みんなで、あやかし緋扇の小説をここで書きまくろう!!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:あいり:2012/05/06(日) 17:08

ここでは、誰でも あやかし緋扇 の小説を書いていいところです!!

ルール(守ってほしいこと!!)

T ケンカは禁止!!

U 荒らしさんは、回れ右!

V みんなで仲良く!!


です!

みんなで、楽しく 小説を見たり書いたりしよう♪

2:霧羅:2012/05/06(日) 17:12

入れてください…。

3:由莉:2012/05/06(日) 17:12

入っていいですか?

4:あいり:2012/05/06(日) 17:13

霧羅さん>いいですよ!!


由莉さん>どうぞどうぞ〜♪

5:由莉:2012/05/06(日) 17:15

あいりさん>入れてくれてありがとうございます。呼び捨てとタメ口してもいいですか?私はいいですよ

霧羅>また会ったね。
そうだ宣伝してくれた?
私は一件だけしかしていないけど

6:あいり:2012/05/06(日) 17:16

由莉>いえいえ^p^

   私も、okだよ〜bb

7:霧羅:2012/05/06(日) 17:16

あいりさん、ありがとうございます^^

私は今のところ2つおこないました

8:由莉:2012/05/06(日) 17:17

霧羅>凄いね!
どこでしてきたのかな?
かぶったら・・・・いいか!

9:あいり:2012/05/06(日) 17:17

霧羅さん>いえいえ^p^

10:あいり:2012/05/06(日) 17:22

番外編〜聖と青冶の小さい頃のお話〜


聖「はぁ、もうそろそろ 部屋の片付けしないとな〜・・・」
ったく、なんで俺の部屋はこんなに汚いんだよっ!!(怒
ガサゴソ、ガサゴソ・・・・
聖「あれ・・・これ、アルバムか・・・? 」
アルバムを開くと、俺と青冶の子供の頃の写真があった・・・
聖「うわっ、なっつかし〜・・・」
確か、この日は・・・

〜こっから子供の頃の話になります♪〜


ピーンポーンピーンポーン
聖「青冶〜、早くしろ!!」
ガチャ
青冶「あぁ、わりぃ!! 早く学校行こう!」
未来「おにいちゃん、聖おにいちゃん、いってらっしゃ〜い♪」
青冶「いってきます! いい子にしてるんだぞ!!」
未来「はぁ〜い」
聖「やっぱり未来は可愛いな〜 将来が楽しみだぜ!!」
青冶「だろ〜!! 将来は、ぜったいモテモテだろうな!!」
聖「だな〜」
青冶「今日の遠足・・・楽しみだな!!」
聖「だな〜!」

しばらくして、遠足の公園に着いた。

聖「青冶!サッカーしようぜ!!」
青冶「いいぜ!! 今回は 逆転勝利間違いなし・・・だな!」
聖「わかんないぜ〜? ま、受けてたつ!!」
先生「あっ、聖くん、青冶くん、ピースして〜♪」
先生「はいっ、チーズ!」
カシャ・・・

〜大人の聖に戻る〜


聖「あぁ、あのときの写真だったな〜(納得 確かあの時は・・・ 久しぶりに青冶が勝ったんだっけな・・・ 」

後日、学校で〜・・・

聖「よ!未来!!」
未来「軽々しく名前を呼ぶなッ(怒 」
聖「こいつ・・・絶対モテないな・・・(小声 」
未来「あぁ?なんかいったか?」
聖「いや、なんでも・・・」
未来は絶対にモテないと思った聖だった・・・

オマケ〜

未来は、その日たまたま機嫌が悪かった だけでした(笑ww





どうでしょうか?
なんとなく、自信作ですっww


よければ、感想くださいっ!

11:霧羅:2012/05/06(日) 17:25

とても面白いです!
次の小説も楽しみにしてますね^^

12:由莉:2012/05/06(日) 17:25

凄く上手だね
分かりやすいし、表現がいい!
オマケのやつ少しだけ面白かった
次のやつも楽しみ

13:あいり:2012/05/06(日) 17:25

あ、ルール追加します!

W 雑談はしないでください!

です><

14:あいり:2012/05/06(日) 17:26

霧羅さん&由莉さん>ありがとうございます^p^

みなさんも、小説かいていいですよb

15:由莉:2012/05/06(日) 17:28

私も書きたいけど、自分のスレで精一杯で・・・
霧羅が書いてみたら?

16:霧羅:2012/05/06(日) 17:43

私……。
才能がないんです…。
気が向いたら書きますね^^

17:千本桜 &:2012/05/06(日) 17:45

私もいれてくださ〜い♪

18:由莉:2012/05/06(日) 17:48

千本桜さん
私のスレに来ていただいてありがとうございます。
こちらでもよろしくお願いします
あとタメ口&呼び捨てしてもいいですか?私はいいです

19:あいり:2012/05/06(日) 17:48

オリキャラ出します!!
名前:愛海 雅美(あみ まさみ)  です!
性格などは・・・見てカラのお楽しみ〜w


小説書きます!

未来目線

先生「みんな!転入生を紹介する!! 愛海 雅美 だ!!」
雅美「愛海 雅美です! よろしくっ!」
生徒「かわい〜!」
うわ!かわいい・・・・
絶対モテるだろうな・・・
先生「じゃ、雅美は陵の後ろな!」
雅美「はぁ〜い」
さくら「あんなの可愛くないやろ!(怒 」
雅美「あはは・・・(汗 」
さくら「あれ、聞こえてもうた? スンマセン♪」
未来「絶対にわざとだろ・・・!」
先生「はいはい、みんな静かに! 今日は転入生が来たという事で、 ゲームをしよう!」
未来「はい!先生、バスケがしたいです!」
皆「さんせ〜い!」
先生「じゃあ、バスケにする! 全員着替えて体育館に移動しろ!」
未来「よっしゃ! 絶対負けない・・・・!(キラーン 」
陵「未来さんは、運動神経いいですもんね!」
未来「うん!」

わたしたちは、着替えてから急いで体育館にいった。
先生「赤組VS白組で勝負だ!」
未来「やった、みんなと同じチームだ・・・!」
先生「よーい始め! ピー」
始まりの笛がふいた。
生徒「未来、パス!」
未来「ok! シュート♪」
見事に、ゴールを決めた。
その後も、私はシュートを決めて・・・
先生「57−0で白組の勝利だ!」
さくら「15分で57回ゴール決めるって・・・すごいやん!」
陵「さすが未来さんですね!」
雅美「未来ちゃん、すっご〜い!」
未来「エヘヘ・・・」

その後も、いろいろゲームが続いて、放課後になった・・・。
陵「みくさん、一緒に帰りましょう!」
未来「いいよ!」
雅美「未来ちゃん、明日1人で6時に、音楽質に来てくれん?」
未来「放課後の6時? ならいいよ!」
雅美「ちがうちがう! 朝の6時だよ!」
未来「・・・分かった。 でも、そんな早い時間に学校あいてるかな・・・?」
雅美「大丈夫!うちが先生にお願いしとくけん♪」
未来「わかった・・・」
そういうと、雅美はどこかにいってしまった・・・
陵「なんか、怪しいですね・・・」
未来「ま、大丈夫だよ! 」

その後は、無言で家まで帰った。

次の日、私は5時におきて、5時半に家をでた。
未来「うわ、くらっ!」
まだ、冬だったから、とても寒くて、くらかった・・・・
未来「いこう・・・」

ガラッ
音楽室を開けると、雅美がいた。
未来「で、何のよう?」
雅美「へへっ、私のピアノ 聴いてもらおうと思ってさ♪」
未来「ピアノ・・・?」

その後、思ってもないことが起きるなんて、私は思ってもいなかった・・・・。


続く... 

どうでしょうか?
一気に書いたから、腕がいたい・・・(泣w

20:あいり:2012/05/06(日) 17:49

千本桜さん>どうぞ〜bb

21:由莉:2012/05/06(日) 17:50

>>18
の続き
ここはあいりのスレなので勘違いしないでください。
私のスレに・・・の所に
↑「さっき」を入れ忘れました
正しくはさっき、私のスレに・・・
です

22:霧羅:2012/05/06(日) 17:51

催眠術にかかるとか
眠らされるとかですか?

あいりさん、大丈夫ですか!?

23:千本桜 &:2012/05/06(日) 17:52

私もタメOKで〜すっ^^

それにしても才能あり過ぎですっ!!

キャラの個性が出ている!!

24:由莉:2012/05/06(日) 17:52

未来に何かが起こるのか

25:あいり:2012/05/06(日) 17:54

霧羅さん>うん・・・なんとか大丈夫ww

千本桜さん>ありがとうございます^p^

由莉さん>お楽しみ〜♪ww

26:由莉:2012/05/06(日) 17:56

龍とか出てきてないね

27:千本桜 &:2012/05/06(日) 17:57

うn

28:あいり:2012/05/06(日) 17:58

由莉さん>あっ・・・言われて見れば・・・・w

     次は、出しますねw

29:あいり:2012/05/06(日) 18:29

次は、明日書きますbb

30:実優:2012/05/06(日) 18:38

私も入れて下さい!!

31:由莉:2012/05/06(日) 18:41

あいり>明日まで待ってるね

実優>こっちでもよろしくね

32:実優:2012/05/06(日) 18:42

由莉、ありがと!

33:あいり:2012/05/07(月) 17:34

実優さん>どうぞ^p^


いまから、続きかきます!
ちょっと
まっててください><

34:あいり:2012/05/07(月) 18:10


続きかきま〜す♪





そういうと、雅美はピアノのイスに座った。
雅美「じゃ、はじめるね〜!」
ピアノを弾き始めた。
とっても上手だった。 まるで、ピアニストのように・・・
なんか、眠くなってきた・・・朝、早く起きたからかな・・・
わたしは、もう倒れそうになった。
ガラッ!! そのとき、さくらちゃんと龍と陵がきた。
でも、私はたおれてしまった・・・。

誰目線でもない(ナレーター)

陵「未来さんに、何をしたんですか!?」
龍「許さないからな!」
さくら「あんた、なにもんや!?」
みんなは、怒ったような顔をして、言った。
雅美「ちっ・・・・邪魔者が入ったわね・・・」
雅美は、怒ったような困ったような顔をした。
陵「ともかく、未来さんから離れてください!」
いつの間にか、雅美は未来をお姫様抱っこしていた。
雅美「・・・しょうがないわね・・・今日のところは、見逃してあげるわ!
    次こそは・・・未桜の力、もらうから・・・!!」
さくら「あんた、未桜の力しっとるんか!?」
龍「・・・ただ者じゃないな・・・」
陵「過去に、関係している人ですね・・・」
そう、みんなが考えていると・・・雅美は、未来をおいてどこかに逃げていった・・・。
陵「一件・・・落着・・・ですね・・・」
そのあと、さくらと龍は先に教室にむかっていった。
陵は、未来が目覚めるまで、保健室で未来一緒にいた。

陵目線

・・・未来さん(未桜)の力が狙われている・・・どうにかして、未来さんを守らないと・・・!!
今の僕の力じゃ、勝てない・・・・!!
かえって、父に相談しよう・・・!!!!!!
そのときです。未来さんが急に消えてしまいました・・・!!
急いで、さくらさんと龍さんに知らせようと、保健室を出ようとしたら・・・保健室のドアが開きません!!
あける方法を考えていると、あちこちから、霊の気配を感じました・・・。
振り向くと、霊がたくさん・・・!!
扇は、バッグの中ですが、バッグは音楽室に・・・
どうしましょう・・・・・








さあ、陵はどうなるのか!?
そして、消えた未来はいったいどこへ???
次回を、お楽しみに!!

35:霧羅:2012/05/07(月) 18:18

神山さん大丈夫でしょうか…?
唐沢さんは、何故消えてしまったのでしょう…?
愛海さんの仕業ですかね?
つづき楽しみにしています…。

36:由莉:2012/05/07(月) 18:22

陵・・大丈夫かな?
未来も突然消えちゃたし・・・
続きが気になるね

37:あいり:2012/05/07(月) 18:35

続きで〜す!


誰目線でもない(ナレーター)

陵が、困っていると・・・
さくら「陵君!霊の気配がするンやけど・・・大丈夫か!?」
ガタガタガタガタ・・・
さくらと龍が、保健室のドアを開けようとしてます。
龍「くそっ・・・ドアがあかないぞ・・・!」
そうすると、霊たちは、
霊「チ・・・・邪魔者ガ入ッタカ・・・一時退散ダ!!」
そういって、きえていった。
ガタッ!
さくら「ふぅ、やっとあいたわ!」
龍「・・・未来はどこだ?」
陵「・・・いま、説明します・・・!」
そうして、陵は、未来が消えた事、霊が出てきて、ドアが開かなかったこと・・・すべて話しました。
龍「っ・・・・・そうか・・・」
さくら「それは・・・・大惨事やないか!」
その時、ガラッ!ドアが開いた。
聖「先生いますか〜?」
陵「聖先生!」
聖「おぉ!陵に龍!と・・・・・・さくらか・・・・はぁ」
さくら「うちをみてテンション下がるなや! しかもKYやな!こんなときに・・・」
陵「それより聖先生、何でここに来たんですか?」
聖「あぁ、科学の実験で、やけどしちまってよ・・・」
さくら「やけどなんて・・・大人気ないなぁ・・・」
聖「うっさいな! あれ?それより未来はどうした?」
そうして、陵たちは、未来のことを全部話した。」
聖「・・・なるほどな。 ま、頑張れよ!」
さくら「手助けせいへんのか!?」
龍「ひっど・・・」
陵「なんて人・・・」
聖「はいはい、手伝えばいいんだろ? じゃ、放課後な!」
さくら「逃げやがった・・・!」
そうして、陵たちは 放課後、作戦を練ることにした・・・。








続く!




なんか、中途半端に終わってすみませんw

ヤバッ!お母さん来たよ〜><

ってことで、また明日!!ww

38:あいり:2012/05/08(火) 16:44

だれか、感想ください><

39:見卯:2012/05/08(火) 17:00

入れてーはじめまして見卯です。すっごく面白いです。無理には入らないけど入れてほしいな。長文すみません。

40:あいり:2012/05/09(水) 19:34

見卯さん>感想ありがとうございます!
     どうぞ、入ってください^p^

41:実優:2012/05/09(水) 20:06

あいり>ありがと!
    いきなりタメ口&呼び捨てでごめんね(汗)
    感想*陵達はどんな作戦をたてるかな♪楽しみ♪♪

42:あいり:2012/05/09(水) 21:08

実優さん>いえいえ^p^

     感想、ありがと〜(嬉泣ww


続き、今からかくね〜♪

43:実優:2012/05/09(水) 21:10

やった!楽しみ〜♪♪

44:実優:2012/05/09(水) 21:12

やった!楽しみ〜♪♪

45:あいり:2012/05/09(水) 21:13

その作戦は〜・・・
陵「まず、雅美さんの居場所・仲間・武器 などを、調べなきゃ、いけませんね・・・」
龍「どうやって調べるかが問題だな・・・」
さくら「次に雅美が現れたときに、GPS(?)を取り付けて それを追いかければいいんやないか?」
聖「じゃあ、俺のつくった・・・
さくら「いや、うちのGPSのほうが、いいやろ!(ガラクタより・・・)」
さくらは、聖の言葉をさえぎって言った。
聖「じゃあ、俺の作ったGPSはガラクタというんか?ゴラァ!」
聖が怒り出した・・・。
陵「まぁまぁ、みなさん落ち着いて! たぶん、もう雅美さんは学校には来ないかと思いますので・・・」
龍「現れるまで、待つしかないな・・・」
さくら「やな・・・・・」
雅美「今の話、聞かせてもらったよ〜♪」
皆「・・・・!!!」
陵「・・・・雅美・・・さん・・・・?」
さくら「あんた、何しにきたん? 今の話聞いたんやったら、逃げるのが普通やろ!」
龍「同意・・・・・」
雅美「いやぁ〜、かわいそすぎて、見てらんなくってさぁ〜」
さくら「わるかったな!!!!!」
雅美「でぇ、ヒントをあげようと思ってさ〜♪」
陵「ヒント・・・・・ですか・・・?」
雅美「これが、ヒントの紙だよっ!」
そういって陵に渡された紙には・・・

あした、決闘を挑む。
場所は「時空の島」としよう。
人数は、必ず5人で来い。
5人VS5人 で戦おうじゃないか。
武器は必ず1人1つだ。
守らなかったら、すぐさま未来を殺す。
                 以上by雅美♪


さくら「なんか、書き方がムカツクわぁ〜」
龍「それより、5人だったら、1人たりなくないか・・・?」
陵「僕と龍くんと聖先生とさくらさん・・・」
さくら「ほかに誰かおらへんか〜?」
陵「もうそろそろ授業ですし、教室にもどって 仲間を探しましょう!」
さくら「そやな〜」
龍「ああ。」
そういって、みんなは教室に戻っていった。
梨夢「みんな、おっはよ〜!最近休んじゃってさぁ〜!あれ?未来は〜?」
皆「いたっっっっ!!!!!」
梨夢「????」
その後、みんなで未来の説明をした。
梨夢「・・・・・・・未来を誘拐するとはっイイドキョウダナァ〜!殺ってやろうじゃないか!(怒」
さくら「そのいきや〜!」

次の日

陵「皆集まりましたし、行きましょう!」
さくら「そやけど・・・・時空の島ってどこや?」
龍「俺もわからん・・・」
聖「俺も・・・」
梨夢「私わかるよっ!」
陵「僕もです・・・・」
陵「では、時空の扉を出しますね・・・・」
その陵の顔は、とても悲しそうな顔だった、
さくら「陵君、なんでそんな顔しとるん?」
陵「時空の島は・・・とっても、とおおおっても危険な場所なんです・・・・ もし、誰かの身に危険があるかもしれないとおもうと・・・・」
梨夢「大丈夫!この私がいるからっ♪」
龍「そうだ、安心しろ!」
陵「はい・・・・」
梨夢「頑張ってね!」
陵「姿を隠し時空の扉よ・・・ いま、この前に姿を現せ!」
ゴゴゴゴ・・・・・・
無事、扉を出す事は出来たが・・・
梨夢「次は、私だね・・・・」
陵「ほんっとうに・・・気おつけてください・・・・」
梨夢「うん・・・・・
    力を隠しわれの扇よ、時空を越えてやってきた時空の扉をひらけっ!!!!」

ギ゙ィィィィx-----ゴゴゴゴ・・・・・・・・

無事、扉を開けたようにも見えたが・・・・・・・
陵&梨夢「みんな逃げて!(ください!)」
さくら「えっ!?」
さくらたちは、全く意味の分からないまま、時空の扉から現れる竜巻に巻き込まれてしまった・・・・・・


陵たちは無事なのか!? いったい何が起こったのか!?

続く★

46:実優:2012/05/09(水) 21:13

ごめん・・・・・・。エラー発生した・・・。

47:あいり:2012/05/09(水) 21:14

実優>いやいや、いいよ^p^

48:実優:2012/05/09(水) 21:18

うわー。
雅美すっごく最低ーー!(▼皿▼#)
てゆーか竜巻!?ヤバすぎるよ(°^°;;)

49:あいり:2012/05/09(水) 21:21

実優>www

50:あいり:2012/05/09(水) 21:28

続きは、明日書くね〜w

51:さや:2012/05/10(木) 20:44

初めまして!さやです
入れてください!
小説面白いです

52:まーゆ ☆:2012/05/11(金) 22:14


はじめまして。 まーゆです。いれてください。dy.2のほうにもかきました。最新50をおさないとでてこないみたいですが。かいている小説おもしろいです。

53:まーゆ ☆:2012/05/12(土) 07:58

 うえのかいてる小説というのはみんなが書いてる小説のことです。(ごかいおまねいたらいやなので)

54:里美:2012/05/12(土) 14:02

はじめまして。里美っす。
いきなりタメ口ですんまへん♪
京都産まれで京都弁やから
わからん言葉あったらうちに、
聞いてな♪あいりちゃんって何歳
なんうちは、小学5年やねん。
もしあいりちゃんのほうが、年上
やったらかんにんしてや。あやかし緋扇のこと、略してあやひーって呼ぶね

55:里美:2012/05/12(土) 14:10

あと、ここってだれでも小説書いていいの?出来たらうちも、書きたいんだ
あれれ?だれもおらんやんか。はよ
来てーな

56:霧羅:2012/05/12(土) 14:12

いますよ?
皆さん、よろしくお願いします^^

57:実優:2012/05/12(土) 14:20

里美>いきなりタメ口&呼び捨てにしゃうね!よろしく^^
   あと私、京都弁興味あるんだ^^

58:里美:2012/05/12(土) 15:13

実優さん京都弁に興味あるんや
なんか嬉しいよろしゅーな

59:里美:2012/05/12(土) 15:25

あーあ陵みたいな男子おらんかなー
うち、学校で、男子とよう喧嘩しとんの、
だから陵みたいな、男子憧れてんねん。

60:実優:2012/05/12(土) 15:26

里美>呼び捨てokっす!(私がそうだし(汗))
   京都弁面白い気がして・・・・・・^^

61:里美:2012/05/12(土) 16:11

ありがとほな
実優よろしゅう

62:実優:2012/05/13(日) 09:50

里美、よろしく^^
あいりもまだかな〜

63:里美:2012/05/13(日) 21:54

ホンマあいりが来るの
楽しみやな

64:実優:2012/05/13(日) 23:35

里美、一番上にルールが書いてあるけど、
『誰でも書いていい』ってあるけど・・・・・・。
やっぱりあいりの許可がないとダメかな・・・・・・。

65:霧羅:2012/05/14(月) 00:22

私はいいと思いますよ?
訳が分からなくならなければですけどね…。

66:実優:2012/05/14(月) 00:39

うーん・・・・・・。
書きたい気があるけど・・・。
うーん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

67:里美:2012/05/14(月) 15:42

やっぱあいり来てから
許可もらいますわ
相談のってくれておおきに

68:実優:2012/05/14(月) 15:54

うん。
私もそーするね^^
そしてあいり、雑談すみません(汗)

69:里美:2012/05/14(月) 22:30

うちこそ
あいり雑談すまん
ホンマごめんな

70:霧羅:2012/05/19(土) 13:24

GW終わったけど書きます…。
このままでは雑談になってしまうので…。
下手ですがよろしくお願いします…。


未来「おぉー!すごいっ!」
今、あたし達は鎌倉に来ています
鎌倉行ったあとは箱根に行くんだけどね…。
もちろんメンバーは、陵・龍・さくらちゃんっ!
あっ!…。でもあと数人、後から合流するんだ!
観光してからだけどね♪
その間たくさん楽しまなくちゃっ!
そうそう!なぜあたし、唐沢未来がテンションが高いかというと
それは……あたし達の学校がGWに入ったからっ!
だから、たくさん遊ぶことができるんだ〜♪
って…あたし誰に説明してるんだろう…?
?「それは、読者の皆さんにですよ?」
未来「誰?」
?「私、霧羅と言います。唐沢さん、はじめまして^^」
未来「は、はじめまして…。じゃなくてあんた何者!?」
霧羅「何者と言われましても…。しがない神社の跡取り息子、ですかね?」
未来「…それ、陵が言ったセリフでしょ!?バカにしてるの!?」
霧羅「いいえ?全然?それはほんの冗談です^^私はこの作者です^^」
未来「はぁっー!?作者ー!?」
霧羅「はい^^そうです^^」
未来「で、作者のあんたが何の用よ」
霧羅「何の用って…。唐沢さん、あなたが疑問に思ってたことに答えたら
   「誰?」というんで名乗っただけですよ?用などありませんよ?」
未来「…つまりあたしが原因と言いたいと……。」
霧羅「そういうことになりますね^^では失礼します…。」
未来「あっ!ちょっと…。あぁ…行っちゃった……。」
?…なんだったんだろう……。


後の方で小説に皆さんを出したいと思うのですが…。
出たい人は言ってください^^
下手ですが…。
性格や口調等書いていただけると嬉しいです^^

71:実優:2012/05/19(土) 13:47

出たーい!!お願いしやす!!!

++性格++
・短気(キレるとすぐ暴力&暴言(男女構わず♪))
・男子なんか大っっ嫌い派(あ、陵&龍以外の男子ね♪)
・私、普段は明るいらしいけど、イラついてくるとクールになるんだって・・・・・。
・口調は、ごく普通だよ^^ただし、イラつくと不良口調になる。

72:実優:2012/05/19(土) 13:47

出たーい!!お願いしやす!!!

++性格++
・短気(キレるとすぐ暴力&暴言(男女構わず♪))
・男子なんか大っっ嫌い派(あ、陵&龍以外の男子ね♪)
・私、普段は明るいらしいけど、イラついてくるとクールになるんだって・・・・・。
・口調は、ごく普通だよ^^ただし、イラつくと不良口調になる。

73:実優:2012/05/19(土) 13:48

ごめん・・・・・。エラー発生した。

74:霧羅:2012/05/19(土) 14:22

実優さん分かりました☆


 陵視線

未来さん何を一人でブツブツ言っているのでしょう…?
聞いてみましょうか……。
陵「未来さん、何を一人で言っているんですか?」
未来「え?なにって…。まさか陵には聞こえなかったの!?」
陵「何も聞こえませんでしたけど…?」
未来さんどうしたんでしょう?
聞こえるとか聞こえないとか…。
未来「うそ…。まあいっか!陵、今の気にしないでっ!」
陵「あ、はい……。」
気にしないでと言われますと気になりますね…。
けれど、今は未来さんと一緒に鎌倉を楽しみましょう!
龍羽「…陵どうかしたのか?」
陵「いえ、なんでもありません…。」
龍羽[…そうか……?」
未来「あっ!あれ鎌倉の大仏じゃない!?
   …思ってたのより小っさ…。」
龍羽「そうか?十分大きいと思うが…。」
陵「僕、鎌倉の大仏初めて見ました〜!」
凄い陵の目がキラキラしてる…。
未来「陵、凄いテンション高いね…。」
陵「それはそうですよ!未来さんとこんなところに来れるなんて…!」
さくら「……。(怒」
未来「えっ…//////」
陵「しかも、僕が一度行ってみたかったところなんですよ^^」
未来「へぇ〜そうなんだ…。よかったね…。
?未来さん今、少しテンション下がった気が…。
陵「はいっ♪」
未来「………。」
なぜか未来さん少し悲しそうです…。
陵「未来さん、どうかしたんですか?」
未来「どうもしてないけど?」
陵「そうですか…。なにかあったら言ってくださいね^^」
未来「うん…。//////」
さくら「さっきから、黙っていればいちゃいちゃとっ!
    なんやねんっ!どこいってもいちゃいちゃしおってっ!!」
未来「別に、いちゃいちゃなんかしてないからっ!/////」
さくら「してるやろっ!」
陵「未来さん、さくらさん喧嘩はやめてくださいっ!!」
さくら・未来「陵(くん)がいうなら…。」
龍羽「…………。」
さくら「そうやっ!…。にや…。」ボソッと
龍羽「…?さくらどうかしたのか?」
さくら「龍…いいこと思いついたわ…ちょっと耳貸してや…
    ゴニョゴニョ……なぁ、いい考えやろ?」
龍羽「… そんなことしたら、あとで未来に怒られるんじゃないか?」
さくら「別にかまわへん、未来が何と言おうと
    そんなの未来の不注意やから♪実行する時言うからな」
龍羽「…………。」
陵「お二人ともどうかしたんですか?」
未来「またなんかたくらんでるんじゃないの?」
? たくらんでいるとはどういうことでしょう?
さくら「まさか♪」
未来「…あやしい……。」
なにがあやしいんですかね…?全然あやしくないと思うんですが…?
?「神山さんは人を全然疑いませんね…。私も人のこと言えませんが…。」
陵「疑うなんて!まさかっ!」
?「では、唐沢さんと鎌倉、周れなくてもいいんですか?」
陵「それは、よくないですっ!!」
?「なら少しは警戒したほうがいいですよ?」
陵「…わ、分かりました…。」
?「では………。」
陵「あ、ありがとうございました…?」
…あれ?今のは誰でしょう…?
陵「キョロキョロ……。」
誰もいませんよね…?今のは気のせいだったんでしょうか?
未来「次はどこに行く?」
龍羽「俺は未来が行く所ならどこでもいいぞ…。」
陵「むっ…。僕もですっ!!」
さくら「なんや!!二人して!!腹立つわ!
    …そうやな……。この近くだと長谷寺がいいとおもうで!
    あそこは見晴台もあって眺めがいいらしいんよ!」
未来「見晴台!?行ってみたい!」
さくら「じゃあ、長谷寺いこか!」

75:実優:2012/05/19(土) 16:50

見晴台・・・?長谷寺・・・・・?どこだそこ・・・。

76:里美:2012/05/19(土) 18:39

めっちゃおもろい
小説うちもかいてーおそいと思うんやけど
一応書いとくな
    性格
明るいけど、怖いことさらっと言う。
男子が大大嫌いとくに陵。
未来の幼なじみ。
未来たちの事情を全部知っている。
さくらといつも喧嘩している。どす。
よろしくあと  めっちゃ失礼なんやけど
74番さんの名前なんて読むん?

77:里美:2012/05/19(土) 18:45

書き忘れとったんやけど、
口調
実優と一緒どす。
あとこれから関西弁頑張ってみます

78:霧羅:2012/05/19(土) 18:47

実優さん>鎌倉にあるお寺です^^

里美さん>わかりました^^
     といってもまだまだ出てこないんですけど…。
     すみません…。
     きりらです^^


未来視線

〜長谷寺改札口〜

改札員?「入場料一人100円です」
入場料払うんだ…。といっても奈良の大仏のときも払ったけど…。

〜支払い後〜   

未来「あっ!見てっ!おみくじがあるよ!」
さくら「ほんとやっ!ん?これ、ここお金入れて
    箱にある紙とるんやな…。大丈夫なんかこんなシステムで?」
こんなシステムって…。
未来「大丈夫なんじゃない?だからこんな風にしてあるんだと思う…。」
さくら「うち引いてみるわ〜♪」
未来「あたしも引いてみよう!さくらちゃん、凶だったりして♪」
さくら「そんなわけあるか!うちはもちろん大吉に決まってるやろ♪」
凶だったら面白いんだけどな…。
 ガサガサ… ガサガサ…
さくら「はよう未来も引きー「せーの」であけるで」
未来「わかった…。」
 ガサガサ… ガサガサ…
さくら「ほないくで…。せーのっ!」
 バッ!
さくら・未来「……。」
さくら「ありえん!うちが大凶やて!?このおみくじ当たらんわ!!」
未来「やったー!あたし、大吉♪」
さくらちゃん…大凶って凶より悪いじゃん……。
さくら「!?なんでうちが大凶で未来が大吉なんや!おかしいやろ!!」
未来「おかしくないよ別に…。さくらちゃんが運悪かっただけじゃん…。」
さくら「なんやと!!うちが運がないとでもいいたいんか!」
龍羽「さくら、それくらいにしとけ…。今回はさくらが悪い…。」
さくら「龍までうちが悪いというんか!?もーえぇわ!」
陵「まあまあ、早く階段上がって長谷寺に行きましょう…。」
さくら「はよいくで!!」
さくらちゃん…(汗
未来「なんか池がある…。きれー…。」
さくら「まだ階段あるで!はよせいな!」
未来「はいはい、わかりましたよっ!」
未来「………。(階段登り中)
   あれ?なんかあるよ…うぁ!お地蔵さんがいっぱい!!
   あっ…賽銭箱がある…。どうしようかな…。」
陵「…僕は、しじゅうごえんがありますようにと45円入れましょう…。」
龍羽「俺も…。」
さくら「うちも♪」
あ…やばっ……
未来「…私、十円玉1枚しかない…。 
   いいや、じゅうぶんごえんがありますようにということで15円で♪」
陵「未来さん、頭いいですね…。」
未来「そう?」
龍羽「俺もそう思う…。よく思いついたな…。」
未来「たまたまだよ?
   ほら!まだ階段残ってるよ!早く行くよ!」
さくら「はぁ〜…。行くか!」
龍羽・陵「………。」
未来「………ふぅ…ついたっ!」
さくら「疲れたわ…。」
さくらちゃん…そんなに登ってないよ…。(汗)
未来「ねぇねぇ!早く見晴台に行こうよ!」
さくら「うちも行きたいっ!」
陵「僕も行きたいですっ!」
龍羽「俺は別に…。」
未来「ほら!龍も行くの!」
 グイッ(龍の手を引く
龍羽「!未来っ……/////」
陵「……。」
未来「うわぁ〜眺めいいっ!海も見える〜…。」
さくら「ほんとやな〜」
龍羽「そろそろ中に入らないのか?」
陵「そうですね、そろそろ行きましょう!」

79:実優:2012/05/19(土) 18:48

あー、里美ぃ!
『霧羅』で『きりら』だよぉ★☆

80:実優:2012/05/19(土) 18:49

遅かったかーーー!!!

81:霧羅:2012/05/19(土) 18:54

〜長谷寺中にて〜

未来「うぁー観音様大きい…。」
陵「凄いですね…。」
さくら・龍羽「…。(興味ないな(わ)」
陵「お土産も売っているんですね…。」
未来「ほんとだ…。」
さくら「え?ほんま?……ほんとや!」
龍羽「案外中で売っているものなんだな…。」
さくら「そろそろ次いくで!」
未来「わかった!」

〜外に出る〜

未来「隣にもなんかある…。まあ時間ないし、いっか!」
さくら「もと来た道、戻らんとな」
未来「めんどい…。」
龍羽「しょうがないだろ…戻らなくちゃ出られないぞ…。」
未来「はぁ〜…。」
帰りはみんな無言だ…。
陵「次はどこに行きます?」
さくら「次、江ノ電の乗ろうやっ!江ノ電っ!」
未来「江ノ…電…?」
なんだそれ…。
陵「江ノ電っ!いいですね!一度乗ってみたかったんです!」
さくら「ならきまりや♪…にやっ……。」
龍羽「………。」
未来「ねぇ、龍…。江ノ電ってなに?」
龍羽「行けば分かる…。」
行けば分かるって…そりゃあ行けば分かるだろうけどさ…。
私だけ分かってないじゃん!!
未来「ねぇーどれくらいで着くの?」
さくら「もう少しやで?ほら、そこやそこ!」
そこって言われてもね……。
でも…なんとなく分かる気がする…。
未来「あ、あれ?なんかホームみたいなところ…?」
! あぁ!電車のことね!!なんだ、電車か!!
さくら「そうや、あそこで江ノ電に乗るんや!」
未来「へぇ〜…。」
陵「もう少しで着きますね」
さくら「…龍、あの作戦実行するで…。
    まさかやらないとは言わないよなぁ?」小声で
龍羽「……あぁ…分かった…。」小声で
未来「ん?二人ともどうかしたの?」
さくら「別に何もないよ?」
未来「そう……?」
さくらちゃん達なにしてたんだろう?

82:実優:2012/05/19(土) 18:56

さくら・・・・・。あとで恨むぞぉ〜♪♪

83:霧羅:2012/05/19(土) 19:48

つづきは明日かきますね^^(多分)
ではまた…。

84:里美:2012/05/19(土) 21:02

霧羅ごめんな
うち漢字ちょー苦手やねん
さくら・・・・未来たちに、
なにするきや

85:里美:2012/05/19(土) 21:33

あと口調につけたしが
口癖が、未来に男子が近づいてきたら
「あたしの未来に、近づくな今すぐ10メートル離れろ死にたいの?」です。

86:霧羅:2012/05/20(日) 12:10

分かりました里美さん^^
あとこの台詞使わせていただきますね^^

87:里美:2012/05/20(日) 12:25

ありがとうございます!

88:実優:2012/05/20(日) 12:27

あ、私も口調つけたし++・.
イラついた時の口癖が
『てめぇ殺すぞ(殺るぞ)』です♪♪

89:霧羅:2012/05/20(日) 12:38

もう少しで出します^^

あと、分かりずらいと思いますがご了承ください…。



さくら「ついたでー!はよう切符買って乗ろうや!
    もうすぐ来るで!急がんと乗り遅れるで!!」
アナウンス「もうすぐで電車がきます。
      黄色い線から出ないように気をつけてください」
未来「やばいっ!切符も買ったし、早く行こう!!」
陵「そうですね!!」
龍羽「焦り過ぎだ…。」

未来「ふぅ…。間に合った…。」
さくら「陵君、ちょっときてや…。」
龍羽「未来、少し来てくれるか…。」
未来・陵「「? 別にいいけど(別にいいですよ)…。」」
さくら・龍羽「こっちやで!(こっちだ…。)」
未来・陵:どうしたんだろう(どうしたんでしょう)
未来と陵はお互い逆方向に連れて行かれた…。
未来・陵「「で、何の用?(何の用ですか?)」」
さくら・龍羽「「うち、陵君と行きたいことあんねん!
       (俺、未来と行きたいところあるんだ…!)
       それでなぁ…そこ、2つ駅を過ぎたところにあるんやけど
       (それで…そこ、2つ駅を過ぎたところにあるんだ…。)
        一緒に行ってくれへん?
       (一緒に行ってくれないか?)」」
未来・陵「「えっ……。」」
さくら・龍羽「「だめなんか…?(だめか…?)」」
未来・陵:うっ……そんな目で見られると……。
未来・陵「「わかったよ…。(分かりました…。)」」
さくら・龍羽「「ほんまか!?(本当か!?)」」
未来・陵「「うん…。(はい…。)」」
さくら・龍羽「「陵君、ありがとなー!にやっ(未来…ありがとう……。)」」
さくら:うちの作戦成功や♪
龍羽:未来がこんなにあっさりと…。
未来:あっ…陵に言っておかなくちゃ…。
陵:未来さんに言っておかなくては…。

〜回想〜

さくら「いいか、龍…。まず二人を呼んで
   「行きたいところがあるんやけど一緒にいてくれんか?」と聞いて
   不安そうな目で見つめるんや…。そうすれば未来や陵君は断ることができずに
   誘いに乗ってくれるはずや!そして、うちたちは電車を降り逆方向に別れる…。
   そうすればうちたちは邪魔されずに好きな人と観光できるってわけや!
   分かったか!龍、ちゃんとやれや!」

〜回想終了〜
   
さくら「ここを過ぎたら降りるで!」
未来「分かった…。」
陵「わかりました…。」
皆「!?」
扉が開いたと同時にたくさん人が入ってきて
未来達はばらばらになってしまった…。 
次の駅に着くまでこの状態だった。
次の駅に着いた時未来と陵は自力で降りたがさくらと龍羽は
周りにいた人が邪魔で降りられなかった…。
陵「あれ?さくらさんと龍羽君はどうしたんでしょう?」
未来「そうでね…。見当たらないね…。」
未来・陵「「…まさか!?…電車に取り残された(ました)!?」」 
未来「どうしよう…。龍が行きたいところがあるっていっていたのに…。
陵「どうしましょう…。さくらさんが行きたいところがあると言っていたのですが…。」
未来・陵「「陵も!?(未来さんも!?)」」
陵「でもさくらさん達行ってしましましたね…。どうしましょ…。」
未来「さくらちゃん達はほっといて観光行こう!
   待たせると後から合流する子たちに悪いし…。」
陵「分かりました…!行きましょうっ!」
陵:未来さんと観光できるなんてうれしいです!!

90:実優:2012/05/20(日) 13:26

ま、まさかの作戦失敗!?
アハハハハ・・・・・www(?)

91:霧羅:2012/05/20(日) 13:41

そうです!まさかの作戦失敗です!

92:実優:2012/05/20(日) 13:47

マ・ジ・かーーー!!!
さくら&龍、ドンマイ★☆

93:& ◆645Y:2012/05/20(日) 15:00

入っていいですか?

94:里美:2012/05/20(日) 15:27

けどいいきみ
93番さんどうぞ

95:& ◆WVOE:2012/05/20(日) 16:14

私はさくらちゃん達がかわいそうに思えてきました。

96:霧羅:2012/05/20(日) 16:40

95 大丈夫ですよ^^
   また合流しますし
   なぜ失敗したか理由も分かりますよ^ ^(多分)
      

97:里美:2012/05/20(日) 22:05

どうせ
また悪いたくらみ考えますよ!
それより失敗した理由気になる。

98:里美:2012/05/21(月) 13:09

今日は、学校が休みです。
だから... 今日は、うちも小説デューしてみます。
初めてなので、へたくそだからアドバイス などくれたら
嬉しいです。ヨロシクお願いします。

99:風香:2012/05/21(月) 13:19

里美S>同じく。
    

100:風香:2012/05/21(月) 13:29

100ゲット!

101:里美:2012/05/21(月) 15:54

99 あの失礼ですが、
誰でしょうか?

102:霧羅:2012/05/21(月) 15:56

大丈夫ですよ^^
私も下手ですから^^
小説、頑張ってくださいね

103:里美:2012/05/21(月) 16:13

霧羅が小説の続きなんで予約します。
霧羅の小説が終わったら、次うちが書きます。いいかな?

104:藍香:2012/05/21(月) 16:45

入れて*^−^*

105:里美:2012/05/21(月) 16:55

104 かまへんで

106:霧羅:2012/05/21(月) 17:55

いいですよ^^
早めに終わらせられるようにしますね…。
といってもいい案がないんですよね…。



未来「えっと…。ここの近くでいけることろは…。」
陵「小町通りに行きません?」
未来「小町通り…。いいよ、行こう!」

〜小町通りにて〜

未来「なんかたくさん店があるし人がたくさんいる…。」
陵「そうですね…。ここら辺は意外と有名なんですよ」
未来「へぇーそうなんだー!」
陵「そろそろ、お昼ご飯食べません?」
未来「いいよ、あたしもお腹空いたし…。」
陵「では、あそこはどうですか?」
未来「ラ・プラタ…か…いいと思うよ…。」
陵「では行きましょう!」
未来「なんか…レトロな感じの店だね…。」※私の想像です!
陵「そうですね…。なんか入りずらい気がします…。」
未来「しょうがない!ここまで来ちゃったんでから!!行くしかない!」
カランカラン…
店員「いらっしゃいませ、2名様でよろしいですか?」
陵「はい、そうです!」
店員「では、こちらへどうぞ」
陵「はい!分かりました」
店員「彼氏さんですか?」(未来に向かい小声で)
店員がニヤッと笑い言った
未来「えっ!////ち、違いますっ!/////」
未来は顔を赤くさせ焦りながら言った…。
陵「未来さん?どうしたんですか?」
未来「いや…別に…。/////」
店員は後ろでにやにやと笑っていた

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

店員「ご注文は?」
未来「う〜ん…何にしよう……陵は何にするの?」
陵「僕は未来さんと同じものでいいです^^」
未来「………。よしっ!オムライスでいいや!」
陵「では、僕もオムライスで!」
店員「分かりました!オムライスが2つですね。
   以上でよろしいでしょうか?」
陵「はい!いいです」

店員「…………。(注文したものを置き)
   ではごゆっくりどうぞ」
未来「うわぁー!おいしそう!いただきます!」
陵「クスッ……いただきます」
未来の反応を見て陵は笑った
未来「……陵…今笑った?」
陵「いいえ!笑ってません!」
未来「うそだ!今絶対笑ったでしょう!」
陵「笑ってませんって!」
未来「……まあいいや…。」
未来はそう言って食べ始めた
続いて陵も食べ始めた
未来「これ!卵がふわふわでおいしい!」
陵「技術が高いですね…。」
未来「…………。」
陵「未来さん?どうかしたんですか?」
未来「いや…。陵が難しいこと言うからさ…。ちょっとね……。」
陵「僕、難しいこと言いましたか?」
未来「言った…。あたし的に難しいこと言った…。」
陵「そうですか…すみません…。」
未来「陵が誤ることないよ…。」
未来「そろそろ行こうかっ!食べ終わったし!」
陵「そうですね、行きましょう!」
会計を済ませ小町通りに出る

107:実優:2012/05/21(月) 19:49

ねぇ、私は里美の次に小説書いていい・・・・・?

108:里美:2012/05/21(月) 20:04

いいよ!!
実優の小説楽しみです

109:実優:2012/05/21(月) 20:18

私も里美の小説楽しみだよ^^

110:里美:2012/05/21(月) 22:21

うちが書く小説でどのテーマがいいか
アンケートを取ります。明日の5時まで受け付けます。

1未来が文化祭で歌をうたう話
2未来が体育祭で猫耳メイドすがたで借り物競争をする話
3未来がくそ機嫌が悪い話
4未来が奈良に行く話
この4つです。

111:オリオン:2012/05/21(月) 22:23

2が良い
陵のヤキモチも見たい!!

112:里美:2012/05/21(月) 22:51

はてヤキモチになるでしょうか??

113:里美:2012/05/21(月) 23:17

今日は、もう落ちます。

114:実優:2012/05/22(火) 06:28

私も3がいい!!!
未来がくそ機嫌悪いのみたい!!!

115:神山 陵:2012/05/22(火) 18:46

頑張って早く終わらせられるようにします!!


〜鶴岡八幡宮にて〜

陵「はあ…はあ…未来さん、早いですよ……。」
未来「陵が遅いんじゃないの?」
陵「はあ…はあ……。」

さくら「あれ、未来達やないか?」
龍羽「…未来たち…だな…。」
?「未来!?未来来たの!」
?「未来来たんだ!!……陵邪魔っ…。」
?「!?…怖いよ里美…。」
里美「えっ?思ったこと言っただけだけど?
   そういう実優もおこると怖いよ…。」
実優「そうかなぁー…。」
里美「そうだよ!」
実優「そうなんだぁー!」
さくら「なんやねんさっきっから!!ごちゃごちゃと!!
    未来来たの!とか言ったり未来来たんだ!とかいった割には
    怖いだとかいきなり話が変わったりして!!
    ほんとなんやねん!!」
実優「それは里美が陵邪m「言い訳無用や!!」さくら
実優「ブチッ!……。」
龍羽・さくら「!?」
里美「さくらのせいだから!!」
さくら「なにがや!!」
実優「さくら…、私達がなに話したっていいだろう?
   せっかく説明してやろうと思ったのにさえぎるなんて……。
   人の説明は最後まで聞くもんだよ?」
さくら「!?べ、別にええやろ?聞かなくたって…うちの勝手や!」
里美「さくら最低!人が親切に教えてあげってるのに!」
さくら「うちは教えてなんて一言も言ってないわ!」
実優「……。」
里美「もうしらない…。実優のヤられちゃえば?
   それかわたしが殺ってやろうか?」
さくら「それはどういうことや?」
実優「フ フ…さくら…準備はできてる?」
さくら「!?!?や、やめーい!」
今、実優さんが暴力を奮っております…。
大丈夫です^^少し痛い程度ですから^^
龍羽「さくら!?」
里美「龍!だまっとけ!手出しするとあんたもヤられるよ?」
龍羽「うっ………。」
未来「皆ー!お待たせっ!…ってさくらちゃん!?実優!?」
実優「未来っ!」
実優は暴力をやめ未来の元に駆け寄った
さくら「…いたた……切り替え早っ!!」
里美「さくらがいけないんだがらね…。
   次から気をつけたほうがいいよ!」
さくら「なんで気をつけなきゃいかんの!」
里美「また同じようなめに会いたいの?」
さくら「そんなこと言ってないやろ!」
龍羽「さくら、里美もうやめr「「龍はだまっとき!(だまっといて!)」」さくら・里美
龍羽「…………。」

116:霧羅:2012/05/22(火) 18:47

名前…間違っていたの気づかなくて…。
すみません…。なりきりでこの役やっていたもので…。


さくら「里美はうっさいねん!!さっきから!!」
里美「それはさくらもおなじでしょ!!」
さくら「あんたのほうがうっさいわ!」
里美「さくらのほうがうるさい!!」
さくら「いや、あんたや!」
里美「さくらだろ!!」
さくら「あんたやろ!!」
里美「ああ!もう!てめぇ殺るぞ!」
さくら「出来るもんならやってみ!」
里美「なんだと!!」
わーわーわーわーわーわーわーわー
ただいま、さくらさん達が殺り合っております…。
さくらさん先ほども行いましたが大丈夫でしょうか?
未来「どうなってんの…これ……。」
実優「見たとおりだよ♪」
未来「…凄いことになってるね……。」
実優「そう?」
未来「………。」
陵「はあ…はあ……やっと追い付きました……
  ……未来さん、この人達は?」
未来「私の友達と幼馴染だy…。」
神山さんが唐沢さんに近づくとつかさず里美が
さくらとの喧嘩をやめ陵と未来の間に入り…
里美「あたしの未来に、近づくな今すぐ10メートル離れろ死にたいの?」
…といいました…。
陵「そうなんですか!」←里美は無視
里美「陵、聞いてる!?」
陵「聞いてます^^」
里美「じゃあ、離れろ!!」
陵「いやです!」
里美「なら殺られたい?」
陵「それも嫌です…。」
里美「なら離れろ!」
実優「まあ、まあ…。落ち着きなよ…。」
里美「私は男子なんか大っ嫌いなのっ!!特に陵がねっ!!」
陵「僕…ですか?」
里美「そう、陵よ!」
霧羅「まあ、落ち着いてください?
   誰にでも好き嫌いはありますよ^^」
皆(霧羅以外の)「「「「「「!?」」」」」」
未来「あ〜〜〜〜〜〜っ!あの時の!!」
霧羅「そうです^^あのときの者です^^」
陵「未来さんもあったんですか!?」
未来「陵もあったの!?」
陵「はい…。」
さくら「状況が理解できないんやけど…。」
未来「さくらちゃんは別にしらなくていいと思う…。」
さくら「なんやと!!」
里美「さくらはだまっといてくれるかな?」
さくら「うっ…わかったわ…。」
実優「ねぇーいいから早く行こうよー!」
里美「そうだね!行こう!」
霧羅「その前に…舞見ていきません?」
陵「舞なんて見れるんですか?」
霧羅「運が良ければですけどね…。」
龍羽「まあ、行ってみればわかるだろう…。」
実優「じゃあ、行こう!」
里美「私も行きたい」
さくら「うちは別に…」
里美「なんかいった?」
さくら「なんにもいっておらんけど?」
里美「そう?ならよかった」

117:里美:2012/05/22(火) 19:06

受付を終了しました。
結果は、
1 0
2 1
3 1
4 0
というわけで、2と3になりました。

118:霧羅:2012/05/22(火) 19:10

里美さん頑張ってくださいね^^

119:実優:2012/05/22(火) 19:19

霧羅っ・・・ありがとう!!!

120:霧羅:2012/05/22(火) 20:29

なにがですか?≪実優さん

121:実優:2012/05/22(火) 20:31

霧羅>え?だって小説にだしてくれたから・・・・・だよ?

122:霧羅:2012/05/22(火) 20:48

ああ、そういうことでしたか!?
でも私、下手なんで……すみません…。

123:実優:2012/05/22(火) 20:55

ええ?読みやすいよ!!

124:霧蘿:2012/05/22(火) 21:15

あ、ありがとうございます…。


未来「あっ!見れるみたいだね!」
霧羅「運が良かったですね^^」
実優「すごーい!」
里美「そうだね!すごいね!」
さくら「これくらいうちにもできるわ…。」
里美「さくら…なんかいったぁ?」
さくら「いっとらん!」
里美「次こんなことあったら殺るかもよ?」
さくら「わかった、分かったわ…。」
さくら:発言には気をつけなきゃあかんな…。
龍羽:あのさくらが…!?
陵「でも、未来さんのほうがうまいですっ!」
龍羽「俺もそう思う…。」
未来「あ、ありがとう…。」
さくら:なんやふたりして!
実優「私もそう思う!」
里美「私も!」
実優・里美「「見たことないけど!!」」
未来「見たことないのに言わないでよ!!」
実優・里美「「いいじゃん、別に〜…。」
霧羅「私も唐沢さんの舞を見たことがないです。ということで分かりません…。
   でもとても上手だたと聞いています^^」
さくら「………。」
さくら:なんやみんなして未来未来いいおって…。
    うちはどうなんや!
霧羅「…さくらさんも舞、するんですよね^^」
さくら「ま、まあ…。」
霧羅「さくらさんは、一応未来さんより上手だと聞いています^^」
さくら:一応ってなんやねん!
さくら「そうなん?」
霧羅「そうですよ^^舞頑張ってくださいね^^」
さくら「あ、ありがとう…。」
霧羅「^^」
霧羅「ではそろそろ行きましょうっ!」
陵「どこにですか?」
霧羅「円応寺です^^」
実優「円応寺!?円応寺ってあの閻魔大王がいて
   その表zy「これ以上は言ってはいけませんよ^^」霧羅
実優「…わかった……。」
里美「私もそれ知ってるよっ!……いわないけど…。」
未来「私、わかんないや…。陵は?」
陵「僕も知りません…。龍羽君は知ってますか?」
龍羽「いや…。俺も知らない…。さくらはどうだ?」
さくら「うちも知らんよ?霧羅達、教えてや!」
霧羅「それはできません…。行ってからのお楽しみです^^」
実優「そういうことだから!よろしく!」
里美「自力でがんばって!」
未来・陵・さくら・龍羽:なん(だろう…?)(でしょう…?)(だ?)(やろ?)

ごめんなさいっ!!
親が起こり気味なので落ちますっ!!

125:里美:2012/05/22(火) 22:09

霧羅 小説に出してくれてありがとう!
あと霧羅 小説書くの全然下手じゃないよ!!!!
っね実優 霧羅 今度書き方教えてね

126:里美:2012/05/22(火) 22:25

今日は、落ちます。

127:李果& ◆WVOE:2012/05/23(水) 16:28

誰かいますか?

128:里美:2012/05/23(水) 18:20

おはようございます。ってもう夕方!
今日も小説楽しみにしてるニャ
頑張ってね 霧羅  応援してるよ♪

129:実優:2012/05/23(水) 18:31

霧羅>ファイト!頑張れぇ〜♪♪
   霧羅はじゅーぶん小説上手だよ!!

里美>へっ私も!?
   いやぁ〜違うよねぇ〜。
   こんなド下手な私がねぇ〜。

130:里美:2012/05/23(水) 20:29

うん実優もだよ!

131:¢:2012/05/23(水) 21:48

皆いないのー(泣)
さみしいニャ

132:霧蘿:2012/05/23(水) 22:13

皆さん、ありがとうございますっ!!!
では遅くなりましたがつづきです^^


霧羅「着きましたっ!ここが円応寺です^^」
さくら「なんかボロいなあ…このお寺…。」
未来・陵・龍羽:さくら(ちゃん)(さん)…。
霧羅「さくらさん…そんなこと言うとやばいかもですよ…。」
さくら「なにがや!」
霧羅「フフフ…なんでしょう…?」
さくら「なんや!気味悪いやないか!」
霧羅「フフフフフフ・・・・・・・。」
さくら「やめーいっ!」
実優「霧羅、やりすぎだよ…!」
里美「そうだよ…!やりすぎ、やりすぎっ…!」
霧羅「あっ!すみません…。反応が面白いもので…。」
里美・実優「「………。」」
陵「そ、そろそろ中に入りません?」
未来「そ、そうだね…入ろうっ!…。」

さくら「なんなん?この像は?」
龍羽「閻魔大王の像だろ…。来る前も言ってたじゃないか…。」
さくら「そうやったっけ?そんなこと言ってたか?」
龍羽「いってた…。」
さくら「まあ気にしないでや!」
龍羽「………。」
さくら「で、なんでこの像、怒ってるん?」
陵「えっ?笑っていないですか!?」
未来「うそ!怒ってるよ!」
陵「いいえ、笑ってます!」
さくら「未来も怒ってるように見えるん!?」
未来「うん!怒ってるように見える!」
龍羽「俺は笑ってるように見えるぞ…。」
未来「えっ?龍は笑ってるように見えるの!?」
龍羽「ああ…。」
陵「人によって見え方が違うんですね…。」

実優「きれいに別れたね!!」
未来「な、なにが!?」
実優「だから、見え方だよ、見え方!」
里美「この見え方には、意味があるんだよ!」
霧羅「まあ、変わる可能性もありますけどね^^
   それは自分次第ですが…。」
陵「で、この意味はなんなんですか?」
霧羅「それはですね………。」
さくら「早く教えろや!!」
霧羅「では言いますね^^
   表情の違いによってその人が
   天国に行くか地獄に行くかが分かるそうです^^」
未来・陵・龍羽・さくら「「「「天国と地獄!?(ですか!?)」」」」
里美「そうだよ!笑って見えた人は天国に行けて
   怒ってるように見えた人は地獄に行くんだって!」
実優「ということで、未来とさくらが地獄で陵と龍が天国だね!」
陵・龍羽「よかった(です)…。」
未来・さくら「「サァーーーー…。」」
未来とさくらから血の気が引いてった…。
未来・さくら「「あたし(うち)、やばいじゃん(やばいやん)!?」」
霧羅「大丈夫ですよ^^これから変わるかもしれませんし^^」
未来「そうだといいんだけどさ…。」
霧羅「でも、変わらない可能性もありますけどね…。」
さくら「それだけは嫌や!!」
霧羅「というより、地獄や天国は存在するのかも
   分かりませんし…。大丈夫だと思いますよっ!」
さくら「思いますよってなんや思いますよって!」
未来「まあまあ、さくらちゃん…。
   変わるように願うしかないよ…。」
さくら「そうやけど…。」
陵「僕も願ってます…。」
龍羽「俺も…。」
実優「私も…。」
さくら「ならうちも願ったるわ!」
里美「さくらのためじゃないけど願う…。」
さくら「…ムカッ……。」
さくら:だめや…ここでキレたらあかん!我慢せんと!
里美:!…さくらがたえてる…。
霧羅「…………。」
霧羅:…意味あるんですかね?
願うこと5分後…。
霧羅「……皆さん、そろそろいいですか?
   いつまでやってるんですか…?」
未来「願ったけど…これで大丈夫かな?」
霧羅「はっきりいいますが…意味ないですよ、願っても…。」
未来「………。」
陵「き、霧羅さん!?」
霧羅「…?
   でも、これからよいことをしていけばいいんですよ」
未来「そ、そうだよね…。」
さくら「そうやな…。」
その後私たちは鎌倉を後にした


その後…箱根に行き寄木細工を体験したり
箱根関所跡に行ったり芦ノ湖を散歩したりした…。
未来たちは楽しいGWを過ごしたようです…。

133:霧蘿:2012/05/23(水) 22:13


〜GW終了後〜

未来「あ〜あ、ゴールデンウィーク終わっちゃた…。」
陵「しょうがないじゃないですか…。いつかは終わるものですから…。」
実優「私は未来と一緒に旅行(?)出来て楽しかった!!」
里美「私的には男子とさくらが邪魔だったけど楽しかった!」
さくら「さらっと言うなや!さらっと!
    うちもたのしかったわ!
    あれは失敗したけど…。」
未来「何が失敗したの?あれって何?」
さくら「なんでもないわ!なんでも!」
未来「…そう……?…あやしいけど…。」
さくら「なんもあやしくないやろ!!」
実優「ねえねえ、私たちと合流する前になんかあったの?」
里美「まさか、さくら…未来に何かしたの?」
さくら「してないわ!なあ、未来!」
みく「えっ…あ、うん…。多分…。」
さくら「多分ってなんや多分ってっ!!」
龍羽「でも、やりかけたぞ…。」
実優「やりかけたってなに?やりかけたって?」
龍羽「それはs「だから何にもやっておらんって言ってるやろ!!」さくら
実優・里美・未来「「「なんかやりかけたんだね、さくら(ちゃん)…!!」」」
さくら「ひぇ〜ごめんなさい〜〜!!」

この後さくらが三人にやられたのは言うまでもない…。

134:霧羅:2012/05/23(水) 22:15

うえの二つ、漢字間違ってました…。
すみません…。
(分からない方多いと思いますが…。)

135:オリオン:2012/05/23(水) 22:21

桜をもっとこらしめちゃえ〜♪

136:霧羅:2012/05/23(水) 22:29

理由になるかわかりませんが…。
(分かりづらいかと思いますが)
書いておきます

〜+α〜

さくらさんのおみくじには恋愛運のところにこう書いてあったそうです…。
「今行動してもいい結果が出ずに逆に悪い方向へ行くことになるでしょう」と…。
でも、さくらさんは大凶という言葉に気を取られ読んでいなかったようです…。
一方未来さんのには…
「ライバルが気がつかなければ邪魔されず好きな人と居る事が出来るでしょう」と
書いてあったそうです。
未来さんも大吉という言葉に気を取られ見ていなかったようですが…。

137:里美:2012/05/23(水) 22:29

上のは、うちです。

138:里美:2012/05/23(水) 22:30

間違いです。気にしないで

139:里美:2012/05/23(水) 22:41

おもしろいよ!!!!
こんなの書けるなんて、天才  尊敬します。
137と138は、エラーですから気にしないでね♪つ、次は、うちやね
うちの勝手な、妄想やから、設定とか、ちょっと
変えてるけどきにしないでね!

140:霧羅:2012/05/23(水) 22:44

いいえ…私は文章力がないんです…。
天才なはずありません…。
いつも長々と書いてしまうんです…。

里美さん頑張ってくださいね^^
楽しみにしています^^

141:里美:2012/05/23(水) 23:12

はい頑張ります。

142:実優:2012/05/23(水) 23:30

霧羅・・・・・。
敬語使ってるから丁寧だと思っていたが・・・。
やはり見事に読みやすかった!!
次は里美、頑張ってね♪♪

143:里美:2012/05/24(木) 17:04

ありがとう実優 けど、
これから習い事なので、6時半まで帰って来ません。
スマン!!

144:実優:2012/05/24(木) 18:04

うん!
待ってるよ、里美^^

145:霧羅:2012/05/24(木) 19:31

皆さん、本当にありがとうございますっ!!
私のダメダメな小説にこんなことを言ってくれるなんてっ!!
本当に本当にありがとうございますっ!!

146:もえ:2012/05/24(木) 20:09

こんばんわ〜♪♪私も入っていいですか??

147:里美:2012/05/24(木) 21:04

ただいまぁ
帰って来ました里美です。
ということなので、書きます。

    〜体育際猫耳メイド編〜♪〜
陵視線
未来「ふふ〜♪ふふふ〜」
今日は、未来さんがとても上機嫌がいいです。
なぜなら、今日、体育際があるからです。
陵「晴れてよかったですね!!」
未来「うん♪♪」
僕も朝から未来さんの、笑顔が見れて嬉しいです。
さくら「未来ぅあんた今日の体育際しっかり働いてやぁ」
未来「うげっ」
さくら「うげってなんやうげって」
未来さんと、さくらさんと、龍羽くんは、僕と、同じ赤組です。
種目は5つあり、最初の種目は、リレーです。もちろんアンカーは、未来さんです。

ちょっと止めるね♪

148:霧羅:2012/05/24(木) 21:07

唐沢さん、大活躍!!ですかね?

149:里美:2012/05/24(木) 21:35

霧羅>とっても小説が丁寧で面白いから気を確かに  上からでごめんなさい
もえ>いいですよ!!

150:里美:2012/05/24(木) 22:17

はいもう未来が大活躍です。
それで、未来のやり方がすごいですよ!!

151:里美:2012/05/24(木) 23:30

続きです。

司会「おおー白組がリードしてます」
未来「ちょっとあいつ調子にのってない。ぼこるか!」
陵「未来さん暴力は、ひかえたほうがいいですよ!」
司会「発言を、ひかえます。」
未来「よし来た!」バトンがくると、
未来さんが、ものすごいいきおいで、一位を、抜きました。
未来「おりゃー」
女子「きゃーー未来かっこいいいい」
司会「一位、赤組二位、白組」
  未来視線
未来「一位取ったぜ♪」
陵「未来さんおめで「未来さまはい栄養ドリンクです。」未来ファン
陵「あの・・・・」

ちょっと落ちます。
ちょっとしか書けなくてメンゴ

152:七実:2012/05/25(金) 07:04

入・れ・て♪
*感想*
さすが未来!でも、陵の言葉さえぎる
奴らはユルセナイ…(怒)
続き頑張ってぇ〜♪♪

153:実優:2012/05/25(金) 07:10

『未来さま』だぁ!?
陵が話しかけてる時に来るんじゃねーー!!

154:里美:2012/05/25(金) 15:48

今うちが書いてる小説に、
出たい人は、いませんか?
出たい人は、性格と口調を書いてくれたら、書きますよ!

155:七実:2012/05/25(金) 16:24

あたし、出たい!!(里実の小説に)
[性格…怒ると口が悪くなる♪]
[口調…大阪人だから大阪弁♪]です!

156:見卯:2012/05/25(金) 17:11

あの突然すみません。
今、あやかし緋扇のスレが
多くて問題に
なっているんです。
よく考えて下さい。
このスレは皆様に
とって本当に必要なのかを。
この文章を読み、
気を悪くされた方々
すみません。
上から目線すみません。
長文すみません。

157:里美:2012/05/25(金) 17:17

うちも、スレが多いのは、知ってるけどここは、
うちや、七実 霧羅 実優 あいり
に、とって、大切なスレやから
お願いします。消さないで!

158:七実:2012/05/25(金) 19:06

里美、そうだね♪ここはあたし達には
大切なスレだね!!と言うことで
雑談は止めよう!もし、雑談(荒し)をしてる人がいたら、注意しよう!!!

159:霧羅:2012/05/25(金) 19:38

唐沢さんは女子にモテますね^^
私もこういうことあるんですが、
女子が苦手なので困るんですよね…。
けれど先輩が多いので言えないんです…。

私も出してくれると嬉しいです…。
大変だったら私を出さなくていいです。
一応書いておきます…。
口調は基本的、敬語です。
からんでくる(からかってくる)男子には
蹴りを入れたりします(言葉を返してまだ言ってきたら)
性格よっぽどのことがないと怒りません(キレません)

雑談気をつけます!!
あと、作者がなかなか来なくても書かないように心がけてください
(誰かいませんか?みたいなことも控えてください)

長く書いてしまいすみません…。

160:里美:2012/05/25(金) 20:34

七実わかったよ!っていっても、まだ、出てこないけど
      続き
陵「・・・・・・・」
未来「・・・・・・・・・・・・・・」
女子「キャー未来黙っててもカッコいい」
   未来視線
女子が邪魔して、陵と全然話せない。
さくら「りょーう君」
司会「次の、競技に移りますよ準備してください」
未来「たしか、次の競技は、・・・・・・・室内雪合戦か、」
司会「赤VS白です。さぁどちらが勝つ」

ちょっとオリキャラ出します。その名前は、
如月 あさひ(未来は、あーちゃんと読んでいる。)あと桃絵 ひばり
あーちゃんは、白か面白くなりそうじゃん
未来「あーちゃん負けないよ!」
あさひ「うちだって」
さくら「あいつら、火花散ってるやん」
司会「あの〜如月さんと唐沢さん二人の世界に入らないでください」
ひばり「赤の旗とったぁ あれ?」
さくら「あんた、空気読みぃや、」
 
ということで、室内雪合戦は、ひばりの活躍で白が勝った

司会「面白い結果になりましたね!」
    龍視線
女子が未来の周りを、囲んでいて近づけないそれは、陵も同じだ。
龍「次は、バスケか、」
バスケは、俺が体育で一番得意だ けど、
未来には、およばない。
未来「龍ちょっとあたしにボールが来たらパスするから」
龍「なぜだ?未来が一番得意だろ」
未来「あさひとひばりにマークされてるから」
龍「わかった」
陵「未来さんと龍羽くんは、なにを話しているのでしょうか?」

ちょっと止まりまーす。

161:里美:2012/05/25(金) 20:38

霧羅わかった!(これも雑談になるの?なるのならこれは、見逃して)

162:霧羅:2012/05/25(金) 20:44

桜咲さん、バスケのとき背が高いから有利ですよね…。

163:七実:2012/05/25(金) 21:02

【感想★】
あ♪未来と龍が話してる…
あれぇ〜?これはもしや…
陵のヤキモチですかい?!
↑上のは予想です。たぶん…いや、
絶対違うと思うけど♪

164:里美:2012/05/25(金) 22:50

続きでぇーす。

ピー
試合開始の、笛がなった。
未来「龍」
キュ バコン(ボールが入った音)
あさひ「未来、うちと戦うのが怖いん?真剣勝負やったらまけるから?」
未来「龍パス」
あさひ「それこそ未来や」
未来「あんたは、すきありすぎ。口動かしてないで、手動かしたら?」
バコン
あさひ「やるやん遊びは、これくらいにしよっか!」
未来「うふふ」
あさひ「何がおかしい?」
未来「はーあたしを本気にしたのあんたが初めてだよ!」
キユッ     バコン
さくら「な、なにがおきたん?」
ひばり「まったく見えなかった・・」
あさひ「・・・・」
未来「さすがのあんたでも見えなかったか残念」
ピー試合終了
司会「赤の勝ち」
未来「ありがとう楽しかったよ」
あさひ「うん」(小声)
   未来視線
司会「次は、パン食い競争か、あたしは、出なくていい♪♪」次々と競技が、
終わりあたしの出番が来た。
部屋の中に服があって、その服を着て借り物競争をする。
シャッ(カーテンを開けた音)
未来「おだいおだい黒い猫か、いた」
(自分では、服は見えない。)
未来「ちょっと待ってよ」
猫「ニャー」
   さくら視線
未来は、猫を追いかけて次々とトラップを避けている。
今日は、落ちる

165:実優:2012/05/26(土) 15:05

見卯>そーだね。呼び掛けありがと!

霧羅>うん!あたしも気を付ける!!
   無駄レスを減らそう!

里美>ごめんよぉ。遅れた!!
   多分無理だと思うけど、小説に出させてもらえるかな・・・・・?
   あと、小説とても面白いよ^^

166:里美:2012/05/26(土) 18:28

実優 小説に出していいの!
嬉しいあと、感想ありがとう
小説書くの初めてで、期待におよばずごめん。

167:里美:2012/05/26(土) 20:26

未来は、着ている服に気づいてない。というか服は、加工されてあって、
自分では、何を着ているのかわからない。けどうちから見ると未来は、完全に、猫耳メイド姿や、
    未来視線
皆があたしを見てる!!!!!
気持ち悪じゃなくて、
未来「猫猫捕まえた」
猫「ニャー」
あたしは、陵と龍と目があった。
未来 ニコッ
陵「///////」
龍「///////」
未来「?????」
司会「一番赤 唐沢 未来」
里美「みーーーく可愛い」
男子「まーまぁだな!」
里見「はぁお前ら未来が世界一可愛いの分からん?」
男子「唐沢とか、マジキメー」
里美「ダマレウチノマエデミクのワルグチユウナ」
ボコバキ(里美が男子を殴ったおとです。)
霧羅「おめでとうございます。」
未来「あ、ありがとう」
実優「未来ちょーかわいいよ!」
里美「未来の猫耳メイド姿みれただけで、幸せ」
未来「は、メイド姿えー」
未来「マジ?///////」
霧羅「はい」
陵「未来さんとっ「神山 未来に、近づくんじゃねー勝負だこい」里美
さくら「全然可愛いくないやん」
実優「おらさくら勝負だこい」
さくら「は、った殴んなや」
七実「未来おめでとう♪めっちゃかわいいで写真写真」
霧羅「とても似合っていますよ!」
未来「わすゅれて////」
龍「かわい「ほら龍さん次の競技がありますよ」霧羅
七実「ここからは、男子の競技ですよ!優勝した未来には、「頑張ってねお兄ちゃん」といってもらいます」
未来「断固拒否」
七実「む、り、」
未来「やだやだやだ」
七実「む、り、言わないと、未来が陵のこと好きってばらすよ!」
未来「....はぁやればいいんでしょやれば」
未来「が、がん ばって ね お、お兄ちゃん///////(泣)」
.................『かわいいキャーーーー』

未来「陵 大丈夫かな?」

終わり

168:七実:2012/05/26(土) 20:53

里実〜!!小説にあたしをだしてくれてありがとう!!!!!!!!!!!
次の小説はなんだろう♪?
もー・・・めちゃくちゃ楽しみ★☆★☆

169:実優 ◆EppM:2012/05/26(土) 23:58

里美、性格書かなくてごめん!!
そして小説に出してくれてありがと!
というワケで性格を書くね^^
.++性格++.
・クラスでは地味な方だけど、一緒にいる友達の中では元気いいみたい。
・最近は暴力がひどくなったなぁ〜。
・もちろん、未来LOVE★
・時々、言葉遣いが荒くなる。

170:七実:2012/05/27(日) 10:39

里美の小説まだかなぁ〜?

171:里美:2012/05/27(日) 15:37

続き

未来「実優一緒に、帰ろ!」
実優「いいよ!陵は、?」
未来「里美に、捕まってる」
さくら「なぁ陵くんは、げ実優おったん」
実優「未来にちょっかい出したら殺すから」
さくら「やれるならやってみぃや」
里美「ただいまー」
さくら「.....な、なんもやってないからな、里美(泣)」
未来「あのさくらちゃんがなにしたの?里美」
里美「ちょっとね!」

短くてごめんなさい
退散

172:霧羅:2012/05/27(日) 15:40

桜咲さんなにかしたんですか?

173:実優 ◆EppM:2012/05/27(日) 16:00

へ?へ!?
何したんだ、さくらは!!!

174:里美:2012/05/27(日) 17:04

間違えちゃた
ほんとは、
未来「あのさくらちゃんになにしたの?里美」です。

175:里美:2012/05/29(火) 22:19

それから、未来は安全にかえったそうです。

最後手抜きですみません。
次は、実優だよ!がんばって応援してるよ♪

176:実優 ◆EppM:2012/06/03(日) 11:51

ごめん!!
最近これなかった(><)

里美、もう一度小説お願いします・・・。m(_ _)m
忙しいから・・・。
ダメなら何とか書くから!!

177:里美:2012/06/03(日) 12:23

わかった
なんとか、書いてみる。

178:未月 ayakasihisenn:2012/06/03(日) 14:49

未月です
いれてください!

179:未月 ayakasihisenn:2012/06/03(日) 15:00

誰もいない〜

タメでいいですか?

180:七実:2012/06/03(日) 15:17

未月>よろしくね〜
あたしのことは呼び捨てで良いから!
里美>小説頑張れ〜♪

181:実優 ◆EppM:2012/06/03(日) 15:24

無駄レス&雑談は控えて!!

182:停止しました。。。:停止

真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ


書き込む 最新10 サイトマップ