リボーン 一つの大空に・・・

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:浅葱:2011/10/10(月) 17:34

はじめまして!浅葱と申しまーす。
リボーン好きのバカヤローとでも覚えてくれればうれしいです!

2:ユニ:2011/10/10(月) 17:44

私もリボーン大好き☆


頑張ってくださいね(*^^*)

3:浅葱:2011/10/10(月) 17:49

やばい、ちょっと今時間が非常にやばい状態なのでちゃちゃっと
小説についてのせつめいを・・・

わたくし初代ファミリーが大好きなのです!
なので・・・
初代メインの話になると思います。

感想や指摘、アドバイスの方どしどし待ってます!
荒らしやパクリはやめてほしいなー。
やるんだったら私のわからないところで、
よろしくおながいしまーす。

ムッ、まだ少し時間がある・・・
えっ、私が何にあせってるのかて?
これから塾があるのですよー。
ムーめんどい。

次から書くとおもいますんで。
ばいばーい!

4:浅葱:2011/10/10(月) 17:50

みすてないでね。泣いちゃうから。

5:浅葱:2011/10/10(月) 17:55

あああっ!あと!
ユニさん!ありがとうございます!
頑張ります!

6:ユニ:2011/10/10(月) 18:28

慌てんぼうですねΣ(゜Δ゜*)



見捨てませんよ☆


初代ファミリーかぁ☆
プリーモさんいいですよねぇ!

エレナさんも綺麗だった☆

7:浅羽 ◆5D4E:2011/10/10(月) 19:13

楽しみです!!頑張ってください^^

8:浅葱:2011/10/11(火) 07:24

おっはよーございます。
今から学校・・・。

きっと帰ってきてから書き始めると思います!

と、いうことで先に募集。
出してほしいキャラがいればなんなりと言ってください!
初代ファミリーは全体的にだします。
それ以外のキャラで・・・

よろしくお願いします!

9:ユニ:2011/10/11(火) 16:27

早く小説読みたい☆

10:浅葱:2011/10/11(火) 16:45


「おまえは、この時代に来てしまった。」
両手にピンクの花を溢れるぐらいに。
「まだ小さなおまえが・・・、オレのせいだ。」

サァァァー

風が吹く。
野原の草と草のこすれあう音。
マントが静かになびく。
見とれてしまう金の髪。
「おまえは否定する、だろうな。」
花が風と一緒に舞う。
「オレはおまえに、助けられた。」
上を向く。
空に散った花たち。
「だが・・・。」
そしてうつむく。
「オレは守りたい

   おまえの分までこの町を。」

救えなかった命の分まで・・・。


          プロローグ

11:浅葱:2011/10/11(火) 18:07


一話 星がきらめく夜に

「ここどこー!!」
空、星がきらめく夜に彼、沢田綱吉は

叫んでいた。

元の世界にもどれると思ったのに
本当にここはだこなんだ?!

「誰かいるのか」
「ヒィ!!」
あどけない悲鳴。
裏路地からの声。
「誰だ。」
「へっ!?」
・・・・
「オレがいる・・・。」
どこかで見たことのある顔だな。
えっと・・・、どこだっけ?
記憶をさぐるツナ。
そのとき

ピカァァァー
二つのボンゴレリングが光だした。
「T世・・・、プリーモ・・・?」
「どうしておまえが、このリングを!?」

このリングは今だオレしか使えない
ボンゴレ・・・リング。
なのになぜこのような
小さな少年が持っているんだ。
だが

悪いやつではない。

「泊まる場所はあるのか?」
「えっ?」
「ないのだな。」
手を差し伸べ
笑顔で
「おまえの言うとうりオレはボンゴレT世
名をジョット。」
言った。
「来るか?オレたちのところに・・・。」

12:浅葱:2011/10/11(火) 18:25


都会に行ってみたいー。
私の住んでるところ四国なんだけどね
その中でもきっと一番いなか・・・
憧れちゃいます・・・

13:浅葱:2011/10/11(火) 20:53

さぁ、頑張ろう。

14:浅葱:2011/10/11(火) 21:20


二話 うたがい

泊めてくれると言うことで俺はジョットさんについて行った。
このまま野宿っていうのもなんだし、
それに、
ついて行かなきゃいけない気がした。

ツナはジョットの後ろについて歩いた。
「おまえ、名前はなんだ?」
「えっ?つ、綱吉です。沢田綱吉。」
いきなり話しかけられておどろく。
心臓が張り裂けそう!
「にっ、日本語、お上手ですね!」
「あぁ、日本に知り合いがいるものでな。ありがとう。」
「いいえ・・・。」

・・・・

つらい。
「あの!」
「なんだ?」

「疑わないんですか?俺のこと・・・。」

ピタッ・・・。
進めていた足を止める。
そしてツナのほうに体を向ける。

「疑われたいのか、綱吉は。」

ただ真剣な目を向けて・・・。
「・・・・。」
「知りたいことはたくさんある。
どうしてここにいるのか、
敵なのか、
ボンゴレリングがあるのか、
綱吉みたいな子供が
マフィア関係なのか。」
「えっ・・・。」
ジョットはツナの目線にあわせてしゃがむ。
「だが、今は関係ない。
救える命があるなら、オレは救いたい。
たとえ綱吉が敵であっても。」

言葉を失った。
優しい声に。

「いこうか。」
そしてまた歩みだす。

15:ネア:2011/10/23(日) 15:08

はじめまして
ネアと言います

小説とっても面白くて好きです
続き楽しみにしています

16:浅葱:2011/11/08(火) 19:54

書きます!かくぞぉぉぉー!

三話 笑み

チュン、チュン・・・
外から聞こえる鳥のさえずり。
その声が聞こえたのか綱吉は目を覚ます。

ここは・・・、いったい。

まだ活性しきってない頭で首だけ動かし周りを見渡す。
ここは一人で使うには広すぎる一つの部屋だと理解する。

あぁ、確か俺、元の世界に帰れなかったんだ。
それで、ジョットさんのいる時代に、
・・・えっ!どうして!?

ベットから降りる綱吉。
とりあえずうろうろする。

「俺、どうなっちゃうの!?」
「とりあえずおちつけ。」
「おちついていられr、ジョットさん!」

いつの間にか入ってきていったジョット。
スーツを脱いでネクタイを外したシャツにズボンだけという
フリーな格好。

「すみません・・・。」
「なぜ謝る。」
「えっ、や・・・ん、・・・。」
「まぁいい。」
「はい。」
「立ちっぱなしはつらいだろう、ベットの上ですわおけ。」

言われたとおりにこうどうする綱吉。
その目の前に立っているジョット。

「さて、なにから話を進めるか・・・」
「あ、あの!」
「ん?なんだ。」
「ここは、どこですか・・・?」
「ここはオレの寝室だ。」
「ふぇ!?」
思わず変な声を出す。

俺、ジョットさんのベットの上で寝てたの!?

「気にするな。」
「でも・・・。」
「気にするな。」

静かに微笑んでくれた。

17:浅葱:2011/11/09(水) 21:09

漫画派、アニメ派と言われたらアニメ派になります。
声優大好きだし・・・。
番外編を書こうと思います。

1,5話 呼び名

・・・・

ジョットについていく綱吉。
その間にも疑問はつもっていくばかり。

どうして俺ここにいるんだろ。
皆は帰れたかな?
無事だといいけど・・・。
それにしても未来の次は過去だなんて。
だけど、さっきのリングの光は・・・?
けど、この人
「プリーモは・・・。」
「どうした?」
「え、こ、声に出してました?!」
「名前、ん・・・、プリーモか・・・。」
「どうしたんですか?」
急に止まって何か考えだすジョット。
「ジョット、ジョットでいい。」
「ジョット・・・。でも、」
「プリーモは仕事の時だけだ。ジョットと呼べ。」
「ジョットさん・・・。」
「それでいい。」

満足げに再び歩く。

18:浅葱 :2011/11/13(日) 21:05

下から15行目座っておけです
誤字ですね 
すみません

19:浅葱:2011/11/16(水) 21:33


四話 真実

「さて、貴様は何者だ。」

さっきまでの暖かな空気は一瞬にして消えた。
怖い・・・。
心の底から思った。
綱吉、と呼んでいた声が貴様、と冷え切った言葉になり、
重みを感じる声に・・・。
俺の体が強張った。
そして鋭く細められた眼が
言葉を奪っていった。
「お、俺は・・・。」
未来から来ましたって、信じてくれるのだろうか、
「ボン、ゴレ・・・の、

  10、代目、候補・・・で、す。」
中々でない声を無理やり出して
言葉をつないでいった。
「未来から来たんです。ジョット、さんの
子孫、なんです。」

信じて、くれますか?

20:大和 ◆U7Pg a2n:2011/11/17(木) 20:22

すごいです!!!!滅茶苦茶面白い!!
リボーンの雲雀が好きなヤローです。
がんばって下さい!!

21:浅葱:2011/11/19(土) 20:47

よし!がんばります!

22:浅葱:2011/11/19(土) 21:38

「」が日本語で『』がイタリア語、
では、五話をどうぞ!!

五話 過去へ

目の前でおびえているのは小さく、幼い少年。
名を綱吉。
夜、ある場所に行った帰りに見つけた。
最初は驚いたさ、自分を見ているようで。
まるで鏡がその場あるように。
その後目についたのは綱吉の指にはめてあった

ボンゴレリング。

それはこの世に二つと存在しない
指輪だった・・・。 


「ボンゴレX世・・・!?」
「はい。」
目を見開いて驚くジョット。
そして力が抜けたのかそのまま床に膝をついて
「ちょっ!!ジョットさん!?」
座り込んだ・・・。
「お、オレは、このような罪もなき子に、ボンゴレを・・・」
かすかに震える声。

「ボンゴレの業を、背負わせているのか。」

そのときジョットさんの瞳が
潤んでいたことに気がついた。

23:浅葱:2011/11/19(土) 22:48

>>18
四話のことです。

24:ネア:2011/11/20(日) 19:12

相変わらず面白いですね!!
ちょっと質問なんですけどこの小説って
ツナ以外に]代目ファミリーって出ますか?

25:浅葱:2011/11/20(日) 19:17

まだきまっていませんが
きっと出ると思います。

たぶん・・・。

26:浅葱:2011/11/20(日) 23:01

私はほめられてのびるタイプだと思う・・・。

六話 第三者

バンッ!!
『ジョット!朝食食べねぇーで何してやがる!!』
「ヒィ!!」
いきなり扉が開いたので俺は短い悲鳴をあげた。
誰かと思い目の焦点を扉をあけた人物にあわせる。
と、そこには獄寺君に似た顔があった。確かG さんだったっけ・・・?
「ん、Gか。」
音に気がついたのかジョットは立ち上がる。そしてG の方に向く。
「日本語・・・?ってかそれより!どうして朝食を食べにこねぇーんだ!?」
あっG さん日本語になった。
ジョットさん朝食食べてなかったんだ。悪い事したな。
「それには色々と事情があってな。」
「事情?・・・、おまえの後ろに誰かいるな?」
ジョットさんが邪魔で見えなかったんだ。
体をずらして綱吉を見る。
「誰だおまえ?」
「え、えーと。」
警戒しながらも綱吉に歩み寄る。
「それにしてもジョットにそっくりだな。」
「オレの子孫だ。」
ええっ!?いきなりすぎません!?直球すぎません!?
てかオレの話信じてくれるんですか!?
「おまえ馬鹿か?」
「馬鹿は否定しないが、事実だ。」
第三者
その人は警戒心が強い。

27:浅葱:2011/11/22(火) 20:17

来週期末テスト・・・。ハァ・・・。

七話 信頼

「護衛も付けずに夜中散歩に出たらこのヒョロっこいチビがいたので

拾ってきたと・・・。」
「ヒ、ヒョロこっ・・・!」
一通り事情を受けてGさんの出てきた言葉は
ヒョロっこいチ、チビ。
そりゃぁ小さいし、体力無いけど
初対面の人に言われるとすごい傷つく!
「綱吉には綱吉と言う名前がちゃんとある。」
「チビはチビだ。」
場に流れる思い空気。

えっ!俺のせい!?

「G・・・!!」
ジョットの怒鳴り声が部屋に響く。
「ヘイヘイ。で、どうして綱吉を連れて帰ってきた?」
「え・・・?」
真剣な眼差しのGからの衝撃な一言。
まるで、綱吉が此処にいてはいけないような。
「綱吉が敵だったらどうする?おまえの命を狙っていたらどうする。」
「それは・・・!!」
「ジョットを信用してないわけじゃない。
だけどな、もしものことがあったら心配するのは俺達なんだ。」
感情のこっもた声に
言い返せないジョットさん。
俺は信用されてない・・・。
「綱吉、てめぇが未来から来たとか、
]世かは知らないがな

俺達守護者は甘くない、

覚えとけよ。」
そのとき睨まれた俺は
小刻みに震えていた。

28:匿名さん:2011/11/23(水) 11:02

続きがとてもきになります!
頑張ってください☆

29:浅葱:2011/12/17(土) 19:38

ジャンプ買ってきましたー!!
ついでに3Dパズルも買ってきました!
暇潰しにはちょうどいい。

八話 思い

・・・・・
一人部屋に取り残された綱吉。
あたりを見回しても特に何かがあるわけでもなく、
あるわけでも・・・、ん?
「誰だろ、この人?」
幼い頃のジョットさん達、かな?
真ん中にジョットさんがいて、
右に腕をくんでカメラに目線を向けているGさん。
左にはジョットさんに肩をくんでいる深紅色をした髪を持った少年。
「楽しそうだな。」

大丈夫だよね。
帰れる、よね。

みんな、

30:浅葱:2011/12/24(土) 18:56

雑談

Ciao!浅葱だよー。
題名の通り今回はただの雑談です。
ん?どうして雑談するかって?
はやく話進めろって?
HA,HA,HAー!!
気晴らしがしたいだけだよー!
ストレス発散だよー! 
冬休み入ってスゲー浮かれてんの!俺!
それにさー、
全然アイデアうかばないの!
いったい何がしたいんだー!!
じゃ、それだけだから
ばいばーい!


      なんだこれ・・・。

31:Moka:2013/12/14(土) 20:42 ID:QGo

続き待ってます!!

32:匿名さん:2016/09/29(木) 00:32 ID:4Bw

更新が何年もされてない……だと!?


書き込む 最新10 サイトマップ