22:11

人のスレに勝手に書かないでください。
そんなに書きたければ自分でスレを作ればいいでしょう?

73:白狐 ◆n8SA:2011/06/14(火) 00:04

>>72
冷静に対応して

それでも荒しが引かない場合は
書き禁依頼だすといいかと思います♪

では☆

74:グレー:2012/03/30(金) 20:04 ID:ZW2

わかる人がわかればいいオリキャラのグレーとタンザしか出ません
短い上にただの駄文です席替えの話の放課後的な感じです

ここはテイト地区にある僕の家サッカー部に遊びに行って帰ってきたところだ
「ただいまー」
「おかえり〜」
リビングに入るとタンザが机で作業をしていた
「何やってるの?」
「友達に頼まれた物作ってるの」
「へぇ〜どんなの・・・ってなぜそんなものを・・・・・」
「う〜ん僕に聞かれても困るよまずこれが何かもよくわかんないし」
タンザはよくわからないままに藁人形を作っていたのだ
「これなんなの?」
「(適当に誤魔化そう)僕もそこまで知らないな・・・・
それより今日席替えしたんだろ?アメから聞いたよ」
「え?うんしたよ〜アメジストがエメラルドと隣になってスゴイはしゃいでたんだよね〜
それだけしか確認してないらしくてエメラルドの後ろの席が僕なのに気付いてないみたいだったし」
「恋は盲目だね・・・・で晩ご飯は?」
2つの弁当箱を洗い始めながら聞いた
「うどんだよ〜今から茹で始めるね〜」
そう言うと手早く片づけ鍋に火をつけた
「それにしても学校で早弁するならちゃんと朝起きて食べてよ」
「あはは・・・それができたら苦労はしないよ」
「まったくそんなんだから背伸びないんだよ」
「なっそれは関係ないだろ!!」
「あっ沸騰してきた〜」

そんなこんなで夕食になったのでした



うん予想した通り駄文だ・・・・・
わかる人がわかればいいけどタンザはこの学パロだと優等生になってしまう・・・・
グレーの早弁の理由は朝着替えて出るくらいの時間しかないからです登校時間は自転車なので問題ない
まあ遅刻ギリギリで滑り込むかな
タンザは朝早く起きてご飯と弁当作って余裕で学校に行くだろうな・・・・

75:グレー:2012/03/31(土) 10:49 ID:ZW2

レッド宅(8:02)
目覚まし時計が鳴り響いている
「・・・・・ん?今何時だ?・・・・・」
欠伸交じりに時計を見た
「・・・・・・やばい遅刻するー」
幸いカントー地区は学校から一番近いため
陸上部のトップなこともありなんとか間に合ったのだ
校門を抜けると一足先に怒られてる生徒がいた
「遅刻はしてないんだし許してよ・・・・」
「まあ今回も見逃してあげるわ
でも遅刻したら掃除と写真部の手伝いよ」
「なんて個人的な・・・・」
「なんか文句あるの?というか妹を見習いなさい」
「できたらね・・・じゃあ」
と自転車をとばして逃げて行ったのでした
「あらレッドまた遅刻ぎりぎりねこれで何回目よ」
「悪い悪い・・・・あれグリーンは?」
いつも居るはずのグリーンの姿はなく
「あぁグリーンならあんたの仕事を片付けるって教室に行ってるわよ」
「怒られるよなー・・・・」
「自業自得よ」
そういって校舎に向かうのでした


載せなくていい駄文ですね
>>7を書き直してみました

76:リーフグリーン:2012/04/19(木) 15:14

おもしろーい            ここすごくいいね

77:リーフグリーン:2012/04/19(木) 15:18

自分をこの物語に書いていいでしょうか

78:クロス:2012/04/19(木) 15:34

それはちょっと・・・・・

79:クロス:2012/04/19(木) 21:01

さて名前変えるのも面倒なんでクロスのままでいきますね
今回はカントー・ジョウトの学パロじゃないのを書きます
とりあえずマサラトリオは成人という設定で


「いやー桜キレイだな〜」
と明らかに出店しか見てないゴールドが言った
「まったく花より団子とはまさにこのことね」
「それより姉さんはどこだ?」
いつものノリのジョウトリオが歩いていると広場に出た
そこには大桜がありその下によく知った4人が陣取っている
「遅いわよ3人とも〜」
ブルーが酒瓶を持って笑いながら呼んでいる
傍に他3人も居るが2人は寝ていて1人がブツブツと何かを呟いているという終盤のような光景があった
ちなみに寝ているのは当たり前のイエローと酔いつぶれたレッドだ
グリーンはポケモンのことについて独り言を延々と言っている
「なんスかこの状態いつから飲んでんですか!」
「ものの30分くらいよー」
「30分てどんだけ弱いんスかレッド先輩もグリーン先輩も・・・・」

この後とりあえず3人をほっておき一通り楽しんだ4人はそれぞれ家に運び解散したのでした



相変わらずの駄文で泣きそう・・・・・

80:リーフグリーン:2012/04/21(土) 11:32

わかりました、見て楽しみます

81:リーフグリーン:2012/04/21(土) 11:37

下記足しです初めにも書きましたが楽しいですねここクロスさんありがとうございました

82:ロゼ:2012/04/21(土) 20:13

よっ!クロス発見!
これ面白いな。
ちょこちょこ顔出すよ。

83:リーフグリーン:2012/04/21(土) 20:38

ここに書いている人みーんな上手いですね

84:リーフグリーン:2012/04/23(月) 20:15

誰か面白い小説書いてください、私もかきたいのでお願い致します

85:タッキー:2012/04/24(火) 20:25

じゃぁ、僕書きます!

86:タッキー:2012/04/24(火) 20:58

キャラ紹介

レッド(高3)
ポケモンバトル部所属。運動神経もよく、だれからも尊敬されているが、中身は超へタレ。
握力が両方とも40と、かなりのもので、レッドに腕相撲で勝てた者はいない。
たまに部活での様子をブルーに隠し撮りされ、写真を売りさばかれている。

グリーン(高3)
剣道部所属。剣の腕は学園トップクラスで、真剣を持たせると、鉄でも切ることができる。しかし、そのために、
ブルーの薬で暴走した時、学園を切り刻もうとしたことがある。ある意味危険な存在。
よく部活での様子をブルーに隠し撮りされている。しかし、その写真は売りさばかれていない。

ブルー(高3)
化学部所属。彼女の作る薬はかなり危険で、ひとたびその薬を飲むと、2日間危ない状況になるのだという。
学園の化学貯蔵室には1000もの薬が保管してあるという。
グリーンの写真を隠し撮りしているが、その写真は自分の部屋が埋まるほど飾っている。

イエロー(高1)
帰宅部。レッドに次ぐかなりの人気っぷり。怒らせると、かなり怖く、だれもイエローを止められなくなる。
ブルーからよくレッドの写真を購入しているらしい。

ゴールド(中3)
スケボー部所属。学園ナンバーワンのトラブルメーカー。
自分の問題を他人に引っ張りまわすため、学園ではあまりよく思われていない。
よく先生やクリス、シルバーに説教されている。

シルバー(中3)
コンピュータ部所属。見た目とは裏腹にコンピュータにはかなり強く、頭もいいため、人気がある。
一度、ブルーに、幼児化させる薬を飲まされ、幼稚園に連れて行かれたことがある。

クリス(中3)
女子サッカー部所属。キック力はかなりのもので、ゴールドが一撃でダウンするほど。
よくゴールドを説教している姿が目撃される。

ルビー(中2)
家庭科部所属。裁縫がかなりうまく、レッドたちの制服のとれたボタンを修復してくれる。
一方、運動神経はよくなく、体育の成績はいつでも2。

サファイア(中2)
フィールドワーク部所属。運動神経はかなりのもので、その数値は未知数。ただし、漢字は読めないものが多いので、
国語の成績はぎりぎり2。クリスと仲がいい。

エメラルド(中2)
帰宅部。帰りによく余った金でクロワッサンを買う。運動神経も、国語も中の下だが、
体育はかなりの成績。レッドとはいいバトル仲間。

ダイヤ(中1)
漫才部。帰りに余った金でお菓子を大量に買う。家庭科はかなりの成績。
食べ物に関する知識も豊富で、家庭科の食べ物に関するテストは100点。

パール(中1)
漫才部。いつも食べてばかりいるダイヤに世話を焼いている。つっこみは大の得意で、
学園のつっこみナンバーワンブランプリで優勝するほど。

プラチナ(中1)
帰宅部。いつも自家用の車で登下校しているかなりのセレブ。いつも漫才部の練習を見学している。

以上が、僕の小説のメインキャラです。次回をお楽しみに。

87:アメ:2012/04/24(火) 21:02

クロスさんに許可もらってください;;
というか>>77 >>78 の会話を見てください;;
>>86

88:クロス:2012/04/24(火) 21:03

オレのスレで書かないでください

89:タッキー:2012/04/24(火) 21:23

じゃぁ、書いていいですか?

90:クロス:2012/04/24(火) 21:25

>>88読んでくださいね

91:[tO[:2012/04/25(水) 15:07

なぜ私が書かれている人の参考になるのですか?   話が変わりますがクロスさんはグレーさんですか?

92:クロス:2012/04/25(水) 15:56

えっと誰ですか?・・・・・あとグレーはオレです

93:リーフグリーン:2012/04/25(水) 19:43

すいません私ですミスしてしまいましたお答えありがとうございました

94:リーフグリーン:2012/04/27(金) 16:13

タッキーさん許可をとったら書いてください、それか自分のレスを作って見してください

95:リーフグリーン:2012/04/29(日) 19:41

こんばんはゴールデンウィークですね
寂しいのでクロスさんでもアメさん小説書いて下さい
お願いします。

96:リーフグリーン:2012/05/11(金) 14:45

あわわわわーすいませんすいませんすいません多分弟がこんなに失礼なことをしたと思いますが失礼な発言をしてしまい申し訳ございませんでした
94、95が弟です。

97:リーフグリーン:2012/05/27(日) 12:36

あの、次のスレは、どうするのですか?

98:かりんとう:2012/10/18(木) 00:08

はあ〜次のスレをおたのしみにってかいてあるのに、書いてないー

99:Z:2013/12/21(土) 18:25 ID:WbE

はじめまして[z]です。とても面白かったです。もしよろしければ私もコメントとか書き込みさせてくれませんか?

100:黄昏:2015/04/08(水) 17:26 ID:BCc

はじめまして。[黄昏]です。一通り読ませて頂きました。(これで漢字合っているかな?)書き込みで悪いですが、私もコメントなどを書かせてれますか?駄目なら駄目と書き込んでくれれば幸いです。(意味これで合ってるかな?←またか)あと、面白かったです!

101:匿名さん:2015/08/27(木) 23:26 ID:DaU

面白い!!

102:正義のヒーロー:2015/09/21(月) 23:39 ID:CcA

初めまして、ここで俺を入れてみたい。
名前:ゼファー
通り名:黒腕
学年:高等部2年
容姿:とてもかっこよく、背も高い
成績:ぶっちぎりのトップ(赤点をとったことが一度もない)
学風:後輩や先輩、さらには教師たちからも頼りにされる。男女問わず友人が多い。

103:赤の軌跡:2016/01/06(水) 16:46 ID:BtA

もう荒らししか居ないね

104:ドーナツ:2016/02/20(土) 03:15 ID:DaU

103
ひどく共感


書き込む 最新10 サイトマップ