金色のコルダ小説

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:☆香穂子☆:2012/04/06(金) 19:19

みなさん、金色のコルダを知らないと思いますけど、一人で書いていこうと思います!!
知らなくても、この小説を読んで興味を持ってくれると嬉しいですね☆
ではスタートします!

☆人物紹介☆
日野 香穂子
(普通科2年 コンクール参加者)
主人公
音楽にはド素人だったハズが、魔法のヴァイオリンで音楽コンクールに出場!?

志水 圭一
(音楽科1年)
専攻楽器はチェロ
マイペースで、一人音楽の世界にひたっている
よく寝ている

土浦 梁太郎
(普通科2年 コンクール参加者)
元サッカー部員
同じ普通科の生徒として香穂子を気にかける
実はピアノの名手

月森 連
(音楽科2年 コンクール参加者)
専攻楽器はヴァイオリン
音楽一家出身のクールな完璧主義者
卓越した技術力を持つ

火原 和樹
(音楽科3年 コンクール参加者)
専攻楽器はトランペット
元気いっぱいで、楽しいことが大好き!
香穂子にLOVE

柚木 梓馬
(音楽科3年 コンクール参加者)
専攻楽器はフルート
優雅で優しい華道の家元の息子
実は香穂子しか知らない素顔が!?

♪その他♪

冬海 笙子(音楽科1年 クラリネット専攻 コンクール参加者)
金澤先生(音楽の先生)
天羽 菜美(普通科2年 報道部)
森さん (音楽科2年 香穂子の演奏の伴奏)


*ストーリー*

舞台は普通科と音楽科のある星奏学院
普通科に通う香穂子はある日、「リリ」と名乗る音楽の妖精に出会う
リリに「誰にでも弾ける魔法のヴァイオリン」を渡され、学内の音楽コンクールに出場することになる香穂子(!)
ライバルはカッコいいけれどクセのありそうな音楽科の生徒たち!
「絶対ムリ!」と思っていた香穂子も、だんだん音楽の楽しさを知るように
ところがコンクールの終盤に、魔法のヴァイオリンは弦を一本残して消滅してしまう
役目を果たしたリリも香穂子の前から姿を消した!!音楽の楽しさに目覚めた香穂子は、コンクールが終了しても魔法に頼らずヴァイオリンを続けることを決意し、それぞれのメンバーも自分の進むべき道に意識しはじめる


って感じです
よろしく☆(間違いあったらゴメン)

2:☆香穂子☆:2012/04/06(金) 19:22

めっちゃ長くなってゴメン!!m(_ _)m


書き込む 最新10 サイトマップ