初音ミクと鏡音レンの恋

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/23(金) 18:29 ID:GNI

こんにちは!私は、ミクとレンが好きでこの小説を書きまーす!!今日は、一話まで!!誰か入ってーーーーおねがい!

 ミクとレンの恋  第一章〜誓いの愛〜
  
  プロローグ
 ここは、都会町のリフェルト国。
 この、リフェルト国には、一つのお城が建っている。
 その名は、メラク城という。メラク城には、とても優しいお姫様と王子様がいた。
 二人は、双子、いつも、仲がよい二人だった。
 二人は、それぞれ、ミクとレンと名を付けられた。
 だが、そんな時、ミクとレンに思わぬ話が耳に入ってしまった。

  一、約束 
 「レン。これ、あげる!」
 「いいよミク。これ、失敗したのだろ?そんなの、いらないよ。」
 ミクとレンは、今日も仲良し、レンは、いずれか、王城を引き継ぐ王子。そして、ミクは、隣の国の王子と結婚する、婚約者。けれど、ミクとレンは、まだ、幼い、12歳。だから、まだまだ時間はある。ミクは、その婚約者のことを嫌がっていた。それをレンは気に懸けて、こう言った。
 「ミク、婚約のことは、しょうがないと思うよ?」
 「反則!!それは、言って駄目なのにぃーーーうぇーーーーーーーーーーん!レンと離れたくないよーーー!!」
 「えぇ!?そ、そこで、なくか!?はぁー・・・・・・」
 レンは、ミクのことを、じっと見つめる。そして、意を決したように、
 「ミク、俺達は、どのみち、双子でお姫様と王子様。だからね、どのみち、離れなくてはならなくなるんだよ。」
 そう言うと、ミクは泣くのを止めた。そして、レンの顔を、真剣な眼差しで、見上げた。そして、
 「いいよ。話して。」
 {あんなに嫌がっていた、ミクなのに・・・急にどうしたんだ?}
 と、レンは思った。けれど、レンは、分かったような気がして、続きをミクに話した。
 「だからね、泣くのは止めて、自分の行きたい道に行きな。そして、俺と離れても、絶対笑っていること、分かったか?」
 「うん。」
 ミクは、真剣な顔のまま、その時だった。ドアをノックする音が聞こえた。そして、大臣が、入ってきた。
 「どうしたの?」
 大臣は、こういった。
 「少し、長くなりますが・・・よろしいですか?」
 私達は、同時にうなずいた。
    
                    〜続く〜
次は、第2話〜過去の話〜だよ!みてね!

2:凛々蝶 ◆.Wes:2012/03/23(金) 19:00 ID:ktM

ボカロ大好き★
がんばれ

3:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/23(金) 19:13 ID:GNI

うん!また見にきてーありがとう!!

4:凛々蝶 ◆.Wes:2012/03/23(金) 19:19 ID:ktM

うん!

5:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/23(金) 19:32 ID:GNI

明日も書くよ!!

6:凛々蝶 ◆.Wes:2012/03/23(金) 19:33 ID:ktM

見るよ!

7:夜 桜 履 々 華 ←迷子ですwぶはっw:2012/03/23(金) 20:13 ID:M.I

続きいっしょにかんがえたいなW
いいですか?

8:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/23(金) 20:47 ID:GNI

んーじゃぁ、途中からだと困るからー
自分の小説書いてみたらどうかな?

9:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/23(金) 20:49 ID:GNI

そっちの方がいいと、うちは、おすすめ するね!

10:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/24(土) 12:55 ID:GNI

ハロー!今日も来ました!!昨日の、小説の続き!!今回は、第2話!!見てくれ{^_^}

    ミクとレンの恋  〜誓いの愛〜
   
  二、過去の話
  「少し、長くなりますが・・・よろしいですか?」
  私達は、同時にうなずいた。
  「私の話は、ミク姫様とレン王子の過去のお話のことです。」
  「え?それって、駄目なんじゃないの?言ったら・・・・」
  「はい。でも、さっきのお話聞いてたら、急に、胸が、苦しくなってしまって、このこと、正直に話さなければと、思い。」
  「このこと、誰かに教えたら、あなた、ギロチンに、かかるのよ?」
  ギロチンとは、処刑すると、言うことだ。
  「いいんです。でわ、お話します。突然ですけれど、昔から、ミク様とレン様は、血が、繋がっていないんです。このことを知ったのは、6年前つまり、ミク様とレン様は、まだ、6歳の頃です。レン様は、生まれた時に、こっちに、来たんです。レン様は、かつて、恐れられていた、アルトの息子なんです。」
  「え・・・・じゃぁ、私達は、本当に、血は繋がって無いってこと?そしたら、私達、結婚、できるじゃない!!」
  ミクが、そう言うと、大臣は、首を、横に振った。そして、
  「それは、無理なお話なのです。確かに、ミク様とレン様は、血が繋がっていません。けど、繋がっていないとしても、双子なのは、間違いありません。なんせ、ミク様とレン様のお母様、マリカ様は、不倫をしていたんです。ですから、マリカ様のお腹の中から生まれたのは、事実です。」
  「そんな、じゃぁ、どうしたら・・・・」
  ミクは、また、泣き顔になってきている。それを、止めようとレンは、ミクに、向かって、話した。
  「ミク、どのみち、俺たちは、双子なんだよ・・・だから、俺たち、恋はできないんだよ。」
  レンは、そう言った。すると、大臣は、
  「ミク様、レン様、まだ、大丈夫です。今なら、まだ幼い、だから、親を説得できると思いますよ。」 
  大臣が、そう言うと、ミクの伏せていた顔が、いっきに、明るくなって、ミクは、大臣の顔を、おもいっきり、見上げて、こう言った。
  「本当!!?じゃぁ、まだ、説得する力は、チャンスは、あるってことよね!!レン!!」
  急に、レンは呼ばれて、なんか、嫌な予感がした。すると、ミクが、
  「レン!だから、今日の夜!!お母様とお父様との久しぶりにご飯だから、その時に、話さない!?」
  「えぇ!!」
  レンは、無理やり、その作戦に入らせられた。そして、今夜の食事は、戦争になる。

                〜続く〜

いや〜今度も、はらはらドキドキ!!もう、まいった!!「自分で書いててだよ!?」
んじゃ、次は、第三話〜今夜は戦争!!〜だよ!!絶対面白いよ!!見てねーー 

11:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/25(日) 11:07 ID:GNI

こんちはー♪今日も、書きマース★

 三、今夜は、戦争
「レン!いいわね?私達の、未来の為に!!」
「なんで!なんで俺まで!!」
レンとミクは、今夜全てを、話すと争っているがレンは、「大人になってからの方が、話やすいんじゃね?」と、告げている。
「だーめ!今すぐ!!けど・・・・お母様とお父様は、きちんと、話聞いて下さるかな?」
「だろ?だったら、止めようぜ?」
‘ムッ‘ミクは、自分から、止めようと思った。けど、レンの一撃の一言で、「やっぱ、止めない!!」と、誓った。
「いーや!今しかないんだよ!ね?お願い!手伝ってーーー!」
「・・・・。」
レンは、黙って、こう、言い放った。
「分かった!けど、まだ、確信は、もてない!いいか?それでも・・・・」
「う、うん。」
ー広間ー
「王妃様・王様!お帰りなさいませ!ミク様・レン様が、待っておられます。」
「え?ミクとレン?何用かの?聞いておるか?カレン。」
カレンと、名のった、彼女は、王妃の侍女だ。
「はい。過去のお話の事みたいで・・・その、結婚が、なんたらかんたらって、言っておりました。」
「結婚?過去?ま、まさか!!」
王妃と王は、なにかを分かったみたいで、食事の間へ向かった。
ー食事の間ー
「何用か、ミク・レン。」
先に口を開いたのは、レンだった。
「はい。まず、直入に、言います。俺達双子は、血は繋がっているんですか?」
「あぁ、繋がってる。」
「血は、繋がって無いと、教えられましたけど。」
「な!何用かと、申せば、その様な、垂れごとか!!」
王妃は、怒鳴った、けれど、レンは、止まらない。
「垂れ事とは、どー言うことですか!お母様!嘘付いていたのは、お母様ですよ!?俺は、アルトの息子だと知りました!お母様が、不倫してたことも・・・。」
「な!じゃぁ・・・」
王妃が、話そうと思ったその時、
「もう止めなさい!全部、本当のことだ。ミク・レン、全てを話そう!」


きゃぁーーもう、とまらなーい!!次は、4話〜本当のこと〜だよ♪

12:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/25(日) 22:25 ID:GNI

明日基礎テ!おやすみー

13:凛々蝶(元+鬼姫+) ◆.Wes:2012/03/26(月) 13:26 ID:ktM

ゴメン><風引いた!

14:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/26(月) 13:48 ID:GNI



+45445656565323235699589856565985952ううん1そんなこと、ないや!

15:レーナ:2012/03/29(木) 04:01 ID:sM6

初めまして!
綾姫さんすごくよかったです!

16:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne.jp:2012/03/30(金) 13:49 ID:GNI

そう?ウフフフ★
あ、すいません!
タメOKですか?って、言うか、タメで、呼びまーす!
レーナどうぞ!ありがとう!!

17:眞璃亜:2012/03/30(金) 22:48 ID:LIo

こんにちわ^0^
ボカロ大好きですなかまにいれてください! 
あ、あの単刀直入に、いいますが、レーナさんあなたは前、
少コミのはなしをしようというスレにいましたか?
(ちがったらごめんなさい…(><))

18:奈々子:2012/03/31(土) 08:27 ID:qsE

うちも
初音ミク大好き
でいれてくれへん? 

19:レーナ:2012/03/31(土) 12:07 ID:sM6

小コミってなんづですか?

20:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/31(土) 15:31 ID:GNI

:17:sなんていうの?タメで呼びまーす!
奈々子!どうぞ!

じゃ、今日のね!!

 四、本当のこと
「もう止めなさい!全部本当のことだ。よかろう、ミク、レン、全てを話そう。」
ミクとレンはどよめいた。
「な、なんと!全部本当ですって!?」
ミクは、怒鳴りついた。たぶん、本当の事を知ったらしい。それでか?ミクは、どんどん暗い顔になってきた。
「ミク座れ。お父様・お母様。あなた達は僕達に、嘘を付いてたのと、同じことですよね?もちろん、不倫の事も。」
「あぁ本当だ。でも、どの道お前達は、私達の娘と息子だ。だから・・・」
王がなにかを言おうとしたとき、レンが口ふさいだ。
「お父様。その前に全てをお話くださいまし。私達はその事を言われないと、納得いきません。」
その時、
「もう我慢できません!レン!何なの!?その態度!私達に無礼よ!あなたは死刑にしますよ!」
「リラン。もういいだろう。レン・リン。よかろう、全てを話そう・・。」
「あなた!あなたも知ってたら言うはずよね!?なんで・・・」
「カレン。リランを5人係で、押えつけ部屋に閉じ込めろ!」
「し、しかし・・・」
「いから!その暴走は止まる事ないだろう!早く!」
「はい!」
カレン達は、急いで押えつけ食事の間を出て行った。
「それではミク・レン。話すぞ。私達は、カストレアの都で出会った。私達は、一目ぼれしてしまった。だが、リランにも、付き合ってる人がいた。私達は、考えたのだ。どうしたら、二人で結婚できるのか?って、そして思ったのが、駆け落ちだったのだ。そもそも、私達は私が王子で、彼女が、町娘だったんだ。私達は1週間後って、決めたんだ。けれど、私の母に気ずかれてしまったんだ。だから、私達はもうだめだと思ったんだ。そしてある時、彼女が結婚したと言う言葉が、耳に入ったんだ。その名はアルトと言う男と結婚したんだ。そして生まれたのが・・・お前だレン。しかし、お前が生まれる前にアルトが死んだ。私が殺した。そして、彼からリランを盗み結婚した。そして生まれたのが、ミク。最初はレンで次にミクだ。そして私達は今までの事を秘密にした。その事は、すまなかった。アルトが殺された時は住民どもはどんなに苦しかったことか。これが全てだ。」
「ま、待って!俺の父アルトはどうなんだよ!?なんで、ばれなかったんだよ!」
「それは・・・」

はーい!皆!今日はここまで!!明日はいよいよ。第5話「アルトの秘密に迫る!」だよん☆
皆!絶対見てね!

21:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/03/31(土) 15:34 ID:GNI

ごめん!10行目「ミク・レン」だよ!本当にごめんなさい!

22:眞璃亜:2012/03/31(土) 18:59 ID:LIo

レーナs>>
ごめんなさい(><)人ちがいでしたね…
少コミ(今は「sho-comi」です)とは、私が買っているマンガの題名(?((ちゃおとかそういうかんじの)です
綾姫s>>
眞璃亜のよみがなは、「まりあ」です。漢字変換がたいへんなので、まりあってよんでください(^^)
皆さんはタメ&呼び捨ておKですか?
私は両方ともおKです!!

23:ami:2012/03/31(土) 19:09 ID:qgI

綾姫〜入ってもいい?

24:亜香音:2012/03/31(土) 20:59 ID:YXw

私も入っていい?
もしよかったらヨロシクネ!

25:綾姫 pwwje-m83785@ipone,ne,jp:2012/04/01(日) 21:42 ID:GNI

こんばんわーーー☆
ami・亜香音!どうぞ!タメですから!
眞璃亜>だね!ひらがなの方がいいかも{笑}

じゃ、今日も書くね!

五、アルトの秘密に迫る!

は、明日!今日は寝る!おやすみーーー!!

26:風菜(ゆず):2012/04/16(月) 17:00

わ〜! すごい! これ読んでると悪の娘を
思いだす…。 やっぱりレンはいいね!
それと、私はリンが好きだから、 ミニキャラでもいいから
書いてくれるかな…?

27:愛菜加:2014/04/21(月) 17:02 ID:mXo

私、初音ミク大好きなんです!私も入れてもらってもいいですか?

28:小悪魔ミクちゃんレン君 レンミク:2014/11/07(金) 21:12 ID:WOo

ミクとレンが結婚できたらいいですね
私はもちろんレンミク派ですのでミクレン結婚を望みますわ
頑張って続けて下さい💚
続きぐきになります

29:小悪魔ミクちゃんレン君 レンミク:2014/11/07(金) 21:14 ID:WOo

ごめんなさい
上の文章で最後の続きぐきになりますは続きがきになりますでした
これからは気をつけますわ


書き込む 最新10 サイトマップ