あやかし緋扇小説1000♪(^ω^)

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:由紀:2012/04/21(土) 15:24

皆さんよろしくお願いします!
あまり、やったことがないのですが、
下手かもしれませんが、よろしくね!
      ルール☆
1雑誌はあまりないように
2小説は好きなときに書いてね♪
3ナリ&文句&ケンカは、やめてね!
では、よろしくお願いします。

2:霧羅:2012/04/21(土) 15:25

入れてください。

3:由紀:2012/04/21(土) 15:27

いいよ!呼び捨ていい?私は、
いいよ!

4:李桜:2012/04/21(土) 15:32

いれてっ☆

5:霧羅:2012/04/21(土) 15:34

私は、呼び捨てでいいです。

6:由紀:2012/04/21(土) 15:34

いいよ! よろしくね♪

7:美由紀:2012/04/21(土) 20:05

うちも入れて!

8:霧羅:2012/04/21(土) 20:15

今日は、小説書くんですか?

9:由紀:2012/04/21(土) 21:19

美由紀>いいよ!呼び捨ていい?私は、いいよ!

10:美由紀:2012/04/21(土) 21:37

ありがとぉ!うちも呼び捨てでええよ^^

11:由紀:2012/04/21(土) 21:45

8>書かないと思うよ♪みんなも書いていいんだよ。

12:由紀:2012/04/22(日) 07:44

誰か、いるーーー???

13:花:2012/04/22(日) 11:13

入れてください☆

14:眞璃亜:2012/04/22(日) 12:51

こんにちは☆
由莉のスレに宣伝してたよね?
いれてっ!
うちはタメおK!!由紀さんは??

15:由紀:2012/04/22(日) 12:55

13>いいよ!呼び捨ていい?私はいいよ!14>いいよ!タメもいいよ!

16:花:2012/04/22(日) 13:01

13>(・∀・)オッケー!

17:眞璃亜:2012/04/22(日) 13:31

ならタメで^^
ていうか、小説かかないの??

18:由紀:2012/04/22(日) 13:35

えーと皆の中でも小説書きたい人いる?

19:匿名さん:2012/04/22(日) 13:41

すみません。私ここに入って良いですか?あ、ダメならダメでいいです。

20:眞璃亜:2012/04/22(日) 13:44

19さん
名前なんていうん?

小説は、由紀が書いちゃえっ!

21:由紀:2012/04/22(日) 14:03

19>いいよ!呼び捨ていい?私はいいよ!

22:美由紀:2012/04/22(日) 14:11

そろそろ小説書かんと雑談になんで!

23:眞璃亜:2012/04/22(日) 14:56

由紀小説かいてぇ〜

24:五月(元花):2012/04/22(日) 15:07

由紀?小説頑張ってね!!
花から五月に変更しました!!
難民掲示板に同じ「花」ってゆう子がいたらしくて。
改めてよろしくね!!
関係ない話ごめん><

25:◇みーちゃん◇:2012/04/22(日) 15:44

あ、私が19番書きました!
えーっと、タメ口&呼び捨てokです!
よろしくお願いします!

26:◇みーちゃん◇:2012/04/23(月) 21:46

私が来たばかりに誰も来ないです(泣)
なんんか………すみません………(泣)
えーっと、由紀さん!小説頑張って下さい!

27:霧羅:2012/04/24(火) 06:03

………。
書いてみる…。////
下手だけど……。/////

 陵視線

〜朝〜

陵「あっ!未来さんおはようございます」
未来「…。あ、おはよう…。」
? 未来さんどうしたんでしょう?
未来「…。どうしたの?行くよ…。」
陵「あ、はい。」

〜学校〜

クラスメイト「未来、おはよー」
未来「…。おはよう…。」
クラスメイト1「未来。どうしたの、元気ないよ?」
未来「別に…。」
クラスメイト1「ひそひそ…。未来、絶対何かあったよね。」
クラスメイト2「ひそひそ…。うん、そう思う。」
やはり、皆さんも未来さんの異変に気がついたようです。
さくら「陵君、おはよう♪」
陵「さくらさん、おはようございます。」
さくら「 後未来、おはよう」
未来「…。おはよう…。」
さくら「やんや未来、えらいテンション低いなー。」
未来「そう?」
さくら「そうや!いつもなら『私はついでかっ!』的なこというで?」
未来「……。」

〜授業中〜

未来「はぁー」
未来さん、ため息ばかりついています。
いったい何があったんでしょう…。

*続きかけるか分かりませんが続きます*
こんなんでどうでしょう?……。

28:◇みーちゃん◇:2012/04/24(火) 17:50

とっても面白いですよ!!(^^♪)
自信持って頑張って下さい!!
楽しみに待ってますよ♪(#´∀`#)

29:五月:2012/04/24(火) 17:53

書いてみます。


未来「寒い!何でこんなにさむいわけ!!」
今は11月で、マラソン大会の練習中。8Km走ることになっている。
体育は好きだからいいけど、いくらなんでも寒すぎる!!
陵とさくらちゃんは後ろのほうだし。
梨々香「確かに寒い…」
この子は梨々香。三ヶ月前に転校してきた子。
ちょー美人で、頭も良くて運動もできる。
私ほどではないけど…。
マラソン大会は明後日。寒いけど頑張ろう。
このときは知るよしもなかった。
あんなことが起きるだなんて。

短くてごめんなさい!!
下手でごめんなさい!!

30:◇みーちゃん◇:2012/04/24(火) 18:40

いやいやいや。
とても面白いですよ?
(始まったばっかりだけど………(汗))
そして『あんなこと』とは何でしょう?
続き待ってます♪(´∀`♪)

31:霧羅:2012/04/24(火) 19:04

五月さん、小説上手ですね^^
いいですね…。そんなに小説がうまくて…。
私、書く力ないんですよ…。
いつも長々と書いてしまって…。

ということで私の小説長くなってしまうので
つまらないかも知れないので
つまらなかったら一言ってください
あとアドバイスも良かったら言ってくれると嬉しいです^^

32:霧羅:2012/04/24(火) 19:53

未来視線

昨日は楽しかったな…。
また、来てくれるかな…?
……お兄ちゃん……。

〜それは昨日のこと〜

未来「ただいま」
母「あら未来、おかえり。」
母「そうそう、今日用事があるから留守番しててね。」
未来「分かった。ご飯はどうするの?」
母「えっ?そんなの自分で作りなさい。」
未来「え〜。やだよ、失敗するもん。」
母「そこに本があるからそれ見て作りなさい。」
未来「はぁ…。分かったよ。やるよ、やればいいんでしょ。」
母「じゃあ、行ってくるわね。」
未来「行ってらしゃーい」
未来「さてと、作ってみますか…。」

<未来の料理タ〜イム?>

未来「えっと、まずは何を作ろう?」
未来「そうだなぁ。よし、ホットケーキでも作ろう!簡単だし!」
ばたんっ!
未来「えっ?」
?「未来、こんな時間にホットケーキはないだろう…。」
この声は....。
未来「まさか、お兄ちゃん!?」
青冶「そうだよ?」
未来「えっ?なんで、なんで?
   なんでお兄ちゃんが?なんでお兄ちゃんがいるの?」
青冶「なんでって…。そういえばなんでだろう?」
ズコッ オイオイッ!
青冶「気づいたらここに…ってまあまあ、とにかくっ!
   簡単だからといってこんな時間にホットケーキなんてだめっ!」
未来「どうして?」
青冶「どうしてって…。」
未来「……」
青冶「……」
まさか、理由もなしに言ってたわけ?
青冶「そうだそうだ。
   ちゃんとバランスのとれた食事をしなくちゃいけないからだよ。」
未来「バランスのとれた食事って?」
青冶「それはな、まあちょっと長くなるが、
    食べ物には、食べ物ごとに色々な栄養が含まれていてな……。」
ペラペラ          ペラペラ
              以下略

〜15分後〜

ペラペラ
青冶「……というわけだ。」
はぁ…。長かった。もうお腹ぺこぺこ…。
未来「うん…。分かったから。で、何作る?」
青冶「そうだな…。シチューはどう?」
未来「いいよそれで。」
青冶「よしっ!作ろうっ!」

33:◇みーちゃん◇:2012/04/24(火) 20:17

本っっ当に申し訳ないんですけど、
32番さん、何て読むんですか?
本っっっ当にごめんなさい………。
*・.・+感想+・.・*
とっても面白いですよぉ〜♪
続きが気になりますぅ〜♪
続き頑張って下さいね!(^∀^)ノシ
(上から目線(?)ですみません……。)

34:霧羅:2012/04/24(火) 20:22

<きりら>と読みます。
こんな感想をくださるなんて…。
ありがとうございます。

35:霧羅:2012/04/24(火) 20:43

<未来と青冶の料理タイム?>

青冶「未来、まず始めに玉ねぎ・にんじん・じゃがいも等の皮をむき
   玉ねぎはくし切りに、にんじん・じゃがいもは乱切りにするんだ。」
トントン トントン ザクッ!
青冶「!?」
未来「痛っ!」
青冶「未来!大丈夫か!」
未来「ばんそうこっ!」
…ペタッ
青冶「ふぅ…。未来、包丁の使い方には気をくけるんだよ。」
未来「ごめん」
青冶「よしっ!未来は休んでろ。俺が作ってやる。」
未来「でも…。」
青冶「久しぶりに未来に作れるんだ。
   未来のためにとびきりおいしいものを作ってやる。いいだろう?」
未来「お兄ちゃんがそこまで言うなら…。」
ぐつぐつ…。 トントントン…。 ジュー…。
久しぶりだな…。お兄ちゃんの手料理…。
青冶「よしっ!出来たっ!」
青冶「未来、食べみてくれ。」
パクッ
未来「おいしい…。この味…。懐かしいな…。」
青冶「よかった…。おかわりあるからな^^」

誰の視線でもありません

その後未来と青冶は遅くまでずっと話していた。
とても楽しそうに…
陵のこととか、陵のこととか、陵のこととか…。
未来:まさか私、陵のことしか話してない!?
   べ、別に陵のことが好きだからじゃないんだからねっ!//////

36:五月:2012/04/24(火) 20:50

書いてみます!!

未来「寒い!何でこんなに寒いわけ!!」
今日はマラソン大会の練習中。本番は明後日だ。
てゆうか寒すぎる!体育は好きだけど何でこんなに寒いんだよ(怒)
彩乃「確かに寒い…」
この子は彩乃。三ヶ月前にアメリカから転校してきた。
優しくて超美人。そういえば彩乃が転校してきたとき
クラスの陵以外の男子が彩乃に惚れて、さくらちゃん怒ってたっけ。
彩乃「そういえば陵君とさくらちゃんと龍君は?」
今はそれを聞かないでほしい。
陵とさくらちゃんは後ろの方でイチャイチャ中。
別に私には関係ないもんね。
私はイライラして走るスピードをあげた。
彩乃「ちょ!未来待ってよ〜」
未来「ごめん。ごめん」
スピードあげすぎた…。彩乃は凄く苦しそう。
彩乃「本当は気にしてるんじゃないの?」
未来「気にしてないし」
本当は、気にしてる。
陵とさくらちゃん今どんな感じになってるんだろう。

  陵目線
陵「未来さんどこでしょう…」
さくら「未来なら先行ったで。そんなことより陵くん!!
    今度遊園地行かへん?」
陵「・・・・・」
未来さんはもう走り終わったんでしょうか。
さくら「陵くん!!」
陵「す、すみません!」
さくら「また未来のこと考えてたんか(怒)」

   未来目線
未来「終わった〜!!」
彩乃「疲れたね」
未来「まあね。」
私たちは10Kmを走り終えゴールの近くにいた。
確かに10Kmは少し辛いかも。
明後日は、学校からスタートでゴールも学校だ。
この日は思いもしなかった。
マラソン大会の日が私にとって最悪な日になるなんて…。

   続く
下手ですね…。
どうしてこんなに文章力がないのか…。

37:五月:2012/04/24(火) 20:51

29は無かったことにしてください!!

感想まってます!!

38:◇みーちゃん◇:2012/04/24(火) 20:58

わー★
どんな風に最悪な日になるのかなぁ?
気になります〜♪

39:五月:2012/04/24(火) 21:17

みーちゃん感想ありがとう゚(゚´Д`゚)゚

マラソン大会当日
彩乃「始まるまで後10分だね!!」
未来「うん。なるべく上位を狙ってこう!!」
私は1位を取る自信がある。今日はよく晴れていて
風もない。寒くなくてよかった…。
彩乃「私はもう未来について行くのに精一杯…。」
未来「頑張ろうね。」
彩乃「うん!!」
そういえば陵は…?辺りを見回すと陵いた。
未来「陵〜ちょっとき…て…」
彩乃「どうしたの?あ…」
陵はさくらちゃんと楽しそうに話していた。
満面の笑顔で。本当はさくらちゃんが好きなんじゃないの。
何だか凄くイライラしてきた。
先生「1年生〜スタート地点に並べ!!」
彩乃「未来…」
未来「彩乃行こう!!」
グイッ
彩乃「うわっ!ちょ未来!!」
私は彩乃の腕を引っ張った。
今はあの場所にいたくない。


   スタート地点
先生「位置について…よーい スタート!」
ピストルがなったと同時にみんなが走り出した。
いよいよ始まった。

  続く
龍が一回も出ていない…。
この話が終わる前までには一回は出すようにしよう…。
あと下手…。

40:五月:2012/04/24(火) 21:19

えっと訂正
×陵いた

○陵がいた。でした><

41:霧羅:2012/04/24(火) 21:22

いえいえ、そんなことないですよ。
とても面白いですよ。
その才能私に分けてくださいよ…。
唐沢さん、大丈夫でしょうか?
なにもないといいですが…。
といっても、何か起こるんですよね…。

42:五月:2012/04/24(火) 21:24

霧羅>才能が欲しいのは私もだよ!!
   こっちこそ才能わけて〜!!
   

43:五月:2012/04/24(火) 21:43

霧羅感想ありがとう!!

走り出して今は8Km地点にいる。
彩乃は私のすぐ後ろだ。
少しきつくなってきたかも…。
未来「彩乃…大丈夫?」
彩乃「あと何キロ…?」
未来「2キロ位だと思う…。」
私たちは結構上位の方にいる。
このままいけば、1位いけるかも!!
そう思った後、陵とさくらちゃんが笑い合ってる
光景が浮かんできた。また二人で走ってるのかな。
私は何となくポケットに手を入れた。
未来「…な」
彩乃「え?」
未来「ない!?」
ポケットに入れてあったハズのキーホルダーがない!!
陵からもらったキーホルダー。
(そうゆうことにしておいてください><)
チェーンが取れたからポケットに入れてたんだっけ。
入れなきゃよかった…。
彩乃「どうするの?」
探すしかないか…。1位はまた来年取ればいいか。
未来「探してくる」
彩乃「私も探す?」
未来「いいよ。私の変わりに1位とってね」
彩乃「分かった!見つかるといいね!じゃあね!!」
未来「さて…と」
どこから探そう…。

続く

44:霧羅:2012/04/24(火) 21:48

見つかるといいですね。
ていうより見つかれ!
ですかね?(笑)

45:五月:2012/04/24(火) 22:04

今日最後の小説!!
霧羅ありがと〜☆

マジでない!本当にどこにあるんだよ(怒)
彩乃もうゴールしたかな…。
??「うわ!!」
え!?誰かの声がした。
そう遠くなかったような…。
行ってみよう!!
未来「大丈夫!どうし…た 陵?」
何でさくらちゃんと陵が…
抱き合ってるの?
陵「未来さん!?あの!」
そっか。やっぱり私何かよりさくらちゃんが好きなのか。
私の勘違いか。馬鹿みたい。
さくら「未来…?」
未来「…らない」
陵「え…?」
未来「知らない!もう…二人でイチャついてれば?
   よかったね両思いで」
陵「そんな!僕は未来さんを!」
未来「嘘なんかいいよ!じゃあね!!」
私は全力で走った。
後ろで陵が何か言った。でも聞こえないふりをした。
もう私には…関係ない。
ドン!!
未来「痛た〜」
目をつぶって走ってたから石につまずいた。
本当ついてない。
速くいかなきゃ。
「痛っ!!」
立ったら足に激痛がはしった。
足をひねっっちゃた。
どうしよう…。

陵視点
陵「未来さん…」
誤解させてしまったようです。
さくらさんが転びそうになったところを
僕が支えようとしたら運悪く抱き合ってるように…
さくら「どうしよう。陵くん?」
ダッ!!
さくら「ちょ!陵くんどこ行くんや!!」
僕は未来さんのもとへ走った。


続く
また龍が…。

46:オリオン:2012/04/24(火) 22:15

未来〜?
大丈夫?
そんなときは、あたしは、
桜と陵を見てお幸せに!って笑顔で
言ってそのまま泣いて走ってくね
未来〜他の男子とイチャイチャして
陵の事なんかあたまに入れるな〜
そして桜〜ち〜ゃん〜(怒りMAX)
未来が居るところで陵とイチャイチャ
すんな(怒)
未来の泣き顔みたくね〜!
それに陵に嫌われる行為自分で
してるし(プッ)
そして陵〜(怒りMAX)
桜と抱き合うなんてサイテーだね
自分で未来を泣かせてるの
築かないのか!!この純感野郎〜!

47:霧羅:2012/04/25(水) 17:47

唐沢さん、大丈夫でしょうか...。
あと、キーホルダー見つかるでしょうか…?

48:霧羅:2012/04/25(水) 18:00

未来視線

〜0時、1分前〜

青冶「あっ!そろそろ俺行かなくちゃっ!」
未来「え?」
青冶「だって俺今消えかかってるだろう?」
言われてみれば…。話に夢中で全然気がつかなかった…。
未来「……。」
青冶「未来?」
未来「お兄ちゃん、もう会えないの?」
ギュッ
私はお兄ちゃんに抱きついた
青冶「大丈夫だよ^^また会えるよ。いつかきっと…。
   俺はいつも未来のそばにいるよ…。」
未来「絶対だよっ!絶対だからねっ!」
カチッ
あっ!0時…。
すぅ…。
青冶「ああ…。」
…。お兄ちゃん、とても楽しかったよ…。ありがとう…。
私は自然と涙が出てきた…。
キッ!
だめだっ!泣いちゃだめだ…。
ゴシゴシ…。
私は服の袖で出てきた涙を拭いた。
でも、なんか悲しいな…。
さっきまであんなに楽しかったのに…。
明日学校か…。
行く気でないな…。
なんか体がだるいし…。

ということで今日にあたります。
ほんと、長くてすみませんっ!

49:◇みーちゃん◇:2012/04/25(水) 18:19

なるほど!
だから未来は落ち込んでた(?)のですね!
霧羅さん!続き頑張って下さい!!

50:霧羅:2012/04/26(木) 15:25

ありがとうございます。

陵視線

〜放課後〜

未来さん、大丈夫でしょうか?
いっそ未来さんに聞いてみましょう。
陵「未来さんっ!」
未来「えあ?陵どうしたの?」
陵「昨日なんかありましたか?」
未来「えーっとー…。」
未来さん、迷ったような顔をしています…。
僕は未来さんをじっと見つめます…。
未来「はぁ、分かった。話すよ…。
   といっても大したことじゃないんだけど…。」
未来さんは、簡単に僕に昨日のことを話してくれました。
陵「そういうことでしたか…。でも不思議ですね……。」
ブツブツ ブツブツ
未来「陵?」
陵「あっ!すみませんっ!」
未来「だけど、あのときから、体がだるくて…。」
陵「大丈夫なんですか?」
そういえば、朝から未来さん顔色が悪かったですね…。
未来「大丈夫だ…よ……。」
バタッ
陵「!?」
陵「未来さんっ!」
すっ…。
とりあえず、保健室に運びましょう。
コツコツ コツコツ ガラガラッ
陵「!?」
聖「?陵じゃないか、!未来、どうしたんだ?」
なぜ、聖先生が?
陵「…。とりあえず、ベットお借りしますね。」
聖「で、未来はどうしたんだ?」
陵「それはですね………」
       省略
陵「……というわけです。」
僕は聖先生に大体のことを話しました…。
聖「!それ、やばいんじゃ…。
  陵っ!未来の事見ててくれっ!」
ダッ ガラガラッ ピシャンッ ダッ ダッ ダッ
陵「? はい、分かりました。」
どうしたんでしょう?聖先生慌てていましたね…。

51:◇みーちゃん◇:2012/04/26(木) 18:02

え?え?何がやばい………?
まさか…生命力を吸いとられたとか…?

52:五月:2012/04/26(木) 18:19

こんばんは〜☆


未来「痛い…。」
あれから多分20分は経ってる。
本当についてないなぁ〜。
陵は今頃…。
ポロッ。
未来「え?」
気が付くと私は目から大量の涙が溢れていた。
陵…。
??「…さん!!」
え…?今陵の声がしたような。
そんな訳ないか。だって陵はさくらちゃんと…
「未来さん!!」
…陵?凄く近い所から声がする。
私は後ろを振り返った。そこに居たのは紛れも無く…
陵だ。
未来「何でここにいるの!!私陵何か!!」
ギュッ。
未来「ちょ!!」
陵は私を凄い力で抱きしめた。
陵「未来さんが、僕のことを嫌いでも構いません!!
  僕はどんなことがあっても未来さんが好きなんですから!!」
未来「じゃあ何でさくらちゃんと抱き合ってたの!?」
陵「それは…」
陵は私を離した。
陵「それは未来さんの勘違いです。」
未来「はぁ!?」
勘違いって…。私が見た限り絶対抱き合ってた。
勘違い何かじゃない!!
陵「さくらさんが転びそうになったので、僕が支えようとしたら
  僕までまきぞいになって…」
陵の言ったとうり私の勘違い…?
未来「で でもずっとさくらちゃんといたじゃん!!」
陵「それは、もうすぐクリスマスなのでみんなでお祝いするために
  どこにするか、さくらさんと決めてたんです!!誤解をしたなら
  すみません」
私の勘違いじゃん全部!!思い込みしてただけじゃん!!
陵「あの…」
未来「え?」
陵「一緒に…ゴールしませんか?」
未来「え///」
別にいいけど何か忘れてるような…
未来「あっ!!陵に貰ったキーホルダー!」
陵「それがどうしたんですか?」
未来「落としちゃって!探さないと…!!」
私が立とうとしたその時、
未来「痛!」
そういえば私足怪我してたんだっけ!!
陵「大丈夫ですか!無理しないでください。
  キーホルダーはまた買いに行きましょう?」
未来「うん…でも歩けない…」
どうしようかな。ずっと此処にいるわけにも…
私がそんなことを想っていいると突然
グイッ!!
未来「わっ!!」
陵が私のことをおんぶした。
未来「降ろしてよ!陵///」
陵「暴れたらまた怪我しますよ?」
う…。それは嫌!!
未来「ゴールの所までだからね!!」
陵「わかってます。」
陵は笑いながらそう答えた。

未来視点
マラソン大会は無事終了した。
1位は取れなっかったけど、
陵と居れてて嬉しかったかも…。
でも何か忘れてるような…?
そうか!!龍!!聖!!
聖「次は出させろ!!」
龍「今度は出させろよ」
五月「ごめんなさい〜゚(゚´Д`゚)゚」

終わり♪
めちゃくちゃですね…。
リクエストあったらください!!

53:匿名さん:2012/04/26(木) 18:33

スレ主はここに来てるの?
ほったらかしで皆さんにまかせっぱなしですね。
あと小説皆さん上手なんですけど
誰が何を書いているのかごちゃごちゃ
で読みずらいです。
順番を決めて書いたらどうですか?

54:霧羅:2012/04/26(木) 18:52

? ほったらかしではありませんよ。
理由があって来られないだけですよ?
どなたか知りませんが、
アドバイスありがとうございます。
あと、名まえを書かないなんて
何か理由でもあるのですか?

55:五月:2012/04/26(木) 19:02

リクエストありますか?

56:匿名さん:2012/04/26(木) 19:49

54>じゃあ聞きますけど
来られない理由は何ですか

57:匿名さん:2012/04/26(木) 19:52

55>他人ですけど
こういうのはどうでしょう
さくらが龍と入れ替わるストーリーは
どうですか?

58:霧羅:2012/04/26(木) 20:10

理由は人それぞれです
匿名さんも入ればいいじゃないですか?

59:五月:2012/04/26(木) 20:18

AKB48&あやかし緋扇編☆

〜朝〜
未来「おはよう」
彩乃「おはよう!!」
未来「やけに元気だね。何かあったの?」
彩乃「あのね♪転校生が来るらしいの!」
また転校生?今年に入って2人めですけど!!
ガララッ
先生「席に付け〜。転校生を紹介する。入ってこい。」

続く

60:五月:2012/04/26(木) 20:29

やっぱ上の無しごめん(´;ω;`)
57>リクエストサンキュー☆

61:五月:2012/04/26(木) 20:49

さくらじゃなくて未来
龍じゃなくて陵にします!!

未来「眠い。」
陵「昨日何時に寝たんですか?」
確か昨日は…テレビ見てあれやってこれやったから…
未来「2時?」
陵「体に悪いですよ!」
だってしょうがないじゃん(怒)
未来「はいはい。」
ズカッ!!
未来「うわ!」
陵「未来さん!?」
ドテーン!!
未来「痛い…。」
石につまずいて派手に私は転んでしまった。
陵「大丈夫でした…え?」
未来「どうしたの?…え?」
顔を上げるとそこに居たのは…
私!?

続く

62:五月:2012/04/26(木) 21:04

未来「ど、どうなってるの!?」
陵「入れ替わってしまったんでしょうか…」
入れ替わった!?
とゆうことは、私は今陵の姿で、陵は私の姿ってこと?
訳わかんない。
未来「あのさ!!私の姿で敬語やめて!!」
陵「え?」
未来「当たり前でしょ!私敬語使わないし!!」
とゆうことは、私は敬語でいろとゆうことになるよね。
無理だ・・。
陵「とにかく練習してみましょう」
未来「うん」
敬語!敬語!
陵「じゃあ僕から…はぁ?ふざけてんじゃ…無理です。」
未来「はぁ?」
陵「じゃあ未来さんはできるんですか!?」
未来「やってみる…未来さんおはようございま…無理だね。」
陵「どうしましょうか」
どうしようって言われても…。
未来「と、とりあえず、学校行こう。」
陵「はい…」


続く

63:霧羅:2012/04/26(木) 21:56

入れ替わっちゃいましたね...。
無事に戻れるといいんですが...。
とういより、相手の真似、できますかね?
これからどうするんでしょう....?

64:五月:2012/04/26(木) 22:12

リクエスト募集中…。

65:五月:2012/04/26(木) 22:19

〜学校〜
女子1「未来〜おはよう♪」
陵「え?おおおはよう」
僕は未来さんでした…。
女子2「神山も一緒なの〜!?」
未来「悪い(怒)」
陵「未来さん!ダメです!!(小声)」
あ!私は陵だった!!
未来「未来さんと一緒がいいので…」
こんな感じ?
自分で言ってるけど恥ずかしい///
女子1「ふ〜ん」
不満なのかよ!(怒)
女子2「私達部活だからじゃあね!!」
やっと行った…。
未来「セーフだった…」
陵「ですね」
今日1日頑張ろう。

続く

66:オリオン:2012/04/26(木) 22:25

はたして!!
未来は、!!!どうなるのだろう?

つかショウコミの10号・・
裏切り?者なんか!!いないはず
だって
桜は、未来を回復させたし!!
陵は、未来の事好きだから絶対違う
それに龍も、未来の事好きだし!!

67:五月:2012/04/26(木) 22:44

どうだろうねぇ〜!?

放課後
未来「終わった…」
陵「はい」
今は帰り道やっと学校が終わった。
大変だった。でもどうやってもどるの?
そう考えていると後ろから…
さくら「何深刻な顔してんねん」
そう言いながら私の背中を叩いた。(陵の)
未来「わ!」
陵「未来さん!?」
またかよ〜(怒)
ドテーン
未来「いたた…あ!」
陵「痛い…あ!」

二人「戻ってる!!(ます)」
さくら「どうしたん!?」
まぁ何がともあれめでたしめでたし☆

68:五月:2012/04/26(木) 22:45

霧羅>リクエストある?

69:◇みーちゃん◇:2012/04/26(木) 23:38

あ、無事に戻ったんだぁ♪
あの、私リクエストしていいですか?
受け入れなくていいので聞いて下さい!
【*未来達が探偵だったら】が
リクエストです!私が勝手に書いた
だけですので、ダメならダメで
いいです^^

70:霧羅:2012/04/27(金) 16:16

◇みーちゃん◇さん、あたりです…。
リクエストですか…。
そうですね…。
「もしも、神山さんの力がなかったら」
または、「なくなったら」というのはどうでしょう?
あんまり自信がないのですが…。

では書きたいと思います。


未来さん、早く目を覚まさないでしょうか…。

〜数分後〜

 ガラガラッ タッ タッ
聖「陵、これを未来に飲ませろっ!」
陵「どうしてですか?」
聖「いいから早くっ!
  未来がどうなっても知らないぞっ!」
陵「! 分かりましたっ!」
僕は未来さんに聖先生に渡された薬を飲ませました
未来「……んっ…。」
陵「未来さんっ!」
未来さんが、未来さんが目を覚ましましたっ!
未来「…陵?あたしなんでここに…?」
陵「あっ…それはですね。
  僕が未来さんと話しているときに未来さんが
  いきなり倒れたんです…。それで保健室に運んだんです。」
聖「ちなみに、未来が倒れたわけだが…。
  生気を吸われすぎていたんだ。」
陵・未来「!?」
陵「なんでですか?」
僕がそんなことに気がつかなかったなんて…。
聖「おそらく、昨日未来は青冶にあっただろう?
  その時、未来は霊がいたのに気がつかなかったからだ…。」
未来「なんで見えなかったの!なんで!」
聖「はぁ…。それは…。青冶がいたからで…。」
未来「なんで兄ちゃんが関係があるのよ!
   これ以上お兄ちゃんのせいにするなら…!
   分かってるだろうな…?」
陵「わーっ!未来さん、落ち着いてくださいっ!
  ちゃんと、聖先生の話を聞いてくださいっ!」
聖「お前は、青冶の力で見えるはずの霊が見えなくなったんだ。
  お前も霊が見えなかった頃があっただろう?
  しかも青冶は霊を見る力を無くしていたんだ…。
  だから気づかないうちに生気を吸われていたっ!
  分かったかっ!分かったならやめろっっ!」  
未来「ちっ!…。分かった、分かりましたよっ!」
ほっ…。 でもなんで霊が見えなくなったんでしょう?                                                                                                             
まさか、お兄さんの力は未来さんに…?
だから、霊が見えるようになったのでは?
聖「まあ今回は命に別状はなかったから助かったな。」
陵「そうですね。未来さんが無事でよかったです。」
未来「はあ、私も気をつけないと…。」
もう、こんなことが起こらないように、
きちんと未来さんを守らなくてはっ!

いっそう未来を守るのに力を入れる陵であった…。

       終わり

下手ですみません…。

71:◇みーちゃん◇:2012/04/27(金) 18:32

いえいえ。とても面白いですよ^^
これからも小説頑張って下さい(´∀`)

72:匿名さん:2012/04/27(金) 18:49

やはりスレ主は来ないんですね

73:◇みーちゃん◇:2012/04/27(金) 19:35

72>匿名さん、どういう意味ですか?

74:匿名さん:2012/04/27(金) 20:22

73
スレ主が自分のスレに来ていないのはどうかと思っただけです

75:霧羅:2012/04/28(土) 12:14

いつかはきますよ?
来れないのは何かしら理由があるからですよ。
匿名さんもいそがしくて来れない時もありますよね?

76:◇みーちゃん◇:2012/04/28(土) 17:37

霧羅さんの言う通りです。
待っていればいつか来ます。
だから来るまで私は待っているのです。

77:ami:2012/04/28(土) 18:35

入れて下さい!!(ちょっとKYだったかな)

78:霧羅:2012/04/28(土) 19:41

いいえ、全然ですよ?
amiさん、よろしくお願いします

79:五月:2012/04/28(土) 19:54

リクエストください!!

80:霧羅:2012/04/28(土) 20:32

69、リクエスト
70、上の方も

81:五月:2012/04/28(土) 21:02

先にみーちゃんのリクエストから書きます!!
(自信がない…)


未来「陵!!早く行こう」
陵「はい!」
私達には秘密がある。それは…
ガラッ(ドアをあける音)
さくら「遅いわ!」
龍「1時間遅刻だ」
陵「すみません!」
未来「ごめん!!」
それは私達が…探偵だとゆうこと。
さくら「依頼人待たせとるんや(怒)」
未来「あやまってるじゃん!!」
龍「速く行くぞ」
誰だっけ依頼人。女の子だったような…。

〜依頼人の家〜
ピ−ンポーン
4人「・・・・」
ピーンポーン
4人「・・・・」
何で…
未来「何ででないの(怒)」
私が大声で言った瞬間奥の方の部屋から声がした。
依頼人「はーい!待ってください!!」
ダダダッ(足音)
こっちに向かってくる。
ドテーーン
未来「え!!何!?凄い音したけど大丈夫なのかな。」
陵「はい…」
ガチャン
ドアが開いた。
そこに立っていたのは…


続く

82:霧羅:2012/04/28(土) 21:17

? 誰でしょう?
  依頼者は…?

83:五月:2012/04/28(土) 21:22

そこに立っていたのは…
凄く可愛い女の子。私達と同じくらいかな?
依頼人「入ってください」
家に私達はあがった。
未来「綺麗な家〜」
依頼人「そんなことないですよ」
そういえばさっき…
未来「何かさっき凄い音したけど…」
依頼人「あ…つまずいて転んでしまって…」
陵「大丈夫ですか?」
依頼人「平気です!よくあることです私には!もう慣れました!」
そうゆうのって慣れちゃいけないんじゃ・・・。
依頼人「座ってください」
私達はリビングに案内された。
陵「まず自己紹介からしますね。僕は神山陵です。
  よろしくお願いします。」
相変わらずの挨拶。丁寧だね〜。私は絶対できない。
さくら「うちは、桜咲さくらや。んでこっちが弟の龍や」
龍「宜しく」
この二人本当に似てないよね。
次は私の番か。
未来「私は唐沢未来。宜しく」
こんな感じか。
依頼人「私は山口桃華です。」
桃華ちゃんか、顔も名前も可愛いな。
私の理想そのものだ。
陵「依頼の内容は何ですか?」
桃華「3ヶ月前くらいから始まったんですが、
   夜の2時をすぎると、私の寝ている部屋のドアの前で、
   誰かが、ずっとドアを叩いてるんです。最初は風か親かと
   思ったんですが、違うと言っていて、怖くなって友達に
   近くに探偵がいると聞き依頼をしたんです。」
陵「なるほど」
さくら「考えるより、その部屋に行った方がええんちゃう?」
陵「そうですね。桃華さん。いいですか」
桃華「はい」

続く

84:霧羅:2012/04/28(土) 21:25

誰がこんなことをしているんでしょう…?

85:五月:2012/04/28(土) 21:38

桃華「ここです」
陵「ありがとうございます。」
綺麗な部屋。ずいぶん綺麗ずきなんだね。
ああ、そんなことより捜査だ。
さくら「あんた霊見えるやろ。」
桃華「少しなら」
ふぅ〜ん。桃華ちゃんも見えるんだ。
龍「陵。」
陵「はい。分かってます」
さくら「早くしたほうがよさそうやな」
え?何?意味わかんない?分かるように説明してよ!
未来「どうゆう意味?」
さくら「馬鹿には分からんやろ」
陵「さくらさん…」
龍「見てれば分かる」
はぁ〜(怒)見てればわかるって、私も一応探偵の仲間ですけど!!
陵「あの、桃華さん」
桃華「何ですか?」
陵「今からやることは、桃華さんにとっては、
  とても辛いことですが、いいですか?」
桃華「え?…分かりました」
え?は?一体何が始まるの?
分かってないの私だけっ?

86:霧羅:2012/04/28(土) 21:42

まさか、犯人は霊ですか?

87:◇みーちゃん◇:2012/04/28(土) 23:33

あ!私がリクエストしたものが……!
五月さん、ありがとうございます(泣)
辛いことだから…やはり除霊………?
続き楽しみです♪
頑張って下さい(´∀`)

88:五月:2012/04/29(日) 08:38

陵「桃華さん。これから除霊とゆうものを始めるんですが、
  桃華さんを苦しめてる霊は夜にならないと、でません。
  なので、一旦僕達は帰ります。」
桃華「分かり…ました」
除霊?幽霊の仕業だったの!?でもどうして…。
陵「それではまた。お邪魔しました」
さくら「あまり外に出ないようにしたほうがええよ」
龍「危ないからな」
桃華「はい。ありがとうございました」
除霊となると、私は手を出さない方がいいのかな。
そういえば私全然役にたってない!!
足でまといかな。てゆ〜か意味説明してくれてもいいのに!(怒)
未来「気を付けてね。じゃ」
バタン(ドアを閉める音)
陵「未来さん。」
未来「何?」
陵「さっき意味が分からないっていってましたよね」
未来「まぁ〜うん」
覚えてたんだ。てゆうか誰も聞いてないと思った。
陵「なら説明するので、よく聞いてください」
未来「うん」

続く

89:◇みーちゃん◇:2012/04/29(日) 08:50

陵………説明するのかい………。
『よく聞いてください』ってことは、
とても大切なのかなぁ………。

90:匿名さん:2012/04/29(日) 08:51

>>76
考えが甘い
待ってれば来る・・・
そんなの自分が思ってるだけ!
本人がここのスレを忘れていたら
どうしようもないでしょう。
皆さんに小説を書かせた・・・
なら、自分が書けないから
しか思えません。

91:五月:2012/04/29(日) 08:58

陵「桃華さんを苦しめていた霊は…
  桃華さんのお姉さんです。」
未来「なるほど〜…え!?お姉さん!?」
何でお姉さんだって分かったんだろう。
てゆうか、何で最初から説明してくれなかったんだ。
未来「みんなはお姉さんの仕業だったって知ってたの!?」
龍「確信は無かったが、そうじゃないかとは思っていた」
さくら「だいだいのところは分かってたで」
みんなやっぱり知ってたんだ。
未来「じゃあ何で説明してくれなかったの?」
陵「桃華さんの前で説明したら、桃華さんを混乱させてしまうかも
  しれないと思ったからです」
未来「そうゆうことか」
陵「では一旦解散しましょう。」
未来「うん」
さくら「また夜にここで集まればええんやろ」
陵「はい」
夜か…集まるの。少し怖いような。

続く

92:五月:2012/04/29(日) 09:48

〜夜〜
陵「ではいきますね」
桃華ちゃんの部屋で除霊することになった。
陵「鎮守の神よ 隠されし者を照らせ」
陵がそう言った後…そこに立っていたのはやっぱり
桃華ちゃんのお姉さんだった。
桃華「お姉…ちゃん?」
彩香「…くい」
未来「え?」
彩香「桃華!あんたがにくい!!」
そう言った後お姉さんがこっちに向かってきた。
桃華「きゃ!!」
未来「危ない!?」
陵「鎮守の神よ この緋扇に宿れ」
パァ〜
彩香「本当は…にくいなんて思って無かった。
   ただ羨ましかっただけなの…ありがとう。
   じゃあね桃華」
お姉さんは綺麗な笑顔を見せた後何事もなかったかのように
消えていった。
桃華「う…」
未来「桃華?大丈夫?」
私が桃華に触れようとしたとき
陵「未来さん」
未来「え?」
陵のほうをむいたとき陵は首を横に振っていた。
陵「今はそっとしといてあげましょう」
未来「うん。桃華ちゃん下にいるよ」
そう言い残した後私達は下のリビングで
桃華ちゃんが落ち着くのをじっと待っていた。
誰かを亡くす気持ちは分かる。痛いほど。
桃華「ありがとうございました」
未来「桃華ちゃん。」
いつの間にか桃華ちゃんはリビングにいた。
陵「大丈夫ですか?」
桃華「平気だよ」
さくら「お姉さんと何があったんや?」
桃華「お姉ちゃんの名前は、彩香。
   高校1年生の私より1つ年上の凄く優しいお姉ちゃんだった。
   でもあるときをきっかけにお姉ちゃんがおかしくなっちゃったの。
   毎日遊び回って、未成年なのにタバコを吸ったり、そんな時
   お姉ちゃんがいつものように遊び回って帰って来なっかた時
   1本の電話がかかってきた。その内容が、お姉ちゃんは
   事故で死んだって。急いで病院に駆けつけたら、そこには
   私の彼氏の桐がいた。どうしているのか聞いてみたら、
   昔お姉ちゃんの彼氏だったらしくて…」
未来「でもどうして憎まれるひつようがあるの?
   だって、昔の彼氏でも、今はお姉ちゃんと別れて
   桃華ちゃんのかれしになったんでしょ?」
桃華「最初は私もそうだと思った。だけど違った」
未来「え?」
桃華「桐はお姉ちゃんと…別れていなかった」
さくら「二股ってゆうことやな」
桃華「うん。でも桐は私を選んでお姉ちゃんに全部言ったんだって、
   桐に言われて、別れようって言われてから、お姉ちゃんは
   おかしくなっちゃった」
未来「今でもその人とは…」
桃華「付き合ってない。そのことを聞いてから、私はその人とは
   別れた。でもお姉ちゃんに悪いことをしたのにはかわりない」
龍「それは違うんじゃないのか」
桃華「え?だってお姉ちゃんは私に憎いって!!」
陵「でもお姉さんは言ってたじゃないですか。羨ましかったって、
  ありがとうって言ってたじゃないですか」
桃華「お姉ちゃん…ごめんなさい」
未来「泣いていいんだよ。私達はまた落ち着くまでここにいるから」
桃華「うん」

続く

93:霧羅:2012/04/29(日) 09:53

無事依頼解決っ!ですね。    

94:五月:2012/04/29(日) 10:09

霧羅>無事解決♪

桃華「ありがとうございました」
未来「うんじゃあね」
陵「では」
さくら「気を付けてや」
龍「じゃあな」
桃華「はい!!」
桃華ちゃんがドアを閉めようとしたとき
陵「あ!桃華さん!!」
桃華「え?どうかしましたか」
陵「僕達が探偵だとゆうことは内緒で」
桃華「はい!」
バタン(ドアを閉める音)

桃華視点
桃華「何か…不思議な人たち…私も頑張って生きていこう」

続く

95:五月:2012/04/29(日) 10:24

未来「陵、龍、さくらちゃん来て!」
陵「どうしたんですか?」
龍「どうした」
さくら「何や」
未来「ほらこの前の依頼人の桃華ちゃんから手紙きてるよ」
未来「読むからね。『先日はありがとうございました。まだ完全には
   立ち直れてはいませんが、頑張って生きていこうと思います。
   私に生きる希望と勇気をくれてありがとう。それと未来ちゃん
   見てて分かったんだけど、未来ちゃんは陵君のこと…
陵「どうしたんですか?続き読まないんですか?」
未来「知らない!!さくらちゃん依頼ないの!?」
さくら「あるで一つだけ」
未来「じゃあ行こう!!」
龍「分かった」
陵「はい」

未来視点
桃華ちゃん、ゆうよ。いつかわね。『先日はありがとうございました。
まだ完全には立ち直れてはいませんが、頑張って生きていこうと思います
私に生きる希望と勇気をくれてありがとう。それと未来ちゃん見てて分かったんだけど
未来ちゃん陵君のこと…好きなら頑張って告白しなよ!応援してるよ

桃華より』


私達は探偵。どんな依頼でも解決してみせます。あなたにも
悩みがあるなら、私達に依頼してください。
すぐ駆けつけますよ^^

終わり

96:霧羅:2012/04/29(日) 10:31

終わり方上手ですね

97:五月:2012/04/29(日) 10:43

霧羅>下手くそすぎだよ私!

未来「陵…。」
陵「すみません!本当にすみません!」
未来「いや…陵が悪いわけじゃないよ」
どうしてこうなったかとゆうと、
1時間前のこと
未来「おはよ」
陵「・・・・すみません」
未来「はぁ!?」
何いきなり「すみません」って怒ってないんだけど!
陵「実は…」
未来「扇を…無くした!?」
陵「本当にすみません!!」
回想終了

未来「でも一体何で…陵が無くすわけないのに…」
陵「朝未来さんと歩いてるときから無かったんです」
未来「起きたときは?」
陵「ありました」
じゃ〜誰かが盗んだとか…。

続く

98:霧羅:2012/04/29(日) 10:50

扇が見つかることを願います.....。

99:五月:2012/04/29(日) 10:53

さくら「それでうちのとこに来たんか」
未来「盗むわけないよね。ごめんごめん」
さくら「ほんとや!いくら陵くんのこと好きでも
    陵くんを困らすようなことはせーへんよ!!」
未来「さくらちゃんじゃないとすると…」

龍「それで俺が盗んだと言いたいのか?」
未来「いや〜それは〜ないよね」
龍「俺は盗んでない」
未来「じゃあ誰が…まさか…ルウナ?」
陵「ルウナさんって転校生のですか?」
未来「うん」
ルウナは転校してきた子。物静かで誰とも友達にはならなかった
けど、一人だけ気の合う友達ができたらしい。それが陵だ。
ルウナが陵のこと好きになるのは分からなくはないけど…。
ドドドッ
さくら「何や!?」
未来「地震?」
彩乃「ねぇ!!!」
未来「彩乃!!」
彩乃「ルウナが!!」

続く

リクエスト募集中

100:西條 彩香:2012/04/29(日) 10:56

ルウナさんがどうかしたんでしょうか....?

101:五月:2012/04/29(日) 11:05

〜屋上〜
バタン(ドアを開ける音)
未来「ルウナ!」
ルウナ「未来さん…あなたを許さない」
未来「はぁ?」
ルウナ「私は神山さんが好きなのに…あなたが邪魔なのよ!!」
未来「邪魔…?」
やっぱり好きなのか。
ルウナ「あんたには消えてもらう。」
未来「なっ!!」
ルウナの手にはナイフが握られていた。
グサッ

続く

102:五月:2012/04/29(日) 11:13

陵「未来さん!!」
未来「痛…」
バタン(未来が倒れる音)
まぶたが重い。視界が暗くなる。
私死んじゃうのかな。まだ気持ち伝えてないのに…。


陵視点
陵「未来さん!…ルウナさんあなた…自分が何をしたのか分かって
  いるんですか!そんなに人を傷つけて楽しいですか!?」
ルウナ「ごめんなさい!!未来さんが本当ごめんなさい!」
え…態度が違う?まさかルウナさんは霊にとりつかれてっ!
彩乃「陵くん!未来を早く病院に!」
陵「分かってます!!」

続く

103:五月:2012/04/29(日) 11:15

えっと、
未来が死んじゃうのと、死なないのどっちがいい?
私ずいぶん残酷なこと聞いてるけど…。

104:霧羅:2012/04/29(日) 11:17

うあぁーっ!
誰かが刺されてしまいましたっ!(?)
大丈夫でしょうか…。(焦)

105:霧羅:2012/04/29(日) 11:19

死なないほうがいいにきまってますっ!

106:五月:2012/04/29(日) 11:49

〜病院〜
陵「未来さん。」
未来さんは手術中です。ルウナさんはパニックになっていたので
家に帰るように一緒に彩乃さんがいきました。
未来さん!死なないでください。あなたがいないと僕は…
ウィ〜ン(手術室のドアが開く音)
医師「未来さんは…


あれから1ヶ月未来さんは
未来「おはよ」
陵「無理しないでくださいよ。まだ怪我治っていないんですから」
未来「平気だって」
未来さんの手術は成功して、無事一命を取り留めました。
ルウナさんは責任を感じたのかまた転校してしまいました。
(強制退場(笑))
陵「あの時守れなくてすみません」
未来「平気。それで扇は見つかったの?」
陵「はい。ルウナさんが持っていました」
未来「そっか」
そういえば、未来さんが救急車で病院に運ばれているとき…
未来「陵…」
陵「喋らないでください!」
未来「陵…だ…す…き」
陵「なんて言ったんですか?未来さん!?」
そのまま未来さんは目をとじたまま四日間眠ったままでした。
あの時、未来さんはなんて言ったんでしょうか。
でも、本当に未来さんが生きていてくれて本当によかったです。

未来視点
私が運ばれている時に意識がもうろうとしてる中力を振り絞って言った言葉
陵分かってくれたのかな。それとも聞こえなかったのかな。
どっちでもいいや。今こうして陵と一緒に未来へ歩いて行けるのなら。
それだけで私の最高の幸せなんだから。こんな恥ずかしい言葉
絶対に言わないけど。でもいつかは…

終わり
何かリクエストないですか?

107:◇みーちゃん◇:2012/04/29(日) 17:33

90番の匿名さん
そうですよ?
私は考えが甘いんです。だから何?
た私があやかし緋扇が好きでここにいるんです。
だから待ってようが私の勝手。
それがいけないんですか?

108:実優:2012/04/29(日) 18:54

名前変更します!
◇みーちゃん◇から実優(みゆう)にします!
お騒がせすみません(汗)

109:五月:2012/04/30(月) 08:54

未来の好きな人は誰!?
(陵視点でいきます)

陵「う〜ん」
最近気になっていることがあるんです。
未来さんは誰が好きなのか分からないんです。
昨日彩乃さんが…
彩乃「ねぇ陵くん!」
陵「何ですか?」
彩乃「昨日は日曜日だったでしょ」
陵「それが何か?」
彩乃「昨日、未来と龍くんが一緒に買い物してたところを見たの!」
陵「未来さんと龍くんが…」
【回想終了】

未来さんに聞いてみるのも…
でも気になります!やっぱり未来さんに聞いてみましょう。
たしか理科室で聖先生の居残り授業をしてたはず…

〜理科室〜
ガララッ(聖が理科室のドアを開ける音)
聖「陵どうしたんだ?」
陵「あ、聖先生!未来さんは…」
聖「あ〜未来なら理科室にいる。俺の話を聞いていないから
  居残りになるんだ。自業自得だ。」
陵「ははは…僕未来さんに用事があるので」
聖「教えてやらなくても平気だぞ。龍が教えてるから。
  大事な話があるからって未来に追い出されたんだ。」
龍くんに教えてもらっているんですか…。それではやっぱり
未来さんは龍くんのこと…。
聖「陵大丈夫か?」
陵「はい。それでは僕は帰ります」
聖「未来はいいのか?」
陵「外で待ってますから大丈夫です。では」
聖「気を付けて帰れよ」
何かいつもの陵じゃねぇ〜な。気のせいか…。

続く
【反省会】
陵「こんなこともありましたね」
未来「私一言も喋ってない…」
さくら「うち何かさくらの「さ」の文字もなっかたで(怒)」
龍「俺も喋ってない」
聖「俺はギリギリでれたぜ!」
五月「未来ファン&さくらファン&龍ファンの人本当にすみません><」

110:五月:2012/04/30(月) 09:24

未来視点

未来「だ〜か〜ら教科書どうりにやってもできないんだけど!」
龍「これをこうして…」
未来「あ〜(怒)また失敗した!!」
龍「はぁ〜」
未来「そんなに私に教えてるの疲れるの!?」
龍「まあな」
未来「はぁ〜!?」
【少しお待ちください】

〜30分後〜
未来「できた…」
龍「もう10回くらい失敗したんじゃないのか?」
未来「はぁ(怒)」
龍「いや…何でもない(汗)」
ガララッ(ドアがあく音)
さくら「はよしーや!時間見てみぃ(怒)」
未来「え?」
時計を見てみると…。
未来「うそ!?もう6時じゃん!あれから2時間もやってたの!!」
龍「帰るぞ」
未来「うん」

〜陵視点〜
陵「遅いです…」
あれから多分2時間くらいは経ってるはずです。
何かあったのでしょうか。
未来「やばい〜!早く帰んないと!?」
未来さんの声…ですよね!
陵「未来さ…」
未来さんは龍くんと楽しそうに話しながらこっちに向かってきます。
龍くんがいるなら…未来さんは平気ですよね?
僕は…行きましょう。

未来視点
未来「あれ?陵は?」
さくら「あの走ってるの陵くんちゃう?」
未来「ほんとだ…」
龍「行かなくていいのか?」
未来「まだ龍に話してないしあのこと。」
さくら「何がや?話って」
未来「それは…○○○○ってわけで」
さくら「それなら協力さしてもらうわ」
未来「ありがとう!」
龍「俺も聞いたから、早く陵の所に行け」
未来「ありがとうじゃあね」

さくら視点
さくら「ええのか?」
龍「いいんだ。未来の頭の中は陵でいっぱいだからな」
さくら「ふぅ〜ん。そうか」
うちは、あきらめないで。

続く
【反省会パート2】
陵「○○○○って何ですか!?」
未来「次のお楽しみ(笑)」
さくら「せやな」
龍「まだ知らない方が面白いからな」
陵「分かりました…」
聖「お前ら…俺の存在忘れてないか?」
龍「忘れてたな」
さくら「いたんか?」
未来「いたの?」
陵「皆さん…(汗)」
聖「お前ら〜(怒)これを見てる人は俺のこと忘れてね〜よな?」
五月「どうでしょう^^」
聖「はぁ〜(怒)」
五月「すみません´Д`」

111:レイナ:2012/04/30(月) 09:57

あの、私もはいっていいですか?

112:実優:2012/04/30(月) 13:10

○○○○ってなんだろー…?
未来は笑ってるしぃ〜。
あの、私タメ口&呼び捨てokですか?
私はokです^^

113:オリオン:2012/04/30(月) 14:35

あたしも途中から聖というキャラが
居たのかも忘れちゃった♪♪♪♪

114:霧羅:2012/04/30(月) 17:19

聖さん、久しぶりの登場ですね。
私も気になります....。
○○○○ってなんでしょう.....?

115:五月:2012/04/30(月) 20:29

未来視点
未来「陵どこ行ったんだ?」
走り回って10分くらい経ったかな?
未来「あ!いた!陵!!」
陵はこっちを向かない。
未来「陵!」
何で向かないんだよ!(怒)
未来「私の話を聞きなさいよ!」
陵「なん…ですか?」
何ですかって…。
未来「どうして行っちゃうの!?」
陵「未来さんは龍くんと帰るのかと思いまして…
しかも未来さんは龍くんのことが好き「はぁ!?私の好きな人は…」
陵「好きな人は…誰ですか?」
そんな真剣な目で見ないでよ…。恥ずかしいいじゃん!
未来「好きな人は…いない!いるわけないじゃん!バッカじゃないの?」
やっちゃた…。せっかくのチャンスだったのに!
陵「そうですか…よかったです」
未来「あっそ。」
可愛くな〜い。くそぉ〜可愛くて素直な人になりたいよ。
陵「そういえば龍くんと何を話していたんですか?」
未来「それは…明日分かると思うよ?」
陵「そうですか。明日が楽しみです^^」
明日が楽しみなのは私も…なわけないし///

続く
【反省会パート3】
聖「俺をだせ!(怒)」
未来「聖話してる所何か聞きたい人なんかいないでしょ。」
さくら「聖ファンいないんちゃう?」
聖「お前らいくらなんでも言いすぎだろ!俺一応教師だぞ!?」
未来「聖が教師になれたのは奇跡だよ!凄い!!」
聖「お前…馬鹿にしてるだろ!」
未来「別に〜。」
陵「未来さん…(汗)」
さくら「聖は反省会もでなくていいんちゃう?」
聖「何だと!?」
陵「さくらさんまで…龍くん止めてください!」
龍「ほっとけ」
陵「えぇ〜!?」
五月「聖はまぁ〜一回位は…「もっと出せ!」
未来「うるさい((殴」
聖「痛いだろ!殴るなよ!お前少しは女らしくしろ!」
未来「はぁ〜!?(怒)」
五月「えっと…お騒がせしました(-_-;)」
(反省会なのに…)
未来「何かゆった(怒)」
五月「いえ!?何でもないです!」

116:五月:2012/04/30(月) 21:04

〜次の日〜
陵「準備できました…」
さくらさんと龍くんの家が集合場所と未来さんが言っていました。
一体何があるのでしょう?

〜さくらの家(龍の家)
陵視点
つきました。
陵「お邪魔しま…
パーーンッ
陵「!」
未来「誕生日おめでとう!」
さくら「おめでと〜な」
龍「おめでとう…」
誕生日…?そうでした!今日は僕の誕生日でした。
未来「忘れてたの!?」
陵「はい…」
さくら「自分の誕生日って忘れるもんなんや」
龍「そういないと思うぞ」
未来「うん…でもよかった」
陵「何がですか?」
未来「陵…怒ってるのかと思ってた」
陵「そんなわけないじゃないですか。どんなことがっても
  僕は未来さんが大好きなんですから。今日はありがとうございます^^」
未来「はぁ〜!?何言って///」
さくら「ラブラブすんな!!」
未来「してないし!」
龍「さくら…」
陵「…クスッ」
未来「陵?」
さくら「どうしたんや?」
龍(頭おかしくなったか?)
陵「いえ。こうゆう楽しい毎日がずっと続いていけばいいなと思いまして」
未来「そうだね」
龍「ああ」
さくら「ほんまやな」

未来視点
あたしたちは夕方までお祝いしていた。

〜帰り道〜
陵「ありがとうございました」
未来「じゃあね。」
さくら「また明日な」
龍「じゃあな」
二人と別れてあたしの家が近ずいてきたころ…
陵「未来さん」
未来「何?」
陵「手…つないでいいですか?」
未来「え?何で!?」
急に…///
陵「誕生日だけのわがままです^^」
未来「…今日だけだからね///」
陵「はい」

あたし達はきっとどんなことがあっても
引き裂けない絆、愛がある。
きっとこれは永遠の愛と絆だと思う。
何年経っても何十年経ってもきっと変わらない。

終わり
リクエストください!

117:五月:2012/04/30(月) 21:29

感想をぉ〜。

118:霧羅:2012/04/30(月) 23:45

やはりそうでしたか……。
皆さん、誕生日会楽しめたようでよかったです。
今回は霊も出ませんでしたしっ!
最後のまとめ方いいですね^^

119:実優:2012/05/01(火) 17:52

あ!
○○○○は“誕生日会”なのですね!
なるほどです♪(#>∀<#)/
小説お上手ですね^^
尊敬します♪♪

120:五月:2012/05/01(火) 20:34

そんなことは…ありがとうございます!!

学級員「校外学習(宿泊学習)に行くのに班を決めます。部屋の班と一緒に行動する班
    です。まず部屋の班は3人です。男女分かれて決めてください。」
未来「彩乃一緒の班になろ〜」
彩乃は即答で「いいよ♪」といったけれど彩乃の後ろには…
さくら「うちもいるで♪」
未来「チッ!」
さくら「何で舌打ちしてんねん(怒)」
さくらちゃんがいるとろくなことにならないよ〜。
そういえば陵は…やっぱりね龍と転校生の圭吾か。
圭吾の性格は…簡単にいえば面白かったら何でもやる的な?
まぁいいや。
そんなことを思っていると学級員が喋り出した。
学級員「決まったようですね。では行動を一緒にする班を決めてください。
    5人です。」
5人か…てことは…
〜班を決めているので5分間お待ちください〜
未来「やっぱりこうなるよね〜」
さくら「不満か(怒)」
未来「別に〜」
本当はちょー不満。さくらちゃんといると何かに巻き込まれる…。
学級員「平等に決めたようですね」
決めてねーよ(怒)
勝手に決められたんだよ!
学級員「それでは行くところは千葉の東京ディズニーランドです」
何でディズニーランド?まぁいいか。
そういえば…何を着ていこう。
あああ(汗)何も買ってない。明日買いに行こう。

続く

121:五月:2012/05/01(火) 20:59

買いにきたものの…さくらちゃんが着そうな服ばっかり!
未来「あのぉ〜」
店員「どうしましたか♪」
未来「えっと動きやすそうな服で可愛いい感じの…」
ん!何言ってんのあたし!!可愛いいのって…。
別に陵のためなわけじゃ///
店員「彼氏さんのためですかぁ〜?」
面白そうに言うな!
未来「彼氏では///」
店員「ふふふ♪少しお待ちください」
未来「・・・・」
何だか…変な気持ち///
陵視点
陵「未来さん…?」
僕はお店に入ろうとしたら未来さんがいたので反射的に隠れてしまいました。
何を話しているんでしょう?
僕は盗みぎきをしていました。

未来視点
店員「こんなのはどうですかぁ〜」
未来「う…」
上がフリルのついたチュニックみたいな奴で下は半ズボンでリボンが
付いている。あたしにはハードルが高すぎる!!
でも陵のために…。
店員「彼氏さん喜ぶといいですね!」
未来「彼氏じゃ…」
店員「どんな子♪」
ノリのいい店員だな…。
未来「えっと…メガネをかけていて、見た目はダメンズだけど
   本当はそんなんじゃなくて、すごく優しい人です。」
店員「名前は?どのくらい好き?」
どうして店員と恋バナをしてるんだろう。
未来「神山陵ってゆう人で、どのくらい好きかってゆうと…それは  
   秘密です。」
店員「教えてよ〜」
未来「あはは…」
何で教えなくちゃいけないんだよ!聞かれたらどうするんだ!
ナレーター
それが…聞いているんですよ?

陵視点
陵「・・・・」
聞き間違いじゃありませんよね…?
これは中に入ったほうがいいのでしょうか?
・・・入ってみましょう。

続く

122:実優:2012/05/01(火) 21:21

まさかまさかの聞かれてたのか!
未来…ドンマイ……だな………。
うん、未来ドンマイ★

123:オリオン:2012/05/01(火) 21:23

陵、まだ入るな!!!!
たっぷり未来の
気持ちを聞いてから〜!!
(ニヤリ!!)
(ドSの笑顔)

124:五月:2012/05/01(火) 21:32

よければ「あやかし緋扇とみんなのコラボ小説!!」とゆうのも
みてください!宣伝すみません…><

125:霧羅:2012/05/02(水) 14:53

神山さん、よく入る気になれますね.....。
唐沢さんはどんな反応をするでしょうか?

126:実優:2012/05/02(水) 20:08

陵よく入ったな〜♪
未来がどんな反応するか楽しみ♪♪
(あれ?感想が霧羅さんと同じに
なってしまった………(汗))

127:あいり:2012/05/03(木) 13:36

はじめまして!

よろしくですb



ルウナさんが・・・どうしたの!?w

128:羅維:2012/05/03(木) 13:47

ども〜はっじめまして〜♪ 羅維(らい)です☆ミ

未来・・・あれは・・・告白してるといってもいいんじゃ!?ww


楽しみです♪

わたしも、未来がどんな反応をするのか・・・・?

楽しみッッッ!!!ww

129:霧羅:2012/05/06(日) 12:44

羅維さん、はじめまして
よろしくおねがいします^^

130:あいり:2012/05/06(日) 13:32

霧羅さん>はじめまして!!
     よろしくおねがいします♪

131:霧羅:2012/05/06(日) 13:50

はい、あいりさん
よろしくお願いします^^

132:霧羅:2012/05/06(日) 17:14

すみません…。
宣伝させていただきます…。
★あやかし緋扇の小説1★に来てくれる人を募集しています(?)
この宣伝で来てくれる方がいればうれしいです^^

133:実優:2012/05/24(木) 22:11

あの。スレを放棄するなら削除依頼だしていいですか?
あやかし緋扇のスレが多いという問題もでているので。
5月27日(日)まで待ちます。
そして、返事が来ないか許可を得たらこのスレを消そうと思います。
これを見て気を悪くされた方、すみませんでした。

134:見卯 133:2012/05/25(金) 17:00

133の実優と
 同意です。
少しでも考えて下さい。
このスレは皆様に
必要とされているのか。
必要とされてない
と、思えば消去依頼を
出してください。
本当に必要なのか
よ〜く考えて
いただけないでしょうか?
この文章を見て、
気分、機嫌を悪くされた方
には申し訳ないです。
長文すみません。

135:実優 ◆EppM:2012/05/27(日) 17:13

今日、削除依頼を出させてもらいます。

136:停止しました。。。:停止

真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

137:なっち のか:2014/08/07(木) 12:59 ID:ufQ

こんにちは\(^o^)/

138:みどっち!&◆yk:2014/08/07(木) 13:09 ID:7JA

こんにちは♪(ノ≧∀)ノ

139:なっち のか:2014/08/07(木) 13:25 ID:ufQ

遅いぞ!何してたんだ( ̄Д ̄)ノ

140:みどっち!&◆yk:2014/08/07(木) 13:34 ID:7JA

顔文字選んでた!(´-ε-`;)

141:なっち のか:2014/08/07(木) 13:43 ID:ufQ

誰か来てー

142:なっち のか:2014/08/07(木) 13:44 ID:ufQ

そっか(⌒▽⌒)

143:なっち のか:2014/08/07(木) 13:46 ID:ufQ

明日、遊べる?

144:なっち のか:2014/08/07(木) 13:46 ID:ufQ

明日、遊べる?(午後)

145:なっち のか:2014/08/07(木) 13:59 ID:ufQ

今からサンリーナ行って来るから6時くらいにまた来るね!

146:香織:2014/08/07(木) 14:20 ID:cmg

あたしも入っていいー?

147:なっち のか:2014/08/07(木) 17:17 ID:ufQ

香織ってもしかして、中2で、高知に住んでる!?
みどっちは私の仲がいい友達!

148:みどっち!&◆yk:2014/08/07(木) 17:44 ID:7JA

ゴメン!出かけてた!明日遊べるよ!

149:香織:2014/08/07(木) 18:06 ID:cmg

なっちそーだよー!

高知に住んでる香織だよ!

みどっちよろしくね!

150:なっち のか:2014/08/07(木) 18:40 ID:ufQ

今から、盆踊りの練習だよ〜。ヤダな(>人<;)

151:みどっち!&◆yk:2014/08/07(木) 21:18 ID:7JA

香織!よろしく♪(≧▽≦)/

152:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/07(木) 21:30 ID:cmg

うんよろしく!

みどっちもさー「あやかし緋扇大好きな人、是非来てね♪」にはいたったらどうかな!

あたしもなっちもいるよ!

153:なっち のか:2014/08/07(木) 21:44 ID:ufQ

みどっち、香織、まってたよぉ(´Д` )

154:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/07(木) 21:58 ID:cmg

あっゴメーン…

ちょっと用事があったの!

155:なっち のか:2014/08/07(木) 22:00 ID:ufQ

話そ、話そ♪

156:なっち のか:2014/08/07(木) 22:11 ID:ufQ

『じょうだ〜んはよしこさん』とか『がってんしょうちのすけ』
っていつの時代だよ!

157:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/08(金) 05:14 ID:cmg

凄い名前………

158:みどっち!&◆yk:2014/08/08(金) 07:09 ID:7JA

おはよー!(>ω<)/

159:みどっち!&◆yk:2014/08/08(金) 07:10 ID:7JA

起きてる?

160:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/08(金) 07:25 ID:cmg

起きてるよ!

おはよー!

161:里奈♪ :2014/08/08(金) 07:31 ID:d06

こんにちは!

里奈でーす!

入らせてもらいまーす!

って、ええええ!?

香織!!なっち!!

ここでも会ったね!

里奈は、「あやかし」という言葉がついているスレは、必ずチェックするのだ!!

162:みどっち!&◆yk:2014/08/08(金) 07:39 ID:7JA

里奈さんこんにちは!よろしく!

163:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/08(金) 07:58 ID:cmg

里奈ー!

よろしく!

あたしも「あやかし」っていう言葉がついてるスレは絶対チェックするよ!

164:なっち のか:2014/08/08(金) 09:02 ID:ufQ

みんな早起きすぎるぜ(´Д` )私なんて今起きたよ〜

165:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/08(金) 09:50 ID:cmg

なっちが遅いだけ!笑

166:みどっち!&◆yk:2014/08/08(金) 09:53 ID:7JA

なっち起きるの遅いね〜!

167:里奈♪ :2014/08/08(金) 10:10 ID:d06

呼びためでいいですよー!


なんか…あやかしのスレを減らすためには みたいな感じのスレがあった…

あやかしのスレが多いのは、あやかしファンがいっぱいいるからだよ!

『あやかし緋扇掲示板』
っていうのを作ったらいいのに〜!

里奈は、もちろんあやかしファンですよ!

最近、小説書いてないね…

168:香織:2014/08/08(金) 10:47 ID:cmg

里奈!

そのスレあたしも見た!

てかあたしそのスレに何か書いてたでしょ?笑

確かにあやかし緋扇のスレが多いのはあやかしファンが多いから!

あたしも里奈と同感で「あやかし緋扇掲示板」作ったらいいと思う!作れたらの話だけど・・・

でもスレが多いのってあやかし緋扇だけが原因じゃないよね?

注意する人が他のスレに言ってるかどうかは知らないけどもしあやかし緋扇のスレだけに言ってるなら、
それってあやかし緋扇ファンに対するいじめ?かな?

長文失礼しました!

169:香織:2014/08/08(金) 13:36 ID:cmg

誰かこないのー(泣)

170:みどっち!:2014/08/08(金) 20:36 ID:7JA

やっほー!(ฅ'ω'ฅ)♪

171:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/08(金) 20:44 ID:cmg

みどっちきたー!

172:みどっち!:2014/08/08(金) 21:40 ID:7JA

なっちこないね...(  ̄〜 ̄)

173:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/08(金) 21:46 ID:cmg

うん……

なっちきてほしい…

174:なっち のか:2014/08/09(土) 08:59 ID:ufQ

ごめん(>人<;)昨日盆踊りの練習長引いちゃって来れなかった(´Д` )

175:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/09(土) 09:45 ID:cmg

いいよ!

気にしないで!

176:なっち のか:2014/08/10(日) 09:57 ID:ufQ

誰か来てー(´・Д・)」

177:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/10(日) 11:22 ID:I5g

なっちー!!!

きたよー!

178:みどっち!:2014/08/10(日) 13:40 ID:7JA

(ノ≧∀)ノ♪

179:匿名さん:2014/08/10(日) 14:36 ID:ufQ

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

180:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/10(日) 14:44 ID:I5g

?????????????????

181:みどっち!:2014/08/10(日) 14:45 ID:7JA

なっち?

182:(泣) のか:2014/08/10(日) 15:01 ID:ufQ

ごめん(>人<;)弟がいじってた!今あやかし緋扇小説ブラックゲーム編っていうのみてた!すっごく怖いよ〜(>人<;)

183:なっち のか:2014/08/10(日) 15:02 ID:ufQ

ごめん(>人<;)弟がいじってた!今あやかし緋扇小説ブラックゲーム編っていうのみてた!すっごく怖いよ〜(>人<;)

184:みどっち!:2014/08/10(日) 19:34 ID:7JA

あ〜!びっくりした〜!Σ(・□・;)

185:香織 kaori.228@softbank.ne.jp:2014/08/10(日) 20:01 ID:I5g

ゴメン!

遅くなった!

186:ななぺ:2014/08/16(土) 19:34 ID:V2Q

あやかしひせん、サイコー(^○^)

187:なっち のか:2014/08/16(土) 20:26 ID:ufQ

はじめまして(^○^)ななぺちゃん!

188:七光 sO:2014/08/17(日) 21:57 ID:/J2

こんにちは!!突然ですが、入れてください!!私も、あやかし緋扇大好きです!!あと、今度小説を、書いてみます!!(突然ですみません!!)

189:なっち のか:2014/08/18(月) 09:38 ID:ufQ

がんばってね!

190:七光 sO:2014/08/18(月) 11:39 ID:63w

ではでは、早速スタート!!
あと、未来たちは、小学校4年生です!!

未来「陵!!」
陵が、後ろをむいた。
陵「未来さん、おはようございます」
陵がニコッと笑った
キュンッ相変わらず笑顔が、かわいい!!陵とは、幼馴染みで、物心つく前からの仲なんだしかも、ずっと同じクラスなんだ!!
そして、陵のことが、好きなんだ!!
でも、なかなか言い出せないんだ・・
そんなこんなをしていると、学校についちゃった。この事は、友達にも、いっているんだけど・・・・・・・
?「未来!!」
ガバッときたのは・・・
未来「リコ!!それに・・・・」
?「やっほーー!!」
未来「智美!!」
そう、この二人にしか、陵のことが好きと言うことをはなしていないんだ!
二人に、相談したときに・・・・
リコ・智美「「告白をするの!!」」
といわれても、そう簡単にはいかないんだよ・・・・・
でも、今日ちょっと陵に好きな人いるのか、気になっていたから、下校のときに、きいてみよう!!とおもったんだけど・・・・・そのあと、思わぬ方向にいっちゃうとは、思いもしなかったんだ・・・・・・

191:七光 sO:2014/08/18(月) 11:42 ID:63w

小説、私下手ですね・・・・・・・
アハハ・・・所詮こんなもんですよ・・・・・アハハ・・・・・

192:ななぺ:2014/08/19(火) 18:44 ID:m0g

あやかしひせん、サイコー(^○^)

193:なっち のか:2014/08/19(火) 20:59 ID:ufQ

七光ちゃん!小説の続きすっごぉ〜くきになる(´Д` )

194:なっち のか:2014/08/19(火) 21:01 ID:ufQ

すごく小説書くの上手だよ!じしんもって!ファイト(´・Д・)」

195:七光 sO:2014/08/19(火) 22:32 ID:NC2

なっち〜〜〜〜〜〜!!
ありがとう!!ほんま嬉しい!!
では、小説の続きかきま〜〜〜す!!

未来「陵っ!!一緒に帰ろ!!」
陵「あっ。未来さん!!はいっ!!」
(未来の心の声)
ぃよっしゃーーー!!
一緒に帰れる!!
でも、どういう会話をすればいいんだ??分からん!!とにかく・・・・・何か話す!!うん。それがいい!!
未来「ねぇ、陵。」
陵「はい??」
未来「陵ってさ・・・・好きな人いる??」
(未来の心の中)
う??あれれ??いきなり陵にいっちゃった!!どうしようどうしようどう・・・陵「いますよ。」
・・・・・・・・・え??どうゆうこと??
未来「ふっふ〜〜〜〜ん。あっそ。」
未来は、すたすたと帰ってしまった。
ヤバイ・・・泣きそう・・・・・
(陵目線)
未来さんが、帰ってしまいました・・・・一体、僕は何をしてしまったのでしょうか・・・・・・・わかりません・・・・そして・・・あなたには、絶対に嫌われたくは・・・・ないんです・・・・・・・・

196:ななぺ:2014/08/19(火) 23:00 ID:m0g

あやかしひせん、サイコー(^○^)

197:なっち のか:2014/08/20(水) 12:29 ID:ufQ

未来ぅ〜陵の好きな人はあんただよ!続きが気になる(≧∇≦)

198:七光 sO:2014/08/20(水) 20:59 ID:X8g

今日も、書きますよ!!(°^°↑
あと、なっちを今書いている小説に出したいのですがいいですか??
お返事待っていますね!!
では、小説スタート!!(°∀°)

あたしたちはそれから、一回も同じクラスには、ならなかった・・・・・・
まるで、あたしたちの関係のように・・・・・
陵とあのあと別れてから全然話もせずにいた・・・・というよりあたしが一方的に避けている状態だっだ
そのあと、6年生になり小学校最後の年になり、少し名残惜しい・・・・・
小学校生活最後の日、卒業式だと言う日なのに、まさかの雨という悲しいことになった・・・・そして、卒業式の真っ最中で、後ろの人が何やらコソコソと話していた。気になって、耳を傾けたら、思わぬことを聞いてしまった・・・・・・
?「ねぇねぇ、神山ってさこの卒業式終わったあと、引っ越しするみたいだよ」・・・・・・・・え??
?「えーー。そうなの!?あたし初耳!?」
・・・・・・・え??・・・・どう言うこと・・・・・・・
その時のあたしは、頭が真っ白になった・・・・そんな・・・嘘でしょ・・・・・・
そして、卒業式が終わった・・・・・
そして、陵はあたしと同じ中学のはずがそこには、いなかった・・・・・・
名残惜しいが、陵は別れも言えず、いってしまった・・・・・・どこか遠くへと・・・・・・・・・・

続く・・・・・

199:なっち のか:2014/08/20(水) 22:25 ID:ufQ

えっ、小説に出してくるの!?嬉しい(≧∇≦)私でよければ!

200:七光 sO:2014/08/21(木) 07:22 ID:vF.

なっちありがとう!!なっちの役は、
なんと、未来と大親友なのです!!
自分でも、ひらめいたことを書いているんですが・・・まさか、陵が、引っ越ししてしまうとは、思いもしませんでしたよ!!(自分でも、びっくりです!!)
嫌われたくない理由は、二つあります!!
ひとつ目は、未来のことが好きだから
二つ目は、引っ越してしまうからなんです!!今日小説書きます!!
というか、今書きます!!でも、新しい方でかきますね!!では、

201:七光 sO:2014/08/21(木) 08:09 ID:vF.

ではでは、小説スタート!!

卒業式から、4年後・・・
(未来たちは、高校生になりました)
あたしが登校中後ろから行きなり声がした
?「未来〜〜〜〜〜!!」
未来「えっ!?わっ!!」
がばっと後ろからきた人物は・・・
未来「なっち!!」
なっち「未来〜〜〜〜!!」
なっちは、高校から初めて知り合ったあたしの大親友なんだ!!
なっち「あっ!!未来は、この事しってる??」
未来「なに??」
なっち「今日、うちのクラスに転校生がくるんだって!!」
未来「ふーーーーん。そうなんだ」
なっち「あれ??未来そんな興味ない??」
未来「うん。そんなにね」
なっち「えーーー。おもしろくないな」
なっちが、頬をふくまらせる
未来「ほら、もう教室つくよ!」
未来たちが急いで席に座った後先生が、きた
先生「えーー。転校生を、紹介する!!」
先生が、入ってこいといった後転校生がはいってきた
あたしは、思わずえっ。っと言ってしまった
陵「神山 陵です。よろしくお願いします!」
えっ。陵が、帰ってきた!?
先生「えーーーっと。席は唐沢の後ろに座れ」えっ!?
おい!?マジ!?
陵は、先生に言われ、あたしの後ろの席に座った
気まずいよ!!どうしよう!!

続く・・・・・

202:七光 sO:2014/08/21(木) 08:50 ID:vF.

ネタ思いついたので、書いちゃいます!!では、スタート!!

休み時間、陵の席のところは、大混雑だった。あたしの席まで、被害が来たためなっちの席にいった。
未来「あたしの席まで、被害来てるじゃん!!」
あたしは、少し怒りぎみだった
なっち「未来、落ち着いて落ち着いて」
未来「落ち着いてられないよ!!
陵が、帰ってきたんだよ!!
落ち着いてられない!!」
なっちと喋っているとき陵の方からあたしの話題が、出た
?「しかし、お前ドンマイ!!   唐沢の席の後ろとか、マジさいや  くじゃん!!」
悪かったな!!(怒怒怒)
陵「あの、それ以上言ったら怒りますよ」
ゾワ・・・・
陵、怒ってる!?あの、温厚な陵が!?
あたしは、とっさに・・・・・・・・
未来「陵っ!!」
皆があなしの方に向いた
陵「未来さん!?
どうしたんですか!?」
皆が今度は、陵のほうへ顔を、向ける
?「お前、唐沢とどういう関係!?」陵「えっ!?・・・幼馴染みですよ?」
そして、皆が目が点になってから・・
『『「「「えーーー!?」」」』』
皆驚いている((なっち以外))
そして、少しずつ話せるようになった
あと、家があたしんちの近くだったから学校へ、一緒に登下校することになった

続く・・・・

203:ハチ。:2014/08/21(木) 15:17 ID:W7M

面白いですね(*^_^*)

204:七光 sO:2014/08/21(木) 18:46 ID:zlc

ハチ。さん!!
いつも、みていますよ!!ハチ。さんの小説!!面白いですよ!!
『夢より甘い夜を』みて、感想を、書いていますよ!!そちらの方では私の名前「しぃ」なんですよ!!
て言うか、今さっきまで、ハチ。さんのブログ見ていました!!ハチ。さんのほうが断然上手いですよ!!
次回も、待ってま〜〜〜〜〜す!!

205:ハチ。:2014/08/21(木) 19:34 ID:bkg

しぃさんなんですか!
見てくれてありがとうございますw
あたしもしぃさんの小説、待ってますね!!(*^_^*)
とっても楽しみです♡

206:七光 sO:2014/08/21(木) 20:20 ID:zlc

もしかしたら・・・更新できないかもしれません・・・・・・・・
今、書きます!!多分短いかもしれませんので、ご了承下さい!!
では、スターーート!!^^

あたしの学校では、もうすぐ文化祭があるので、皆その話ばっかりしている
文化祭の何がいいんだか・・・・・・
((9、10巻の出来事のようなつらい過去が、未来にはあります))
文化祭なんかだいっきらいだ!!
なっち「ねぇ、未来!!未来は、文化祭何やりたい??」
未来「あたし!?うーーーーん??ないかな・・・・・・・」
なっち「えーーー!!つまんないの!!」
未来「あはは・・・・・」
その時先生が、教室に入ってきた
先生「えーー。これから文化祭は、なにをやるか決める!!なんかあるやつ手ーあげろ!!」
すると、男子が・・・・
?「はーーい!!コスプレ喫茶がいいと思いまーーーす!!」
はぁ!?冗談じゃないよ!?意味わかんない!!すると、皆が・・・・
皆『『「「「賛成!!!!」」」』』
嘘ーーーーーーーー!!なんでこうなるの!?
未来の地獄の文化祭の始まりだった

続く・・・・

なんか、地獄にしちゃいました・・・
私・・・・文化祭・・やったことないんですよね・・・・・・あやかし緋扇の文化祭を、参考にしておりま〜〜す
まぁ、直感で『文化祭といえば・・・コスプレ喫茶!!』と、おもってかきました!!そのあと、(ピー)以下か、(ピー)以上いく場合あります!!
そこは、皆さんにお任せしますので、投票(?)やります!!皆さんどしどし応募して下さいね!!待ってます!!

207:七光 sO:2014/08/22(金) 11:32 ID:GXY

あっ!!そうそう、(ピー)以上だったら結婚後にしますね!!(ピー)以上で、ハチ。さんを出したいです!!
未来の近所の仲良しさん役です!!
もしでいいので・・・・
返事待ってます!!

208:なっち のか:2014/08/22(金) 15:25 ID:4hw

誰か〜(´Д` )来てよ〜

209:七光 sO:2014/08/22(金) 18:12 ID:KFo

投票(?)が、こない・・・・
誰か、きいて・・・・・・・

210:七光 sO:2014/08/22(金) 19:05 ID:KFo

今日書けそうにないので、明日書きます!!では、

211:七光 sO:2014/08/23(土) 21:02 ID:.SI

では書きますが・・・その前に・・・
投票してください!!お願いします!!でないと、完結に行けません(T∀T)
お願いします!!
では、小説スタート!!

〜文化祭の準備中〜
なっち「未来!!未来の衣装これだって!!」
未来「えっ!?衣装着るの!?あたしが!?て言うか何これ!?」
なっち「え??赤ずきんだK「あーーーーーーーーーーーーーー!!!!」
〜未来の心の中〜
やめてっ!!お願いだからせめて地味なの!!
なっち「えーーーーー。でも、絶対未来に似合うのに!!」
なっちが、頬をふくまらせる
未来「えーーー。でも・・・・嫌なものは嫌!!」
あたしは、プイッとそっぽを向いた
その方向にいた人は・・・・・
未来「あれ??陵??何しているんだろう??」
そのときいきなりなっちが言ってきた
なっち「あーーー。女子達が無理矢理着せたらしいよ」
あはは・・・でも、陵カッコいい!!
執事服さまになっているし!!
あたしが陵のことを見ていると・・・
なっちがニヤニヤしながら言ってきた
なっち「未来〜〜〜〜。顔に出ていますよ!!陵カッコいいって!!」
えっ!?あたし顔に出ていた!?だって、カッコいいんだもん!!う〜〜〜〜〜〜〜〜。文化祭大丈夫かな??心配だよ!!でも、頑張ろう!!
〜文化祭まであと5日〜

続く・・・・・・

212:なっち のか:2014/08/23(土) 23:19 ID:ufQ

投票おくれてごめん!(>人<;)このとうり!私は(ピー)以上でも大丈夫だよ!

213:ハチ。:2014/08/24(日) 10:46 ID:0DQ

ピー以上希望です((((←
あたしですかwいいですよー( ´∀`)喜んでw

214:七光 sO:2014/08/24(日) 21:24 ID:ZjE

やっほ〜〜〜〜〜〜い!!
来ました!!
皆・・・・・激しいの好きですね・・・・・・・(ピー)以上は、面白半分で書いてみたんですが・・・・・・・・
書きますよ!!ニヤニヤ
楽しみにしててくださいね!!
では、どうぞ!!

〜登校中〜
未来「陵・・・・・ヤバイ・・・・・体がもたない!!」
陵「あはは・・・・・・・」
陵苦笑いだし!!ひどいよ!!
ただいまあたし・・・文化祭の準備で酷く疲れています・・・・・・・・・
しかも、3日でダウンしています・・・・・・
そうこうしているうちに、学校に着いたし!!速!!
教室について席についたら近くの子が何やら話しているし・・・・・なんだろう??その話を聞いてみると・・・?「ねぇねぇ、文化祭のジンクス知ってる??」
?「えっ??知らない??何??文化祭のジンクスって??」
?「それは・・・・・・・耳貸して」
くそっ!!肝心なところ聞けないし!!て言うか、文化祭のジンクスってあったんだ・・・初耳・・・・・・
それから、また文化祭の準備で忙しくてジンクスの事なんか忘れてしまいました・・・・・・・
〜放課後〜
未来「もうだめだ・・・・倒れる・・・・・」
陵「未来さん大丈夫ですか??倒れそうになったら僕がお姫様だっこしてあげますから^^」
未来「いいっ!!!!」
そんなことやったらあたしが恥ずかしくてやばいから止めてくれ・・・・・
〜文化祭まであと2日〜

続く・・・・・

いきなり3日飛ばしてしまいました・・・・・・すみませんでした><
ては、明日も書きますのでバイチャ!

215:なっち のか:2014/08/25(月) 10:03 ID:ufQ

続きが気になる〜

216:七光 sO:2014/08/25(月) 20:02 ID:q9Q

来ました!!さぁさぁ、もうすぐ完結にいきま〜〜〜〜〜〜〜〜す!!
あっ。でも、【未来編】書きますので!!私のこの小説の終わりは、ほど遠いですね・・・・・・・・・
でも、楽しいのでいいです!!
では、小説スタート!!

なっち「未来〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!助けて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
未来「えっ!?何を!?」
私達は、あと文化祭まで1日になったので急いで準備中・・・・・・・・・
なっち「看板がまだできていなくて・・・・・・・・・未来にやってほしいの!!」
〜未来の心の中〜
うっ。そんな目で見ないでよ・・・・断りずらいよ・・・・・・・
未来「分かった分かった!!行くから待ってて!!」
なっち「やった〜〜〜〜〜〜〜!!」
未来「て言うか、まだ看板終わってないの!?なんで!?」
なっち「えっと〜〜〜〜〜〜〜〜。」
目が泳いでますよ〜〜〜〜〜〜〜〜。
なっち「看板のモチーフが全然決まってなくて・・・・それで、終われなかった・・・・・・・・・・」
あ〜〜〜〜〜〜。なんとなくイメージつくよ・・・・・・・・・・
まぁ、結局あたし以外の人が看板をかいたんだよね・・・・・・あたし意味無かったし・・・・・・・・・・・・う〜〜〜〜〜〜〜〜。(T∀T)
〜下校中〜
未来「疲れた・・・・・・明日あれ着るの嫌だ!!」
陵「そんなことないですよ!!未来さんの服可愛かったですよ!!」
未来「それ以上言わないで!!あたしの心臓持たない!!」
明日は、未来と陵にとっていい思い出の記念日になるとは、二人は知らなかった・・・・・・・・・・・

続く・・・・

明日、完結にいくかもしれません!!(高校生時代が)
明日、ムフフたムードになると思います??(自分でも、分かりません・・)
では、また明日!!バ〜〜〜〜イ!!

217:なっち のか:2014/08/25(月) 20:42 ID:ufQ

空手に行ってきました(^O^)/はぁ〜疲れた〜(´Д` )

218:七光 sO:2014/08/25(月) 21:03 ID:q9Q

なっちお疲れ!!空手ならってるんですね!!すごいです!!
確かに空手って疲れそうですね・・・・・・・・同情できます・・・・・・・・・・・

219:なっち のか:2014/08/26(火) 07:42 ID:ufQ

敬語じゃなくていいよ!

220:七光 sO:2014/08/26(火) 07:52 ID:NhQ

ついクセで・・・・・・・・

221:なっち のか:2014/08/26(火) 07:53 ID:ufQ

自己紹介だよ〜(まだ言ってなかったから)

名前 なっち
性別 女
年齢 11歳 小5
誕生日 7月1日
趣味 あやかし緋扇 を読むこと(何回読んでもあきない!)
習い事 空手、ピアノ、器械体操
よろしくね!

222:七光 sO:2014/08/26(火) 08:36 ID:NhQ

私も言ってなかったので今言うよ!!
名前 (七光は名前ではないですww)
年齢 12歳小6
性別 女
趣味 あやかし緋扇(マンガ)とあやかし緋扇のブログをみること
その他
習い事 ピアノ
です!!よろ〜〜〜〜〜!!

223:七光 sO:2014/08/26(火) 08:38 ID:NhQ

誕生日書いてない!?今かきます!!
誕生日 7月17日
です!!今度こそよろ〜〜〜〜!!

224:なっち のか:2014/08/26(火) 13:40 ID:ufQ

年上だったの⁉誕生日近いね!(((o(*゚▽゚*)o)))

225:七光 sO:2014/08/26(火) 15:11 ID:NhQ

なっちも意外だったよ!!
私、ビックリした・・・・・・・・
私3DSで書いているんです!!
(話変わってない??)
3DSで打つの面倒!!でも、慣れた!!\°∀°/ww

226:匿名さん:2014/08/26(火) 22:25 ID:ZAU

小説書きます!!完結です!!
では、スタート!!

今日は、いよいよ文化祭!!
というか・・・・・・
未来「う〜〜〜〜〜〜〜〜。これ嫌だよ・・・・」
なっち「未来かわいい〜〜〜〜〜〜!!」
未来「なっ!!/////可愛い言うな!!///////」
なっち「それも可愛い!!」
このコスプレ嫌だ!赤ずきんだなんて・・・・・・
女「キャーーー!!陵君かっこいい!!!」
陵・・・・って///////執事服やっぱりいい!!かっこいい!!//////
〜陵視線〜
僕の周りの女子達が何やら騒がしいですね・・・・何で僕を見ながらいっているんでしょうか・・・・・・・あれ??向こうに未来さんがいますね、ちょっと話しましょうか
陵「未来さ〜〜〜〜〜〜ん!!」
未来「ん??あっ!!陵!!なに??」
陵が耳元で何かを喋った
陵「今日、の文化祭の仕事が終わったあと、ぬけだせますか??」
未来「う・・・うん・・・//////」
なんだろうな・・・話って・・・・

続く・・・・・

すいません・・・・・・ネタがつまってしまい、書けませんでした、すいません・・・・・明日、必ず小説書きます!!すいません!!><

227:七光 sO:2014/08/26(火) 22:26 ID:ZAU

すいません!!↑私です!!すいません!!

228:なっち のか:2014/08/27(水) 06:11 ID:ufQ

私アイホンで書き込みしてる!敬語じゃなくていいよ!

229:七光 sO:2014/08/27(水) 06:53 ID:EdY

ok!!眠い・・・・

230:なっち のか:2014/08/27(水) 07:30 ID:ufQ

ラジオ体操してきたよ!最終日でお菓子もらった!あと、何県に住んでる?私は静岡県だよ〜

231:七光 sO:2014/08/27(水) 07:37 ID:EdY

私は、埼玉県だよ!!

232:なっち のか:2014/08/27(水) 09:01 ID:ufQ

埼玉なんだ!今「月曜から夜ふかし」っていう番組見てたら埼玉特集やってて、カメムシがたくさんいるみたいだけど大丈夫?

233:七光 sO:2014/08/27(水) 10:34 ID:EdY

うそっ!!知らなかった!?びっくり!!虫・・・・・・ブルブルブル・・・・・虫・・・大嫌い!!

234:七光 sO:2014/08/27(水) 21:59 ID:XNc

やっほ〜〜〜〜〜〜〜〜い!!
来たよ!!ではでは、小説書きますね!!スタート!!

文化祭が始まった・・・あたしは、注文受付係でいた・・・・男子の目が痛い・・・・・・・
男「ねぇ、君。名前何て言うの??」
未来「未来だけど・・・・・何かある??」
すると、男子が・・・・・・・
男「ねぇ、未来ちゃん、文化祭終わったあと空いてる??」
あたしは、嫌な予感がして男子を追い返そうとしたけど・・・・・・・
男「いいじゃん!!少しだけでもいいから!!」
未来「嫌っ!!離れろっ!!」
すると、あたしの体が後ろに引っ張られ陵の胸の中にいった
陵「お客様??ご用件が終わったのならば、お帰りください^^」
陵・・・・顔は、笑ってるけど・・・・・目が・・・笑ってないよ・・・・
て言うか・・・怖っ!!
男子達は、舌打ちをしながら帰っていった
あたしは、顔が真っ青になった
すると、陵がその事にきずいてあたしに笑顔を見せた
陵「未来さん大丈夫ですか??顔が真っ青ですよ」
未来「だっ大丈夫だから!!ありがとう!!じゃっ!!」
と言ってあたしは、陵から離れた・・・そして、無事に文化祭は終わった・・・
文化祭が無事終わっての祝杯をした・・・陵があたしにこういった・・・・
陵「未来さん、今抜け出せますか??」
未来「うっうん!!/////」
と言ってあたし達は、屋上にいった・・・・・・
未来「陵・・・なんで屋上なの??」
と言ったら陵があたしに向き直ってこういった・・・・・
陵「僕、未来さんに言いたいことがあるんです!!」
未来「なっ、なに??」
陵があまりにも、真剣な目であたしのことを見るから目がそらせない・・・
陵「未来さん・・・あの・・・・」
未来「なに??」
陵「未来さん・・・・付き合ってください!!/////」
え・・・・・本当・・・・・・あたし、ずっとあり得ないことだと思ってたのに・・・・・嬉しい・・・・・
陵「未来さんっ!?何で泣いているんですか!?」
未来「ううん・・・・!!嬉しいの・・・・・!!」
陵「未来さん・・・・キスしてもいいですか・・・・・」
未来「う・・・うん・・・//////」
陵と初めてのキス・・・その時に、文化祭の後のイベントの花火が打ち上げられた・・・・・・
陵、大好き・・・・ありがとう!!

ねぇ、知ってる??文化祭のジンクス??それはね・・・・・
『文化祭の終わりに屋上でキスをしているときに花火が上がると一生ずっと側にいられる』っていうジンクスがあるんだよ・・・・・・・・

完結・・・・・

ようやく終わった!!やった!!次は、結婚後をかきます!!では明日!!

235:なっち のか:2014/08/28(木) 13:05 ID:ufQ

ジンクスってそれだったのか〜最近来れなくてごめん(>人<;)

236:七光 sO:2014/08/28(木) 13:58 ID:Tig

いいよいいよ!!大丈夫!!
ジンクス、意外だったとおもうけど、どうだった??楽しめたかな??

237:七光 sO:2014/08/28(木) 20:16 ID:/mI

来たよ!!結婚後の話し頑張って書こう!!うん!!じゃあ、書くよ!!
あっ!!そうだ!!ちょっとあれなので耐えられなかったらもどって(?)いいですからね!!では、スタート!!

あれから、3年・・・・・・・あたし達は、夫婦になった。もちろん、夫は
未来「陵っ!!」
陵「あっ、未来さ
んどうしたんですか??」
そう、陵・・・・あれから、あたし達は、付き合った・・・・そして、陵の意外な一面を知った・・それは・・・
陵「未来さん・・・・戸惑っているときも、可愛いですね^^」
未来「なっ!?なにいってるの!?」
そう、陵は付き合いはじめてから意外に積極的だった・・・・というか・・・・肉食系だった・・・・いわゆる・・・ロールキャベツ男子(?)が、陵だった・・・・あと・・・・・
陵「未来さん・・・その顔反則です!!」
未来「えっ??・・・ふぇっ!?」
いきなりキスしてきたし!!
陵「可愛い顔している未来さんが悪いんですからね^^」
こんな感じで始まった結婚生活でした・・・・・

続く・・・・・

238:七光 sO:2014/08/29(金) 19:25 ID:gng

あやかし緋扇の11巻と12巻の絵を書いたよ!!私の力作です!!見せてあげたいけど、見せられないのが悲しいよ・・・・・(T∀T)

239:七光 sO:2014/08/29(金) 21:34 ID:gng

ヤバイ・・・・ネタがない・・・・・
もぉ、ひらめきで書くよ!!
では、スタート!!

陵「未来さん!!新婚旅行にいきませんか??」
陵が、いきなり新婚旅行についての話をしてきた
未来「えっ!?いきなりなに!?」
陵「え〜〜〜〜〜っと、神社を継ぎたいんですが・・・神職養成講習会に行かないと、神主にはなれないので・・・神職養成講習会にいって、それもかねて、新婚旅行に行こうかと、思いまして・・・いいですか??」
えっ!?新婚旅行!?あ〜〜〜確かに新婚旅行行ってなかったしいいかな!!♪〜〜
未来「うんっ!!別にいいよ!!」
陵「本当ですか!!良かったです!!」
陵・・・そんなニコニコした顔であたしのこと見ないでよ/////恥ずかしい!!/////
陵「では、明日ですので、準備しといてくださいね!!^^」
未来「えっ!?明日!?急すぎない!?」
陵「前から、決まっていたんですけど・・・言うタイミングが、そんななくて、今日になってしまいました・・・・すいませんでした・・・」
うっ・・・・子犬みたいだなこいつは!!
未来「うっ・・・わかったよ!!すぐ、準備するから!!」
陵「ありがとうございます!!」
明日の新婚旅行楽しみだな♪〜〜

続く・・・・・

240:七光 sO:2014/08/30(土) 20:13 ID:9yg

やっほ〜〜〜〜〜〜い!!
来たよ!!では、小説、スタート!!


新婚旅行の行き先(神職養成講習会の行き先は、なんと、奈良だった!!
新婚旅行で行きたいと思っていたらまさか、奈良だとは、びっくり!!
未来「わぁ、陵っ!!すごいよ!!」
〜陵視点〜
未来さん子供見たいですね、そんなに嬉しいんでしょうか??でも、未来さんが喜んでくれてよかったです^^
陵「未来さん、そんなに嬉しいんですか??」
未来「うん!!陵、あ、あの・・・ありがとう・・・//////」
〜陵視点〜
未来さん・・・可愛すぎます!!/////
その顔、反則ですよ!!僕の理性が持ちませんよ!!ても、今回は、我慢しないと・・・・・
未来「あっ!!鹿だ!!可愛い!!」
陵「ホントですね^^」
そんなこんなで、夜になったので、ホテルに帰りました
陵「あの、未来さん明日は、養成講習会にいくので、明日はいませんので」
未来「そんなんだ・・・・」
陵「なので、充電させてください^^」
未来「えっ??ふえっ!?」
あたしは、陵に押し倒されていた
未来「え・・・っと、陵??」
陵「いいですよね??未来さん??」
あたしは、案の定、あたしは布団にべったりになってしまいました・・・・

続く・・・・・

241:なっち のか:2014/08/30(土) 20:39 ID:ufQ

ここから、ムフフな展開になるのかな〜(キモい)

242:なっち のか:2014/08/31(日) 20:24 ID:ufQ

こんばんは〜(^O^)/今、けっこう眠い(。-_-。)(ウトウト)

243:なっち のか:2014/08/31(日) 21:06 ID:ufQ

お風呂入ったよ〜さっぱりした!*\(^o^)/*

244:七光 sO:2014/08/31(日) 21:35 ID:HDE

では、書きますよ!!ムフフな展開にしたいですね〜〜〜ニヤニヤ(キモイ)
では、小説スタート!!

未来「う〜〜〜〜〜。陵のバカ・・・」
あたしは、今、布団とお友だち状態です・・・・理由は・・・・陵が、夜ば((未来殴→私に))
未来「七光!!そんなこと書くな!!」
七光「すいません・・・・」
話を戻します!!
陵とやりました・・・・う〜〜〜〜腰が痛い・・・T^T
それに、陵、あたしのことほっといて、いきやがって・・・・・
〜回想(朝)〜
陵「未来さ〜〜〜〜ん!!僕行きますよ!!」
未来「Zzzz・・・・・」
陵「未来さん、寝てますね・・^^;」
未来「Zzzzzz・・・・・・・・」
陵「行っちゃいましょうか・・・・
未来さん、いってきます」
チュ
〜回想(朝)終了〜
未来「陵め・・・・帰って来たら・・・・怒ってやる!!」
〜一方 陵〜
未来さんとやりすぎましたかね・・・・今日は、手加減をしてあげましょうか^^
七光「またやるのかよ!!」
陵「黙ってください、七光さん^^」
七光「すいませんでした・・・・・」
?「神山!!これ終わったら、合コン
いこうぜ!!」
陵「すいません、小枝さん、僕、結婚しているので^^」
小枝さんは、ここで出会いました(神職養成講習会で・・・
小枝「うわっ!!リア充!!」
陵「黙ってください、小枝さん^^」
小枝「すいませんでした・・・・て言うか、奥さんどんな人だよ!!」
陵「こういう人ですよ^^」
陵が、自分のケータイを取り出した
小枝「神山の奥さんかわ 陵「黙ってください^^」
小枝「すいませんでした・・・・て言うかお前自分の奥さんの寝顔とっているんだよ!!」
陵「可愛かったので、つい^^未来さんにこれ見られたら怒られますので、秘密にしてくださいよ」
小枝「・・・・・分かった・・・・その代わり奥さんに会わせろよ!!」
陵「・・・・・分かりました、変なことやったら許しませんよ^^」
小枝「分かってるよ!!」
〜一方 未来〜
未来「りょ〜〜〜〜〜〜〜〜!!早く帰ってこい!!」

続く・・・・・・

245:七光 sO:2014/09/01(月) 21:58 ID:E9E

来たよ!!いきなりですが、未来と陵の子供の名前を、募集します!!
待ってますよ!!あっ!!そうでした!!ホテルは、神職養成講習会が用意したホテルですよ!!それでは、小説スタート!!

僕は、神職養成講習会が終わりホテルに帰っているところなのですが・・・
陵「なんで、小枝さんがついてくるんですか??」
小枝「約束しただろ!!それでだ!!」
僕は、思わずえーーー!!と叫びそうになったけど、言葉を飲み込んだ
陵「今日なんですか!?」
小枝「あったり前だろ!!」
陵「分かりました・・・・約束ですしね・・・・」
すると、小枝さんがガッツポーズをした、そして、未来さんがいる部屋に入った
陵「未来さ〜〜〜〜〜ん!!帰りましたよ!!」
・・・・・・返事ない・・・・・・
陵「未来さ・・・」
僕は、ホテルのベットにいくと、未来さんが気持ち良さそうに寝ていて、つい、笑ってしまった・・・・すると、未来さんが起きた
未来「あっ・・・・陵、お帰り・・・」
寝起きのせいなのか、未来さんがいつも以上に可愛く見えて・・・愛しく見えるのは・・・・
すると、小枝さんが、部屋に入ってきた・・・・・
七光「小枝っ!!入ってくんなよ!!」
小枝「はぁっ!!お前が入らせたんだろ!!」
七光「はい・・・そうです・・・・でも、ここで、や((陵殴→私に))
陵「七光さん、黙ってください^^」
七光「すいませんでした・・・・・」
未来「陵・・・この人誰??」
陵「あ〜〜。存分、忘れてました」
小枝「ひっで〜な!!俺は、小枝だ!!よろしくな!!神山の奥さん」
すると、未来さんの顔が真っ赤になっていった、そして、ベットに潜り込んだ
陵「未来さん、可愛いですね^^」
未来「なっ!!/////可愛くない!!//////」
小枝「・・・・・・俺、邪魔??」
陵「はい。邪魔です、外に手でください^^」
そして、陵が小枝を、外に出して、また、未来の元へと戻ってきた・・・・
陵「未来さん、今日は止めます??」
未来さんは、顔を横に振った
陵「フフ・・・未来さんは、正直者ですね^^では、いただきます^^」

続く・・・・・

明日、ちょっと、激しいので、無理な人は、戻っていいです!!
では、また明日!!

246:なっち のか:2014/09/03(水) 16:08 ID:ufQ

おーい(´・Д・)」

247:みどっち!:2014/09/03(水) 18:44 ID:7JA

なっちごめん!用事が....。m(_ _)m

248:みどっち!:2014/09/03(水) 18:49 ID:7JA

許して~。(;_;)(泣)

249:なっち のか:2014/09/03(水) 20:09 ID:ufQ

二時間遅刻したねぇ〜別にぃ〜怒ってないから〜(^言^)

250:七光 sO:2014/09/03(水) 20:51 ID:vk.

すいません!!また、明日なんか書いてしまって・・・・・・あのあとのことが思い付かなかったので、かけませんでした・・・・・(言い訳だろ!!)
その代わり!!小説二個書きますよ!!では、小説スタート!!

陵「とっ・・・・その前に未来さんの手料理が食べたいです^^」
未来「う・・・・・・うん・・・・・いいよ・・・・・・」
陵「ありがとうございます!!嬉しいです!!」
ここのホテルは、部屋にキッチンがついていて、自分でも、作れる
〜未来視点〜
よしっ!!絶対、朝のことをご飯ではらそう!!なに入れ・・・
陵「あっ。なんかしたらわかってますよね^^」
未来「・・・・・・・・・分かった・・・・・・」
何っ!!陵怖い!!考えてたことわかったの!?なんで!?
陵「未来さん??まだですか??」
未来「もう少ししたらね・・・・えっ!?」
陵がいきなりあたしに抱きついてきた
陵「未来さん??早くしないと未来さんを、食べちゃいますよ??」
未来「・・・・ソレダケハゴカンベンヲ・・・・」
陵「じゃあ、早くしてくださいね^^」
未来「でもさ・・・この体制でやるの!?」
あたしの今の体制・・・・
陵→あたしに抱きついたまま
あたし→陵に抱きつかれてる
この体制でやるのは、無理!!
未来「陵・・・一回離れて・・・・」
陵「嫌で〜〜〜〜す。離れません」
未来「この体制でやるのは、辛いの!!だから、どいて!!もうすぐで、出来るから!!」
陵「じゃあ、1分だけですよ」
未来「うん!!それだけでも、充分!!」
陵「あっ!!やっぱり、30秒で!!」
未来「それは無理!!」
陵「むぅ〜〜。では、仕方ないですね・・・・1分だけですからね!!」
未来「はいはい、ご飯できたんだけど・・・・」
陵は、えっ!?という声をあげている
でも、結局あたしは食べられました・・・・・・

続く・・・・

なんか・・・糖分がいつの間にかあるのは、なぜでしょう??
次、新しいところで書きますよ!!

251:七光 sO:2014/09/03(水) 21:15 ID:vk.

なっち・・・・大丈夫??そんな、怒らないであげようよ・・・・・では、小説書きまっせ!!スタート!!

う〜〜〜〜〜。また、同じパターンじゃん!!どうしてくれるんだ!!陵のバカ・・・・・陵にメール送ろ・・・
〜一方 陵〜
あっ。未来さんからメールがきました・・・・なんでしょうか??僕は、メールを読んで、顔を真っ青になってしまった・・・・その内容が・・・・・『りょ〜〜〜〜〜〜〜う。また、あたしを起こさず行きやがって!!てか、あたしのこと、起こしてよ!!起こさないと、1週間口聞かない!!そして、夜遅くに帰ってきたら、浮気と言うことにして、別居!!いや、離婚するからね!!早く、帰ってこいよ!!〜未来より〜』
僕は、いてもたってもいられなくなり、僕は未来さんがいる部屋へと向かった・・・
〜一方 未来〜
陵にあんなメール送ってしまった・・・・怒りに身を任せてしまった・・・
すると、ドアの方から・・・・・
陵「未来さん!!あれ、どういう意味ですか!?」
と、陵が怒っているような口調でいった、でも、あたしは、素直じゃないから、つい思ってもいないことを口に出してしまった・・・・・・
陵「陵がいけないんだからね!!あたしを起こさず行きやがって!!あたし・・・・一回もまだ、陵に『おはよう』っていってないんだから、言わせてよ!!」
あたしは、陵と話している最中に泣いてしまった・・・・・すると、陵がドアを開け、あたしがいる部屋に入ってきた
陵「未来さん・・・・・すいません・・・・これからは、起こすので・・・どうか、泣かないで下さい・・・・」
そして、陵があたしに抱きついてきた
あたしは、ビックリして、涙が引っ込んだ。そして、陵が続けた
陵「未来さん、一回も僕に朝の挨拶いってませんでしたよね・・・・すいません・・・・これからは、未来さんから、挨拶してくださいね^^」
未来「・・・・・約束だよ・・・・」
陵「はい。約束します」
そういって、陵は戻っていった
未来「約束だからね・・・・」
と、あたしは、小声でいった

続く・・・・・

いい話だな〜〜〜〜〜。(自分で書いたんだろ!!)
未来を素直にしてみました!!正確には、素直になっていたんです!!
でも、素直な未来、最高!!
では、また明日!!

252:なっち のか:2014/09/03(水) 22:03 ID:ufQ

まぁ、七光が言うなら・・・許してあげようかなーあ、でも明日学校でちょっとはお説教しますからねぇ〜

253:香織:2014/09/04(木) 19:01 ID:8G2

なっちー!

254:みどっち!:2014/09/04(木) 19:04 ID:7JA

香織!!久しぶり〜!( *//`ω´//)

255:なっち のか:2014/09/04(木) 20:05 ID:ufQ

はーい♪なっちだよ!*\(^o^)/*みどっち遅れてごめんなさい・・・(。-_-。)器械体操で最後に掃除するんだけど、二つあって一つはマットとかを片ずけ、二つ目はモップがけで、モップがけは時間がかかるの。ところがなっちは不幸な事にじゃんけんで負けてしまったのだ!(つД`)ノそして、掃除が終わると待ち時間と言うとても暇でムダな時間が待っていたのだ‼その後、スーパーで長ーーーーい買い物に付き合わされ、今があるのでした。

256:みどっち!:2014/09/04(木) 20:30 ID:7JA

なっち~!!!器械体操大変だね~!(−_−#)

257:なっち のか:2014/09/04(木) 21:14 ID:ufQ

テスト答案

1⃣1(代金)➗(ガソリンの量)
2 270➗1、8
2⃣ (ペンキが1デシリットルでぬれる面積)
3⃣ 1 14 2 3点2 3 0点95 4 0点6
5⃣2 (31あまり0点4)
7⃣式28、3➗2、3
答え12こに分けられて,0、7デシリットルあまる

258:なっち のか:2014/09/04(木) 21:15 ID:ufQ

みどっちがんばってね!(^○^)

259:みどっち!:2014/09/04(木) 21:47 ID:7JA

なっちありがと〜!!(泣)

260:なっち のか:2014/09/04(木) 22:19 ID:ufQ

おやすみ〜( ´ ▽ ` )ノ

261:みどっち!:2014/09/05(金) 21:12 ID:7JA

誰か〜!( ◞´•௰•`)◞

262:なっち のか:2014/09/05(金) 21:44 ID:ufQ

へいへい、呼びました〜?( ̄^ ̄)ゞ係活動報告書書くのめんど〜(~_~;)

263:七光 sO:2014/09/05(金) 22:22 ID:ZyA

すいません・・・・・・・・本当にすいません・・・・・・今日も、小説2個書きますよ!!では、どうぞ!!

陵が、講習会に戻ったあとあたしは、すぐに後悔した・・・・・・・
未来「なんで、あたし素直になれないんだろう・・・・・・」
本当は、あのあとも一緒にいたかった・・・・でも、やっぱりそれはあたしには、叶わないこと・・・・・・
陵、いつか、ちゃんと素直になるからね^^
〜陵sisenn〜
未来さんと、もっと一緒にいたかったです・・・・・でも、帰ってきてから甘やかしてあげましょうか・・・・・
待っててくださいね、未来さん・・・
〜夜 未来sisenn〜
ふゎ〜〜〜〜〜ん・・・・・眠い・・・・陵・・・遅いな・・・どうしたんだろう??なんかあったのかな??
今の時刻は、9時・・・いつもなら8時前には帰ってくるのに・・・どうしんだろう??すると、玄関のドアが開いた・・・そして、
陵「未来さん、ただいまです^^」
未来「陵、お帰り!!今日は、遅かったけど、どうかしたの??」
陵「え・・・・っと、小枝さんがいきなり飲み会行こうとかを言い出して・・・それで、いくはめになってしまいました・・・・」
あ〜〜〜〜。何となくわかるよ・・・どうせ、陵のことだから、強制連行されたんでしょ・・・・ん??あれ??陵、顔が赤い・・・・まさか、
未来「陵・・・・お酒飲んだ・・・??」
陵「はい・・・・気持ち悪いです・・・・・」
あ〜〜〜〜。だから、こんな遅かったのか・・・・・う〜〜〜〜〜ん。とりあえず、水持ってこようかな・・・・そして、水を持ってこようとしたその時、陵があたしを自分の胸に入らせて
陵「行かせませんからね^^未来さん」

続く

264:みどっち!:2014/09/05(金) 22:24 ID:7JA

全然終わらない...。٩(๑´3`๑)۶

265:みどっち!:2014/09/05(金) 22:29 ID:7JA

七光ちゃん小説めっちゃうまいね〜!!!(≧▽≦) 

266:七光 sO:2014/09/05(金) 23:49 ID:ZyA

続き書くよ!!

あ・・・・・ヤバイ・・・・・捕まった・・・・・どうしよう・・・・・・
陵「未来さん遊びましょうか??」
未来「どういう遊びデスカ??」
陵「ふふ・・・・トランプです。しかも、勝ったひとは、相手になんでもいっていいんです。どうですか??」
あ・・・・それ面白そう!!
未来「やる〜〜〜〜!!」
〜数分後〜
陵 勝ち あたし 負け
陵ってこんなに強いの!?初めて知ったんだけど!?
陵「未来さん??準備はいいですか??もうやりますよ」
未来「・・・・・・はい」
陵「えっとですね・・・・・」
未来「それって・・・・あたしにしかできないこと??」
陵「はい!!そうですね!!」
う〜〜〜〜〜。怖いよ・・・・・
陵「食べさせていただきます!!」

続く

267:なっち のか:2014/09/06(土) 11:40 ID:ufQ

ハロー( ´ ▽ ` )ノ来たよ〜

268:なっち のか:2014/09/06(土) 16:33 ID:ufQ

うぉーい(´・Д・)」

269:香織:2014/09/06(土) 20:00 ID:v8o

なっちきたよー!

270:七光 sO:2014/09/06(土) 20:53 ID:sN6

続き書くよ!!

未来「・・・・・・・・はい??」
陵「ですから、未来さんが食べたいんです!!」
陵の思考がおかしくなった・・・・・
未来「はぁっ!?何いってるの!?バカじゃないの!?」
陵「僕・・・そんなバカじゃありませんよ・・・・」
うっ。そんな子犬のような瞳で見んな!!
未来「う〜〜〜〜〜〜〜〜〜。て言うか、くっつくな!!」
今、陵は、あたしを抱きしめている状態になっている
陵「え〜〜〜〜〜。いいじゃないですか・・・・」
未来「良くない!!離れろ!!」
陵「嫌で〜〜〜〜す」
あたしは、寝たいんだよ!!寝かせろ!!
未来「あたしは、寝たいの!!寝かせて!!」
陵「・・・・・・・・・・・」
あれ??陵の返事がこない・・・
下を見てみると・・・あたしを抱きながら、ぐっすりと眠っている陵がいたなんで、眠っている時は、こんなかわいいんだか・・・・・でも、この体制は、ちょっとなぁ・・・・あっ・・・・・ヤバイ、あたしも眠くなってきた・・・・・このまま、寝ちゃおうかな・・・・・・
未来「お休み、陵」
そして、あたしは、ゆっくりとまぶたを閉じた・・・・・

続く・・・・・

あの・・・・・未来と陵の子供の名前を、決めたいんです、2つ・・・・・決まんなくて・・・・・・皆、私にいい名前を!!というか、皆の投票(?)で決めたいですね・・・・・・いまのところの名前は・・・・・
1、双子で二卵性、女・未音(みおん)男・陵谷(りょうや)
2、双子で一卵性、長男・郁(いく)次男・依(より)
3、姉弟、女・恵(めぐみ)、男・昌斗(あきと)
別々にしてもいいですよ!!例えば、恵と郁がいいなと思ったらぜひぜひいってください!!あと、双子の一卵性と二卵性と、姉弟か、兄妹どれでもいいですよ!!例えばのことですからね!!1、2、3は!!では!!

271:なっち のか:2014/09/06(土) 21:07 ID:ufQ

一がいい!

272:七光 sO:2014/09/06(土) 22:06 ID:xes

ok!!

273:みどっち!:2014/09/07(日) 15:53 ID:7JA

係活動報告書終わらないよ〜!💦(;゚д゚)

274:なっち のか:2014/09/07(日) 17:21 ID:ufQ

私は活動報告書は適当にやったこと書いたり、きれい事書いただけだよ〜みどっちファイト‼ψ(`∇´)ψ

275:なっち のか:2014/09/07(日) 17:24 ID:ufQ

フレー、フレー、み・ど・っ・ち‼😀

276:七光 sO:2014/09/07(日) 23:34 ID:gk6

いきなりですが・・・・投票もう少ししてください!!なっちは、二卵性で女・未音(みおん) 男・陵谷(りょうや)しかいまのところないですよ!!投票おねがい!!して!!小説書きます

〜朝〜
チュンチュン
未来「ん・・・んう〜〜〜〜〜〜ん、よく寝た・・・・」
未来が起きたときには、もう太陽が真上の方にあった
未来「・・・・えっ!?時間!!今何時!?」
そして、近くにあった、あたしの携帯をとった、そして、見てみると・・・
未来「はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!12時近くじゃん!!」
あたしは、起きようとしたけど、上に重いものがあったそれは・・・
未来「りょ〜〜〜〜〜〜〜〜う、起きてよ!!て言うか、重い!!」
そうしていると、陵がおきた・・・
陵「あれ・・・・僕なんでここにいるんですか??」
覚えていない・・・・だと・・・・・
そんな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
未来「あつ!!そうだよ!!陵!!講習会はいいの!?」
陵「あれ??いってませんでしたっけ??今日はお休みですよ^^」
未来「えっ・・・・そうなの・・・・良かった・・・・じゃない!!陵!!どいて!!」
陵「え〜〜〜〜〜。嫌です!!」
未来「なにがえ〜〜〜〜〜。だっ!!いいとしして!!」
それから、しばらくその状態が続いた・・・そして、ようやく神職養成講習会が終わり、家に帰りました・・・・
未来「もう、疲れた・・・・・」

続く・・・・

277:七光 sO:2014/09/08(月) 23:37 ID:zOo

眠い・・・・眠気に襲われる前に書きます!!では、スタート!!

未来「おぇ〜〜〜〜〜。」
陵「未来さん、大丈夫ですか??^^;」
大丈夫な訳あるか!!っと言おうとしたが、また吐き気に襲われて言えなかった・・・・う〜〜〜〜〜。なんかあたし、悪いことしたっけ??
未来「陵・・・ごめんね・・・・」
陵「いえいえ^^大丈夫ですよ。慣れてますから^^」
すると、陵のお母さんがきた
陵母「未来ちゃん??それ・・・もしかしたら、つわりじゃないの??」
あたしは、その言葉にあたしはビックリした
未来「・・・・・・・えっ??」
陵「ホントですか母さん!!」
陵母「その、可能性はあるわよ^^」
陵「未来さん!!病院にいきましょう!!」
未来「えっ??う・・・・・うん・・」
気持ち悪い・・・・・
そして、あたしたちは、病院に言って、嬉しい言葉が返ってきた・・・・・

続く・・・・・

すいません!!短くて・・・すいません!!次回、待っててくださいね!!

278:みどっち!:2014/09/09(火) 17:45 ID:7JA

私も1〜!ε===(っ≧ω≦)っ

279:匿名さん:2014/09/09(火) 21:48 ID:ufQ

未来がつわり⁉続きが気になる〜( ´ ▽ ` )ノ

280:なっち:2014/09/09(火) 21:48 ID:ufQ

未来がつわり⁉続きが気になる〜( ´ ▽ ` )ノ

281:なっち:2014/09/13(土) 10:03 ID:CG6

みどっちー(´・Д・)」

282:みどっち!:2014/09/13(土) 10:10 ID:7JA

なっちー‼(๑╹ω╹๑ )

283:なっち:2014/09/13(土) 10:25 ID:CG6

誰も来ないの〜T^T

284:みどっち!:2014/09/13(土) 11:14 ID:7JA

遊べる?

285:七光 sO:2014/09/13(土) 17:54 ID:ncY

すいません・・・・小説が書けなくて・・・・今、学校で陸上大会の練習をしていて、帰ってくるのが・・・なんと5時近くなんですよ!!そして、私、縄跳びの選手なんですけど・・・5分間も前と跳びをして疲れるんですよ・・・それから、お風呂に入ると・・・次、ご飯!!そして、宿題をして、9時ぐらいに疲れて寝てしまうんですよ・・・・ですから、小説がそんな更新できないんですよ!!><すいません!!><
ですから、今回いっぱい書きますよ!!

286:なっち:2014/09/13(土) 18:29 ID:CG6

日曜日ならあいてるよ!午前か午後どっちがいい?お返事待ってまーす( ̄^ ̄)ゞ

287:七光 sO:2014/09/13(土) 19:12 ID:GpQ

では、小説スタート!!

あたしは、ビックリした・・・
医者「おめでとうございます!!生後4週間ですよ!!」
未来「・・・・!!ほんとですか!?」
医者「はい^^」
嬉しい・・・・!!こんな嬉しいことないよ・・・・・!!
陵「未来さん・・・!!ありがとうございます・・・・!!」
未来「お礼早くない??生んでからいってね」
陵「はいっ!!」
あたし達は、家に帰ったら、陵のお母さんが今まで、見せたことがない笑顔をあたし達に向けてきた
陵母「未来ちゃん、どうでした??」
陵「母さん!!お赤飯をお願いします!!」
えっ!?なんで陵が言うの!?
陵母「やったわ〜〜〜!!今すぐ準備しますね!!」
といって、台所にいこうとしていたが、一回足を止めてこちらに向いて・・
陵母「あっ!!そうでした!!陵!!」
陵「はい??」
陵母「赤ちゃんが産まれるまで、おあづけですからね^^」
陵「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
陵が・・・・・撃沈した・・・・・・
陵「未来さん!!早く産んで下さいね!!」
未来「・・・・・・・・・・・・・」
もう、疲れた・・・・・・

続く・・・・・・

いや〜〜〜〜〜!!久しぶりに書きました!!私、小説どこで終わったか、忘れてました!!←オイッ!!wwww
では!!

288:なっち:2014/09/13(土) 19:13 ID:CG6

つけたし 午前=9時 午後=1時30分

289:なっち:2014/09/13(土) 19:15 ID:CG6

小説書いてみようかな・・・(下手だけど

290:七光 sO:2014/09/13(土) 21:04 ID:GpQ

なっち!!大丈夫!!自信持って!!

291:香織:2014/09/14(日) 07:55 ID:fGY

なっち小説上手いじゃん!

だから自信持って!

292:なっち:2014/09/14(日) 10:17 ID:CG6

小説暇な時書いてみるね!( ´ ▽ ` )ノ

293:みどっち!:2014/09/14(日) 10:44 ID:7JA

なっち〜!じゃあ午後でいい?(ฅ'ω'ฅ)♪

294:みどっち!:2014/09/14(日) 10:45 ID:7JA

小説がんばれー!!

295:なっち:2014/09/14(日) 20:02 ID:C9g

今、インターネットが繋がらなくて、いじり始めて50分・・・直ったー:*・'(*゚▽゚*)'・*最高だーー‼

296:なっち:2014/09/14(日) 23:17 ID:C9g

小説書きまーす( ´ ▽ ` )ノ

男子A「な〜◯◯〜ここ行かねー」
男子B「えっ、ここって有名な心霊スポットじゃねーかよ!行くに決まってんだろ‼」
あのバカ・・・
陵「未来さん、僕あの人達について行くので、今日はさくらさん達とかえって下さいね。」
未来「あたしも行きたい‼」
陵「危険なのでダメです^ ^」
ここは上目遣いで・・・
未来「お願い・・・陵の事助けたいの・・・」
陵「わ、わかりました。\\\\\」
よっしゃ‼
〜続く〜

297:なっち:2014/09/14(日) 23:32 ID:C9g

小説だよ〜( ´ ▽ ` )ノ

放課後
よしっ‼動きやすい服に着替えたし、扇子もった!靴はスニーカーでいいか。
陵「あっ、未来さん、」
未来「待った?」
陵「いえ、今来た所です^ ^」
未来「じゃっ、行こっか。」
陵「はい!あと、未来さん、凶暴な霊がたくさんいるので本当にきおつけて下さいね。」
未来「はーい♪」
そんなの分かってるつーの‼
陵「つきました。」
未来「えっ、ここ?」
何ここ、めちゃめちゃこわそうじゃん!!
未来「べ、別に怖くないし‼」
ウソ‼本当は帰りたい‼
陵「強がら無くていいんですよ?」
えっ、心読まれてるー⁉お前はエスパーか!
続く

298:なっち:2014/09/14(日) 23:49 ID:C9g

続きだよ〜(^○^)

陵が扇子を開いた
陵「鎮守の神よ、隠されし物を照らせ」
霊「ヴアァァァ」
霊「カラダ・・・ヨコセ・・・」
霊がいっせいにあたしをめがけて飛んで来る、逃げよ!
未来「へ?」
足を見ると・・・掴まれてるー⁉セコッもうダメ・・
ギュッ あたしは目をつむった・・・あれ?衝撃がない?
目を開けると1番見たくない光景が目に入った
未来「陵‼」
陵が霊に襲われてる‼
陵「うっ、未・・来・さん」
未来「陵、陵ー‼」
陵が霊達に飲み込まれたのだ・・未来と扇子を残して・・・
続く

299:七光 sO:2014/09/14(日) 23:57 ID:AHg

なっち、小説上手だね!!すごい!!あっ!!私も書くよ!!スタート!!

あれから、半年あたしのお腹は膨らんできているんだけど・・・・
未来「大きくない??」
陵「ですね・・・・」
あたしのお腹は普通の妊婦さんよりも大きい・・・・すると・・・・
陵母「未来ちゃん??もしかしたら、双子じゃないかしら??」
未来「双子??ですか・・・・」
陵母「取り合えず、病院にいってみましょうか^^」
陵「そうですね!!未来さん立てますか??」
未来「無理・・・・」
あたしは、お腹のせいでそんな歩けないし・・・そういうと、あたしの体が浮いた
未来「わっ!?ちょっと!?陵!?\\\\\\\」
あたしの今の状況は・・・・
陵「立てませんから、僕がつれていきますね^^」
いや、でも・・・・・
未来「お姫様抱っこは、ないでしょ!!\\\\\\」
そう、いまの状態は、陵に『お姫様抱っこ』をされている・・・・・
陵「いい子にしていてくださいね??落ちますからね^^」
未来「・・・・・・・・・」
陵は、いい子ですねといって、あたしを車にのせて病院にいった

続く・・・・

すいません・・・・・眠いので寝ます!!お休み!!

300:なっち:2014/09/15(月) 00:02 ID:C9g

小説ー

未来「陵、独りにしないでよ、」
陵「未来さん‼僕の扇子で舞って下さい!あっ・・・」
未来「陵?」
陵が出てきたかと思うと、すぐに飲み込まれてしまった・・・・
あたしは陵の扇子を手に取ると舞った。とても想いをこめて、
君を想えばこの胸にーーたちまち桜咲き満ちてーー
すると、どこからか、つる 、水、雷、光が霊に直撃する
伝えておくれーー我が恋とーー
霊は消えてそこには陵が横たわっていた
続く

301:なっち:2014/09/15(月) 00:04 ID:C9g

ここまで‼おやすみ〜( ´ ▽ ` )ノ

302:なっち:2014/09/15(月) 09:59 ID:C9g

おはよ〜(^O^)お出かけして来まーす!かえってきたら小説書くね‼

303:七光 sO:2014/09/15(月) 10:16 ID:PPQ

祝300越え!!\\\(´∀`)///
なっちの小説上手いね!!すごい!!ツンデレがある・・・・!!私には、ツンデレがない・・・・・・・て言うか、ツンデレをどう出すか迷う!!あっ!!小説書きますよ!!ツンデレ書きたい!!では、スタート!!

〜病院〜
未来「ねぇ、陵??」
陵「なんですか、未来さん??」
未来「名前、どうする??」
陵「えっ!?早くないですか!?」
陵は、未来のいきなりの言葉にビックリした
未来「ふふ、でもさ、今の内に決めようよ。ね??」
陵「僕はもう、決まってますよ^^」
未来「えっ!?陵の方が早いじゃん!!」
と、言い争っていると・・・
♪〜♪〜
『神山さん 神山未来さん 2番の診察室にお入り下さい』
♪〜♪〜
未来「あっ、呼ばれた」
陵「では、いきましょうか」
未来「うん」
と、言ったら、陵がいきなり手を繋いできた
あたしは、ビックリして陵の方を見ると、陵があたしのことを愛しそうに見ていった
陵「転ばないようにです^^」
未来「ここで、繋ぐか!?」
陵「ダメですか??」
未来「うっ・・・・別に・・・勝手にすれば??」
陵「では、勝手にします^^」
といって、診察室に入った

続く・・・・

ツンデレきた〜〜〜〜〜〜!!では!!

304:なっち:2014/09/15(月) 12:50 ID:C9g

七光の方が小説上手いよ‼

305:理科:2014/09/15(月) 15:50 ID:rvw

初めてまして

入ってもいいですか?

306:七光 sO:2014/09/15(月) 15:51 ID:PPQ

いいですよ!!タメ&呼び捨てokだよ!!

307:理科:2014/09/15(月) 16:03 ID:rvw

ありがとうございます

ずっと皆さんの小説読ませていただいてました
皆さん小説上手です

308:七光 sO:2014/09/15(月) 16:11 ID:PPQ

小説書きたいけど・・・ネタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!一応書きます・・・・・

未来「陵・・・双子だったね・・・」
陵「そうですね・・・・男の子だったら、僕のライバルが増えますね・・・・」
未来「子供と張り合うな!!」
あたし達は、今さっき病院を出たばっかりで結果が出た
未来「あたしは、陵似の男の子がいいな」
陵「えっ!?僕は未来さん似の女の子がいいです!!」
未来「そっちのほうが嫌だよ!!陵絶対、甘やかすでしょ!!」
陵「う・・・・・・。でも・・・」
未来「でもが何??」
陵「う・・・・・・」
〜陵の心の中〜
僕は、未来さん似の女の子がいいです・・・・・・・

続く・・・・・

309:理科:2014/09/15(月) 16:24 ID:rvw

七光さんやっぱり小説上手です
尊敬します

遅いですが300おめでとうございます

310:なっち:2014/09/15(月) 16:28 ID:C9g

理科ちゃんよろしくね!

311:理科:2014/09/15(月) 16:31 ID:rvw

なっちさんよろしくお願いします

312:理科:2014/09/15(月) 16:48 ID:rvw

また夜にこちらに来ます

313:なっち:2014/09/15(月) 17:49 ID:C9g

小説の続きだよ〜

未来「陵、陵ってば!」
あたしは陵の体を激しく揺する
陵「ん・・・」
未来「起きろ!」
ボカッ
陵「未来さん、痛いです(-。-;」
未来「あっ、ゴメン(汗)」
陵「まさか、僕の扇子で舞うとあんなことができるとは、」
未来「本当、ビックリ‼」
陵「帰りましょう。」
未来「うん」
そういえば陵の扇子って誰が引き継ぐんだろ?出来ればあたしと陵の子がイイな。
終わり

314:なっち:2014/09/15(月) 17:51 ID:C9g

小説一個書き終わった〜下手だけど(-。-;

315:理科:2014/09/15(月) 19:09 ID:rvw

こんばんは また来ました理科です

なっちさん小説上手ですね
私もいつか皆さんみたいに小説書けるようになりたいたいです!

316:香織:2014/09/15(月) 19:22 ID:fGY

なっち小説うまいじゃん!

なかなか面白かったよ!

317:理科:2014/09/15(月) 19:26 ID:rvw

香織さん
はじめまして 入って大丈夫だったでしょか?

318:香織:2014/09/15(月) 19:41 ID:fGY

ん?どう言う意味?

理科さんが入ってよかったか聞いてるのかそれともあたしが入ってよかったのかどっちを聞いてるの?

319:理科:2014/09/15(月) 19:44 ID:rvw

いえ、私が入ってよかったのかが気になったので

320:理科:2014/09/15(月) 19:50 ID:rvw

やはり、私は入っちゃいけないのでしょうか

321:七光 sO:2014/09/15(月) 20:07 ID:bg.

あ〜〜〜〜。上手い!!それしか言えない!!私は、全然終わらない・・・・・(T∀T)と・・・とにかく!!分けてください!!【高校生編】と【未来(みらい)編1、2、3】と、分けてください!!お願いします!!あとで、小説書きますね!!お風呂入ってきます!!では!!あっ!!あと、理科さん!!大丈夫ですよ!!・・・・・多分^^;

322:理科:2014/09/15(月) 20:13 ID:rvw

七光さん
そう言っていただけると嬉しいです
ですが荒しだと思われてないか、少し不安です。
国語をもっとがんばるべきでした

香織さん
すみませんでした

323:七光 sO:2014/09/15(月) 20:40 ID:bg.

えっ!?別にそんなこと思ってないからね!!あっ!!あと、プロフィール教えて!!

324:香織:2014/09/15(月) 20:50 ID:fGY

理科さん!全然大丈夫だよ!

325:理科:2014/09/15(月) 20:52 ID:rvw

七光さん
香織さんがそう思っていると嬉しいです!
ごめんなさい、遅いのですがこれからご飯なので後でプロヒール公開します

326:七光 sO:2014/09/15(月) 20:58 ID:bg.

ok!!また、あとで!!

327:なっち:2014/09/15(月) 21:35 ID:C9g

来たよ〜(^O^)/空手行ってきた〜新しくまた人が入った‼後輩よ‼

328:七光 sO:2014/09/15(月) 21:43 ID:bg.

えっ!?後輩ちゃん!?良いわね〜〜〜〜。←オバサン??
空手、お疲れ!!

329:なっち:2014/09/15(月) 21:52 ID:C9g

小説書くね‼季節外れの花粉症編(未来編)

あたし、神山未来は花粉症である。
未来「あ〜、ばなびずが〜目がかゆい〜陵〜」
陵「びぐざん、こればっかりは僕にも・・・」
あっ陵もなんだ・・・
クシュンッ ズズッ
陵「ゔ〜ん、辛いです!」
か、かわいいクシャミ〜\(//∇//)\
未来「耳鼻科行こうよ‼ね!」
陵「ぞうでずね」
霊「ヴアァァ」
未来「えっごんなどぎに⁉」
陵「ぢんじゅのがみよ、ごのひぜんにやどれ。」
あれ?
未来「効いてないじゃん‼」
陵「ずみまぜん、はながづまっで・・・」
続く

330:理科:2014/09/15(月) 22:01 ID:rvw

またまた来ました理科です!

香織
そうですか!ありがとうございます
勝手な被害妄想してすみませんでした
なっちさん
空手お疲れ様です
七光さん
この次にプロヒール公開します

331:七光 sO:2014/09/15(月) 22:18 ID:58M

なっち
陵が・・・・・緋扇使えない!?え〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!ヤバい!!
理科
分かった!!

332:理科:2014/09/15(月) 22:18 ID:rvw

ごめんなさい
さっき香織さんにさんをつけるの忘れてしまいました
すみません 
許していただけたことに動揺してしまいました

333:七光 sO:2014/09/15(月) 22:21 ID:58M

書き込みが消えた!?・・・・と思ったら、ありました☆
ビックリしちゃった!!

334:香織:2014/09/15(月) 22:22 ID:fGY

香織でいいよ!

あたしも理科って言っていい?

335:理科:2014/09/15(月) 22:29 ID:rvw

プロヒール公開します

名前     理科
年齢     12歳 小6
誕生日    8月5日
好きな事   マンガを読むこと(読書好き)ボカロ好き
嫌いな事   宿題
好きなマンガ ショーコミのほとんど(特にあやかし緋扇、片翼のラビリンス)
好きなマンガ家 くまがい杏子さん
後藤みさきさん
その他 学校で部活をやっているだけで習い事はやってないので毎日来ます

よろしくお願いします! 
長文失礼しました!

336:匿名さん:2014/09/15(月) 22:40 ID:rvw

分かりました!香織と呼びますね♪
私のことは呼び捨てでかまいません

さっきのプロヒールにつけたし
夜は遅くまでこれます
朝は頑張れば学校に行く前7時00〜
30までの間に来れます

337:理科:2014/09/15(月) 22:42 ID:rvw

ごめんなさい名前入れ忘れました
366は私です
私をおてんばな理科と覚えていただけると嬉しいです!

338:理科:2014/09/15(月) 22:45 ID:rvw

今はなっちさんも七光さんも香織も居ないのでしょうか
さみしいです

339:理科:2014/09/15(月) 22:54 ID:rvw

また明日来ます
これたら朝に…
おやすみなさい

340:七光 sO:2014/09/15(月) 23:01 ID:Olo

おやすみ!!私と同じ学年ですね!!ビックリです!!あっ!!私も、夜遅くまでやっていますから!!24時間過ぎても、起きている場合がありますが・・・・あっ!!私の学校で陸上大会の練習があって・・・・そんなこれません・・・・すいません・・・・明日、学校嫌だな〜〜〜〜〜〜。では!!

341:理科:2014/09/16(火) 06:15 ID:rvw

七光さん
はい私たち同じ学年ですね♪
私も部活がきつい時があり、帰ってきて、すぐにはあまりできないので大丈夫です!
私も今日から部活の朝練があるので学校少し嫌ですよ
また夕方に来ます!

342:七光 sO:2014/09/16(火) 17:06 ID:Xcc

部活あるの!?ビックリ!!私は、委員会とクラブだけですよ
いや〜〜〜〜〜。学校、やっぱりめんどい!!そして、眠い!!では!!

343:理科:2014/09/16(火) 17:06 ID:rvw

帰ってきました!
理科です
さすがに6時間授業に部活は辛いです

344:理科:2014/09/16(火) 17:09 ID:rvw

部活ありますよ
明日は5時間+クラブ+部活です!
委員会と交代交代です!

345:理科:2014/09/16(火) 17:38 ID:rvw

皆さん居ますか?
また来ました理科です!
皆さんに質問です!
私も小説書いてもいいですか?
いつも皆さんのを読ませていただいて私も書きたくなりました!
いいですか?

346:理科:2014/09/16(火) 17:39 ID:rvw

また夜に来ます!

347:なっち:2014/09/16(火) 19:08 ID:C9g

いやー、六年生って大変なんだね。私も委員会とクラブのつらさなら分かるよ‼ちなみに委員会は運営でクラブは理科クラブ‼

348:香織:2014/09/16(火) 19:12 ID:fGY

中学生も大変だよ!

夏とか7時まであるし委員会はいちいち発表しなきゃいけないし

ちなみにあたしはバドミントン部で代表委員やってる

349:七光 sO:2014/09/16(火) 19:24 ID:XqM

皆やっぱりすごい大変だよね・・・・・・・ここで、現実逃避!!←えっ!?wwww
あ〜〜〜〜〜〜〜〜。そうだ!!この中で、あやかし緋扇のドラマCD持っている人いる??質問だよ!!

350:なっち:2014/09/16(火) 19:34 ID:C9g

小説の続きだよ!

パシッ
陵「えっ」
⁇?「鎮守の神よ、この緋扇に宿れ」
ホワァ
未来「お義父さん⁉」
陵「どうざん⁉」
陵父「なんだ陵、花粉症か?鼻ずまりで扇子を使えない何て・・・」
未来「助かりました‼」
陵「ありがどゔございまず(-。-;」
未来「じゃっ行こっか陵。」
陵「はい」
あれ?あたし鼻ずまり直ってる。ラッキー♪
耳鼻科にて
医師「酷い鼻ずまりですね。」
だから来たんだつーの💢
医師「喉が痛くなってしまうので、あまり喋らないでください。」
未来「わかりました。」
帰宅後
陵「びぐざん、めがいだいでず。」
未来「目薬する?」
コクン
未来「眼鏡とって。はい、終わり!」
陵「ありがどゔございまず」
未来「喋らなくていいから」
コクン
続く

351:なっち:2014/09/16(火) 19:37 ID:C9g

私は持ってない、ヤフオクで買う為に貯金貯めてる!扇も欲しいな!

352:七光 sO:2014/09/16(火) 19:46 ID:XqM

だよね!!陵の緋扇欲しいよね!!
私、男子にルルル文庫の小説を見られました・・・・しかも、キスシーンも!!ひどすぎる!!そして、あやかし緋扇オタクです!!wwwww
お風呂入ってきます!!では!!

353:理科:2014/09/16(火) 19:49 ID:rvw

また来ました
あのあとすぐに寝てしまいました!

私が小説書いてもいいですか?

354:理科:2014/09/16(火) 19:51 ID:rvw

私もドラマCDとかは持ってません!
お金がないので…頑張って小説を買ってます!またあとできます

355:理科:2014/09/16(火) 20:21 ID:rvw

皆さん居ますか?

356:なっち:2014/09/16(火) 20:27 ID:C9g

居るよ〜( ´ ▽ ` )ノ

357:理科:2014/09/16(火) 20:31 ID:rvw

なっちさんいたんですね

358:理科:2014/09/16(火) 20:32 ID:rvw

しつこくてすみません
私が小説書いてもいいですか?

359:なっち:2014/09/16(火) 20:33 ID:C9g

私もクソ男子が小説覗き見してきた、そしたら
「お前ら変態かよ、」
って言ってきた。こっちはおめーらのせいで現実逃避して二次元行ってんだよ👎👎👎👎👎👎👎👎👎👎👎💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢あの、クソッタレ‼

360:理科:2014/09/16(火) 20:39 ID:rvw

あの
なっちさんキャラ変えました?
でもそう言うことあります!
うちのクラスの男子は幼稚だから
今日も私あやかし緋扇読んでたら
「こういうの読む年なのかよ」ってバカにされた   イラ
絶対男子より女子の方が大人だよ

361:理科:2014/09/16(火) 20:48 ID:rvw

あの
私少しの間居なくなります
ごめんなさい

362:七光 sO:2014/09/16(火) 21:01 ID:XqM

こっちも、「お前変態だなwwww」
と言われました!!こっちは、『お前らがガキのせいで、ストレス解消してるんだよ!!非リアが!!そして、お前らのほうが変態だろ!!くそガキ!!!!!!!!』と思いましたよ!!あ〜〜〜〜〜。今思い出しただけでウザイ!!そして、席替えをしてその、バカと近くになり、小説が読めず自爆してしまいましたよ・・・・・・・・あの、バカ変態野郎どもが!!!!!長文ごめん!!><

363:理科:2014/09/16(火) 21:54 ID:rvw

私も男子は皆バカだと思います
女子の気持ちが男子はわからないんだよ
わかってもらいたくないけど

364:七光 sO:2014/09/16(火) 22:00 ID:XqM

小説書くね!!スタート!!

〜未来視点〜
あたしは、今どこにいるか分からない・・・・・・
〜陵視点〜
陵「未来さん!!」
今、未来さんは、出産しようとしていた・・・・・
医者「神山さん!!あと、少しですから!!」
未来「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
未来さん、頑張って下さい!!
?「ほぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
医者「一人目、生まれましたよ!!あと、もう一人いますから、頑張ってください!!」
陵「未来さん!!頑張ってください!!」
僕は、それしか、言えなかった・・・・・未来さん、頑張って下さい・・・・・・・
?「ほぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
医者「ほら、元気な赤ちゃんですよ^^」
未来「・・・・・良かった・・・・・・」
陵「未来さん!!ありがとうございます!!」
未来「ありがとう・・・・・」
といったら、未来さんは眠ってしまった・・・・・僕も、そのあと眠ってしまった・・・・・
(未来さん・・・・ありがとうございます・・・・)
〜数ヵ月後〜
未来「陵、可愛いね^^」
陵「ほんとですね^^」
といって、僕達は自分の子供たちを見ていた、すると、未来さんが・・・・
未来「あっ!?」
陵「?」
未来「陵、この子達の名前!!決まってたんでしょ!!」
陵「あ〜〜〜〜〜。そうでした・・・・・・」
未来「忘れてたんだ・・・・・」
陵「えっと、女の子が『未音』で、男の子が『陵谷』です^^」
未来「いい名前だね^^」
陵「ありがとうございます^^」
未来「陵、この子達の成長を一緒に見ていこうね^^」
陵「はい!!」
未来「一緒に幸せにしようね^^」
この日、大切な約束をした日・・・・・・・・・そして、大切な人ができた日・・・・・・

【未来編〜新しい命〜】終わり・・・・・

勝手に題名をつけてすいませんでした!!あっ!!【未来編】は、続くよ!!では!!

365:理科:2014/09/16(火) 22:19 ID:rvw

私も勝手に小説書いていいですか?

366:七光 sO:2014/09/16(火) 22:29 ID:XqM

いいんだよ!!うん!!
あと、本当はダメなんだけど・・・・・・・修学旅行のときにあやかし緋扇1〜12巻を持っていきたいんですけど・・・・・・さすがに、それはダメなので・・・・・何巻を持っていけばいいですか??あっ!!何冊でもいいですからね!!(本当はダメだけど・・・・・・・)
4冊くらいかな??まぁ、そんぐらい持っていきたいです!!お願いします!!

367:理科:2014/09/16(火) 22:46 ID:rvw

話しが繋がらなくていいなら1と12とか
最初と最後を比べる!
七光さんはいつが修学旅行?

368:理科:2014/09/16(火) 23:21 ID:rvw

明日から、小説書きます!
その前に、話しの内容を投票で決めます。
1新キャラ 同じ力が使える
2陵と未来の修学旅行(少し切ない系)
投票お願いします!

369:理科:2014/09/16(火) 23:32 ID:rvw

また明日来ます

370:七光 sO:2014/09/16(火) 23:41 ID:keE

私は、1がいいです!!あっ!!あと、1と12を持っていく・・・・いいですね!!一応心にしまっておきます!!私は、修学旅行11月なんです!!今から、いろいろと・・・・疲れます・・・・おやすみ!!理科ちゃん!!

371:理科:2014/09/17(水) 07:12 ID:rvw

七光さん
投票ありがとうございます!
後で1で書きます!
私は明日から1泊2日で日光に行きます
ではまた

372:七光 sO:2014/09/17(水) 07:33 ID:j4E

日光に行くんですか!?私は、去年いきました!!2泊3日でした!!疲れました・・・・・では!!

373:なっち:2014/09/17(水) 15:14 ID:C9g

七光<ちなみに私の好きな巻は、5巻だよ!

374:七光 sO:2014/09/17(水) 17:04 ID:oNI

なっちそうなんだ!!私の好きな巻は、5巻と7巻と12巻だよ!!

375:理科:2014/09/17(水) 17:18 ID:rvw

ただいま帰りました!
私は去年は群馬県でした!
小説はまた後で書きます!ではまた♪

376:理科:2014/09/17(水) 18:00 ID:rvw

先に設定を公開します!

力が使える少女
  一宮 爽歌(いちみや さやか)
姉 前川 海加(まえかわ うみか)
海加と爽歌は双子です姉は力はないです
聖が黒幕の1人とわかった後の話しです

377:理科:2014/09/17(水) 18:15 ID:rvw

ご飯食べて来ます!そのあと書きます

378:なっち:2014/09/17(水) 19:53 ID:C9g

小説の続きデーズ☆

あれから二時間、陵は寝込んじゃった!
未来「陵、体弱かったんだ・・・」
陵「うっ、ハァハァ・・」
さっきからずっとこの調子。ピピピッ
未来「39度8分・・・また上がった。」
ずっとうなされてるし、
ポタッ
未来「えっ」
泣いてる・・・まさか!何かの記憶を見てるんじゃ・・・
続く

379:七光 sO:2014/09/17(水) 19:53 ID:y1s

楽しみ!!♪〜♪〜

380:理科:2014/09/17(水) 20:03 ID:rvw

小説書きます!

私の名前は一宮爽歌。16歳の高校1年
「○○空港出発します」私はそのアナウンスに顔を上げる。
読んでいた本をバッグの中にしまい、一枚の写真を取り出した。
私がまだ小学3年生の9歳の時の写真

続く
短くてすみません 今度は長く書きます

381:七光 sO:2014/09/17(水) 20:12 ID:y1s

来たよ〜〜〜〜〜!!小説新しいの書きますよ!!【未来編〜ずっと一緒に】です!!では、スタート!!

陵「未来さ〜〜ん??準備できましたか??」
陵が、玄関からあたしを呼んだ
未来「待って!!未音と陵谷が準備できてないの!!」
陵「あはは・・・・^^;」
未来「よし!!準備ok!!陵、今行くね!!」
陵が、あたしの姿を見て顔を真っ赤にした・・・・
陵「未来さん・・・・・・綺麗です・・・・・・!!」
未来「なっ・・・・!!/////ほら!!行くよ!!//////」
陵「は、はい!!」
あたしたちは、今日成人式で今から行くところ・・・!!
未来「皆、絶対びっくりするよね・・・・」
陵「そうですね・・・^^;」
と、話しているうちに会場に着いた
〜会場〜
未来「すご・・・・・・」
陵「ですね・・・・・」
なんと、会場がとっても広くてあたしたちは、びっくりしていると・・・・・・
?「あっ!!未来〜〜〜〜〜!!」
未来「えっ・・・・・・リコ!!智美!!久しぶり!!^^」
リコ「久しぶり^^未来・・・・・・と神山??と・・・・子供??」
未来「あ・・・・えっと・・・・」
陵「僕、未来さんと結婚したので^^」
皆、いっせいにこっちによってきた、そして・・・・・・・・
『『「「「「え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」」」」』』
といった・・・・あはは、おうげさすぎ・・・・・
こう、始まった成人式だった・・・・・・・

続く・・・・・

子供の存在を・・・・すいません!!><では!!

382:理科:2014/09/17(水) 21:04 ID:rvw

七光さん上手です。
私もがんばります!では続きです!

〜その頃未来たちは〜
未「嫌だよ夏休みが終わっちゃう」
陵「始まりがあれば終わりもありますよ♪」
さ「せやせや。陵君の言うことは正論や」
とさくらちゃんまで言う。
しかも龍も黙ってうなずく。
そうあと2週間で夏休みが終わってしまうのだ。
陵「ところで未来さん宿題終わりましたか?」
未「え……あ…うん」
と、適当に答えた。
陵「まさかやって無いんですか?」
未「ごめんなさい」
と、謝った。
さ「あの、長かった夏休みを何に使ったんや」
未来は言葉に詰まる。
陵「では、今度見なさんでやりませんか?最近できた大きい図書館で」
さくらちゃんと龍はうなずいた。
陵「では3日後に」
といって今日は解散した

続く

383:理科:2014/09/17(水) 21:31 ID:rvw

まだまだ書きます

〜3日後〜
私達は大きい図書館にいる。
大きいから本がいっぱいある。
必要な資料を探して宿題を進める。
ちなみに、陵とさくらちゃんは読書、
龍は読書感想文をやっている。
私は必要な資料がなかったから陵と一緒に探して回った。
角を曲がった時、ドンと誰かとぶつかった。
私とぶつかった人は、赤のメガネをかけている。髪はツインテールだった。
その子が持ってた資料が全部落ちる。
私達は尻餅をつく。
陵「未来さん、大丈夫ですか?」
未「私は平気。ごめんね」
と謝りながら、落ちた資料を拾う。
陵が私の持っていた資料と陵が持っていた資料をまとめ少女にわたす。
陵「はっ」
と小さく声を出す。
少女「ありがとうございます」
と笑顔でお礼をいい去って行った。
しばらく陵は黙っていた。

続く

384:理科:2014/09/17(水) 21:33 ID:rvw

修学旅行なので明日はこれません!
その間に小説の
感想・リクエスト下さい
行って来ます!

385:七光 sO:2014/09/17(水) 22:29 ID:OjQ

すごい!!すごいすごい!!上手いね!!いや〜〜〜〜〜〜〜〜。もしかして・・・・陵の幼馴染みなの??そんな気がしたので、てへ☆
うん・・・・すごいね!!うんうん!!明日、来ないのが、寂しいですが・・・・・・楽しんでいってきて下さいね!!^^では!!

386:香織:2014/09/18(木) 21:42 ID:fGY

皆小説上手だね!

387:七光 sO:2014/09/18(木) 22:06 ID:Q4.

小説書くよ!!スタート!!☆

未音「パパ!!あたしから唐揚げ食べたい!!」
陵「はいはい、待ってくださいね^^はい」
未音「美味しいけど、ママのほうが美味しい」
陵「当たり前じゃないですか^^」
陵・・・/////なにいってんの!?/////う〜〜〜〜〜〜〜//////恥ずかしい・・・・//////
陵谷「お母さん、僕コロッケが食べたいです」
未来「あ〜〜〜。ちょっと待ってね^^はい。」
陵谷「ありがとうごさいます^^」
陵「未来さ〜〜〜〜ん??そろそろですよ」
未来「あっ!!待ってよ!!」
成人式が、始まった(本当の)・・・・・・・・・

続く・・・・・

陵谷と未音が出せて良かった!!一安心です!!では!!

388:七光 sO:2014/09/18(木) 22:07 ID:Q4.

すいません!!><訂正です!!
から唐揚げ→唐揚げ
です!!すいません!!><

389:なっち:2014/09/18(木) 22:15 ID:C9g

小説の続きデーズ‼

未来「陵・・まだ起きない。」
陵「はっ、未来さん!貴方は一生そばに居てくれるんですよね!」
未来「何言ってんの?あたし、陵のお嫁さんだよ?当たり前じゃん!」
突然何を言い出すんだか・・・
陵「そうですよね!実は未来さんと離婚してしまう夢を見ていたんです。」
あたしの予想大はずれ
未来「で、熱は・・・36度1分、下がったじゃん!」
陵「はい!これで未来さんを可愛がってあげられますね!」
えっ・・・
終わり

390:なっち:2014/09/18(木) 22:17 ID:C9g

みどっちのリクエストはS陵だそうでーす☆がんばって書いてみるね!

391:理科:2014/09/19(金) 17:38 ID:rvw

お久しぶりです
理科です!
皆さん小説の感想ありがとうございます。

七光さん
私、上手じゃないよ〜 でもほめめられるのは嬉しい! あの少女はねぇ…ネタバレだからこれ以上は!
読んでいただけると嬉しいです!今日も続き書きます!

392:理科:2014/09/19(金) 18:26 ID:rvw

ご飯食べて来ます!

393:理科:2014/09/19(金) 19:34 ID:rvw

居ないんですか?

394:理科:2014/09/19(金) 19:55 ID:rvw

小説書きます!

さ「未来、資料見つかった?」
未「うん。見つかったよ。」
と、読書を終えたさくらが私を探しにきた。
未「ちょっと荷物落として…」
さ「拾うのてっだったる」
とさくらちゃんも拾うの手伝ってくれた。
未「ありがとう」
さ「勉強再開や」
とまた勉強が始まった。その時から、ずっと陵は黙ったままだった。

続く
短くてすみません

395:理科:2014/09/19(金) 19:59 ID:rvw

誰か居ないのかな?

396:理科:2014/09/19(金) 20:17 ID:rvw

まだまだ書くよ!

〜その頃の爽歌〜
偶然にも未来たちと同じ図書館にいた

爽(キョロキョロ、キョロキョロ)
と私は資料を探している。
引っ越してきたばかりで周りのことがわからないから図書館にきた。地理の資料を取ろうと角を曲がった時、
ドンと私は誰かとぶつかった。持っていた地図のコピーなどが落ちる。
爽「いててて。ごめんなさい」
未「こちらこそごめんなさい」
と言って落ちた資料を拾ってくれる。
陵「未来さん大丈夫ですか」
と男の子が私とぶつかった人に声をかける。
その声ち私は顔を上げる。その人の顔を見た瞬間、驚いた。私は資料を急いで拾い上げ。笑顔でお礼を言ってその場を去った

続く

397:理科:2014/09/19(金) 20:32 ID:rvw

まだまだ書きます〜

爽「ハァハァハァハァハァ」
私は勢いよく図書館を出ていった。
私とぶつかった人のあとに出てきた、男の子はききっと、陵君だ。

398:理科:2014/09/19(金) 20:41 ID:rvw

変な所で切ってすみません。

陵君は10年前からよく公園で遊んでいた。そんな陵君が好きになった私は
勇気を出して5年前に告白し、私達は
付き合うことになった。その2年後に…

続く
眠いのでまた明日

399:なっち:2014/09/19(金) 21:28 ID:C9g

太鼓の練習でテストだった!二曲あって、一曲は合格したけど、あとは不合格・・・(。-_-。)立ち直れない。

400:なっち:2014/09/19(金) 21:29 ID:C9g

わーん(涙)

401:みどっち!:2014/09/19(金) 21:48 ID:7JA

!(◎_◎;)

402:七光 sO:2014/09/19(金) 22:35 ID:F3g

どういうことだ!?陵とつきあっていただと!?はぁ〜〜〜!!陵は未来のことが5歳から好きなんだよね!?え〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!頭が・・・・・・・パンクしそう・・・・・・あと!!小説のネタが詰まってかけそうにありません!!すいません!!><明日、いっぱい書きますね!!では!!

403:香織:2014/09/20(土) 06:26 ID:fGY

理科さん小説上手い!

続きが気になる!

404:理科:2014/09/20(土) 08:47 ID:rvw

祝400

なっちさん
1曲合格したから大丈夫だよ♪元気出して!
七光さん
陵は5歳の時から好きだけど爽歌にも
好きになって、お兄ちゃん子だった未来を諦めかけて爽歌と付き合ったとゆう設定で
香織
ありがとう!今日も書くよ♪

405:理科:2014/09/20(土) 09:09 ID:rvw

10歳の小4の時に
私と陵くんは付き合った。
まだ幼かったけど、私達なりに付き合った。2年後12歳の小6の時に
両親が離婚して私はお母さんに引き取られ、陵君がいたこの地を離れた。
しかもお別れの形が最悪で、きっと陵君は私のことを忘れてる。
私は決めたのもう陵君に会わないと…

続く
短くてごめん

406:七光 sO:2014/09/20(土) 10:25 ID:kl2

ほぅ〜。そういうことですか!!
びっくりした〜〜〜〜〜!!ホッ。
あと、祝400超え!!早いな〜〜〜〜〜〜。この前までは、300だったのに、これまたびっくり!!では!!

407:理科:2014/09/20(土) 11:31 ID:rvw

続きだよ〜

〜一方未来達〜
未「ねぇ陵、陵ってば」
陵「え、あどうしましたか未来さん」
未「ねぇ陵どうかしたの?」
陵「そんなことありませんよ」

シバラクシテ
未「終わった〜」
陵「よかったですね」
未「うん」
陵「では時間が遅くなってしまったので帰りましょうか」
と言って私達は家に帰った。
するとさくらちゃんから電話がかかってきた。
さ「もしもし未来?」
未「どうしたのさくらちゃん」
さ「あのな今日、陵君変やないかな思ってな」
未「さくらちゃんもそう思った?」
さ「せや、なんかあったんか?」
未「分からない。私が、図書館で女の子とぶつかった時からずっと」
さ「女の子とぶつかった?」
未「そうだけと」
さ「まさか陵君浮気してるやないの」
未「まさか陵がそんなこと…」
さ「どうしたんや未来?」
未「うんもしかしたら陵が浮気してるかもって思って」
さ「未来嘘や」
未「そうかもしれないけど…」
さ「未来元気出しや」
未「うん」
さ「明日聞いてみるで」
未「ありがとう。でも自分で聞いてみる」
さ「そうか、応援してるで未来」
未「ありがとうさくらちゃん」
さ「ほなさいなら」
未「うん。バイバイ」
さ「バイバイ」
と電話を切った
未「ふー」と一息ついた

続く

408:なっち:2014/09/20(土) 11:43 ID:C9g

来たよ〜

409:理科:2014/09/20(土) 11:58 ID:rvw

なっちさん
ハローです

410:理科:2014/09/20(土) 12:12 ID:rvw

皆さんに質問です
私自分のあやかしのスレを立てたいと思うのですが、今もあやかしのスレは多いなどの問題とかあるのですか?

411:理科:2014/09/20(土) 12:42 ID:rvw

誰か居ませんか?

412:理科:2014/09/20(土) 13:02 ID:rvw

オーイ誰か居ない?
質問に答えてください

413:理科:2014/09/20(土) 13:46 ID:rvw

続き何かリクエスト下さい

414:理科:2014/09/20(土) 16:09 ID:rvw

続き書きます!

〜次の日〜
私は朝、マンションを出るといつもの場所に陵がいた。
未「おはよう陵。」
陵「…おはようございます」
やっぱり陵は、おかしい
未「ねぇ陵、何かあったの?」
私は勇気を出して聞いてみた
陵「?何もありませんよ」
未「ねぇ陵、私の目を見て答えて」
陵が何を考えているのか知りたい!
陵「だから僕は何もありませんよ。遅刻しますよいきましょう」
と陵は話題を変えてしまった。

続く

415:理科:2014/09/20(土) 16:20 ID:rvw

414訂正
〜次の日〜 ⇒〜数日後〜
でーす

416:理科:2014/09/20(土) 17:00 ID:rvw

誰か居ないの?

417:理科:2014/09/20(土) 17:18 ID:rvw

続きを書きます!
〜放課後〜(今回はさくら目線で)
今、うちは学校の中庭にいる。
さ「なぁ陵君。最近おかしくないか」
陵「さくらさんまで何言うんですか」
さ「絶対に何かかくしたるやろ!もし
  未来に言えんことならうちや、龍
  にいってや。」
陵「………」
さ「話はそれたけやねん。ほな」
陵「さくらさん待ってください。」
さ「なんや」
陵「実は調べたいことがあるんです」
さ「うん」
陵「手伝っていただけませんか?」
さ「うちで良ければ」
陵「あの桜咲家に行っていいですか」
すると、さくらはうなずいた。
さ「ほないくで」
その日うちは陵君と一緒に帰った。

続く

418:理科:2014/09/20(土) 17:38 ID:rvw

先に行き詰まりました。
アイデア下さい。

419:理科:2014/09/20(土) 20:25 ID:rvw

アイディアください

420:香織:2014/09/20(土) 21:41 ID:fGY

うーん…

さくらん家に過去の記憶を思い出せる坪があって過去を調べたい人の血を垂らして陵が全てを思い出してその日から毎日陵がその女の子と遊んで未来が誘っても無視して未来が別れようかどうかさくらに相談して陵と別れることにして未来は龍と付き合うことになるって言うのはどう?

421:理科:2014/09/20(土) 21:49 ID:rvw

香織

アイディア、ありがとう!
でも未来と龍ね…考えて見る
アイディアありがとう

422:七光 sO:2014/09/21(日) 10:16 ID:KR2

ごめんね!!><最近これなくて!!ホントごめん!!
アイデア??私はね〜〜〜〜〜〜。
さくらちゃんに図書館であった少女のことを話して、さくらちゃんが未来がかわいそうといってお説教をするんだよ!!そして、今は今、過去は過去といっていくんだけど・・・・・その少女が未来と陵の関係を邪魔して・・・・・・あとは、お任せ!!☆
勝手に決めていいよ!!
これが私のアイデアだよ!!
じゃあ!!

423:理科:2014/09/21(日) 10:27 ID:rvw

七光さんアイデア
ありがとう

今日もかくよ

424:理科:2014/09/21(日) 10:52 ID:rvw

続き書くよ〜♪

〜桜咲家〜
さ「陵君あったか?」
陵「いえ。さくらさんは?」
さ「こっちにもないは。」
陵「あー」
さ「陵君どうしたの?」
陵「さくらさん、見てください。」
さ「ほんまや。あったで」
陵「でも、本当にあの人なのでしょうか?」
さ「でも陵君は、感じたんやろ。うちは、陵君を信じるで」
陵「ありがとうございます。」
さ「でも、問題はこのあとどうするかやな。」
陵「1番はあの人に聞くのがいいのですが…」
さ「探したる。多分年は同じぐらいやと思うで。
陵「でもその前に未来さんたちに話しましょう」

続く

425:理科:2014/09/21(日) 11:17 ID:rvw

まだまだ書きま〜す♪

〜放課後の未来〜
未「あれ、陵が居ないなぁ〜。あっ龍。龍に聞こう。ねぇ龍」
龍「あ未来。どうしたんだ?」
未「ねぇ陵知らない?」
龍「陵なら帰った。」
未「えっなんで」
龍「理由は知らない。たださくらと一緒に帰った」
未「(ピロリンピロリン)あっさくらちゃんからメールだ」
本文
未来、まだ学校におるか?今から龍と一緒に家に来てくれんか?
大事な話があるねん
未「okっと」
龍「じゃあ行くか」

続く

426:理科:2014/09/21(日) 12:36 ID:rvw

続き

〜桜咲家〜
未「さくらちゃん来たよ♪」
さ「遅いねん」
未「ごめんなさい」
陵「さくらさん未来さんをそんなに怒んないでください。」
未「あれ、陵もいたの?」
陵「はい」
とニコニコいつもの笑顔で答えた。久しぶりだなぁと思った
未「さくらちゃん大事な話って何?」
さ「それは陵君から話してもらうは」
陵「僕が話していいんですか?」
さ「お願いします」
陵「あのですね、この間図書館で未来さんとぶつかった人がいましたよね」未「うん」
陵「その人は荷物を落として僕たちは拾った」
未「うん」
陵「その時僕は荷物を渡す時にお互いの手が触れた。僕はその時強い霊力が感じた。」
さ「もし普通並みかそれより低ければ手が触れただけで感じはしないんや」
陵「だけど僕は感じた。そこから考えたのは、未桜の他に力がある人がいるのではないかと」
私達は陵の話しを静かに聞く。
陵「そして調べてみたら1人いたんです。前世の名は」

続く

427:理科:2014/09/21(日) 12:41 ID:rvw

訂正

さ「それは陵君から話してもらうは」
↓訂正
さ「それは陵君から話してもらうわ」

428:香織:2014/09/21(日) 13:50 ID:fGY

続きが気になるー!

429:理科:2014/09/21(日) 17:19 ID:rvw

香織

感想ありがとう

430:香織:2014/09/21(日) 20:26 ID:fGY

せかすような言い方になるけど続きいつ書いてくれよ?

431:アリス:2014/09/21(日) 21:11 ID:lSs

アノ〰〰〰

432:アリス:2014/09/21(日) 21:12 ID:lSs

433:理科:2014/09/21(日) 22:03 ID:rvw

香織

明日学校帰って来てからかな

アリス
どうしたの?

434:七光 sO:2014/09/22(月) 16:37 ID:tgE

本当に最近来れなくてごめん!!><う〜〜〜〜〜〜〜。学校のせいで・・・・・・・・・(怒怒怒怒×100000000000000000000000000000)
アリス!!こんにちは!!そして、はじめまして!!^^
理科!!少し分かったよ!!でも、なんで!?霊力!?えっ!?ビックリ!!じゃぁ!!

435:理科:2014/09/22(月) 17:22 ID:rvw

七光
大丈夫だよ♪
感想ありがとう

436:理科:2014/09/22(月) 18:53 ID:rvw

続き
陵「前世の名は杞乃葉(このは)」
未来「杞乃葉・・・」
陵「そうだと思います」
未来「そうなの」
陵「前世の杞乃葉の力は未来さん達とおなしで治癒の舞の力です。」
未来「つまり私達の仲間?」
さくら「まぁ仲間になってくれたらだけどな」
未来「私達が、その子を探せばいいのね。」
陵「でも、どこの誰かが分からないから難しいと思いますよ」
未来「そこは気合いで」
さくら「気合いは・・・」
龍「明日から探して見るか」
陵「そうですね」
未来「頑張ろう」

続く

437:香織:2014/09/22(月) 19:52 ID:fGY

うわー!なんかこっちが見ててドキドキする!

438:理科:2014/09/22(月) 20:14 ID:rvw

香織

ありがとう

439:香織:2014/09/22(月) 22:05 ID:fGY

いえいえ♪

440:理科:2014/09/23(火) 09:17 ID:rvw

続き
〜次の日〜
なんだか最近陵が元気になった気がする。嬉しい!
さくら「今、なんだか最近陵君が元気になった気がする。嬉しい!とか思ってたやろ。」
未来「人の心読むな!」
さくら「ちゃうちゃう。よんだのは顔や!」
未来「どっちでもいいけどよむな」
さくら「ばればれや」
陵「あ、未来さん、さくらさんおはようございます。放課後部室に来て作戦を考えましょう!」
さくら・未来「うん」
陵「では、クラスに戻りましょう」
さくら・未来「うん」
私達はクラスの方に歩いて行く。
ドン
と私と何ががぶつかった
陵「未来さん大丈夫ですか?」
未来「うん」
私とぶつかった人は尻餅をつく。
少女「ごめんなさい大丈夫ですか?」
未来「はい」
少女「ごめんなさい。急いでいるので失礼します。」
と言って走り去った。

続く

441:理科:2014/09/23(火) 12:11 ID:rvw

続き

未来「ねぇ、陵?あの子じゃない?」
陵「確かに雰囲気はにてるけど・・」
さくら「でもまぁ学年は分かったしいいんやないの?」
未来「えっさくらちゃん学年、わかっちゃったの!?」
陵「はい。僕もさくらさんと同じでわかっちゃっいました。」
未来「陵まで!?」
さくら「あの子は1年や」
陵「青いリボンに青い上履きでしたから。間違いないと思います。」
さくら「じゃあ龍にも頼むか」
未来「うん」

〜クラス内〜
クラスメイト1「ねえ、最近人気のSAYAKAって知ってる?」
クラスメイト2「知ってる!私大好き私もあんな感じになりたい。」
クラスメイト3「みんなが憧れるよねいいな〜」
未来「みんなどうしたの?」
クラスメイト1「SAYAKAについて話してたの」
未来「S、SAYAKA?」
クラスメイト3「えー未来最近人気のSAYAKAを知らないの?」
未来「うん。」
さくら「うちは知ってるで。顔は知らんけど」
未来(さくらちゃん多分それ、知らないと同じ)
クラスメイト2「この子だよ。」
と言って持っていた雑誌を見せた。
未来・さくら「えーあ、あの子(やな)見せて」
と言って雑誌を見せてもらった
未来・さくら「どうして(やろ)」
クラスメイト1「未来とさくらちゃんこの子知ってるの?」
未来「ううん。見たことあったってだけ。」
クラスメイト1「そうなんだ」
未来「(後で陵達に言おう)」
さくら「(せやな)」

続く

442:七光 sO:2014/09/23(火) 14:27 ID:ntc

すいません!!><
更新できていなくて!!すいません!!><続き書くからね!!スタート!!

男子「お〜〜〜〜〜〜い!!そろそろ、写真撮影だぞ!!」
未音「お父さん??シャシンサツエイってなに??」
陵「大勢の人で写真を撮るんですよ^^」
未音「へ〜〜〜〜〜。」
といって、未音は椅子に座った
未来「陵谷も座っていいよ^^」
陵谷「はい!!^^」
と言って、陵谷も座ってた
陵「未来さん、そろそろ撮りますよ!!」
未来「あっ!!今行く!!」
そして、無事に成人式が終わった・・・・・・・・
陵「未来さんの着物可愛かったですよ^^」
未来「えっ!?あ・・・・ありがとう・・・・・//////」
陵「ふふ、今日は素直ですね^^」
未来「素直で悪かったね!!」
未音・陵谷「お母さん、綺麗だったよ!!」
未来「う・・・・ありがとう・・・・・////てか、誉めすぎ!!//////」

続く・・・・・

443:香織:2014/09/23(火) 16:23 ID:fGY

2人ともいいね!

444:理科:2014/09/23(火) 16:40 ID:rvw

七光
上手ですね

445:理科:2014/09/23(火) 17:15 ID:rvw

続きです
〜放課後(部室にて〜)
未来「・・・て言うことでこの雑誌、借りてきたけど、似てない?」
陵「似てますね。」
龍「とりあえず1年のクラス探しに行って見ればいいんじゃないか?」
陵「そうですね。明日みなさん昼休みから探しましょう。」
未来・さくら・龍羽「うん」
〜次の日、昼休み(1年のクラス前)〜
陵「では探して見ましょう」
ちなみにさくらちゃんと私は1〜4組
陵と龍は5〜8組を探すことになった
未来「さくらちゃん、居た?」
さくら「こっちにはいなかったで」
未来「そうか」

龍羽「居たか陵」
陵「いえ。最後のクラスに行きます。その間に皆さん部室に行って下さい」
龍羽「分かった」

切りが悪いけど、続く

446:理科:2014/09/23(火) 23:13 ID:rvw

ちょっと訂正。設定を変えます。

爽歌→10年前に陵と出会う→8年前の3年生7歳(誕生日まだ)に
陵に告白。→付き合う→その1年後(4年生)両親離婚でこの地を離れる
という設定で

447:理科:2014/09/24(水) 20:50 ID:rvw

続き
〜6組の前(今回は陵目線)〜
陵「あの、この方に似た人このクラスにいませんか?」
僕の手にはさっき見せてもらった
SAYAKAの写真のコピーを見せた。
少女「あの、この子に用があるんですか?」
陵「えぇ、まぁ。知り合いですか?」
少女「いや。そこにいるんだけど。その雑誌に載ってるSAYAKAの姉なら」
陵「呼んでいただけますか?」

続く
短くてごめん

448:香織:2014/09/24(水) 21:14 ID:fGY

いいね!

続きが気になる!

449:理科:2014/09/24(水) 21:16 ID:rvw

香織
感想ありがとう。もっと頑張るね

450:理科:2014/09/24(水) 21:52 ID:rvw

続きでーす!

陵「あなたがこの写真のSAYAKAのお姉さんですか?」
海加「はい。前川海加です。あのーご用件は?」
と海加が聞いてきた。陵は持っていた
雑誌のコピーを落とした。
陵「あっ」
海加「はい。落としましたよ!」
陵「ありがとうございます」
と言って走り去ってしまった
海加「?」
〜数分後(部室にて)〜
陵「皆さん居ますか?」
未来「陵そんなに慌てなくても…」
龍羽「で、何か分かったのか?」
陵「えっとですね、6組にSAYAKAさんの、お姉さんが居ました。」
みんなは黙って陵の話を聞く。
陵「そこで僕はお姉さんと手が触れあった時やはり霊力を感じました。」

その時、校庭の方から、
?「キャー助けて」
と言う声が聞こえた。

続く
短いね。ごめん

451:七光 sO:2014/09/25(木) 21:25 ID:Al2

ごめんね・・・・・最近これなくて・・・陸上大会の練習が・・・・ハード過ぎて・・・・ダウン↓↓↓↓
小説のネタも思い付かない・・・・・う〜〜〜〜。ごめんね本当に・・・・・・あっ!!あと!!ドラマCD買ったよ!!ショウコミ限定のやつ買ったよ!!あと、名前変えるね!!『しぃ』にするね!!じゃぁ!!

452:理科 :2014/09/25(木) 21:28 ID:rvw

七光
陸上大会頑張って。
小説頑張れアドバイスあれば言っていいかな?
ドラマCDいいな♪

453:理科 :2014/09/25(木) 21:37 ID:rvw

ごめんなさい。
今日は小説書けそうもないので。
明日いっぱい書きます!

454:理科 :2014/09/26(金) 23:32 ID:rvw

続き

未来「校庭の方から悲鳴が」
陵「行って見ましょう!」
〜校庭にて〜
未来「ひっ」
私は小さく悲鳴をあげた。
そこにいたのは悪霊に取りつかれつつある爽歌の姿だった。
その目の前には姉の海加の姿。
その、海加は変なことを言ってる。
海加「お姉ちゃん」
陵「海加さんあなたがお姉さんですよね。」
爽歌「違う。今私とお姉ちゃんは入れ替わってる。ねえお姉ちゃんを助けてお願いします!」

続く
短くてごめん

455:七光 sO:2014/09/27(土) 09:06 ID:kwc

新しい小説を書きます!!でも、謎解きはディナーのあとでと同じです・・・・・でも、陵は毒舌では、ありませんよ!!ご安心を^^
あとで、書きますからね!!^^
では!!

456:理科 :2014/09/27(土) 09:30 ID:rvw

七光
謎解きはディナーのあとでいいですよね。小説頑張ってね
私もあとで小説書きます。

457:七光 sO:2014/09/27(土) 09:36 ID:kwc

あと・・・・・『恋愛』のほうは・・・・・・あり・なしどっち??

458:理科 :2014/09/27(土) 09:38 ID:rvw

私的にはあり!

459:しぃ sO:2014/09/27(土) 11:30 ID:kwc

よ〜〜し!!恋愛ありにするよ!!
執事とお嬢様・・・禁断の恋!!
ヤバい!!にやける!!あと、本編とは違う部分がありますから!!
では!!小説スタート!!

あたしは、唐沢 未来
唐沢財閥でよくに言うお金持ち
でも・・・・普通のお嬢様ではなく・・・・・・・
未来「ヤバい!!遅刻する!!」
?「お嬢様・・・・・大丈夫ですか??」
こいつは、神山 陵
あたしの執事
未来「ていうか、お嬢様って言うな!!」
陵「では、なんと・・・・」
未来「未来でいいから!!」
陵「それは、いけません!!執事たるものそのようにはいえません!!」
未来「じゃぁ!!未来さんっていって!!」
陵「・・・・・・・・かしこまりました」
未来「ていうか、陵!!早く車出して!!聖に怒られる!!」
陵「分かりました、では、すぐにいく準備を」
未来「早めに!!もう!!『事件』がなんでこんな日に!!ゆっくり休ませろ!!」
あたしは・・・・お嬢様の顔と・・・・・・・『刑事』の顔がある・・・・
陵「準備が出来ました!!」
未来「分かった!!いま行く!!」
〜事件現場〜
聖「未来嬢、遅い(ボソ)」
(聖と他にも、未来がお嬢様って知ってます!!dyしぃ)
パタン パタン ←車のドアを閉める音
聖「やっと、来たのか!!」
未来「うるさい!!この成金男が!!」
陵「未来さん!!落ち着いて下さい!!」
こうして、事件現場についた・・・・

続く・・・・・・

書けた!!一応誰が誰だかを書いておくね!!漢字わからないところはひらがなね!!
唐沢 未来→ほうじょう れいこ
神山 陵→影山
聖 真人→かざまつり警部
です!!あと、あの2人も出ますよ・・・・・・・では!!

460:理科 :2014/09/27(土) 11:37 ID:rvw

しぃ
凄いね♪
私も負けてらんない!←どこに対抗心を・・・

461:しぃ sO:2014/09/27(土) 11:38 ID:kwc

やっぱり・・・・
未来「車出して!!」
のところを、車の中になります
あと、陵は家では未来さんで、外は、お嬢様にします!!あと、←まだあるの!!
未来と陵は、もう恋人同士でいいですか??その前だと・・・・私的に書きづらいので・・・・・あと、黒猫さんの小説に似るかも知れません・・・・・・無理な人は!!回れ!!右ですからね!!では!!(いろいろ、変更してごめん!!dyしぃ><)

462:しぃ sO:2014/09/27(土) 11:42 ID:kwc

元、七光ですよ!!(`<・ω・´)
しぃという名前にしましたから!!ブログのコメにかいてあると思いますよ!!ハチ。さんのはちみつレモンの小説を見てますよ!!あと、いろいろと・・・・・では!!

463:理科 :2014/09/27(土) 11:43 ID:rvw

平気だよ!
しぃ頑張れ←まるで人事みたいな言い方。

464:理科 :2014/09/27(土) 17:50 ID:rvw

小説どうしよう!

465:理科 :2014/09/27(土) 23:59 ID:rvw

今、インターネットの状態が悪くなかなか小説続き書けないかも知れないです。
でも頑張って更新します!

466:理科 :2014/09/28(日) 01:03 ID:rvw

インターネット状況が悪いけど頑張ります!

続き
陵「木の神句句廼馳よ」
・・・(変化なし)
陵「(首をかしげてから)志那都比古神よ今ここに強い風を起こせ」
ビュー・・・しかし霊は海加から離れない。
龍羽「海加の力を吸って強くなってると思うぞ。」
陵「そうですね。どうすれば…」
爽歌「もういい。」
と言って陵より前にでて海加と向き合った。
爽歌「ー君をはじめて見る折りは千代も経ぬべし姫小松」
と爽歌が舞を始めた。しかも扇子なしで
しかも傷が治って行く。
これは治癒の舞。
爽歌が詠い終わると海加と霊は離れていた。
陵「鎮守の神よこの緋扇にやどれ」
と言った。
未来「あなたの前世は杞乃葉?」
爽歌「うん」
さくら「良ければうちらの仲間にならへん?」
爽歌「えっ」
さくら「いやなら…」
爽歌「いやじゃあない!むしろ嬉しいありがとう」
みんな「これからよろしく!」
終わり

オリジナルキャラがいる小説はまた新しい話しを書きます!
本編と設定が違うところがあるので注意してください!
ではまた!

467:理科 :2014/09/28(日) 10:55 ID:rvw

次の小説どれがいいですか?
1爽歌の過去(陵と付き合ってた以外)
2爽歌の家族(本編と違う所あり)
3未来達大喧嘩
4陵過去を知る

の4つです!
投票をお願いします!

468:しぃ sO:2014/09/28(日) 17:08 ID:JNE

理科ちゃん、私は『3』がいいな^^
私も小説書〜こうっと!!
訂正があります!!えっと、陵は刑事にします!!執事&刑事萌える!!
では、スタート!!

未来「で、聖何??」
聖「はぁ、しかたねぇな、えっと若林 龍夫(わかばやし たつお)毒を飲んで自殺だと思うんだが・・・・・・」
未来「何、どうしたの??」
陵「??」
聖「ワインをどうやって飲んだのかが疑問なんだよ・・・・」
陵「あ〜〜。なるほど・・・」
未来「??意味が分からないんだけど・・・」
聖「はぁ、だから・・・」

続く・・・・・

ごめん・・・・・書けない・・・ごめんね!!><

469:理科 :2014/09/28(日) 20:18 ID:rvw

しぃ
3ねok後で書くね♪
小説頑張って!←やはり人事みたい!

470:理科 :2014/09/28(日) 22:35 ID:rvw

じゃあ小説書きます!
【未来達大喧嘩】
プロローグ
私は今、陵の誕生日プレゼントを買いに来ている!
一人じゃ不安出し何がいいかわからないから、今日は龍と一緒。
離れた所に来てるから、ばれることはないと思う。
あれ、前にいるのは、陵?
隣にはさ…くらちゃん!?何で?陵とさくらちゃんが一緒にいるの?
私の頭には、不安と浮気でいっぱいになる。
しかも、二人は笑顔で話している。
凄く悲しい。

僕は今、未来さんの誕生日プレゼントを買いに来てる。
初めての事なのでどうしていいのかわからなかったのでさくらさんにアドバイスをもらいながら探しています。
陵「さくらさんあれはどうでしょう」
さくら「(失礼だけど)あんな女子力高いものは無理や。あれとかどうや?」
陵「さすがにあれはないと思います」さくら「冗談や」
などと笑いながら探している。
あれは未来さんではありませんか?
でも、隣には龍羽君が居ます。
なぜでしょう。
とても不安や嫌な事ばかり考えてしまいます。 

続く

471:理科 :2014/09/29(月) 20:52 ID:rvw

ごめんなさい。
ちょっとショッキング(びっくり)したことがあり、数日の間小説を休みます
まぁこんな駄作を数日休んでも支障はないと思いますが休ませていただきます。
ごめんなさい。
失礼します

472:理科:2014/10/01(水) 17:19 ID:rvw

まだ完全に立ち直ってはいませんが
後で書きます!

473:理科:2014/10/01(水) 23:08 ID:rvw

ごめんなさい!
明日は必ずいっぱい書きます!

474:理科:2014/10/02(木) 23:01 ID:rvw

短いけど続き

〜次の日(まず未来目線)〜
私はいつもと同じ時間に家を出る
まだ嫌な気持ちを抱えたまま
未「…おはよう陵」
陵「…おはようございます」
お互い暗めの挨拶をする
〜学校にて〜(学校まではカットです)
さ「未来、おはようさん」
未「…ん、さくらちゃん…おはよう」
龍「未来、おはよう」
未「龍もおはよう」
さ「(まさか未来昨日の事気づいてるんか?)どうしたんや」
未「いや何でもないよ」
さ「ならいいんや。ちょっと陵君借りんで」
未「(また陵と嫌だな)龍、行こう」
龍「未来はそれでいいのか?本当に(ボソッ)」
未来「龍、何か言った?」
龍「いや」

こうして長いすれ違いの日々が続くのだ
続く

ごめん短いね

475:香織:2014/10/03(金) 06:36 ID:fGY

なかなかいい!

476:理科:2014/10/03(金) 17:09 ID:rvw

ただいま
今日も書くよ♪

477:理科:2014/10/03(金) 18:17 ID:rvw

続き
〜昼休み(今回は陵目線で)〜
未来「……………」
陵「……………」
さくら「……………」
龍羽「……………」
僕達は無言の昼ごはんを食べる
さくら「ごちそうさん、うち用があるねん、先に行くわ」
陵「ごめんなさい、僕も用があるので失礼します。」
バタンとドアが閉まると辺りは静まる
陵「さくらさん、先に行っててくれませんか?」
さくら「うん。」
そう言ったさくらさんの声はすぐに消え、未来さん達の楽しそうな、声だけが聞こえた。

〜同時刻(未来目線で)〜
未来「…………」
陵「…………」
さくら「…………」
龍羽「…………」
・・・・・無言の食事をする
さくら「ごちそうさん、うち用があるねん、先に行くわ」
陵「ごめんなさい、僕も用があるので失礼します。」
未来「(何の用事?さくらちゃんと一緒?)」
聞きたい事ばかりが頭に浮かぶ
バタンと陵が閉めたドアは、なぜか寂しそうに聞こえた
龍羽「不安なのか?」
未来「違うから」
龍羽「あれは決めたか?」
未来「一様ね。」
龍羽「まさかあれか!?」
あれとは、昨日見つけた変な顔の置物の事
未来「あれなわけないじゃん」
龍羽「すまない」
未来「思い出したら笑いが止まんないよ」
龍羽「そこまで笑うのか?」
と私達は笑った。
外で陵が聞いてるとは知らずに・・・

続く

478:理科:2014/10/03(金) 18:36 ID:rvw

明日、午前中に来れません
↑なぜ今?
なので今日いっぱい書くね♪

479:香織:2014/10/03(金) 19:24 ID:fGY

りょーかぃ!

480:理科:2014/10/03(金) 21:51 ID:rvw

続き
〜次の日学校で〜
未来「…おはよう」
陵「…おはようございます」
今日こそ聞くんだ!
未来「ねぇ陵…」
さくら「未来、陵君おはよう」
未来「…おはよう」
陵「おはようございます」
龍羽「ん、おはよう」
陵「未来さん、何か僕に言いましたか?」
未来「あ、あのさ、陵、何か隠してない?」
さくら「(まさか気づかれてもうたか?)」
陵「いえ、それより未来さんも何か隠してませんか?」
龍羽「(陵、まさか気づいたか?)」
未来「そんなことないよ」
陵「いや何か未来さん隠してます」
未来「陵の方が隠してんじゃん。さくらちゃん何か知ってる?」
陵「龍羽君は何か知ってますか?」
さくら・龍羽「ううん」
未来「陵がそう言うならいいよ。ずっとさくらちゃんとイチャイチャしてれば!」
陵「未来さんこそ龍羽君と仲良くしてればいいじゃないですか。」
未来・陵「もう陵なんて(未来さんなんて)知らない(知りません)」
未来「もう知らない、龍行こう」
陵「さくらさん行きましょう。」
さくら・龍羽「ホントにいいの」
陵・未来「いいよ」
未来「そんなこと言うんだ。龍ももう知らない!」
陵「さくらさんまで言うんですか?僕、さくらさんのことなんか知りません!」

こうして4人は喧嘩してしまったのだ

続く

481:香織:2014/10/04(土) 06:24 ID:fGY

わわわわわー!どうなっちゃうのこの4人?!

482:理科:2014/10/04(土) 20:17 ID:rvw

続き
〜昼休み(それまではカット以下略)〜
未来「ねぇ○○ちゃん一緒にご飯食べない?」
クラスメイト「えっ未来は神山達と食べるんじゃないの?ってかごめん、私彼氏と…」
最後まで言わずに去っていった
未来「(チッリア充めが)」
結局私は1人で食べることになった
その頃他の人は…陵とさくらは教室で龍羽は、階段で(適当)で食べてる
未来「私はどこで食べよう?」
ふと窓の外にあった中庭で食べることにした
みんな「(食事ってこんなにおいしくなかったっけ?)」
とみんな同じことを考えた

続く
短くてごめん

483:しぃ sO:2014/10/04(土) 20:36 ID:v8o

すいません・・・・・ほぼ放置・・・・・・・来たかったのに・・・・・・陸上大会の練習が長く・・・・・・・宿題の量も多く・・・・・・・ですが、あと少しで陸上大会があるんですよ!!あと、少しの我慢ですよ(T∀T)嬉しいです!!(T∀T)
理科ちゃん!!ヤバくない!?4人の関係が・・・・(°Д°;=°Д°;)どうしよう!!ていうことで!!小説をかきま〜〜〜〜〜〜す!!スタート!!

聖「若林 龍夫は・・・・ワインをそんな飲まないんだよ・・・」
未来「えっ!?部屋にワインいっぱいあったのに!?」
聖「あれは、息子や娘の誕生日とかに飲む為のワインだ!!」
未来「・・・・ワインが勿体ないような・・・・」
陵「ワインは、寝かさせることでもっと美味しくなるんですよ^^」
未来「へ〜〜〜〜〜〜〜〜、陵すごいね・・・・」
陵「執事ですので^^ボソ」
聖「おいっ!!そこ!!早く捜査をしろ!!」
未来「うるさい!!成金男!!」
〜未来の家〜
疲れた・・・・・・聖め・・・・よくも、こき使いやがって!!
陵「未来さん??どうかしたんですか??」
未来「ううん、大丈夫^^」
陵「そうですか^^よかったです」
未来「そうだ!!陵は今回の事件分かった??」
陵「はい」
すごい!!陵すごいよ!!あんな事件がわかるなんて・・・・・天才だよ・・・・・・・・・
未来「じゃあ、教えて!!お願い!!」
陵「分かりました、ですが・・・・・・・・謎解きはディナーのあとでしますね^^」
やった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
・・・・・・・・・・ん??料理が来ないけど・・・・・・??
未来「陵、ご飯は??」
陵「??何いってるんですか、未来さん??【僕】のディナーですよ」
・・・・・・・・【僕】!?
未来「陵だけ、ご飯ってづるい・・・・・ボソ」
この言葉は、陵に聞こえたらしく陵はクスリと笑った
未来「何よ・・・・・」
陵「未来さん、僕のディナーは【未来さん】ですよ??」
未来「は??・・・・・・・・まさか・・・・・・・」
陵「さぁ〜、未来さんいきましょうねぇ〜」
と言って、陵はあたしをお姫様抱っこをした
未来「ちょっ/////下ろして!!/////」
陵「暴れると落ちますよ〜」
といって陵はあたしの部屋の前まできた・・・・・・

続く・・・・・・・

次!!危険ゾーンです!!
見ない方がいいと思いますよ・・・・・・・・・じゃあ!!

484:理科:2014/10/04(土) 21:42 ID:rvw

しぃ
小説凄い!
危険?でも読みたい!
陸上大会頑張ってください

485:理科:2014/10/04(土) 23:38 ID:rvw

続き
〜昼休み〜
?「お隣いいですか?」
ふと私にこえをかけてきた。
未「どうぞ」
誰かはわからなかったけど返事をした
?「ありがとうございます」
私は隣に座った人の顔を見た。
そこには、少し控えめで穏やかな性格の爽歌ちゃんが居た。
爽「部室にお邪魔したら誰もいなかったので探しました。」
未「そうだったんだごめん」
爽「いえいえ。他の人はどうされたんですか?」
未「私達ね、喧嘩したの」
爽「えっ」
爽歌ちゃんは驚いたけどそこまで驚いてはいなかった。
未「あのね(以下略)」
爽「そんなことがあったんですか?」
未「うん」
爽「(あの陵君が…よくやったな)理由は聞きましたか?」
未「聞いたよ。でも教えてくれなかった。」
爽「そうですか…でも大丈夫ですよ」
未「…のよ」
爽「えっ」
未「あなたに何がわかるのよ」
爽「…」
未「今の私の気持ちあなたにわかるのよ?1人の気持ちあなたにわかるの?みんなから見離された私の気持ちわかる?」
爽「ごめん…なさいごめんなさい」
ふと我に返るとそこには泣き出しそうな爽歌ちゃんの姿が…
爽歌ちゃんは私に背を向けると走り去った。
未「ちゃんと聞いてくれたのに…」
私は小さい声で言った。
完全に1人になった私は呆然としていた。

続く

486:香織:2014/10/05(日) 07:10 ID:fGY

いいね!続きが気になる!

487:しぃ sO:2014/10/05(日) 12:47 ID:39Y

なんか、すごいことになってきた・・・・・・・外の雨の音うるさい!!
そして、寒い!!小説書きたいけど、書きづらいよ〜〜〜〜〜〜〜〜。でも、頑張ります!!あとで!!(他の人の小説を見て参考にします!!)

488:しぃ sO:2014/10/06(月) 16:05 ID:n7Q

来たよ〜〜〜〜〜〜〜!!
頑張って書きます!!(`・ω・´)>
では、小説スタート!!

陵は、あたしのことをお姫様抱っこをしたままあたしの部屋に入った
未来「何であたしの部屋なの」
陵「え??でしたら僕の部屋にしましょうか??」
未来「いや・・・・いい」
それから、陵はあたしをベットの上において・・・・・(危険ゾーン入ります!!)
キスをしてきた
未来「んっ・・・りょ・・・やめ・・」
陵が唇を離した
陵「もう、お疲れ様ですか??未来さん??」
未来「あたしは、最初からお疲れですよ!!//////」
陵「早いですよ、もう終わりなんて、まだ『いただきます』とは、いってませんよ??」
未来「逃げたい・・・ボソ」
陵「逃がしませんよ〜」
えっ!?聞こえてたの!?当たり前か・・・・こんな至近距離で聞こえない方がおかしいもんね・・・
陵「では、いただきます」
といって唇にキスをしてきた
でも、さっきとは違い深くキスをしてきた
未来「んっ!!・・・・ちょ・・・・・・」
息が上手くできず酸欠状態になってきたときに、なにやら口の中になんかが入ってきた
えっ!?これって・・・・陵の舌!?
未来「んっ・・・・・ふぇ・・・・」
陵の舌はあたしの口の中をたんのうして、唇を離した
陵「ごちそうさまでした^^」
といって、またあたしをお姫様抱っこをして、暖炉がある場所に連れていった・・・・・

続く・・・・・・

謎解きはディナーのあとでから、大きく外れた・・・・このあと、ちゃんとなっていますからね!!もう、これ書くのはずかった!!//////////////////

489:理科:2014/10/06(月) 16:15 ID:rvw

しぃ凄いよくイチャイチャしてることを書けるね。私も見習います。
さー私もしぃに負けないように頑張ります

490:しぃ sO:2014/10/06(月) 16:41 ID:n7Q

今度はちゃんと原作にそってやって行きたいです・・・・では、小説スタート!!

陵「未来さ〜ん??大丈夫ですか??」
あたしは、もうさっきのせいでグッタリしていた
未来「大丈夫なわけないじゃん・・・・」
そして、陵が椅子に座らせてくれた
未来「事件のことわかったんでしょ!!教えてよ!!」
本題はそれなんだから!!忘れてたけど・・・・←(オイッ!!)
陵「そうでしたね、まずおさらいしましょうか^^」
〜事情調査中〜
まず、最初は家族に事情調査をした
死亡 若林 龍夫(たつお)
弟     輝夫(てるお)
長男    圭一(けんいち)
圭一の嫁  春絵(はるえ)
次男    修二(しゅうじ)
家政婦 藤代 雅美(ふじしろ まさみ)
に話を聞いた・・・
〜回想〜
聖「昨夜の夜どこにいましたか??」
聖の敬語気持ち悪い・・・・↓↓↓↓
輝夫「昨日は、部屋に居ました」
圭一「同じく」
春絵「同じく」
修二「同じく」
未来「全員同じって・・・怪し・・ボソ」
陵「未来さん、落ち着いて」
そしたら、輝夫がいきなり話をはじめて・・・・
輝夫「龍夫は、あいつに騙されたからだ・・・」
陵「あいつとは??」
それから、輝夫が詳しく話した・・・・・・

続く・・・・・・

疲れてしまいました・・・・今日の夜書けたら書きますね!!^^
では!!グッバーイ!!

491:理科:2014/10/06(月) 16:50 ID:rvw

凄いです

492:匿名さん:2014/10/08(水) 17:42 ID:zFI

陸上大会が終わりました!!\(^∀^)/
練習長かった・・・・・縄跳びの結果ですが・・・・五分間跳べました!!そして、町記録をだしました!!
61.45%でした!!疲れました・・・・・・・では!!小説は、ネタが思い付かないので・・・・書けません・・・・・・すいません!!m(._.)m

493:しぃ sO:2014/10/08(水) 17:43 ID:zFI

↑私です・・・・・すいません・・・・・

494:理科:2014/10/08(水) 17:44 ID:rvw

お疲れ!

495:理科♪:2014/10/12(日) 23:43 ID:rvw

ではでは久しぶりに小説書こうかな

続き
〜次の日学校にて(それまでは以下同文)〜

(未来目線)
未「(爽歌ちゃん怒ってるかな?でもちゃんと話を聞いてくれたし謝ろう…恥ずかしいけど)」
海加の教室にて
未「あの…爽…じゃなかった。海加ちゃんいる?」
クラスメイト「いますよ。海加ー!」
海「はーい。今行きます。」
未「海加ちゃん。」
海「あっ未来先輩!」
私達は爽歌を通して海加ちゃんとも仲良くなった
海「?未来先輩どうかしました?」
未「あの、今日爽歌ちゃんは?」
海「爽歌は今日仕事です。」
未「あのー私の事何か言ってた?」
海「いえ何も。」
未「そう…ありがとう」
海「いえいえ」
未「じゃ」
海「はい」
〜昼休み(それまでカット…)〜
未「はぁ」
もう一人で食べるのはなれたけどまだしっくりしない私はため息の毎日
考えることは不安な事ばかり
爽歌ちゃんは本当に仕事?とか
?「キャー」
その時体育館の裏辺りから悲鳴が聞こえた。
私が行った時には他の3人がいた
なんとなく顔を合わせずらい
でも近くに霊がいて、気絶してる生徒もいた
未「君をはじめて見る折は」
私はとりあえず舞を始めた。
陵が何か言いたそうだったが無視だ
それに合わせる感じでさくらちゃんも舞った。
未・さ「千代も経ぬべし姫小松ー」
けれど変化が見られない。
まるで海加ちゃんの時のように
?「力を合わせればいいのよ。」
その時ふいに後ろから声がした

続く

496:マンゴー:2014/10/14(火) 18:30 ID:1Zk

続きが気になる〜〜(> <) しぃ、君は小説の天才だ!早く続き書いて下さいませ!

497:理科♪:2014/10/14(火) 18:31 ID:rvw

マンゴーさん
はじめましてかな?
よろしくお願いします!

498:しぃ sO:2014/10/14(火) 18:47 ID:.lc

ま・・・・・まさか・・・・・・来てしまったのか・・・・・・おわた・・・・・・・・まm((
からかうなよ、明日・・・・・・
からかったら、ドラマCD聴かせないからね^言^
そして・・・・(ノ´▽`)ノ⌒(呪)
だからね^言^じゃ!!

499:しぃ sO:2014/10/14(火) 18:56 ID:.lc

あっ!!理科!!
マンゴーは、私と同クラです!!
はい!!終わりました!!←えっ!?
まさか、見つけるとは・・・・・・
小説ですが・・・・謎解きは止めて違うのを書きます!!すいません・・・・急な変更で・・・m(__)m
こんどは、オリキャラ登場です!!
マンゴー??出すからね^^
本当の名前で^^小説に
HAHAHAHAHAHAHAHAh((
冗談よ^^
なんなら、あの人の名前をかこうかなぁ〜ニヤニヤ
わかるよね??^^では!!

500:理科♪:2014/10/14(火) 19:04 ID:rvw

しぃ
そうなんだー!
新作頑張って

501:しぃ sO:2014/10/14(火) 19:10 ID:.lc

すいません・・・・・・・友達が読んだよ!!とか、コメにかいてあったのがイタズラで勘違いしてしまい・・・・・・・・・・・・当分立ち直りそうにありません・・・・・・・・・・本当にすいません!!本当にすいません!!マンゴーさん!!はぁ〜、消え失せりてぇ〜じぶんが・・・・・・書き込みを消したい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・最悪過ぎます・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・スルーしてください↑の書き込み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・本当にすいません!!m(;_;)m

502:しぃ sO:2014/10/14(火) 19:13 ID:.lc

また、さっきのもイタズラでした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・赤っ恥多すぎる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

503:しぃ sO:2014/10/14(火) 19:17 ID:.lc

イタズラではなく早とちりです!!
隣で弟がイタズラをしていて・・・・・・・ムカつきながら書き心の中で、イタズラするな!!と思っていたら、書いていて・・・・・・そして、こうなりました・・・・・・厄日だ・・・・・・

504:理科♪:2014/10/16(木) 22:54 ID:rvw

続き

私は後ろを振り返った。そこにいたのは
未「さ、爽歌ちゃん!?」
爽「はい。」
さ「力を合わせるってどうゆうことや?」
陵「そうですよ。僕達は力を合わせてますよ」
爽「本当に?私はそうは見えません」
未「どうゆうこと?」
爽「皆さんは心がつながってない…」皆「…………」
皆が黙りこんだ。しかし霊はまた来ようとしてる
さ「あのな…」
爽「ごめんなさい先輩方、先に片付けませんか?」
皆「うん」
未・さ「君をはじめて見る折りはー千代も経ぬべし姫小松ー」
陵「鎮守の神よこの緋扇に宿れ。」
そう言って霊が消えた。

その後私達は誤解がとけ楽しく誕生日会を開きました。

終わり

終わり方雑だね、すみません。
次はいよいよ陵が過去を知っちゃいます!

505:なっち のか:2014/10/21(火) 18:24 ID:lq2

かさぶた!

506:しぃ sO:2014/10/23(木) 21:44 ID:OTw

おひさです!!早速小説を書きますね!!^^プロローグから始まります!!では!!スタート!!

〜11年前〜
?「未来!!陵!!早く〜〜〜〜〜!!」
未来「待ってよ!!ー!!」
陵「未来さんとーさん早いですよ・・・・・」

〜数時間後〜
?「楽しかった^^また、遊ぼうね!!未来!!陵!!」
未来&陵「「うん!!/はい!!」」
?「ばいばい!!」
未来&陵「「ばいばい!!」」

〜夜〜
未来と陵は夢を見た
その内容が.....
『さようなら.....』

続く.....

プロローグどうですか??明日頑張って書きますね!!では!!

507:しぃ sO:2014/10/24(金) 21:20 ID:d.U

来ました!!宿題中さ!!☆
さてさて、かきまっせ!!スタート!!☆

〜11年後〜
あたし、唐沢 未来
高校一年生の16才
そして、幼馴染みの神山 陵
緋扇の力で徐霊が出来る
あと....一応付き合って....いる....////
未来「ねぇ、陵」
陵「なんですか??」
未来「今日さ、うちのクラスに転校生が来るんだって!!」
陵「そうなんですか??僕初めて聞きました」
未来「それが、二人も来るんだって」
この情報は、女子達からの情報だけどね
聖「お〜〜〜い!!お前ら全員席につけ〜〜!!」
未来「げっ!!聖!!じゃ!!またね陵」
丁度未来が座ったときに転校生が入ってきた
最初は、女の子が入ってきて今度は男の子が入ってきた
未来(女の子の方はあたしと同じ位の背だな〜〜....男の子は、女の子と5cm位違う......)
女の子「はじめまして!!雪原 七夏(ゆきはら ななか)です!!宜しくね!!」
男の子「はじめまして、俺は玉川 光(たまかわ ひかる)だ、宜しくな!!」
この子達との出会いであんな出来事がおこるとは、未来と陵は知らなかった......

続く......

さくらちゃんと龍を今度こそ出す!!出しますからね!!では!!^^

508:しぃ sO:2014/10/24(金) 21:22 ID:d.U

訂正です!!><
転校生→転入生
です!!すいません!!><

509:理科:2014/10/25(土) 09:57 ID:rvw

新しい話し書きます!
【陵 過去を知る】

私唐沢未来。高校2年の16歳。
彼氏は・・・・・神山陵///////
2年のグラスがえで陵と違うクラスになって少し残念・・・・・
でも今日は陵と一緒に授業受けられるからいいんだ〜♪

詳しく言うと、学校の人数が少ないのに家庭科室をやたら大きく作りあまっているのだ。
それで去年から隣のクラスと一緒に授業をする事になったのだ。
去年は何も考えなかったけどクラスが違うから離れる………
と思ったけど授業は聖がやるから、隣のクラスの人と2人2人のペアで作る
で、さくらちゃんと陵と龍となったのだ。
まぁ授業をやるのが聖なのは許せないけど………

続く

510:理科♪:2014/10/25(土) 17:36 ID:rvw

続き

今日は裁縫だった。
今やっているのは
【4人で2のエプロンを作ろう】
という課題。
陵と私がしつけをして、龍とさくらちゃんがミシンの用意をしている。
陵「………」
あれ?やけに陵が静かなんだけど………
未「ねぇ陵?」
陵「はい?」
未「あのさ……」
陵「ブス)) (※音です。)」
未「り、陵手、手!」
陵「え?」
陵は針で手を刺してしまったみたい
陵「あっ!刺してしまいました。」
未「なんでそんなに冷静なの?先生」
未「(チッ先生は聖だったか……)」
聖「なんだ唐沢。今変なこと考えなかったか?」
未「え?いえ!それより陵が……」
聖「そうか。保健室に行ってこい」
陵「わかりました。」
聖「唐沢も一緒について行ってやれ」
未「はあ?なんで?」
聖「イチャイチャしてこいよ!俺が許すから。(小声で)」
未「///////」
聖「ほら!(小声で)」
未「行かない!」
聖「そうか!わかったぞ(小声で)」
聖「保健委員。神山と一緒に保健室に行ってくれ。」
未「うっ」
そうだった!私保健委員だった。クソ
聖「行ってらっしゃい(小声で)」
未「クソ(すね蹴る)」
聖「うっ」

〜保健室〜
未「陵大丈夫?血止まってないよ?」
陵「大丈夫です。未来さんがいるので。」
未「//////」
陵「未来さんかわいいです。」
未「こら!早く戻るよ!」

続く

511:しぃ sO:2014/10/26(日) 12:03 ID:yDs

すいません....変更したいことがあります.....まず、高校一年を二年にしていいですか??すいません、ご了承下さいm(-_-)m
あと、一つ!!転入生は、未来と陵のクラスにそれぞれ入ってきた事にしてください
では!!小説スタート!!

七夏「あっ!!未来〜〜〜〜!!〜〜
未来「!?」
聖「お前〜〜〜!!席に着け!!!」
七夏「何よ...聖...下僕が....」
聖「すいませんでした.....」
七夏「はっ!!」
さくら「あの子、何か上から目線やなぁ〜」
〜同じく陵のクラス〜
以下同文(ほぼ内容が同じなので、すいませんm(-_-)m

〜昼休み〜
七夏「未来〜〜〜!!さくらちゃん〜〜〜〜〜!!一緒にご飯食べよう!!あと、光と陵と龍も入れて!!」
未来&さくら「「光??なんで陵と龍を知ってる??」」
七夏「それは、後で!!さっ!!レッツゴー!!」

〜部室〜
七夏「やっほ〜〜〜い!!来たよ!!」
光「やっと来たのか...七...」
陵「知り合いですか??」
七夏「う〜〜〜〜〜ん??なんて言うか...」
光「婚約者だよ^^」
未来&陵&さくら&龍「!!!??」
七夏「ちょっ....////光〜〜〜〜〜!!」
光「あ.....ごめんごめん!!」
七夏「ごめんですんだら警察いらない!!地!!」
すると.....七夏の姿が変わった
髪は、紫に長く服は、紫色で花柄の着物を着ている
未来&陵&龍&さくら「!!!!??」

続く......

512:しぃ sO:2014/10/31(金) 21:07 ID:x0Q

はい!!来ました!!ハロウィーンと言うことで番外編です!!
マンゴーと一緒に考えました!!
そして、それを私が書くというねww
では!!スタート!!

それは、昼休みでの出来事
さくら「うちんちで今夜ハロウィーンパーティーせぇへん??」
未来&陵「ハロウィーンパーティー??/ですか??」
龍「あぁ、さくらがどうしてもやりたいと言うもとで…」
さくら「龍…一言多いいで!!そりゃぁ〜、友達とやったことなかったけ…だから、やりたいんや…」
未来「さくらちゃん…可愛い!!」
あたしは、さくらちゃんを抱き締めた
なんで、こんな可愛いんだ!!
さくら「/////」
陵「あの…パーティーといっても何をするんですか??」
さくら「そりゃぁ〜ハロウィーンやから仮装やろ!!」
えっ!?仮装!?無理無理無理!!
断固拒否!!
未来「無理!!さくらちゃん仮装は無理!!」
さくら「そおかごめんな…」シュン
ぐ…やっぱ可愛い!!
未来「や、やるやる!!さくらちゃんと一緒に遊びたいし!!」
陵「未来さんが行くなら、僕も行きますよ^^」
さくら「ほんま!!ありがとうな、未来、陵くん!!^^」
龍「さくらのわがままに付き合ってくれてありがとう」
そして、家に帰ってからすぐ来るようにと言われ、それに従うことにした

続く…

続きは、すぐ書くよ!!あとで!!

513:美希:2014/10/31(金) 21:13 ID:rvw

しぃ凄い
どうなるかな?

私も後で書こうかな?

514:しぃ sO:2014/10/31(金) 21:27 ID:x0Q

続きです!!

未来「相変わらずでかいな…」
陵「ホントですね…」
あたしと陵は今さくらちゃんの家の前にいるんだけど…相変わらず家がでかい…
すると、扉が開いた
龍とさくらちゃんだった
さくら「未来、陵くん上がって^^」
未来&陵「「お邪魔します」」
龍「来てくれてありがとうな本当に」
未来「ううん、こっちこそ誘ってくれてありがとう!!^^」
陵「こちらこそお誘いいただきありがとうございます^^」
さくら「ほな、まずくじ引きや!!」
未来「??なんでくじ引き??」
さくら「こんな中には仮装の衣装の名前が紙に書いとおって、その紙に書いておる衣装を着るんや」
未来&陵「「分かった/分かりました」」
龍「俺は、初めて知ったが…」
龍…可愛そうに…^^;

〜くじ引き終了後〜
よかったぁ〜〜!!T∀T
あたし生きてるよ!!(大事過ぎww)
陵「未来さん、仮装何ですか??」
未来「あたしは、“魔女”だよ、陵は??」
陵「僕は、“吸血鬼”何ですよね…」
吸血鬼!?……見てみたい…
さくら「あっ!!いい忘れとった!!聖先生も来るで^^」
はぁ!!聖が来るって!!
最悪……
未来「そう言えば、さくらちゃん達は何の仮装をするの??」
さくら「うちか??うちは、“うさぎ”や」
わぁ、似合いそう…いや、絶対似合うな…
龍「俺は、“海賊船長”だ」
うわぁ〜、姉弟揃って似合うでしょ…
さくら「そや、未来“魔女”とゆうても、普通の魔女の服やないでぇ〜」ニヤ
……あたし生きていけるかな…

続く…

次も、すぐ書きますね!!では!!

515:しぃ sO:2014/10/31(金) 22:00 ID:x0Q

キツイ…でも、頑張って書きます!!

未来「いやだぁ〜〜〜〜〜〜〜!!!!」
あたしは今、例の魔女の服に着替えさせられそうで必死に服を脱がされないようにしています…
さくら「来てくれたら、ご褒美あげたるから!!」
未来「……分かった…」
あたし、食べ物には弱いな…

〜陵視点〜
さっきから、未来さんの叫び声が聞こえてくるのが、すごく気になっていたのですが…突然叫び声が聞こえなくなったのですが……何があったんでしょうか??
龍「俺たちも着替えに行こう」
陵「そうですね、ところで聖先生は、いつ来るんですか??」
龍「着替えてから、来るから少し遅く来る、ちょうど俺たちが着替え終わったとき位に来るだろう」
陵「そうですか、では行きましょうか」
龍「あぁ」

〜数分後〜
陵「未来さん達遅いですね…」
龍「そうだな…」
聖「おっ、陵!!龍!!未来達はどこだ??」
陵「それが、まだ着替えてると思うんですけど…」
さくら「来たでぇ!!」
僕達が振り向くとそこには……

続く…

516:しぃ sO:2014/10/31(金) 22:33 ID:x0Q

今日で終わるとイイナァ〜!!
では、スタート!!

陵「み…未来さん…//////」
未来「うぅ〜〜〜……///////」
未来さんの今の姿は魔女だが
スパッツをはいた上にミニスカートの黒いワンピースに背中位までの長さのマントにミニとんがり帽子を着ている
さくら「どや、可愛ええやろ」ドヤ
陵&龍「「可愛い////|です////」」
未来「帰りたい!!て言うか、帰る!!」
さくら「何でや!!ご褒美あげんで」ボソ
ぐ……さくらちゃんめ!!ずるすぎるよ!!あたしの弱味を知っていて……!!
未来「分かったよ」ボソ
さくら「ほな、早速遊ぼうや!!」
(遊びは、ご自由にお任せします)

〜遊び終わり〜
さくら「そろそろ終わりにしよか」
未来「そうだね」
陵「そうですね」
龍「あぁ」
さくら「その前に…お菓子あげるで!!あめちゃんや!!」
未来「アメだぁ〜、美味しそうだね!!ありがとう!!」
陵「ありがとうございます、本当に美味しそうですね^^」

〜桜咲家の玄関前〜
さくら「ほな、また今度遊ぼうや」
未来「うん!!いっぱい遊ぼうね!!ばいばい!!」
陵「お邪魔しました」

続く…

517:しぃ sO:2014/10/31(金) 22:49 ID:x0Q

続きスタート!!

〜帰り道〜
未来「はぁ〜、楽しかったけど…仮装が……」
陵「未来さんすごく可愛い格好をしてましたね^^」
未来「忘れて!!/////」
陵「無理です、忘れません」
未来「忘れてよ……」ション
陵「……未来さんちょっとこっちに来てください」
未来「へっ!?陵!?」
あたしは、陵に手を引っ張られながら路地裏にきた
すると、
ドン
未来「へ??」
陵「逃がしませんよ」
そう、陵が未来に壁ドンをしたのだ
次の瞬間
陵が未来の首に顔をうめて、
陵「…本当は、僕未来さんのあんな可愛い姿誰にも見せたくなかったんですよ…」
へ??……陵って独占欲強い…??
もしかして……だけど…
陵「……僕って独占欲が強いんですね…」

続く…

518:しぃ sO:2014/10/31(金) 23:09 ID:x0Q

書きます!!

陵「未来さん…」
未来「な…なに??…って、ひゃぁ!!」
陵が少し首を噛んできた
えっ!?なに!?陵どうした!?
そして、離れる際…
チクリ
へ…??……絶対今、跡つけたよね!?そして、絶対に隠せないところ……………
未来「ちょっと!!り…ん!?」
口は口で口封じと……
未来「んっ……りょ……」
そして、少ししてから、唇が離れた
未来「……はっ!」
そして、少しの沈黙があった
すると、陵が
陵「こんな僕を嫌わないでくださいね……」
あたしは、その言葉にビックリした
けど、あたしは…
未来「当たり前じゃん!!あたしが陵を嫌うってあるわけないんだから!!」
そして、あたしはそのまま続けた
未来「ありのままの陵をあたしは、受け入れるから!!約束する!!」
陵は、少しビックリした顔になっていたけどすぐにいつもの笑顔に戻り
陵「ありがとうございます!!未来さんも僕にありのままの未来さんを見せてくださいね??」
未来「分かった、約束だからね^^」
そして、ゆびきりげんまんをしてから、ゆっくりと家に帰りました
その間は、手を繋いで歩いた…もちろん恋人繋ぎで……

END

終わったぁ〜〜〜!!
きずいた人いますかね??
首に噛みつくといえば…………吸血鬼です!!はい!!陵の仮装です!!少し、最後もハロウィーン要素を入れました!!ww
楽しかったです!!では!!

519:しぃ sO:2014/11/05(水) 21:37 ID:FEo

明日から一泊二日の修学旅行です!!
今日で、全部の用意が終わり、めっちゃダウン中です…(-_-||'|')
そして、明日が心配です!!
私のクラスの男子四天王が…二人も班にいるという最悪です…でも、マンゴーと同じ班で!!あやかしについて語りたいZE☆!!
はい、ややこしい感じですよ…
楽しんで行って来ますね^^
では!!また!!(^∀^)ノシ

520:しぃ sO:2014/11/11(火) 01:11 ID:IyI

スレ立てました!!
良かったら、来て下さい!!題名は…
『あやかし緋扇の小説をかこう!!☆』
だよ!!ヨロ〜〜〜〜!!

521:野々村 初 HATU:2015/03/27(金) 17:34 ID:Z..

私、初って言います。
私も、小説描いても良いでしょうか?
あやかしひせん大好きです❗

522:初 HATU:2015/03/27(金) 17:37 ID:Z..

入れてください❗


書き込む 最新10 サイトマップ