あやかし緋扇〜絆と愛の奇跡〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:五月:2012/05/04(金) 20:17

「あやかし緋扇のとみんなのコラボ小説」で
番外編を書いてきたんですが、番外編か番外編じゃない
のか分からなくなりそうなので、このスレを作りました!

ルール
1 荒しと喧嘩はなし

2雑談はあまりしないでください

3ナリもなし

そのくらいです。後でまたルールを追加するかもしれません。
では…始め♪

2:由莉:2012/05/04(金) 20:18

入っていい?

3:五月:2012/05/04(金) 20:20

うん♪

4:悪ネコ:2012/05/04(金) 20:21

入っていいですか!

5:五月:2012/05/04(金) 20:22

おk〜♪
悪ネコも小説頑張って!
〜リクエスト募集中〜

6:由莉:2012/05/04(金) 20:22

五月>入れてくれてありがとう

7:由莉:2012/05/04(金) 20:24

リクエスト
アメリカに旅行で未来達が行って、
未来と陵が二人っきりになるとか?
どうかな

8:五月:2012/05/04(金) 20:24

由莉>いえいえ♪
   どんなお話がいいですかね?

9:五月:2012/05/04(金) 20:24

あ、遅かったか

10:李桜 ◆SCyE:2012/05/04(金) 20:27

五月いれて〜☆

11:由莉:2012/05/04(金) 20:28

小説書くの頑張ってね
私のスレも今、小説書きに行ってくるから見てね

12:五月:2012/05/04(金) 20:32

由莉>ok!

ある日のこと…
さくら「アメリカに行くで!」
未来「えぇぇぇ!?突然すぎるでしょ!」
さくら「今から説明するから、静かにしろや」
未来「分かったよ」
さくら「アメリカに一回でもいいから行きたかったんや
    でも龍と2人で行くのは変やろ?だからさっそたんや」
未来「なるほど…」
でも何故にアメリカ?
陵「僕は未来さんが行くなら行きます」
未来「私は…いくよ」
どうせ暇だしね。
さくら「それじゃあ明日の朝の6時に成田空港に集合や」
パスポートはあったきが…
陵「何泊するんですか?」
さくら「一週間くらいやけど?」
一週間ねぇー。まあ明日から夏休みだけどさ。
さくら「それじゃあまた明日な」
何か忘れてるような…。そうだ!!服!!

続く

13:五月:2012/05/04(金) 20:33

希桜>OK♪

14:実優:2012/05/04(金) 20:34

私もいれて!五月!!

15:悪ネコ:2012/05/04(金) 20:36

おもれえぜえええ!
1週間か・・ええなあ・・金持ちは!
続き頑張れ!

16:由莉:2012/05/04(金) 20:48

続きが楽しみ
凄く上手・・・!
分かりやすくて

17:五月:2012/05/04(金) 21:08

〜未来の家〜
クローゼットをおもいっきり開けた。
未来母「静かにしなさい!」
下から夜ごはんのしたくをしてるお母さんの声が聞こえてきた。
未来「分かってるよ!」
今そんな「あたしは女の子だから静かにするわ」なんてお上品
なこと考えてる場合じゃないの!服どうしよう。まあ五日までは
平気だが残り二日の服は…ない。買いに行こう。
ガチャ
未来「!」
未来母「汚っ!」
おい!母親がゆう言葉かい!?確かに汚いけど。
未来「ノックして「デート行くの〜?」
言葉さえぎるなよ(怒)
未来「明日から一週間アメリカに行ってくるから」
未来母「アメリカ!?まだ私も行ったことないのに」
そんなこと知るかよ。自分で行こうとしてないんでしょ!
未来「服がないんだよね…」
未来母「あ!それならちょっと待ってて」
お母さんは下に勢い良く下りていった。
自分も静かじゃないじゃん!人のこと言える立場かよ!!

〜五分後〜
遅いな〜(怒)
ダダダ(階段を未来母が上がってくる音)
きたきた
未来母「こんなのいいんじゃない?」
はいきたスカート。ん?キュロットか。
未来「あーもうそれでいいよ!って何で水着持ってんの?」
未来母「こんなこともあろうかとビキニを買っておきました!」
おかしいでしょ!ビキニって。リボンばっかじゃん!!
未来母「一応カバンの中に入れておくわよ」
未来「はいはい」
勝手にカバンをあさりやがって…。
未来母「明日早いなら早く寝なさいよ」
未来「分かったから早く出てって!!」
未来母「うふふ、分かったわよ」
この人楽しんでんじゃないのか?まあいいや、
早く寝ますか…。

続く

18:五月:2012/05/04(金) 21:17

未来「くそ」
時計を見ながらそう呟いた。今の時刻は4時。
昨日は10時には布団に入ったのに、寝た時間はたったの
3時間。ドキドキしすぎて寝れなかった。陵はどんな格好を
してくるのか。陵と一緒にまわれるか…ん?陵のことばっかじゃん!
別に意識してるわけ…なくない。
だめだ、もう起きよう。
プルル(携帯が鳴る音)
誰だよ朝早くから(怒)
携帯を見ると「神山 陵」
一瞬携帯を落としそうになった。
ピ(携帯にでる音)
未来「もしもし」
陵「未来さんおはようございます。朝早くすみません」
未来「別に…起きてたから」
陵「声が聞きたかっただけです。では」
未来「ちょ///」
プー プー
切りやがったあいつ!なんなの!?
早く朝ごはん食べよう。
もう頭から陵の言葉が離れない。
「声を聞きたかっただけ」か…。
カァ〜
考えるのやめよう///

続く

19:五月:2012/05/04(金) 21:20

明日はこれません><
山梨に行ってきます

20:悪ネコ:2012/05/04(金) 21:41

きゅんきゅんだねえ☆
山梨ねえ・・ええなあ!山梨遠いなあ・・
あ!続き頑張れ〜

21:実優:2012/05/04(金) 21:52

五月いってらっしゃい!
私、静岡県に住んでるから山梨は
あんまり遠くないんだ(^^;;)
また続き頑張ってね!

22:あいり:2012/05/04(金) 22:36

やっと見つけた〜〜〜・・・・・

2時間くらいかかったかも・・・(大げさなw


五月さん>いってらっしゃいですノノ

23:霧羅:2012/05/05(土) 08:45

私も入れてくれますか?

24:あいり:2012/05/05(土) 08:46

霧羅さん> どうぞどうぞ! はいってください^^

25:いつき:2012/05/05(土) 11:12

来ました!
入れてください!!

26:霧羅:2012/05/05(土) 11:22

あいりさん、ありがとうございます。

27:藍香:2012/05/05(土) 14:14

五月、いいな〜山梨
   私も夏休みに行くけどね*^−^*
   あっちすごく涼しいんだよ

28:あいり:2012/05/05(土) 19:05

霧羅さん>いえいえ^^

いつきさん>どうぞ〜♪

藍香さん>そうなんですか? 山梨いてみたいです・・・ww

29:実優:2012/05/05(土) 23:53

何故か今日山梨行くことになって……
私も行ってきました………。
とにかく暑かった!!(`-´;;)

30:藍香:2012/05/05(土) 23:59

あいりs牧場とか行ったら楽しいよ*^−^*

美優、そうなんだ、この時期は熱いのかもね

私は、神戸ですごく離れてるから涼しい夏に1回だけ行くんだよ

31:あいり:2012/05/06(日) 13:17

実優さん>へぇ、実優さんも、山梨いったんだ・・・・

いいなぁ〜((おm


藍香さん>おぉ!すご・・・・wwいつか行ってみたい・・・・ww

      

32:藍香:2012/05/06(日) 14:14

あいりs、すごくないよ、行くのに時間かかるから山梨に着くまで熟睡だよ

33:あいり:2012/05/06(日) 14:32

ww熟睡するって・・・wそんなに時間かかるんだっww

34:五月:2012/05/06(日) 15:06

ただいま☆
山梨まで行くのに少し時間かかりました。
渋滞にはまりかれこれ4時間…。
大変でした(;´Д`)

ちなみに富士Qに行ってきました!
あそこは「ベストハウス」でやってたんですけど
お化け屋敷が世界で一番怖いらしくて…
私は入れませんでした…。
一度は入ってみたい・・・・。

長文失礼

35:あいり:2012/05/06(日) 15:12

五月!!おかえりぃ〜!!! まってたよ〜ww


tk、4時間もかかったんだ・・・・大変だね〜><

世界で1番怖いお化け屋敷っ!?
声っ・・・・ww

でも、ハイってみたいよね〜〜〜w

続きの小説楽しみにしてま〜す♪

36:あいり:2012/05/06(日) 15:13

↑の、声っ・・・じゃなくて、怖っ・・・  ですww

37:五月:2012/05/06(日) 15:37

未来「…ん今何時…?」
時計を見ると
未来「4時か…もう行く準備できてるし眠たくないし…どうしよう」
6時に成田空港だよね。車でお母さんに送ってってもらうから
家を出るのが5時半だからあと1時間半か…。
未来「外にでも行こうかな」
私は上着をはおり外に出てみた。
未来「夏だから明るい。どこに行こう」
そういえば近くに公園があるからそこに行こうかな。
あたしは何となく公園に行くことにした。

続く

38:霧羅:2012/05/06(日) 15:39

公園って神山さんの家の近くでは!?

39:あいり:2012/05/06(日) 15:39

公園に行くと・・・・

陵がいたりして〜ww

40:五月:2012/05/06(日) 15:59

あいり>あたり〜♪

霧羅>そうだよ〜♪

未来「・・・・」
来るんじゃなかったかも。
誰もいないし。そりゃそうだけど。
誰もいないから少し怖いな…。
陵「未来…さん?」
未来「うわぁ!?びっくりした!なんだ陵か…ん?
   陵!?なんで居るの!?」
陵「クスッ」
未来「何で笑った!?」
陵「すみません。未来さんが面白くてつい…」
確かにテンパってたけど(怒)
未来「陵何でいるの?」
陵「楽しみで寝れなかったんです」
未来「あたしも眠れなかったんだよね」
考えてることが同じだ…。
陵「未来さんと行くと思うとよけいに眠れなくて」
未来「え…」
あたしも陵と行くと思うと眠れなかった…。
絶対言わないけど…。
陵「すみません!変なこと言って」
未来「別に///」
ここで「そんなことないよ。あたしも同じこと考えてた♪」って
言えたら理想的なんだけど…。
陵「それじゃあ僕帰りますね」
未来「あたしもそろそろ…」
あたしが帰ろうと後ろを振り返り歩きだしたら陵が突然…
陵「未来さん!」
未来「何?」
前を向くと陵が顔を赤くしてこう言った。
陵「未来さんが着て来る服を楽しみにしています!!」
未来「…はぁ!?」
陵「それではまた!」
未来「ちょ!行っちゃった」
何なの!?「楽しみにしています」…
未来「///」
考えるだけで顔が熱くなった。


続く
落ちます。

41:あいり:2012/05/06(日) 16:06

キャーー

なんか、ニヤつきながら読んじゃった・・・ww


陵テレるこという〜///w

42:霧羅:2012/05/06(日) 17:09

やはり、神山さんがいたんですね…。
しかも同じ理由で来ていたなんて…。

感想の後で何なんですが…。
★あやかし緋扇の小説1★に来てくれる人を募集しています(?)
この宣伝で来てくれる方がいればうれしいです^^

43:五月:2012/05/06(日) 17:54

行ったよ♪

44:霧羅:2012/05/06(日) 17:55

五月さん、ありがとうございます^^

45:五月:2012/05/06(日) 18:11

〜未来の家〜
未来「朝ごはんも食べたし着替えたし準備OK」
あたしは、上は半そでで下はリボンが付いた半ズボンに茶色の
サンダルを履いている。リボンなんてあたしらしくないけどこれも
陵のためだし///
未来母「そろそろ時間じゃない〜?」
下から声がした。時計を見ると5時半ちかくだった。
未来「今いくよ!」
いよいよだ〜!陵どんな反応するかな…。

46:五月:2012/05/06(日) 18:19

〜成田空港〜
未来「ついた…」
あたしはお母さんにお礼を言って車をおりた。
未来「誰もいないかな〜?」
早過ぎた…(汗)
陵「未来さん!」
うしろから声がした。
未来「陵何時に来たの?」
陵「4時です」
未来「早!?」
陵「そうですか?」
未来「早いでしょ!!」
陵「未来さん」
未来「何?」
陵「可愛いです。やっぱり期待してよかったです^^」
未来「あっそ///」
この人は恥ずかしいことをさらりと///

続く

47:霧羅:2012/05/06(日) 18:22

そうですね…。
神山さんはよくさらりとそんなこといえますね…。

48:実優:2012/05/06(日) 18:49

ほんとに………。
未来はよくたえられるな………。

49:五月:2012/05/06(日) 20:32

さくら「いたわ〜。もう飛行機の中に乗れるからいくで」
陵「分かりました!」

〜飛行機〜
未来「飛行機の席は…後ろから3番目の左側の列の窓側か」
座席に座ると、隣に来たのは…
陵「隣…ですね^^」
未来「う…ん」
陵が隣か…。
心臓が持つだろうか///しかもさくらちゃん…
後の席にいるさくらちゃんと龍を見ると、
さくら「よかったな?陵くんの隣で(怒)」
笑ってるけど目は怒ってるよ!?
怖…。
客室乗務員「皆様○○飛行機をご利用ありがとうございます。
      それでは出発致します」
飛行機が動いた。どうか心臓が持ちますように!!

続く

50:五月:2012/05/06(日) 20:49

ドキドキドキ
心臓が…持つわけないよこの状況!!
だって陵が…あたしの肩に頭をのせてんだもん!!
陵「スー」
起きる気配無し。鼻息が…顔が近いし///
未来「陵…?」
肩を叩いてみるけど、起きないや。
さくらちゃんと龍も寝てる…。
どうしようもない。あっちから客室乗務員の人が来た。
客室乗務員「彼氏さんですか?」
未来「いや!その」
なんて答えれば…。
客室乗務員「仲がいんですね。ごゆっくりどうぞ^^」
未来「えあはい」
何か勘違いされた。ほかの人から見たら恋人同士に見えるのかな?
陵「・・・ん」
あ、起きた。どんな顔をすれば…。そうだ!寝たふりしよう!

陵視点
ん・・・。寝ちゃいましたか僕。
!僕未来さんの肩によしかかっていました!
未来さんに謝らなくては!
陵「未来さ…」
寝てるんでしょうか?そっとしておきましょう。
それにしても…寝顔が可愛いです///
チュッ
あ〜!!すみません未来さん!
思わずキスを///

未来視点
陵…あたしに今キスしたよね!?
余計起きれなくなっちゃったじゃん!!
あたしはそんなことを考えていると、本当に寝てしまった。

51:由莉:2012/05/06(日) 20:53

*感想*
陵、よくそんなことが出来るよね
肩によしかかってたなんて。
キスもだけど
私は出来ないな

52:五月:2012/05/06(日) 20:54

陵…コミでもそうだけど陵って意外と
大胆だよね?

53:オニオン:2012/05/06(日) 20:57

入れてください。
陵さんは頬と、唇どっちにキスしたんですか?

54:五月:2012/05/06(日) 21:01

頬です!&オッケ〜です♪

55:オニオン:2012/05/06(日) 21:06

有難うございます!
五月さんの小説楽しみにしています

56:五月:2012/05/06(日) 21:06

〜アメリカの空港〜
陵「つきましたね」
未来「長かった・・・」
さくら「ホテルの予約しに行くで」
未来「どこの!?」
さくら「ラスベガスにあるマンダレイベイや。スイートるーむは
    186平方メートルもあるんや。プールつきやで♪」
スイートルーム!?凄!!
陵「そんな所に僕が泊まっていいんでしょうか?」
それあたしも同感!!
さくら「いいんや!はよう行くで!」
強引に連れて行かれた・・・。

続く

57:五月:2012/05/06(日) 21:32

〜ホテル〜
未来「・・・・」
凄すぎて声にならない!!
何なのこの部屋!?
さくら「部屋は男女別やから、鍵渡しとくわ」
陵「ありがとうございます」
さくら「あ!それと水着に着替えてや」
未来「何で?」
さくら「プールやプール!」
あーなるほど。
陵「僕持ってきてませんが・・・」
さくら「それなら平気や。下で水着をうってあるところあるんや」
陵「分かりました」
陵の・・・水着姿!?

続く

58:あいり:2012/05/07(月) 17:51

陵の水着姿・・・見てみたいっwwww


次、ドキドキな展開になりそうっ♪

59:rin☆:2012/05/08(火) 18:47

入れて下さい^^今までの小説みました!!(5月4日〜)とてもいいですねw顔がニヤつくww

60:五月:2012/05/08(火) 21:01

rin☆>OKです♪小説見てくれてマジ感謝wwww

未来「う…」
今は更衣室的なとこにいる。
あたしの水着は、上がリボンの付いたもの。下は半ズボンみたいな感じ。
これ全部お母さんの趣味だ!!
さくら「意外と可愛いやん?あんたも大胆やな〜(笑)」
未来「お母さんの趣味だし!誰も陵のためなんて思ってないし!」
さくら「うち陵くんなんて一言も言ってないで?」
はめられた!?
未来「もういいから行くよ!」
さくら「ちょ!待ってや!?」

〜プール〜
あたしがプールに来て最初に言った言葉は・・・
未来「でか!」
だった。だって本当にでかいんだもん!
市民プールの何倍だよ…。
さくら「普通やない?」
あんたはお金持ちだからでしょ!あたしはさくらちゃんと
同じ考えじゃないんだから!
未来「陵遅いね」
さくら「そんなに気になるんやったら、更衣室行ってみたらええやんか」
未来「ばっかじゃないの!?誰がのぞくか!変態じゃん(怒)」
陵「何を騒いでるんですか(汗)」
龍「皆が見てたぞ・・・」
陵・・・・はっきりいって超カッコイイ。
口にはしませんけど。
さくら「かっこええ!」
陵「そんなことありませんよ?」
龍「しかし人数多いな」
陵「はい。そろそろプールに入りましょうか」
陵何も言ってくれなかった・・・。
別に期待してたわけじゃないけど!
けど…何か言ってくれてもいいじゃん!
さくら「ほな行こうか?」
龍とさくらちゃんが歩きだしたからあたしは二人の後ろに居た。
陵「未来さん!」
未来「うわ!」
陵があたしの腕をひぱった。
陵「二人がいたので言えなかったのですが…未来さん僕を
  ドキドキさせすぎです///凄く…可愛いです///」
未来「いや…別に!アリガト///」
陵「行きましょう♪」
こいつ…どんだけ恥ずかしいことを!嬉しいけど。
皆さんどうかあたしの心臓が持つように願っててください!

続く

61:オリオン:2012/05/08(火) 21:58

う〜ん?未来の
心臓持ってほしくない!
だって途中でなんかドジッちゃって
倒れて陵が運んでいったら
キャーーだもん!

(オリオン〜♪(怒)今すぐその変な妄想
止めろ、さもないと殺るよ?by未来)

(止められない止まらない私の妄想
byオリオン)

62:霧羅:2012/05/08(火) 22:03

心臓が持つかは分かりませんが、
楽しめるといいですね!

61>オリオンさん…。(汗)

63:実優:2012/05/08(火) 22:06

心臓持つなよ、未来!!
心臓爆発しろ!!!(www)

64:五月:2012/05/08(火) 22:14

陵「あの…未来さんまさかですけどあのスライダーやろうと
 してませんよね?」
未来「そのまさかだよ!ほらほら行くよ」
龍「俺は…パス」
さくら「ちょっと気持ち悪いからうちもええわ」
陵「僕も…」
ノリ悪!何なの!?力ずくでも行かせてやる。
う〜んと一番反応がよさそうなのは陵とさくらちゃんだね。
龍はきっと無言でしょ〜。でもさくらちゃん連れてくと
面倒だから…ここは陵だな!
未来「決まった!よし陵を連れてこう!」
陵「僕ですか〜!?」
未来「うん!行くのと蹴られてボコボコにされてアメリカ帰るの
   どっちがいい?」
陵「わかりましたよ!いけばいいんですね!!」
未来「そうこなくっちゃ♪」

陵視点
何故僕が…。でも未来さんが楽しいなら
僕はいいんですが^^
そういえばさくらさんトイレ行くと言っていましたが、
後ろを向くとさくらさんが小声で
さくら「陵くん頑張ってな!」
ははは…今行くスライダー急なカーブあるんですよね。
はっきり言って怖いです(汗)
でもやっぱり未来さんが楽しいなら…でも怖いから無理です!
僕ってどっちがいいんでしょうか…。
う〜ん僕の中での優先的なのは未来さんです。
未来「何考えてるの?ほらスライダー並ぼう?」
陵「はい///」
未来「?」
その顔、目…可愛くて反則です///
この未来の可愛さでスライダーをやる迷いはやる方向えと
まっしぐらであった。

続く

65:実優:2012/05/08(火) 22:16

フフフ♪♪
陵って単純でかわいー★☆

66:オリオン:2012/05/08(火) 22:17

霧羅ちゃんまぁ、
未来の心臓が持たなくても
ラブいのはラブいでしょ☆
実優そうだよね♪

(さっきの言葉
聞こえなかったのかな?(怒)by未来)

(あたしに勝つには、殺すつもりで
かかってこなきゃ駄目だよ!
byオリオン)
(軽く未来のパンチを止めた)

(じゃあこれは?(蹴り)by未来)

(手で受け止められるくらい?
まだまだチョロイねbyオリオン)

   ー時間後
(参りました(涙)by未来)

(さて心臓、持つかな?♪

67:霧羅:2012/05/08(火) 22:21

本当に神山さん、単純ですね…。

心臓爆発したらだめですよー!
死んでしまいますからねー!
即死ですよー!

オリオンさん強いですね…。

68:rin☆:2012/05/09(水) 07:16

入れてくれてありがとうw陵、スライダーガンバレ!!スライダーで未来と陵の
ラブがあれば\\\

69:rin☆:2012/05/09(水) 07:17

\←うちまちがいです。スイマセンw↑

70:あいり:2012/05/09(水) 19:44

久しぶりにきてみればっ
むちゃくちゃ進んでたw

tk、陵・・・がんばれ〜〜〜wwww

71:rin☆:2012/05/09(水) 20:21

あぁ〜早く続きが読みたい!!気になるぅ〜〜w

72:あいり:2012/05/10(木) 18:13

わたしも、続き気になる~~~~~wwwww

73:五月:2012/05/10(木) 20:42

陵視点
未来さんは今スライダーの中間地点にいます。
未来「やば〜い超楽しい♪」
未来さんはそう叫びながら満面の笑顔ですべっていきます。
陵「未来さん〜終わりましたか?」
僕は下をむいて叫ぶ。
未来「終わったよ!陵も早く!!」
陵「分かりました!」
とうとう僕の番ですか…。
僕はスタートする所で止まっていました。
未来「陵まだ〜?」
怖いんですって!よく未来さんすべれましたね!
ドンッ
陵「うわ!」
僕は誰かに押されて下に勢い良くすべっていきます。
後ろを向くと笑っている未来さんがいます。
未来「遅いから上に来て押したら超勢い良くすべっていってる♪」
押さないでくださいよ〜!もうこんなこと言っても遅いんですけど。


続く

74:さや:2012/05/10(木) 20:51

初めまして!さやです、
入れてください!

75:五月:2012/05/10(木) 21:10

OKです♪

陵「はぁ〜」
未来「どうしてそんなにため息付いて「未来さん!!」
未来「キーーーン」
未来「何でそんな大声だしてんのよ!」
陵「どうして押したんですか!!」
それはあんたが遅かったからだよ!
って言いたいけど陵がすべるのを上から
見てみたかっただけなんだよね…。
陵「答えてください!」
未来「嫌!でも押したのは謝る。ごめん」
陵「いえ…分かればいいんです///」
何で赤くなってんの?わけわかんない。
陵「行きましょう」
未来「う、うん」

陵視点
僕今きっと顔が凄く赤いです。
こんな顔見られたくないから今は未来さんより前を歩いています。
未来「どうしたの陵?」
未来さんは僕の顔をのぞき込んできました。
陵「いえ///」
僕はとっさに顔を下に向け早歩きをしました。

未来視点
未来「あちょ!待ってよ!!」
あたし何かした?分かんないや。
まああいっか。

誰視点でもない
陵はスライダーと未来の可愛さにやられもう泳げる状態じゃなく
未来達はプールを出た。
果たしてこの後どんなハプニングがあるのだろうか。

続く

76:実優:2012/05/10(木) 21:14

どんなハプニングかな〜♪♪

77:霧羅:2012/05/10(木) 21:26

ハプニングですか…。
危険なことではないといいんですが…。
つづき頑張ってください^^

78:五月:2012/05/10(木) 21:27

7時〜マンダレイベイホテル〜
未来「あたしこの部屋やっぱなれない」
さくら「あんた一般人やからな」
何かムカッ(怒)
確かに一般人だけどさ!
未来「もう!あたしお風呂入ってくる!」
さくら「そうか。うちは寝るわ」
未来「あっそ」
バタン(ドアを閉める音)
風呂どんな感じなんだろう?

陵&龍の部屋
陵「・・・・」
龍「・・・・」
はっきり言って…何を話していいのか
分かりません(汗)
龍「風呂入れば」
陵「分かり…ました」
僕はこの時知るよしもなかった。
あんなことになるなんて・・・。

続く

79:五月:2012/05/10(木) 21:36

未来視点
ガラッ
未来「超綺麗!外の風呂だからどうかと思ったけど
   全然綺麗じゃん!」
あたしは大声で言った。あたし以外には誰もいなかった。
未来「気持ち〜!」
あたしはお湯につかると、思わず声を上げてしまった。
ガラ
未来「!」
陵「綺麗ですね〜」
びっくりした!隣か。柵みたいなのは
あるけどでも隣だといううことは声が全部聞こえるのか///
ガサガサ
未来「何!?」
気のせいか…。
ガサガサ
未来「何!?キャ」
後ろを向いたらそこに居たのは
霊「オマ…エノ…カラダホシイ」
陵助けて!

陵視点
今未来さんの声が…気のせいですか?
いえそんなはずありません。
もしあの声が未来さんなら…大変です!
僕は頭で考えているうちにとっさに体が先に動いた。

続く

80:オリオン:2012/05/10(木) 21:51

走れ〜!!走れ〜!!陵〜!!
じゃないと未来がせいきを正気とられて死んじゃうか?命の危機だ!!

81:五月:2012/05/10(木) 22:19

今日最後の小説です!
未来「やめろ!」
助けて!
陵「未来さん!?」
陵!助けに来てくれたの…?
霊「邪魔ヲスルナ〜!!」
陵「鎮守の神よ この緋扇に宿れ」
霊は消えた。問題はこの後だ。
未来「ありがとう!陵?」
陵「とても言いにくいのですが」
何?なんなの?
陵「あのここ女湯ですよね」
未来「そうだけど…ん?」
待てよ。あたしは霊に襲われた。
そして陵が助けてくれた。
ここは女湯。そしてあたしは
タオル一枚のまま…。
未来「ごめ///」
あたしは急いでお湯に浸かった。
陵「いえ///」
陵も急いできたのか、上半身だけ裸///
陵「僕もう行きますね。霊には気を付けて」
未来「うん///」
心臓が破裂しそう///

続く

82:オリオン:2012/05/10(木) 22:20

最高!!!

83:実優:2012/05/10(木) 22:59

わぉ★☆
未来に『よかったね♪』と言うか『ドンマイ★』と言うか・・・。

84:rin☆:2012/05/11(金) 07:17

ぃやぃやwやっぱ陵かっこぃぃなw未来・・・・・

85:ミックス:2012/05/11(金) 20:01

入れてください!!
五月さんめちゃ上手っ
二人ともラブいな…//

86:藍香:2012/05/11(金) 20:15

五月、すごく面白いよ
がんばって*^−^*

87:霧羅:2012/05/11(金) 21:36

心臓が破裂したら死んでしまいますよ!?
気をつけてくださいね!?
つづき頑張ってくださいね^^

88:あいり:2012/05/12(土) 08:54

キャーーーーーー

陵カッコイイwww

妄想してしまう/////////

89:さや:2012/05/12(土) 19:40

陵、かっこいい…!!!
やっぱり、守ってくれる男子はいいねぇ〜♪

90:五月:2012/05/16(水) 20:31

更新遅れてごめん゚(゚´Д`゚)゚
誰かいる?

91:実優:2012/05/16(水) 20:32

いるよ!!

92:実優:2012/05/16(水) 20:38

更新遅れるのは分かるよ^^(親のせいでww)
小説の続き楽しみにしてるね♪♪

93:五月:2012/05/16(水) 20:44

親のせいもあるんだけど、
今バスケ部なのね私。
それで練習のときに怪我して
腕を捻挫両方の腕がつかえなくなって、
今は治ったけど…。
ごめんね〜!
今日は小説いっぱい書くよ♪

94:実優:2012/05/16(水) 20:48

五月は中学生?
私は中学生♪の、一年生♪♪の、ソフトテニス部でーす♪♪♪
明日5教科テストだから今は部活ないんだ♪♪
バスケ部かぁ〜・・・。
私もソフトテニスとバスケで迷ったなぁ〜・・・。

95:五月:2012/05/16(水) 21:12

同じく中学生だよ♪

番外編〜陵の気持ち〜
あたしは陵の本当の気持ちを知りたい。
本当に陵はあたしのことを好きなのだろうか。
先生「〜さん」
分かんないや。
先生「未来さん!」
未来「はい!」
先生「ちゃんと聞いてくださいね」
未来「すみません」
今は勉強なんて…考えらんない。

陵視点
未来さんどうしたんでしょう。
きっと…あの時のことでしょうか。
僕も悪いですよね。
でも、未来さんもじゃないでしょうか。
こんなことあってはいけないのに…。

生徒たちは黒板を見てたり、遊んだりしている生徒がいる。
その中でたった一人。未来の姿を見て笑みを浮かべた少女がいた。
??「唐沢未来…面白い子ね」
未来と陵の恋心が変わり始めるのはここからだったのかもしれない。

続く
〜陵のキモチ〜終わり

96:五月:2012/05/16(水) 21:23

〜転校生の少女〜
一週間前
先生「転校生を紹介します」
この世にはこんな美少女がいるんだ。
鈴音「こんにちは。神崎鈴音です」
おとなしい子だな。
先生「席は唐沢さんの後ろです」
鈴音「はい」
鈴音ちゃんは席に座る。
未来「よろしくね」
鈴音「はい」
未来が前を向き黒板を見ている。
鈴音が陵を見つめる。
陵の瞳には未来がうつっていた。
鈴音「この二人の愛はいつまで続くかしら」

続く
〜転校生の少女〜終わり

97:オニオン:2012/05/16(水) 21:24

えっ恋心が、変わっちゃんですか・・・?
ていうことは・・・(想像中)

98:実優:2012/05/16(水) 21:27

っしゃー小説キターーー!!!
てゆーか・・・え?え?え?
恋心、続くの?続かないの!?
ギャーーース!!!

99:五月:2012/05/16(水) 21:37

〜鈴音の秘密〜
未来「鈴音が来てからだよな」
窓を見つめながら、あたしは言う。
窓の空は綺麗な青。
あたしの心はそんなんじゃないのに。
あたしの悩みは二日前からだ。
―二日前―
鈴音「未来ちゃん!」
未来「何?」
鈴音「陵君からの伝言ね。明日四時に公園に来てだって」
未来「分かった」
何だろう?公園?

図書室
鈴音「陵くん!」
陵「何ですか?」
鈴音「未来ちゃんの伝言ね。明日公園に来てだって。四時ね」
陵「分かりました」
なんでしょうか?
鈴音「じゃあ」

鈴音視点
鈴音「キャハハッ」
バカじゃないの。私の嘘にきずかないだなんて。
本当にアホ。

続く
〜鈴音の秘密〜終わり

100:実優:2012/05/16(水) 21:45

ええ?嘘ぉぉ?
もしや鈴音ってサイテーってとこ?

101:オニオン:2012/05/16(水) 21:49

祝100
サイテーですね。鈴音さんは・・・

102:五月:2012/05/16(水) 21:51

感想ありがと♪

〜君の嘘〜
〜次の日〜
未来「公園だよね?」
あたしは公園の入口で待つ。
今は3時55分。早かった?

〜その頃陵は〜
鈴音「陵くん!」
陵「はい?」
鈴音「やっぱり公園じゃなくて桜の木の下だって」
陵「分かりました」

1時間後
未来「遅い!」
何なの超遅い!
?「アハハハ」
笑い声が聞こえる。
誰だろう。
そこに立っていたのは、陵とさくらちゃんだった。
陵は公園を通り過ぎた。
陵との約束は無かったことになったの?
どうして公園を見向きもしなかったの?
嘘…?
あたしは家に走って帰った。
未来母「お帰り」
未来「うん」
あたしは小さな声で言う。
急いで二階に行かないと、泣いてるのバレる。
バタンッ
未来「嘘つき」
酷い酷い酷い。
あたしは醜い。嫉妬だ。
さくらちゃんにとられるのが怖い…。
未来「陵何か大嫌い」
陵との恋愛は終わりにしよう。
そう心に誓った。

103:実優:2012/05/16(水) 21:58

五月、ごめんなさい!!!
100を取ってしまいました・・・・・(泣)
ごめんなさい!ごめんなさい!!ごめんなさい!!!
あ"あ"〜(号泣)

104:オリオン:2012/05/16(水) 21:59

鈴音ぶっ殺す♪
未来、この日を境に
龍とちょいラブして〜♪

105:五月:2012/05/16(水) 22:03

〜見えない希望〜
未来「はぁ〜」
ため息がたえない。
これで何回目だっけ?
勉強なんて耳に入らない。
あの日からもう一週間がたつ。
陵とは話していない、てゆうか話しかけてこない。
きっと陵もあたしのことはどうでもよかったんだ。
鈴音「未来ちゃんどうしたの?」
未来「別に?」
鈴音「そっか」
陵「鈴音さんちょっといいですか?」
陵が話の途中に来た。
陵と顔を合わせないように下を向く。
鈴音「いいよ」
陵「行きましょう」

〜屋上〜
鈴音「こんなとこ連れてきてどうしたの?」
陵「とぼけないでください。一週間前のこと鈴音さんが仕組んだんですよね」
鈴音「は?」
陵「わざと未来さんと会わないようにしたんでしょう?」
鈴音「バレたか〜」
陵「何故あんなことを」
鈴音「陵くんは未来の本当の気持ちを知りたくないの?」
本当の気持ち…?
鈴音「来たねやっぱり」
陵「え?」
グイッ
未来「陵…何してるの」
陵「未来さん!これは」
未来「二股ですか?馬鹿じゃないの。酷くない?」

続く
〜見えない希望〜終わり

106:実優:2012/05/16(水) 22:05

未来の誤解(?)発生!
キャァアァーーー!!!

107:オリオン:2012/05/16(水) 22:08

この鈴音!!死ね!
未来、陵を捨ててあたしと電撃入籍
しちゃお!
(今なら良いよ♪by未来)

(み、未来さん、誤解ですって!!by陵)

(お前の言う事信じないつか鈍感すぎ
byオリオン)

なんか鈴音殺害したい♪
本当にあんなやついらんわ〜♪
あいつゴミ袋に刻んで出したいな♪

108:五月:2012/05/16(水) 22:19

オリオン>鈴音悪だね…。
実優>大丈夫だよ♪


〜本当の気持ち〜
未来「キスされて嬉しかった?鈴音ちゃんに」
陵「それは…そんなことないです。僕は未来さんが」
未来「嘘はもういいよ!好きとか嘘でしょ!あたしのことなんか
   嫌いなんでしょ!もうわかって「決めつけないでください!」
え…。は?
陵「僕は未来さんが好きです!嘘なんてついてません!前にも言いました
  未来さんはどうして信じてくれないんですか!?」
未来「じゃあなんで公園通り過ぎたの!?」
陵「それは鈴音さんが公園じゃなくて桜の木の下に来てさくらさんと
  僕の家で待っててと未来さんが言っていたと鈴音さんが言っていたからです」
何それ。じゃあすべて鈴音のしわざ?
鈴音「二人で睨まないでよ〜怖いじゃん?」
鈴音は、笑いながら言う。
陵「ふざけないでください!どうしてこんなこと」
鈴音「教えてやりたかったのよ。永遠の愛も絆も、この世にはないってね」
陵「そんなこと「バッカじゃないの!?」
鈴音「は?」
未来「永遠の愛や絆は自分達でつくっていくものでしょ!?」
陵「僕は未来さんが生きている限り愛し続けます」
未来「///」
バタンッ(ドアがあく音)
さくら「さっきから聞いてたんやけど鈴音に一言言いたいんや」
未来「さくらちゃん」
さくら「あんたの考えを押し付けるのやめへん?死んでからも
    そんなんでええの?」
死んでる?てことは霊!?

続く
〜本当の気持ち〜終わり

109:五月:2012/05/16(水) 22:31

〜鈴音の過去〜
鈴音「霊だよ。私の過去はね。恋愛が楽しいって思ってた
   女の子だった。だけど裏切られたんだよ。彼氏に。」
陵「だからって僕達まで巻き込まないでください!」
鈴音「そうね。やりすぎたかもね。でも永遠はないのよ。絆もいつか消える」
未来「そう・・・なの?」
鈴音「陵君除霊出来るんでしょ?していいよ」
陵「はい…。鎮守の神よ この緋扇に宿れ」
鈴音は消えた。永遠の愛は無いのだろうか。
さくら「未来。永遠の愛のこと無いと思ってるうん?」
未来「そうじゃないけど」
陵「僕はあると思いますよ?」
そうなのかな?
陵「永遠は無いかもしれない。けど絆はきっと消えません。
  僕達がそのいい例です」
龍「そうだな」
未来「いたの!?」
龍「いた…」
さくら「きずかんかったわ」
龍「酷くないか?」
陵「すみません」
未来「プッ」
さくら「いきなりなんなん?」
未来「いや…こんな時が永遠に続くといいなって」
龍「ああ」
さくら「せやな」
陵「はい^^」

きっとあたし達は何度もすれ違い、傷つきあいながら生きていく。
だけど、あたし達の絆と愛は消えない。あたし達が出会えたこと、
こうして今笑いあっていることは、かけがえのない時間であり、
凄い奇跡だと思う。この瞬間を大切に生きていこう。

終わり

110:オリオン:2012/05/16(水) 22:32

鈴音、つくづく可愛そうな奴、
本当の愛を知らないで
人の恋路邪魔してんじゃねぇよ!
それに未来の気持ちどうなんの?
ちょっと考えないと後で軽
くいたぶって火であぶって殺る

111:実優:2012/05/16(水) 22:33

さくらはいつそんなことを知ったんだ・・・・・。

112:実優:2012/05/16(水) 22:35

・・・・・・・・・・・遅かったか。

113:五月:2012/05/16(水) 22:39

実優>さくらは私の小説の中ではさくらは自分のかんをたより
   にしています(笑)

おりおん>火あぶり!?怖い(;´Д`)
     

114:シャンプー:2012/05/16(水) 22:41

はじめまして。このスレには、ずっと入りたかったのですが…。
ある人のある言葉で、入るのをやめました。
ちょいと本音を話します。
顔が知らない人と、話しているからって、『殺す』とか、『殺ろうかな』、『殺害』とか、こーゆーかきこは、やめておいた方がいいと思います。それを見た人の気持ちがわかるから。あたしも見て、そう思ったもん。いくら、小説に嫌な人がいたとしてもがいても、それは架空の世界のことです。
別に、『ムカつく!』『サイテー!!』とかなら、感想だと思います。
でも、『殺す』。この言葉は、いっちゃいけないと思います。これはまだ、話だからいいけれど、もし、現実だったら?
そう考えたことは、ありませんか?その子に向けて、影で『殺す』といって、その言葉を直接聞いた本人は?その子はきっと、嫌な気分になり、最悪の事態では、その人は、なくなってしまうかもしれないんですよ!?それは、自分が言った、たった一言で…。
もっと現実を見てください。現実の世界で、このようなことが起きたら、もう手遅れなんですから
言葉は刃物だ、今いってしまったら、取り消しのできないのが、言葉です。名探偵コナンでも、コナンくんがいっていました。(沈黙の15分、参考)
それに、まだ、子供のあたしたちが、いってはいけない言葉だと、私は思います。


このかきこを見て、嫌な気分になった人、すみませんでした
もうこのスレには、二度と来ませんので、ご安心ください。

115:実優:2012/05/16(水) 22:48

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
宛名は一人・・・・・ですか・・・。

116:五月:2012/05/16(水) 22:54

「殺す」とかは無しにしましょうか?
シャンプーさん注意…ですよね?分かりました!
小説でも殺すは連発しないように気を付けます!

117:さや:2012/05/16(水) 22:59

おや…
なんか…大変だね…シャンプーさん
ご忠告、ありがとうごさいます!!
誰なのか、探さないようにしようか。

五月

殺す、なしOKです!
ってか、ここで小説書いてないしあたし…

118:オリオン:2012/05/16(水) 23:07

ジャンプーさん
すいませんでした
うちらの学校普通に子供で
(殺)使ったりするので
喧嘩なんて当たり前っていう感じ
の学校ですから
校内で喧嘩が一日3回は、あるね〜!
なのでもう殺るなんて当たり前なんですよ!すいません

119:五月:2012/05/16(水) 23:36

お願いなんですけどあやかし緋扇の
番外編で陵が女装?した時あったじゃないですか
そのやつ買うの忘れて…だからどんな内容だったか
おしえてください!できればネタバレ的な、
お願いしやす!

120:実優:2012/05/17(木) 06:28

あー!!私も知らない!!!
てゆーかsho-comiを買ってない!
ほしかった・・・・・(泣)

121:オニオン:2012/05/17(木) 20:14

私もかっておりません・・・。役立たずですいません。
五月さん、小説どうするんですか?

122:五月:2012/05/17(木) 21:00

あたし達はアメリカ旅行を終え日本に帰ってきた。
飛行機の中では、あたしは寝てしまった。

〜飛行機〜
陵視点
陵「未来さん後一時間くらいで日本につきます…」
寝てます。さくらさんや龍羽くんも寝てしまっています。
僕は眠る気分じゃありません。
何故なら…今なら未来さんの寝顔を独り占めできるからです///

終わり

123:五月:2012/05/17(木) 21:03

えっと…今度は悲しい感じ?を
書きたいと思っています。
リクエストあったらお願いします><

124:五月:2012/05/17(木) 21:28

〜君との恋〜
いつもと変わらない風景
いつもと変わらない日常
でも一つだけ違うことがある。
それは未来が居ないこと。

〜三ヶ月前〜
陵視点
未来「おはよう」
陵「おはようございます」
いつもと違います。
未来さんに何かあったのでしょうか?
学校まで僕達は沈黙し続けた。
僕は思い切って聞いてみた。
陵「あの…どうかしましたか?」
未来「別に何でもないよ」
未来さんは笑っていますが
本当に…嘘ついてるようです。

〜学校〜
僕と未来さんの席は隣同士です。
未来さんは相変わらず女の子達にかこまれています。
彩乃「未来さ〜言わなくていいの?」
未来「別に…」
何のことでしょう?
未来「トイレ行ってくる」
彩乃「あ!逃げた!!」
未来さんは多分彩乃さんの声は聞こえているはずです。
彩乃「もういいよ!言っちゃうから!!」
彩乃さんは僕のほうを向いた。
彩乃「陵くん落ち着いて聞いてね」
陵「はい」
彩乃「未来…転校するんだって」
え・・・・。

続く
〜君との恋〜終わり

125:五月:2012/05/17(木) 21:31

何だろう…他のあやかし緋扇の小説を
書いているお方達は、love満載なのに
一人だけ悲しい感じです…。
お許しを〜><

あ!二人の恋は必ず実ります(^^♪
多分…。いや絶対!!

126:五月:2012/05/17(木) 21:52

〜恋のカタチ〜
陵「転校…?」
彩乃「そうだ「何言ってんの!?」
彩乃「げっ!未来」
未来さん…凄く怒っています。
未来さんはズカズカとこっちに向かってきます。
未来「どうして勝手に言っちゃうの!?」
彩乃「どうせ自分で言わないでしょ!?」
言わないつもりだったんですか…。
それはちょっと悲しいです。
未来「黙っててごめん」
陵「いえ…いつから決まっていたんですか?」
未来「一週間…くらい」
陵「そうですか」
僕はもう一つ気になることがあります。
でも聞いちゃいけない…。
でも、知りたいです。
陵「帰って…来ますか?」
未来「多分…それは…無い」
やっぱり聞かなければよかったですね。
未来「大阪なんだ転校するの」
陵「いきなり何でですか!?」
未来「親の都合で…」
そうですか…。
キーンコーン
先生「席に付け〜」
今までふざけていた人たちがしぶしぶ
座り始めます。
僕も頭が真っ白のまま席に座りました。
先生「今日は残念な話があります」
転校のことですよね…。
未来「あたしは明日の6時半に…大阪に行きます」
ザワザワッ
クラスは騒ぎ出す。中には女子で転校しないでとゆう
声が聞こえてきます。未来さんが転校すると
知っていたのは彩乃さんだけだったようです。
先生「静かに!明日は未来さんは引越しの準備で
   休みです。ですから今日が最後の未来さんと
   過ごす日になります」
先生「では数学を出して〜」
勉強に集中出来るはずがありません。

〜放課後〜
未来「陵…帰ろ」
陵「はい」
帰り道沈黙か続きます。
これが未来さんとの最後の
帰る日になるかもしれないのに。
何を話していいか分かりません。
未来「黙っててごめん。陵が傷つく思って」
陵「もういいですよ?しょうがないです転校するのは」
未来「う…ん」
陵「心配しないでください。また必ず会えますから」
未来「でも…会えないかもしれな「その時は、僕が迎えに行きます!」
未来「え?」
陵「こんなふうに僕の初恋を終わらせません!」
未来「うん!」
僕は未来さんを迎えに行くと胸に誓った。

〜未来の家〜
未来母「お帰り。勝手に転校なんかごめんね」
未来「いいんだよしょうがないし」
あたしは静かに階段を登る。
『僕が迎えに行きます!』か…。
いろんな恋の仕方があるけれど
改めて思う。陵に愛されてよかった。

続く〜恋のカタチ〜終わり

127:五月:2012/05/17(木) 21:55

誰かいる〜?
感想ください><

☆お知らせ☆
日曜日〜月曜日は
校外学習で一泊二日してきます!
なのでこれないです!
そのときはよろしくお願いします!

☆お知らせでした( ´∀`)☆

128:オリオン:2012/05/17(木) 22:12

「その時は、僕が迎えにいきます」
のところなんかヤバイ!!
陵にそれ言われたら嬉しすぎて
即死するわ〜♪

129:実優:2012/05/17(木) 22:36

オリオンさん>分かりますぅ〜♪♪
       私も萌え死ぬわぁ〜★☆

五月>悲しい話って言ってたけど、
   感動してよかったよ^^
   あと、こっちでは私達はコラボできるの?

130:オリオン:2012/05/17(木) 22:46

実優、そうだよね♪
萌え死ぬよね

131:実優:2012/05/17(木) 23:19

陵を見ただけでも失神するのに・・・(いい方の♪♪)
あんなの言われたら天国へピヨピヨだよ!!!

132:オニオン:2012/05/18(金) 17:10

大阪か・・・私の住んでいるところですね。
陵さんかわいそうです。
未來さん達は、東京に住んでいるんですか?

133:藍香:2012/05/18(金) 17:48

未来が転校!!

大阪ってすぐ行けるとこだ、車で1時間*^−^*

134:五月:2012/05/18(金) 20:21

オニオン>そうゆうことにしといてください!

実優>コラボはこっちはないんだ〜><
   またちゃんと書くから!!

藍香>大阪まで一時間か…いいな♪

オリオン>死なないでおくれ〜(笑)

135:霧羅:2012/05/18(金) 20:26

唐沢さん、神山さんとまた会えますよね?
大阪ですか…。私のところからでは遠いですね…。
皆さん、死なないでくださいよ!?

136:五月:2012/05/18(金) 21:00

〜新たなる道〜
カーテンの隙間から太陽の光が差し込んできて
凄く眩しい。
未来「今日…か」
あたしはカーテンを開けながら呟く。
陵と離れるのは悲しいけど迎えにきてくれると
信じてるからきっと大丈夫。
未来「よし!もう悲しむのはやめて前に進もう!」
ダンダンッ(階段を降りる音)                    
未来「おはよう!」
未来母「おはよう。やけに元気がいいわね」
未来「うん。ふんぎりが付いたから」
あたしは朝ごはんを食べて空港に向かう。

〜空港〜
空港につくと皆がいた。
未来「みんな!!」
あたしはすぐ陵達のもとに走る。
陵「おはようございます」
未来「うん」
聖にさくらちゃんに龍、彩乃に陵まで
来てくれたんだ…。
未来「ありがと」
さくら「未来が言わないようなことゆうなや!気色悪い」
未来「はぁ〜!?」
さくら「これが一番や。最後まで普通に話したほうがええやろ」
未来「うん」
さくらちゃんとも…お別れだよね。
龍「大阪でも頑張れよ」
未来「うん。勉強はしたくないけど」
聖「科学くらいやれ!」
未来「一番やだ!!」
彩乃「まぁまぁ。未来…さよならしたくなかったな〜」
未来「・・・うん」
彩乃「笑っておくりたいのに、涙が…止まらなっ」
彩乃…。
陵「未来さん…迎えに…いえ絶対迎えに行きます!」
未来「待ってるよ!」
係員「大阪行きがまもなく・・・・」
未来母「そろそろ行きましょう」
未来「分かった…。」
まだ話したいことがあるのに…。
陵「未来さん!!さよならは言いません。今度会えると信じてますから!
  だから少しの間だけ、我慢しましょう!」
未来「分かった!!」
あたしはこの言葉を最後に陵達と別れた。
絶対会えるよね。あたし達。
でも、そんなの無理だった。
あたし達の愛は…終わる運命だったのかもしれない。

続く
〜新たなる道〜終わり

137:五月:2012/05/18(金) 21:23

〜二人の恋の行方〜
プルルルル
陵「はい、あ!未来さん!」
未来「陵元気〜?」
陵「今は平気です!」
未来「もう学校だ!じゃ」
あ…。もう切れてしまいました。
前は毎日電話していましたが、
今は、三日に一回くらいです。
僕も学校に行きますか。

〜学校〜
教室には、ノートを書く人喋ってる人などがいます。
そこに、違うクラスの龍羽くんが突然教室のドアを開けました。
ガララッ
龍「陵!大変だますぐ来てくれ!!」
こんなに焦った龍羽くんを見るのは初めてです。
何かあったのでしょうか。
僕は急いで龍羽くんと職員室に向かいます。
職員室の前まで来るとそこにはさくらさんが立っていました。
陵「何があったんですか!」
さくら「・・・」
陵「さくらさん?」
さくら「未来が…事故にあって…意識不明だって今未来のお母さんから
    電話がかかってきたんや」
さくらさんが、急に泣き出します。
未来さんが事故…?
龍「陵…平気か」
陵「未来さんの…ところに行きます」
龍「何言ってるんだ!大阪まで何時間かかってると思ってるんだ」
陵「だったら龍羽くんは未来さんを見捨てろとゆうんですか!?」
さくら「時間のことなら平気や。すぐ飛行機だしたる」
龍「分かった。先生には俺から言っておく」
さくら「頼んだで」
陵「すみません」
僕は未来さんのことしか頭にありませんでした。
もし未来さんがいなくなったら…。
僕が生きている意味なんて…。
お願いです未来さん。死なないでください!
この事故で四人の運命が大きく狂い始める。

続く
〜二人の恋の行方〜終わり

138:霧羅:2012/05/18(金) 21:31

!?唐沢さんが事故にっ!!
それは大変です!!
「この事故で四人の運命が大きく狂い始める。」とは
どういうことでしょうか……。

139:五月:2012/05/18(金) 21:43

〜約束〜
飛行機で僕達は大阪の病院につきました。
すぐ手術室に行きました。そこには未来さんのお母さんが、
泣きながら座っていました。
陵「未来さんは」
聞かないほうがよかったのかもしれませんが
僕は未来さんが今どんな状態なのか知りたかったんです。
未来母「今は手術室で手術してるよ」
ウィーン
先生「未来さんは…手術は成功しました」
僕達はひと安心した顔をする。
先生「ですが…いつ命を落とすか分かりません」
未来母「そんな…」
未来さんのお母さんは泣き崩れてしまいました。
さくら「うちここにいたらもうダメになってしまいそうや。
    外で待っとる」
龍「俺も」
陵「はい」
先生「病室で静かに今は寝ています」
未来さんは目を覚ますでしょうか。
このまま…未来さんは…そんなことないですよね?

〜病室〜
病室にいるのは、僕だけです。
未来さんのお母さんは先生の話を聞きに行っています。
僕は未来さんの顔を見つめながら、未来さんの手を握りました。
陵「目を覚ましてください。未来さん」
僕が呟いた瞬間一瞬手が動いた気がしまあした。
陵「未来さん!?」
僕がそう問いかけると、未来さんの目が少し開きました。
陵「未来さん!」
未来「りょ…うやっと会えた。最後に…会えよか…た」
陵「未来さ…ん?」
未来さんはそのまま眠りについた。
陵「未来さん!嘘ですよね?答えてください!」
陵が未来の手を握っていたが、未来はもう息をしていなかった。
すぐ先生が駆けつけました。
先生「すみませんどいてください!」
未来さんが死ぬ?
未来さんが笑っている姿が思い浮かんだ。
もう未来さんの声も聞けないんですか?
約束もしたじゃないですか。迎えに来ますって。
こんな終わり方あんまりですよ。

続く
〜約束〜終わり

140:霧覇:2012/05/18(金) 21:47

未来さんっ!!
お願いですからまだ生きてくださいっ!1

141:オニオン:2012/05/18(金) 21:52

未来さんが・・・(泣)
ぜったい生きていてください!

142:五月:2012/05/18(金) 21:52

感想ありがとう!
ばんばん書くよ!

〜本当のさよなら〜
僕は未来さんの病室の外にいます。
未来さんはなんとか一命をとりとめました。
一安心でしたが、またいつかこうなるか分かりません。
僕は未来さんといる資格は無いはずです。
僕はいつも未来さんを苦しませています。
『約束』も守れない…。
だったら僕は未来さんともう二度と会いません。
僕は病室の中に入りました。
陵「未来さん…さよならです。大好きでした」
僕は病室を後にした。
未来さんには幸せになって欲しいです。
僕は遠くから未来さんの幸せを願っています。

続く
〜本当のさよなら〜終わり

143:オリオン:2012/05/18(金) 21:59

泣いたよ(マジで!!)
もしかして未来が記憶喪失とか?
それはヤダ!!断固拒否!
いつものピュアなちょっと
素直じゃない未来が好きだ!!
未来〜!
死ぬな!!!
絶対死ぬな!!
前世で結ばれなかったんだから
幸せになれ!!!
現世では結ばれて!!
未来、千年越しの
絆や愛で陵と結ばれて!!

144:オニオン:2012/05/18(金) 22:11

オリオンさん、やっぱりそうですよね。
二度とあいませんって、悲しいですよ
続きが、ものすごく気になります。

145:五月:2012/05/18(金) 22:21

〜君の愛〜
未来視点
あたしが目を覚まして三十分は経つ。
陵は…居るはずないか。
看護師「未来さん。あの男の子がさっきここに来てましたよ?」
未来「それって…メガネかけてました?」
看護師「ええ。そういえばさよならっていってましたよ」
さよなら?何で…。会いに来てくれたのにどうして
行っちゃったの?
あたしはすかさず携帯をとり、陵に電話をした。
プルル・・・・
つながらない。何度もかけてみる。
つながらない。何で?
未来「約束したじゃん。陵が言ったこと全部嘘だったの!?」
あたしは大声で叫ぶ。あたしが寝ていたベットは
すぐに濡れた。信じてたのに…。陵のこと信じてたのに…。


陵視点
陵「行きましょう」
さくら「未来は?」
陵「もう二度と会わないと決めました。」
さくら「何でなん!?」
陵「僕がいると未来さんを悲しませるだけです」
さくら「そう…か」
僕はもう未来さんとは…会えません。いえ会ってはいけない。
二人の思いはすれ違い二人の距離は遠くなっていく。

続く
〜君の愛〜終わり

146:オリオン:2012/05/18(金) 22:25

ここで絶対未来の力を
悪用しようとする
敵がでてくるんだよね

陵!そんな事しても未来は、
余計に悲しむよ!

147:五月:2012/05/18(金) 22:40

再会〜二人の未来〜
あれから一年後あたしたちは、高校三年になった。
陵のことはまだ好きだった。でも陵には会ってもいないし
電話もしてない。ひと目でいいから陵の姿を見たい。
あたしは一人で帰り道を歩いていた。
今日は無意識にいつもと違う道を歩いていた。
未来「はぁー」
この頃ため息ばかり出る。
ふと足を止めた。上を向くと公園の前にあたしはいた。
誰もいないと思ったけど、一人桜の木を見上げている人がいた。
未来「…陵?」
間違いない陵だ。あの後ろ姿は見覚えがある。
声をかけようとしたが足が動かなかった。
でももしここで声をかけなかったら、
一生後悔すると思う。
あたしは勇気を振り絞って声かけた。
未来「陵?」
風がふき、桜の花びらが舞い散る中で
男の子が後ろを向く。
やっぱり…陵だ。
陵「未来…さん?」
陵。陵。ずっと会いたかった。
未来「どうして電話でてくれなかったの?」
違うこんなことを言いたいんじゃない。
素直に…なれない。
陵「すみません」
何で『すみません』なの?謝るだけじゃわかんない。
未来「でも…会えてよかった」
陵「ダメです。そんな優しい顔しないでください」
未来「え?」
陵「僕はもう二度と未来さんと会わないと誓いました。
  でも、そんなの無理でした。ずっと後悔し続けました。
  未来さんに会えなかったこの一年間本当に後悔していました
  ここにきたら会えると思ったんです」   
未来「もういいよ。会えて本当によかった」
陵「はい。本当にもう二度と…さよならはしません。約束します」
未来「今度こそ守ってよね」
陵「もちろんです」
あたしたちは、未来へと歩いていく。
過去はもう変えられない。でもあたしたちには未来がある。
この一瞬一瞬を大切に生きていく。どんなに辛いことがあっても
平気だよ?だって隣には君がいるから。

終わり
変な終わり方ですみません!
下手ですみません><
感想ください!

148:実優:2012/05/18(金) 22:42

めっっっちゃ感動した!!!
私、泣いたよ!!!

149:オリオン:2012/05/18(金) 23:10

凄い切なかった。
桜の花びらの様に直ぐに散ってしまう
ような儚い恋、だけれども
いつも二人の心の中には、
好きな人がいるんだなって
感動した
たとえ場所がどんなに離れていても
思いが繋がっていたらそれでいい!
みたいに離れ離れ、散り散りになってもずっと気持ちは、何年たっても
何十年たっても
ピュアで正直なんだな
と築かされる作品でした!

150:オニオン:2012/05/19(土) 08:27

五月さん、全然変な終わり方では、ありません。
他の小説であれば、大体ずっと同じ小説を書いているのに、
五月さんの小説は短編って感じで好きです^^

151:五月:2012/05/19(土) 11:29

実優>感動してくれてありがとう><
   これからも頑張ります♪

オリオン>私が『風が吹き、花びらが舞い散る中で』ってううところを
     二人がどんなに離れていても、心はずっと近くに
     あるってゆうのを、伝えたかったんだ!分かってくれてありがとう><

オニオン>いつも短編で終わっちゃうから、みんな不満かなって思ってたんだけど
     『短編って感じで好きです』って思ってくれてありがとう!

152:五月:2012/05/19(土) 11:35

えっと、リクエストお待ちしています。
私は転校的な悲しい感じから、ラブにつなげてくほうが
やりやすいみたいです><
皆様方か書いてるような感じじゃなくなってしまうんですが
長編じゃないし…。
すぐ終わるし…。
下手だし…。
文章力無いし…。
あ!独り言&雑談ごめん><
スレ主なのに…。
とにかく、リクエスト(悲しい系)でお願いします!
(わがままなスレ主…by未来)
ごめんね…><

153:五月:2012/05/19(土) 11:51

今回はハッピ〜な感じでいきたいと思います。
番外編くらいはハッピーな感じで、書いたほうがいいですよね。
とゆうことで、〜もし未来と陵が結婚したら〜みたいな?
感じに致します!!

154:五月:2012/05/19(土) 11:59

〜君と私〜
夏の中でも特に暑い日の放課後、
私はいつものように、陵と帰っている。
しかし、いつもと違うことがある。
それは今日で付き合い初めて、一年が経つとゆうこと。
陵はそれに築いていないらしい。
未来「あのさ陵」
陵「何ですか?」
いつものような満面の笑顔。
未来「今日は何の日か分かる?」
陵「何かありましたっけ?」
やっぱり覚えていないか…。
陵「未来さん今日の夜一緒に観覧車に乗りに行きません?」
未来「観覧車?」
あ〜最近近くに出来た観覧車のことね。
未来「何で?」
陵「それは秘密です。今日の夜の七時に未来さんの家に行きます」
未来「別にいいけど…」
急すぎるな…。
どうせ暇だしまぁ〜いっか。
陵「では、また夜」
未来「じゃあね」
こうして陵と別れた。
観覧車か…。
少し楽しみかもしれない///

続く
〜君と私〜終わり

155:五月:2012/05/19(土) 12:06

〜最高の日〜
ピーンポーン
未来母「来たんじゃない?」
未来「分かってるって」
ガチャ
陵「こんばんは」
未来「親うるさいから外で話そ」
あたしは強引に陵を外に連れ出す。
未来「ごめん。うるさいお母さんで」
陵「いえそんなことないですよ。行きましょう」
未来「う、うん」


〜観覧車前〜
未来「うわ〜いっぱい並んですよ」
陵「予想以上に並んでます」
未来「待ち時間は…二時間!?」
陵「ですね…」
あたしはこんなに待ってらんないかも…。
未来「別のところ行かない?」
陵「いえ絶対ここじゃなきゃダメなんです!」
う…。そんな目をされたらこっちだって…
未来「分かったよ///」
こう言うしかないじゃん。
陵「ありがとうございます!」
未来「べ、別に///」
その笑顔にはあたしはいつも負ける…。
あたしたちは観覧車の最後尾に並んだ。

続く
〜最高の日〜続く

156:オニオン:2012/05/19(土) 12:52

2時間ですか・・・。結構長いですね。
観覧車の中で何かあるのかな?

157:霧羅:2012/05/19(土) 13:03

意外と、神山さん1年がたつことを知っているのでは?
なので、こんなにこだわっているのでは?

158:実優:2012/05/19(土) 13:06

確かにぃ〜!ありうるね、霧羅♪
そして陵、イっちゃえイっちゃえ♪♪←変態ですから!!

159:オニオン:2012/05/19(土) 13:08

霧羅さんって凄く頭がいいんですね!
さて、何を考えているのでしょうか?

160:藍香:2012/05/19(土) 18:12

陵、わりと鈍感じゃないのかもね

161:霧羅:2012/05/19(土) 18:20

私は頭良くないですよ?

162:オニオン:2012/05/19(土) 18:30

本編では、きっと鈍感っぽいですけど・・。
いえいえ、霧羅さんは、頭がいいですよ

163:霧羅:2012/05/19(土) 18:35

間違っている可能性もあるんで…。

164:五月:2012/05/19(土) 18:51

皆さん>あたりです!

ショウコミ今日買いました!
裏切り者は…陵かもしれません。
私の妄想ですが。

165:藍香:2012/05/19(土) 19:41

陵かもしれないよ・・・

陵だったらいやだな・・・今までの陵は演技だったことになるし・・

166:五月:2012/05/19(土) 19:44

ネタバレ注意!!
はれて恋人同士になったけど
陵が…。

167:オニオン:2012/05/19(土) 20:07

うそ・・・そうなんですか。ショウコミ買ってないんで・・・

168:五月:2012/05/19(土) 20:25

〜最高の日〜
観覧車にやっと乗れた…。
並んでいるときに陵は一言も喋らなかった。
何かあったのかな。
陵「未来さん?」
未来「何?」
陵「その…今日は付き合い初めて一年が経ちますよね?」
未来「う…ん」
覚えてたんだ。
陵が覚えてるとは以外だな…。
陵「だから…その…僕達が大人になったら…」
未来「?」
陵「結婚して欲しいんです!」
未来「・・・・」
陵「未来さん?」
未来「えぇぇぇぇぇ〜!!」
陵「嫌…ですか?」
未来「全然!むしろ嬉しい///」
陵「じゃあ!」
未来「オトナになったらね///」
陵「はい!」
あたしと陵は観覧車の中で、約束をした。

続く
〜最高の日〜終わり

169:五月:2012/05/19(土) 20:35

〜叶う願い〜
さくら「未来が陵くんと結婚なんてありえへんわ」
未来「はぁ〜!?」
あたしとさくらちゃんは高校三年生になった。
さくらちゃんとは相変わらずこんな感じ…。
コンコンッ
未来「はい〜」
陵「未来さん準備できま…」
未来「陵?」
陵「すみません!みとれてました」
未来「はぁ〜!?」
あたしは何年経っても陵の言葉には慣れません。
陵「行きましょう」
未来「うん」
さくら「会場に先行ってるで」
未来「分かった〜」
今日あたしと陵は…結婚します!
約束から二年。あたしと陵は18歳になり、
ギリギリ結婚できる歳。
ようやく結ばれます!

続く
〜叶う願い〜終わり

170:実優:2012/05/19(土) 20:41

高校生で!?早っっ!!

171:ナコ:2012/05/19(土) 20:41

五月サマ

最近あやかし緋扇のスレが増えています。軽く20は超えています。
もし、次のスレを作ろうと思うなら、他の掲示板にお願いいたします。

また、できれば(1000に行ってからでもいいので)
削除依頼をだしてください。

強制ではありません。

172:五月:2012/05/19(土) 20:43

ナコさん>他の掲示板で小説書ける所を教えてください!
     無理ならごめんなさい。

皆>削除依頼…出したほうがいいんでしょうか。

173:オニオン:2012/05/19(土) 21:19

絶対ダメです!皆、五月さんの小説楽しみにしているんです!
ナコさん、100以下のものに削除依頼をだしてっていったほうがいいです

174:霧羅:2012/05/19(土) 21:23

オニオンさんの言う通りだと思います…。
それか、下の方にあるもう誰も来ていない
スレに削除依頼を出した方がいいのでは?

175:伊月:2012/05/19(土) 21:37

霧羅さん、やっぱりそうですよね。
私このスレが消えたら泣いてしまいます。
探してみてこれはもう絶対こないな、って思うやつお願いします

176:オニオン:2012/05/19(土) 21:44

名前間違えました!オニオンです

177:五月:2012/05/19(土) 21:46

皆ありがとう。
でもね、削除依頼板に「あやかし緋扇コラボ小説!!」を
削除依頼してきた。ひとつはけしといたほうがいいかなって。
勝手でごめんね。でもこれはつづけるよ。

178:五月:2012/05/19(土) 21:48

明日と明後日は来れません!
宿泊学習なので…。
もし下がっていたらだれかあげといてください。
今日は親が寝ろってゆうんで寝ます!
ではまた火曜日!!

☆五月より☆

179:実優:2012/05/19(土) 22:13

うん・・・・・。そーだね・・・・・。
なら、こっちでもコラボできる?

180:実優:2012/05/19(土) 22:13

うん・・・・・。そーだね・・・・・。
なら、こっちでもコラボできる?

181:五月:2012/05/19(土) 22:42

寝れない…。
一人ずつコラボするようにする。
例えば、小説に一人でその小説が終わったら
違う人が…みたいな?何人ずつでも可だけど
二人くらいかな?でも全員でれるようにします!

本当にねます☆!

182:霧羅:2012/05/19(土) 22:43

皆さん、おやすみなさい…。

183:あかり:2012/05/21(月) 00:22

いれてください!
わたしはタメ口OKです

184:オニオン:2012/05/21(月) 07:09

五月さんは、今おりません。
私は、okですよ

185:& ◆RsrM:2012/05/21(月) 11:48

すみません><
お騒がせしました。

186:ナコ:2012/05/21(月) 11:50

上あたしです。
えーっと……
http://hayate.biz/bbs/novel/anthologys/anthologys.cgi
とかは、かけます。
あやかし

187:七実:2012/05/21(月) 16:01

入れて!!
小6の七実で〜す♪

188:あいり:2012/05/21(月) 21:10

うわぁ〜〜〜〜w
また久々に登場!tk、皆私のことおぼえてるかな〜・・・?(笑w

あと、このスレは続けてほしいです!!!!

むちゃくちゃ楽しみにしてますし・・・・

おねがいします!!!!

189:実優:2012/05/21(月) 21:18

あいり!久しぶり!!

190:あいり:2012/05/21(月) 21:57

実優>久しぶり〜!

191:実優:2012/05/21(月) 22:02

久しぶりに会えた!!

192:みき:2012/05/22(火) 19:11

入れてもらえませんか?

193:五月:2012/05/22(火) 20:58

☆帰ってきました☆
みんな〜上げといてくれてありがとう!!
二日ぶりのパソコンです!!
今日はいくつ小説書けるだろう。

みきさん
あかり

OKです♪

194:五月:2012/05/22(火) 21:33

(結婚式編では今まで感想を来れた方を小説に出したいと思います!
いつも感謝です><)

〜青空の下で〜
リーンゴーン
式場の金が鳴り響く中
大きな扉が開く。
まるで海の青さを映し出したような空。
雲ひとつない青空の下をあたしと陵は一歩一歩あるいていく。
由莉「綺麗〜!」
そんなことは…。
悪ネコ「よかったね〜」
うん。
希桜「未来可愛い〜」
久しぶりに言われた。
実優「陵くんもカッコイイ〜!」
それは、同感。
霧羅「二人とも綺麗ですね」
陵はね。陵は!
あいり「いいな〜!」
あいりも可愛いから大丈夫だよ。
オニオン「未来と陵くんは愛し合っているんですね」
そんな大声で///
オリオン「よかったね〜!さくらちゃんが恨まなきゃいいが…」
よかったよ!…さくらちゃんのことは同感((汗
みき「これからもお幸せに!」
ありがとう。
さや「ずっと一緒だといいね」
あたしも陵と一緒がいい///
rin☆「いろんなこと乗り越えて結ばれた二人だもんね〜」
まあね///いろいろありがとね。
ミックス「いいな〜!未来最高に綺麗だし」
何回言われたその言葉///
でも超嬉しい///
龍「おめでとう」
いや…ありがと///
さくら「よかったわな」
なんか怖いよ…((汗
本当に皆ありがとう。
泣けてきたかも。


まだまだ結婚式は続きます!
続く
〜青空の下で〜終わり

195:五月:2012/05/22(火) 21:49

〜絆〜
係員「今から写真とりま〜す」
写真〜!?
それは聞いてない。
オリオン「行こう!みんな!!」
未来「分かった!!」
グイッ
未来「うわ!」
誰!?
あたしは木の影に腕をひかれた。
陵「強引にすみません」
陵〜!?
ちょっと!近い近い近い///
陵「少し二人きりになりたかったんです」
未来「でももうすぐ写真撮るし…」
陵「少しだけ…いいですか?」
う…。二年経っても変わらない瞳。
未来「少しだけね///」
陵「はい!」
あたしと陵はその場に座り込む。
ウェディングドレスなんですけど…。
陵「空…綺麗ですね」
未来「うん。そうだね」
陵「僕…未来さんといれて最高に幸せです!」
未来「う…え…な///」
陵「行きましょうか!」
未来「えぇ〜ちょ!待ってよ!!」
あたしはこれからも陵のこと信じてる。
ううん。さくらちゃんや龍も皆も信じてる。
皆はあたしの宝物だから…。

☆終わり☆
どうでしたか?
また短編に…。
短くてごめんね><
あと、勝手に皆のこと
小説に出しちゃってごめんね((殴


♪改めて♪
改めて…
みんなアリガト〜!
いつも、感想くれて、
小説これからも頑張るね☆

長文失礼しました><
by五月♪

196:五月:2012/05/22(火) 22:06

誰もいないようなので
今日は落ち!
明日これるかな?
なるべく、雑談は控えてください><
近じか、中間テストがあるので、来れないかも。
でも、来るようにします!
下がってたら、上げといてください!
お願い多いね…。すまん><
では(o・・o)/また明日?

by五月

197:オリオン:2012/05/22(火) 22:20

アリガトウ!!
小説出してくれて!
オニオンとよく間違えられるんだけど
(汗)

198:緋那 ◆486Q:2012/05/22(火) 22:43


いれてください♪

さっきはこちらのスレに来てくれてありがとうございます!!

ものすごいいい小説で、ついポロリと涙がでてしまいました・・・。

みんなからの言葉に一言一言心の中で言葉を返す未来のところが良すぎます!
これからも頑張ってください^^

199:rin☆:2012/05/23(水) 17:47

おひさで〜す!覚えてるカナ?いれてください^^
ついに未来と陵結婚したんだぁ〜(゜∀゜)/
小説にワタシの名前いれてくれてありがとぅww

200:実優:2012/05/23(水) 18:26

五月、ありがと!
五月の小説って感動する!!

201:なっちゃん(元オニオン):2012/05/23(水) 19:18

オリオンさんとまぎらわしいので変えました
あっもう200ですね。
五月さんの小説に入れるなんて感激です。

202:五月:2012/05/23(水) 20:21

いろいろ感想ありがとうございます><
えっと…リクエストを募集します。

1悲しい系からloveに変わる

2とにかくさくらが邪魔してくる

3悲しい系のみ

のどれかです。
お願いします!!!

203:五月:2012/05/23(水) 20:33

締切は、21時です!
早くてごめんね…。

204:五月:2012/05/23(水) 20:39

番外編
未来「陵おはよう」
陵「・・・・」
未来「陵?」
陵「うるさいです」
未来「はぁ〜?」
何いきなり…。
陵「僕未来さんが大嫌いでした」
未来「え…」
陵「では…」
未来「ちょ!陵!!」


「さん」
何?」
陵「未来さん!」
未来「陵?」
陵「やっと起きました。体育の時間に
  いきなり倒れたんです」
未来「そう」
じゃああれは夢?」
陵「それと…寝言で僕の名前を言っていたんですが」
未来「知らない///」
陵「そうですか」

陵視点
僕は一旦保健室をでました。
『陵どこにもいかないで!』
この言葉は未来さんが寝ていたときに言った
言葉です。でも…内緒にしておきましょう^^


終わり

205:五月:2012/05/23(水) 20:42

やっぱ締切は明日の6時です!
今日は落ちます!
中間テストの勉強頑張ります!!

206:藍香:2012/05/23(水) 22:15

五月がんばれ〜*^−^*

207:D:2012/05/24(木) 05:55

私は1.がいい!!!
五月、悲しい話上手だし、

208:実優:2012/05/24(木) 05:57

↑↑↑上のナシで!!
私は1.がいい♪♪
五月の悲しい話、感動するし、
そこからLOVEにかわるなんてっ・・・!!

209:五月:2012/05/25(金) 19:00

何の悲しい話がいい?

210:匿名さん:2012/05/25(金) 20:07

雑談のは気をつけよう!
あとお知らせ〜あやかし緋扇について〜を見てみてください。
お願いします><

奇跡〜君と過ごした季節〜
夏の日の午後、私は体育でバスケをしていた。
女子「未来パス!」
私はパスをもらいレイアップの体制になる。
男子「させない!」
未来「あまいね。ヘボ」
未来は軽々と男子をかわし、シュートを決める。
すると女子の歓声が体育館に鳴り響く。
女子達『キャ〜!!カッコイイ!』
ピ〜
試合終了のホイッスルが鳴る。
そして、未来の周りに女子が群がる。
未来「ちょっと!」
女子1「凄い!」
女子2「惚れる〜!」
未来「それは、勘弁じゃあ顔洗ってくる」
女子の対応も疲れた。
未来が、体育館のドアの前に来た瞬間、
未来は倒れた。
バタンッ
体育館に鳴り響く、未来は地面におもいっきり
倒れた。
女子よりも先に駆けつけたのは陵だった。
陵「未来さん!!」
声が…聞こえなくなる。
陵「…さん」
まぶたが重いやこのままあたしどうなるの?
未来の頬に一粒の涙がこれ落ちると、
未来は気を失った。

続く

211:五月:2012/05/25(金) 20:13

↑私です><

212:五月:2012/05/25(金) 20:32

♪お知らせ♪
交流板に、あやかし緋扇超最高ってゆう人集合!
というスレをたてました。
そこで、雑談お願いします><

  by五月

奇跡〜君と過ごした季節〜
陵視点
僕は、急いで未来さんを
保健室に運びました。
未来さんはまだ眠っています。
ギュッ
僕は未来さんの手を握りました。
陵「お願いです。目を覚ましてください」
ピクッ
今小指が動いた気が…
未来「…ん」
陵「未来さん!」
未来「りょ…う?」
陵「僕先生呼んできます!」

未来視点
行っちゃった。
あたしに何があったんだろう。
とゆうか手と足が痛い。
動かせない。
陵「呼んできました!」
保険の先生「未来さん…私には何がどうだか分かりませんなので
      大きな病院に今すぐ行きましょう」
未来「は、はい」
陵「僕も行きます!」
先生「君はいなさい」
陵「すみません…でも一緒にいたいんです!」
先生「仕方がないわね」
先生は大きくため息をついた。
あのが先生に口答えするだなんて…。
あたしはまだ知るよしもなかった。
あたしに病魔が忍び寄っていることを…。

213:霧羅:2012/05/25(金) 20:36

病魔っ!?
たいへんです!!
…どんな病気なんでしょう?

214:五月:2012/05/25(金) 20:49

今あたしは病院に行きどんな状況に
あるか医師から、説明を受けた。
病名は分かんなかったけど、
原因不明の病気なんだって、
声がでなくなって最終的に、
足とか全身が動かなくなるんだってさ。
今はベットの中。
未来「陵、あたしは平気だよ」
陵「僕は平気じゃないんです。全身が動かなくなるなんて」
ガラッ
さくらちゃんが焦った顔でこちらを向く
さくら「未来大丈夫なん!?」
龍「未来平気か!」
未来「今んところはね。この先はわかんない」
さくら「うちら治療法探してくるから待っときぃ!」
バタンッ
嵐のように去っていった…。
今は陵と二人きりか。
あたしどうなるんだろう。
未来「あたしが死んじゃたら、もう陵は迷惑しないね」
ガチャン
陵は勢い良く立ったから椅子が倒れた。
未来「どうしたの?」
陵「どと」
未来「え?」
陵「二度と死ぬなんて言葉言わないでください!
  僕は迷惑でも何でもありません!だた未来さんが好きだから
  守りたいんです」
また、自分のことしか考えてなかった。
陵はそんな人じゃなかったっけ。
未来「分かった」
この日からあたしは弱音をはかないことにした。
そして、苦痛のリハビリが始まった。

続く

215:霧羅:2012/05/25(金) 20:53

リハビリはつらいですよ…。
たとえ、唐沢山でも…。
治療法、見つかればいいんですが…。

216:五月:2012/05/25(金) 20:53

私の交流板のスレ誰か来て…。
無茶なお願いでごめんね><

今日は勉強があるので、すみません。
雑談は控えてください。
今日これたらまた来ます。
雑談は、交流板の私のスレで、
許可なく勝手に入っていいよ(^^♪

217:五月:2012/05/25(金) 21:14

あたしは、リハビリとか
精一杯頑張ったよ。
だけど、無理だった。
声は出るけど、体か動かない。
全身ではないけれど、足が動かないから
今は車椅子の生活をしている。
いつどこで、命を落とすかわからない状況にあるらしい。

〜病院〜
陵「足治るといいですね」
未来「リハビリたりなかったかな〜?」
陵「未来さんは頑張りっましたよ」
未来「まあね」
頑張った結果がこれか。
もし、もしもだけど神様という存在が
あったとしたら、恨んだり憎んだりはしないつもりだけど、
陵とこれからずっと一緒に居られないかもしれないとゆうことが
不満かもしれない。
陵「カーテン開けますね」
未来「うん」
シャー
暖かい日差しが降り注ぐ。
未来「ゲホッごホッ」
陵「大丈夫ですか!!」
あたしは口に手を抑えた。
口から手を離して見てみると、
手に血がついていた。
陵「血が…平気ですか!?」
バタン
あたしはそのままベットに倒れた。

続く

218:五月:2012/05/25(金) 21:42

看護婦「しっかりしてください!」
陵「未来さん!未来さん!」
医師「どいてください。今すぐ手術をしますから」
陵「はい」
未来さん!お願いです。
死なないでください。
僕は…どうすればいんですか?
何もできない僕を許してください。
僕は、祈ることしか…。
未来さん!

続く
短くてごめんね><
一旦落ち☆

219:オニオン:2012/05/26(土) 10:39

みっ未来さんが!
私が、陵さんの立場だったらたえられませんっ!

220:☆AYA☆:2012/05/26(土) 13:02

入れて!

221:霧羅:2012/05/26(土) 13:23

唐沢さん……。
大丈夫…ですよね?

222:実優:2012/05/26(土) 14:55

ごめーん!!
野外教室で来れなかった°(°>_<°)°
未来、絶対死ぬなぁぁぁ!!!

223:五月:2012/05/26(土) 21:16

未来さんが、
手術をして一命をとりとめました。
未来「もう、手術は無理」
陵「大変でしたもんね」
未来「まったくだよ」
こんなたわいもない話を
できるのは、いつまで続くのでしょうか。
未来さんが眠っていたとき・・・。
ー病室ー
医師「未来さんはいつ命を落とすか…」
陵「助からないのですか!?」
医師「持っても、半年くらいです」
陵「半年…ですか?」
医師「持つかどうか」
そんなことって…アリなんですか?

未来「う?」
陵「・・・」
未来「陵?」
陵「な、何ですか?」
僕はできる限り笑顔にしようとした。
未来「無理…しなくていいよ?」
陵「未来さんに比べたらそんな…」
未来「知ってるよ?あたしがもう少ししか生きられないことなんて」
陵「約束」
未来「え?」
陵「約束しましたよね!?もう二度とその言葉は口にしないと!」
未来「じゃああたしはどうしたらいいの!?」
陵「絶対に生きろとは言いません。でも…」

続く

224:五月:2012/05/26(土) 21:31

陵「絶対に生きろとは言いません。でも…」
未来「じゃあ何であんな約束なんか!」
陵「未来さんは生きたくないと思っていますか?」
未来「生きたいよ!生きたいけど「じゃあどうして死ぬと分かるんですか?」
未来「それは…」
陵「自分が生きようとすれば、絶対に死にません。」
未来「そんなのわかんないじゃん」
それはそうですけど、僕は未来さんに生きて欲しいんですよ?
口で言っても分かってもらえないなら僕は…。
ギュッ
未来「いきなりなんなの///」
僕は未来さんを自分の方へ抱き寄せました。
陵「僕は未来さんの痛みも病気も治せません。
  でも、心くらいは僕にだって守れます。
  いえ、守らせてください」
未来「何言って///」
グイ
僕は未来さんを離して、真剣な顔をしました。
陵「未来さんは…死にません。僕が保証します^^」
未来「守んなかったら、許さないから///」
陵「分かってます」
もうすぐ、夕日が沈み静かな夜になろうとした時、
僕と未来さんは、また新たなる未来へ
歩き出そうとしていた。

終わり
と言いながら、終わらないんです。
ややこしいね(-_-;)

225:五月:2012/05/26(土) 21:47

ザァ〜
今日はいつもより、
激しい雨が降る日。
未来「陵遅くなってごめん!」
後ろから、未来さんが走ってきます。
余命宣告されて半年以上が経ち、
今は未来さんは順調に回復して、
今は普通に歩けるようまでになりました。
陵「傘もってないんですか?」
未来「忘れた」
陵「じゃあ入ってください」
未来「いいよ別に」
陵「風邪ひきますよ?」
未来「しょうがないな!今日だけね///」
陵「はい^^」
しばらく歩くと雨は止みました。
陵「雨止みましたね」
未来「うんそうだね」
未来さんの家に着き、
別れようとした時
未来「あ〜虹だ!」
未来さんは、空を指さして言う。
陵「本当ですね!」
綺麗です。
未来さんのほうが綺麗ですけど…。
未来「じゃあね」
陵「はい」
未来さんはドアを閉めて、
家に入っていきました。
僕は、あの日からいっそうに、
この思いが強くなりました。
『ずっとこの幸せが続きますように』

終わり

226:七実:2012/05/26(土) 21:48

あ、まだ続くんだ…いや…続いて
欲しい!!頑張れさ・つ・き♪

227:七実:2012/05/26(土) 21:53

225>陵!!未来と幸せになれよ♪
次の小説は何かなぁ〜♪♪♪

228:五月:2012/05/26(土) 22:06

何がいい?

229:七実:2012/05/26(土) 22:13

え、んーと…あ…!!!!!!!!!
未来と陵と聖でハワイへ旅行は?!
(今回はさくらと龍が出てこない…)
嫌だったら良いよ!!

230:五月:2012/05/26(土) 22:40

七実>OKです♪

【高校二年生という設定で】

理科の授業が終わり
未来が理科室を出ようとした時

聖「なぁ陵と未来ちょっと来い」

またウザイ奴が口を開いた。
こいつの名前は聖真人
一応先生だけど、
あたしには先生っていううのは
こんな奴がなったらダメだと思う。

陵「何ですか聖先生」

この男子は神山陵。
しがない神社の跡取り息子で
除霊ができる。
霊が見えるあたしをいつも守ってくれる
一応彼氏なんだよね。
一応ね///

聖「ハワイにいかないか?」

陵・未来「無理(です)」
陵とあたしは呆れて言う。

何でこいつと行かなくちゃいけないんだよ!
考えただけで吐き気がする。

聖「何だよ。せっかく二人がラブラブできるように
  してやろうと思ったのによ」

未来「殴るよ?」

あたしは殴る体制になる。

聖「ちょ!嘘嘘!俺の友達がハワイにいて、
  二人のことを話したら会いたいって言うから」

未来「そうならそうと言えばいいじゃん」

陵「未来さんは行きますか?」
どうしよっかな〜
めんどくさくて無理。

聖「その友達…すげぇ〜陵ににてんだよ」

未来「ふぅ〜ん。じゃあ仕方ないから行くよ」
会ってみたい。

陵「なら僕も行きます」

聖「じゃあそう伝えておくな」

こうして、ハワイに行くことになった3人。

この後その友達を見て、どうなることやら…。

続く

231:五月:2012/05/26(土) 22:48

さくら「何でなん!?」

未来「ちょ!さくらちゃんみんなの注目の的になるって!」

今は昼休み
さくらちゃんに昨日のことを
説明している

さくら「うちその日どうしても外せない用事があって行けないんやけど」

別にこなくてもいいけど。
だってさくらちゃんが来ると
ややこしくなるし

さくら「うちがいない代わりに陵くんとラブラブしちゃあかんで!」

未来「はぁ〜!?」
何でそうなるのさ!
決めつけんな!

さくら「そうゆことでラブはあかんで!」

未来「ちょ!待ってよ!!」

さくらちゃんは
自分の意見を言ったら
さっさと帰ってしまった
勝手でしょ絶対!
ねぇ?みんなもそう思うでしょ!?

未来はこの後イライラを抑えきれず
教室が黒いオーラに包まれるのであった

続く

232:五月:2012/05/26(土) 23:00

ハワイに行く前日
陵から一本の電話がかかってきた

陵「もしもし未来さん?」

未来「何〜?」

陵「明日楽しみですね?」

未来「別にあたしはそうでもない」

本当は陵と行けるから
ドキドキしてるけど
そんなこと死んでも言えないし

陵「そうですか…僕は未来さんがいるから楽しみなんですか」

まさかの以心伝心!?
おんなじこと考えてる///

未来「あたしもだけどね///」
言った!

陵「え?なんですか?」

聞けよおい(怒)
このじじい〜!!

未来「何でもないよ!じゃあね!!」

陵視点
ツーツー
きれちゃいました。
僕は耳から携帯を離しながら呟いた

陵「本当は聞こえていたんですけどね///」

このことは秘密にしておきましょう
陵は前よりも明日がもっと楽しみで仕方なくなるのであった

続く
今日は落ちます!
明日は午後には来れるはずです><
ではでは(^.^/)))

233:七実:2012/05/26(土) 23:04

あはははははは〜wwwwwwwwww
さくらはハワイに来なくても良いんだよ!!陵と未来!ハワイでラブラブ
しちゃってぇ〜☆★☆★
小説の続き楽しみにしてるよ♪

234:実優 ◆EppM:2012/05/26(土) 23:40

ご、ごめん・・・・・。
うっかり寝てしまった・・・。(−_−;;)
あの未来が病気になる話、感動した!
やっぱり五月の小説は上手!!
そして今のは、陵に似てるの!?
楽しみぃ〜♪♪

235:霧羅:2012/05/27(日) 08:06

なんで聖さんは2人のことを話したのでしょう?
なにか理由でもあったんでしょう?
で、なぜ神山さんに似ているという人が
会いたいと言っているのでしょうか?

236:五月:2012/05/27(日) 18:41

来れたぜぇ〜☆

空港を出発して何時間か経ち
やっとハワイについた。

未来「ハワイってやっぱ綺麗〜!」

あたしはあの暑苦しい空港を出て
背伸びをしながら言った。

陵「この空港って、海のすぐそばなんですね」

本当だ〜!
後で泳ぎたい!!

聖「俺の友達の家は此処からすぐそこだ」

聖は指をさす。
って!海のすぐ近くじゃん!
目の前にあるし!?

陵「意外と近いですね…」

未来「超近い」

聖「じゃあ行くか」

おい!
このくだりのオチはどこへいった!
まあいいけどさ。

道路に置いてあった荷物を持ち
その聖の友達っていう人の家に行く

そういえばどのくらい陵に似てるんだろう?

続く

237:七実:2012/05/27(日) 18:56

未〜来〜???
その人がもし、陵に似てても好きに
ならないでよ!!!

238:五月:2012/05/27(日) 19:20

拓真「こんにちは!俺山中拓真だ!
   此処に二年前に引越してきたんだ」

未来「・・・・」

陵「・・・・」

拓真「どうした」

陵が…二人!?
うりふたつだよ!?
陵はポカーンとしてるし…。

未来「こ、こんちには」

あぁぁぁぁ〜かんだ!!
動揺がバレた!!

拓真「びっくりするよな〜。俺も写真見たとき
   びっくりしたわ!」

写真!?
いつ撮ったの!?
盗撮!?

陵「そうなんですか」

性格は違うけど
何もしゃべらなかったら
見分けがつかない…。

聖「ほら拓真!」

聖は拓真さんの肩を叩く。

拓真「分かってるって!二人を呼んだわけは…」

239:七実:2012/05/27(日) 19:25

ええええ〜??!
理由何てあるの?!でも、良いねぇ〜
ハワイ、あたしも行きたい!!!!

240:rin☆:2012/05/27(日) 19:29

え・・!!めちゃ続ききになるぅ〜♪

241:五月:2012/05/27(日) 19:36

未来「なるほどね…」

拓真さんの彼女さんが
霊にとりつかれていて
それを除霊して欲しいと言うわけか。
でもなんで聖が除霊しないんだろう?

聖「それはな、俺の今の力じゃ無理だからだ」

なるほど!このヘタレ!!
って今あたしの心よんだこいつ!
プライバシーなんてあったもんじゃね〜((怒

陵「いいですが彼女さんは今どこに…」

拓真「それならこっちの部屋にいます」

そう言いながら拓真さんは
あたしたちを案内してくれた。

242:七実:2012/05/27(日) 19:41

本当!未来の言う通り!!!
この…クソヘタレ!!!
陵の力借りずに、自分の力でなんとか
しやがれぇ!!!

243:霧羅:2012/05/27(日) 20:03

!?た、拓真ですか!?……。
き、気にしないでください…。

唐沢さんは何故連れてこられたんでしょう?

244:五月:2012/05/27(日) 21:00

未来「え・・・?」

静かな部屋で、
思わず声が漏れてしまう。
だって彼女さんはとても
元気なんだけど…。

拓真「夜になると千恵は、人が変わるんだ」

千恵…さん?
彼女さんの名前か。
可愛い名前だね…。

千恵「こんにちは。篠田千恵です」

今まで布団で寝ていた千恵さんが
起きて自己紹介をした。

拓真「風邪ひいてるんだから無理するなよ」

千恵「平気。お二人のことは拓真から、
   聞いてたよ?私体が弱いんだ」

そうなんだ…。
いつも喧嘩しているあたしとは
正反対ってわけか。

陵「一応自己紹介しますね?
  神山陵です」

未来「唐沢未来です」

千恵「よろしくね」

陵「はい。よろしくお願いします」

未来「宜しく」

軽く自己紹介を済ませると
千恵さんが口を開く。

千恵「私は病弱だからいつあっちに
   行っちゃうか分かんないし、
   もう20だから結婚したいんだけど今は霊にね…」

そうなんだ。
病弱だから霊にとりつかれやすくなったんだ。

拓真「今日の夜千恵がどんなふうになるか  
   見てください」

陵・未来「はい」

続く

245:七実:2012/05/27(日) 21:19

えー?!
どう変わっちゃうの?
急に暴れたり…とか?←予想
続きファイトォ〜^^

246:五月:2012/05/27(日) 21:20

〜夜〜

静かな夜…。
今は1時59分になった。
そうすると拓真さんが…

拓真「2時になったら千恵が…まあ見てて」

未来「は、はい」

チク タク

時計の音が響きわたる…。

ピ〜

時刻は2時を回ったら
すぐに千恵さんが動き出した。

千恵「ル…」

千恵さんがじゃベリ出した
なっていっているの!?
でも様子が違う…。
何か操られているみたい。

あたしたちはドアの隙間から
千恵さんを見ている。

千恵「コロシテ…ヤ…ル」

そう言いながら千恵さんは
こっちに向かってきた。

陵「未来さんにげてください!!」

拓真「いつもと違う!いつもなら殺してやる
   と言ったら、そのまま意識を失うのに」

聖「とにかく逃げるぞ!」

あたしたちは拓真さんの家を
飛び出し、暗いハワイの小道に
逃げていった。

このあとあんな恐ろしい事が
待っていると知らずに

続く
この先今日書けるか分からへん><

247:実優 ◆EppM:2012/05/27(日) 21:22

え!?え!?
普通『殺してやる』って言ったらおかしいのに!?
てゆーか舞えよ、未来!!

248:七実:2012/05/27(日) 21:24

五月頑張ってぇ〜
続きすっごい気になる><
{感想}
恐ろしい事…?
誰かが殺されるとか…

249:五月:2012/05/27(日) 21:43

七実>正解や♪

実優>舞うこと忘れてるんやなきっと(笑)

いつまで逃げただろうか…。
もう息が上がって走れない

陵「大丈夫ですか!?」

未来「うん」

『ころしてやる』
まだ耳に残っているあの声
千恵さんの声じゃなかった
めも鬼の目をしていた

千恵「ニゲル…ナ」

嘘!?
もう追いついたの!?
あんなに走ったのに。

千恵「コロス!」

そう言いながら千恵さんは
こっちに向かってきた!

グッ

続く

250:なっちゃん:2012/05/27(日) 22:00

大阪弁ですか?
正解と言うことは・・・・・

251:五月:2012/05/27(日) 22:06

なっちゃん>いとこが京都と大阪に住んでて
      何回も京都弁と大阪弁聞かされて
      うつったかもしれん!気にせんでええよ!


未来「千恵さん何してんの!」

拓真「俺…のことはいいから早くいけ!」

未来「でも拓真さん」

首絞められてるんだよ!?
千恵さんに!
ほとっけるわけないよ!

拓真「死にたくないなら早くいけ!」

未来「分かった」

あたしと聖と陵は
走り出す。
そうすると辺が
暗くなり始めた
視界がぼやける
そうすると声が聞こえてきた

「く」

誰?

未来母「未来!!」

未来「は、はい〜!」

あたしは飛び上がる

未来母「遅刻するでしょ!」

未来「う、うん」

遅刻?
じゃああれは全部夢…?

続く

252:五月:2012/05/27(日) 22:17

あたしは朝ごはんを食べ
普通通りの生活に戻った
でもあれはゆめだったんだよね?
リアルすぎ

陵「おはようございます」

未来「おはよう」

陵「なんだか顔色悪いですよ?」

未来「別に」

あの夢のことは黙っておこう
陵はどうせ心配するだろうし
てゆうか説明がめんどくさいから

陵「最近霊がでなくなりましたね」

未来「そのほうが安全でいいや」

陵「そうしたら未来さんと居られる時間が
  減るような気がして悲しいです。複雑です」

未来「何か言った?」

陵「いえ///」

未来「?」

何故陵が赤くなったのか
あたしには理解できなかった

陵「行きましょうか」

未来「ちょ!待って」

キィィィィ〜ン

耳鳴り!?

『コロシテヤル』

え?
何か聞こえたような気が…。
気のせいかな?

陵「未来さん?」

未来「なんでもないよ!行こう!!」

まだ知るはずもない二人
あの夢が正夢になるなんて誰も思わなかった
でもこれはまた別のお話

終わり

253:七実:2012/05/27(日) 22:31

五月ぃ〜!!!!!
超面白かったで!!
あの時は拓真さんじゃなくて聖が殺られとければ良かったのに…www
未来が見た夢、現実にあったら良いな〜♪

254:実優 ◆EppM:2012/05/27(日) 22:35

・・・・・あたしも現実にあったら
聖が殺られてほしかったなぁ。

255:霧羅:2012/05/28(月) 17:19

ははは……。七実さん…実優さん・・・。
…誰も殺されないことが一番ですよ・・・。

………拓真っていう人……。
私の幼馴染と同じ名前なんで
なんか少し抵抗がありますね…。

256:五月:2012/05/28(月) 20:16

あやかし緋扇の問題を
みんなは知ってるよね。
なので、感想とリクエストは
交流板にある私のスレでお願いします。
勝手に決めてごめんね。

257:五月:2012/05/28(月) 20:38

先生「席に座れ〜」

皆はダラダラと席に座る
あたしもめんどくさそうに
席に座った

先生「入って来て〜」

ガララッ

裕太「神戸から転校してきた
   大橋裕太だ。よろしく!」

男子か…。
ふぅ〜ん
意外とかっこいいじゃん
陵よりは///

女子達「かっこい〜」

皆さん目がハートになってるよ!
そこまでカッコイイってわけじゃないと思うけど…

先生「静かに!では唐沢さんの後ろの席に座ってね」

裕太「ほーい」

こいつチャライかも…。
あたしこうゆうタイプは嫌い。

裕太「名前何つーんだ?」

未来「あたし?あたしの名前は唐沢未来だけど」

裕太「へぇ〜そうなんだ」

未来「なに笑ってんの!?馬鹿にしてんの!」

裕太「してね〜よ」

先生「静かにしなさい!」

あぁぁ〜(怒)
あんたのせいで怒られたじゃん!!
最悪…!

続く

258:五月:2012/05/28(月) 20:58

先生「始め」

今は体育で男子と女子合同の
バスケをやっている

あたしはまた一人また一人
次々と抜いていく

未来「らくしょ〜」

あたしはレイアップを決めた

裕太「あんた意外とやるじゃん?」

未来「あんたじゃなくて未来ね!未来!!」

あたしは汗をふきながら
怒鳴った

裕太「分かってるって。じゃあ俺も
   本気出すか〜」

未来「ふぅ〜ん」

ダンダンッ

裕太のドリブルの音が聞こえる

裕太「俺に勝てるかな?」

未来「喋ってないで早く来なよ」

裕太「じゃあお言葉にあまえて!」

裕太はシュート決める体制に入ろうとした

未来「させない」

あたしはそれをさえぎろうとしたら
裕太にそれをふさがれた

裕太「あまいね〜」

ダンッ

裕太のレイアップが入る
このあたしが抜かされただなんて…。

未来「あんた…」

裕太「あんたじゃなくて裕太ね
   勝っちゃった〜」

未来「今度はぜぇ〜ったい勝つから!!」

何か裕太といると
変な気持ちになる…。

その未来の姿に
悲しい表情をする男子がいた…。

259:みき:2012/05/29(火) 21:12

久しぶりでーす
五月、小説最高ー

260:五月:2012/05/30(水) 19:03

〜帰り道〜

未来「そんでさ〜裕太がバスケ強くてさ…聞いてる?」

陵「未来さん裕太さんの話しかしてませんね」

未来「別にそうゆうわけじゃないけど?」

未来さんは裕太さんが好きなんじゃないでしょうか…。
なら僕は未来さんと関わらないほうがよいのでしょうか。

陵「未来さんは僕のことどう思いますか?」

未来「突然何///」

陵「答えてください!」

未来さんの答えで僕がどうするかは
決めます

未来「どうも思ってない」

陵「そうですか」

なら答えはひとつですね。

・・・未来さんと縁を切ります

続く

261:七実:2012/05/30(水) 19:34

ダメーーーー!!!
縁切っちゃたらダメ!!!
陵は自分勝手!!!

262:霧羅:2012/05/30(水) 19:35

神山さんはこれが一番いいと思っているのでしょうか?

263:五月:2012/05/30(水) 19:45

〜次の日〜

陵「あの未来さ「いた〜!!」

大声で僕を呼んだのはただ一人
裕太くんでした

裕太「陵くんだっけ?君に話があるんだけど」

陵「いいですよ」

未来「陵あたしのこと呼んだ?」

陵「いえ、後ででいいです」

未来「分かった」

陵「裕太さん行きましょうか」

裕太「レッズgo!」

〜体育館裏〜

話とは何なんでしょうか
未来さんの話だとは思いますが…

裕太「陵くんさ〜未来ちゃんと付き合ってるの?」

陵「どうしてですか?」

裕太「そうだったら別れてくんね?」

別れる…?
僕は未来さんは裕太くんのことが
好きなのですよね?
なら僕は…

陵「僕も未来さんと縁を切るつもりでしたので」

裕太「何だ〜反対すっかと思った」

陵「え?」

裕太「あんたもそんだけの気持ちだったつ〜ことね」

陵「そんなこと…」
僕は否定したかったのですが
できなかった
いやしちゃいけなかったのかもしれないです。

静かに風が吹く中
裕太さんの顔から笑顔が消えこう言った

裕太「俺は本気だ。お前みたいな軽い気持ちじゃないからな」

陵「…話はそれだけですか?」

裕太「まあなじゃ」

裕太さんは僕の前を通り過ぎていきました

陵「これでよかったんだ」

僕は静かに呟いた

続く

264:五月:2012/05/30(水) 19:56

裕太視点
神山陵すげぇ〜邪魔な存在。
でもすんなり受け入れたのはよかったぜ。

裕太「あ!未来ちゃん〜♪」

未来「げ!裕太…あれ陵は?」

裕太「知らねぇ〜」

未来「ふぅ〜ん」


〜放課後〜
未来「陵帰ろ〜」

陵「裕太さんと帰ってください」

未来「なんで〜?」

陵「未来さん僕達関わらないほうがいいです」

未来「は…?」

陵「だって未来さんは裕太さんのことが好きなんでしょう?
  だったら…」

パチンッ

あたしは陵のことをおもいっきり殴てしまった

未来「勝手に決めつけんな!あたしの気持ちも考えろよ!!」

あたしはこの場に居られなくなった
ううん。いちゃいけないんだ
逃げよう

ダッ

陵「未来さん!?」

未来「来んな!」


続く

265:五月:2012/05/30(水) 20:18

〜帰り道〜
未来「泣くな、泣くな」

泣いたらだめ。
自分でやったことだもん

陵…縁切るとかふざけんなよ

裕太「未来〜!」

未来「裕太!!」

何しにきたんだよ…

裕太「俺に会いたかった?うふ」

未来「おぇ〜」

でも裕太が来て
泣きそうだったけど涙が引っ込んだ

裕太「陵のにヤキモチやかせたくね?」

未来「え?」

裕太「悪い提案じゃねぇ〜と思うけどな」

未来「分かった」

裕太「決まり〜♪」

続く

266:五月:2012/05/30(水) 20:27

〜学校〜

未来「ちょ!てまでつながなくても」

裕太「いいじゃんいいじゃん♪」

あたしと裕太は廊下でもめていた

裕太「クラスの皆さん注目〜」

みんながこっちを向く
ひ〜恥ずかしい///

陵「未来さん?」

陵は読んでいた本を閉じた
そうとうびっくりしている

女子「え〜裕太くんと未来が〜!?」

男子「付き合ってんのかよ」

裕太「まぁね♪」

未来「ちょっと!」

裕太「いいからいいから」

ガタンッ

未来「陵…?」

皆が陵の方を見てビックリしている
それもそのはずだって陵は壁を殴ったからだ

陵「裕太さん…来てください!!」

裕太の胸元をつかんで陵は体育館裏へと連れ込んだ
あたしはそのあとをついて行った

どうなっちゃうの!?

続く

267:五月:2012/05/30(水) 20:37

ダンッ

あたしはとっさに目をつぶる
陵が裕太を壁に叩きつける

未来「やめなよ!」

陵「未来さんには関係ありません!」

裕太「やれるもんならやってみろよ」

陵「僕だって」

未来「陵は自分勝手なんだよ!!」

陵の手が止まった
そしてこっちを向く

陵「え?」

未来「自分で縁切るとか言ってたくせに!」

陵「それは!」

裕太「ストップ!お前ら勘違いしてるって!」

続く

268:七実:2012/05/31(木) 05:55

裕太〜(怒)
何、未来と手ぇなんか繋いでんだよ!
そういうことをして良いのは陵だけ!!
裕太はすっこんでろ!!!

269:霧羅:2012/05/31(木) 19:51

勘違い?ですか?
………?

270:五月:2012/06/02(土) 08:14

裕太「俺は!お前らを引き裂こう…あ」

未来「はぁ〜!?」

陵「裕太さ〜ん!?どうなるかわかってますよね?」

裕太「え…?」

ボコッ

あちゃ〜!
陵何殴ってんの!?

裕太「痛〜!」

裕太は頬をおさえて言う

陵「す、すみません!?」

我に戻ったようだ

裕太「もういいや!こそくなマネをしないようにしよう」

陵「え?」

裕太「じゃあ〜な」



続く

271:七実:2012/06/02(土) 09:02

裕太…シネ〜
あぁ?!っていうか本音言っちゃってるじゃん!
裕太はバカなの?←一応感想♪
続き♪続き♪

272:五月:2012/06/02(土) 09:13

小説板に恋〜4人の敵〜を作ってみました。

次の日〜学校にて〜
未来「陵課題の宿題見せて!」

陵「ダメですよ!自分でやってください!」

未来「だめ?」

陵「う…///」

陵「分かりました!今日だけですよ?」

未来「サンキュー!!」

あたし達に普通の日常が戻ってきた。
裕太とは今日一度もあってないや。

陵「そういえば裕太さんいませんね」

未来「うん」

先生「席に座れ〜今日は残念な話がある」

なんだろう?

先生「裕太君が転校することになりました」

転校してきて一ヶ月も経ってないのに!?

裕太「じゃあな〜」

よかったんだか悪かったんだか…
複雑な気持ち。

裕太「そうだ未来!」

未来「何?」

裕太がこっちこっちと手を振る

裕太「耳かせ」

未来「え?」



裕太「ってことだ」

未来「何言ってんの///」

裕太「それじゃ!」

裕太は教室を後にした

陵「裕太くんなんて言っていたんですか?」

未来「別に!」

これは陵に教えたらあたしは生きていけなくなる!
まぁいつかはそうなりたいけど///

『陵と幸せになれよ。お前らには勝てねーや』

終わり

273:五月:2012/06/02(土) 21:16

番外編♪

陵「あの…水族館に行きません?」

未来「え!?急に」

陵「嫌ならいいんですが…」

未来「別に行ってもいいけど」

あたしの後ろに悪魔が立っていた

そうさくらちゃんだ

さくら「うちも行くで!!」

龍「俺も行く」

どうしてこうなるの!!

続く

小説板の恋〜4人の敵〜見てください!
一人しか来ないんっすよ!
一生のお願い><

274:停止しました。。。:停止

真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

275:匿名さん こんにちは:2015/05/30(土) 15:16 ID:vFQ

入って、ええかな〜〜?

276:未桜 こんにちは:2015/05/30(土) 15:17 ID:vFQ

入って、ええよね〜〜

277:さや:2016/05/04(水) 12:34 ID:MEU

     〜初デート〜
私は唐沢未来、陵は私の彼氏そして私達は水族館にいくことにした。
未来「陵水族館いつ行く?」
陵「未来さんがいけるひでいいですよ


書き込む 最新10 サイトマップ