皆で!あやかし緋扇小説〜original〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ヒマワリ:2012/03/13(火) 21:54 ID:etc

ここは、あやかしのスレが多いということで……
皆で書こう!あやかし小説〜〜
書く人はあたしとあと5人くらい??かな。
皆来てね〜

2:マナ:2012/03/13(火) 22:12 ID:jC2

ここ・・・かな?・v・
そして一号?!♪やったぁーー!!


でもさ、ここにこうやって書き込むと、今までと同じ事になっちゃうから
ユッピンたちと同じように、感想は別・・・みたいにした方がいいんじゃないかな??(お節介ごめん><)
あ。そのつもりだったら本当にすみません!

3:李桜:2012/03/13(火) 22:15 ID:yA2

来たよ☆

4:ヒマワリ:2012/03/14(水) 06:46 ID:etc

マナ来てくれてありがとう!
李桜さん初めまして!

今日仕様設書くね〜
あと感想は
少女漫画版の「ヒマワリのあやかし感想大会ってところにかいてね★
じゃ、またね〜

5:ヒマワリ:2012/03/14(水) 06:47 ID:etc

仕様設×→小説

6:にゃお〜:2012/03/14(水) 15:56 ID:2AA

わたしもいいですか?
いやだったら言って下さい><
どんな小説を書くかはこちらで↓
サンカクカンケイ
恋するとキラキラするのはなんでなの?

7:にゃお〜:2012/03/15(木) 06:54 ID:2AA

あやかし緋扇は知ってるんですけど詳しくは知らないのでどんな感じに
スタートするかは皆さんにお任せします。
ていうかはいっていいですか?

8:ヒマワリ:2012/03/21(水) 21:33 ID:etc

にゃお〜ちゃんいいよ〜!
最近忙しくて来れなかった><
今日の夜かキマース((もう夜だろっ!

9:ヒマワリ:2012/03/21(水) 22:28 ID:etc

にゃお〜ちゃん>
実をいうと、あたしもそこまで詳しくないんだ^^♪
だから気軽にかいてOK
でわでわ♪まずはホラー系……

『夕暮れの伴奏』
「未来さん!」
「陵!………とさくらちゃん……↓」
「なんでなん!いいやろ!うちがいてもっ!」
「そうですよ、いいでしょう?未来さん?」
陵がちょっとニヤっとして言う。
2人とも……何で集まったか知ってますか??
tuzuku

10:にゃお〜:2012/03/27(火) 13:58 ID:2AA

しらない!!ごめん!!勝手に想像で続けるね!!

11:叶恋:2012/03/27(火) 20:38 ID:86w

 入れて〜
 入ってすぐ失礼ですが
 ヒマワリs、
 「tuzuku」でわなく、
 「tuduku」です。
 いきなり来て
 すぐのコメントには
 どうかと思うことを
 書いてごめんなさい

12:ヒマワリ:2012/03/27(火) 23:47 ID:etc

にゃお〜ちゃん>OK!そうして♪
叶恋ちゃん>ううん!どんどん指摘して!あたし、馬鹿だからさっ!
続くって書こうとしたんだけど……
間違えちゃったわ!

でわ続き
「今日はっ!みんなが噂している洋館に行くんでしょ?」
「そんなん知ってるわ。」
「はい。勿論」
「じゃ〜!なんでそんなに楽しそうなのっ!?」
さくらちゃんは『陵クンがいるから♪』って顔してる。
陵は、『慣れてるんで♪』って顔……余裕だねェ……
「じゃ、いこっか……」

そうしてあたしたちは洋館へと向かった―

13:にゃお〜:2012/03/28(水) 15:25 ID:2AA

続き書くね♪

「りゅうくん!こわいよ〜〜(泣)」
さくらちゃんはりゅうにぶりっ子口調で言った。
「そうですか、なら僕と未来sの後ろにいてください。」
りゅう、すんなり言ったぁ・・・さくらちゃん、泣きそう・・・・
ポロロンッ♪
「!?」
「!?」
「りゅうくん、未来ちゃん、どうしたの?」
「なにか、いま聞こえた・・・」

あたしたちはこれからなにが起こるかも知らず、音がした方に行くのだった

14:ヒマワリ:2012/03/28(水) 21:38 ID:etc

にゃお〜ちゃん>
登場人物の名前は、こうだよ!

未来(ミク)
陵(リョウ)
さくら(ちなみに関西弁です)
龍(リュウ)

にゃお〜ちゃんの続き
ギィィ……
洋館のドアを開ける。
「ウう……かび臭い!」
ドアをひらいただけで、ほこりが舞う。
「陵くん……どないする?」
「まず、さっき聞こえた音のピアノをさがしてみましょう」
陵はズンズンと奥に進んでいく。
「ねぇ……さくらちゃん……」
あたしはさっきから陵にべたべたのさくらちゃんに話しかけた。
「どう思う?」「何がや」
「ここ……霊いるかなぁ?」
「いるんや!絶対いる!」
「でも・・音……もう聞こえな……」
「聞こえないよ」そう言おうとした。
あたしがそういいかけたとき……
「ポロロロロロンポロロロロンポポロロン……」
「「…………………」」
「今の……」
「ピアノ……」
あたしたちはしばらく、硬直していた……

続くっ!

15:叶恋:2012/04/04(水) 21:03

 ヒマワリさん
 早く続き書いて〜
 気になる〜

16:花:2012/04/04(水) 21:08

入れてくださいヒマワリさんすごいです!

17:レミ:2012/05/24(木) 22:08

突然ですが…
今、あやかし緋扇のスレが多いなどの問題があります
小説を書かないなら削除依頼出しますよ?

18:停止しました。。。:停止

真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ


書き込む 最新10 サイトマップ