フェアリーテイル恋もの小説☆

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ミルク ◆Kzfg:2011/09/21(水) 09:43

フェアリーテイルの恋もの小説です
フェアリーテイルの恋もの好き集まれー!

2:meririnn ◆wPDQ:2011/09/21(水) 16:17

イエーーー!ってわけできちゃった!
フェアリーテイルの恋もの小説スキーー!ヨロ☆

3:meririnn ◆U7OI:2011/09/21(水) 16:22

おりょ?トリップが間違えてる

4:N ◆Ik/6:2011/09/21(水) 18:01

お久しぶりです☆
来ました〜〜^^
お、覚えてますよねっっ!!?www

5:ピコ ◆ihUg:2011/09/21(水) 19:56

もちのろん!覚えてるよ!Nさん!
みんな来てくれたんだ〜やったー

6:莉磨 ◆hf8U:2011/09/21(水) 20:49

お久しぶりです!
誰か分かりますか?

7:ピコ ◆ihUg:2011/09/22(木) 21:38

ワオ!わかるわかる!莉磨さん!
[フェアリーテイルが小説]でも顔出してよ〜

8:N ◆Ik/6 ishimatuko0909hbtp1.jp:2011/09/22(木) 21:42

あ、ありがとうございます・・・(泣

9:にんじん ◆Mk4Q:2011/09/23(金) 09:55

にゃほぉぉぉい
知ってる顔がせーぞろい^^
き・て・み・た・ゼ―――――!

10:ピコ ◆ihUg:2011/09/24(土) 19:24

えええ、Nさん!泣かなくても…
にんじんさんいらっしゃい!
そろそろ小説かこかな・・・

11:ハナ:2011/09/24(土) 22:01

皆さん!小説は!?

12:にんじん ◆Mk4Q:2011/09/25(日) 08:57

いや…何書けばいいんだろう…

13:meririnn ◆U7OI hoge:2011/09/25(日) 16:57

お!皆さん面々でそろいましたね
ではそろそろ小説をはじめましょうかー!

14:ピコ ◆ihUg:2011/09/25(日) 20:27

あい!

15:にんじん ◆Mk4Q:2011/09/26(月) 15:47

早いとこ書いちゃおうよ!

16:ピコ ◆ihUg:2011/09/26(月) 21:22

じゃあ書く!
〜〜〜〜〜〜〜
=ギルド=
ル「おはよー!」
ナ「おっす!」
グ「いつもより早いな」
エ「ルーシィおはよう」
ミ「あら、ルーシィおはよう!」
ル「聞いてよミラさーん昨日もナツ達がて部屋がめちゃくちゃ」
ミ「あらあら、でもそれってルーシィに気があるんじゃない?」
ル「ないない、まえも期待して損したんだから」
ナ「ん?何の話してんだ?」
ル「昨日のこと話してんの!」
ナ「昨日?まあいいや仕事行こうぜ!」
ル「OK、で?いつものチーム?」
ナ「いや、久しぶりに2人で行こうぜ!」
グ「いーや、俺と行くんだ!」
ガ「バニーは俺と行くんだよ!」
ナ「あぁ?やんのか?こらぁ!」
グ「上等だ!」
ガ「乗ってやる!」
ミ「あらあらガジルまで・・・ルーシィモテモテね!」
ル「いいから行こうよ!家賃が〜」
〜〜〜〜〜〜〜
恋物なのかな・・・わかんない・・・

17:ピコ ◆ihUg:2011/09/27(火) 20:55

誰か来ないの〜?
また今度書くね〜(小説)

18:M ◆U7OI:2011/09/28(水) 16:25

「隙だらけの君」

いつも通り騒がしいギルド
そんな中に人気は生えて見える金髪の彼女
さっきからずっと座って分厚い本を読んでいる
『こんな騒がしい中、よく読めるよな―・・・』
そんな風にボーと見ていたらこっちに気づいたらしく、目がパチッとあった
彼女が手を上げようとして、何か言おうととした瞬間、
――――――まかたよ
彼女の横に見ただけでなぜかイラつくようになっていた桜色の髪のあいつ
なのげなく隣の席に座って話し始める
彼女はちらちらとこっちを見て、何か話したげだけど。
しかし、数分話しただけでリサーナに呼ばれてどこかへ行ってしまった
そして1度カウンターに飲み終わったコップを戻してこっちに来ようとした
   が、
「やぁルーシィ今日もかわいいね〜」
なにげな〜く出てきた―――ロキ
『お前、精霊に戻る前よりひんぱんに来てねぇか?』
さすがにルーシィは強制閉門をしたが
そんな無駄な会話(?)をしている間にミラが入れてくれたドリンクを持ってルーシィがこっちに来た
「あのさ・・・・・・明日、一緒に出掛けない?」

19:M ◆U7OI:2011/09/28(水) 16:27

あれ?予定と違う方向に…

20:M ◆U7OI:2011/09/28(水) 16:39

「おはよ」
「ふ…不法侵入っ!???」
朝、目を覚ますと、部屋にルーシィがいたので思わず叫び声をあげた。
「なにしてんだよ…」
「それはこっちのセリフよっ!!服着て!//」
指を指されて、裸なことに気づき、慌てて脱ぎ捨ててあった服を拾う。
「…今日は…誘いに来たの」
「誘い?仕事は明後日まで休むって言ったのお前じゃん」

普段、オレはナツ、ルーシィ、ハッピー、エルザと共に仕事へ出かける。
それに休みはほとんどない。
なのに、いつもお金がないと言ってきゃーきゃー騒ぐルーシィが3日間仕事を休むと言い出したのだ。
「そうよ?」
「…じゃぁ気がかわったのか?」
「違うわよ!仕事を誘いに来たんじゃないの」
「ならなんだよ…?」
オレの言葉に頬をピンク色に染めたルーシィは、恥ずかしそうに呟いた。
「………デートの、誘い…」









「今日はいい天気ねっ!」
「ああ…」
外に出て、ルーシィは太陽に向かって伸びをした。


「ね、どこいきたい?」
「どこでもいー」
彼女の考えがいまいちよくわからない。
デートって…デートなのだろうか?
というか、そういえば昨日も誘いに来たような…
結局はやっぱいいなんて言って帰っていたけど
確かに彼女はいつもよりおしゃれをしているようにも見えるが…

今までいつも一緒に居て、そんな素振り一度も見せたことがない。
それどころかナツとの仲の良さは異常だから、オレはてっきり……


「じゃあ、遊園地にいかない?」
「………おう」


なんだ。
そう言うことか。


「…ナツじゃ遊園地は一緒に行けねぇもんな…」
「?」
少し期待した自分がバカらしくなった。
結局ルーシィはナツなんだ。


「ま、いーや。なんでも」
「何が?」
それは最初からわかってたことだろ?
いいじゃねぇか。
せっかくルーシィが誘ってくれたんだ。
「じゃ、楽しむか!!!」
「うんっ!!!」

オレはにっこり笑ったルーシィにつられて笑みを溢すと、券売機に金を突っ込んだ。

21:M ◆U7OI:2011/09/28(水) 16:41

『次はあれっ!!』
『おま…ジェットコースターばっかりじゃねぇか!!!』
ルーシィに振り回されて、絶叫系に乗ったのはこれで何回目だろうか…?
久々の良い天気の為か遊園地は結構賑わっていた。
アトラクションに乗っている時間よりも待っている時間の方が長く感じる。
今までこんなにルーシィと二人で話したことはあっただろうか?
常にナツやエルザが一緒だから、とても新鮮だった。




『じゃあさ…次はあれ……』
日が傾きかけた頃、ルーシィが指差したのは…


『観覧車』










『…結構せまいな』
『そうね』


この観覧車は一周に20分かかるらしい。
『…』
『…』


しばし沈黙。
そりゃそうだ。
只でさえ話す時間はたくさんあって、ほとんどの話題は済んでいるのに、
今更密室に二人きりなんて…何を話せばいいかわからない。


『ずっと…ね』
『え?』


オレが話題を探していると、ルーシィがゆっくりと口を開いた。


『憧れてたんだ』
『何に?』
『この観覧車…』


赤く染まりつつある景色に目を輝かせながらルーシィはにっこり笑う。


『…そ』


オレはずるい。
今、ナツが乗り物に弱くて良かったと考えてしまったんだから。

ナツは…ウザいけど大切な仲間だ。
だから…
『いつか…ナツと乗れるといいな』
『なんで?』
『だって…そうだろ……』
おまえとナツは…
『あたしは…今日、グレイと乗りたかったんだよ』
『だから…それはオレじゃなくても…』
『だって、今日は特別な日でしょ?』
『は?』
ルーシィは持っていたポシェットから銀色の包みを取り出した。
『グレイ、お誕生日、おめでとう』
『え…………』
そうか。
すっかり忘れてた。
9月1日。
今日はオレの誕生日だったんだ…。
包みを開けると、シルバーのチェーンベルトが入っていた。
『グレイに似合うと思って…』
『さんきゅー……』
『もう、服脱がないでね』
ふふふって笑ったルーシィが可愛くて…
愛しくて…
気づいたら抱き締めていた…。

22:M ◆U7OI:2011/09/28(水) 16:44

一瞬、時間が止まったみたいだった。
ルーシィの髪とか…香りとか…
全てが愛しくて、ぎゅっと力を込める。
『グ…レイ///』
一体どのくらいこうしていたんだろう?
気がつけば、観覧車は下りへと差し掛かっていた。

『わりぃ……』
『んーん///』
ルーシィの声にはっとして、体を戻す。
夕焼けのせいなのか、ルーシィの頬は染まって見える。

『……ナツにも…謝らなきゃな』
『…なんで?』
『だって…おまえはナツの…かの』
『違う!!』


最後まで言い切る前にルーシィの声。
少しびっくりして彼女の方をみた。


『グレイ…さっきから誤解してる!あたしとナツは…仲間だよ?』
『…や…だけど』
『……あたしがナツのことを好きだって?……そんな勘違い…してほしくない……』
勘違い…
それならどれだけいいだろう?

『ナツのことは…勿論大切だよ。それはグレイもでしょ?』
『おう』
『でも…恋じゃない…』
『…』

ルーシィの言葉の意味がよくわからない。

『だって…そうでしょ?なら、なんで今日こんなにおしゃれをしてきたの?』


『朝からはしゃいでるの?』



『ずっと憧れてた観覧車に…グレイと…一緒にいるの??』




答えは簡単だ。


ただ…




『そんなのグレイが好……っん…』




信じられなくて…




『ルーシィが好きだ……』
『……ん…あたしも』




ルーシィはずっと…
オレを見てくれてたんだな…






夕日をバックに、


オレたちはキスをした。






今なら…
世界が終わってもいいって…


初めてそんなことを思った。











『気づかなくて…ごめん』
『いいよ……気持ち…繋がったから』


そう呟いてはにかんだルーシィにもう一度キスをしてから、観覧車を後にする。


今度は…
彼女の手をしっかりと握って……。














『やっと見つけた!!!』
『きゃああっ!』


観覧車乗り場を出ると同時に叫び声。


『ナ…ツ!?』
『エルザ…ジュビア……ガジルも!??』


目の前にナツを始めとする仲間達が居たのでオレたちはパッと手を離す。


『グレイを探してたんだ』
『あい!ルーシィもね』
『ルーシィ!今日はパーティーって約束だっただろ?』
『ごめん…夜までならいいかなって…』
『何のために仕事休んだと思ってんだよ!』


パーティー…
仕事を休んだ…


『…もしかして…オレの?』


『そうですよ!グレイ様!今日は特別な日ですから』
『ふん…今日だけだからな』


『じゃ、行こっか?』
『……ああ!!』

23:meririnn ◆U7OI:2011/09/28(水) 16:48

M「昔サイトで書いておきっぱだったので続きを書きました!下手ですが、また来るかもなのでよろしくです!    M」
はい
前、「プルー」の名で「フェアリーテイルが小説2」に来ていた人にもらった小説です
何やらpcが不調らしくうちに残していった物のうちの1つ

24:meririnn ◆U7OI:2011/09/28(水) 16:50

長い、途轍もなく長い・・・・・・あいつ・・・・なんてものを・・・

さて、当の本人なにも書いておりませぬ
うぬぬ・・・

25:meririnn ◆U7OI:2011/09/28(水) 17:00

もうすぐ塾だ――前ふりだけ残しとくね


「その優しさが」
誰にでも優しいから――――だから・・・・嫌になる
どうせなら、はっきり言ってよ
嫌いならそういってよ
優しいから、相手を気遣うから、その言葉が逆に心に刺さって・・・・・・苦しいの



あなたは優しすぎる



逆にその優しさは私を苦しめる



お願いだから、もう構わないで
涙を見ても放っておいて
でないと、私の涙はどこに流せばいいの――――――?

26:meririnn ◆U7OI:2011/09/28(水) 17:01

へったくそーーーーーーすいませんでした!お邪魔しました!

27:ピコ ◆ihUg:2011/09/28(水) 20:36

あのーその小説どっかで見たような〜
あっ!!今日のみゃぴであったやつだ!!
私いろんなとこの小説見てるからわかるよ〜
meririnnさん上手!!私よりうまい!
お邪魔じゃないよ!書いて!!

28:ピコ ◆ihUg:2011/09/28(水) 20:36

あのーその小説どっかで見たような〜
あっ!!今日のみゃぴであったやつだ!!
私いろんなとこの小説見てるからわかるよ〜
meririnnさん上手!!私よりうまい!
お邪魔じゃないよ!書いて!!

29:meririnn ◆U7OI:2011/09/29(木) 12:21

そーそー
なんかそんなこと言ってたよ
もう本名行っちゃえ
「麻衣」が

30:meririnn ◆U7OI:2011/09/29(木) 12:24

・・・・お邪魔じゃないですか?
しかしね・・・・・私が書き始めたのは・・・・暗くなりそうです・・・
何とか最後は明るくしたいけど・・・よし、いざとなったらロキ氏をつかおう!

31:meririnn ◆U7OI:2011/09/29(木) 16:43

episode…1
「結局はただの相談相手」




暗くなってきた道に街灯の明かりが浮かぶ
「はぁーー…」
ふとため息をつく
今日で何回目だろう?

カチャ
「ただいまーっと」
「おかえり」
鞄をどさっとベットに抛る
そのままベッドに身体も鎮める


「なんでいるのよ」
「ん――――――まぁ、その」
歯切れの悪い返事

はぁ、とだるそうにも体を起こす
「――――グレイ、また?」

このごろはよくグレイが家に来る
前はうれしかったこと
今は苦痛なこと
「あぁちょっとジュビア―――」
いつも同じ内容
いつも来るたびに最初だけ期待をしてしまう
もしかしたら少しでも私の事に関する話があるんじゃないかって
「―−−で、ルーシィにちょっとどうすればいいかと思って」






―――――――結局はただの相談相手

32:meririnn ◆U7OI:2011/09/29(木) 17:22

は!最後のセリフおかしい!

33:meririnn ◆U7OI:2011/09/29(木) 17:52

episode…2
「嘘がうまくなるたびに」




「そっか  いつもサンキュ、ルーシィ」
グレイとの話を一通り終えたころ、もうすでに21時を回ろうとしていた
「ううん 大したことじゃないし」


作り笑い

頬の筋肉が引きつる

「・・・・お前、なんかあったか?」


「え・・・?何が?」
「なんか・・・顔、ひきつってる」
・・・変なとこだけ中途半端に鋭いのね
肝心なとこには気づかないくせに―――――――――
あなたのせいよ


なんて言えるわけもなく
「ぁ、はははちょっとね、ロキやらナツやらに振り回されてばっかりだからね」
「そっか なんかあったらいえよ?俺なんかが頼れるか分からないけど、そん時は相談に乗るから」
じゃあね、と手を振ってドアを閉める


「・・・・・・」
ぽろぽろと我慢していた分の涙が玄関に大きなシミを作る

最初はもっと、問い詰めていた

明らかに話をした後の私はおかしいから

でも、嘘がうまくなるたびにあなたは構ってくれない




それでも私は嘘をつかないといけない
これ以上グレイとの関係変えたくないから

だって、あいつには恋としての視界にはジュビアしか映ってない
だから、わたしはあいつに近づけるだけの関係を保つんだ

それがさらにつらい関係でも
これ以上離れてほしくないから

「ふふっ・・・・・矛盾してる   ただつらい思いするだけじゃない」






――――――嘘がうまくなるたびに

34:meririnn ◆U7OI:2011/09/29(木) 17:53

ごめんなさい
意味不明です・・・・・

35:にんじん ◆Mk4Q:2011/09/29(木) 19:31

じゃあ!
書きますねぇい!
あっちで書いたキャラも使おうと思う…しかも!ここでネタバレできるかも…
わかったらすごいねぇ!
え〜と…ジュウとレビィで書くのだ!

第1話 レビィ恋をする

「ねぇねぇルーちゃん^^恋したことある?」

「ほへ?恋?ないけど…」

レビィがニコニコして言う

「本当はナツのこと好きなんじゃないの?」

ルーシィの顔が赤くなる

「な///何いってんの!?そんなわけないでしょ!///」
「じょーだんよ!何本気になってるの?アハハ^^ルーちゃんカッワイー^^」
「そ///そう言うレビィちゃんはいないの?」
「まさかぁ^^いないよ!」

レビィは苦笑いをする

「いつでも言ってよね!相談にのるから!」
「うん…てか何で!?」

理由を聞くルーシィを無視してもどる
わかってたりしない!?とルーシィは思った

「おねーちゃん…」

レイが隅っこでじっとしていた

「何やってるの!?こんなところで!」
「おねーちゃん最近おかしいよ?」
「!!」

レビィの顔が赤くなる
レイはそれを見て

「おねーちゃん…誰か好きな人いるんじゃない?」
「そ…そんな事今はどうでもいいでしょ!仕事いくよ!」
「うん」

そんなやり取りを影でガジルが見ていた

 続く

36:meririnn ◆U7OI:2011/09/29(木) 20:31

ガジルに陰から見られるとかコワッ!

37:ピコ ◆ihUg:2011/09/29(木) 21:18

た、確かに!!怖い!
ええ!2つもある!私が書いたの!!
なぜ…?

38:ピコ ◆ihUg:2011/10/01(土) 18:57

ほあー?誰も来てーなーいー
あかんあかん、おかしゅうなってもうたわ・・・
私なんかもうやばいです・・・

39:にんじん ◆Mk4Q:2011/10/02(日) 08:03

小説書くのデス!!!!

第2話 俺じゃねーだろうなぁ

「好きな人ができた?まさか、俺じゃなーだろうなぁ…」

ガジルが陰からレビィの方を見て言う

「ははは…ありえねーよ…ハハハハハ…」

「何かさっきから見られてるような」
「自意識過剰?」
「違う!!!!」

レビィとレイが口喧嘩している

「ハハ^^兄弟喧嘩か〜珍しいな!」
「俺らと違って仲いいもんな!!」
「違うで?キン兄、俺らは仲が良すぎるんや、ほら、喧嘩するほど仲がいいって言うやろ?」
「それもそうやな〜ハハハ!!」

S級三兄弟がレビィの方へやってくる

それをガジルはクソッ!!何ていって見ている

「ジュウ///キン、レンゾー…」

レビィの顔が赤くなる
それを見てレイはなるほどな〜と思った

「何や?俺の顔に何かついとるんか?」

あまりの鈍感さにレンゾーとレイはため息をつく
だが、キンはきずいていないようだ
りんご病か?何て言ってるぐらいだ…

「俺らこれから仕事行くけど来るか?」
「え?行っていいの?」
「勿論!レイも来いよ〜」
「うん」
「じゃ、したくして8時の電車に乗るから」

   続く

恋愛小説初めてだから上手く書けてるかな??

40:ピコ ◆ihUg:2011/10/02(日) 20:26

うん!!上手い!
レビーちゃんジュウにほれた?
ジュウとキンはきずいてないか〜純感やな〜
そこがいい!

41:ピコ ◆ihUg:2011/10/03(月) 21:43

小説〜♪書こ〜今すぐに〜♪
〜〜〜〜〜〜〜
ル「いいから行こうよ〜いつものチームでいいじゃーん」
ナ・グ・ガ「2人で行きたいんだよ!」
ル「ぶ〜!」
ナ・グ・ガ(か、かわいい!)
エ「どうしたのだ!」
ル「エルザ〜、いつものチームで仕事いこって
  言ってるのにこの3人が〜」
エ「でわルーシィ私と行こうではないか」
ナ・グ・ガ「な、なに〜!!」
ル「そんなんだったら1人でいく!」
ナ・グ・ガ・エ「ル、ルーシィ!/バニー!」
〜〜〜〜〜〜〜
1人で仕事いちゃうルーシィお嬢様でした!
いつものチームが[ルーシィを守るチーム]とは知らないみたい!

42:ピコ ◆ihUg:2011/10/04(火) 21:42

来てない・・・
来ないと私も来ないよ・・・

43:ピコ ◆ihUg:2011/10/06(木) 20:52

気晴らしに小説書くね〜(ぶー)
〜〜〜〜〜〜
ハ「ルーシィ!」
ル「あっハッピー!」
ハッピーがルーシィの胸に飛び込んだ
ハ「おいらと行こうよ!」 
ル「ハッピーと?!」
ハ「あい!こんな仕事見つけたんだ!」
ル「何々〜」
ハッピーとルーシィの後ろから
黒いオーラを出してハッピーをにらんでいる4人がいる
ナツ・グレイ・ガジル・エルザである
グ「あっルーシィと行こうと思った依頼!」
ナ「馬鹿だな〜お前!とっとけばいいのによ!」
グ「馬鹿に言われたかねーよ!」
ナ「んだとこら!」
エ「やめんか!!」
ナ・グ「あい!」
ガ「・・・・・・」
エ「どうしたガジル」
ガ「いや、なんでもねえ」
そんな会話をしている隙に
ルーシィとハッピーは仕事に行ったのである
=====帰り道=====
ル「簡単な仕事だったわね〜」
ハ「あい!」
ル「ハッピーのおかげで報酬も貰えたし!」
ハ「すごいよね!図書館の整理だけで20万Jだもんね!」
ル「あー助かったよ!ありがとう!」
〜〜〜〜〜〜〜〜
なんか気晴らしになったのかな・・・なんて思う・・・

44:ピコ ◆ihUg:2011/10/08(土) 19:47

短編〜小説〜書きましょう〜♪
〜〜〜〜〜〜〜〜
ナツに呼び出された<なんだろう>って思いながら
集合場所にいった<もしかして告白?!>なんて思ったけど
またあんなことになるのは嫌だから期待しなかった
でもそれは間違いだった
「好きだ///」
と言われた時私は耳を疑った
あのナツが?顔を赤くして?私に告白?
しばらく沈黙が流れた
沈黙を破ったのはナツ
「こ、答えは?///」
私は考えた
確かになつは頼りになっていつもそばにいてくれるけど
はたして私はナツのことが好きなのだろうか?
「わからない・・・」
「ちょっと時間ちょうだい」
私はそういった
「いつでもいい・・・だからちゃんとした答え教えてくれよな///!」
いつもの笑顔だ・・・私は安心した
「うん」
冗談じゃない本当なんだ!そう思うと胸が苦しくなる
なんで?そう思いながら家に帰った
プルーを呼び出す気になれない・・・
「ただいま〜」
「よう!」
「グレイ?!」
そこにはグレイがいた、いつものこと
でもナツは来てない・・・
「ん?どうした?」
グレイは優しい隠し事なんて出来そうもない
「ん、大丈夫?!」
きずくとグレイに抱きしめられていた
「グ、グレイ?!」
「ルーシィ・・・」
「な、なによ・・・」
「俺はお前が・・・好きだ!///」
「?!」
グレイをみると顔が赤かった
あぁいたんだ私が好きな人2人も・・・
「俺だけじゃねえ、ナツやガジル、ロキやヒビキ、リオンも
 お前が好きなんだ・・・きずいてなかったのかよ」
知らなかったロキやヒビキはいいとしてガジルやリオンまで・・・
私が思ってるよりもたくさん・・・
「さっきナツからも・・・」
「告られたんだろ?」
知ってたんだ・・・
「まあゆっくり考えろお前の答えを待ってるぞ」
グレイは帰って行った
告白されるってこういうことだったんだ
はじめて知るこの感覚
きずけばもう夜だった
〜〜〜〜〜〜〜〜
ナツが・・・ナツじゃない!!!!
なんかわけわかんなくなった・・・

45:ピコ ◆ihUg:2011/10/08(土) 22:00

〜〜〜〜〜〜
(ルーシィ視線)
あした、ギルドに行こうかそれだけで迷った
明日からどう接していけばいいんだろう・・・
その前に答えださなきゃ
ナツは頼りになって、いつもそばにいてくれる
強いし、いろんなとこで助けてくれた
前呼び出されてドキドキした
グレイは優しくていつもきずかってくれる
ナツ同様強くて助けてくれた
六マの時少し気があるってジェミニがいってた
ああだこうだ考えてるあいだにいつの間にか寝てしまった
====次の日====
熱が出た
なんで?38.7か・・・
結構高いな・・・
「よールーシィ」
「ナっナツ?!」
「いや、ギルドにこねーからよ来てみたんだ」
「ごめんね?熱でたから・・・」
「さみーのに薄着してっからだろ?」
「あんたも変わんないでしょ!」
あれ?いつもとおんなじ会話
昨日のことどうしよっかな・・・
「早く治してこいよ!ギルドに!!」
「う・・・ん」
昨日のこと聞かないんだ・・・
熱が出て精霊呼べないしどうしたらいいんだろ?
私はどっちも好きなんだけどな・・・

46:ピコ ◆ihUg:2011/10/08(土) 22:01

〜〜〜〜〜〜
(ルーシィ視線)
あした、ギルドに行こうかそれだけで迷った
明日からどう接していけばいいんだろう・・・
その前に答えださなきゃ
ナツは頼りになって、いつもそばにいてくれる
強いし、いろんなとこで助けてくれた
前呼び出されてドキドキした
グレイは優しくていつもきずかってくれる
ナツ同様強くて助けてくれた
六マの時少し気があるってジェミニがいってた
ああだこうだ考えてるあいだにいつの間にか寝てしまった
====次の日====
熱が出た
なんで?38.7か・・・
結構高いな・・・
「よールーシィ」
「ナっナツ?!」
「いや、ギルドにこねーからよ来てみたんだ」
「ごめんね?熱でたから・・・」
「さみーのに薄着してっからだろ?」
「あんたも変わんないでしょ!」
あれ?いつもとおんなじ会話
昨日のことどうしよっかな・・・
「早く治してこいよ!ギルドに!!」
「う・・・ん」
昨日のこと聞かないんだ・・・
熱が出て精霊呼べないしどうしたらいいんだろ?
私はどっちも好きなんだけどな・・・

47:リボン:2011/10/09(日) 13:05

やっほ――――!!!来たよ、ピコさん!!!

48:ピコ ◆ihUg:2011/10/09(日) 21:35

リボンさん!!!!
来てくれたの!!!
来ないから私短編2話も書いちゃった!!

49:リボン:2011/10/10(月) 10:20

恋愛小説って、前に1話だけ書いたけど、(♦雪が降る空♦)最初っから書いたほうがいいの?

50:meririnn ◆U7OI:2011/10/10(月) 17:50

episode・・・3
「あなたの変わりはどこにもいない」





「ルーシィ?」

ボーッと窓の外を見ていたらふいに話しかけられた

「なによ」

声から大体誰かはわかる
なんでいるのよ、なんて突っ込む気にもなれず目は動かさずに返事だけする
「・・・・・・なにかあったの?」

心配そうに誘う声
つい、話してしまいそうになる
話せたらどんなにラクだろう?

恋を自覚してから2ヶ月
失恋してから1ヶ月


この先どんなに時間がたてば忘れられるのだろう?

いっそ、いつも心配をしてくれるロキを好きになってしまえばいいと思うのに

・・・・忘れられないグレイへの気持ち

初めからわかってた




恋をしてからわかってた



忘れようとがむしゃらに付き合ってもしょうがないのだと










―――――――あなたの代わりなんてどこにもいない

51:meririnn ◆U7OI:2011/10/11(火) 00:37

episode・・・4
「雨の冷たさも感じない」(ロキ視線)




ザァァ・・・・・
ずっと彼女は窓の外を見ている

僕には目もくれないで

知ってるさ
彼女がグレイを見ていたこと

突然ある日、冗談のつもりでいつものように行ってみれば「付き合おう」なんていってくると思えば・・・・



その後知ったんだ、僕は

―――――グレイとジュビアが付き合いだしたなんて

ひそかに泣いていた彼女


決してグレイにはみられないように


「ルーシィ、ついたよ」

「・・・・・ぅん」

わずかにうなずいて列車を降りる


ホームから少し歩いているうちに雨が降ってきた
風邪を引いてしまうかもしれない、そう思ってルーシィにはすぐ前にある店で雨宿りしてもらって、その間に近くの店からかさを買ってこようといった


1、2分で見つかったので走ってルーシィのいるところへ行く

彼女はどこを見ているわけでもなくただただ、ボーっとまっすぐ先をみていた


雨宿りもせず、雨に打たれながら


もしも、グレイに向けられているあの視線を1人締めできたら・・・・・・・・・なんて思っているうちに、自分自身までもずぶ濡れなっていたが、







――――――――雨の冷たさも感じない、恋煩い

52:ピコ ◆ihUg:2011/10/11(火) 22:03

グレイがジュビアとね〜
何かピンとこないな・・・
まあいいや!
meririnnさん面白い!
ルーシィが失恋するなんて!
それをナツが!!なんてね

53:トマト ◆U7OI:2011/10/11(火) 22:33

・・・・・・あるかも、しれないですよww

54:meririnn ◆U7OI:2011/10/11(火) 22:36

あ、私だよww上ww

55:ピコ ◆ihUg:2011/10/12(水) 21:43

meririnnさんだったんだ!
びっくりした〜

56:リボン:2011/10/12(水) 22:18

恋愛小説どうしよう・・・。

57:ピコ ◆ihUg:2011/10/12(水) 22:52

短編続き書こうかな・・・
なんか短編じゃあなくなってきたりして・・・

58:ピコ ◆ihUg:2011/10/14(金) 22:15

う〜〜〜ん
考えてたら短編じゃない!
短編じゃなくなった!!

59:meririnn ◆U7OI:2011/10/14(金) 22:37

さて、何か書こう!

60:リボン:2011/10/14(金) 22:53

恋愛小説書かないかも…。う〜ん… "σ(._.@)

61:ピコ ◆ihUg:2011/10/15(土) 19:31

祝60!
ってやってたらきりないね・・・
リボンさん恋物小説書いてね!
ここフェアリーテイル恋物小説なんだから!

62:ピコ ◆ihUg:2011/10/16(日) 19:36

短編じゃないほうの小説〜
〜〜〜〜〜
ギルドに帰ると
私のことを呼ぶ人々(約5名)
「「「「「ルーシィ!!」」」」」
「ただいま」ニコッ
私が笑いかけるとみんな顔を赤くする
なんで?←超鈍感
「私もう帰るね〜」
というと
「じゃーな」
「また明日〜」
と言っときながら
「おかえり」
とナツとグレイとエルザが・・・
は前、今はガジルまでいる
「不法侵入!!!」
とは言うけどスルーされる
「ルーシィ飯〜」
こんなことばかり・・・
ミラさんは
「みんなルーシィのことが好きなのよ。」
と言うけど・・・
まあいっか今が楽しいし
それだけで十分今を大切にしたい
〜〜〜〜〜〜〜
なにこれ〜〜〜〜〜!!!
なんかわけわかんない!!

63:にんじん ◆Mk4Q:2011/10/17(月) 15:47

やあやあ諸君。
久しぶりだねぇ

第3話 仕事

次の日
マグノリア駅

「お?来たか」

レビィは走ってジュウ達の方へやってくる

「遅れてごめんね;」
「そんなにあせらへんくてもいいのに」
「でも…ジュウたちを待たせるわけにはいかないし…」
「んじゃあ行こうか」

みんな、電車に乗り込む

電車の中では、今回の仕事の内容や、作戦などを話していた

―スベニアの村

「ごめんください。ハリスさんいますか?」

一人のおじいさんが出てきた

「あ!魔導師さんですか!?お待ちしておりました。どうぞ中へ…」

と、言われて中に入っていく

「で、仕事の方なんですが…実は…最近村に変な奴等がしょっちゅう来て
 皆困ってるんです…そいつらを退治してくれませんか?」
「はい、任せて下さい。必ず、退治して見せます」

と、ジュウが自信満々に言う

「あ、ありがとうございます!!」

―午後15時

「オラオラオラ!!!この曲を聴いてみろ〜聴かねぇ奴はぶっ飛ばすぞ」
「さぁ今日も元気に歌うぞ――――!!」

「来た!!」
「ジュウ兄!どうする?」
「決まってるやろ!止めんねん!!」

ジュウとキンが飛び出す
そのあとにレビィとレイ、レンゾーが出た

「その、下手な曲、今すぐやめぇ!!」

キンが言う

「こらこら…そんな普通に言うたあかんやろ〜」

ジュウはそれを止めに入る

「まあええわ…さっさと止めんかったら何でもするでぇ」

「こ…こいつ等…フェアリーテイルの三兄弟だ!」
「やべぇ逃げろ!!」

怪しい人たちが逃げていく

「まあ、一件落着やな」

レンゾーが笑って言う

  続く

64:ピコ ◆ihUg:2011/10/17(月) 21:51

は〜〜〜〜
数分の間に気分変わった〜

65:ピコ ◆ihUg:2011/10/18(火) 21:55

小説書こ〜
〜〜〜〜〜〜
「んっ熱い・・・」
そう言って目が覚めた
目を開けてみると横に桜色の髪をした少年(?)が・・・
「ナ、ナツ〜!!」
「ああ?何だよこんな夜中に」
「『こんな夜中に』じゃないわよ!!個々私の部屋!私のベット!」
「あい、おいらが説明するよ!」
ハッピーの話によると、
夜来たけどルーシィが寝てたので一緒に・・・って事らしい
いっつも来てるけどベットに入るのはよしてほしい・・・
はぁっとため息をつくとナツが手を引いてきた
「きゃあ!」
どんっ
「いった〜?!」
きずけばナツに押し倒されていた・・・
「ちょっ!!ナッんっ///」
ナツにキスされた
それを見ていたハッピーは・・・
「でぇきてるぅ・・・ギルドのみんなに教えてこよ!」
「あっ!ハッピー!!んっあぁ」
もういや!
========
「や、やめろ―!!いでっ」
今は立場逆転ナツの髪を引っ張っている
「私のファーストキス返せー!」
〜〜〜〜〜〜
ナツかわいそ!

66:マッキー:2011/10/18(火) 23:14

どこかで少し似たものを・・・

67:meririnn ◆wPDQ:2011/10/18(火) 23:35

もしかして

68:ピコ ◆ihUg:2011/10/19(水) 21:36

似たもの見た?
いろんな小説見てるから
そのデータを収集して書いたんだけれど・・・

69:リボン:2011/10/19(水) 22:06

できたら書くね。恋愛小説の続き。

70:ピコ ◆ihUg:2011/10/20(木) 21:24

書いて書いて!!>リボンさん
楽しみにしてるよ!!
あっそれと私の『そのデータを収集して書いたんだけれども・・・』
じゃなくて『似てるのあるかもね』にして〜
変えられないけど・・・

71:リボン:2011/10/20(木) 22:16

恋愛小説書きま〜〜〜〜す♪(ル―シィ目線で)

                ♦雪が降る夜♦ 続き
あたし達はホテルに着いた。
 「ここか――――――!!!!!」
 「あい!いい眺めだね♪」
ナツとハッピ―が言った。
あたし達はホテルに着いて、プ―ルやレストランなどがあった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜その日の夜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「あ――――――――――――!すっきりした――――――――――♪」
 「プ――――――ン♪」
あたしとプル―は今、温泉から上がってきた。
プル―と話していたら、声をかけられた。
 「どうした?」
そこにはグレイがいた。
 「グレイ!?何でここにいるのよ?」
 「ナツたちと卓球してたら負けたんだよ。それで、ナツたちのジュ―スを買ってたんだよ。それで、お前は?」
グレイに聞かれた。グレイが指を割いてるほうを見ると、そこにはナツ達が卓球をしていた。
 「あたしはちょうど、温泉から上がってきたのよ。」
 「そうなのか。つ―か、そいつも入ってたのか?」
 「うん。プル―も、入ってたのよ。」
 「しおれてるけど、大丈夫なのか?そいつ。」
 「たぶん大丈夫よ。」
 「たぶんって・・・。」
グレイと話していると、
 「お――――――い、グレイ!ジュ―スはまだかよ!!!」
 「おいらも――――――!!!」
 「分かったよ。」
グレイがそう言うと、ナツ達のほうに行ってしまった。
言えなかった。【好き】って・・・。
あたしがそう思うとハッピ―が、
 「ル―シィ!ル―シィも一緒に卓球しようよ!!!」
と言った。
 「うん!」
あたしはそう言うと、ナツ達の方に言った。
   つづく・・・。

まだ、恋愛っぽくないけど・・・。

72:リボン:2011/10/20(木) 22:17

ごめんね。こんな小説で。

73:meririnn ◆U7OI:2011/10/20(木) 22:23

私も何か書こうかな

74:リボン:2011/10/22(土) 14:31

meririnnさんも書いて!!!

75:ピコ ◆ihUg:2011/10/22(土) 19:14

リボンさん上手!!
恋愛っぽいよ!
「言えなかった。【好き】って・・・。」
が入ってるから!!
meririnnさんも書いて書いて!!

76:ピコ ◆ihUg:2011/10/23(日) 20:21

私はいつ書こうか〜?
いつ書いたらいいと思う?

77:meririnn ◆U7OI:2011/10/23(日) 21:24

続き・・・・行きましょうか

78:meririnn ◆U7OI:2011/10/23(日) 23:40

episo-de・・・5
「死人へ語りかける思い」 「一つ奪えたのならそれで満足」(2本同時、*で交代)

ザァァァァ
魂の集うその場所
雨が降っているのもかまわず、かがみその一つの魂に花をささげる
「・・・・・・・・・・・・・・・ママ」
静かに語りかける

―――――あなたの初恋は少しのも幸福を残しましたか?

自分は幸せになれましたか?

または、誰かを幸せに出来ましたか?

後悔のない恋を出来ましたか?


私は・・・・・・・・私の初恋は――――――

「ロキ」
後ろで傘を持ち黙ってたっていた精霊に声をかける


「ありがと・・・・ね、最後の奉公」

そう“最後の”

パッシャン

かさが水溜りに落ち、水がはねる

かさを放した手は細い手首を握り締め、その身体も引き寄せる

「本当に・・・・本当にいってしまうのかい?」
「・・・・」


身長の差があるために、ロキは軽々とルーシィの頭を腕の中に包み込む

それに対してルーシィは黙って腕をゆるくロキの背中に回す
わかっていたから
顔は見えないが雨にまぎれ、涙を流していることが

雨に数分打たれながらの沈黙
「ロキ」
すっと回していた手を解く
「もう、時間」
「・・・・・・」
「ごめんね・・・・もう決めたことなの 私が決めた道なの 未練はないわ」
片に手をつけぐっと引き離す

やはりか、引き離し見せたロキの顔は目から流れるもう一つも雨でぬらされていた
「未練ってみんなに・・・グレ「いいの!」・・・ルーシィ」

「それはこの間も話したでしょ?邪魔したりするようなことは私・・・・・私・・」




――――――死人に語りかける、私のコレから終わるむなしい初恋の話を

79:meririnn ◆U7OI:2011/10/23(日) 23:41

あ、ミスです

1話しかかけませんでしたww

80:meririnn ◆U7OI:2011/10/23(日) 23:46

また今度!

「一つ奪えたのならそれで満足」はジュビア視線です

81:リボン:2011/10/24(月) 22:00

ピコさんありがとう!!!頑張るね☆

82:ピコ ◆ihUg:2011/10/24(月) 22:29

meririnnさん面白い
2話同時に書くのって難しい〜
ジュビア視線か〜面白そう!
りぼんさん!頑張れ〜!
私も小説頑張るから!

83:リボン:2011/10/27(木) 21:12

恋愛小説は今、考え中。

84:ミルク:2011/10/27(木) 22:15

来れなくてごめん!

85:私の小説のパクリっぽいのがある気がするのは気のせい?:2011/10/28(金) 14:02

http://lyze.jp/tovfy/book/2/view/8

http://lyze.jp/tovfy/book/2/view/9

http://lyze.jp/tovfy/book/2/view/10

http://lyze.jp/tovfy/book/2/view/11

86:ピコ ◆ihUg:2011/10/29(土) 20:01

だれ?
いってみてもエラーばっかりだけど・・・

87:ピコ ◆ihUg:2011/10/30(日) 18:04

またもやエラー
どうなってんの?

88:ピコ ◆ihUg:2011/10/31(月) 21:34

来ませんね〜どこ行ったんでしょうね〜

89:リボン:2011/11/01(火) 21:41

ゴメン!あんまり来てなくて・・・。(ちゃんと理由があります。)恋愛小説が思いついたので、近いうちに書きます!!!

90:ピコ ◆ihUg:2011/11/02(水) 22:35

書いて書いて!!
楽しみ!!

91:ピコ ◆ihUg:2011/11/04(金) 21:26

小説書きます!!
〜〜〜〜〜〜
「あーあ、昨日はひどい目にあったな・・・」
ナツにファーストキスを奪われたルーシィ
(みんなになんか言われそうだな・・・特にカナやマカオにあとジュビア)
ギルドに着くとまたけんかしてるやつらが
「ハァ」
ルーシィがため息をつくとその喧嘩はおわった
そしてルーシィの周りに集まってきた
「ルーシィ、ナツにファーストキス奪われたってホントか?」
とグレイ
「まあ!ナツさんとそんな関係に!邪魔者がいなくなりましたわ」
とジュビア
「ほんとうなのか?ルーシィ」
何でエルザまで・・・
みんな口々にルーシィに聞いてくる
なんか返事できなくなった
これもナツとハッピーのせい・・・
「ルーシィが困ってるわ1人1人聞いてあげて」
ミラは言った
(天の助け〜)
とおもっていると
「私も聴きたいこといっぱいあるしね・・・」
一瞬でみんなが震え上がった
ミラの後ろにどす黒いオーラが・・・
それからが大変だった
「「「「「「ナツが大人になった〜」」」」」」
だの
「「「「ナツテメ〜〜!!!!」」」」
と喧嘩し始めるやつもいたり・・・
ミラが怖かったりと・・・
それがあってから3日ルーシィがギルドにこなかったのは別の話
〜〜〜〜〜〜
なーんか似たような小説見たような・・・
まあいっか!

92:meririnn ◆7Aes:2011/11/05(土) 15:11

episo-d・・・6
「一つ奪えたのならそれで十分」(ジュビア目線)




ザァァァ
「雨・・・・強くなってきましたね」
ふっと彼に視線を向ける
しかし小一時間視線は同じ方向を向いたまま

どうしてこんなことに

いや、そんな答えは簡単だ
今日は仕事が休みだからせっかくならばとグレイ様とどこかでかけようと誘ってみると家に誘ってくれて
しかし浮かれたのもわずかな時間だけで
少し前まではフツーに他愛のない会話をしていた
―――まぁ私にとったはそんな会話も幸せな時間ですけどね
そんなときにあの、恋敵とその精霊ロキが2人で駅へ向かっているところが見えた
ナツさんやハッピーならばいつも通りかもしれませんが、いつも勝手に出て来ては怒られている精霊と一緒だと何か気になってしまうのもあり

でも・・・・・グレイ様?
確かに告白したのは私からですよ?グレイ様が私のことを好きといったから付き合ってるわけではないかもしれませんよ?
でも、付き合っている彼女を目の前にほかの女がそんなに気になりますか?

なんとなく気づいてはいたけれど、偽りの形でもいいから夢から覚めたくなくて、逃げていたこと
もう、そんなことをいってられないほどに自覚し始めましたね
グレイ様が好きならばすきと言ってくださったら私は身を引きますよ?
いとしいあなたの幸せを私は願いますから・・・・
まぁもちろん恋する乙女は怖いですからただでは引きませんけど

いつ見てもついドキドキしてしまう、彼の鍛えられた体は今日もあらわになっていて
その肩をつかみ無理やりにでも私のほうへ向かせる
われに返り何かを言おうとする前に私はその唇に私の唇を重ねる
「グレイ様、好きならば素直にそういってください もう私は気づいてしまいましたよ?コレは浮気・・・ですよね?だから・・・・」

つい、涙腺が潤みそうになってその言葉を飲み込んでしまった
でも、必要なかったみたい
彼はその言葉を察してジュビアが少し目を閉じている間に耳元で添ってささやいて目を開いたときには走って扉の向こう

「それでもジュビアは













――――――恋敵から一つ奪えたのならそれで十分。ファーストキスという名の彼の唇を」

93:meririnn ◆7Aes:2011/11/05(土) 15:12

ごめんなさーい(汗)
へたですー

94:ミルク ◆Kzfg:2011/11/05(土) 19:33

上手!meririnnさんすごいよ!
私の方が下手だよ〜

95:リボン:2011/11/05(土) 21:10

恋愛小説書くの、遅くなるかも。

96:ピコ ◆ihUg:2011/11/06(日) 19:39

遅くなってもいいよ〜
書けるときに書いてね〜

97:リボン:2011/11/06(日) 21:44

恋愛小説の続きを書くね。

     ♦雪が降る夜♦ 続き
 「そりゃ!」
 「うりゃ!」
あたし達は卓球をしていた。
ようやく卓球が終わった。
 あたしは勇気を出して、
 「グレイ。ちょっと、散歩に行かない?」
 「いいけど。」
誘ってみた。OKをもらってうれしかった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜外〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「少し風が強いね。」
 「そうだな。」
誘ってみたのはいいけど、二人きりなんて緊張する。どうしよう・・・。
 「なぁ、」
グレイが急に何かを言ってきた。あたしはとてもびっくりした。
 「寒くないか?」
 「え?う―ん・・、ちょっと寒いかも・・・。」
あたしが言うと、
 「これ着ろよ。」
グレイが上着を貸してくれた。
 「ありがとう。」
値が言うと、空から何かが降ってきた。
 「雪だ!!」
 「きれいだな。」
 「うん。そういえば雪って、グレイにぴったりよね。」
 「そうか?」
グレイは不思議そうに言った。
 「はい、これ。」
 「え?」
グレイは何かをあたしに渡した。中を見てみると・・・、
 「マフラ―だ。ありがとう!」
 「今日はクリスマスだしな。」
あっ・・・、そうか。今日はクリスマスだったんだ・・・。
 「あ、あの・・・。」
何だろう?
あたしはグレイを見た。グレイは顔が赤くなっていた。
さっきまでとは違い、真っ赤な顔でグレイは
 「俺、お前が好きだ!」
・・・・・え?今好きって言った?
やっと、状況が理解できたあたしは、うれしくて・・・、
 「あたしも、大好きだよ!!」
雪が降る夜、あたしはグレイにキスをした。
     END

98:リボン:2011/11/06(日) 21:46

書いてたのに消えた!!ゴメンネ、今度時間があったら書きます。(期末テストがあるけど。)

99:リボン:2011/11/06(日) 21:47

書けてた!やったね(*´∀`)Ω ヨッシャ♪

100:ピコ ◆ihUg:2011/11/06(日) 22:54

グレルーだ〜〜〜〜!!!!
萌える〜〜〜!!!!

101:匿名さん:2011/11/07(月) 16:21

うーんいまいちここに書いてる人って表現が足りないと思う
アイディアはいいと思うから頑張って!

102:リボン:2011/11/08(火) 20:10

表現か〜〜〜〜〜〜・・・。他のも考えとくね♥

103:ピコ ◆ihUg:2011/11/08(火) 21:01

私も考えときまーーす!!
表現ね〜

104:リボン:2011/11/09(水) 18:39

この恋愛小説、友達も一緒に考えてくれましたヾ(´▽`*)ゝ エヘ

105:リボン:2011/11/09(水) 18:41

次は誰と誰のを書こうかな?う〜ん… "σ(._.@)」

106:ピコ ◆ihUg:2011/11/09(水) 21:37

ナツルー!!
次ナツルー書いて!
ナツがルーシィに惚れちゃった系の!
そして鈍感ルーちゃん!

107:ピコ ◆ihUg:2011/11/10(木) 20:37

私は鈍感ルーちゃんが好き!
できればいいけど書いてほしいな!

108:リボン:2011/11/10(木) 20:53

出来る限り、書いて見るね!(期末テストあるし・・・。)

109:リボン:2011/11/11(金) 20:38

今、恋愛小説(ナツルー)を考え中です!

110:サザン:2011/11/11(金) 21:17

みなさんここにいたんですか。ここでは、はじめてなので、・・はじめまして

111:リボン:2011/11/12(土) 15:00

おお!サザンさん。ここでは、恋愛小説の書く場所だよ!!!

112:ピコ ◆ihUg:2011/11/12(土) 19:57

サザンさん!!
来てくれたんだ!
じゃあ私もようこそ!
ここでは・・・って!リボンさんが説明してくれてるんだった!
来てくれてありがとう!

113:サザン:2011/11/12(土) 21:49

みんなー、俺!小説書きたいからかくにん!!       フェアリーテイルが小説でかいてる小説にでてくる。アツヤをつかってかきたいとおもいます。

114:サザン:2011/11/12(土) 22:25

[エルザ目線?]     今日は、年に一度のクリスマスそしてアツヤの誕生日、 「ア、アツヤ!」「どうした?エルザ」「い、今から、遊園地、・・・に、い、い、い、いかな、ないか?」てれながらも、だめもとでさそってみる。すると「いいぜ!なら、いくぞ。」「え?」「ほら!」だめ、と思ったのにあっさりオーケされおどろいた 。けど、うれしかった。    遊園地        「まずなにのる?」「え?えーとあれは、どうだ?」「え、・・・あ、あれ?」てきとうに指した先にあったのは、ゴーストコースターというのりものだった。     「しゅぱっつ!いってらっしゃーい」係の人の一言で、動き出す。これは、二人ようのコースターだった。    「うわー」「ははは」   するといきなり「ばあ!」とお化けがでてきた。「きゃ!」「きゃあ?、・・てか」「ん?・・あ、」抱きついていた。           つづく          うわーおれへたー

115:ピコ ◆ihUg:2011/11/13(日) 18:40

「エルザが『きゃ!』って言ったぞ!」
ってナツたちはいいそう!
なんか新鮮だね〜
上手!すごいな〜
私も負けてらんないぞ!

116:ピコ ◆ihUg:2011/11/15(火) 20:42

誰も来てない〜
私が来ないからかな・・・?
なーんて冗談は置いといて
小説どうしようああやって終わっちゃったから始めにくい・・・
ははっ!私馬鹿だね!後先考えて行動しないんだもん

117:ピコ ◆ihUg:2011/11/17(木) 20:27

いやだーいやだーいやだー
とにかく何もかもがいやいやだー

118:バナナ:2011/11/18(金) 20:34

初めましてバナナと申します☆

119:バナナ:2011/11/18(金) 21:12

リ「はぁ…」
グ「ん?どうしたんだリサーナ」

リ「いや‥またナツルーシィと仕事行くのかなぁ?はぁ」
グ「そんなんでため息なんてしてんのか、しかたねぇだろチーム組んでんだからいちいち嫉妬してんじゃねーよ」
リ「別に嫉妬なんか…別に…」

120:ピコ ◆ihUg:2011/11/19(土) 21:41

バナナさん初めまして!
ようこそ!
なつるー派ですか?
私はナツルー派でもありグレルー派でもあるよ!

121:ピコ ◆ihUg:2011/11/20(日) 21:36

ううう
初めのネタが浮かんでこないよ〜

122:ピコ ◆ihUg:2011/11/21(月) 21:53

ププーン
プププーン?
プププーン!

123:meririnn ◆wPDQ:2011/11/22(火) 16:47

サイト作りました!

124:ピコ ◆ihUg:2011/11/22(火) 21:12

サイト?
どんな名前?
行きたいな!

125:バナナ:2011/11/22(火) 21:33

初めましてm(_ _)m

僕は、リサルー派?かな?(^^)v

126:ピコ ◆ihUg:2011/11/23(水) 21:22

リ、リサルー派か〜
リサーナとルーシィがね〜
まあ、私もけっこう好きかも・・・?
なんか小説サイトで結構見るな〜
リサルー
まさかバナナさんが書いてたりして・・・

127:ピコ ◆ihUg:2011/11/24(木) 21:23

ううううううううううううううううううううううううう

128:にんじん ◆Mk4Q:2011/11/24(木) 21:54

うううさぎ♪
うううううさぎ♪

129:バナナ:2011/11/25(金) 20:03

ピコさんそれ友達だと思います(^^ゞ
友達に言っときますm(_ _)m
なりすましすんなって(*^-')b

130:にんじん ◆Mk4Q:2011/11/25(金) 20:45

ハァァァァ…
思いつかない…
誰かリクエストを〜
じゃないと、ぶっ飛んじゃうゾ☆

131:meririnn:2011/11/26(土) 13:57

サイト名
m&m

来たら拍手かメールで知らせてね!

132:ピコ ◆ihUg:2011/11/26(土) 19:35

OK!meririnnさん
んじゃあ拍手で!
にんじんさんぶっ飛ばないで!!
ん〜〜んじゃあ・・・
グレルー書いて!グレルー←ナツ

133:ピコ ◆ihUg:2011/11/26(土) 19:50

調べたけど出てこないよ?
meririnnさん

134:バナナ:2011/11/26(土) 20:18

リサルー書いてリサルー

135:ピコ ◆ihUg:2011/11/27(日) 20:01

「リサVSナツルーシィ取り合い!!
グレイが横取りしようとしたが・・・」
は?
バナナさんの意見も入ってるよ!

136:ピコ ◆ihUg:2011/11/27(日) 21:33

てきとうに小説書いちゃえ!
〜〜〜〜〜〜
「ルーシィ・・・」
ナツがルーシィの名前を呼ぶ
「なに?ナツ」
笑顔で振り向くルーシィ
「今日が何の日か覚えてるか?」
ルーシィは頭に?マークを浮かべている
「?????なんの日だっけ?????」
「覚えてねえのか・・・」
「ん?どしたのナツ・・・顔赤いよ?熱あるのかな?」
ルーシィがナツのおでこに手を当てる
ナツの顔がさらに赤くなった
「うーん・・・熱はない見たいだけど・・・」
ナツは顔をそらす
その時暖炉からガタっと音がした
「ようルーシィ!」
「不法侵入!!!」
それはグレイなぜ暖炉から入ってくるのか・・・
「グレイ!なにしに来た!!」
「おめえこそ何してんだ?」
「俺h「そーだルーシィ今日は何の日か覚えてるか?」さえぎるな!」
「なによグレイまで・・・なにかあったっけ?」
「覚えてねーのかよ!」
ど忘れルーちゃん時期にその意味がわかるでしょう!
〜〜〜〜〜〜〜
なんかめんどくさくなったのと・・・
その日がなんの日か考えてなかったから!

137:おかじ:2011/11/28(月) 07:55

やっほー!来ちゃったー!

138:meririnn:2011/11/28(月) 17:07

あ、検索避け済みですから

フェアリーテイルの小説とかいろんなランキングに参加してるけど

139:ピコ ◆ihUg:2011/11/28(月) 20:39

そなの?
じゃあ検索しても出てこないわけだ
フェアリーテイル小説のランク見てみるね☆

140:おかじ:2011/11/29(火) 18:31

皆さーん僕のこと知ってます?

141:ピコ ◆ihUg:2011/11/30(水) 21:27

おかじさん!
来られたんですね!
お待ちしておりました
さあ一緒に恋愛小説を書きましょう!

142:おかじ:2011/11/30(水) 21:55

ピコさんありがとうございます!

143:おかじ:2011/12/01(木) 19:12

じゃあナツルーで。


ナツ「ルーシィー」
ルーシィ「何〜?」
ナツ「一緒にクエストいこーぜ!」
ルーシィ「いいけど・・・」
最近、私と行くのが増えたような・・・まいっか!
ナツ「じゃーこれ!」
そして・・・

ルーシィ「簡単だった〜!ただいま〜!」
ナツ「よっ!」
ルーシィ「えええええー!何で居るのー!」
ナツ「一緒にいたいから。」

え・・・
ルーシィ「えええええー!」
ナツ「ダメ?」
ルーシィ「ま、まぁいいけど。」
これどういうことだー!
ナツ「今日とまっていい?」
なぬー!
ルーシィ「いいよ!」
言っちゃったー!

ベッドの中・・・
ナツ   ぐーぐー
ルーシィ「ナツ、添い寝してもいい?寒いんだけど。」
ナツ「いいよ」
ルーシィ「ふー」
ナツ「あ、あのさ・・・」
ルーシィ「ん?」
ナツ「お、おまえのことが好きだ!」
ルーシィ「私も♪」

こうして、二人はぐっすり眠りましたとさ

かけたー。

144:レン☆:2011/12/01(木) 21:09

「なぁルーシィー」
「なぁに?ナツ?」
ルーシィーは甘い声でナツに言う。
「俺さぁ…」
「うん。」
「お前のこと好きだ」
「うん…って、え!?ナツ…どうかした!?」
「いや、本気なんだけど…」
「///………も……き」
「え?」
「わ、私も好きっ!!」
「ほんとか!?」
「う、うん!」



そしてそのあと手を繋ぎながら帰ったナツ達でした






どうでしたか?
なんの断りもなく書いてしまったのですが.・°(>_<) °・.

145:ピコ ◆ihUg:2011/12/01(木) 21:45

いいのいいの!
ここフェアリーテイルの恋愛小説書くところだから^^
やっぱりストレートナツいい!!
すごいな〜私はなんか内気(?)ナツと鈍感ルーちゃん
だから・・・

146:レン☆:2011/12/01(木) 22:44

ピコさんありがとう!


でもストレートすぎてつまんなくないか心配になる(T^T)(T^T)(T^T)

147:レン☆:2011/12/01(木) 22:55

次はストレートすぎないように…

グレイとルーシィーで!

グレイside

ギルドで見るいつもの笑顔。
最初は別になんとも思ってなかった。
でもだんだん目で追うようになった。
あいつが悲しむたびに俺の胸が締め付けられる。
あいつが笑うたびに俺の胸が喜ぶ。

あの金髪のブロンドヘアのあのこ。


好き
という一言を伝えられずにいる。
「グーレイ!」
「うわっ!ビックリした!」
ルーシィーから近づいてきた。
「仕事行こうよ!さっき呼んでも気付かないから(笑)」
「あぁ、わりぃ…」
「…?グレイ、大丈夫?(上目)」
ドキッ!
ヤバい…かわいい
「だ、大丈夫だ!すぐいくから待ってろ」
「分かった!」

ヤバい…バレるかと思った…
でも早く伝えないと…



ルーシィーが遠くに行く前に。

148:meririnn:2011/12/02(金) 17:57

もしも、生まれ変わってもあなたは私と恋できますか?





「ねぇ…もしもよ?もしも私が生まれ変わったらまた好きになってくれる?」
「あたりまえだろ?」
「本当に本当に本当に?」
「どうしたルーシィ?
「…別に」
「?」

だま聞き足りなかったような眼をしたグレイを顧みず私はギルドを後にした

「どうせ何回聞いたってこの不安は消えないのに…」

自分に何度も言い聞かせ













―――――もしも、私が今、あなたを深く傷つけても、あなたはわたしに恋してくれますか?

149:meririnn:2011/12/02(金) 17:58

読みたい人いたら続きを書こう!うん。どうせいないのを承知で書いてるけどww

150:おかじ:2011/12/02(金) 21:24

meririnnさん!書いて下さい!
とても楽しみです!

151:ピコ ◆ihUg:2011/12/03(土) 19:49

meririnnさん書いて書いて!
なんでルーシィがそう思ったのか気になる!!
グレルーも素敵❤
確かにグレイはストレートじゃないもんね!
あーーー
私も短編書いてみよ

152:おかじ:2011/12/03(土) 21:04

皆さんトリップってどうするんですか?

153:おかじ:2011/12/03(土) 21:04

皆さんトリップってどうするんですか?

154:レン☆:2011/12/04(日) 08:37

ルーシィーside

いつも何かしら裸でいるあいつ。

最初はただの変態野郎かと思って全然気にしてなかった。


でもいつの間にか気になる存在だった。
「………シィ…………ルーシィー!」
「ふぇ!?」
「ふぇ!?じゃねえぞ!仕事行くぞ!」
「あ、ごめんごめん。ナツ」
「グレイ呼んどけよ。マグノリアの駅に集合な!」
「りょーかい!」
ナツに手を降ってからグレイを呼ぶ。
「グレイー!」
「…………」
聞こえてないのかな?
グレイの元に向かい、呼ぶ。
「グレイ!」
「うわ!びっくりした!」
気がついてなかったのね…
「何回呼んでも気づかないから…仕事行こう!」
「あぁ、わりぃわりぃ…」
「グレイ…どうしたの?(上目)」
反応はどうかな?
「いや、なんでもない!」
顔が赤い。
何でだろ?←鈍感
まぁいっか。
「じゃああとでね!」


家に帰って支度をする。
動きやすく、七分のパンツにしようかな?
「よし!行こう!」



でも…こんないつもの形で…あんな目に会うとは…誰も思ってなんかなかったの…。


続く

155:おかじ:2011/12/04(日) 16:43

うおー!上手ー!

156:レン☆:2011/12/04(日) 17:27

おかじさん連レス好きなんか?(笑)

157:おかじ:2011/12/04(日) 19:28

とんでもない!(´=`)

158:ピコ ◆ihUg:2011/12/04(日) 19:38

おかじさんはなんか「書き込む」を連打しちゃうんだよ・・・
なんかな〜私もよくやって連レスになるんだよね〜

159:レン☆:2011/12/04(日) 21:06

連打か!

私もたまにやるね(笑

160:おかじ:2011/12/05(月) 07:39

そのとーり!(笑)

161:おかじ:2011/12/05(月) 07:39

そのとーり!(笑)

162:おかじ:2011/12/05(月) 15:26

最近ミルクさん来てないっすね。

163:ピコ ◆ihUg:2011/12/05(月) 20:57

ミルクは私だよ・・・
ミルク=ピコだよ!
何回↑のやったことか・・・

164:しずか:2011/12/05(月) 23:29

このストーリすきです
あ!もうしおくれましたしずかでーす!よろしくお願いします

165:おかじ:2011/12/06(火) 07:32

あっそうだったんですか。
すみません!本当にすみません。

166:リボン:2011/12/06(火) 21:02

しずかさんよろしく★恋愛小説は、時間があったらナツルー書きます!!!

167:ピコ ◆ihUg:2011/12/06(火) 22:33

しずかさんよろしく!!
いいよおかじさんよく聞かれることだから
ナツル〜私大好き!!グレルーも好き!!
リボンさん!書いて書いて!

168:俺:2011/12/08(木) 20:31

名前変えました!
元おかじです!改めてよろしくお願いします!(これフェアリーテイルが小説2でも書き込みしました)

169:ピコ ◆ihUg:2011/12/08(木) 21:23

俺さん(おかじ)さん
よろしくね!^^

170:俺:2011/12/08(木) 22:02

突然ですが
フェアリーテイル最高ーーーー!!!!!

171:ピコ ◆ihUg:2011/12/10(土) 19:11

確かに突然!
んじゃ私も
ナツとグレイとその他がルーシィ取り合えーーーー!!!!!

172:俺:2011/12/10(土) 20:34

ヤバイ。ネタがない!ネタが!ネタがぁ〜!!!

173:俺:2011/12/11(日) 13:05

ぽぽぽぽーん

174:ピコ ◆ihUg:2011/12/11(日) 20:43

私が思うに
グレルー←ナツ・ロキ・ガジル・ジェラール・リオン・ヒビキ・ジュビア

ナツルー←グレイ・上と同じ
がいいな〜
後リサーナが入ると面白そう(^v^)

175:俺:2011/12/11(日) 21:51

アドバイスサンキューで〜す♪

176:ピコ ◆ihUg:2011/12/12(月) 21:39

役に立った?

177:俺:2011/12/12(月) 21:57

約にたちました!
ありがとうございます!ありがとうご
ざいます!ありがとうございます!感謝です!

178:ピコ ◆ihUg:2011/12/13(火) 20:09

そんなに・・・
感謝されなくても・・・
まあいいや!
わたしも思いつかないから
日常のちょっとしたことで出てくるよ〜
(どんだけ毒されてんだよ・・・)

179:俺:2011/12/13(火) 20:41

書こっかな〜
続き知りたい人いれば続き書きます
ナツカナです。
注意  カナ目線です


私は恋をした
あのピンクの髪のあいつ。そう、ナツ

何でだろう?あぁ、あのときか・・・

180:ピコ ◆ihUg:2011/12/14(水) 21:07

ナツカナ?
聞いたことないけど・・・
思いつかなかった!
すごいね!発想力すごいや!
書いてみて!なんでカナがナツに恋したのか知りたい!!

181:俺:2011/12/14(水) 21:23

なんとなくひらめいた。

182:俺:2011/12/14(水) 21:24

今度書きます。

183:俺:2011/12/15(木) 16:44

誰か〜

184:ピコ ◆ihUg:2011/12/15(木) 21:57

きた〜〜
遅くなってごめん!
小説に夢中になってて・・・

185:俺:2011/12/17(土) 10:26

こんにちは♪

186:ヒロ:2011/12/17(土) 14:06

いれてくださいー

187:ピコ ◆ihUg:2011/12/17(土) 20:46

ヒロさんいいよ!
初めましてだね!
フェアリーテイルの先生とおんなじ名前だね!

188:俺:2011/12/18(日) 18:12

おおー!
よろしく〜!

189:ピコ ◆ihUg:2011/12/19(月) 21:29

誰かいないの〜?
今日も来れたけど
誰もいないんじゃ来ても意味ないよ〜

190:ピコ ◆ihUg:2011/12/20(火) 22:01

てきとうにじゃないけど
下手な小説書こ〜
ん〜〜〜じゃグレルーで
〜〜〜〜〜〜
「なあルーシィ・・・」
グレイがルーシィに呼び掛ける
「ん?なに?グレイ」
ルーシィが笑顔で振り向くと
グレイが顔を真っ赤にしてる
「・・・ッチ・・・なんでもねえ///」
「なに今の舌打ち!それに顔赤いよ!熱あるんじゃないの?」
(熱なんかねえよ!///それにその顔やめろ!)
とはいえず・・・
「熱なんかねえよ///」
「ん〜?でも顔赤いけど・・・熱はないみたいね」
ルーシィがグレイの額に手を当てて熱を計っている
グレイはさっきよりもっと顔を赤くした
「風邪引く前兆かしら・・・気をつけてね!」
「おお//////」
その光景をずっっっっっっと眺めていたハッピーとミラは
「「でぇきてるぅぅ/できてるわね」」
なーんて話をしてたりする
すると
「ルーシィ!仕事行こうぜ!」
っとナツが出てきた
「ナツ!珍しいわねあんたから仕事の誘いなんて」
「おお!」
でどんな仕事?などナツとルーシィが会話している横から
グレイがやきもちを焼いているように見える
(クソほのうめ!)
などと思っているのだろうかふてくされている
ぶすっとしているとミラがやってきて
「グレイどうしたの?」
「ミラちゃん・・・なんでもねえよ」
「グレイ・・・はやくしないとナツに取られちゃうわよ(ボソッ」
「なにを?」
「何を?ってわかってるじゃないルーシィをよ!
 ナツもルーシィのこと好きみたいだから!」
「なに!」
「そら、反応する!やっぱ好きなのねぇ」
「ち、ちがっ///」
「違わないわよ〜私こう見えても敏感なんだから〜」
「//////」
〜〜〜〜〜〜
はーいわけのわからないとこでおしまい〜
やっぱ下手だな〜私

191:俺:2011/12/20(火) 22:14

うまいと思うよ〜

192:リボン:2011/12/22(木) 17:08

いつかはグレカナ書きたいな―――・・・。

193:俺:2011/12/23(金) 08:57

俺は12/28から1/4までここ来ない。

194:ピコ ◆ihUg:2011/12/23(金) 21:38

えええええええ〜〜〜
な、なんで??!!
なんでこないの??!!
俺さ〜〜〜〜ん
リボンさんも久しぶり〜〜〜
グレカナか〜いいかもね!
大酒のみと露出狂なんか面白そう!

195:俺:2011/12/24(土) 20:52

旅行だからです!

196:俺:2011/12/24(土) 21:36

続き。


それは・・・
不良「おい、ねーちゃーん遊ぼうぜー。」
カナ「や、やめなさいよ!」
不良「嫌ですよ〜」
カナ「カードマジ・・・あれ?」
不良「俺は魔力を無力化する魔法を使う。」
不良「おとなしくしろー!」
ナツ「おい!俺の仲間に何してやがる!」
カナ「ナツ////」
不良「う、うわー!」
ナツ「逃がすか!火竜の、鉄拳!!」
不良「うわー!」
ナツ「大丈夫か?」
カナ「ああ////」
ナツ「?顔が赤いぞ?やっぱ心配・・・」
カナ「大丈夫////」
ナツ「?」


てなわけです。


続きは今度。

197:俺:2011/12/25(日) 13:42

気がついたんだけど、俺って小説
ド下手ー!!!!!

198:あや:2011/12/25(日) 16:31

はいってもいいですか…?

199:あや:2011/12/25(日) 17:02

グレルーで、デリオラ編あたりの話です。

(ルーシィside)

ナツにS級クエストに誘われて(あたしは鍵目当てなんだけどね)、ガルナ島に行くことになったんだけど。
あたし達の引き止め役だったグレイが、「俺も行く」って言い出したの。

それで、島の奥にある遺跡に3人で行ったんだけど………







「え? ちょ…グレイ?」
「あ? 何だよ」
「泣いた……」

リラの歌を聴いた途端に涙を流したグレイに、あたしは驚いた。
グレイが泣くなんて、想像もしてなかったから。

それに、あたしと一緒に歌を聴いていたハッピーまで、グレイを見て驚いているみたいで。

「確かにリラは、人の心情を読む歌が得意だけど……」
「グレイが泣いた」
「泣いてねえよ」

そうそっけなく返すグレイに、私は慌ててリラを見た。

「もっと明るい歌にしてよ! リラ!!」
「え〜〜〜!? だったらそう言ってえ!」

「…つーか、よく考えたら誰か来たらどうすんだよ。黙ってろ」

グレイの言う言葉はもっともで。
とりあえず、もう寝てる様子のナツを横目にあたし達も寝ることにした。





「……ん…、」


暫く経って、目が覚める。
起きあがると、ぼんやりとしたあたしの視界に映ったのは、氷の中にいるデリオラって怪物を見つめている…グレイの姿。

「……グレイ?」
「! ルーシィ…」

そっと呼びかけると、ハッとしたようにあたしの方に振り返るグレイ。
あたしはグレイの傍まで行くと、デリオラを見上げながら問いかけた。

「…ねえ、グレイとデリオラっていったい何があったの?」
「………」
「言いたくないなら無理して言う必要ないけど…つらいことなんかは、いくらでも吐き出したっていいのよ?」

その為の仲間じゃない? って言いながらグレイを見つめる。
グレイは驚いてあたしを見た後、暫くの間俯いて。

……そしてふいに、あたしの腕を掴んで引き寄せると、ぎゅっと抱きしめてきた。

「えっ!? ちょ、グレイ……っ!?///」
「………少しだけ、こうさせてくんねーか…?」

そう呟くグレイの声は、少し震えていて。
あたしを抱きしめている腕も、震えていた。


「……うん」


頷いてグレイの背中に腕を回すと、グレイの力はぐっと強まって。
少し痛かったけど、でも、グレイが甘えてくれてることが嬉しかった。

…今だけは、貴方の傍にいて抱きしめてあげられる。

200:あや:2011/12/25(日) 17:05

あわわっ…長くなってすみませんっ!なんかリオン達が来るまで寝てた間に、こんなことがあればなぁ、と; 駄文すぎる…

201:ピコ ◆ihUg:2011/12/25(日) 22:01

あやさん!初めまして!
うまい!小説うまい!うますぎる!
確かにグレイとルーシィにこんなことがあったらいいな〜
グレイ、ルーシィに少し気があるみたいだし〜
ナツとカナの間にこんなことがあったらドキッとする〜
カナの片思いかな〜?
ナツは「俺の仲間に」って言ってたし〜
面白いね!もっと書いて!!

202:俺:2011/12/26(月) 08:54

ごめん、俺明日これないかも

203:あや:2011/12/26(月) 10:57

おはようございます!わわっ…ありがとうですっ!ですよねっ、グレイってルーシィにちょっと気があるみたいですし!←

俺さんのナツカナも気になりますね…!
続きが読みたい…!

204:リボン:2011/12/26(月) 17:17

あやさん、初めまして!!!

205:ルーシィ fbfggfn@gffmvncn:2011/12/26(月) 18:13

は、初めまして・・・(じゃないけど)
ルーシィです・・・・・・・。
なんかだるい…………………………。
何でだろ・・・・・・・・・・・・。

とにかく!!初めての方は、初めまして(^о^)

206:バナナ:2011/12/26(月) 18:36

リサルー書いてください!

207:俺:2011/12/26(月) 21:07

こういう時期はだるくなるんだって

208:meririnn:2011/12/26(月) 21:25

お久*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

みんなのアイドルmeririnn久しぶりの参上ですo(^▽^)owwww

209:俺:2011/12/26(月) 21:42

何でしばらく留守だったん?

210:オシリス:2011/12/26(月) 22:58

ナツリサ小説誰か書いてー。

211:meririnn:2011/12/26(月) 23:02

うーん

212:meririnn:2011/12/26(月) 23:14

承知しました(笑)

213:ルーシィ fbfggfn@gffmvncn:2011/12/27(火) 00:09

三田さんがいるゾwww
なんで、ナツリサがいいわけ???
私的に、ナツルー・グレルー・ロキルー がいいゾ♪

214:meririnn:2011/12/27(火) 01:27

ルーシィに激しく同意ww

215:俺:2011/12/27(火) 08:11

1/4までさよ〜なら〜

216:meririnn:2011/12/27(火) 08:14

ばいばーい

217:ルーシィ fbfggfn@gffmvncn:2011/12/27(火) 11:32

さよならグッバイだゾ♪

218:ルーシィ fbfggfn@gffmvncn:2011/12/27(火) 11:40

ナツとリサーナは、合わないと思うゾ!!
リサーナって、なんか足りないんだよね〜(・д・)「
だからダメだゾ!!!!!
ナツとリサーナの組み合わせは、あんまり面白くないと思うゾ…………。
(ごめんなさい!!悪口言って……。ナツルー・グレルー・ロキルー愛 ですから……………。)

219:ジュビア fbfggfn@gffmvncn:2011/12/27(火) 11:43

ジュビア的に、ナツさんはルーシィ(恋敵)とできればいいと思う
恋敵が居なくなるから!!!

220:リボン:2011/12/27(火) 16:22

ナツル―書きます!!!(基本はナツ目線)

     いつも明るい君

俺は、いつもみたいに彼女に言った。
 「なぁ、一緒に仕事いかね?」
 「うん!いいよ。今月の家賃もあるし!」
俺はル―シィが好きだ。初めて出会ったときから・・・。
 「?どうしたの?ナツ。早く選ぼうよ!!!」
 「お、おう・・・。」
 「で、どの仕事に行くの?」
ハッピ―が途中から入ってきた。
 「うーん・・・、そうだなぁ。バルカン10体を倒すのにするか?」
 「10体!?無理よ!絶対に無理!!」
 「大丈夫だって!なぁ、ハッピ―。」
 「おいら、今日はやめとくよ。2人で行ったら?」
 「なっ!!」
ハッピ―、俺がル―シィを好きだと知って、からかいやがって・・・。このっ!
 「分かったよ!ル―シィと2人でやってやる!ル―シィはいいか!?」
 「あたしはいいよ!」
 「じゃ、俺は準備しとくから、ル―シィも準備しとけよ!1時に集合な!」
俺は、そう言うと急いで家に帰った。
 「ちょっと!ナツ!?」
ル―シィは、いきなりナツが行ってしまって困っていた。
 「ねぇ、最近ナツって、様子おかしくない?」
 「おいらは知らないよ?」
ル―シィは、グレイとエルザに視線を向けてみる。
 「俺も知らねぇ。」
 「私もだ。」
グレイとエルザが言った。
 「そっか―・・・。あっ!あたしも準備しなきゃ!!じゃあ、家に帰るね!」
タッタッタ・・・。
 「行っちゃったね・・・。」
 「そうだな・・・。」
ハッピ―とエルザが言った。
 「グレイはいいのか?」
エルザがグレイに聞いた。
 「は?なんでだよ。」
グレイは、不思議そうにエルザに言った。
 「ル―シィのこと、好きじゃないのか?」
 「はぁ?そんな訳ねぇだろ!!!」
グレイが怒鳴ると、ミラが
 「グレイ。マスタ―が呼んでるわよ。」
 「あっ、分かった。」
グレイはマスタ―の方に行った。
 「鈍感だな。ルーシィもグレイも。」
 「あい!そうだね。」
エルザとハッピ―が言った。
〜〜〜〜〜午後1時〜〜〜〜〜
 「じゃ、行くか!!燃えてきた―――――!!!!」
 「ナツ、少しは静かにできないの。」
俺は今、ル―シィと一緒に仕事に行っている。凄い雪山だ。
 「ここかな?その仕事の場所って。」
ル―シィは俺に聞いてきた。
 「ここだな。思いっきし暴れてやるよ!!」
そして俺たちは、その雪山のところに登っていった。
   つづく・・・。

やっぱ下手です・・・。

221:ピコ ◆ihUg:2011/12/27(火) 21:43

m、meririnnさ〜〜〜〜〜ん!!!
やっときてくれた〜〜〜〜〜
待ってたよ〜〜〜〜!!!
アイドル来た〜〜〜〜!!!
ジュビアさん初めまして!
ナツルーはいいよね!そういうのじゃなくて
グレイとルーシィがくっついてほしくないだけ?
ナツリサは苦手だな〜リサルーはいいかも!
あっ俺さんいってらっしゃーい
リボンさん!上手いです!そのまま書いて〜〜〜

222:レン☆:2011/12/27(火) 23:22

はぁい☆お久☆

そしてはじめての方
初めまして☆

レン☆様のお通りだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

はい、すいません。
いやぁ、これからナツルー書かせていただこうと思うのですが、いいですか?

223:ルーシィ fbfggfn@gffmvncn:2011/12/28(水) 00:09

ジュビアは、私なんです!
ジュビア=ルーシィ
なんです〜♪
みんなの小説の続き、楽しみにしてます!!!

224:meririnn:2011/12/28(水) 09:53

冗談で言ったのにピコさんが反応してくれたww

225:meririnn:2011/12/28(水) 10:27

ナツリサ難しいww

だって私ルーシィらぶだもん!(じゃあなぜ引き受けたww

226:バナナ:2011/12/28(水) 18:32

リサルー書いてリサルーo(≧∀≦)o

227:ピコ ◆ihUg:2011/12/28(水) 20:53

あっジュビアさんってルーシィさんだったんですか〜
meririnnさんはここのアイドルだよ〜
優しいし、小説上手いし!
バナナさん私が書いてもいい?
下手な私が書いてもいいですか?

228:meririnn:2011/12/28(水) 21:11

ピコさんルーシィさんは知ってますよ
前に少し雑談しましたから(^_^)

バナナさーんすいません(汗)

書きます書きます
ナツリサかぁ

229:meririnn:2011/12/28(水) 22:10

アイドルってwwwwマジで冗談だったのにwww

230:meririnn:2011/12/28(水) 23:15

episode…1
「結局はただの相談相手」




暗くなってきた道に街灯の明かりが浮かぶ
「はぁーー…」
ふとため息をつく
今日で何回目だろう?

カチャ
「ただいまーっと」
「おかえり」
鞄をどさっとベットに抛る
そのままベッドに身体も鎮める


「なんでいるのよ」
「ん――――――まぁ、その」
歯切れの悪い返事

はぁ、とだるそうにも体を起こす
「――――グレイ、また?」

このごろはよくグレイが家に来る
前はうれしかったこと
今は苦痛なこと
「あぁちょっとジュビア―――」
いつも同じ内容
いつも来るたびに最初だけ期待をしてしまう
もしかしたら少しでも私の事に関する話があるんじゃないかって
「―−−で、ルーシィにちょっとどうすればいいかと思って」






―――――――結局はただの相談相手

231:meririnn:2011/12/28(水) 23:16

episode…2
「嘘がうまくなるたびに」




「そっか  いつもサンキュ、ルーシィ」
グレイとの話を一通り終えたころ、もうすでに21時を回ろうとしていた
「ううん 大したことじゃないし」


作り笑い

頬の筋肉が引きつる

「・・・・お前、なんかあったか?」


「え・・・?何が?」
「なんか・・・顔、ひきつってる」
・・・変なとこだけ中途半端に鋭いのね
肝心なとこには気づかないくせに―――――――――
あなたのせいよ


なんて言えるわけもなく
「ぁ、はははちょっとね、ロキやらナツやらに振り回されてばっかりだからね」
「そっか なんかあったらいえよ?俺なんかが頼れるか分からないけど、そん時は相談に乗るから」
じゃあね、と手を振ってドアを閉める


「・・・・・・」
ぽろぽろと我慢していた分の涙が玄関に大きなシミを作る

最初はもっと、問い詰めていた

明らかに話をした後の私はおかしいから

でも、嘘がうまくなるたびにあなたは構ってくれない




それでも私は嘘をつかないといけない
これ以上グレイとの関係変えたくないから

だって、あいつには恋としての視界にはジュビアしか映ってない
だから、わたしはあいつに近づけるだけの関係を保つんだ

それがさらにつらい関係でも
これ以上離れてほしくないから

「ふふっ・・・・・矛盾してる   ただつらい思いするだけじゃない」






――――――嘘がうまくなるたびに

232:meririnn:2011/12/28(水) 23:19

episode・・・3
「あなたの変わりはどこにもいない」





「ルーシィ?」

ボーッと窓の外を見ていたらふいに話しかけられた

「なによ」

声から大体誰かはわかる
なんでいるのよ、なんて突っ込む気にもなれず目は動かさずに返事だけする
「・・・・・・なにかあったの?」

心配そうに誘う声
つい、話してしまいそうになる
話せたらどんなにラクだろう?

恋を自覚してから2ヶ月
失恋してから1ヶ月


この先どんなに時間がたてば忘れられるのだろう?

いっそ、いつも心配をしてくれるロキを好きになってしまえばいいと思うのに

・・・・忘れられないグレイへの気持ち

初めからわかってた




恋をしてからわかってた



忘れようとがむしゃらに付き合ってもしょうがないのだと










―――――――あなたの代わりなんてどこにもいない

233:meririnn:2011/12/28(水) 23:20

episode・・・4
「雨の冷たさも感じない」(ロキ視線)




ザァァ・・・・・
ずっと彼女は窓の外を見ている

僕には目もくれないで

知ってるさ
彼女がグレイを見ていたこと

突然ある日、冗談のつもりでいつものように行ってみれば「付き合おう」なんていってくると思えば・・・・



その後知ったんだ、僕は

―――――グレイとジュビアが付き合いだしたなんて

ひそかに泣いていた彼女


決してグレイにはみられないように


「ルーシィ、ついたよ」

「・・・・・ぅん」

わずかにうなずいて列車を降りる


ホームから少し歩いているうちに雨が降ってきた
風邪を引いてしまうかもしれない、そう思ってルーシィにはすぐ前にある店で雨宿りしてもらって、その間に近くの店からかさを買ってこようといった


1、2分で見つかったので走ってルーシィのいるところへ行く

彼女はどこを見ているわけでもなくただただ、ボーっとまっすぐ先をみていた


雨宿りもせず、雨に打たれながら


もしも、グレイに向けられているあの視線を1人締めできたら・・・・・・・・・なんて思っているうちに、自分自身までもずぶ濡れなっていたが、







――――――――雨の冷たさも感じない、恋煩い

234:meririnn:2011/12/28(水) 23:21

episo-de・・・5
「死人へ語りかける思い」 「一つ奪えたのならそれで満足」(2本同時、*で交代)

ザァァァァ
魂の集うその場所
雨が降っているのもかまわず、かがみその一つの魂に花をささげる
「・・・・・・・・・・・・・・・ママ」
静かに語りかける

―――――あなたの初恋は少しのも幸福を残しましたか?

自分は幸せになれましたか?

または、誰かを幸せに出来ましたか?

後悔のない恋を出来ましたか?


私は・・・・・・・・私の初恋は――――――

「ロキ」
後ろで傘を持ち黙ってたっていた精霊に声をかける


「ありがと・・・・ね、最後の奉公」

そう“最後の”

パッシャン

かさが水溜りに落ち、水がはねる

かさを放した手は細い手首を握り締め、その身体も引き寄せる

「本当に・・・・本当にいってしまうのかい?」
「・・・・」


身長の差があるために、ロキは軽々とルーシィの頭を腕の中に包み込む

それに対してルーシィは黙って腕をゆるくロキの背中に回す
わかっていたから
顔は見えないが雨にまぎれ、涙を流していることが

雨に数分打たれながらの沈黙
「ロキ」
すっと回していた手を解く
「もう、時間」
「・・・・・・」
「ごめんね・・・・もう決めたことなの 私が決めた道なの 未練はないわ」
片に手をつけぐっと引き離す

やはりか、引き離し見せたロキの顔は目から流れるもう一つも雨でぬらされていた
「未練ってみんなに・・・グレ「いいの!」・・・ルーシィ」

「それはこの間も話したでしょ?邪魔したりするようなことは私・・・・・私・・」




――――――死人に語りかける、私のコレから終わるむなしい初恋の話を




*****
ザァァァ
「雨・・・・強くなってきましたね」
ふっと彼に視線を向ける
しかし小一時間視線は同じ方向を向いたまま

どうしてこんなことに

いや、そんな答えは簡単だ
今日は仕事が休みだからせっかくならばとグレイ様とどこかでかけようと誘ってみると家に誘ってくれて
しかし浮かれたのもわずかな時間だけで
少し前まではフツーに他愛のない会話をしていた
―――まぁ私にとったはそんな会話も幸せな時間ですけどね
そんなときにあの、恋敵とその精霊ロキが2人で駅へ向かっているところが見えた
ナツさんやハッピーならばいつも通りかもしれませんが、いつも勝手に出て来ては怒られている精霊と一緒だと何か気になってしまうのもあり

でも・・・・・グレイ様?
確かに告白したのは私からですよ?グレイ様が私のことを好きといったから付き合ってるわけではないかもしれませんよ?
でも、付き合っている彼女を目の前にほかの女がそんなに気になりますか?

なんとなく気づいてはいたけれど、偽りの形でもいいから夢から覚めたくなくて、逃げていたこと
もう、そんなことをいってられないほどに自覚し始めましたね
グレイ様が好きならばすきと言ってくださったら私は身を引きますよ?
いとしいあなたの幸せを私は願いますから・・・・
まぁもちろん恋する乙女は怖いですからただでは引きませんけど

いつ見てもついドキドキしてしまう、彼の鍛えられた体は今日もあらわになっていて
その肩をつかみ無理やりにでも私のほうへ向かせる
われに返り何かを言おうとする前に私はその唇に私の唇を重ねる
「グレイ様、好きならば素直にそういってください もう私は気づいてしまいましたよ?コレは浮気・・・ですよね?だから・・・・」

つい、涙腺が潤みそうになってその言葉を飲み込んでしまった
でも、必要なかったみたい
彼はその言葉を察してジュビアが少し目を閉じている間に耳元で添ってささやいて目を開いたときには走って扉の向こう

「それでもジュビアは













――――――恋敵から一つ奪えたのならそれで十分。ファーストキスという名の彼の唇を」

235:meririnn:2011/12/28(水) 23:23

前書いてたやつです

なんか忘れ去られてるっぽいのでww
続き書きますね♪感想くれえたらうれすぃです><

236:ルーシィ fbfggfn@gffmvncn:2011/12/29(木) 00:11

感想と言うより、質問なんですが どうしてそんなに、小説が上手なんですか???
いいなぁ〜 みんな小説書くの、上手で…………………。羨ましい!!!

237:meririnn:2011/12/29(木) 00:32

全然うまくないですよww

238:meririnn:2011/12/29(木) 14:37

さて、続きを書きますか!

239:meririnn:2011/12/29(木) 16:26

にゃんにゃかにゃーん
アドバイス、感想欲しいです

240:ピコ ◆ihUg:2011/12/30(金) 21:11

なんでそんなに小説が上手いの〜?
mririnnさんいうことなしだし

241:魔理裟:2011/12/31(土) 09:18

はじめましてそしてこんにちは
私ロキルーの小説をかきますね
でもはじめてだから
よみにくかったらごめんね

242:魔理裟:2011/12/31(土) 09:52

私もいつかくかわからないからごめんね
私はルーシィを主人公としてかきますね
タイトル 〜 星霊との恋い 〜


私は好きだった


ロキの事が・・・

てせも星霊は永遠に生き続ける
私が死んでも永遠に・・・

私がいつも布団のなかで考えてること
いつもいつも考えてしまう
怖い・・・

私がいなくなるとおもうと怖くなってくるんだ
本当は好きでも



ごめんね  ロキ・・・
いつも「好き」ってゆってくれるのが嬉しい

顔が熱くなるか心配なくらい

大好き・・・

ギルドで考えてていたらつい
『ボー』っとしてしまう

ミラ:「あらっルーシィどうかした」っと
ミラさんが言ってきた
私は「私が恋いなんてないですよ〜」




言っちゃった
好きって言いたい
ロキみたいにどうどうといえたらいいな・・・




ミラ:「やっぱりっ!!」

私はびっくりした「えっ!」
ミラ:「恋いしてるでしょルーシィ顔が赤くなってるわよ」
隣にいたジュビアもこう言う

ジュビア:「そうですよ絶対に恋いしてる顔です!!」

喧嘩してたグレイが止まった

「?」
グレイ:「おっお前 すっすっ好きなやつがいるのか!?」
私は思い出した【ルックスはかなり好み】 【少しきがある】

ボソッとグレイが言った
グレイ:「俺かなぁ〜」
私は「ぎゃーー」といってグレイを蹴った

ジュビア:「グレイ様!!」
ジュビアが技をつかった

ジュビア:「グレイ様に何の恨みがあるのー」

私は技にあたるとき

???「僕のお姫様になにをするんだ」

「ロキ!!」

私はいっきに笑顔になった
そしてジュビアと戦った

もちろんロキの圧勝


ロキ:「大丈夫ルーシィ」

「うん!」


私は嬉しかったこのときが大好きだった
私はクエストもやらず家に帰ったすると・・・


ロキ:「いやぁールーシィ」

「ここ私の家!!」


「勝手に出てこないでよ」

でも私は思った

《ロキがおかしい》

いつものロキじゃない
そう思ったのです

続く


どうおもしろい?
なにかいやなことがあったらかいてね

243:魔理裟:2011/12/31(土) 09:57

ごめんおかしいとこあったよね
あれはでもっておそうとしたんだよ
でルーシィは恋いのこと考えてつい言っちゃったの

244:リボン:2012/01/01(日) 09:43

摩理裟さん、こんにちわ!!小説上手だよ!!おかしい所なんてないと思う。

245:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/03(火) 04:03

魔理娑って、あの金髪の髪の帽子かぶった子?

246:meririnn:2012/01/03(火) 12:10

あの、見にくいも何も日本語としておかしい所が多すぎます

247:meririnn:2012/01/03(火) 12:36

こーゆーのはキッパリいう方がその人の為なのです!
逆に注意をせずにお世辞だけで放って置く方が私からしたら鬼です!

直せばいいのです!(`・ω・´)ノぁぃッ!
ネタとしては(ニルヴァーナ)編のジェミニのセリフと言い所をついているのです!
下手なくせに大口叩いたmeririnnより 期待を込めて♪

248:meririnn:2012/01/03(火) 12:42

なーんて行ってる私も小説書かなきゃなぁ


と言いつつiPod touch文章書きにくっっ!すぐにサーバー落ちるんですけど!?

249:meririnn:2012/01/03(火) 13:08

よしっ
上にあるルーシィの恋物クライマックス行きますか!

250:魔理裟:2012/01/04(水) 06:25

meririnnさん
ありがとうございます
私ローマ字苦手なんで
日本語うちなんです
あと最後かくにんするのをわすれてました
本当にごめんなさい
こんどはちゃんとかくにんします
あとこれで最後にして
つぎはナツリサにします2回で終わります
そのつぎはグレジュビでグレルーで

251:もえり:2012/01/04(水) 14:00

meririnnですよ
書くといって書いてない私。まぁやっぱりといいますか、…

昨日は寝てました(笑)
ナツルーも書き出したいなぁ

252:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/04(水) 14:50

ナツルー小説がいい!!

1つ質問で、FTの中で『一番』好きなキャラクター『三人』教えて!!!!
ちなみに私は、ルーシィ・ナツ・グレイだよ〜♪

253:もえり:2012/01/04(水) 15:09

ルーシィに同じく!

254:もえり:2012/01/04(水) 15:19

ルーシィiPod touchだっけ?

アプリにmy365ってのあるの知ってる?
私それでmeririnn0612って名前でやってるんだけど写真、顔公開してるからぜひ見てね☆

255:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/04(水) 15:24

はい!!わかりましたぁ♪
見てみますね!

256:もえり:2012/01/04(水) 15:25

ルーシィはそのアプリやってる?

257:もえり:2012/01/04(水) 16:24

ルーシィ?あ、名前meririnnだった

258:俺:2012/01/04(水) 22:58

ただいまー!!
ルーシィってMii変えたよね?
似合ってると思います。

259:もえり:2012/01/05(木) 00:12

おかえり♪( ´▽`)

お久です!meririnnですよぉ

260:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/05(木) 01:49

わぁ〜〜〜〜!!
俺さん久しぶり〜〜〜〜♪

meririnさん 私、実はやってません
やりたいんだけどね

261:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/05(木) 01:51

meririnnさんの名前間違えたぁ〜………。ごめんなさいm(_ _)m

俺さん、ありがと(///∀///)

262:もえり:2012/01/05(木) 02:30

mii…?なんですか?それ

263:俺:2012/01/05(木) 08:49

気にすんな♪

264:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/05(木) 10:43

はい 気にしなくてもいいですよ♪
私達が教えた所で、meririnnさんにはなんのメリットもありませんし……

265:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/05(木) 10:44

はい 気にしなくてもいいですよ♪
私達が教えた所で、meririnnさんにはなんのメリットもありませんし……

266:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/05(木) 10:50

あっ!!二回も…………
ごめんなさいm(_ _)m

267:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/05(木) 10:50

あっ!!二回も…………
ごめんなさいm(_ _)m

268:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/05(木) 10:50

あっ!!二回も…………
ごめんなさいm(_ _)m

269:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/05(木) 10:50

あっ!!二回も…………
ごめんなさいm(_ _)m

270:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/05(木) 10:50

あっ!!二回も…………
ごめんなさいm(_ _)m

271:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/05(木) 10:52

イラッ
なんで…………五回連打してるのよ〜〜!!!

272:もえり:2012/01/05(木) 13:31

逆にルーシィひどっ!Σ(゚д゚lll)

273:もえり:2012/01/05(木) 13:58

どうせ、私は仲間はずれだよぉ( ´ Д ⊂ )ウワーン

274:俺:2012/01/05(木) 14:25

泣くなよ〜。じゃあ教える!
Miiってのは、自分の身代わり!
Wiiや3DSで出てくるよ!
ネットでMiiって検索してみ!

275:もえり:2012/01/05(木) 14:54

トモコレとかねアレすか?

276:もえり:2012/01/05(木) 14:59

WIIで顔をにたように作る…?

277:ルーシィ nfifdevxgbbncf:2012/01/05(木) 18:18

そうそう!!
ごめんなさい meririnnさん!!
私も、こんな書き方で良いのかって思ったんですけど、書いちゃいました…………
ごめんなさい

278:俺:2012/01/06(金) 09:00

そうそう!トモコレのやつ!!

279:ルーシィ rdguyekfsjhfxbn:2012/01/06(金) 15:33

ごめんなさい・・・・・

280:俺:2012/01/06(金) 18:29

そうだ!前のナツカナ書いてなかった。
続きみたい人いる?

281:ルーシィ rdguyekfsjhfxbn:2012/01/06(金) 22:13

ごめんなさい・・・・・

282:もえり natyu_727_mityt@yahoo.co.jp:2012/01/06(金) 23:14

パッソメアド↑

283:ルーシィ rdguyekfsjhfxbn:2012/01/07(土) 00:32

ごめんなさい・・・・・(www)

284:もえり:2012/01/07(土) 00:45

Hello
ルーシィいる?

285:もえり:2012/01/07(土) 00:46

雑談の方にいるよぉ☆

286:バナナ:2012/01/07(土) 21:44

リサーナとルーシィがナツを取り合う小説書いてください(*^o^*)

287:俺:2012/01/08(日) 09:06

OK!

288:俺:2012/01/08(日) 18:12

ごめんなさい。書けなかった

289:ピコ ◆ihUg:2012/01/08(日) 21:32

わ〜〜〜〜
小説の方では喧嘩してるのに〜〜
ずっと来れなくてごめん・・・

290:リボン:2012/01/09(月) 11:17

今更だけど、252の質問の事で、私はグレイとエルザとルーシィが好き!

291:もえり:2012/01/09(月) 14:58

いあいあ、喧嘩の事はお気になさらす♪
そんなことよりナツリサ←ルーシィ
バナナさんとの話がまとまって書くことになりました!

292:俺:2012/01/09(月) 15:44

俺のナツカナ続き見たい人いる?

293:もえり:2012/01/09(月) 15:53

ナツカナって不思議な組み合わせですね…

294:俺:2012/01/09(月) 20:22

ピキッと閃いたんだよ!

295:リボン:2012/01/10(火) 21:35

ナツカナの小説見たい!!

296:俺:2012/01/11(水) 16:43

まじ?!

297:ピコ ◆ihUg:2012/01/11(水) 21:27

俺さん!私も見てみたい!
面白そうだもん!その組み合わせ!

298:リボン:2012/01/11(水) 21:46

まじで、面白そう!!楽しみにしてます(*゚▽゚*)ワクワク

299:もえり:2012/01/11(水) 22:22

うーん…
リサナツ←ルーシィ難しい!
途中でどうしても行き詰まるσ(^_^;)
なんとか、今週中にUPしたいけど…

300:ピコ ◆ihUg:2012/01/16(月) 20:29 ID:uIc

もえりさん
ナツリサ←ルーシィ頑張って!

301:リボン:2012/01/16(月) 21:48 ID:tHw

恋愛小説の続きが思いついたから、書くぞ―――!!!(ナツル―で、一応ナツ目線ね。)

〜〜〜〜〜〜雪山〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「ちょっと〜!!めっちゃ寒いんだけど〜〜〜!!」
 「薄着してるからだろ。」
ル―シィは、何でいつも雪山に登るときは、うす着何だろう・・・。
 「つ―か、吹雪強くなってねぇか?」
 『「本当ね。」と申しております。』
ル―シィはホロロギウムの中に入っていた。
 「いつの間に入ってたんだよ。」
ホロロギウムの使い方がそれでいいのか?と疑問に思った。
 「バルカンはいったい、どこにいるんだよ!さっさと出てこ―い!!」
 「うほ――――――――――!!!」
俺が言うとバルカンが3体出てきた。
 『「本当に出てきたんだけど〜〜〜〜〜Σ(゚Д゚;」と申しております。』
 「うほほ〜〜〜♪!」
バルカンはそう言うと、ル―シィをさらって行ってしまった。
 『「キャ――!!ナツ――、助けて――――――!!」と申しております。』
 「ル―シィ!!」
俺はル―シィをさらっていったバルカンを追いかけたが、だんだんバルカンとの距離が遠くなっていき、
見えなくなってしまった。
   つづく・・・。

中途半端だね、これ・・・。あと、アニメの最初らへんに似てるけど・・・。

302:ピコ ◆ihUg:2012/01/18(水) 20:06 ID:uIc

確かに似てるね!(^口^)
てかバルカン足はやっっ!!!
ナツが追いつけないなんてね!

303:リボン:2012/01/18(水) 21:54 ID:vLw

下手だから、アニメのをいつの間にかパクっテたかも・・・。

304:ピコ ◆ihUg:2012/01/22(日) 20:42 ID:uIc

リボンさんは下手じゃないよ!
私より上手!!!!
いつも楽しみにしてるんだから!

305:リボン:2012/01/22(日) 22:39 ID:AiM

いつもありがとう、ピコさん!!一生懸命頑張るよ!!!

306:ピコ ◆ihUg:2012/01/23(月) 20:09 ID:uIc

がんばれ!リボンさん!

307:リサーナ:2012/01/28(土) 01:58 ID:3Qo

初めまして

308:リサーナ:2012/01/28(土) 02:00 ID:3Qo

一応小説、書きますが(リサナツ)誰でも良いのでリサナツ書いて下さい

309:リサーナ:2012/01/28(土) 02:03 ID:3Qo

今日のフェアリーテイル見終ったら此処来れたら来ますね

310:リサーナ:2012/01/28(土) 14:31 ID:1UI

誰も来なくて暇だから小説書こうかな

311:リサーナ:2012/01/28(土) 14:44 ID:1UI

あ、オリキャラいます


名前 サポレ

年齢 18

性別 男

性格 男なのにおしとやか、大人しい

趣味 漫画を読む事

魔法 火の造形魔法

好きな物 漫画、ルーシィ

嫌いな物 ナツ、グレイ


こんな感じ

312:リサーナ:2012/01/28(土) 15:05 ID:1UI

始まり、始まり〜


1話「ルーシィとの出会い」
サポレ「ハァハァ、はやく誰かに知らせないと・・・」バタッ

ルーシィ「ん〜、簡単な仕事選んで良かった〜、はやくギルドに帰ろーと、んっ、あんな所に人が倒れてる、大丈夫ですか!?」
サポレ「あ、あなたは・・・」
ルーシィ「あたしはルーシィ、あなたは?」
サポレ「ぼ、僕はサポレ・・・そ、それより僕の話を聞いて・・・」
ルーシィ「サポレ・・・それより話?」
サポレ「うん・・・ぼ、僕は悪い奴等に追われてるんだ・・・それもとんでもない奴に・・・」
ルーシィ「悪い奴っ!?それもとんでもない奴!?」


あ、もうこれ以上書く気力無くなったので次回にします別にネタが無い訳じゃないです・・・

313:リサーナ:2012/01/28(土) 15:11 ID:1UI

あ、よく見てみたらリサナツじゃない次リサナツでてきます

314:リボン:2012/01/28(土) 17:59 ID:AiM

リサ―菜さん、初めまして(´∀`*)

315:リボン:2012/01/28(土) 18:01 ID:AiM

ゴメン!リサ―ナさん。字を間違えました。

316:ピコ ◆ihUg:2012/01/28(土) 21:24 ID:uIc

リサーナさん初めまして!!
小説書いてね!

317:リサーナ:2012/01/28(土) 22:34 ID:Rvo

リボンさんまあ良いですよ私の本当の名前にその「菜」が最後に入ってるんですから

ピコさん小説一応書いてますよ・・・

318:リボン:2012/01/28(土) 23:44 ID:AiM

小説書きま――――す!!!(ナツ目線です)


どうしよう・・・。ルーシィがさらわれてしまった。俺のせいで・・・。
 俺がそう思っていたら、
 「「ナツ―――――――――――――――――――!!」」
後ろから声が聞こえた。振り向いて見ると、そこにはハッピーたちがいた。
 「ハッピー、グレイ、エルザ!!!何でお前たちがここに?」
 「心配で付いてきちゃった(*゚▽゚*)」
 「そういえば、ルーシィはどうしたんだよ、ナツ。」
 「たしか、ルーシィも一緒に行ってたようだが・・・。」
グレイとエルザが言った。
 「……まった・・。」
 「「え?」」
 「捕まったんだよ。バルカンに・・・。」
俺はエルザ達に言った。
 「嘘――――――――――!!!」
 「ナツ!それは本当なのか!?」
ハッピーとエルザはとても驚いていた。
 「ふざけんなよ!!!!!」
グレイが怒鳴った。
 「ルーシィが連れ去られたなら、こんなとこでもたもたしてねぇで、さっさと助けに行ってこいよ!!
お前はあいつの事好きなんだろ!!!!!」
グレイが俺に言った。
 「え…?な、な、何でお前が知ってんだよ///」
 「ミラちゃんから聞いた。」
ミラ――――――――――!!!言ったのお前か―――――――――――――!!!!!
 「そうだな・・・。今はルーシィを助けるのが先だ。」
エルザが言った。
 「あい!そのとうりだよ!!」
 「じゃあ、ルーシィを助けに行こうか。」
エルザが言った。
   つづく・・・。

下手だし、何か中途半端な気がする・・・・・。

319:リサーナ:2012/01/29(日) 00:22 ID:Rvo

さっき「ナツはリサーナ、かルーシィどちらと結ばれるか」?に、行って来ましたそしたらバナナ様も前1度行ってましたそしてやはりリサルーだと言ってました・・・

320:リサーナ:2012/01/29(日) 00:23 ID:Rvo

あ、やべ↑のは読まないで下さい

321:リサーナ:2012/01/29(日) 00:24 ID:Rvo

どうしたら消えるのか・・・

322:リボン:2012/01/29(日) 13:52 ID:AiM

恋愛小説書くぞ――――――――――――!!!

 「いや。俺1人で行く。」
 「……。」
 「俺が助けに行かなきゃいけないんだ。守りたいんだ。ルーシィを。」
 「分かった。だが、本当に大丈夫なのか?」
エルザは俺を心配していた。でも、
 「大丈夫だ。絶対にルーシィを助けてやる。」
俺はそう言うと、バルカンが逃げた方向に向かって走った。
 「頑張れ―!ナツ――――!!」
ハッピーは、応援していた。
 「ナツ、大丈夫かな・・・(´・ω・`)」
 「そうだな・・・。」
ハッピーとエルザが言った。
 「あいつならきっと、ルーシィを助けられるだろ。」
 「お前は助けに行かなくていいのか?」
 「いいんだよ。俺が行かなくても。」
 「ナツに譲るの?」
 「今回だけはな。」
〜〜〜〜〜〜〜〜一方ルーシィは・・・〜〜〜〜〜〜〜〜
 『「何なのよ〜(`・ω・´)このゴリラたちは―!!」と申しております。』
 「うほ―!!」
 『「ナツ―――!!早く来て――!!」と申しております。』
〜〜〜〜〜〜〜〜一方ナツは・・・〜〜〜〜〜〜〜〜
 「待ってろよ、ルーシィ。絶対に助けてやるからな!!」
俺がルーシィを守ってやるんだ!!
   つづく・・・。

下手だし、長い・・・。

323:リサーナ:2012/01/29(日) 16:58 ID:JVk

アレ消えてない・・・

324:リサーナ:2012/01/30(月) 17:01 ID:Edc

そろそろ小説、書こうかな・・・

325:リサーナ:2012/01/30(月) 17:09 ID:Edc

でも「悪い奴等」が思い浮ばない・・・

326:リサーナ:2012/01/30(月) 17:14 ID:Edc

あ、また、ヤべぇ『「悪い奴等」』、と『が思い浮ばない・・・』、の間に『名前』を入れるの忘れてた

327:リサーナ:2012/01/30(月) 17:17 ID:Edc

誰か良い名前無いですかね(最強と呼ばれる位強い闇ギルド)

328:ピコ ◆ihUg:2012/01/30(月) 19:42 ID:uIc

最強・・・「アイアンクロウ」・・・とか?
変な名前でごめんね・・・

329:リサーナ:2012/01/31(火) 17:31 ID:9X6

ピコさん、それ良いですね!それにします有難うございました

330:リサーナ:2012/01/31(火) 18:11 ID:9X6

でわ、書きます


2話「最強!?『アイアンクロウ』!」

サポレ「ええ、それも闇ギルド最強なんじゃないかと言われる魔同士ギルド『アイアンクロウ』!」

ルーシィ「『アイアンクロウ』!?そ、そんな強いギルドにやられたのサポレ君は!」

サポレ「はい、だからルーシィさんは、はやく逃げて下さい僕は残ってる魔力で奴等を倒します」

ルーシィ「そんな事出来る訳無いでしょ!?ここは私がやるからあなたは休んでて」

サポレ「無理だ!あなたにあいつ等を倒せる訳が無い!ごほっごほっ」

ルーシィ「そんなのやってみなくちゃわからないでしょ!?」

サポレ「やらなくても結果が見える!もしあなたがやられたら僕はあなたの家族になんと謝罪したら良いか・・・」

ルーシィ「私の家族はフェアリーテイルだけよ!」

サポレ「フェアリーテイル、それって超お騒がせギルドの?」

ルーシィ「言ってみればそんなものねあはは・・・」


長くなったと思うので今回はここ等辺で

331:ピコ ◆ihUg:2012/01/31(火) 20:31 ID:uIc

リサーナさん小説上手い!!
サポレくんやっぱ知ってたんだ!
フェアリーテイル!超お騒がせギルド!!
最近名をあげてきたって言ってたっけ・・・
リサーナさん名前採用してくれてありがとう!!

332:リサーナ:2012/02/03(金) 12:02 ID:NMY

ピコさんスマン!!アイアンクロウ2回しか出さなくて

333:リサーナ:2012/02/03(金) 12:04 ID:NMY

つか小説俺的には下手なんだが・・・

334:リサーナ:2012/02/03(金) 22:29 ID:vX2

来てねぇか・・・

335:リサーナ:2012/02/03(金) 22:41 ID:vX2

あ、よく見たら俺の小説恋愛じゃねぇ

336:リサーナ:2012/02/04(土) 11:58 ID:Xkk

ちっまだ誰も来てネェか

337:リサーナ:2012/02/04(土) 12:04 ID:Xkk

あもしかしたらフェアリーテイルが小説3とフェアリーテイルのフリートークの方、可能性あるかもじゃ行って来ます

338:リサーナ:2012/02/04(土) 22:05 ID:4to

誰か来てねぇか?

339:ピコ ◆ihUg:2012/02/05(日) 21:39 ID:uIc

リサーナさんごめん!!!!
最近来れなくて!!
リサーナさんは小説上手いよ!!
ちゃんと状況もわかるし!

340:ピコ ◆ihUg:2012/02/07(火) 21:22 ID:uIc

そろそろ小説書こうかな?

341:リボン:2012/02/08(水) 20:41 ID:7vE

私も小説書かなきゃ…。今週の休みにできたら書くよ。

342:ピコ ◆ihUg:2012/02/08(水) 20:58 ID:uIc

!!!!
リボンさんが来た〜〜〜
小説書いて〜〜〜
私ネタ思いつかないからまた今度

343:リボン:2012/02/10(金) 21:45 ID:FEQ

出来たら書くよ。

344:ピコ ◆ihUg:2012/02/11(土) 20:05 ID:uIc

ありがと!!
私も書かなきゃな・・・

345:匿名さん:2012/02/11(土) 23:21 ID:Dvk

恋愛小説書きま―――す!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜雪山の奥〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「うほほのほ――――――――――――――♪」
 「こうなったら・・・。ホロロギウム、強制閉門!!」
 「うほ?何だ?」
 「開け!処女宮の扉!!『バルゴ!!!』」
 「お呼びでしょうか、姫。」
 「あのゴリラをやっちゃって!!!」
 「かしこまりました。」
 「うほ――!!女、女!!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜一方、ナツは・・・〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「ル―シィ!!どこだ!?ル―シィ―――――!!!!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜雪山の奥〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「申し訳ありません、姫。」
バルゴは星霊界に帰って行った。
 「バルゴ!!そんな・・・。」
 「うほほ〜〜〜〜〜〜♪」
 「助けて――!!ナツ――――――!!!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜雪山〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「・・・・ナツ―!!助けて―!!・・。」
 「!!ル―シィか!?」
急ぐんだ!!ル―シィ、今行くからな!!!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜雪山〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「どうしよう・・・。どうしよう・・・。」
 「うほ―――――!!」
 「ナツ――――――――――!!!」
ドゴ――ン!!
 「「!?」」
 「無事か!!ル―シィ!!!」
 「ナツ!よかった・・・。来てくれたんだね!!」
   つづく・・・。
やっぱ下手――――・・・。

346:リボン:2012/02/11(土) 23:21 ID:Dvk

ゴメン!!上のは私です。

347:リサーナ:2012/02/12(日) 01:04 ID:vaI

最近コッチに来なかったリサーナで〜す


>>339                     >>342
ま、お互い様って事で(何だよお互い様って怒)   バレンタインのにしたら?
上手くないのに上手いって言ってくれるって・・・


リボンさん話で分かった

348:リサーナ:2012/02/12(日) 12:06 ID:ANw

アァ〜駄目だバレンタインネタ、考えたけど駄目だ〜誰か(リサナツ←ルーシィ(←グレイ)←ジュビア)のネタ、何か無い?

349:リサーナ:2012/02/12(日) 12:09 ID:ANw

何かあったら直、そのネタ採用して今日中にはバレンタインネタ書くよ

350:リサーナ:2012/02/12(日) 12:10 ID:ANw

17時位に又来るよ

351:ランスロット:2012/02/12(日) 12:52 ID:WUc

リサーナとジュビアが一緒にチョコを作ってナツとグレイに渡す話。その作っている間にリサーナとジュビアはお互いにナツとグレイをなぜ好きになったかを話していて一方のナツとグレイはリサーナとジュビアにチョコを貰えるか貰うまでそわそわしているというのはどうでしょうか?
難しいと思いますが頑張ってください。宜しくお願いします。

文章滅茶苦茶ですいません。

352:ランスロット:2012/02/12(日) 13:02 ID:WUc

一方のナツとグレイはリサーナとジュビアにチョコを貰うまでそわそわしているというのはどうでしょうか?ですね。
文章間違えました。

353:リボン:2012/02/12(日) 18:31 ID:Dvk

やっぱり、私の小説下手だし長いから分かりやすかったかな?

354:リボン:2012/02/12(日) 19:37 ID:Dvk

ナツルーの小説いつ終わるかな・・・。(自分の小説だけど・・・。)

 「見つけたぞ!!バルカン!!」
 「うほ?」
 「『火竜の咆哮!!!』」
 「うほ―――――!!・・・。」
バルカンはやられた。(全滅)
 「はやっ!!」
ル―シィがつっこんだ。
 「ま―、い―じゃんっ!!終わったんだし。」
俺は言った。
 「まぁ、そうよね。」
俺とル―シィは雪山から降りようとした。すると、
ドガ――――――――――ン!!!
いきなり、ガケが崩れた。
 「キャア―――――――――――――――!!!」
 「ル―シィ!!」
 つづく・・・。

長いね、何か・・・。

355:フェアリーテイル:2012/02/13(月) 11:05 ID:ngg

初めましてフェアリーテイルです
ですよろしくお願いします

356:フェアリーテイルテtテFテAテハチ[テeテCテヒ:2012/02/13(月) 11:13 ID:ngg

誰かナツリサの小説書いてくれる人いないかなー

357:リサーナ:2012/02/13(月) 17:03 ID:REM

スマン16時13分頃一応来てリク無いか見てリクがあった事はあったんだがちょっと難しいリクだったから直には書けなくてう〜んウ〜ンって考えていてやっと良い感じに決ったから17時にパソコンやろうとしたらジジィ(ジィちゃん)とババァ(バァちゃん)が来てでず〜と居てパソコン出来なくて小説書けなかったから今日は書くな


リボンさん、嫌下手ではないよ、だって私の方が下手だもん


フェアリーテイルさん初めまして、私一応書きますよ、リサナツ

358:リボン:2012/02/13(月) 18:39 ID:Dvk

フェアリーテイルさん、初めまして!!!あと、リサ―ナさん、小説上手いよ!!私よりもだんぜん!!

359:リボン:2012/02/13(月) 19:18 ID:Dvk

バレンタインネタ書いてみました!!!(ルーシィ目線)

明日は、2月14日 バレンタインの日。あたしは今、チョコを作ろうとしている。
 「チョコはどうしようっかな――――♪そうだ!ギルドマークの形にしよう!!!」
よし!形は決まったわね♪
 「え――と、あげる人は・・・。」
ナツに、グレイに、ハッピ―、エルザ、レビィちゃん、ジュビア、ウェンディ、シャルル、カナ、
それぐらいかな・・・。
 「チョコは、やっと完成したけど、どうやってあげよう・・・。」
エルザ達(女子)は、普通でいいと思うけど、ナツ達(男子)が問題よね・・・。同じチ―ムだし、おかしくないよね・・・。
グレイはいいとして、ナツとハッピ―が馬鹿にしてきそう・・・。勘違いしないよね・・・?
   つづく・・・。

時間があって、書けました!!

360:ピコ ◆ihUg:2012/02/13(月) 20:21 ID:uIc

はう〜〜
ネタが思いつかないよ〜〜

361:リボン:2012/02/16(木) 16:53 ID:Dvk

遅れてすみません。

今日は、2月14日!!バレンタインの日。
 「はい!レビィちゃん、ウェンディ、シャルル、カナ、ジュビア、エルザ!!!」
あたしは、レビィちゃん達にチョコを渡した。
 「ありがとう!!ルーちゃん!!!はい!私からもチョコ。」
あたしはレビィちゃんからチョコを貰った。 
 「ありがとう!レビィちゃん!!」
 「ありがとうございます!ル―シィさん!!え――っと・・、私もチョコを作ったんですけど、
食べてくれますか?」
 「ありがとね。私の分も入ってるから。」
ウェンディとシャルルが言った。
 「ありがとう!ウェンディ、シャルル!!」
ウェンディとシャルルからもチョコを貰った。
 「ありがとう!ル―シィ!あたしからもチョコあげる!!!」
 「ありがとう!カナ!!」
カナからも貰った。
 「ありがとう。でも、ジュビアは、用意してないわよ。」
 「大丈夫よ!!ジュビアは、友達だし!!」
 「友達・・・。」
ジュビアは、少し渡すのが怖かった。やっぱり、勘違いしてるな――――( ̄ロ ̄ll)
 「ありがとな。ル―シィ。その・・、美味いかどうかは分からんが・・・///」
そう言うと、エルザは、チョコを出した。
 「ありがとう!とってもうれしいよ!!!」
 「そ、そうか・・・///」
あとは、男子ね・・・。
   つづく・・・。

なんか下手―――――( ̄ロ ̄ll)

362:リボン:2012/02/16(木) 17:20 ID:Dvk

少し遅れてるけど・・・。

最初は誰に渡そうかな―――・・・。女子はもう、渡したし・・・。
 「ル―シィちゃ―――ん♪俺にチョコちょうだいよ―――――!!」
 「お!俺も欲しいねぇ。」
ワカバとマカオが言った。
 「ごめんね。ワカバ達には、用意してないの。」
 「ガ―――――ンΣ( ̄ロ ̄ll)」
相当ショックを受けていた。
 「あ!ナツ、ハッピ―!!はい!チョコあげる!!!」
 「なんで?」
ナツが聞いてきた。
 「今日はバレンタインでしょ。」
あたしは答えた。
 「もしかして・・・。でぇきてる―――――ぅ!!」
ハッピーが言った。
 「違うから・・・。」
もう、スル―しよ・・・。あっ!グレイが帰ってきた!!
 「ただいま。」
グレイはさっきまで仕事に行っていた。
 「お帰り、グレイ。仕事はどうだった?」
ミラがグレイに聞いた。
 「簡単だった。」
グレイが言った。 
 「グレイ!はい!チョコあげる!!」
 「えっ?ありがとう。」
グレイが言った。
 「あ――――――!!ナツ、見てみて、ル―シィがグレイにもあげてるよ。」
あたしとグレイはびっくりした。 
 「なんで俺に言うんだよ。」
 「だって、ナツ。チョコ貰ったでしょ?」
 「お前もだろ。」
ハッピ―とナツが言った。
 「みんな―――!!!聞いて聞いて!ルーシィがね、グレイにチョコあげ・・「あんたにもあげたでしょ。」
ハッピ―が大声で言っていたが、あたしが途中でとめた。
 「仲間だからよ。」
 「そうだったのか。」
 「うるせぇな。」
エルザとグレイが言った。
そして、あたし達は、いつものように話した。いつものチームで。
   終わり。

下手なまま終わった・・・。

363:リサーナ:2012/02/17(金) 17:48 ID:5hk

ゴメン、考えた物、書いてる間に、色々考えちゃってで結局書けなかった、今更だけど見たい?あ、ちなみに前の私のレスにパソコン、出来なかったて言ったけど、携帯持ってるけど私全然使わないんだ


リボンさん、嫌、マジ俺より上手いよ(あ、久々に俺って言った。さっきは、言ってなかったのに)

364:ランスロット:2012/02/17(金) 18:53 ID:WUc

俺は見たいです。リサーナさんの小説。

365:グロウ:2012/02/17(金) 19:08 ID:qNs

こっちにも来ました♪
私もリサーナさんの小説
読みたいです。

366:グロウ:2012/02/17(金) 19:11 ID:qNs

誰かグレルー←ナツ
か、グレルー←ジュビア…
書けませんでしょうか?
ムリならぜんぜんいいです。

367:蘭 花音 ss46:2012/02/18(土) 07:53 ID:146

私も来ましたよ〜♪
私恋愛小説めっちゃ下手だけど…

368:リボン:2012/02/19(日) 18:59 ID:yx2

グレカナはそのうち書きます。

 「ル―シィ!!!」
俺はル―シィの腕をとっさにつかんだ。
 「ナツ・・・。」
 「大丈夫か!?」
今、正直言うとピンチだ。このままだと、本当に・・・。
 「ナツ、だめだよ!!このままだと、ナツだって!!・・・。」
ル―シィが言った。でも、
 「俺は離さねぇぞ!!お前を守るって決めたんだ!!!絶対に離さねぇ!!!」
しかし、崖が崩れ、
 「うわ―――――!!」
 「キャア―――――!!」
 「「ナツ――、ル―シィ――!!!!!」」
空から声が聞こえた。聞こえた方を見ると、
 「ハッピ―、エルザ!!!」
ル―シィは言った。
 「大丈夫?」
 「無事か?2人とも。」
ハッピ―とエルザが言った。
 「あぁ、ありがとな。ハッピ―、エルザ。」
 「本当にありがとう。」
俺とル―シィは言った。
   つづく・・・。

もうすぐでこの話終わるかな・・・。

369:ピコ ◆ihUg:2012/02/19(日) 22:07 ID:uIc

グロウ(ため口でいい?)小説ホント上手だよ
その文才私に分けてください・・・

370:グロウ:2012/02/19(日) 22:30 ID:qNs

ためぐちでいいよ♪
文才なんかないですよ…
ピコのほうがあるもん!!
お世辞はNOですよ

371:ピコ ◆ihUg:2012/02/20(月) 20:28 ID:uIc

んじゃグロウで!!
グロウのほうがあると思うんだけど・・・
ありがと!!ほめてくれて!!
これでネタ浮かんだらいいんだけど・・・

372:グロウ:2012/02/20(月) 22:45 ID:qNs

もさか!ネタ切れ!?
(もさか=もしかして+まさか)

373:リサーナ:2012/02/21(火) 17:01 ID:7bs

最近総合掲示板の方に、はまって土日そっちに行ってたリサーナで〜す、そして俺の小説見たいって言う人が2人も居るなんて嬉しい!(恥)じゃぁ今から書くね!(書いてる間にドンドン変えて結局書けなかったって言うの無しで)

374:リサーナ:2012/02/21(火) 18:18 ID:7bs

始まり、始まり〜


番外編「バレンタイン(リサナツ、グレジュビ?)」
(トンットンッ)←チョコを刻んでる音

リサーナ「よし!チョコ刻み終った」

ジュビア「私も終りました、次の工程、溶かす工程に行きましょうか、リサーナさん」

リサーナ「うん、いこ!でわ先ずボールに刻んだチョコを入れて、次に湯煎にかけるっとそしてゴムベラで軽く混ぜる」

少し経ち

リサーナ「あ!やっと溶けてきた(ゴムベラで軽く回したりかき混ぜてから持上げた(トロドロ))うん!これなら大丈夫だ!次はボールにカステラを入れて、手でグチャグチャに…
     お願いジュビア、やって!(パンッ)(←手を合わせた音)」

ジュビア「え、良いですけど」

リサーナ「ありがとう(ギュッ)その後の工程は私1人で頑張るから

リサーナ「で、さっき溶かしたチョコを流し込んでゴムベラで押さえ込むように混ぜる、トリュフの具が混ざったら手でトリュフを丸くするっと」

丸める

リサーナ/ジュビア「出来た!」

375:グロウ:2012/02/21(火) 20:21 ID:qNs

おひさ〜!
リサーナ(呼び捨てスミマセン)の
小説めっちゃおもろい!!
続きが楽しみ(^v^)♪~

376:ピコ ◆ihUg:2012/02/21(火) 21:05 ID:uIc

リサーナさん
私も続き見たい!!

377:リサーナ:2012/02/21(火) 23:27 ID:gW2

よく見たら可笑しくなってる…直すっつか補修する&付けたし、まず『リサーナ「ありがとう(ギュッ)その後の工程は私1人で頑張るから』の最後に『」』入れるの忘れてた〜↓↓

その後『ジュビア「え、良いですよ!そんな、この後の工程は私もやりますから」』『リサーナ「大丈夫だから、ジュビアの分までちゃんとやるから、お願い、やらせて」』
『ジュビア「わ、分かりました、じゃぁやります」』
『(グチャグチャ)』
『ジュビア「そう言えば、何でリサーナさんはナツさんの事好きになったんですか?」』
『リサーナ「!以外!ジュビアの口からそんな言葉が出るなんて、でもまぁ、いっか私はねぇ昔、子供の頃にナツと一緒にハッピーの卵を育てている時、そん時は冗談で言ってたけど段々それが本当になってきた感じ」』
『ジュビア「ヘェ〜、そうだったんですか」』『リサーナ「じゃぁ、逆に質問、何でジュビアはグレイの事好きになったの?正直に答えてね?」』
『ジュビア「え、えぇ!?そ、それはその〜、わ、私とグレイ様は元々敵同士だったんです、そして私はグレイ様と初めて会ったとき、好きになっちゃいました」』『リサーナ「なるほど!ジュビアはそう言う感じか」』
本当はこんな感じ、これ駄文なのにこんなに長くなっちゃったぁぁぁぁぁ〜


グロウ、別に良いよ〜(気楽)、そしてあんがと(恥)


ピコ(さん付けするの嫌になったから呼捨てで)もあんがと(恥)

378:リサーナ:2012/02/22(水) 22:55 ID:g2I

続書く(可笑しくなってるならもう可笑しくする)


ギルド(もうメンドかったから飛ばした)・・・…・・・リサーナ「ナツ!はい、これ」(チョコを渡す) ナツ「オォ!アンガトナ!リサーナ(チョコを貰う)開けて良いか?」 リサーナ「うん!開けて良いよ」 ナツ「じゃぁ、遠慮無く(スルスル)お!トリュフか(トリュフを口にする)んんっうめぇぞこれ!」 リサーナ「ほんと!作って良かった!」 ナツ「(モグモグ)んんっやっぱうめぇ」

ジュビア「ぐ、グレイ様チョコ作りました受け取ってください!」 グレイ「あ、あぁ、あ、開けても良いか?」 ジュビア「は、はい!どうぞ、開けて、食べてください!」 グレイ「お、オォ(スルスル)トリュフか(パクッ、モグモグ)普通においしいな…」 ジュビア「良かった、グレイ様においしいって言ってくれて(ホッ)」 グレイ「?(まぁ、良いか…パクッ、モグモグ、うん、普通においしいな)」


もうめんどくなってきたので此の位で(変な終り方だけどもう書きたくない)

379:リサーナ:2012/02/23(木) 15:46 ID:9/.

誰か居ない?もう誰でも良いから↑の小説評価して

380:リサーナ:2012/02/23(木) 15:54 ID:9/.

マジ誰でも良いから評価して〜

381:グロウ:2012/02/23(木) 19:25 ID:qNs

はーーいは〜い♪
んっとねぇ…リサーナの小説は
満点!!パーフェクト!!
めっちゃおもしろいぞ〜♡
文才わけて〜

382:ピコ ◆ihUg:2012/02/23(木) 20:28 ID:uIc

リサーナ(呼び捨てでいい?)の小説面白い!!
少しでもいいから文才分けて〜〜〜

383:リサーナ:2012/02/24(金) 18:14 ID:m1.

>>381
満点!?パーフェクト!?面白い!?ホントにそう思ってんのか?ホントの事、言って良いぞ?


>>382
呼捨て全然okピコもホントの事、言って良いぞ?

384:グロウ:2012/02/24(金) 19:13 ID:qNs

ホントのこと言ってるゾ★

385:ピコ ◆ihUg:2012/02/25(土) 21:31 ID:uIc

ホントのことだぞ!!(^V^)/
続き見たいな〜〜
グロウ・・・ネタ切れた・・・
今まで書いてなかったせいで・・・
でもフリートークのとこでなんかでたから書いてみるね!!

386:グロウ:2012/02/25(土) 23:09 ID:qNs

楽しみ!!!>_<
fightだ!ピコ!!

387:リボン:2012/02/26(日) 18:40 ID:2ns

ナツル―長い・・・。(自分の)

俺はハッピ―に、ル―シィはエルザに運ばれた。(エルザは黒羽の鎧で)←飛べるの?
足場のあるところに降りると、グレイがいた。
 「ル―シィは助け出せたか?ナツ。」
 「おうよ!ちゃんと助け出せたぞ!!」
 「そうか。」
グレイは安心していた。
 「告白はしなくていいのか?」
エルザがナツに言った。
 「は!?」
俺は驚いた。
 「おっ!いいじゃねェか!!早く言えよ!ナツ。」
 「えっ!何、何?」
グレイは賛成していて、ル―シィは疑問に思っていた。
 「分かったよ!!ル―シィ!!」
俺はル―シィを呼んだ。
 「な、何よ・・・。」
ル―シィはびっくりしていた。
   つづく・・・。

あと2回ぐらいで、このナツル―の話は終わるかも・・。

388:グロウ:2012/02/26(日) 23:07 ID:qNs

あやや?
そうなんだ…
おもしろいけどなぁ
まぁ、本人の自由だし…
いっか♪

389:ピコ ◆ihUg:2012/02/27(月) 20:25 ID:uIc

リボンさんさすが!!
面白いね!!あと2回ぐらいなの?
終わったらまた別の小説書いてね!
んじゃ私も書きます
レズ丸出しです!!ご注意を!
後リサーナも入れます
〜〜〜〜〜〜
「やはり女ではだめなのか・・・」
「だめなのね・・・」
「だめなの〜〜?」
こんな会話をしている女子3人組
さっしのとうりエルザとレビィとリサーナである
「ホントにね〜〜」
ミラまで入ってきている
この4人は男子軍の中心に居るルーシィをじーっと見ている
((((楽しそうに笑ってる・・・))))
ちょっと嫉妬心を抱いた
ルーシィがこっちにきずきやってきた
「ねえ何の話してんの?ずっと私のこと見てたけど」
「ああ、『ルーシィを嫁にするには女ではだめなのか』という話をしていた」
「そうなのよね〜」
「な、なにそれ?!」
「ねえルーちゃんだめなの?」
「レビィちゃんまで〜〜」
そこにナツとグレイがやってきて
「何やってんだ?」
「5人でよ〜」
「この4人で『ルーシィをお嫁にするには女の子ではだめなのか』っていう話をしていたら
 ルーシィが入ってきたの」
〜〜しばしの沈黙〜〜
「・・・ふつうダメだろ・・・」
「ルーシィは誰にもわたさねーぞ!」
「そういう話をしているんじゃないの!」
ーまじめに考えてよ〜とルーシィ
ーやはりだめなのかとエルザ
ーなんで〜とリサーナ
「「「「「「「はぁ〜〜〜〜」」」」」」」
この後どれだけ話し合っても決まらないのであった
〜〜〜〜〜〜
なんかわけのわからない話に・・・
かぎかっこが多すぎてよみずらい・・・

390:グロウ:2012/03/01(木) 12:44 ID:qNs

大丈夫だよ♪
超★上手から〜!!

391:ピコ ◆ihUg:2012/03/03(土) 21:30 ID:uIc

ありがとう!グロウ!!

392:アヤ:2012/03/04(日) 14:36 ID:bTk

失礼します。アヤです。私もフェアリーテイルの恋もの小説大好きです!特にグレルーが好きです。よろしくお願いします。

393:アヤ:2012/03/04(日) 14:37 ID:bTk

失礼します。アヤです。私もフェアリーテイルの恋もの小説大好きです!特にグレルーが好きです。よろしくお願いします。

394:グロウ:2012/03/04(日) 16:01 ID:qNs

アヤ(呼び捨てすみません)
グレルー!いいよねぇ♪
私もだ〜い好き♡
もしよければ、
グレルー←ナツかロキ
グレルー←ジュビア
書いて〜
(いきなり態度でかくてごめん)

395:リボン:2012/03/04(日) 16:25 ID:F8E

もちろん、他の小説も書くよ――――(´∀`*)

 「な、何よ、いきなり・・・。そんな大きい声出されたら、びっくりするじゃない!!」
ル―シィが言った。
 「そ、その・・・。え――っと・・・。」
やばっ!!俺、今顔赤くなってるかも///
 「早く言えよ。」
 「そうだよ!!」
グレイとハッピ―が言った。
 「うるせぇ!!てめぇらは黙ってろよ!!!」
俺は怒鳴った。
もういいや!言っちゃえ!!
 「俺は、ルーシィが好きだ!!付き合ってくれ!!!」
俺の気持は届いたのか?
 「どこに?」
やっぱり、こうなると思った・・・。
 「なんて、冗談よ。」
え?
   つづく・・・。

グレカナは、恋愛じゃないかもしれないけどいい?(小さい頃の話)

396:グロウ:2012/03/04(日) 16:32 ID:qNs

グレカナ!!面白そう!
ただ、恋ものじゃないなら
FTが小説に書いてね♪
楽しみにしてま〜す

小説面白い!!
ルーシィ…一枚上手か?(ニヤニヤ)

397:ピコ ◆ihUg:2012/03/04(日) 21:22 ID:uIc

リボンさん←(さんづけしないと落ち着かない)はやっぱ上手やわ〜〜
アヤさん私もグレルー好き!!
グロウと同じ注文っす!お願いします!!
それと呼び捨てでいい?リボンさんも・・・

398:リボン:2012/03/06(火) 20:16 ID:F8E

感想くれてありがとう!!ピコさん、呼び捨てでもOKです!!
グレカナは、フェアリーテイルが小説3に書くよ。

399:匿名さん:2012/03/06(火) 20:56 ID:uIc

りぼんさ・・・リボンって呼ぶね!
リボンも呼び捨てでいいよ☆

400:リボン:2012/03/06(火) 22:00 ID:F8E

次は、誰と誰にしよう?

 「あたしも、ナツのこと大好きだよ!!」
ル―シィの言った言葉に俺は驚いた。でも、それって・・・。
 「仲間としてか?」
きっとそうに決まってる・・・。
 「う―――ん・・・。それもあるけど、男として・・・、かな?」
 「え?」
俺は驚いた。
 「よかったじゃねぇか!ナツ。」
 「あい!おめでとう!!!」
 「めでたいことだな。」
グレイ達が言った。
 「ああ!ありがとな!!!」
俺は、とてもうれしかった。
 「そういえばさ、ナツは、あたしのどんなところが好きなの?」
ル―シィが俺に聞いた。
 「可愛くて、いつも明るいところ!!!」
俺はそう答えた。
     END

401:リボン:2012/03/06(火) 22:00 ID:F8E

ナツルーのやっと最後までいけた。

402:グロウ:2012/03/06(火) 23:40 ID:qNs

ん〜♪(^v^)/〜♪
おもしろかった!!
おめでとう〜(>v<)
グレカナ終わったらでよければ…
ぐ、グレルーお願い!
私グレルー書こうとすると、
グレイの口調が変に……

403:グ口ウ:2012/03/08(木) 22:46 ID:qNs

>>399
匿名になってるから、呼び捨て出来ないゾ★
まぁ、わかるケドね…

404:グロウ:2012/03/10(土) 12:11 ID:qNs

>>399
ピコダヨネ!?ピコデスヨネ!?

405:ピコ ◆ihUg:2012/03/10(土) 22:11 ID:uIc

はーい
399の匿名は私でーす
なんかいつも名前のとこに名前は入ってるのになんで入ってなかったんだろ?
リボン!面白かったよ!!ナツルー小説!!
ナツがうぶなのってなんかいいんよな〜〜
リボンの小説楽しみにしてるよ!!!

406:グロウ:2012/03/10(土) 23:58 ID:qNs

私もリボンの小説楽しみにして 待ってま〜す♪

師匠こと我らのアイドル niko様
バナナさん ギルダーツさん 俺さん…
最近、いらっしゃいませんね/_\
早くご挨拶したいのですが…

407:匿名さん:2012/03/11(日) 12:34 ID:sZU

はっ、はじめまして!!!!
(スミマセン…)
私、小説は、書くより読む!いつもたくさんの本を読むのできびしー評価しますよ〜覚悟しといてください!
(な〜んて冗談です♪そんなに厳しくしません!)
私、ナツルー大好きです♪ナツルーの小説書いて〜♪
(いきなりながくてすみませ〜ん)

408:ミカン ミカン:2012/03/11(日) 12:38 ID:sZU

さっき掲示板にあった小説、全て読みました!全部良かったです
あと、↑は私のコメントです!

409:獅子宮:2012/03/11(日) 14:58 ID:utM

はじめまして!!獅子宮とかいいながらグレイ様LOVEな小6です!
恋物小説は読むのも書くのも好きですが、書く方はめちゃくちゃな駄作しか書けません…
カップリングはほとんど全部好きですが1番はグレルーです。
よろしくお願いします!

410:獅子宮:2012/03/11(日) 15:16 ID:utM

はじめまして!!獅子宮とか言いながらグレイ様大好きな小6です!
恋物小説は読むのも書くのも好きですが、書く方はめちゃくちゃな駄作しか書けません…
こんな私ですがよろしくお願いします!
…というか、もう小説買いちゃっていいんですか?

411:リボン:2012/03/11(日) 15:48 ID:YFE

コメントありがとう!!それとミカンさん、獅子宮さん初めまして!!!
あと、獅子宮さん、小説書いていいと思いますよ。

412:ピコ ◆ihUg:2012/03/11(日) 20:39 ID:uIc

確かにみんな来てないね・・・
「フェアリーテイルが小説1」からずっと来てんの私ぐらいかな〜〜
おお!!初めましてが2人も!!
初めまして!ミカンさん獅子宮さん!
ミカンさんも獅子宮さんも小説書いてください!!
私は明日ぐらいにでも書きます・・・

413:グ口ウ:2012/03/11(日) 21:36 ID:qNs

↑ピコ!書いて!!!
はじめましてが2人いる!!
はじめまして♪獅子宮さん&ミカンさん
小説☆ぜひ書いてね〜
私もグレイ大〜好き♪

414:グロウ:2012/03/11(日) 21:54 ID:qNs

あ、2人ともヨビタメOK?
私はOKだから〜 ヨロ♪

415:グロウ:2012/03/12(月) 20:22 ID:qNs

今Qさま見てます!
ひ、平野綾が出とるーー!!!

416:ピコ ◆ihUg:2012/03/12(月) 21:38 ID:uIc

今日は書けない!ごめん!!
お母さんに強制終了されるんだよ〜〜〜

417:グロウ:2012/03/12(月) 22:14 ID:qNs

ありゃりゃ
また今度、お願いね〜

418:ルーシィ:2012/03/15(木) 19:49 ID:pHo

はじめまして!
ルーシィっていいます。
下手ですけどよろしくお願いします!

419:ルーシィ:2012/03/15(木) 20:10 ID:pHo

「ワァー」
「もっと飲もうぜー!!!」
「ギャアー!」

妖精の尻尾の中はとてもさわがしい。
そんな中ミラとルーシィが話している。
「まーたナツとグレイのせいで報酬無しですよ。」
「まぁまぁ。」
「ところで・・・。」
ミラが続ける。
「私が思うには、ナツってルーシィのこと・・・。」
「もうやめてくださいそれ。」
「おーい!!!ルーシィ!」
「う。噂をすればだわ。」
「ね?こう言うところが。」
「何はなしてんだー?」
ナツが割って入ってきた。
「今ナツがルーシィのこと好きじゃないかって。」
「えっ?」
ナツが固まった。
「だからそんなことないですってー!ネェ?ナツ?」
「えっ?あっ、おっ、おう!おお、俺がルーシィをって!ねぇよ!」
「ほら!」
「会うと思うんだけドナー」
「ねぇよ!じゃあな!」
ダーッ!
「行っちゃいましたね。なんか。」

420:ピコ ◆ihUg:2012/03/15(木) 20:25 ID:uIc

ル、ルーシィさん?
前のルーシィさんじゃないよね・・・?
名前が同じの人かな?
じゃあ始めまして!!
私もパロ小説に挑戦してみるね
今日は時間がないから役割だけだけど!
〜〜〜〜〜〜
フェアリーテイル(かぐや姫パロ)
ナレ:ハッピー
かぐや姫:ルーシィ
おじいさん:マスター(マカロフ)
おばあさん:ミラ
貴族1:ナツ
  2:グレイ
  3:エルザ
  4:ロキ
  5:リサーナ
  6:ジェラール
  7:リオン
  8:ヒビキ
  9:ガジル
天女:ジュビア
〜〜〜〜〜〜
で行きまーす
また小説書くね〜〜

421:ルーシィ:2012/03/15(木) 20:26 ID:pHo

「開け!子犬座の扉!ニコラ!」
ルーシィはプルーを出すとギルドから出て帰った。
そして帰り道。
「どぉーしてミラサンはあーゆー話がすきなんだろーねぇ。」
「プーン。」
「あっ、でも・・・!」
「プーン?」
「ナツも変だった!」
「プーン!!」
「んー。男の子って分からない!」
「プン!」
「プルーは癒される♪」
「プーン!!」

422:ルーシィ:2012/03/15(木) 21:25 ID:pHo

え?
前のルーシイ?
違うと思いますよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そうこうしているうちに、家についた。
「はぁーっ!疲れた!」
ガチャ
ドアを開けて部屋に入った。
「おう。」
「またーーー!!!」
「疲れてるんだから帰ってよー!」
「うごっ!」
ルーシィは鞄をナツに投げつけた。
「いや!まて!今日は話があって来たんだ!」
「話?」
「プーン?」
そう言えば部屋も今日は散らかしてないわね・・・?
「ルーシィ!」
「へっ?」
「・・・の・・・その・・・だ・・・みた、で。」
「はい?」
ナツは一度深呼吸をしてみた。
「すっ・・・、好きだっ!」
「あい?」
ルーシィは思わず聞き返した。
「なんか、よくよく考えたら、お前のこと・・・」
「ちょちょちょ!待って待って待って!」
え?ナツが私を?
「ミラの言葉できがついた。」
「目がずっとお前を追っている時があるし?」
「追っているっ・・・・て!」
「あ、とりあえずまってっから!」
「待つって、なにを!?」
「返事だよ!」
「返・・・!?」

423:グロウ ◆doB.:2012/03/15(木) 22:38 ID:qNs

ルーシィさん!?
……前のではないのですね?
うーん…悪い事言わないから、ハンネを…
くわしくはフェアリーテイルが小説&←+で雑談してる人たちここへきなさい!で
あと、はじめまして♪

小説2人とも、楽しみにして待ってます!!

424:グロウ ◆FEnE:2012/03/16(金) 17:17 ID:qNs

あー!疑ってごめん←ルーシィ
ID調べたけど、確かに別人だね!
ホッ・・・・・

425:ミカン ミカン:2012/03/17(土) 07:32 ID:sZU

お久しぶりです!
私、今小5ですので小説は書けません…
すみません…(泣)
私はグレルーとナツルー大好き!!!

426:獅子宮:2012/03/17(土) 14:06 ID:gQw

呼び捨て&タメ どんどんしてください!
私も敬語めんどいのでタメ口でいいですか?

427:獅子宮:2012/03/17(土) 14:25 ID:gQw

呼び捨て&タメしてください!
小説↓

今手にしているコーヒーカップも、頬杖をついて遠くをぼんやり見つめる姿も、全て愛しい。
貴方は何処を見てるのか、
貴方の視線は誰に注がれているのか・・・
それが気になってしょうがない。
これを『恋』と言わずになんというのでしょうか・・・好き、いつのまにか貴方が好きになっていた。
でも私は、その視線の先を見れない。その先にグレイの気持ちがありそうで、知ってしまって傷つくのがいやだから・・・
グレイの気持ちは知りたいけれど、自分が傷つく結果なら知りたくない。
こんなにわがままな気持ちになるのは貴方の前でだけ。
私をこんなにも悩ませる貴方はいったい誰を想っているのか。
気持ちをはっきりさせないくせに、仕事から帰ってくると大きな手で私の頭を撫でてくる。
笑顔で私の名前を呼んでくる。
その一つ一つが嬉しくて、暖かい。
誰にでも優しくて・・・けどその優しさが時に私を苦しめる。
優しさとは多くの人に好まれる性格で、その分ほかの女子たちがグレイを好印象で思っていることが多いということである。
そうなると当然私の勝ち目は減り、グレイの想いは揺らいでいく。
優しさは時に素敵で、時に残酷なのだ。
「グレイ〜!ちょっと手伝って〜」
「おー、別にかまわねぇけど」
「グレイ!私たちの遊び相手しなさいよ!」
「これ終わったらな・・・っつーかなんで命令口調なんだよ」
「グレイ〜〜〜・・・酒ちょーだ〜〜い♡」
「カナ!どんだけ飲んだんだよ!もうこれ以上は飲ませねぇぞ」
<<誰にでも優しい>>なんて・・・
ずる過ぎる貴方は、今日も明日も、その優しい笑顔で私を苦しめる



はい!気持ち悪いほどくさい小説できあがりました!
なんてこった・・・私場違いでしたか・・・?

428:グロウ ◆doB.:2012/03/17(土) 19:37 ID:qNs

獅子宮(早速呼び捨てで)
NO!!
場違いなんかじゃぁないよ!
おもしろい!続き、書いてね♪
ミカンも書いてヘーキだよ〜!
私がどれだけ下手か…

429:獅子宮:2012/03/18(日) 08:33 ID:gQw

本当に!?(早速タメ☆)
ありがとぅ!
嬉しいです!!
私グレルー好きなんで、ほとんどグレルーの小説になっちゃうかも・・・

430:獅子宮:2012/03/18(日) 09:22 ID:gQw

早速小説書きま〜す!★メモリーデイズ後の話★(メモリーデイズ見てなくても読めると思います)
「はぁ…」
ルーシィはギルドからのいつもの帰り道をとぼとぼと歩いていた。
この前ルーシィたちはタイムスリップという不思議なことに巻き込まれてしまい、戻ってきてからもずっとその話で盛り上がっていた。
最初はルーシィも一緒になって話していたのだが、小さいころのことを思い出し、今ではその話を聞くたんびに泣きそうになる。
「今頃になって悲しいなんて…」
だから今日は早めにギルドを出て、落ち着くまで家にこもっていようと思っていたのだ。
やっとのことで家に着き、ドアノブを回すと開いていた。
またあいつらが不法侵入しているのだろうか。
けれど今は誰にも会いたくない。会えば泣きそうになってしまうから…
ならこのまま家へ帰らずにどこかで気持ちが落ち着くまで待っていようか。
そうあれこれ考えていると、ドアが開いて中から出てきたのは半裸の男。
「おかえり」
なんて自分の家みたいな態度をとっている。
「…帰…って…」
今にも溢れ出しそうにこみ上げてくるものを我慢して、震える声でそう言うと、グレイは真顔で答えた。
「嫌だ」
いつもは気が利くくせにこういうときだけ利かないなんてずる過ぎる。
「いいから帰ってよ!!」
グレイの背後に回り込んで背中をぐいっと押してみるが、鍛え上げられた身体はびくともせず。
また、涙が溢れ出しそうになる。
「帰りなさいよ!」
そう叫ぶと同時に、我慢していたものが一気に溢れ出してくる。
次から次へと出てくる涙は、自分の意思ではどうにも止まらず、頬をつたって落ちていく。
「泣いてる姫さん置いてなんか帰れねぇよ」
「…っバカ」
「バカで結構…お前朝から様子変だったからな」
そう言ってグレイは大きな手で私を撫で、リビングへと連れて行く。
なんておせっかいだ。
逆に涙が止まらなくなるじゃないか。
「な…によ…人の気も知らないで…っ」
床に座って文句を言う私を優しく撫でながら、グレイは泣き止むまでずっとそばにいてくれた。
「小さいときのみんな見てたら…自分の小さかったころのこと思い出しちゃって…」
突然の母の死。
幼すぎた私には、その現実を受け入れられる余裕はなくて、いつもスペットさんたちに迷惑をかけていた。
「ママが死んじゃってから、初めて『死』というものがどれだけ悲しいか知ったんだよね」
「『死』か…」
急に黙ったグレイの表情は、何とも言えない悲しい表情・・・自分の過去を思い出してるかのようにどこか遠くを見つめている。
そんなグレイを見た瞬間、忘れかけていたことを思い出した。
「グレイ…」
「なんだ?」
そう言って微笑むグレイの顔に、悲しみを隠してるかのような気持ちを感じた気がして。
幼かった頃に『死』とふれあったのは自分だけでなく、今隣りで微笑んでいてくれている彼も心に闇を抱えている。
自分の住んでいた町は壊滅し、母を…家族をたくさん失った。
その後に拾ってくれた師匠までも、自分の目の前で失ったのだ。
それなのにグレイは、自分の悲しみよりも私の…仲間の悲しみを優先してくれる。
私の悲しみとは比べ物にならないくらいの悲しみを持っているのに、それをまったく感じさせない明るい笑顔で話しかけてくる。
「ありがとね、グレイ」
「もう大丈夫か?」
「うん。ほんとありがとぅ…もう遅いし泊まってく?」
「マジか!じゃ、お言葉に甘えさせていただきます」
           
一一ーーーなんて優しい王子様


また変なのできたぁーーーー!!!
ただ泣いてるルーシィを撫でてほしかっただけなんだ…っ
グレイ様に撫でてほしかっただけなんだーー!! ←変態
こんな小説ですが、ここを直したらいいよ!とかここを変えた方がいいよ!とかいうアドバイスくれませんかね…
辛口でも毒舌でもいいので評価して…

431:グロウ ◆doB.:2012/03/18(日) 10:58 ID:qNs

わたしもグレルー大好き!!
だから、すご〜〜〜〜く好き!!
おもしろい!
ほかにも色々かいてね♪
まってま〜す

432:匿名さん:2012/03/18(日) 20:27 ID:uIc

獅子宮って呼ぶね!
私も呼び捨てタメでいいから
それとルーシィさん私も疑ってごめんね
たまたまかぶっただけだよね!
獅子宮小説書くのうま〜〜〜いどんどん書いてね!

433:リボン:2012/03/18(日) 21:03 ID:YFE

グレエル書きます!!!

     少し甘い恋(エルザ目線)
今日はチームの皆のために、チョコを作った。昨日はクッキ―を作った。
最近お菓子作りにはまっているのだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ギルド〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「お―――い!お前達!!今日はチョコを作ったんだが、食べないか?」
 「「「食べる―――――!!!」」」
ナツとル―シィとハッピ―が言った。
 「ナツとハッピ―は、ア―モンドチョコ。ル―シィは、ミルクチョコ、グレイは、ビターチョコだ。」
私は、ナツ達に渡した。
 「わ―い!」
 「ありがとな!エルザ。」
 「このチョコおいし――❤❤」
ハッピ―とナツとル―シィが言った。
 「ありがとう。」
 「たしか、グレイは甘いの苦手だったよな。」
 「あぁ。」
グレイと私は言った。
たまに、グレイと話しているとドキドキする。そしてあの言葉を思い出す。昔、彼が私に言ってくれた言葉。
 「じゃあ、何で一人で泣いてんだよ!」
何でだろう。
   つづく・・・。

グレエルってこんな感じでいいの?

434:リボン:2012/03/18(日) 21:07 ID:YFE

獅子宮さん、上手いよ!!グロウさんと同じで、私もグレル―好きです!!!
次の小説も楽しみに待ってます!!!

435:グロウ ◆FEnE:2012/03/18(日) 22:07 ID:oKo

リボン!おもしろいぞー
続きはまた、近々かいてねー♪

匿名さん・・・ピコだよな!?
違ったらゴメン・・
ピコじゃないの?

436:ミカン ミカン:2012/03/19(月) 14:42 ID:sZU

駄作でもいい(?)といってくださり、ありがとうございました
けど、書くのはやっぱり無理です〜!
ごめんなさ〜い

437:ミカン ミカン:2012/03/19(月) 14:55 ID:sZU

イメージはよくするんですが、それを文にするのは苦手です…
今後、気が向いたら書いてみます…
確認です。下手くそでもいいですか?

438:~J ~J:2012/03/19(月) 14:57 ID:sZU

みんな上手ですね

439:獅子宮:2012/03/19(月) 16:09 ID:gQw

楽園の塔らへんのとこを見るとグレエルが書きたくなるんだよなぁ〜
書いたことはないけど・・・
私もリボンさんの小説続き読みたい!

440:グロウ ◆FEnE:2012/03/19(月) 18:13 ID:qNs

2人とも駄文だなんんて・・・
私、「FTが小説3」のみてごらん?
酷いから。 という訳でかいても大丈夫!!
〜J ミカンだよね? 
ID見たけどミカンだね
ドンマイ(私もよくやる)

441:リボン:2012/03/20(火) 10:32 ID:YFE

ありがとう!!続きも頑張って書きます。つづきは今日書くね!

442:リボン:2012/03/20(火) 11:13 ID:YFE

グレエルがいまいちよく分かんない・・・(´・ω・`)

 「・・・お――い、エルザ!」
グレイが私に言った。
 「な、何だ!グレイか。」
 「そんなに驚かなくても・・・。」
 「どうしたんだ?」
私はグレイに聞いた。
 「さっきから声書けてたんだけど・・・( ̄ロ ̄ll)え――っと・・、一緒に仕事にいかねぇか?」
 「ナツ達も一緒か?」
私はグレイに聞いた。
 「いや、ナツ達は今日はいけないって言ってた。」
 「え?」
 「2人で行くことになるけど、いいか?別に、明日にして、ナツたちと一緒に行くのもいいけど。」
 「今日は、どんな仕事なんだ?」
 「あ、行くんだな。え―っと・・・、【森で暴れているモンスターがいます。助けてください。】だって。」
   つづく・・・。

頑張ってグレエル書くよ!!

443:グロウ:2012/03/20(火) 12:53 ID:qNs

がんばって書いて!
楽しみにしてまっておるぞ〜!

444:獅子宮:2012/03/20(火) 14:56 ID:gQw

リボンさん頑張って書いて!

445:グロウ ◆FEnE:2012/03/20(火) 20:29 ID:qNs

nikoさん…
やっと見つけたゼ!
サイト名「m&m」
探し始めて早1ヶ月半___
・・・パスワード、何ぃ!?なんでしょうか
もしかしてちがいますか?
『フォレストページ』なる場所にありますでしょうか?
お答えくださいぃ!

446:グロウ ◆doB.:2012/03/20(火) 22:27 ID:qNs

niko様ぁ〜
パスワードを教えてくださいぃ!!!
うわぁぁぁん!

447:獅子宮:2012/03/23(金) 08:34 ID:gQw

昨日小学校の卒業式だったぁ〜〜!
その後の謝恩会でショートケーキ食べてたら初のグレエル小説のネタが思いついた!!
とゆー訳でいつかこのネタが完成したら打ち込みます♪

448:グロウ ◆FEnE:2012/03/23(金) 11:32 ID:qNs

お願いしますぅ♪

449:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/23(金) 11:49 ID:GNI

私の千姫の華伝説に入ってーーーーー

450:リボン:2012/03/23(金) 19:09 ID:YFE

獅子宮さんの小説も、楽しみにしてるよ!!!

451:獅子宮:2012/03/24(土) 10:59 ID:gQw

ありがとーございます!

じゃ少しだけ⇩

グレエル  『いつも君は』

「みんな〜!!マスターからプレゼントよ〜〜!!」
真昼のギルドに響き渡る、フェアリーテイル看板娘ミラの声。
そしてその手には大きな紙袋がぶら下がっている。
「どうしたんだよそれ・・・」
「マスターが定例会先ですっごくおいしいって噂のケーキ屋さんを見つけたからって買ってきてくださったの♡」
グレイが半目でそう質問すると、ミラは紙袋を持ち直して、にっこりとそう言った。
「ケーキ!!」
その言葉に一番に反応したのはこのギルド一の甘い物好きのエルザである。
「でもそれ、ギルドのみんなにわけたら足りなくなるんじゃねーか?」
「何を言っておる!」
急に大声をだしたのはケーキを買ってきた本人であるマスターマカロフ。
「だーれが全員に食わしてやると言ったか!・・・じゃんけん大会じゃーーーー!!!上位20名に食わしてやるわい!」
「・・・おおーーーーーーー!!!!!!!」
少しの沈黙の後上がった歓声やらブーイングやらの声に押しつぶされないほど
キラキラと目が輝いている人が一人。
察しのとうりエルザである。
「ガキ共ーーー!!!天下の為に運を高めろーーーい!!!」
そして始まった天下取り(?)のじゃんけん大会。
ひときわ騒がしくなるギルド。

そしてその10分後、とてもおいしそうにケーキを食べるチームと、
抜け殻みたいに落ち込んでいるチームに分かれ終わった。
「エルザは取れたのか」
「グ、グレイ!」
ようやく静まり返った(ケーキ食べるのに夢中な人と落ち込んでる人しかいないから)ギルドで、
一人一番幸せそうな顔でケーキを頬張っているエルザに、半裸の男が近寄っていく。
「ああ。すっごくうまいぞ!」
いつもは見せないかわいい顔に、グレイは思わずにやけそうになる。
「お前も食べるか?」
「いや、俺甘いの苦手だからな」
「そうか」
そう言ってまたケーキを口へと運ぶエルザに、グレイは苦笑。
そんな些細な会話をしていたときだ。
向かいでバクバクとケーキを口の中に突っ込んでいた桜色の髪の男が、
エルザの持っているお皿の端によけてあったイチゴに目を付ける。
「いらないならもーらい♪」
そう言ってナツはエルザのイチゴをとり、口の中に放り投げた。
「な゛っ!!!」
その言葉を発したのはエルザだけではなく、隣りにいたグレイ、ナツの隣りに座っていたルーシィ、そして今のを見ていた全員だ。



ごめんなさい時間がなくなったので
                           続く

452:リボン:2012/03/24(土) 16:27 ID:YFE

よ――し!!私も書くぞ――――!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜森の中〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そういえば、どんなモンスタ―なんだろう。私がそう思っていたら、
 「緑で、体が大きいモンスタ―だって。」
グレイが言った。
 「テレパシ―か!お前は!!!」
 「はぁ?お前がさっき言ったじゃねぇか。小さい声で。」
えっ?私、いつの間にか声に出てた?
 「そ、そうだったか。すまない。」
 「別にいいけど。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜森の中の奥〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私達は森の奥に来た。森の奥に来てから話していない。話すきっかけを作らねば・・・。
 「何か腹減ったな。」
グレイが言った。チャンス!!!
 「そ、そういえば今、クッキ―を持ってきているのだが・・・、食べるか?」
 「おっ!いいのか。」
 「ああ。チョコクッキ―だが。」
 「お前・・・、チョコやチョコ味ばっかだな。」
グレイが言った。
   つづく・・・。

グレエルが分からなくなってきた・・・。

453:獅子宮:2012/03/24(土) 16:50 ID:gQw

うまい!読んでて楽しいと思いますよ!
あ、そーいえば、私アメブロでFTの小説書いてます♪
獅子宮って名前でやってないけどね・・・

454:グロウ ◆FEnE:2012/03/24(土) 19:52 ID:qNs

にぁんて名前?
行きた〜い♪(ピグやってないけど)

455:獅子宮:2012/03/25(日) 08:48 ID:gQw

ピグやってなくてもブログならみることできますよ〜♪
名前は、『d美穂d グレイ様Love』だぉ♪

456:獅子宮:2012/03/25(日) 09:49 ID:gQw

グレエルやんなきゃ‥‥

「き、キサマ・・・わ・・・私のイチゴ・・・」
「え”」
このときギルドの(今の一部始終みてた人たち)仲間たちは、エルザが暴れ終わった後、自分が生きていられることをいっせいに願った。
「き、き、き、きーさまーーーー!!!!!!!!」
そして誰もが死を確信したとき、それはある男によって阻止された。
「落ち着けよ、俺のやっから」
そういったグレイの手にあったものはまぎれもなくあのケーキであり。
「グ、グレイ?なぜお前がこれを・・・」
「いや・・・おそらくこんなことになるだろうと思って」
「!・・・あ、ありがたくもらう」
「つかお前、ほっぺにクリームついてる」
グレイはそういうとエルザの頬についていたクリームをとり、舐めた。
「・・・甘ぇ」
「!」
その後、エルザが故障した機械みたいにぶっ倒れたのは言うまでもない。


「でぅぇきてるぅぅぅ♡」




グレエルがわからない!!!!!!
全くわからない!!!!!!!!!
すいません変な小説打ち込んじゃって・・・

457:ピコ ◆ihUg:2012/03/25(日) 21:38 ID:uIc

あい!お久です
グロウまたまた当たり〜
432は私ですなんで今回も名前が入ってなかったんだろ〜〜?

458:獅子宮:2012/03/27(火) 13:36 ID:gQw

グロウありがと〜!!
ブログ来てくれて!!

459:ピコ ◆ihUg:2012/03/27(火) 21:30 ID:uIc

獅子宮私も行っていい?
獅子宮の書く小説みたいな〜〜

460:グロウ:2012/03/27(火) 23:08 ID:qNs

小説おもしろかったから、是非行った方がいい!
あと、うしろがヤバい!!!

461:グロウ ◆FEnE:2012/03/28(水) 10:22 ID:qNs

あ、後ろのって言うのは
背景のことです。
カノン見たらヤバいだろうな…

462:獅子宮:2012/03/28(水) 18:41 ID:gQw

みんな来てくれるの!?
マジうれしぃ〜〜〜!!
あ、でもうちがどれだけヲタクなのかがわかられてしまう・・・ま、いっか☆
来てくれる方は来て、できればコメってってください!!

463:グロウ:2012/03/28(水) 19:21 ID:qNs

だいおーぶ、だいおーぶ♪
私たち ftを愛する人たち=ftおたくだし

464:ピコ ◆ihUg:2012/03/28(水) 20:58 ID:uIc

そうだよ獅子宮私ももうオタクだよ!!
これからいてきま〜すピグの掲示板

465:カオス:2012/03/29(木) 01:51 ID:Iig

………

466:カオス:2012/03/29(木) 01:52 ID:Iig

こっちでは、かけた!

467:ミカン ミカン:2012/03/29(木) 08:17 ID:sZU

はーいお久しぶりぶり〜((殴
お察しのとおり〜Jはこの私でーす♪
それにしても…みんな小説うまいよ〜(泣)

468:グロウ:2012/03/29(木) 12:20 ID:qNs

ふふ、残念ながら私以外み〜んな上手いのだ

469:ピコ ◆ihUg:2012/03/29(木) 21:13 ID:uIc

グロウも上手いよ!!!
私よりうまいですっっっっ
私も『かぐや姫』パロ書きま〜〜す
読んでくださるお人は神でございます
〜〜〜〜〜〜
あい!かぐや姫のはじまりはじまり〜〜
昔、昔あるところにおじいさんとミラが住んでいました
ミ「こらハッピー、名前で呼んじゃダメでしょう」
だってミラなんかおこりそうだもん
ミ「そーねー・・・後でこの作者にお仕置きしてくるからいいわよ(^三^)」
ピコ「ひえぇぇぇぇぇぇぇ〜〜〜〜」
マ「普通に会話する出ない!ハッピーさっさとはじめいっ!」
あ、あい!え、え〜っと
ある日おじいさんは山へ芝刈りに行きました
マ(めんどくさいの〜)
すると1本の竹の節が光っていました
マ(なんでこの竹燃えんのじゃ)
おじいさんはその竹を切ってみることにしました
マ(ルーシィを切らぬように慎重に・・・慎重に・・・)
マスターはやく切ってよ
マ「これ!!話しかけるでない!」
竹を切ってみると中からかわいいルーシィが出てきました
ル「名前で呼んじゃダメ!てかマスターはやく切って!!」
マスターまだきってなかったの?!
マ「ちょい待てい!なかなか難しいんじゃ!」
ル「あーもーグダグダ!!」
〜〜〜〜〜〜
あい!グダグダです!!
読んでくださった人ありがとうございます

470:グロウ:2012/03/29(木) 23:48 ID:qNs

にゃあ、大丈夫 グダグダ…じゃない
うまいから、へーき
(なんでカタコト!?猫語!?)

471:グロウ:2012/03/29(木) 23:48 ID:qNs

にゃあ、大丈夫 グダグダ…じゃない
うまいから、へーき
(なんでカタコト!?猫語!?)

472:グロウ:2012/03/29(木) 23:50 ID:qNs

ふ…やってしまったよ。久しぶりに…ね……

473:獅子宮:2012/03/30(金) 18:30 ID:gQw

ピコの小説面白い!!(呼び捨てでよかった?)
続き気になるぅ〜〜!!

474:グロウ:2012/03/31(土) 16:22 ID:qNs

me to
(私も気になる)
続き楽しみにしてる

475:フェアリーテイル:2012/03/31(土) 18:58 ID:G92

どうもフェアリーテイルですよろしくお願いします   早速ですが誰かナツリサ書いて下さい  

476:ピコ ◆ihUg:2012/03/31(土) 20:06 ID:WH2

獅子宮呼び捨てでいいよ!!
私も呼び捨てだから♪
みんなありがとう!みんな上手だよ!
私もみんなの小説の続き楽しみにしてるよ〜

477:リーシャ:2012/04/02(月) 11:18 ID:xYo

はじめまして、リーシャです。

478:リボン:2012/04/02(月) 17:13 ID:iYw

リーシャさん、よろしくね!!

479:グロウ ◆FEnE:2012/04/02(月) 18:00 ID:qNs

はじめまして
よろしくね♪
ヨビタメOKだから、いい?

480:獅子宮:2012/04/03(火) 09:28 ID:gQw

はじめまして!フェアリーテイルさん!リーシャさん!
私もヨビタメOkだよ♪

481:~J ~J:2012/04/03(火) 16:59 ID:sZU

わーっ!!
みんなうまい!!!
私は…小説やっぱり書けません…が
このプログ参加してよかったのかなぁ
(泣)
ピコさん…だっけ?続き読みたいです〜!!!

482:グロウ ◆FEnE:2012/04/03(火) 17:30 ID:qNs

ミカン…ドンマイ
あとピコであってるゾ♪

483:獅子宮:2012/04/04(水) 08:32 ID:gQw

うぬぅ・・・
今家に、前〜に書いた小説(駄文)がたっぷりあるんですけどぉ・・・
読みたいすか?
今のやつの30倍ほど駄文なんだけどね・・・

484:輝&未来:2012/04/04(水) 08:46 ID:APA

入れてください。

485:輝&未来:2012/04/04(水) 09:50 ID:APA

誰も居ないならつまらないから小説書くね(あ、いつの間にため口に)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハッピーは、桜色の髪をしているアイツが好きなのかな・・・・・・。
(ル)ハッピー仕事いこ!
(ハ)めずらしいねぇ。ルーシィからさそいにくるなんて。まあいっか、ナツもいく?
(ル)あ、いや、えっと・・・・二人でいこう!!!!
(いっちゃったぁぁぁ!!!!!)
ルーシィは、それなりに頑張った。
(ハ)?良いよ?
(ル)え、ほんとう?じゃあ9:00にギルドの前で待ってて!!
(ハ)アイサーーー!!!
ーーーーー9:00ーーーーーーーー(ル)ハッピーごめん遅れた!

486:輝&未来:2012/04/04(水) 09:53 ID:APA

これから、出掛けるのでやめます。

487:匿名さん:2012/04/04(水) 10:27 ID:APA

(輝)高校生は大変だね?
(未)バカじゃないの?私達まだ小5でしょう?
そんなことより、漫画の締め切りは?
(輝)4月20日・・・・です。
(未)早くかけ(`д´)

488:輝&未来:2012/04/04(水) 10:30 ID:APA

エラーで名前が変わってしまいました。本当は、「輝&未来」です。

489:P&¢:2012/04/04(水) 11:31 ID:APA

(ハ)遅いよルーシィ
(ル)ごめんごめん!さて、いきますか?
(ハ)アイッッ
ーーーーーー帰りーーーーーーーーー

(ハ)かんたんだったねー
(ル)・・・うん。ハッピー・・・。
(ハ)何ー?
(ル)・・・・好き・・・。
(ハ)ありがとう・・て、えーーーーーおいら猫だよ!?
(ル)猫とか関係無いよ・・・・
(ハ)ルーシィ・・・おいらも好き!!
(ル)ハッピー大好き・・・・・・・

ーーーーーーー終わりーーーーーーー

490:グロウ:2012/04/04(水) 11:37 ID:JcM

獅子宮、書いて♪───O(≧∇≦)O────♪

491:輝&未来:2012/04/04(水) 11:43 ID:APA

またエラーがっ
そして、おもしろくなくてすいません。

492:カオス:2012/04/04(水) 15:00 ID:Iig

ひさしぶりにきました!輝&未来さん!はじめまして!

493:グロウ ◆FEnE:2012/04/04(水) 15:12 ID:qNs

あ、さっき言わなくてごめん
初めまして
えと、ヨビタメOKだから…いいかな?

494:ピコ ◆ihUg:2012/04/04(水) 21:45

カオス(呼びためいい?)こっちでは久しぶり〜
それと初めまして輝&未来さん呼びためいいですか?
えっと481はミカンさんかな?
ごめんだけど今日時間ないんだ〜ごめんね!

495:meririn:2012/04/05(木) 16:29

てれーれ!!www
私も恋もの書くよぉぉ♪復帰〜

496:オリオン(ミク):2012/04/05(木) 16:44

オリオンです。ヨロシクアタシも小説書いてもいいですか?
  無理だったらあれだけど早速かくね〜
      ルーシィ視点
 
     SOS  あたしは、今どこにいるかというと暗い倉庫に閉じ込められましたナツ助けて!!

      ナツ視点  なんか嫌な予感がするな〜ルーシィは、一人で家に帰ったしもう6時だから俺も帰るとするかな〜

      ルーシィの家の前まで来たけど鍵は、開きっぱなしだしどうしたんだろう。

      「おーいルーシィちょっくら入るぞ〜」 「バタンッ」  「あれっルーシィ居ねえどっかいったかな」
         
        さかのぼること一時間前 「きゃー助けて」 「大丈夫だってお嬢ちゃんきてきて」 「ヤダその手を離して!!」

        「おとなしくしろ俺の魔法にかかりてぇよ〜だなパンっ!!」「きゃー助けて!!〜」  「ばたんっ」

             あたしが倒れたのは、裏の通りだれも築くはずがなく・・・今に至った訳だっ


            「ルーシィ〜どこに行ったんだ〜」

    

  

497:ピコ ◆ihUg:2012/04/05(木) 21:29

meririnnさん!!!
帰ってきてくれたんですね!!
待ってましたよ!!
オリオンさん初めまして!
小説どんどん書いてね!楽しみにしてるから!

498:カオス:2012/04/06(金) 10:28

どうしようか…みんな小説かいてるし私こっちでもかこうかな…

499:meririn:2012/04/06(金) 10:51

ネタ・・・短編ないのでリクエストあったらどーぞぉww

500:獅子宮:2012/04/06(金) 12:37

このスレッド急に消えたからどこ行ったかと思った・・・(汗)
でもよかった見つかって・・・

501:カオス:2012/04/06(金) 12:44

ジャストとられましたが祝500!もう半分!

502:獅子宮:2012/04/07(土) 13:46

・・・どの小説打ち込もうか・・・
ロキルー・・・グレルー・・・どっちがいい?

503:グロウ:2012/04/07(土) 15:11

書き込めて…るかな?
えと、よかったぁ〜♪
おお!500か〜
グレルーでお願いします!!
う〜ん…グレルー+ジュビアかなぁ

504:獅子宮:2012/04/08(日) 10:10

…ok…グレルーねグレルー…うーんと…
これさ、むっちゃ昔に書いたやつだからめっちゃ駄文だよ?
↑今でも駄文だけどさ…
まぁいいや

(ルーシィside)

最近私は変と言われる。
「ナツゥルーシィが変だよぉ~」青い猫(ハッピー)は、ナツに愚痴る。
「何言ってんだ?ルーシィはいつも変だろ」
そんなことを簡単に言ってのける、赤髪の少年ナツ。
「いつもの倍くらい変だよ」
「じゃー行ってみっか」
ハッピーにそう言われ、カウンター席からルーシィの座ってる場所へと向かう。
「はぁーーー…」
その話題の的であったルーシィは、頬杖をついてため息を繰り返している。
「何か変だな」
「あい!ルーシィはアホづらです!」
「...はぁーーー…」
「あれ、怒らねぇ」
ノリの悪いルーシィは、どこか一点を見つめている。
「おい、ルーシィどこ見てんだ?」
そしてそのルーシィの目線の先には、ミラとジュビアと話している黒髪の少年が。
よくみるとルーシィの頬がほんのり赤くなっている。
「グレイ見てんのか?」
「そうみたいだね…そっかぁ、そういうことかぁ…」
ハッピーは何かに気づいたようだが、ナツは全く気づいていない。
「グレイのとこ行こ〜」
「え」


「グレイ〜」
「あ?ハッピーか。なんだ?」
「ルーシィがすっごく変なんだ」
「変?」


その頃ルーシィは、ナツたちの話など耳に入っておらず、さっきからずっとグレイを見ていた。
すると、グレイのところにナツとハッピーが向かって行き、
グレイがこっちを向いた。
さらに、こっちに向かってくるではないか。
いつのまにかルーシィは、頬杖をやめ、シャキッと背筋を伸ばしていた。


時間ないのでここまでにしま〜す♪ つづく

505:グロウ ◆doB.:2012/04/08(日) 11:45

お願いね〜\(>_<)/

506:meririn:2012/04/09(月) 10:10

>>92の続き…書こうかな…?見たい人がいれば

507:獅子宮:2012/04/09(月) 10:53

>>506
meririnさんとお話しするのは初めてですね!
獅子宮と言います!
meririnさんの小説読ませていただきました!素晴らしいです!上手すぎです!
萌えすぎて鼻血がd((殴
続きぜひ読みたいです!!

508:グロウ ◆FEnE:2012/04/09(月) 17:39

私も是非!ルーシィはロキとお墓に行って…だったかな?
楽しみ♪

509:meririn:2012/04/10(火) 08:35

わぁー何かありがとー^^*じゃあ頑張って書きますか!
っと、その前に短編グレルー

「グレイ、ここギルドだから…」

黙ってキスをねだったらいつも言い訳をして逃げられる。
どうせ家でも『お茶いれようか』とか『読みたい本があったんだった』とか言って逃げるくせに。
小さくした打ちをして、本に視線を戻す彼女をいかにもつまらないといいたげな視線で見つめる。
「な、何よ…?そんなに見られると集中できないんだけど…」

「んー?キスしたいなーって」

視線を一切逸らさず言ってみる。
すると分かりやすく頬を染めるルーシィ。
そんな彼女が可愛くて、おかしくてついくすりと笑みをこぼす。

ーーーーでも、まだ足りない。

触りたい。もっと近寄りたい。キスしたい。


「あたし達、付き合ってる事隠してるからダメってば……」

いつもと同じ言い訳で視線をそらされる。

分かっている。

拒絶でも、隠しているからでも無い。
ただ“恥ずかしい”だけなのは。

稀に(もちろんこっちからだけど)させてくれる時もリンゴのように顔が真っ赤になるのだから。

ふと考えが思い浮かぶ。

ガタン

音を立てて立ち上がる。
不思議そうに見上げる彼女を横目に

「バレたら嫌ならあんまり近くに居ない方がいいだろ?ギルドでもこれからはあんまり触れないようにするから」

そう一言残して背を向ける。


“じゃぁな”と手を振り歩こうとした瞬間ーーーー


ぎゅ

「ま、待って!」


服の裾を掴まれぴたりと止まる。


「何だよ?」

敢えて顔を向けず問う。
「その…あの…。」

俯く、声が段々小さくなって行く。


「ん?」

「………手。」

そう言ってそっと軽く手を握ってきた。

「このぐらいなら……いいから……そばには…いて?」

先ほどより頬を染め、若干潤みがちな大きな瞳で見上げて来る。

「………キスは?」

「えっと………その…」

視線を彷徨わせながらまた頬を染め、何かを決めたかと思うとぐっと襟を引っ張られた。

チュッと軽く頬にキスをされる。
「く、唇は……家でならいいから、ギルドではコレで我慢して……?」

きっと気分を伺っているのだろう。
真っ赤になりながらも小さく首を傾げて心配そうに見上げてる。


「ったく、しゃーねーな」
そういいながら緩む頬を止めれなかった。


シャイな彼女、押して駄目なら引いてみる。

510:獅子宮:2012/04/10(火) 13:17

き、きゃぁぁぁぁ♡
ヤバい・・・萌えのポイント、お、おおお押しまくってるんですけど!!
なぜそんなに小説上手いんですか!!
私グレルー大好きなもんで萌え死にそu((
とくに最後のグレイの台詞!!
グレルーバンザ〜〜イ♡

511:meririn:2012/04/10(火) 14:45

あーりーがーとー!!

グレルーラブ同士ー♪

512:グロウ ◆doB.:2012/04/10(火) 17:12

グレルー大好きなのは私もだから、同子よりも同盟…かな?
キャー!!グレイ攻っすかー!
ジュル 一番好き 結婚しまsy((殴

513:meririn:2012/04/10(火) 19:43

Twitterやってる人いません?

私グレルー同盟結んでるんです♪

514:獅子宮:2012/04/11(水) 15:40

あわわわわわわわわわゎ!
グ、グレイ様におかされt((殴

515:獅子宮:2012/04/11(水) 15:41

あわわわわわわわわわゎ!
グ、グレイ様におかされt((殴

516:グロウ ◆FEnE:2012/04/11(水) 20:56

ふふ、獅子宮大丈夫?
meririnさん、ごめんなさい。
twitterはやってないの

517:獅子宮:2012/04/12(木) 14:52

あ、2回書き込みしちまった☆アh((黙

518:グロウ ◆FEnE:2012/04/12(木) 17:20

ど、ドンマイ…

519:グロウ ◆FEnE:2012/04/14(土) 18:15

だれか…来て…?
全然来ないしぃ うぅっ ひぐ!

520:カオス:2012/04/14(土) 18:21

いますよ

521:グロウ ◆doB.:2012/04/14(土) 23:02

いたー!寂しかったよぉ

522:オリオン:2012/04/14(土) 23:06

皆さんどちらが好きですか?
ナツ&ルーシィ
グレイ&ルーシィ
あたしは、グレイ&ルーシィ

523:カオス:2012/04/15(日) 07:44

う〜ん私もグレイ&ルーシィかな

524:オリオン:2012/04/15(日) 07:57

そうだよねー

525:獅子宮:2012/04/15(日) 10:22

うちもグレルー大好きです!(急に話割込んでごめんなさい)

526:グロウ ◆FEnE:2012/04/15(日) 16:45

わーたーしーもー!!
グレルーが大好き!

527:meririn:2012/04/17(火) 18:19

「眠る彼にイタズラ大作戦!」ってテーマでグレルー書こうと思うけど…イマイチ思い浮かばないやwww

誰かイメージとか提案くださいなぁwww

528:グロウ ◆FEnE:2012/04/17(火) 19:26

1、仕事の後の旅館で…
とかはどうでしょうか?

529:グロウ ◆FEnE:2012/04/18(水) 15:42

2、リサーナが帰ってきたあとの宴でナツじゃなくて
グレイに話しかけるルーシィ。(恋してま〜す)
3、彼氏のグレイがジュビアばかりかまって、やきもち灼いたルーちゃん
グレイの気をひこうとミラ達ととある作戦に(寝てる彼に夜這いのフリとか)

530:獅子宮:2012/04/19(木) 15:25

ひぃっ!
なんかそのネタだけで腹一杯っ!!
やばいよ!萌える萌えるぅ〜♡

531:グロウ ◆FEnE:2012/04/19(木) 20:05

あ、ありがとう////

532:meririn:2012/04/19(木) 20:22

うーん…2、3ページなら書けないこともないけど…

短編が書きたいんだぁー…
うにゅ。いろいろ載せるので評価してくださいましVv

533:グロウ ◆doB.:2012/04/19(木) 21:53

アイサー!!

534:輝&未来:2012/04/20(金) 20:19

(輝)ちわーす!
(未)げ・ん・・こ・・・う・・・・・
(輝)未来!ごめ〜んあと、あと、ざっと・・・・20枚位残っとる!
(未)かーーけーー
(輝)あいっ
(未)ふーあ、お久しぶりです!一番最初ぶり!
(輝)今日は意味ふ小説を残して行くね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーールーシィ姫ーーーーーーーー
ナレーター・・・ハッピー
白雪姫・・・ルーシィ
小人・・・グレイ、エルザ、ジュビア     、ロキ、レビィ、ウエンデ     ィ、カナ
妃・・・・ミラ
王子・・・ナツ
        それではスタート!

ハ『あるところのこやに、一人の綺麗な少女が、来ました。』
ル「こんにちはーーー誰かいませんかーー?」
エ「誰だ?!」
ル「うあぁ・・・!えっと、白雪(一応)と、言います!」
グ「あ?町の?」
ル「ええ一応」(て言うかこの人、服は?)
ミ「りんごはいらんかねー?」
レ「展開はやっ」
ル「くださーい!」
ミ「どうぞ!」
ル「いただきまーす!」カリッ「うっ」
ハ「ちーん!死んじゃいました!」
ナ「うおい!俺の出番は?!」
ハ「なしって、ことで!」
ル「ということで、さようなら〜!」

(輝)すいません、恋愛物語じゃあなかったデスね。
また今度・・・

535:グロウ ◆FEnE:2012/04/20(金) 22:10

すごい!白雪姫ぱろだぁ
私パロかけないの(汗)

536:獅子宮:2012/04/21(土) 15:24

ははw
輝&未来さんおもしろいよ!!
てか、パロといえばうちもブログの方に
シンデレラパロのせたことあるなぁ・・・
途中で終わったけどww

537:ピコ ◆ihUg:2012/04/21(土) 20:51

お久しぶりで〜〜す
なんか今別のことにはまってて・・・来れませんでした!アハッ
ではまたきま〜す

538:カオス:2012/04/21(土) 21:59

最近PSPの調子が悪くて…やっとこれました!またきます!

539:グロウ ◆doB.:2012/04/22(日) 10:17

OK〜♪
PSP大丈夫なの?

540:カオス:2012/04/22(日) 16:13

またきたゼ!最近いきなりPSPがいきなりサーバーとの接続に失敗したりするの。パソコンほしいけどお金ないし、いまあるPSPしか使えないから…今日はもうこれないかも

541:グロウ ◆FEnE:2012/04/22(日) 21:28

オッケー♪
pspに言う事じゃないけどお大事に

542:あおりんご カサナハラ:2012/04/24(火) 17:52

あたし好きです♪特にナツルー!

543:¨ JTin:2012/04/24(火) 17:52

ダレモイナイ・・・・

544:あおりんご JTin:2012/04/24(火) 17:56

3DSデやってるので遅いでーす!(元々遅い・・・)

545:グロウ ◆FEnE:2012/04/24(火) 18:24

私はpcとかdsiとかだよ
あおりんごさん初めまして
私はグロウです。ヨビタメOKなのでそこんとこよろしく!

546:カオス:2012/04/24(火) 19:17

あおりんごさんはじめまして!私も呼びタメOKだから!よろしく!

547:獅子宮:2012/04/25(水) 17:17

初めましての方が!
あおりんごさんよろしく!うちもヨビタメOKです!

548:あおりんご JTin:2012/04/25(水) 18:17

自己紹介します!!        ニックネーム  あおりんご    学年  小5           趣味  ゲーム FTアニメ ショピング    キライなもの 虫 生クリームがついてる食べ物      クラブ   吹奏楽クラブ・・・・・ていうカンジです!(・∀・)

549:あおりんご JTin:2012/04/25(水) 18:19

なぜ???こんなに列そろってないNO〜!!!

550:あおりんご JTin:2012/04/25(水) 18:21

ダレモイナイ・・・ノ・・デスカ???

551:あおりんご JTin:2012/04/25(水) 18:57

書くの忘れてたけど  自己紹介の 性別  女の子        です3Dでかいているヒト!!!!フレンドコードおしえてぐだざい!

552:グロウ ◆FEnE:2012/04/25(水) 20:52

dsiだ…ごめんね・・・
>>548 私も虫大っ嫌い!!
これから虫の季節…虫除け買わねば

553:あおりんご JTin:2012/04/25(水) 21:06

ですよねっ!私なんかかにかまれたと思ったら、ケムシだったよ・・・

554:あおりんご JTin:2012/04/25(水) 21:48

お話しましょーよ!!!(*∀*)

555:あおりんご JTin:2012/04/26(木) 18:31

だれもいないの???

556:ピコ ◆ihUg:2012/04/28(土) 19:27

あーーーお久しぶりです
あおりんごさん初めまして
ちなみに私はパソコンできてるよ〜〜!
ん〜〜みんな虫嫌いなのか〜
私毛虫やG以外なら何とか・・・
あおりんごさん呼びためでいいですか?
私は断然OKです!!

557:獅子宮:2012/04/29(日) 07:30

うちも虫嫌いww
うちもパソコンだよ〜

558:あおりんご 7733:2012/04/30(月) 15:40

呼びためOKですよ!!これからよろしくでーす

559:グロウ ◆FEnE:2012/04/30(月) 18:03

誰〜か〜〜
そろそろ小説書いて下さいよ〜
ほぼ雑談だよ〜!

560:あおりんご 7733:2012/05/01(火) 14:29

ほんと!そーだーよー!←といいつつかけない人・・・(*・3・*)

561:獅子宮:2012/05/02(水) 14:33

本当だww雑談化しておるwww

めっちゃ他人事のよーに言ってる人ww

じゃあめっちゃ短いけど

グレルーのとある会話集

やろうかなぁ〜

562:獅子宮:2012/05/02(水) 15:09

1、

「ルーシィ」
「なに?」
「ルーシィ」
「なによ」
「いや、名前呼んで返事してもらえるだけで幸せなのかなーって」
「この前テレビでやってた聴力を失ったカップルのドラマの台詞でしょ、それ」
「ああ、だから今の俺らの関係って幸せなのかと思ってな」
「グレイ」
「なんだ?」
「グレイ」
「・・・ルーシィ」
「あ、ギルドみえてきた」
「このままデートいくか」
「でも今日ナツたちと仕事いくって・・・」
「エルザいねぇからいいだろ」
「ひどいのね」
「そう言うルーシィはどうなんだよ」
「そりゃ、行きたいわよ」

ただグレイさんとルーシィちゃんが名前を呼び合うだけ。



2、

「キスしてぇ」
「家まで待って」
「いや、我慢できねぇ」
「今一回するのと、家で3回するのどっちがいい?」
「家で100回だな」
「それは無理」
「なんでだよ」
「ほら、家みえてきたから」
「じゃ、100回」
「そんなこと言うなら一回もしてあげないよ?」
「俺を餓死させるきか?」
「キスしないだけで餓死なんてしないわよ」
「3回は少なすぎるだろ」
「どこがよ」
「50」
「3」
「20」
「3」
「10」
「3」
「ちっ」
「3回ね」

あー、なんてリア充・・・



3、

「ねぇグレイ、キスして?」
「デレ期到来か?」
「いいからしてよ」
「どこでそんな技習得したんだよ」
「ん!はやく!」
「なんだよ、もうちょっと楽しませてくれたっていいだろ?」
「あたしはおもちゃじゃないし」
「へいへい」
       ☆☆☆
「これでいいんだろ?」
「・・・足りない」
「お前欲深くなったな」
「ご褒美ちょーだい♡」
「甘え上手にもなったのか」
「グレイを楽しませるためなら何だって習得するわよ」
「さっきおもちゃじゃないとか言ってたじゃねぇか」
「おもちゃじゃなくて恋人よ」
「・・・ずりぃ奴」
「どういう意味よ」
「そう言う意味だよ」

ルーシィがルーシィじゃない!!ルーシィがなんか別人!



4、

「ルーシィ、そのマフラー買ったのか?」
「あー、ロキがくれた」
「はずせ」
「ちょっと!?寒いから取らないでよ!」
「だめだ。俺以外に独占欲強ぇからな。違う男のもんつけてると腹立つんだよ」
「でも寒いしっ!」
「だからこれ巻いとけ」
「え、なにこれフワフワ!暖か〜い!」
「昨日買ったんだよ、お前用に」
「フフ、ありがと」

素晴らしきグレイ様の嫉妬!!でもこの会話集がダメダメだから嫉妬がつまらんですな。



5、

「っくしゅん!」
「馬鹿かお前は」
「なにがよ!っくしゅん!」
「冬なのにそんなさみぃ格好してたら風引くぞ」
「半裸に言われたくないわよ」
「俺は鍛えてるからいいけどお前は違うだろ」
「じゃあこのか弱い私をお姫様抱っこして家までつれてって」
「は?か弱くねぇだろ」
「ひどっ!」
「まぁでもお姫様だっこしてやれねぇこともねぇけど」
「じゃあはやくしてよ」
「それが人にものを頼む態度かよ」
「だって・・・っくしゅん!」
「ったく・・・ちゃんと捕まっとけよ」


ふふふ、なんてリア充・・・
リア充すぎて笑えるゎ

いろいろとおかしいところがあってもそこはいいんだよ、たぶん。

563:あおりんご 7733:2012/05/02(水) 18:32

あたしナツルーが好きだけど    グレルーもけっこーいけますね♪ (*・⊂・*)

564:グロウ ◆doB.:2012/05/03(木) 00:09

ほにゃ〜 ふにゃ〜
鼻血ものでS((殴

565:あおりんご 7733:2012/05/03(木) 15:42

だーれーかー!ナツルーかいてくださーい!!!

566:獅子宮:2012/05/04(金) 11:38

564>お褒めの言葉ありがとうございます

565>うち、めちゃくちゃ駄文者だけど・・・
    それでもいいなら、ナツルー書いてみよーかなー・・・
    

567:あおりんご 7733:2012/05/06(日) 09:13

おねがいします!!

568:あおりんご 7733:2012/05/07(月) 17:36

おおおおおおおねねねねねねねががががががががいいいいいいいいしししししししままままままままますすすすすすす!!!!!!!!

569:カオス:2012/05/07(月) 18:57

読みにくい…

570:グロウ:2012/05/07(月) 21:52

w w w

571:ちほはま :2012/05/08(火) 15:01

はい!!!!
ちほはまで〜す!
わたくし3DSをもっています!!フレンドは.........です!
(本当のことは言えません。)

572:ちほはま:2012/05/08(火) 15:03

ってたいみんぐが、、、、、

573:ちほはま:2012/05/08(火) 15:06

わたくしも、フェアリーテイルの恋、、、、、、す、好きなので よろしくおねがいします!!!

574:獅子宮:2012/05/08(火) 16:19

お、はじめましてですね!
ちほはまさん呼び捨てでいい?
うちはヨビタメおkなんで☆

575:あおりんご 7733:2012/05/08(火) 18:48

は、はじめまして!あたしもよびためおーけー

576:グロウ ◆FEnE:2012/05/08(火) 19:54

初めまして〜 よろしく〜
ヨビタメOK?

577:meririn:2012/05/09(水) 02:55

呼ばれて飛び出てじゃ、じゃーん♪(呼んでない

ネタが無いので全く書いてませんねぇww
ポチポチあげていきますよぅ☆

578:グロウ:2012/05/09(水) 08:00

お願いします!!

579:あおりんご 7733:2012/05/10(木) 17:30

ナツルーで!!!

580:グロウ:2012/05/10(木) 19:19

む? グレルーで!!!!

581:ちほはま:2012/05/11(金) 21:41

すみません
書く時間がなくて、、、、、
私のことを教えたいと思います。
ニックネーム  ちほはま
学年 小五
ナツルーが、好き。

582:あおりんご 7733:2012/05/12(土) 19:50

うっ普通ナツルーでしょ!!!

583:獅子宮:2012/05/13(日) 08:44

グレルー!グレルー!

584:あおりんご 7733:2012/05/13(日) 09:15

ナツルー!ナツルー!

585:グロウ:2012/05/13(日) 12:10

グレルー!!グレルー!!

586:獅子宮:2012/05/16(水) 17:10

☆グ☆レ☆ルー☆

587:オリオン:2012/05/16(水) 20:23

グレルーかナツルーか
多数決とったら?
ナツルーのひとは、
会話のはじめ2(一回だけでいい)
を入れてね
グレルーは、1をいれて
投票は、一回です
どっちが人気たかいかな?

588:獅子宮:2012/05/18(金) 15:39

1で!!!

589:グロウ:2012/05/18(金) 18:40

1で!!
あおりんごさん、知らないでしょ?
meririn様はぁ、グレルーloveなんですよw

590:ポリン:2012/05/19(土) 04:29

自己紹介します!!ニックネームポルン・学年小5・趣味ゲーム・FTアニメキライなもの虫・炭酸クラブ・音楽部こんな感じです!!

591:ポリン:2012/05/19(土) 04:30

自己紹介します!!ニックネームポルン・学年小5・趣味ゲーム・FTアニメキライなもの虫・炭酸クラブ・音楽部こんな感じです!!

592:ポリン:2012/05/19(土) 04:36

すいません(・∀・/)ポルンのところポリンです!しまったー二回もかいちゃったーー!!!

593:ポリン:2012/05/19(土) 04:49

あの〜炭酸のところ炭酸クラブじゃないですよ?!クラブは、音楽部のほうです!!!

594:A☆T☆:2012/05/19(土) 05:39

初めまして!A☆T★です。ポリンの兄です。よろしくお願いします!!てかっ、何回間違るの!!!!

595:AT:2012/05/19(土) 05:48

今ごろ自己紹介します!ニックネームAT・学年中2・趣味ゲーム・FTアニメ・キライなものシチュー・クラブ・バドミンドン部こんな感じです!!!

596:獅子宮:2012/05/19(土) 10:11

初めましてだぁ〜
兄弟なんですね!ぁ、ヨビタメおkですか?うちはおkです!

597:ポリン:2012/05/20(日) 21:19

初めまして!私は、ヨビタメおkですよ!!

598:AT:2012/05/20(日) 21:21

初めまして!!俺も、ヨビタメおkですよ!!

599:ポリン:2012/05/21(月) 03:13

私は、ナツルーが大好きです!!

600:グロウ:2012/05/21(月) 07:51

私はグレルーが好き
はじめまして、ヨビタメokだからねー♪

601:AT:2012/05/22(火) 16:55

俺は、ナツルーが、いい!!

602:ポルトガル:2012/05/22(火) 17:00

初めまして!!ポルトガルです!僕は、ナツルーが好きです!!

603:グロウ:2012/05/22(火) 18:41

獅子宮お久だね
ブログ行ったよ〜
模様替しててびっくり!

604:獅子宮:2012/05/23(水) 16:55

うちもグレルーだぁいすきぃ〜〜

605:グロウ:2012/05/24(木) 23:25

うんうん、わかりますよ〜!

606:獅子宮:2012/05/27(日) 14:55

あぁ、はやく小説読みたいぃぃ

607:獅子宮:2012/05/30(水) 17:04

あれ、誰も来ない・・・

608:グロウ:2012/05/30(水) 21:53

そだね。
あぁ!なるほど、ふむふむ

•••みんな中間テストだからしょ!私は明日〜明後日なんだ♪なのにきてしまう私

609:ポリン:2012/05/31(木) 02:18

ヤッホー!久しぶり!!私は、小学生だから中間テストとか、やってないよー!!あと、ヨビためおkだよ!!!

610:ポリン:2012/05/31(木) 02:18

ヤッホー!久しぶり!!私は、小学生だから中間テストとか、やってないよー!!あと、ヨビためおkだよ!!!

611:グロウ:2012/05/31(木) 21:14

何てうらやましい!

612:獅子宮:2012/06/02(土) 18:05

うちはあと1週間ちょいで期末・・・
そーいえば、うち、中間(中学校初めてのテスト)は凄くいい成績だったんだぁ〜(どやぁ)

613:ポリン:2012/06/02(土) 18:23

へぇ〜獅子宮すっごく、頭いいんだね!!(*^_^*)

614:獅子宮:2012/06/04(月) 18:44

ううん、まぐれまぐれ(笑)
・・・ってか、ここまた雑談化してる!

615:ポリン:2012/06/06(水) 14:38

まぐれでも、点数が良いって凄い!あ、雑談していました!!ドンマイ、わたし!!\(>_<)/

616:獅子宮:2012/06/06(水) 18:06

この前作ったののせよーかなー
またグレるーだけど

617:グロウ:2012/06/09(土) 19:26

おひさ!私もま・ぐ・れで良かったよぉ♪
グレルー!?是非ともお願いね

618:獅子宮:2012/06/11(月) 17:05

小説グレルーでーす!








夕方頃、本屋にて

「うそ、何でこんなに降ってるのよぉ・・・」
ルーシィはその日、買い物帰りに、最近できたばかりの古本屋さんによっていた。
古本屋さんに入る前、少し雲行きが怪しかったのだが、ルーシィは
『すぐに終わらせるから大丈夫よ・・・きっと』
というなんともドジを踏みそうな意気込みをしてからそこへ足を運んでいた。
しかし古本屋なだけあり、本はよりどりみどり。
そんな中で本好きのルーシィが先ほど言っていたことを遂行できるはずもなく。

{わぁ〜!この本読んでみたかったのよね!こっちはあの時欲しかった限定本!あ、これも!!}
等とやっている間に時は過ぎ、立ち寄ってからかれこれ2時間。
そしてルーシィが袋を抱え帰ろうとした頃には、日が暮れ、怪しかった雲行きは完璧な悪天候になっていた。
「もー「最悪」」
「「え」」
自分の声と合わさった声に、お互い顔を見合わせる。
「ルーシィ!?」
「グレイ!?」
そしてその合わさったもう一つの声の持ち主が、偶然なことに同じギルドの仲間であったのだ。
「グレイも・・・本買いに?」
「いや、俺はCD借りにきてたんだ」
「ここCDも借りられたの?」
「2階でな」
そんな他愛のないことを話しているうちに、降っていた雨はもう土砂降りに近いものになっていた。
「あーあ、どうしよ・・・グレイ傘持ってないよね?濡れて帰るしかないかなぁ・・・
 でも本濡れちゃうし・・・」
どうしたものかと一人で悩んでいるルーシィの目の前で、グレイが両手を出し、なにやら魔力を手に集めだした。
「おい、俺が何の魔導士か忘れたのか?」
グレイはそう言うと手に力を込め、一瞬にして大きな傘を作り出した。
「あ、傘!そっか、グレイは氷で何でも作れるんだった!」
「こんなもん朝飯前だ」
「よかった、これで濡れずに帰れるー!」
心の底からほっとしたような笑顔のルーシィに、グレイは思わず頬を染める。
「じゃあ、これやるから」
「え、グレイは?」
「俺はいい」
そう言って雨の中に駆け出そうとするグレイの服の裾を、ルーシィはあわてて引っ張る。
「風引いちゃうじゃない」
「いや、でも」
グレイが言葉を続ける前に、ルーシィは自分が持っていた氷の傘をグレイの頭の上へと持ってくる。
「この傘大きいから一緒に入れるわよ?」
そう言って自分より高い位置にあるグレイの顔を見上げると、グレイがまた頬を染めた。
「・・・わーったよ」
グレイはそう言いながらルーシィの手に握られていた傘の柄を取り上げる。
「お前本持ってるんだから俺が持つ」
小さな気遣いを見せるグレイに、ルーシィはふっと笑みをこぼした。
「じゃ、帰ろっか」
グレイはさっき言おうとしていた言葉を、続ける意味もなくなったかのように消し去った。







ーーーーーいや、でも俺は自分で自分の傘作れるし、
                    別に二人で一つのかさもって帰る必要ねぇだろ?  




                           相合い傘なんて恋人みたいだしよ
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

相合い傘・・・なんて美しい響きなんだろう・・・(笑)

この小説ってあれか、

おいら知ってるよ!こういうの駄文小説って言うんだ!
暇な駄作者がわざわざ意味不明な小説打ち込むとなる怪奇現象なんだ!

グレイさんはもうルーシィに恋しちゃってるな。
ルーシィちゃんは自分の気持ちに鈍感なんだ!
うん、そうに違いない!

619:獅子宮:2012/06/11(月) 17:11

というか、
かなり前にあおりんごさんにナツルー書くとか言っといて、
未だ書き途中ww
すいません、私遅いんです

620:ちほはま:2012/06/14(木) 21:35

ひさしぶりです!
お願いです。誰かナツルーを書いてください。
わたくし、ナツルーがないと干からびます!!(これは、本当です)
お願いします!!!!!!!!!!!
ペコッペコッペコッペコッペコッ

621:オリオン:2012/06/14(木) 22:36

なんかグレルーにマジ癒された

622:ちほはま:2012/06/15(金) 14:00

ナツルーを書いてくれたらセックスをしてあげても...........(信じるかはあなたしだいです)

623:きらん きらん:2012/06/17(日) 10:50

みんな恋愛うま!!どーも。はじめまして!きらんです!
仲良くしてください!

624:きらん きらん:2012/06/17(日) 11:06

私も恋愛かかせていただいてもいいですか?? でわ書きます

冬の夜の奇跡1  ルーシィ視線

ここはマグノリアの魔導士ギルド、フェアリーテイル。
ナツ「ルウゥゥゥーーシィィィ」
ルーシィ「何よ?ナツ」
ナツ「あ・・・・あのさ///ク・・クリスマス・イブあ・・あいて・・るか・・・・///?」
赤くなりながらナツは小さな声で言った。
ルーシィ「あ・・・う・・んあいてるよ・・」
ま・・間違った・・・・こ・・この日は・・・
ルーシィ「あ・・あの!」
ナツ「そーか!あいてんのか!じゃ!駅で待ち合わせな!」
ナツはルーシィの訂正も聞かず行ってしまった

625:きらん きらん:2012/06/17(日) 11:38

冬の夜の奇跡2

ルーシィ「はああああ」
家に帰るとあたしはため息をつくなりベッドに倒れ込んだ。
クリスマスイブ・・・あの日は・・・
_数日前_
ルーシィ「ねぇミラさん。最近あたし、変なんだ・・」
あたしは珍しく(自分で言うのもなんだけど)ミラさんに相談を持ちかけた。
ミラ「あら、どんな風に変なの?」
ミラさんに問われてあたしはこういった。
「最近気がつくとグレイばかり見てるの。で、顔も赤くなって、ドキドキして・・・
でねでね、グレイがほかの女の子といるととても胸が痛いんだ・・・
なんなんだろう・・この気持ち・・・」
するとミラさんはクスクス・・と笑い出した。
ルーシィ「笑わないでよ!!!!ミラさん!あたし真剣なんですよ!!?」
するとミラさんは、
ミラ「ごめんごめん。ルーシィ。ルーシィも大人になったのね・・♥」
ルーシィ「へ・・・?」
あたしはミラさんの言っていることがわからなかった。
ミラ「ルーシィ。それは恋っていうのよ。ちょうどいいわ。クリスマスイブに告白したらいいじゃない。
ね?」
_______________________________
そう・・・あの日は・・・・・・・あたしがグレイに告白する日・・・・・・

626:きらん きらん:2012/06/17(日) 13:09

そうしていつの間にかクリスマスイブになっていた。
ルーシィは相変わらずまよっていて,浮かない顔をしていた。
すたすたすた・・・・誰か近づいてきた。(ほっといてよ・・・・)そう思ったそのとき・・・
グレイ「なんかまよってんのか・・・?」
ルーシィ「グ・・グレイ!!!?」
ルーシィはびっくりして顔を上げた。
グレイ「で・・・?何迷ってるんだよ?」
ず・・・・ずるいよ・・・こうゆう時だけ鋭いなんて・・・・あんたのことで悩んでるのに・・・
で・・・でも・・相談してみよう・・
ルーシィ「あ・・・あのね・・ナ・・ナツに駅に来てって言われたの。」
グレイ「で?」
ルーシィ「でね、あたし・・・その日ある人を誘おうと思っていて・・・///」
途端にルーシィの顔が真っ赤になった。
グレイ「その人って誰だよ・・・・」
ルーシィ今よりもっともっと赤くなった。
ルーシィ「そ・・・それは///」
すると、向こうからグレイを呼ぶ声がした。
ウェンディ「グレイさーん!こっちの飾り付け手伝ってくれませんか?」
グレイ「おう。今行く。ルーシィ!俺、今日ギルドのパーティーにいるから行けたら来い。」
ルーシィ「う・・・うん///(ウェンディナイスタイミング!)」
そうしてあっという間に待ち合わせの時間になって・・・

627:きらん きらん:2012/06/17(日) 13:39

グレルーファン様。(私もその一人。)ぜひぜひっ!二次元竜のほうこーーう!というブログを
見てください。

628:ペイ グレルー:2012/06/17(日) 14:42

私も話にいれて!それと小説書きまぁーす!

夏祭りの夜に

あたしはグレイのことが好き。
でもね、今日こそは!告白する!
グレイ「おい!ルーシィ。はぐれないように気おつけろ!」
そう言ってあたしの手を握った。今日は夏祭りの日。夏祭りの日に告白すると結ばれるという噂なの。///
グレイ「おいルーシィ!かき氷食おうぜ!かき氷!」
ルーシィ「うん♥」
赤くなりながらルーシィはうなずいた。」

629:レイル:2012/06/18(月) 13:20

皆さんの小説上手です!!!
あと、きらんさんのブログ見てるんですけど
とってもおもしろいです!!!!!!
グレルーちょーLOVEなんです♡♡♡

630:ちほはま:2012/06/18(月) 18:51

皆さん小説うまいですね!
で........わ、私のせ、セックスの件は?
(ま、やりたくないならいいですけど)

631:獅子宮:2012/06/18(月) 19:01

きらんさん!ペイさん!はじめましてのかたですね!
私は獅子宮です♪ヨビタメおkなので、気軽にww
あ、あと、きらんさん・・・二次元竜の咆こーーう!のブログのことなんですが・・・
多分それ私のぶろぐです・・・

632:ちほはま:2012/06/18(月) 20:20

私、頑張って小説を書いてみます!
ナツルーでいきます!
ここは、私の家。
ル「はー、疲れた〜〜」
ナ「おっ、お帰り!」
ル「なんかよう?」(毎回のことだからもうつっこまなくていいや...)ナ「今日は、ルーシィとHをしにきたんだ」
ル「へ????????」(ナ、ナツが顔を真っ赤にして......
ドン
ベットに倒された、でも なぜか嫌ではなかった。
ル(なんだろう、この気持ち....)ルーシィはそのままナツとHをしていた。『ナツが好き』という気持ちにきずかずに......
今は、ナツと付き合っている
毎日が楽しくてたまらない。

ずっと幸せでいたい
ナツが 大好きだ!!!By ちほはま

633:ちほはま:2012/06/18(月) 20:49

ナツルーの小説書いてみます!
ここは、私の家だ。
ル「はー、なんか疲れた〜」
ナ「お帰り!」
ル「なにしてるの」(もう慣れてるから、つっこまなくていいや)
ナ「ルーシィとHしにきた。」
ル「へ??????ナツ今なんて
ナツぅ〜んん」
ナツがいきなりキスをしてきた!!
ル「' ∀ 'えっ     な、ナツ」
ナ「俺、ルーシィのことが好きだ」
ル「わ...す......」
ナ「ん??」
ル「わたしも好きだよ!」
そこで、私たちはHをした。


10年後
ルナ「パパ?ママ?いっしょに遊んで?」
ル.ナ「「そうだね!\おう!」」
ナツとルーシィは結婚していた。
ルナという子供もいる。
とても、とても幸せそうだ!!!!!
Byちほはま

634:ちほはま:2012/06/18(月) 20:52

632
のは、間違いです。

635:獅子宮:2012/06/19(火) 17:15

つくづく思う・・・
間違えて書き込んだやつ消せたらなぁ・・・

636:獅子宮:2012/06/20(水) 17:45

確認ですが・・・
きらんさん、二次元竜のほうこーーう!のブログって、

題名:二次元竜の・・・咆こーーう!
題名のしたに書いてあるメッセージ:アニオタ&腐女子の中1のブログでっす☆
                 フェアリーテイルとイナGO(イナクロ)大好き♡
                 フェアリーテイルのグレルーとかの駄文小説打ち込んでるよぉ〜w
                 すいません、たまに歯止め利かなくなるくらい暴れだす&妄想し始めるので★
                 グレイ様&剣城兄弟だぁ〜いすき♡
その隣に貼っている画像:グレイが腕を頭の上らへんにもっていってて、
            かっこいいまなざしで斜め左上を見てるやつ。
            (紫の洋服でs級試験のときの)
背景:グレイさんがルーシィの手を握りしめて(乱暴に)(半裸で)るやつに、ハートがちりばめられてて、
   I LOVE YOU!って赤い文字で書いてある画像
ブログを書いてる人のプロフィール:d美穂d グレイ様Love
 
                           に全部当てはまりますか?




ぜんぶあてはまってたら、それ私のブログです。

637:きらん きらん:2012/06/20(水) 21:02

そうだったんですかーーーーーー!!!!!?
一生分の愛よかったよ!!サイコーでした!獅子宮さんだったんだー。(;゚Д゚)!
びっくりしました。マジで。
所で皆さん何県に住んでるんですか?私大阪。あ、そ言えば獅子宮さん。
私小六なんですけど、隣のクラスのkって人もイナクロの大ファンだよー
私たまに見るんですが、つるぎかっこいいですよねー♥

638:きらん きらん:2012/06/20(水) 21:06

マジっすか!?一生分の愛よかったです!またここにも乗せてくださいよ(#^.^#)

639:ちほはま:2012/06/20(水) 21:19

私小説書いたので.皆さんも書いてください。
私も.新しいの考えておきます。
あと.誰か小説のコピーの仕方知ってる人いませんか?
いたら.教えてください。





おやすみなさい。
ダーリン♪



なんかへんですね!!!
Byちほはま

640:レイル:2012/06/20(水) 22:05

すみません・・・
629で書いてるんですけど(;・∀・)
入ってもいいですか?????

641:きらん きらん:2012/06/21(木) 18:06

あ・・・あの・・・ほんっとうにきらんは頭が狂ってる奴です゚(゚´Д`゚)゚
ペイときらんは同一人物なんです゚(゚´Д`゚)゚ごめんなさーーーーーーーーーーーい゚(゚´Д`゚)゚
小説の続き書きますね゚(゚´Д`゚)゚

冬の夜の奇跡4

ルーシィ「ナツーーー!!遅れてごめーん!」
あたしは、ナツのところへ駆けていく。
ちょうど雪が降っていてホワイトクリスマスだったわ。
ナツ「お・・・・おう・・///」
ナツは赤くなりながら、返事をした。
ルーシィ「どうしたの??ナツ。顔・・・真っ赤よ??」
あまりにも、顔が赤いので思わず聞いてみた。
すると、ナツは、
ナツ「バッッ・・・!///全然赤くねぇよ!!!!」
そうは言いつつも、ナツの顔は言ってることとは反対にだんだん赤くなってくる。
ルーシィ「アハハハハ」
あたしはふと笑った。あべこべなことを言うナツがおかしくておかしくて。
ナツ「ちょ・・ちょっとあるこうぜ・・・///」
寒いのか、照れてるのか[笑】まあ、どっちゃでもいいけどさ。
ルーシィ「うん!行こ!」
あたしは明るく返事をした。

スタスタスタ・・・・

とっとっとっと・・・・

その後、数分二人とも黙ったまんまで、時々話しては、会話はすぐ終了。
そうして、あっという間に南口公園の空の木についた。
ナツ「なあ・・ルーシィ・・・」
ナツはとっても真剣な目付きであたしを見つめている。
ルーシィ「な・・・何・・・」
あたしは驚きながらも返事をした。
ナツ「あ・・あの・・おっ俺っ・・・ずっとルーシィのことが好きだったんだ・・・///
つっ・・・・付き合ってくれねぇか?///」
え・・・・どういう事・・・・?ナツが・・あたしに・・・?
ルーシィ「きっ・・・気持ちは・・・・嬉しいけど・・・・あたし・・・好きな人がいるのっ!さよなら!!」
ダダダダダダダダダ・・・・・・・・・・・・・・
よし・・・決めたっ!!!あたし今からグレイに告白するっ!!
ナツがあたしにしたのなら次はあたしのばんっ!!
ばんっっ!!
ルーシィ「グレーーーーーーーーーーーーィ!!!」
あたしはギルドのなか、全体に響くように叫んだ。
グレイ「なっなんだよ!びっくりしたじゃねぇか」
グレイはジュビアにべたつかれていて、ズキズキっとあたしの胸に苦痛が襲う。
ルーシィ「あたし!!グレイのことが好きなの!!!!」
グレイはポカンとしている。
周りのみんなは、あんぐり口を開けている。
ルーシィ「もしあたしが・・・「グレイのことが好きで好きでたまらない」っていったら
信じてくれますか!!!!?」
あたしの目から涙がぽろぽろこぼれ落ちる。
グレイは優しく微笑んで
グレイ「わかったからもう泣くなよ」
するとあたしのブロンドの前髪をかきあげ、あたしにキスをした。
ルーシィ「あ・・・・」
するとグレイは、
グレイ「安心しろよ。おれも・・好きだから・・」
ルーシィ「ふぇ・・///」
あたしの顔は次第に熱くなってきて、グレイも顔が真っ赤にほってっている。
周りのみんなは笑いだして
ワカバ「ヒューヒュー」
とか
カナ「お熱いねぇ」
だとか
リリー「お似合いだ。」
とか。バカにしてるみたいにみんな笑う。まあいっか。グレイと恋人同士になれたんだから。
エルザ「さあ!!グレイとルーシィを祝って乾杯だー!」
ジュビアが怖かったけど・・・・

642:獅子宮:2012/06/22(金) 19:07

きらんさん!お褒めの言葉ありがとうございます☆
一生分の愛かぁ・・・時間あったらのせようかなぁ〜

ほんっと剣城は可愛すぎる♡
優一さんも京ちゃんも大好きだわぁ・・・

643:きらん きらん:2012/06/23(土) 10:36

冬の夜の奇跡5
マカオ「おいおいおいニューカップルさんよぉ」
あたしとグレイの顔はぼっと赤くなった。
レビィ「かわいい!お似合いよ♥」
その言葉を聞きジュビアの顔が怖くなる。
ルーシィ(ジュビアが怖い・・)
するとあたしの考えていることが分かったかのようにジュビアのところへ歩いていった。
グレイ「ジュビア・・ごめん・・俺ずっとルーシィのこと好きだったんだ」
あたしの鼓動は早くなった。これが恋ってミラさん言ってたっけ。
ジュビア「グレイ様・・・ジュビアただでひきませんよ!」
と宣言。そこでウォーレンが
ウォーレン≪さすがにしつこいぞ・・≫
魔法で全員に念話したのでみんないっせいに
みんな「念話せんでいいっっっ!!!」
とつっこんだ。
レビィ「でねでね、ルーちゃん」
今の話そっちのけでレビィちゃんが話し始める。
そしたら横からマスターが驚きの発言をしたの。それは・・・
「今からデートしてこぉい!」
って。あたしは目をぱちくりさせ、グレイは思わず飲んでいたメロンソーダを吹き出してしまった。
グレイ「はあぁ!?///」
グレイの顔がしたからグラデーションのように赤く染まった。
きゃあ♥これもいい♥ハッ!!みとれてる場合じゃなかった!
ルーシィ「ま・・・ マスター!どういうこと!?」
マスターはにかっと笑ってあたしに遊園地のチケットを押し付ける。
マスター「夜の遊園地はロマンチックじゃぞー」
「ロマンチック」かあ。小説のネタになるかも♥
ルーシィ「い・・・行こ!グレイ!」
あたしはグレイを誘った。グレイとメリーゴーランドや観覧車に乗りたくて(小説一割)
グレイ「あ・・ああ・・せっかくもらったんだしな///」
ばんっ
あたしは勢いよくドアを開けてグレイと一緒に駅に向かっていった。

―マグノリア駅―
アナウンス「この列車はークロッカスークロッカス行きでーす」
   ガタンごとん ガタッゴトン
ルーシィ「雪降ってるね」
しんしんと白い雪は降り積もっていく。
グレイ「ホワイトクリスマスだな。」
あたしはこくんとうなずいて
ルーシィ「クシュンっ」
とくしゃみをした。あたし今風邪気味なのよね。するとグレイは自分のマフラーをあたしの首に巻くと
顔を赤くしながら
グレイ「やる」
っていったの。ドキドキドキ・・・・また鼓動が早くなる、と同時に顔がピンク色に染まる。
ルーシィ「・・・あっ!見えたわよ!レオーボンランドの観覧車!///」
恥ずかしさを隠すようにレオーボンランドを指差し、言った。
グレイ「後で乗ろうぜ」
ルーシィ「うん♥」
あたしは喜んで返事をした。
            続く
誰かグレルーかいてー!おねがぁい!

644:きらん きらん:2012/06/23(土) 11:10

レオーボンランド

まわりの木々はカラフルなイルミネーションでデコられていて、マスターの言うとおりロマンチック♥
グレイ「どこ行く?」
といきなり聞いてきたのでとっさに
ルーシィ「お化け屋敷!!」
と答えてしまった。(めっちゃ怖いのに)すると
グレイ「じゃあ行こうぜ!!」
グレイはあたしの手を握って走り出した。ドキドキしすぎてクラクラしてしまうくらいグレイが輝いて見える。
・・数分後・・
お化け屋敷の人「はぁい、次の方ー」
う・・・今頃こわくなってきちゃった。
  ヒュードロドロ
ルーシィ「きゃあああああああ!!!!」
今、何か冷たいものが当たったと同時にあたしはグレイにぎゅうっと抱きついてしまった。

645:きらん きらん:2012/06/23(土) 14:03

はははハロぉ(@^▽^@)髪の毛切ってしまってきました。
今日のフェアリーテイル!!!
エルザナイスキャラ(*´∀`*)ウェンディ黒スーツ似合っちょるー!
こらっっヽ(`Д´)ノダン!!!ルーシィと結婚するのは太古昔からグレイ様だろっっヽ(`Д´)ノ
あと獅子宮さんのブログに書いてあった所
グレイ「気合・・・入ってんだよ♥」と
グレイ「好きになっちゃうぞ♥」。
めっちゃめちゃ萌えーーー((殴
あとナツーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
あの石像プリーーーz((殴
ねぇみなさん今からフェアリーテイルのキャラになりきってやりませんか?
ピコさん、獅子宮さん、りぼんさん、ちほはまさん、レイルさん、ポリンさん、グロウさん、atさん、ミルクさん、
楽しそうじゃないですか?

646:きらん きらん:2012/06/23(土) 14:08

ポルトガルさーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!

647:きらん きらん:2012/06/23(土) 14:42

meririnnさんも、にんじんさんも、ハナさんに莉磨さんもnさんもmさんもトマトさんも
マッキーさんもなんとか名さんも(スミマセン!!漢字読めなかった)サザンさん、バナナサン
おかじさん、レン★さんにヒロサン、俺さん、あやさん、オシリスさんとルーシィサン、ジュビアさん!
以上20名のみなさん忘れていて誠に申し訳ございませんでしたーーーーーーーー!!!!!
お詫びにナツリサ、グレルー2本、ジェラエル書くんで許してっっ!!
まずはナツリサ!!
「お前の心が雨なら」ナツ視点
俺はリサーナのことが好きだ。だけど・・・・リサーナは・・・
〜数日前〜
リサーナ「ル・・・ルーシィ・・・」
リサーナはルーシィに声をかけた。
ルーシィ「どう?告白できたぁ?天馬のイヴに♥」
俺は耳を疑った。リサーナが天馬のホストを好きだっただなんて。



リサーナにあうのが辛い。胸にズキズキ激痛がはしる。それでもやっぱり俺はお前を・・・・・
            続く
グレルー「氷の彫刻を君に」グレイ視点



・・・・っと思ったけど用事あるので終わります。

648:きらん きらん:2012/06/23(土) 14:47

青りんごさーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんもごおめえんーなあさあいいいいいいい!!!!

649:獅子宮:2012/06/24(日) 19:08

グレルー楽しみです

650:沙良:2012/06/29(金) 20:53

ああああ〜〜〜

651:きらん きらん:2012/06/30(土) 11:30

ウルバニ1
グレイ視点
グレイの家ールーシィとグレイだけの二人きり。

はぁ・・・もうそろそろジュビアに答え出してやらねぇと・・・
どうしよ・・・
俺はぼぉっとしていた。横にいるルーシィを見つめながら。
するとルーシィは
ルーシィ「なっ・・・何?」
グレイ「ん・・別に・・」
俺はルーシィが好きなんだけど・・な。
全て愛しいというか・・・
ジュビアが嫌いなわけじゃねぇけど。
ルーシィ「ねぇ。グレイはジュビアと付き合うの?・・・」
いきなりルーシィが聞いてきた。
俺は曖昧に、
グレイ「わかんねぇ・・・付き合うかもしんねぇし、な」
と答えた。するとルーシィは怒り出して
ルーシィ「そう!!じゃあさっさと付き合いなさいよ!!!サヨナラ!!!」
なんか悲しそうな顔をしてた。俺は心配になり
グレイ「どうしたんだよ!!!ルーシィ!!」
ルーシィの手首をとっさにつかんで、ルーシィの目を見る。
だけど、ルーシィは目をそらし、目からポロポロ涙が落ちている。
ルーシィ「な・・・何でもいいでしょ!!離して!!」
俺は思わずルーシィを壁に押し付け、
グレイ「どうでもよくねぇよ!!俺は・・・」
ルーシィの事が好きだから。泣いて欲しくない。好きだから。泣いてるルーシィを見るのは辛い。
ルーシィ「もうほっといて!!!グレイのバカーーーーーーーーーーー!!!!!!」
そう叫んで、ルーシィはしりさって行った。

652:匿名さん:2012/06/30(土) 16:16

お久しぶりです!
皆さん小説を書く工夫ありますか?
あったら教えてください!
あと、コピーは どうやるんですか?
教えてください。
(・∀・)

653:ちほはま:2012/06/30(土) 16:17

652は、私です

654:魁:2012/06/30(土) 21:13

 
 こんばんわー
 
 誰かいませんかー??

655:魁:2012/06/30(土) 21:21

 
 いないみたいっすね・・・

656:魁:2012/06/30(土) 21:35

 
 あ、自己紹介を忘れてた!!

 魁(かい)です! ヨロシクっす

 

657:ちほはま:2012/06/30(土) 21:47

誰かいませんか?
誰かいませんか?

658:匿名さん:2012/07/01(日) 10:05

魁さん!どうも♫初めまして!
忘れないうちに小説かくね!

ウルバニ2
ルーシィ視点

はぁ・・・分かってるわよ。これが嫉妬だってことは。
まるわかりだった。グレイがジュビアの事考えている事が。凄く胸が痛い・・・
なんて醜い嫉妬・・・あたしってかっこ悪いわね。
そう思いながら、ふっと笑った。パクン。ケータイを開けてカタカタとメールをうってグレイに送信した。
ルーシィ「恋って・・・苦しいわね・・・」
あたしはため息をついてそうつぶやいた。

一方グレイ

着メロ≪I LOVE YOU!!どこへもいくなよ≫

ん・・・誰だよ・・ああ!!!ルーシィから!?
ルーシィからの✉{グレイへ   さっきはごめん。あたしが悪かった。明日あいてる?
フレンチおごったげる♫}
・・・ぜってーあけとこう。その時に告白しよう。ルーシィに・・・・

またまたルーシィ。

ルーシィ「だ・・・誰よ・・あんた・・」
三人の男達があたしに近づいてくる。
?「どうでもいいだろうよ!!」
ドゴッッ!!バキィ!!
?「きぃ失ったみてぇだな」
た・・・たすけて・・・グレイ・・

659:きらん きらん:2012/07/01(日) 10:08

ウルバニ2かいたのはあたしです。

660:きらん きらん:2012/07/01(日) 10:47

すみません!!我を忘れて愚痴はきます・・・tくんめ・・・ヽ(`Д´)ノ

1うちの隣のシスコンtくん。授業中漫画かいってっとうるさい。先生にちくる。ましてや、自分の妹にちくり、
その妹からうちの妹の耳にはいり、ママにちくる。
最近社会のノートのはしにグレイとルーシィかいたけどtには気づかれずセーフ!
2理科ノートのまとめにルーシィかいたらごちゃごちゃ言ってくる。
内心「黙れ{怒}書いても怒られんからいいんだよ!!」

あああああああ!!!!!!!!!ストレスたまるーーー!!!隣のシスコンのせいで!!

661:ちほはま:2012/07/01(日) 21:25

げいめいさんの小説の続きが、気になります!

662:ちほはま:2012/07/01(日) 21:28

きらんでしたね!(げいめいさんは)
(^∀^)

663:ポリン:2012/07/02(月) 00:27

きらんさん、かいさん初めまして!ちほはまさん、久しぶり!会ったこと、あるよね?ポリンだよ!!最近、顔出さなくてすいません!!てか、皆タメokかな?私は、全然いいよ!!

664:闇姫:2012/07/02(月) 16:56

こんにちはー☆
始めて来ました^^
てか、初めましてー笑
これから、よろしくおねがいしまーす(^^)

665:ポリン:2012/07/02(月) 17:00

闇姫さん、初めまして!!ポリンって言います!タメokだからね!

666:ちほはま:2012/07/02(月) 20:54

私も、タメOKです!

667:ちほはま :2012/07/02(月) 20:55

今私、666でした!!

668:魁:2012/07/02(月) 21:32

闇姫さん、初めまして!!
魁ッス!
早速だけどタメOK?
オレはOKッス

669:魁:2012/07/02(月) 22:28

小説書いちゃっていいっすかね?
書いちゃいます!!
・・・とその前に、これはグレルーッス!
ルーシィ視点っす

「・・・はぁ。疲れたー・・・・・・。いろいろな意味で」
「プーン」
あたしの言葉に同意するプルー。
だって今日は最強チームと一緒に仕事に行ったの。行ったのはいいんだけど、ね・・・・・・・・・。
「物を壊すなっ!!おかげで報酬は減らされるわ、あたしは落ちてくる瓦礫に潰されそうになる、し・・・・・・」
「ププーン?」
急に黙り込んだあたしにプルーがボスボスとあたしの脚を叩く。
今、あたしの脳裏にいつも無意識に服を脱いでいるあいつの顔が浮び上がった。
「プップー、プーーン??」
ぼすんぼすんとさっきよりも強くあたしの脚を叩く。
「プルー!痛いって」
「プッププーン」
そんなやり取りをしていたらいつの間にか、家に着いた。
「ただいまー」
「よぉルーシィ。遅かったな」
ん?なんか声が聞こえる・・・・・・って!!グレイ!!!!
「不法侵入ー!!!」
勝手に入んないでよ!!
むかついたから蹴りをいれたわ!!
「いってぇ〜。何だよそれひどくねーか!?せっかく人が心配して来てやったのに」
「ほえっ?」
あたしは一瞬グレイの言っている意味が分からなくてなんか間の抜けた声を出してしまった。
「ケガ、大丈夫かよ」
「あ、ああ。大丈夫よ。グレイがかばってくれたから。ありがとう」
そう、先ほどの仕事先で瓦礫に潰されそうになったあたしを助けてくれたのはグレイだ。
ケガを心配して来てくれたのは嬉しいんだけど・・・不法侵入だけはやめて欲しい。
「・・・・・・」
ぷいっと顔を背けたグレイの顔が赤かったことに、鈍感なルーシィは気付かなかった。
「よかったらお茶でもどう?」
「おう。いただこう」
「なにそのえらそうな言い方〜」
「るせぇ」
あたしはしばらくグレイと楽しくしゃべっていた。


つづく

670:獅子宮:2012/07/03(火) 18:03

あ、初めましての方が・・・2人も!
初めまして、獅子宮です!
ヨビタメokなので気軽に声かけてください♪

671:魁斗:2012/07/03(火) 21:12

名前変更しました!!
魁→魁斗ッス。
ヨロシクっす!!

672:魁斗:2012/07/03(火) 21:28

獅子宮初めまして!魁斗ッス!!
オレもヨビタメOKッスよ!!

673:魁斗:2012/07/03(火) 22:29

グレルーの小説の続きを書きまッス。
今回もルーシィ視点っす。

グレイとしゃべってたら、もう時計の針は21時をまわっていた。
「もう、こんな時間か」
グレイは立ち上がった。
玄関に向かうグレイの背中を見たら、何でだろう・・・・・何だか悲しくなった。

帰らないで。

「グレイ、「あ、そうだ」
あたしの言葉を遮って、グレイは「今日は相談があってきたんだ。すっかり忘れてた」なんて言いながら、居間に戻る。
相談?何だろう。
あたしはグレイと向かい合うようにして座った。

つづく

674:ちほはま:2012/07/04(水) 20:52

皆さん小説を書くの、上手ですね!
私も、うまくなりたいです♪
(*/∀\*)

675:ちほはま:2012/07/04(水) 21:08

あっ!
もうすぐ私の誕生日です!
早く彼氏ができ、エッチをしたいです

私には好きな人が、私の席の後ろにいます。星空(そら)という名前です。
.....なんか私の話になっていましたね!

676:魁斗:2012/07/07(土) 08:05

今日は七夕ッスね!!
皆さんは何願いますか?

677:獅子宮:2012/07/08(日) 15:34

あれ!?もう七夕すぎちゃった!?
あー、くそぅ
七夕でグレルー書こうと思ってたのにぃ・・・

678:匿名さん:2012/07/08(日) 21:42

一日たっても、小説は書けると思いますが?

679:ちほはま:2012/07/08(日) 21:43

678、私です・・・

680:魁斗:2012/07/09(月) 07:51

か、書けねー…
グレルーの続きが思いつかねぇ…
七夕ネタにしたかったけど、七夕すぎたしー、ネタ思いつかねぇしー
もーサイアクだぁ!!

681:獅子宮:2012/07/09(月) 16:56

いや、でもね、やっぱ当日に書きたいじゃん?
とかいいながら一日遅れの七夕ネタを書きました。

682:獅子宮:2012/07/09(月) 16:56

追記:いつか載せます。いつか。

683:ポリン:2012/07/09(月) 23:52

かいと、獅子宮頑張って!私はね、『皆が、幸せに暮らせますように!』って、願ったよ!!幸せが、一番だよ♪♪

684:魁斗:2012/07/10(火) 00:57

ポリン〜…
何ていいお願いなんだ…
ちょっと感動した

685:ポリン:2012/07/10(火) 22:49

スレ、作ったよ!
『フェアリーテイル学園小説』ってゆうやつ!!ぜひ、来てくださいね♪

686:魁斗:2012/07/11(水) 00:11

グレルー思いついたぜ!
書きます!
今回もルーシィ視点ッス。グレイ視点もいつか書きます。いつか。
あ、すごく今更な気がするけど、題名は"distance"です!

「…で、相談って何?」
あたしは新しいお茶をグレイに差し出しながら相談の内容を聞いた。
「…実は」
「うん」
あたしはお茶を飲みながらグレイの話を聞く。
「告白されたんだ」
「ブフッ」
お茶を吹き出してしまった。
「こ、こここ告白!?」
コクリとグレイは頷く。
…まさか相談ってのは嘘で、自慢しに来たの?
「いや、自慢しに来た訳じゃねぇから」
あんたテレパシー使えんの!?
「いや小さい声で言ったから」
「あ、そうなんだ」
グレイが告白された。
そう理解した途端。胸にズキ、と痛みがはしったが、無視した。
「…誰に、告白されたの?」
「ジュビア」
そっか。ジュビアか…。
ジュビアがどれだけグレイが好きだったか、あたしは知っている。
ここはジュビアのために付き合うよう、説得しよう…ってあれ?
「ねぇグレイ。それのどこが悩みなの?普通告白されたなら喜ぶでしょ?」
…多分だけど。
「いや告白された事は嬉しいんだけど…ジュビアに告白された途端、モヤモヤってしたモンが出来たんだ」
「照れてるんじゃない?可愛いわね〜」
「うるせぇ////」
−トクン
不意にあたしの心臓が高鳴った。
な、何であたしこんな脱ぎ癖持つ奴に何でドキドキしてるの!?
「………」
「…ルーシィ。どうした?」
急に黙り込んだあたしを見てグレイが心配そうに声をかける。
「ん!?あ、あぁ大丈夫よ」
本当は全然大丈夫じゃない。
だってまだドキドキ心臓鳴ってるし。
それと胸がズキズキ痛いし。
「…このモヤモヤ。大丈夫なのか?」
「大丈夫!きっと照れよ!!だから付き合えば?」
「あぁ。だが"きっと"がかなり不安だな」
「ウルサい!ほら、解決したんだから、とっとと帰りなさい!」
なんかこれ以上、グレイとこの事について話してたら、ズキズキとドキドキが絶対おさまらない。
グレイが帰った後、あたしは
「何なのこの感じ…誰か教えてよ…」
無意識に誰もいない部屋に質問していた…………。

つづく

うわーこれヒドすぎるー!!(特に最後あたり)

687:魁斗:2012/07/11(水) 00:22

686のやつ、かなりの駄文だけど、感想お願いしまッス!

688:ポリン:2012/07/11(水) 02:13

すごく、面白かったよ!!ジュビア、告白するの、頑張ったね!!

689:ちほはま:2012/07/11(水) 16:21

ウルバニ2の続き、きらん書いてください♪♪

690:兎頭丸:2012/07/11(水) 17:24

私(以下僕)も入って良いですか?!

好きなカプはイヴルー、ヒビルーとブルペガ三昧ですw

691:ちほはま:2012/07/11(水) 21:25

好きなカプイヴルーなんだ♪
普通ナツルー、グレルーなのに、、、

692:ちほはま:2012/07/11(水) 21:26

私ちほはま!
タメok?

693:魁斗:2012/07/11(水) 21:41

兎頭丸さんよろしく!
魁斗ッス!
タメOKスか?

694:魁斗:2012/07/14(土) 01:09

distanceの続き書くゼ!
ルーシィ視点ッス!

翌日
「おはよー」
「ルーちゃんおはよー」
あたしはレビィちゃんに挨拶をした時、ギルドがいつも以上に騒がしい事に気づいた。
「?レビィちゃん、今日は祭りとかあったっけ?」
「何言ってんの。ここは年中祭りみたいに騒がしいじゃない」
「そうだね」
あたし達は他愛ない話をしていたら突然、笹があたし達の間に現れた。
「「ひゃあッ」」
「ルーシィ、レビィ。どかないか」
「それこっちの台詞だから…」
笹の葉の間から緋色の髪をした少女、エルザが現れた。
「今日は七夕だ。願い事が叶う日だ。面白そうだからやってみようとマスターの提案でやることになったのだ。お前達も手伝え」
「七夕?あぁ。年に一度最愛の者と会える日のことね」
「?」
さっぱり分からないあたしにレビィちゃんは、準備している間、七夕について詳しく教えてくれた。
「へぇ。今度のネタに使おうかな…」
あたしがそんな事考えている間に夜になった。

つづく

書きたかったから書いたけど、かなりおくれてるぜー…。何日たってんだオイ
すっげー今更感がする…

695:あおりんご さささ:2012/07/15(日) 12:57

なつるーかいて!

696:烏頭丸:2012/07/15(日) 19:08

いきなりですが名前を烏頭丸(うずまる)に変えますね(´・ω・`)


>ちほはまさん

これから宜しくです!
珍しいカプが好きなんですw

公式はどっちなんでしょう…
勿論('-^*)okですよ!

>魁斗さん
宜しくおねがいします!
勿論('-^*)okですよ!

697:匿名さん:2012/07/15(日) 21:35

ちほはまでいいよ!

698:神楽:2012/07/16(月) 11:23

魁斗→神楽に名前変更しました!!!
よろしくッス

699:神楽:2012/07/16(月) 14:12

distanceの続き書くぜよ←なぜ土佐弁??

夜。
「ルーシィ!」
「あ、ナツー」
あら、浴衣姿のナツ、チョー似合ってる!!!
「願い事、書いたか?」
あ、書いてない•••••••••。
「ナツは?」
まあ聞かなくてもたぶんお願いは肉がいっぱい食えますように。だと思うわ。
「オレ?肉がいっぱい食えますようにって書いたぜ!!」
•••••••さすがナツ。あたしの予想と一致したわ。
「ルーシィも書いて書いてーー!!!」
ハイハイハッピー。分かったからあたしの頭にしがみつかないで。
で、お願い事は••••••。
「グレイ様〜♡」
不意にジュビアの声がした。
「あ、あの。願い事、何て書いたんですか?」
グレイに話しかけているジュビアを見て、ジュビアは本当にグレイが好きなんだなぁ、て
思った。
「!そーだ」
ペンをはしらせる。
「できた♪」
「どれどれ…」
な、ナツ!?見ないでよ!!
「ぷ、ははははははは!!!」
「ちょっとぉ!笑わないでよ!!!!!」
だけど無理もない。
あたしはこんな願いを書いた。
[もしあたしに好きな人が出来たとき、
その人の彼女になれますように]
て、書いたから。
「叶うといいなー」
夜空を見上げてあたしはそう言った。



だけど、

この願いをしたことを、

この後、

後悔するなんて、

まだこの時のあたしは、

知らないーーーーーーーー。


つづく


意味わかんねー!!
オレ下手すぎ!!!!!!!!!!
とりま、感想くれると嬉しいッス!!!

700:ちほはま:2012/07/16(月) 18:26

ウルバニ2の続き、きらんかいて!ってきらん最近来てない???????

701:神楽:2012/07/16(月) 18:37

ちほはまさん、そうみたいッスねー

702:神楽:2012/07/20(金) 22:05

誰かいるかー??

703:ir:2012/07/25(水) 15:49

いれてくださーい

704:神楽:2012/07/25(水) 16:31

構わんよ
irというものか?
妾は神楽(かぐら)じゃ
よろしくのぅ

705:ir:2012/07/25(水) 17:54

よろしくです♪
さっそく、小説書いてみます(*^^)v(書いていいのかわかりませんが(-_-;))

あなたは想像したことがある?
ー大好きな人から、遠く離れなきゃいけないときのことをー。
正直言って、私はなかった。−だから、いまおきていて、どうすればいいのかなんて、わからない。苦しい気持ちの中で、
いまもただただもがいてる。これからなんて、もっとどうすればいいのかわからないー。
あのとき、あんなことしなきゃ、よかったのー?
                  数ヶ月前

ル「ナツー!はっぴー!仕事いこー!」
ナ(以下ナ)「なに、あしを走らせながらいってんだ」
ル「家賃の支払いが明日なのに、お金がないのよー!あーん、おいだされるー!」
ナ「この前みんなで祭り行った時、調子のってりんご飴50個もかうからだろ(-"-)」
う…それをいわれると…
エ「まあ、いいじゃないか。とりあえず、わたしとグレイもいくぞ。」
エルザーーーーーーーーーーーー!神ーー!
グ「じゃ、これはどうだ?」
グレイが私たちにみせたのはー、
「「「「「闇のドラゴンたいじ、100万ジュエル。」」」」」

続きます(*^^)v

706:神楽:2012/07/26(木) 10:00

ドラゴン退治に行くのか!?
4人は無事に、仕事を終えられるのかのぅ…?
続きがものすごく気になるのぅ…

707:烏頭丸 ◆D/ac:2012/07/26(木) 11:29

ヒューズの性格難しい…
だからヒューズ×ルーシィ書けねぇぇ!
よし、研究してきます。捜さないでください。

708:獅子宮:2012/07/27(金) 08:43

何か久しぶりに来た気がする…あれ、はじめましての方が!
獅子宮です♪呼びためおkですのでよろしくです。

709:神楽:2012/07/27(金) 09:27

獅子宮か?
久しいのぅ…
妾のことは覚えているかのぅ?

710:神楽:2012/07/29(日) 12:34

誰かおるかのぅ…?

711:神楽:2012/07/31(火) 13:01

久しぶりにここにきた気がするのぅ…
誰かおるかのぅ…?

712:沙良:2012/08/01(水) 23:20

初めまして!
沙良と申します。
私も入れてくれませんか?

713:神楽:2012/08/03(金) 23:28

フェアリーテイル☆オリジナル小説☆作りました
興味のある人は来てください

714:マリア:2012/08/17(金) 09:47

こんにちはマリアです

715:神楽:2012/08/17(金) 11:08

マリアさんよろしく!
早速だけど、タメok?
あたしは全然('-^*)okだよ!

716:ちほはま:2012/08/20(月) 21:51

ちほはまです
タメokですか?

717:神楽:2012/08/22(水) 10:19

面白い!

718:グロウ:2012/08/25(土) 03:27

神楽の言う通りおもしろいよ!
みなさんお久さですね
初めましての人は初めまして。呼び夕メ〇Kで一す☆

719:獅子宮:2012/08/29(水) 13:11

一ヶ月ぶりに来たよ(笑)
うちもヨビタメおkです!
沙良さん、マリアさんはじめまして!

720:匿名さん:2012/09/03(月) 19:15

感想として書かしていただきます
すごく、ドキドキとか続きをわくわくして待てるので読んで良かったなと思います。私はナツルー神好きです
     <(*´∀`*)>

721:あいー:2012/09/04(火) 22:28

私あいーと申します!
よろしくお願いします

722:¢[:2012/09/04(火) 22:30

皆さんため口OKですか?

私はOKです!!!!

723:漓華:2012/09/06(木) 18:11

今晩は!ナツルーすごく好きな漓華です!お願い致します♪

724:匿名さん:2012/09/06(木) 18:36

ナツルーH…///

あ、ぁんっ…はぁんっ…♪

ぁ!ナツぅ!逝っちゃうぅ!!!!

俺もだっ …ルーシィ… 

中だひやめてよ……ハァ……まだ
今は……んっ 駄目よ…ハァハァ…


↑にいくまでの順番
チュッ。キスをして

ナツはあそこに手を入れた。
そこは私の感じる場所…
 
クチュくちゅクチュっ………

アッ!はぁん…ああぁんっ!
濡れた…ぐちゅぐちゅに…

そして、乳首を……



コリコリコリッ

ぁぁぁんっ!

ナツぅ!入れてぇ…ぁぁぁぁ

ということ。

話戻るーー

ゴムしてないから今は出さないっでっ……ぁん…はぁん


ダメだ、…くっ!出るッ!


らめぇー!ナ……ツぅ*



つづく

725:あり ぁぁぁ:2012/09/08(土) 15:14

いれてー

726:あり ぁぁぁ:2012/09/08(土) 15:16

だれかーー!!

727:あり ぁぁぁ:2012/09/08(土) 15:32

うわーん

728:犬:2012/09/08(土) 16:04

ここではエロは原則禁止だぞ?

729:あり ぁぁぁ:2012/09/08(土) 22:36

犬さん
ほんとですかあ?

730:あり ぁぁぁ:2012/09/08(土) 22:37

小説書いてもいいですかあ?

731:あり ぁぁぁ:2012/09/08(土) 22:52

かいちゃお
ナツルーです!!
あたしルーシィ!!フェアリーティルにいるの!!
ナ「仕事おおおおおおお!!!!!」
ル「ああ!!!!!!
   家賃!!!!!!」
ハ「お二人でどうぞ!!」
ル「なんで???」
ハ「おいらシャルル達といくの!!!」
ル「ふーん・・・。グレイとエルザは??」
ナ「グレイは仕事先にいっちまったし、エルザはS級だ!!」
ル「ナツと二人きりいいいい・・・・。」
ナ「うしっ!!行くか!!!!」
続く

732:あり ぁぁぁ:2012/09/08(土) 22:54

だれもいないの・・・・。
寂しい・・・。

733:きの:2012/09/10(月) 03:00

どーも!初めまして!きのです!
さっそくですが、ヨビタメOKでしょうか?
僕はOKです!
自己紹介が遅れました。
僕、小6です。
あ、ちなみに、「僕」って言ってますが、一応女です。
「僕」って言ってる理由、聞かないでください!

734:きの:2012/09/12(水) 22:52

誰かいますかー?
居ませんよねー?

735:獅子宮:2012/09/27(木) 14:35

また一ヶ月後くらいにやってきたよぉ〜
って、あれ?
初めましての方が・・・5人も!!
初めまして!
ヨビタメおkです!

736:(*・∀・*):2012/10/01(月) 15:51

はじめまして♪
私もFTの恋もの好きです(*>∀<*)
特にグレルー!
小説も下手くそですが気が向いたら書
きたいと思います!

737:(*・∀・*):2012/10/01(月) 16:48

誰もいませんかぁ?

738:ひか:2012/10/01(月) 18:20

はじめまして!ひかと申します♪
私も入ってよろしいでしょうか?

739:さき :2012/10/13(土) 22:27

どうも^^さきといいます!私も入りまーすおやのパソコン無断でやってるのでこれるときとこれないときがありますがどうぞよろしくおねがいしますちなみに、グレルー派です

740:さき :2012/10/14(日) 10:21

だーーれーーかーーいませんか?ひまです!つまらんっス!誰か来てーーーー!

741:あり:2012/10/14(日) 10:48

ナツルーかいてーーーー!!!

742:さき :2012/10/14(日) 13:25

じゃあ、ナツルー書くね!ルーシィ目線で。

 私は小さいころ、小さな夢をもっていたんだ
小ル「あぁ、いつか私のことをむかえに来てくれる王子様が来ないかな〜」
でも、その日はこつぜんとやってきたんだ。
ナ「fairytailに入りたいんだろ!」
ル「うん!」
このときの私は、まだ気づいてはいなかったんだナツのことを好きになってることを。
あれから私は、このギルドに半年いる。そして、私はその半年でナツのことを好きだと気付いた。
ちなみに、わたしは家に帰っているところ。そして、いつものパターンどうりどうせ・・・
ナ「よっ、おかえり」
ハ「おかえり、ルーシィ」
ル「やっぱり・・・(内心うれしいんだけど///)
ハ「ルーシィどうしたの?顔赤いよ」
ル「えっ、そ、そんなことないし///」
ル「て、てゆーかそんなことよりはやくかえれーー」
ナ・ハ「うおー・うわっ」
どっすん。
ル「じゃあね。(バッタン)はぁ〜」
わたしは、いつもこうだくるしまぎれに・・・
ル「ほんとはずっといてほしいのにどうしてこうなるんだか・・・はぁ〜、こんな自分がうらめしいわ。」
 


中途半端に終わってすみません親がそろそろ起きそうなので、別にいいわけじゃないですよっ!
てゆーか私みなをしてみるとへただなー。あっ、コメントやアドバイスくださいねっまってます!

743:さき :2012/10/14(日) 13:43

プロフィール

性別 女  学年 小5  クラブ メイキング(だった)  好きなこと ftアニメ&まんが・読書
わたしが好きなftキャラクター1位〜5位

  1グレイ・フルバスター
  2ルーシィ・ハートフィリア
  3ナツ・ドラグニル
  4ウェンディ・マーベル
  5マスター・メイビス

            でーす!もういちどいいますが、よろしくお願いします!!

744:さき :2012/10/14(日) 14:06

おーい。だれかいないのーー ありさーんきのさーんひかさーんルーシィさーんだーれーかー

745:ピコ ◆ihUg:2012/10/15(月) 22:50

お、お久しぶりです・・・
ピコです。覚えてる人いますか?
「1年もこのスレほっぽり出しといてなに言ってんだ」
ですよね・・・
すみません・・・

746:あり:2012/10/20(土) 12:01

お・ひ・さ・し・ぶ・り

747:まあや:2012/10/20(土) 12:14

ピコーーーー!!!
久しぶりーー!!!

748:ピコ ◆ihUg:2012/10/22(月) 21:10

覚えててくださったんですね
ありがとうございます
これからは定期的にこちらに来させていただきます
恐れ入ります、すみません

749:ポリン:2012/10/28(日) 01:42

ちほはま〜、きらんからの伝言です
『ごめん…、もうスレには
行けないんだ…………………』って、
言われてって頼まれたんだ!!!!!
なんか、私が行ってる占ツクの所で
偶然会って、伝えて言われたので!
返事してください!お願いします!!

750:リサーナ:2012/10/30(火) 19:22

ナツリサ書いてー

751:ピコ ◆ihUg:2012/10/30(火) 21:32

こんにちは〜
来ました〜
私も小説書くの復帰しますね〜
でもまた次回!
すみません(T_T)

752:ナエルー:2012/11/03(土) 09:15

オリジナルキャラ
名前:フレイム(氷のドラゴンスレヤー)
性別:男
性格:普段は生意気、コーラを飲むと冷静になりマスターより強くなると言う噂がある
好きな食べ物:冷たい物
嫌いなもの:暑い物
使う魔法:氷の

小説スタート

フ「おいナツ」
ナ「なんだ?」
フ「今からルーシィをかけた勝負しようぜ」
ナ「いいぞ」
ギルドのメンバー全員「・・・・」
ル「何で、私ー」


続く

753:ナエルー:2012/11/03(土) 09:40

次回からフレイムの相棒を出します
名前:アイス
性別:男
種族:エクシード
好きな食べ物:フレイムの魔法で冷やした魚
嫌いな食べ物:焼いた魚

754:ナエルー:2012/11/03(土) 10:10

ル「ちょ・・・ちょつと待って」
ナ・フ「?」
ル「なんで私なの?」
フ「俺もナツもお前のことがすきだから」
ル「ナツ、そうなの?」
ナ「ああ」
ル「助けてー、ハッピィー、アイス」
ハ「そんなこと言われても」
ア「僕ら二人だけで止めれないよー」
ハ「うんうん」
ル「エルザやグレイは止めるきないしハッピィー達じゃ止めれない。どーすんのこれー」
ナ「ハッピィー、そんなとこで話してないでこっちに来い」
ハ「あい」
フ「アイス、お前も来い」
ア「ほい」

755:ナエルー:2012/11/03(土) 10:26

マスター「いまからナツ対フレイムのルーシィをかけた対戦を始めるルールは相手を続行不可能にしたほうが勝ちそして勝ったほうがルーシィと結婚できるということで•••」
マ「はじめ!!」

続く

756:ナエルー:2012/11/07(水) 03:22

3時間後・・・
ナ「もう無理だ、もう魔力がない」
フ「俺ももう無理だ。」
ハ「ナツが自分から自体した!!」
ア「フレイムがあんな状態になるなんて」
ル「ってことはこの勝負引き分け?」
マ「そうじゃな」

10年後

ル「あの勝負が始まって10年が経つけどいまだに続いてる・・・」

終了


やっと終了しました、この小説に出て来たオリジナルキャラはご自由に使って下さい

757:ナエルー:2012/11/07(水) 17:27

はじめまして。ナエルーです。自己紹介が遅れました。高二です
これからも宜しく。

758:ruruna:2012/11/07(水) 17:52

こんばんわ(^^)/
rurunaです!高1です!
女です!グレルー大好きです!
私も入れてもらっていいですかね?

あ、タメOKです!!

759:リサーナ:2012/11/07(水) 19:59

ナツリサ書いて

760:蒼いそら:2012/11/12(月) 16:29

はじめまして♪〜(´∀`*


蒼いそらです\(・ω・)


グレルーラブの中2です(*´`*)


早速書きますね下手くそですが(;;)


君の視線は…[グレイ目線]


「はぁ…」


大きなため息をついたのは俺、グレイ


俺の視線の先には、ロングの金髪の明
るい女の子ルーシィがいる


「グレイどうしたの?
最近元気がないじゃない…
……あっそのことか…ニヤッ」


俺の心配をしながら原因がルーシィだ
とわかって怪しい笑みを浮かべている
のはミラ。


「ルーシィの視線の先はいつもアイツ
なんだよ…
俺、アイツに負けたのかよ」


そう今の悩みはそのことなのだ


アイツとは桜色の髪で前髪を上げてい
るナツだ


「あっそうだ♪
グレイ、ルーシィと二人で危険な仕事
に行ってきたら?」


「二人きりって…ムリだろ///
てか、なんで危険な仕事なんだ?」


「それはね…コショコショ」


「その作戦…やってみる価値はあるな
サンキュ、ミラちゃん」


「頑張ってね〜♪」


じゃあ作戦H(HORESASERU 惚れ
させる)開始だ!


続く


下手くそですみませんm(;;)m

761:イノリ:2012/11/12(月) 16:37

蒼いそらうまい!突然すみません(´Д`;)ヾ入ってもいい?
あぁ、見ての通りタメOKだヨ! 

762:ピコ ◆ihUg:2012/11/15(木) 21:18

ごめんなさい
定期的に来るといっときながらあまり来なくて・・・
お詫びにオリキャラを一人いれます

名前:ジャンク・ダーキシム(18)
特徴:右目に大けがをおっていて包帯まいてる
   髪は長く結っている
   後はご想像にお任せします
性格:正義感が強い・・・方
   けど腹黒い部分が・・・
   何にでも冷静
   あまりしゃべらない
          後で追加しますね
フェアリーテイルメンバーだよ!
ギルドに8年間帰ってきてないよ!
力はエルザ以上だよ!
        で次書きます
ルーシィ総受けっすよ

763:フェアリー:2012/11/19(月) 17:14

こんにちわ♪
いきなりですがためオーケーですか?
私はいいです!

764:tFA[:2012/11/19(月) 17:15

だれかいるー!?

765:フェアリー :2012/11/19(月) 17:16

ナツルー書きたいです

766:フェアリー :2012/11/19(月) 17:19

この時間は皆さん居ませんか?

767:フェアリー:2012/11/19(月) 17:21

皆さんが来たらまた来ます!

768:フェアリー:2012/11/19(月) 18:08

まだいない…
寂しすぎます

769:フェアリー :2012/11/20(火) 17:58

もう誰も書き込みしないんですか?

770:ララ:2012/11/21(水) 01:31

こんにちわララです入ってもいいですか?

771:ララ:2012/11/21(水) 01:32

誰も居ないのかな?

772:獅子宮:2012/11/21(水) 17:00

久しぶりに来てみたら新しい方がたくさんいる…
初めましての方!獅子宮と言います。
1番好きなキャラはグレイさんで、
好きなカップリングはグレルー、ナツリサ、ジェラエル、エルエバ、ガジレビです。
小説は超駄文しか書けませんがよろしくお願いします!
あ、ちなみにタメ口と呼び捨ておkです!

773:ポリン:2012/11/21(水) 17:24

何か、凄い久しぶりに来ました!!
初めての方たちは
よろしくお願いします!!!!
タメ口&呼び捨てOKデスヨ!!

774:あり:2012/11/24(土) 10:45

おひさーーー!!

775:匿名さん:2012/11/24(土) 11:51

他gts具具gつkくkじゅdすdrtgyrヴttytyぎk

776:匿名さん:2012/11/24(土) 11:52

れええええふぇぇがえwvtwbてrwfっふぇふぇf

777:優:2012/11/24(土) 17:13

誰かいませんか  私も混ぜてください                                        

778:匿名さん:2012/11/25(日) 11:42

779:なめこ:2012/12/02(日) 13:28

今日は なめこです(女です)
小学5年生です フェアリーテイル
大好き人間といってもいいです。

好きなキャラクターベスト3教えます
1ナツ・ドラグニル
2ウェンディ・マーベル
3ルーシィハートフィリア
以上です

780:てんとうむし:2012/12/08(土) 20:25

入ってもいいですか?

781:ミラジェーン:2012/12/09(日) 01:37


皆さん、はじめまして!!

ミラジェーンです!

FAIRY TAILの恋物大好きな中1です♪
特にグレルーとナツルーが好きです(*∀*)

皆さんが書いた小説、超面白いです!

宜しくお願いします!

782:ミラジェーン:2012/12/09(日) 10:02


呼ぶ時は、ミラでいいです。
ため口、呼び捨てOKです(∀)/

783:てんとうむし:2012/12/09(日) 16:58

私はFTが大好きな小6です!
好きなCPはグレルー、ナツリサ、ガジレビ、ジェラエル、ロメウェン、エルエバです。
好きなキャラは
1 グレイさん
2 ルーシィ
3 スティング
です‼
よろしくお願いします!
皆さんはヨビ&タメおkですか?

784:ちほはま:2012/12/09(日) 18:34

ポリン わざわざ伝えてくれてありがとうございます。
とても悲しいです.........
でも我慢します!ΣοΔο〃

785:ちほはま:2012/12/09(日) 18:38

私の好きなキャラは
1.グレイ
2.ルーシィ
3.ナツ
です。 好きなカプは
ナツルーとグレルーです。
ちなみに小5です!

786:ココア:2012/12/09(日) 18:41

ちほはま=ココア
ココアに名前を変えます
これからもヨロシクです

787:ドラグニル:2012/12/15(土) 12:55

こんにちは♪ドラグニルです!ナツルーラブの小6です('∀')/

788:まいる:2012/12/15(土) 23:06

こんにちは。まいるです。
好きなキャラランキング
1位 グレイ
2位 ガジル
3位 エルザ
ですかねぇ。あ、でも最近は、ローグとか好きです。よろしくお願いします

789:¢:2012/12/15(土) 23:10

小説下手ですが、頑張ってみます!
(^▽†)ガジルとレビィやります。

790:まいる:2012/12/15(土) 23:14

すいません。上の書き込み↑↑↑わたしのです。すいません。
=(ノ°△°)ノ=з

791:まいる:2012/12/15(土) 23:40

『ビリッ!!』本の破れた音がした。
レビィ「………… 』
ガジル「…………すまん。」
レビィ「最低男。」
どうやらレビィを怒らせてしまったようだ。
“やっべーどうしよ”
そんなこと考えているうちに体が勝手に動いていた。なぜか追いかけていた。
ガジル「おいっ!」
あいつが振り向いたら……
唇を重ねていた…
思考が遮られ何も考えれなかった。
レビィ「!?」
ガジル「!」
レビィ(///////)カアァァァ
顔を見られたくなくて、抱き締めた。
   ギュッ
レビィ「ガ…ジル?//」
ガジル「うるせぇ黙ってろ//」
レビィ「ふふ//」
なんか、バカにされてるような気がして腕の力を強めてやった。

END
すいません。下手ですよね。ごめんなさい。

792:まいる:2012/12/16(日) 11:28

誰もいない……誰かーいませんかー
……………(Т△Т)

793:まいる:2012/12/16(日) 11:33

「ふぇぇぇぇ……」
誰もいないよ…寂しいです。
また来ます。

794:まいる:2012/12/16(日) 19:34

皆さん来ませんけど、どうしたのかな?まさか!
そんなの嫌です!皆さん帰って来て下さい。
私、頑張って面白い小説書きますから!(できるかな)(・_・;)

795:まり:2012/12/19(水) 21:37

はじめまして!!まりです!!小4です!!                            

796:まり:2012/12/19(水) 21:44

すこししかこれないかもしれません・・・けど、がんばってきます!!なのでよろしくおねがいします!!

797:まり:2012/12/20(木) 21:05

あの呼び捨て&タメokです。
ちなみにすきなキャラは
1、エルザ
2、ル−シィ
3、グレイ
すきなカップルは・・・全部!!特にグレルー!!

798:なさや:2012/12/24(月) 09:39

初めまして!なさやです。
好きなCPはナツルー、ロメウェン、ガジレビです!
一位 ルーシィ
二位 ナツ
三位 レオ(ロキ)
です! ついでに中1です!
よろしくお願いします!

799:ルーチェ:2012/12/25(火) 09:47

初めまして ルーチェです
よろしく
好きなCPはナツルーです
以後よろしくです!!

800:ルーチェ:2012/12/26(水) 13:40

あ あの〜
誰かいませんか?
私とっても寂しいです

801:ヒスイ:2012/12/26(水) 15:07

いるよ〜
ってか初めまして!ヒスイでっす!!
タメOKですので
まりさん!わたしもグレルー好きです!!!
いいですよね〜
ナツルーも好きだお

長文すみません(^^ゞ

802:ヒスイ:2012/12/26(水) 15:12

あれ?
ルーチェって別のスレにもいるよね…?

803:リンゴ:2012/12/26(水) 21:48

はじめまして、リンゴです。これからよろしくお願いします

804:リンゴ:2012/12/26(水) 21:54

はじめてで、どうゆうことをすればいいのか
わかりません。教えてください。

805:ルーチェ:2012/12/27(木) 09:09

は はい
別のにもいるんですけどだめでしょうか?

806:ルーチェ:2012/12/27(木) 13:20

あっとリンゴさんはじめまして
ルーチェです♪
タメOKなので気軽に話してくれたらいいのです
これからよろしくです♪

807:リンゴ:2012/12/27(木) 14:44

さっそくタメでいきます。
ルーチェって何歳なの?
ほかにもいろいろ教えて☆

808:ルーチェ:2012/12/27(木) 14:48

あのあのみなさんの年齢または学年教えていただきませんか?
私は小6の12歳
ちなみに住んでるとこは京都府の京丹後市っていうとこです♪

809:ルーチェ:2012/12/27(木) 14:49

リンゴさんは何歳ですか?

810:ルーチェ:2012/12/27(木) 15:14

突然ですが小説どんなPCがいいでしょうか?
希望ではナツルー・グレジュビ・グレルーなんですが
わからないので答えてください
すみません

811:リンゴ:2012/12/27(木) 20:03

ルーチェって12歳なんだ、
実は私も小6で12歳なんだ
同い年うれしいよ☆
ちなみに住んでるとこは、北海道だよ♪

812:ルーチェ:2012/12/28(金) 13:41

北海道ですかいいとこですよね
私も一回旅行でいきました
リンゴさんは京都に来たことないですか?

813:リンゴ:2012/12/28(金) 13:53

私、県外に旅行しに行ったことがないんだ。
いつか京都に行ってみたいな♪

814:ルーチェ:2012/12/28(金) 14:06

とってもいいとこですよ♪
これたらいいですね
私ももう一回北海道に行ってリンゴさんに会ってみたいです☆

815:リンゴ:2012/12/28(金) 14:34

ぜひ北海道に来てください。
そこで会えたらいいね。
それと、パソコンの中だけど友達になろ☆

816:ルーチェ:2012/12/28(金) 14:35

そういえばもうすぐ2012年も終わっちゃいますね

817:ルーチェ:2012/12/28(金) 14:39

あっごめんなさい
はい喜んで友達にならしていただきます
ありがとうリンゴ大好きです♪

818:ルーチェ:2012/12/28(金) 15:31

呼び捨てすみません

819:ルーチェ:2012/12/28(金) 15:39

これからも呼び捨てでいい?

820:ルーチェ:2012/12/28(金) 16:18

今日は落ちます

821:リンゴ:2012/12/28(金) 16:25

呼び捨てでいいよ♪
私も呼び捨てだから

822:ペリア:2012/12/28(金) 22:27


こんばんは、はじめまして

ペリアです

ちなみにすきなCPはグレルーです

そしてこれからよろしくおねがいします

823:キルア:2012/12/29(土) 00:39

みなさん!はじめまして。
 自分も入れてもらえませんか?

824:ルーチェ:2012/12/29(土) 09:42

ペリアさん キルアさん ルーチェです
これからよろしくです

825:リンゴ:2012/12/29(土) 11:39

ルーチェと同じく
ペリアさん、キルアさん
これからよろしくお願いします。

826:ペリア:2012/12/29(土) 12:22

よろしくおねがいします!
タメOKです

827:まり:2012/12/29(土) 13:43

みんな帰ってきた〜!!やった〜!!
わたしは10歳です!!よろしく!!

828:ペリア:2012/12/29(土) 14:03

ヨロシクお願いします!

829:まり:2012/12/29(土) 14:38

小説書くよ〜!!設定は
グレル−←ナツたち
だよ!!

830:ペリア:2012/12/29(土) 15:11

楽しみです!
まりさんがんばってください!

831:まり:2012/12/29(土) 16:33

今書いたのにエラ−ではじめからだ……………(Т△Т)

832:ペリア:2012/12/29(土) 17:15

え・・・そんなーーーーー
つらさがわたしをおそう・・・←なぜ自分?ふつうは、まりさんでしょう(;−−)?

833:まり:2012/12/29(土) 17:34

また書きなおしたよ!!

834:まり:2012/12/29(土) 17:43

何回もエラ−が・・・コピ−したからいいけど・・・
エラ−にならない方法教えて!!

835:ルーチェ:2012/12/29(土) 17:46

まりさん ルーチェです
これからもよろしくお願いします

836:まり:2012/12/29(土) 17:47

ペリアさん?ペリアでいいかな?ってそんなこといいからかえってきて〜(Т△Т)かなしいよ〜

837:まり:2012/12/29(土) 17:50

ルーチェよろしく!!ためとかおk?834のこと教えて!!

838:ルーチェ:2012/12/29(土) 18:00

ため口OKです
すみませんエラーにならない方法はわかりません!!
本当にすみません

839:まり:2012/12/29(土) 18:02

だれか〜(Т△Т)さびしいよ〜

840:まり:2012/12/29(土) 18:04

わかった・・・知ってる人いないかな...

841:ペリア:2012/12/29(土) 18:26

あっ皆さんわたしのことは呼び捨てでいいですよ
まりさん、どんなエラーがでてくるんですか?
私の知っているエラーならおやくにたてるかもしれませんので

842:まり:2012/12/29(土) 18:28

ル「おはよ〜」

グガナロヒリ「「「「「「ル−シ−/バニ−」」」」」」

ル「いっいきなりなによ」

グガナロヒリ「「「「「「好きだ///」」」」」」

ル「ふぇ??」

ミ「おはよル−シ−。もてもてね」

843:まり:2012/12/29(土) 18:29

上間違えた

844:まり:2012/12/29(土) 18:33

ペリア、わたしのエラ−はうっても書き込むことができない?感じ

845:ペリア:2012/12/29(土) 18:33

ついにかけたんですか!?

846:ペリア:2012/12/29(土) 18:37

う〜ん
書き込みエラーみたいな
メッセージはありますか?

847:まり:2012/12/29(土) 18:37

わかる???

848:まり:2012/12/29(土) 18:38

あるよ!!なんかずれてる??

849:まり:2012/12/29(土) 18:39

そんなことないか

850:まり:2012/12/29(土) 18:41

■……はっきり言おう。貴様は未熟だ!
--------------------------------------------------------------------------------

書き込みエラーです。
戻るボタンを押して戻ってください。
って出た!

851:まり:2012/12/29(土) 18:43

わかった??

852:まり:2012/12/29(土) 18:48

誰かいないの??

853:ルーチェ:2012/12/29(土) 19:13

いるいるいます
ごめんなさい

854:まり:2012/12/29(土) 20:37

850の貴様は未熟だっての毎回どこが未熟だっていいたくなる・・・

855:まり:2012/12/29(土) 20:38

いる??

856:ルーチェ:2012/12/29(土) 20:44

落ちますね

857:まり:2012/12/29(土) 20:47

また明日くるね!!みんな明日来てね!!

858:まり:2012/12/30(日) 08:40

誰かいないの??

859:まり:2012/12/30(日) 10:28

いないの??

860:リンゴ:2012/12/30(日) 12:05

いますよ。
はじめまして、まりさん
リンゴです。

861:まり:2012/12/30(日) 12:11

だれか〜

862:まり:2012/12/30(日) 12:12

いた!!

863:まり:2012/12/30(日) 15:50

誰かいる??いたら小説書いて!!

864:キルア:2012/12/30(日) 16:07

まりさん、ルーチェさん
よろしくおねがいします!

865:まり:2012/12/30(日) 17:02

お−い!!だれか〜!!

866:まり:2012/12/30(日) 17:05

キルアよろしく!!いきなりだけど小説書いて!!

867:まり:2012/12/30(日) 17:18

書けない・・・・なんで???エラ−はなぜ出るんだ〜!!わたしは駄作でも小説が書きたい
んだ〜!!だれか教えてくれ〜!!エラ−が出ない方法を教えてくれ−!!

868:ペリア:2012/12/30(日) 19:57

エラーにならないかどうかは分かりませんが『〜』・『ー』・『!』・『?』
などの記号を一文に5回くらい使っているからじゃないでしょうか
それか、一文に同じ文字を使いすぎ
というのが問題ではないでしょうか
エラーに詳しいわけではないのでちがっていたら
ごめんなさい(泣)

869:グロウ:2012/12/31(月) 00:19

初めまして、グロウと申します。
私もエラーに詳しい訳じゃないけど、•を使い過ぎて書き込めないことがあったよ〜
それじゃないかな。

870:グロウ:2012/12/31(月) 00:20

あ、↑の初めましてじゃない人もいます……ね。

結構前にきてたグロウですよ〜

871:ペリア:2012/12/31(月) 10:24

はじめまして
グロウさん、よろしくおねがいします

872:ルーチェ:2012/12/31(月) 12:44

グロウさん初めまして
ルーチェです
よろしくです

873:キルア:2012/12/31(月) 22:19

まりさん
へたですけどいいですか?

874:キルア:2012/12/31(月) 22:23

グロウさん
よろしくおねがいします

875:キルア:2012/12/31(月) 22:30

まりさん
今日は無理かも•••。

876:ペリア:2013/01/01(火) 00:09

あけおめです

877:キルア:2013/01/01(火) 05:35

初小説なので、下手です。ごめんなさい。
自分、ナツルーが好きなんで、ナツルーでいきます。
ルーシィ目線です。
*************
ル「おはようございます!」
 あたしは、いつもこんな日々をおくっている。
そこにレビィちゃんとミラさんが最初に『おはようルーシィ(ルーちゃん)』と返してくる
あたしはいつものようにカウンターで
ミラさん達と話してる
ル「ミラさ〜ん。家賃が〜。」
ミ「あら、ルーシィの彼氏と行けばいいじゃない?」
ル「ミ・・ミラさん!////彼氏じゃありません!/////」
ミ「でもルーシィは、彼のこと好きなんでしょ?」
ル「う・・・・/////」
そう『彼』とはナツのことである。
あたしは、ナツを好きになってしまった。ナツはあたしのことどう思ってるのかな?
「おはよ〜」
「あい」
ミ「あっ!噂をすれば・・・^^」
ル「っ////」
ナ「よぉ!ルーシィ!」
ハ「おはようルーシィ」
ル「おはようナツ、ハッピー」
ナ「ルーシィ、仕事行こうぜ!」
ハ「どうせ『家賃が〜!!』でしょ?」
ル「うっ!そ・・そうよ!  で?何の仕事?」
ナ「そりゃもちろん、魔物討伐に決まってるだろ?」
ル「決まってるのね〜・・・・。」

************
続く!
長くなりました!!!
これでよかったのかな???

878:キルア:2013/01/01(火) 13:25

みなさん
明けましておめでとうございます!!!
今年もよろしくお願いします!

879:ルーチェ:2013/01/01(火) 15:31

みなさんあけおめです
今年もよろしくです

880:リンゴ:2013/01/01(火) 15:53

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

それと、最近いそがしくてかけませんでした。
ごめんなさい。

881:まり:2013/01/02(水) 21:53

久しぶり!!エラ−にならない方法教えてくれてありがとう!!
早く直して小説書くよ!!変だけど
あとキルアさん上手だよ!!

882:まり:2013/01/02(水) 21:56

        〜ギルドのまえ〜
わたしルーシィ!フェアリーテイルの魔道師なの!
私は今日もギルドのドアを開けいつもどうりの一日を迎えるはずだったのだが…

ル「おはよ〜」

グガナロヒリ「ル−シ−/バニ−」

ル「いっいきなりなによ」

グガナロヒリ「好きだ///」

ル「ふぇ??」

ミ「おはよル−シ−!もてもてね」

今みんなわたしのこと『好き』って言った?なんかうれしい。ってなにおもっつてんのあたし!そもそもなん
で精霊とか他のギルドがいるの?
はっもしかしたら夢かも。うんきっとゆめよ。そう思いほっぺをたたいたりつねったりした。けどいたかった。

ル「う・・そ・・」

私を好きな人が6人もいるなんて・・・

ハ「でぇきてる〜」

今は驚きのあまりハッピ−の言葉に怒ることさえわすれてしまう。

エ「そんなに一緒に言ってはル−シ−が困るじゃないか。わたしにいいあんがある。それは・・・」

883:まり:2013/01/02(水) 21:58

かけた!!ありがとうございます!!

884:まり:2013/01/02(水) 22:55

設定付足すね
グレル−←ナツたち
ル−シ−はグレイと片思いだと思っていた。

885:匿名さん:2013/01/02(水) 23:15

うわ…きっも!!!

あのナルシのこと好きなんだ…引く〜(笑)

ナルシしね
変態野郎しね
グロス野郎しね
てつくずしね
エルザのどこがかっこいいんだよwwwキモいしエロだしwwww

886:匿名さん:2013/01/02(水) 23:18

しかも、ナルシの名前間違ってるwww

本当にフェアリーテイル好きなの?

ルーシー×

ルーシィ○

フェアリーテイル本当に好きなんなら
これくらい、わかるだろww

887:tFCY tFCY:2013/01/02(水) 23:39

何がしたいんが全くわからん

888:ウミナ:2013/01/03(木) 17:25 ID:Pmc

初めまして。
ウミナです。
よろしくお願いしますm(__)m

889:まり:2013/01/03(木) 20:32 ID:/fI

匿名ってだれ??

890:まり:2013/01/04(金) 17:46 ID:/fI

匿名さん
ルーシー×

ルーシィ○
でしたね。わたしよく分かってるのに間違えてしまうだけなので仲間はずれにしないでください。
エルザはきもいとかそうゆう感じもあるかもしれないけど仲間思いなところがかっこいいと思います。
私だけかもしれませんが・・・

891:飛鳥:2013/01/04(金) 17:50 ID:0wA

ごめんなさい!!匿名の正体
私の姉なんです!!FT大好きなんですが
姉はFTが嫌いだから…
姉にもよくいっておきます…

後、エルザの件ですが…
私もまりさんの言ったこと間違ってないと思います。

892:まり:2013/01/04(金) 17:52 ID:/fI

ウミナさんよろしく!!あいさつ遅くてすみません><

893:まり:2013/01/04(金) 17:55 ID:/fI

飛鳥さんそうだったんですか!!FT嫌いなら・・・あとごめんなさい!!おこってたら・・・

894:飛鳥:2013/01/04(金) 18:03 ID:0wA

いえいえ怒ってませんよ!!

895:まり:2013/01/04(金) 18:04 ID:/fI

飛鳥さん、あのあまり匿名のこときにしなくていいですよ。そうゆうひといるし・・・

896:まり:2013/01/04(金) 18:06 ID:/fI

怒ってなかったんですか!!あと敬語使わなくていいよ!

897:まり:2013/01/04(金) 18:24 ID:/fI

小説の続きいつ書こうかな??

898:まり:2013/01/04(金) 21:05 ID:sDw

いる?

899:飛鳥:2013/01/04(金) 21:42 ID:0wA

いるよ〜♪

900:キルア:2013/01/04(金) 22:13 ID:3K6

まりさんに上手って言われたー!(泣)
うれしい////!!
すいませんなんか•••。
初めてで
調子にのってました•••。
自分なんかが小説を書いて
すいません。
でも、まりさんも上手です!!

901:キルア:2013/01/04(金) 22:16 ID:3K6

飛鳥さん初めまして
キルアと申します。
自分のことはタメ•呼び捨てで
OKです。
これからよろしくです!

902:キルア:2013/01/04(金) 22:18 ID:3K6

いない••••••か?????

903:キウイ:2013/01/06(日) 01:25 ID:YKA

誰買いませんか?私キウイです!
よろしくお願いします!タメokですか?時々見に来たいとおもってます!

904:tFCY:2013/01/06(日) 02:49 ID:Sz6

>>903
おい荒し
このスレ荒らすなよ

905:tFCY:2013/01/06(日) 02:51 ID:Sz6

あっそうそう荒しじゃない!
って言っても無駄だからね
IDでわかるんだから

906:飛鳥:2013/01/06(日) 13:38 ID:0wA

キルア>いいよ^^

907:飛鳥:2013/01/06(日) 15:08 ID:0wA

フェアリーテイルの小説書いてもいいですか?

908:まり:2013/01/06(日) 16:49 ID:sDw

小説書いて!!

909:まり:2013/01/06(日) 16:52 ID:sDw

キルアありがとう!!うれしい!!
早く小説書くね!!

910:飛鳥:2013/01/06(日) 17:25 ID:0wA

んじゃ書くね〜^^

911:キルア:2013/01/06(日) 18:09 ID:3K6

飛鳥さんとまりさんの
小説楽しみ♪
がんばれ!
自分も書かないと••••。

912:まり:2013/01/07(月) 10:27 ID:sDw

前回の続きかくね!!言うの忘れてたけどキャラもう変だよ・・・
2
エ「いい案とは、一日ル−シィと暮らし最後旅館で全員暮らす。そこでル−シィに好きな人を発表
してもらう。そして選ばれた者はその晩、ル−シィとすごす。」
なぜエルザが生活まできめてるのかしら?まっいっか。心配して・・・もしかして一週間も男とく
らすってこと!!うっ・・・それに・・・
ル「みんなの前でいうの?」
エ「あたりまえだ」
ル「・・・///」
レ「ル−ちゃんの好きな人ってだれだろ〜?」
エ「気になるな。ギルドでも聞こう。」
ル「なんでそうなるの・・・」
エ「では賛成の者は・・・」
グガナロヒリ「もちろん賛成だ!!」
エ「すごいやる気だな。では順番はナロガリヒグだ。」
ミ「ふふふ」
ル「ミラさんわらわないでよ///」

913:まり:2013/01/07(月) 10:56 ID:sDw

うっ長すぎる・・・書けきれるかな??

914:ふれあ:2013/01/07(月) 17:35 ID:iR.

私も参加して良いですか??
それほどFTが 好きなわけではないのですが、私は小説家に なりたいし
フレアが好きなので。。。
フレアの生活 という題名で
かいていきたいと
おもいます☆

915:ふれあ:2013/01/07(月) 17:37 ID:iR.

タメでOKです
皆さんと 楽しく書いていけたら
うれしいです♪

916:まり:2013/01/07(月) 20:11 ID:sDw

ふれあよろしく!!小説家になるんだ!!わたしもだよ♪
小説どんどん書いて!!

917:まり:2013/01/07(月) 20:14 ID:sDw

小説がんばってね!!

918:匿名さん:2013/01/08(火) 14:45 ID:iR.

じゃあ、書いて行きたいと思います

フ「はぁぁー」
私はフレア。このためいきは、先日
ルーシィを傷つけてしまったことにある。小さな子をわたしの赤髪で きずつけようとしたのだ…
「私は…私のドS、なんとかならない かなぁ」
私はギルド(レイブンテイル)に居るときと、キャラが ちがうのだ。
そんなとき、私に 手紙が届いた。
ルーシィ、ハートフィリアより
…?!!
            つづく
どうだったでしょうか?

919:ふれあ:2013/01/08(火) 14:47 ID:iR.

前の小説は
私の書いたものです!!
ふれあがかいたんです〜♪

これからも どうぞ よろしく〜♪

920:ふれあ:2013/01/08(火) 14:57 ID:iR.

ビリビリと封を 切っていく。
バッと便箋をひろげた。

フレア、元気?あたし。ルーシィだよ
ギルドの人なかには、あなたのこと、
まだ 許せてない 人もいるみたい…
でも安心して!あたしはもう、気にしてない。と言えば ほとんどの人が
理解してくれたから!
本題に入ります。フレア、今度
キャンプにいかない??(理由は後ででもいいかな?)
お返事下さい 住所は下記の通です。
×××-×××-×××

行きたい。という気持ちが 胸の中に
湧いた。
       つづく

どうでしたか??

921:ふれあ:2013/01/08(火) 15:10 ID:iR.

書きます!

すぐに 返事を書いた。

ルーシィへ
この間は ごめんなさい。
そして 誘ってくれて ありがとう!
もちろん 行きます!
いくつか 質問させて下さい
1,メンバーは誰ですか。
2,お互いのギルドには ナイショに
 しますか?
まだありますが、ここで 失礼します
フレアより

すぐに だしに行くことにした。

つづく

922:なの:2013/01/08(火) 15:27 ID:iR.

なのですー!
下ネタ大好き!!!!
う○こ とかぁー
なのも書きたいなああああ
よろしくぅーーー

923:キルア:2013/01/09(水) 19:57 ID:3K6

ふれあさんなのさん
はじめまして!
キルアと申します!
タメ•よびすてでいいかな??

924:キルア まりさん:2013/01/09(水) 20:02 ID:3K6

まりさんも
タメ•よびすてで
いい?

925:ふれあ:2013/01/09(水) 20:33 ID:iR.

キルアさん、はじめまして!
私は タメでOKです♪

キルアさんのことは、呼びつけでも
いいですか?(やだったら、いってください)
では 失礼します

926:ペリア:2013/01/09(水) 22:19 ID:6.A

初めまして人
よろしくお願いします
呼び捨て・タメ口OKです!

927:ふれあ:2013/01/10(木) 16:13 ID:iR.

郵便局にいくとき、 一番会いたくない人に あってしまった。
(小説始まってます! 唐突で すいません…)
フ 「マ、マスター」…
R,Tマ「どうしたフレア。慌てたようすだな。」
フ「いいえ。近くで うちのギルド の者を 見かけたような気がしただ
けのこと。なんにも心配は要りません。では。」
歩き出したとき、急にマスターが口を
開いた。
マ「FTのことで 動揺しているのなら
紋章を…消せ!!!」
フ「動揺してなんか ありません。
 紋章を消す気は ありません。では失礼します」
私はすぐに 走って逃げた…
ポストに手紙を入れるか、私の心は揺らいでいた。
やっと決心して、手紙をいれ、逃げ帰った。
          続く
どうでしたか??我ながらいいでき…
あ いや 何でもありません!!

928:まり:2013/01/11(金) 16:37 ID:sDw

みんなわたし呼び捨て・タメ口OKですよ♪

929:まり:2013/01/11(金) 16:43 ID:sDw

ふれあ小説上手!!わたしもふれあみたいな小説書きたいな♪

930:ルーチェ:2013/01/11(金) 16:54 ID:yNI

長い間書けなくてすみません
えっとまず私ルーチェです
みなさんよろしくお願いします

931:グロウ:2013/01/11(金) 19:07 ID:qNs

よろしくです^^

932:ふれあ:2013/01/12(土) 15:21 ID:iR.

まり ありがとう!!
みんな 何歳?
答えなくても いいよ
 

933:なの:2013/01/12(土) 15:23 ID:iR.

みんなって 経験者?
処女?
おなってる?ふぇら したことある?

934:ふれあ:2013/01/12(土) 15:27 ID:iR.

すいません!!
なのの正体、私の親友なんです!!
泊まりに来てるんですけど、すいませんっ!!
菜乃夏にも ちゃんと いっておいたので…!
本当にすいません!!
勝手に書かせないように
しますー!!
すいませんでした!!

935:なの:2013/01/12(土) 15:32 ID:iR.

また のっとったぜ〜〜!
何ペコペコ謝ってんだか。。
風香は今 トイレだから
のっとったんだよ!
ところで。だれかさぁアヘがお
乗せろよ
それかーだれかの マンコしゃしん
のせるとか しろよなー

936:匿名さん:2013/01/12(土) 16:41 ID:sDw

なのさん

937:匿名さん:2013/01/12(土) 16:41 ID:sDw

やめたほうがいいよ

938:そら:2013/01/12(土) 16:46 ID:sDw

まりの弟だ。まりと同じでなのやめたほうがいいぞ
ここの人おこるとこわいぞ

939:そら:2013/01/12(土) 16:47 ID:sDw

936と937まり

940:ふれあ:2013/01/13(日) 09:46 ID:iR.

本当に すいません!
私の不注意で、皆さんに 不快を
与えてしまい、申し訳ありません。
実は なのの事を 親友と 書きましたが、なのが 勝手に私の事を親友だと 思っている、可哀想な方なのです
嘘をついて すいません。
そして 忠告してくださった 
匿名さん そらさん
そして これから見る 皆さんに
お詫び申し上げます
(なのとは この件から 縁を切りました)
本当に すいませんでした!!!
***************************
             ふれあ

941:ふれあ:2013/01/13(日) 09:49 ID:iR.

なのの事から 私の事を嫌った方もいるかも しれませんが 私は これからも かきつづけたいと 思っています。
すいませんでした

942:ふれあ:2013/01/13(日) 18:25 ID:iR.

ふれあです。
なのの件は 本当にすいませんでした
でも私は あの人と無関係なので、無視したり 仲間外れにしたりするのは
やめてくださいね。
勝手に すいません。かきはじめた時
皆さんが 暖かく迎えて下さり、とても、嬉しかったので 私は皆さんの事を 仲間外れには 絶対しないと 約束します。
失礼します。

943:ふれあ:2013/01/13(日) 19:11 ID:iR.

書きます〜

当日。私はイメチェンして 行った。駅の大きな鏡に姿を 写して自分の姿を眺めた。
胸の下まで伸びた 赤髪はツインテールにして、ピンクのシュシュで止めた
服はピンクのワンピース(フリフリ&リボンだらけ!)をきてみた。あとは ニーハイと黒いパンプスで 終わり。
メイクにも 挑戦してみた。
黒いカラコンを入れたし、ピンクのチークで 頬を色づけた。
テーマは ロリータ。みんな、私だって わかるかな?
しかも 待ち合わせの時間まで あと20分もある//
早く いきたいなぁー ルーシィたちと 3泊4日なんて…!た、楽しみすぎる!テンション上がり過ぎないか
実に心配だ…!
          つづく

944:まり:2013/01/14(月) 09:26 ID:sDw

ふれあここにいる人はふれあの事を嫌ったり仲間外れにしたりしないから安心していいよ!
言っていいのかわからないけどなのが悪いんだし・・・でも嘘をつくのはいけないよ♪

945:まり:2013/01/14(月) 09:31 ID:sDw

あの思ったんですが私の小説の続き読みたい人いますか?なんか意味不明だしなんかいろいろ
なカップルの組み合わせがあるし・・・3人いたらかきます。

946:ふれあ:2013/01/14(月) 14:14 ID:iR.

私は まりの事、応援してるから書いてほしいと思うよ!
仲間外れにしないって いってくれたしね!
もし3人集まらなくても まりにはここにいてほしいと思うし、第一まりの小説って 面白いんだよ〜(^∀^//)
だから、これからも 書いていってね
          ふれあより

947:ふれあ:2013/01/14(月) 20:35 ID:iR.

やほ〜^^
今日 誕生日だったんだぁ♪
おかげさまで 早12年…
ハッピーバースデー自分!!

948:キルア:2013/01/14(月) 22:33 ID:3K6

皆!ヤッホー!
久しぶりに来たけど・・・。
めっちゃ書き込みしてある・・・。
ふれあ925のこと全然OKだよ♪
そして・・・。
お誕生日おめでとう♪
自分は、13だよ・・・。
なんか、かってに書いてゴメン。
じゃあ。
バイバイ♪

949:まり:2013/01/15(火) 15:50 ID:sDw

ふれあありがとう!!じゃあかくね!!今じゃないけど
あと誕生日おめでとう!!私は10歳で10月30日なんだ♪

950:ルーチェ:2013/01/15(火) 16:21 ID:yNI

みなさん久しぶりです!!
初めましてルーチェです!!
知ってる人も知らない人もよろしくです!!

951:まり:2013/01/15(火) 16:49 ID:sDw

次のスレだれが作るの??

952:ふれあ:2013/01/15(火) 17:04 ID:iR.

誰がつくんの?
ふれあ、作り方わかんない…!
作る時は今の題名+2みたいな分かりやすい感じがいいです。。。1000になったら 書き込めなくなるらしいから 言いたい事全部書くけど。。。
みんなの年わかったから すごい話しやすくなったよ!ちなみに、12さい
小学6年です。(改めまして…)よろしく〜!です!

953:キルア:2013/01/16(水) 00:25 ID:3K6

自分もまり(さん)の
小説みたい!
自分は9月13日の13歳だよ!

954:ルーチェ:2013/01/16(水) 15:11 ID:yNI

私は6月4日の13才です
あっいきなり入ってすみません

955:まり:2013/01/16(水) 16:46 ID:sDw

わたしもフレアと同じで作り方わかんないんだよ!!
題名は
フェアリーテイル恋もの小説☆2
がいいな♪

956:グロウ:2013/01/16(水) 22:37 ID:qNs

私作ろうか?

957:あにむ:2013/01/17(木) 18:04 ID:KVM

はじめまして!
あにむです。入ってもよろしいでしょうか・・・?
私もフェアリーテイル大好きです。たまに趣味で小説も書きます!!
ちなみに11歳です。みなさまが私の下手な小説、読みたいのであればいつでも書くつもりですので
読んでみたい方は読みたいといって下さい!みなさまに喜んでもらえるような小説、考えておきますね!!!

958:ふれあ:2013/01/17(木) 18:46 ID:iR.

あにむさんへ
あにむさん はじめまして〜♪
ふれあです☆あにむさんは タメ&呼びつけで 大丈夫な人かな?
私はあにむさんの小説 読んで見たいけど…スレ数が1000越えると 書けなくなるみたいだから、私はあんまり書かないようにしてるんだ。あ、別に書かないでって いってる訳じゃないけど、次のスレ作る人とか…決まってないわけだから…
あにむさんの小説を読むのは、私的には次のスレの時がいいかなと。思ってますー
同じ学年だとしても、私たち、年近い訳だしーあにむさんの前に来たのは、多分私だと思うから 色々聞いてねー
ここにいる人達、すごい優しいくて、ここのサイトチェックするの、楽しみになっちゃうよ〜
長いお話になったけど 私はタメ&呼びつけOKだよ〜♪

グロウさんへ
ぜひ お願いしたいのですか、いいですか?
題名は
『フェアリーテイル恋もの小説☆2』
が いいです。
お願いしてばかりで すいません。
ですが、よろしくお願いしますね♪

959:まり:2013/01/17(木) 18:57 ID:sDw

グロウお願い!!題名は
フェアリーテイル恋もの小説☆2
がいいな♪また来たいから!!
あにむよろしく!!小説書いて!!と言いたいがスレ数が1000越えると書けなくなるから
次のほうがいいと思う!!でも書くなとかじゃないから書いていいよ!!
趣味で小説書いてるんだ!わたしもだよ!!
あにむってグレル−派?それともナツル−?それともほか??かってにタメ&呼び捨てにしてごめんなさい!

960:グロウ:2013/01/17(木) 22:04 ID:qNs

了解で〜す

961:まあや:2013/01/17(木) 22:11 ID:MrY

あ、グロウ久しぶり!!

962:キルア:2013/01/17(木) 22:46 ID:3K6

あにむさんはじめまして!
キルアです。
自分もタメ&呼び捨てでいいかな?

グロウさん自分も
皆と同じのがいいです。
宜しくお願い致します。

963:あにむ:2013/01/18(金) 11:03 ID:baw

うわわわわわ
みなさん・・・いや、みんな仲良くしてくれてありがとう!!
私は全然タメ&呼び捨てでいい人だよ〜
私はガジレビ派だよ!!!
ねえねえ、これが1000超えたら書けなくなっちゃうの!?
私、全然こういうの分かんなくて・・・
次のスレってなあに??
これ、また1から始めるって事???
もしそうなら、そのとき書こうかな・・・!!

964:グロウ:2013/01/18(金) 13:37 ID:qNs

まあやお久だね。

あにむs今から書いてても全然いいよ。
あ、そうそう。このスレは1000までしか書き込めないから、
新しく私が“フェアリーテイル恋もの小説☆2”というスレを立ち上げるので
そこにみんながここみたいに書き込むんだよ〜

965:ルーチェ:2013/01/18(金) 17:00 ID:yNI

久しぶりですみなさん
あにむさんよろしくです

966:まり:2013/01/18(金) 22:44 ID:sDw

あにむってガジレビ派なんだ!!わたしもさいきんはまったんだよね!

967:キルア:2013/01/18(金) 23:41 ID:3K6

ルーチェさん
初めまして!
同い年なので嬉しいです!
これからもよろしくです!

968:あにむ:2013/01/19(土) 09:59 ID:ocU

グロウsに後押しされたので・・・今書きまーす

「シュビドゥバー!!」
今、私ーレビィーとルーちゃんことルーシィ、リリィとガジルの4人でプチライブを開いています!!
まあ、他のみんなからの評価はまあまあなんだけどね・・・ってあれれ!?電気が消えちゃった!!?
「おーいルーちゃーん!リリィー!?・・・ガジルーー!?」
もう、どうしてみんな返事してくれないのー!?
バッ!!
電気がついた!・・・ら目の前にガジル!?
「前から・・・チビなお前を守ってやりたいと思ってた・・・」
えっ、ちょっといきなりすぎない!?!?
「レビィちゃん、返事返事!」
「こ、ここここんな私でよかったらお・・・おつ・・・お付き合い・・・させて・・いただ・・・」
最後の方は声が小さすぎて聞こえなかっただろう。
「きゃーーー、カップル成立ーーー!!」
ルーちゃんがそういうと、ナツがわざとらしく
「熱い!熱いぜ!!」
というのでガジルがナツに殴りかかろうとすると・・・
「まずはレビィを抱いてからじゃねーのか?」
って・・・!!!
恥ずかしかったけど、みんなに後押しされて・・・
2人の距離は0cmに。

みんなとは反応が違う人が2人。
それはみんなも分かるよね・・・?


うわあ私ってほんとに下手だね!!!
まあ一応感想教えてね〜。ふれあ〜うまく書ける方法教えて〜!!!
感想待ってるよ

969:ふれあ:2013/01/19(土) 11:51 ID:iR.

ふれあです。
あにむって何者?!ちょーうまいねーもしかしてあにむって小説家目指してるの? 私は目指してるんだぁ♪同志だったら嬉しいなー(勝手に想像してごめん)

グロウs作ってくれると言うことで。本当に ありがとう!!

970:まり:2013/01/19(土) 13:14 ID:sDw

あにむ上手!!どんどん書いて!!

971:ふれあ:2013/01/19(土) 14:53 ID:iR.

私、小説を書いてるのだけれどもーー
すっっっっっっっっっごく下手でねー
びっくりするぐらいなんだけど。
で、今ここで書いてるのも、意味不明になっちゃったから。。。違うテーマにしようと思っててねー。
ルーシィとエルザを初めとするキャラのことはー嫌いじゃないんだけどー 
嫌な思い出があるからーどうしようか悩んでるんだけど そこで、私の小説のテーマに上がってる、3つのペアの
どれがいいか、選らんでくれないかなー?そのペア推しが2人居たら、そのペアにしようと思います。
1、ジェラール&エルザ
2、ジュビア&リオン
3、ガジル&レビィ
上記のペアは、全部男の子のキャラが好きなんだけどね。。。
どれがいいか、選らんで下さい☆

972:まり:2013/01/19(土) 14:56 ID:sDw

ふれあ私は、3のガジル&レビィがいいな!

973:ふれあ:2013/01/19(土) 15:02 ID:iR.

あにむへー
え…と、うまく書ける方法を…という話だったと思うけど〜はっきり言って
あにむのほうが、私より上手だから、私の方こそ教えてもらいたいよ…!
だから 今度教えてくれないかな?

みんなへ
さっきも書いたんだけど、どのペアがいいかな?ラクサスも、案外好きなんだけど、女子キャラが見つかんなかったんだ。。。
ラクサスに似合いそうな女子キャラって 誰だと思う?
必要ない事聞いてごめんなさい。。。
この事と、前に書いた、ペアのこと
その事について 書いてくれれば、とても嬉しいです★ミ

974:ルーチェ:2013/01/19(土) 17:54 ID:yNI

う〜んラクサスに似合いそうな女子・・・ミラさんかな〜?
でもあくまで私の考えですけどね
私も3のガジレビです!!

975:まり:2013/01/19(土) 19:27 ID:sDw

ラクサスかぁ・・・なんかラクサスとナツとグレイがル−シィを取りあうって感じ
の小説読んだことあるんだけど・・・ミラさんとかル−シィかな??ラクミラ??
ラクル−??(笑

976:ルーチェ:2013/01/19(土) 20:58 ID:yNI

確かにラクルーもありですね!!
でもルーシィはナツと結ばれてほしいです!!

977:グロウ:2013/01/20(日) 12:28 ID:qNs

私はグレルー派だからなぁ……
はっ!残り少ないんだから、雑談は別スレでしよ!!

ここのフリートークに
“フェアリーテイルが小説で雑談してる人たちここへきなさい!2”
があるので……そっちで続きはお願いします

978:まり:2013/01/20(日) 12:55 ID:sDw

グレルーほっといてガジレビかいちゃえ!!←おいおい
設定
ガジ→←レビ 
レビィはカナのせいで酔ってしまいガジルがそのあと・・・
って感じになる予定

979:ふれあ:2013/01/20(日) 13:31 ID:iR.

はーい!!ご投票ありがとうございましたー!(?)
ガジレビテーマに書いていきたいと思いますー
ざっとあらすじ書きますねー(実は一話だったり…)

ナツ&ルーちゃんは、毎日のように一緒に仕事にいってる。私もシャドウ・ギアとして仕事に行ってたけど…
レ「はーぁ…」
実は最近、気になって仕方ない人ができた。本音を言えば、その人と仕事にいきたい…!
まぁ、たまに行ってたりするけど…照
?「おい」
レ「ん?きゃあ!」
その声の主の方を見ると、そこには私の気になっている人、ガジルがいた。
レ「ガ、ガジル〜 いきなりなによ」
んぁぁ?と小さく漏らしてから、またふぅとため息をつき、口を開いた。
ガ「今度、出掛けないか?」
レ「え…?ど、どうして?」
むぅ…と、また小さく唸り、
ガ「(恋の)修行だ。」
といった。
修行?ガジルいわく、デートって事なのかな?二人で出かけるなんて、夢にも思わなかったよー!!
レ「いく!いくよ〜!」
ガ「そうか。(よかったぜ…)なら、日にちとか。決めないとな。」
なんか、、、ガジル、キャラ違うような気がするんだけど。。もしかして、デレてるのかな??
レ「日にちは、○月○日がいい!」
その後も、楽しく計画をした。ジェットが 遠くから見ていた。(こわ!!)
         続く


書きましたが、ジェットこわ!!!
ストーカーになる予定は ありませんが、、もしかしたら…

980:まり:2013/01/20(日) 15:29 ID:sDw

ガジレビ書きます グレル−も入ってる
   〜ギルドにて〜ル−シィ視点
カ「なんかひまだな〜」
ル「カナひまなら・・・ってどんだけのんでるの!!」
カ「いいのいいの。あっいいこと思いついた!」
そうカナと話してると
レ「何話してるの??」
とレビィちゃんが来た
カ「ちょうどいいとこにきたな!」
ルレ「?」
カ「これから飲み比べ大会しようと思ってな」
ミ「もうカナにかなう人なんていないんだから」
レ「そうだよ」
ル「わたしもそう思うよ」
カ「いいじゃんか!そうだマスタ−に言ってこよう」
ル「いっちゃった・・・」
ミ「マスタ−許可しなければいいけど・・・」
わたしはマスタ−は許可しないだろうと思ったけど・・・
マ「今からカナの提案で飲み比べ大会を始める」
何とマスタ−が許可したのだ。その時カナはすごく誇らしげだった。
わたしたちは地獄に落ちた気分だった。そしてル−ルが・・・
マ「ル−ルは全員でカナと飲み比べする。そして飲めなくなるまで飲む。
もちろんここにおるもの全員参加じゃ」
み「え―」
マ「言い訳なしじゃ。おいミラ、クエストに行ってる物は」
ミ「えっと・・・ナツ、ハッピ−、ウエンディ、シャルル、グレイ、エルザ
ガジル、リリ−、ジュビアでナツ、ハッピ−は魔物退治、ウエンディ、シャ
ルルは探し物、グレイも探し物、エルザはS級、ガジル、リリ−、ジュビア
は闇ギルドのクエストにいっています。」
み(ミラ/さんすご!!)
マ「そうか。でわ飲み比べ大会はじめ!」
   〜3時間後〜
マ「あっ明日休みじゃな・・・」
ミ「そ、うですね・・・」
カ「ちょろいわよ〜」
そう言いつつもカナは酔っていた。
   〜さらに1時間後〜
ナハウシグエガリリジ「ただいま」ミラ視点
みんなが帰ってきた
エ「どうしたんだ」
カ「飲み比べ大会を・・・「みんなをかたずけなければ」
ナハウシグガリリジ「おう/はい/めんどくせ/しょうがないわね」
     〜1時間後〜
ミ「あら」
エ「ミラ起きたか」
ミ「ええ。みんなは?」
エ「女子寮の者は女子寮に、それ以外の者は家だ。のこっているのはグレイ、
ル−シィ、ガジル、レビィだ。」
ミ「あら?レビィは女子寮でしょ。」
エ「そうなんだが・・・」
エルザの指した先には・・・
レ「ガジル〜大好き〜」
ガ「ちょっは、離れろレレレレビィ///」
ガジルに甘えるレビィと真っ赤なガジルが・・・
ミ「あらあら」
エ「どうしたことか」
ミ「そういえばル−シィとグレイは?」
エ「あそこだ・・・」
ル「グレイ〜キスして〜」
グ「ちょっいやだ//」
ル「グレイわたしのこときらいなの?」
グ「そうじゃないけど//」
またまた甘えるル−シィと真っ赤なグレイだった・・・
エ「どうすれば・・・」
ミ「お持ち帰りしたら?」
エ「そうだな。お前ら」
グガ「なんだ」
エ「二人をお前らの家にとまらせろ」
グガ「なに〜」
エ「たのむ」
グガ「あい」

初のガジレビむずい

981:まり:2013/01/20(日) 15:31 ID:sDw

ガジレビ長かった・・・

982:ふれあ:2013/01/20(日) 16:46 ID:iR.

まり、うまぁーーーーー↑↑
私のすごーーーく怖くなったわww
ジェットとか特にね!
参考になるわー

今日ね、かるた大会の練習あったんだけどね、私のチーム超弱くて、一回も勝ったことなかったの!
で、なかのいい(?)子のチームは、今年選手宣誓やることになってて(去年は2位になったり、)強いんだけど、そのチームに勝っちゃったの!!
そしたら相手の子 号泣だし 怒ってて手に終えないし。。。
もぅやだぁーー
どー思う?

983:ふれあ:2013/01/20(日) 16:48 ID:iR.

多分違うと思うけどさ、まりって3DSで 書き込んでるの?
他のひとも 何人か、そんな感じするんだけど…

984:匿名さん:2013/01/20(日) 19:44 ID:sDw

ふれあわたしなんてまだまだだよ!!
かるた大会のことは、わかんない・・・実際そんなこと私
あったんだけど、そのときはあやまった。それでよかった!←こうゆうことかな??
わたしは3DSじゃないよ。DSもってないんだ・・・ほしいなぁ・・・

985:ルーチェ:2013/01/20(日) 20:28 ID:yNI

あれ?匿名さんって私のイメージとちがって話やすい人なの?
ちなみに私は3DSLLを持ってます!!
けどパソコンで書いてるよ〜!!

986:まり:2013/01/20(日) 22:08 ID:sDw

匿名はわたしだよ!!まりだよ!!

987:ふれあ:2013/01/21(月) 15:30 ID:iR.

ガジレビって案外難しいね…
二人とも、キャラ壊れそうで怖いわ
でも!今度は 断念しないよ!(うにがんばってかくね!)

988:りお:2013/01/21(月) 18:44 ID:iR.

りおです♪ふれあの姉なんですが、楽しそうな事、やってるなぁ〜と思って!来ちゃいましたぁ〜!私17歳なんだけどー今彼氏とかいないからぁ……(>-<)恋もの書いて、我慢するねぇ。
もと彼とは〜昨日別れたの!「雰囲気が、ローラ見たいでウザイ。顔かわいいのに 性格が甘えん坊とかきしょいから…別れよう」ってぇ〜酷すぎないかなぁ?
ふれあの本名って「りあ」なんだけどなんでふれあなんだろうね。不思議☆

989:アリア:2013/01/21(月) 19:12 ID:jUg

はじめましてーアリアでーす
まりちゃん私だよー

990:まり:2013/01/22(火) 14:19 ID:sDw

アリアようこそ!!アリアはわたしがさそいました!!そらもです!そらさいきんいそがしそう・・・
みなさん風邪やインフルエンザに気を付けてください!!私のクラス学級閉鎖になりましたので!

991:まり:2013/01/22(火) 14:23 ID:sDw

おもったんですが初めのほうに来てた人最近来ませんね?
ピコさんとか獅子宮さんとか!

992:ルーチェ:2013/01/22(火) 16:31 ID:yNI

そうですよね・・・
リンゴも最近来ていないから・・・
どうしてるかな・・・
元気かな?

993:まり:2013/01/22(火) 17:07 ID:sDw

こんど来てくれるといいね!!

994:まり:2013/01/22(火) 17:31 ID:sDw

もうすぐかけなくなるね!!

995:リンゴ:2013/01/23(水) 00:25 ID:Flw

ずっと書いていませんでした。
すいません。インフルエンザにかかり、
やすんでいました。
これからは、かけるのでご心配なく。

996:まり:2013/01/23(水) 09:20 ID:sDw

リンゴインフルエンザだったのか!私のクラスは学級閉鎖になったんだ!

997:まり:2013/01/23(水) 09:42 ID:sDw

meririnさんと獅子宮さんのブログ知ってるからまた来てってコメントしよっかな?

998:まり:2013/01/23(水) 12:03 ID:sDw

獅子宮さんのブログにはいけたけど、meririnさんのブログにいけない!どうして?

999:ふれあ:2013/01/23(水) 18:12 ID:iR.

もう少しで かけなくなりますね…
ところで私、インフルエンザかかってしまいましたぁ…
昨日の夜、幻覚見ちゃって…(ちっちゃいおじさんたちが、飲み会やってた幻覚みました…)
症状は、案外軽いんで、書き込めるんで、よかったですけど。

あのぉー、私の書いたガジレビどうでしたか? あんまり自信なくて…
前みたいに、完全キャラ崩壊しちゃうんじゃないかな〜なんて…
感想、待ってます。

あと、お姉の事なんだけど。。。やっぱり、邪魔だったよね…彼氏にふられて抜け殻見たいになってたから、「ここにいってみれば。私も色々問題 起こしちゃって、だけど優しくしてくれたから、いってみるといいよ。」って私がおすすめしたんですけど。。。邪魔でしたよね!!あと〜一応言いますが、お姉は、危険人物じゃないよ…!ちょっっっっっっっとだけ、Mの血が交ざってるけど。(なのの、1/10000ぐらいだから)
本当にいい人だから!多分世界一いい人だよ〜

1000:飛鳥:2013/01/23(水) 18:30 ID:0wA

ふれあさんのガジレビ面白かったです!!
いきなり、入ってすみません!!
5月7日10歳

1001:1001:Over 1000 Thread

このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。


書き込む 最新10 サイトマップ