VOCALOIDで小説!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:はるる☆:2012/06/08(金) 18:15

ボカロ大好きな私、はるる☆が
ボカロ小説を書いちゃいます!

悪ノ娘とかも書くと思いますが基本は私のオリジナルで☆
感想やアドバイスをくれたらもっと頑張っちゃう!!
リクエストもありですよ〜♪

ではさっそく、いってみよー!

2:はるる☆:2012/06/08(金) 18:26

ミク=み
リン=り
レン=れ
KAITO=か
がくぽ=が
MEIKO=め
ネル=ね
ルカ=る
ハク=は

大体この9人しか出てきません。

では>>3からどうぞ!

3:はるる☆:2012/06/08(金) 18:45

り「ハァ〜…」
み「どしたの?リン。」
り「ハァ〜…」
み(聞こえてないのかな?)




み「リィぃいぃぃィイン!!!!!!!」
り「どふぁあ!!!!」
み「やっと…気付いた…ハァハァ…」
り「ん〜…」
み「リン、元気ないね。どったの?」
り「ん〜…もォ寝る」
バタン!!!

み「?」

れ「ハァ〜…」
み「レン君まで…なんでみんな元気ないわけ?」
れ「えぇ?んん〜…」
か「ハァ…」
め「ハァ〜」
が「ハァ〜〜」

み「な、なにみんな、なんでみんな元気がないのー!?

ー次の日ー

み「おはよ〜リン…昨日元気なかったの、リンだけじゃなかった…どしたんだろ」

り「…みんな〜!OKだよ!やっちゃって〜!!!」
全「分かったァ〜!」
み「!?」

レンがボタンをカチッ!と押した。と同時に部屋のデザインが変わりごうかな食事が出される。

全「ミク、お誕生日おめでとー!!」

み「へ?へ??」



み「アーッ!!!!忘れてたァーーーーーー!!!」
れ「誕生日忘れるとかww」
み「ア?」
れ「あ、いえいえ何も…」

み「でも、みんな昨日はなんであんな元気なかったの?」

め「演技よ♪うまかったかしら?」
み「え、んぎ?」

か「演技して、ミクが俺たちに近づかないように」
が「そっちの方が準備しやすいって訳で」

み「でもみんな…」

全「なに?」(ありがとう〜とか泣きながら言われるかな?)















み「プレゼント…もらってない…」
全「は?」
み「一人一人から…もらってないよ?」













全「ハァーーーーーーーーーーー!?」
終わり☆

4:汲渚友 ◆VWOg:2012/06/08(金) 19:16

あっれー?はるる☆ちゃんはっけーん!!
面白いからもっといっぱいかいてよー
僕様ちゃんもこのごろ小説書き始めたんだ!
んじゃねぇー♪

5:はるる☆:2012/06/08(金) 23:21

ありがとう!

よし!もっといっぱいかくぞ!

6:はるる☆:2012/06/08(金) 23:43

今回は「嗚呼素晴らしきニャン生」を書いてみようと思います!
この歌にはGUMIもでてくるんで、GUMIの表示は「ぐ」で!

この歌を知っている方も知らない方も見てください〜♪

れ「これはかわいいお嬢さん!真っ白な毛がとても素敵ですね」
ぐ「え?私のことかしら?」
れ「あなたのことですよ。こんな月が輝く夜は、僕と一緒に遊びませんか?」
ぐ「ずいぶん口が上手ね。」
れ「僕は本当のことを言っているだけですよ?」
ぐ「………。」
れ「ニャン生は一度きり。楽しむが勝ちなのです。」
ぐ「……………。」
れ「あなたをしばる首輪は、噛みちぎってあげましょう、さぁその窓を開いてとびだすのです!」
ぐ「_____私は、そんなのに騙されるバカな女じゃないわ__。」
れ「えぇ、ひどい…」
ぐ「ニャン生は一度きり____。だからこそ飼われるのよ__。ブランド首輪の価値が、あなたには分かるかしら?」







れ「そんな強気なとこも素敵です!一層あなたを、好きになりました。」
ぐ「あら正直ね、でもそんなやり方じゃ、心は揺らがないわ」
れ「うぅ…」


れ「僕の夢は、いつかはこの街をとびだして、遙か北の国に旅してオーロラを見ることなんです」
ぐ「…………。」
れ「そこにあなたがいてくれたら…なんて素敵でしょう!」
ぐ「…。」
れ「だけど…それは叶わないらしいですね___。」

ぐ「生き方は、そう簡単には変えられないの__。」
れ「…。」
ぐ「それに__。私を飼っている女の子を一人にできないわ。」


れ「分かりました__。残念ですけど仕方ありませんね。」
ぐ「話の途中よ、あらもう行っちゃうの?ねえちょっと!」




ぐ「明日もここに来ていいのよ?_______、待っているから。」

終わり☆

7:汲渚友:2012/06/09(土) 00:43

はるる☆って小説書くのうまいよねぇ!この曲聞いたことあるよん♪僕様ちゃんも頑張って更新しよっと!

8:汲渚友:2012/06/09(土) 09:02

リク
モザイクロールでつくってほしぃんだけどな♪
むりだったらいいよん

9:はるる☆:2012/06/09(土) 15:40

ありがとう〜☆
リクエストどうも!火曜日ごろ書くよ!

10:はるる☆:2012/06/09(土) 17:48

ごめんなさい…
今更なんですけど、あなたの漢字が読めないんです…

本当に今更でごめんなさい…

あともうひとつあって、私とあなたって、どこかで話したことありましたっけ?
私の記憶ではないんだけど…もしかしたら、名前変えた?

それだったら名前変えたよ〜とか教えてください!

本当にすみません…

11:汲渚友:2012/06/09(土) 22:24

あんれぇ?友のひとまちがえかなー?だったらすごくはずかしぃなぁ〜♪名前はねぇ
くなぎさ とも ってよむんだよー!何故フルネーム!?てゆーつっこみ無しね!!
名前変えたとゆーかなんとゆーか……ここではこの名前!みたいな??まぁあたしの予想的にはなりきりにいたユイかなー?とかおもってみたり?違うかったらほんとゴメン!!

12:はるる☆:2012/06/10(日) 00:02

どひゃあ!

とんだ失礼をしてしまいました…

もー穴があったら飛び込みたいです!


私は、ハイ、ユイですね…ハイ!!

いやぁ〜私の間違いでしたね。ハイ!!
ここの掲示板はIDが出ないんですねぇ〜…

ああああ、もう顔が太陽より赤いですよ〜!>///<

13:はるる☆:2012/06/10(日) 00:09

雑談になってしもとるぅ〜〜〜〜!!!!!!

小説書きます…


「悪ノ娘」いってみよう!!(注意:えーと私、小説は持っていないんで、リリアンヌ?とか名前が分からんー
\(^p^)/←の意味も分からないのに使ってみるww あ!本題に戻りますね。なので、リンとかは普通に「リン」という名で進めさせていただきます)


では>>14からどうぞ〜

14:はるる☆:2012/06/10(日) 00:22

悪ノ娘 〜さあ!ひざまずきなさい!!!〜

「オーッホッホ! さあ!!ひざまずきなさい!!!」

昔々、あるところに、悪逆非道の王国の頂点に君臨する、齢(よわい)14歳の王女様がいました。
絢爛豪華な調度品、顔のよく似た召使。愛馬の名前はジョセフィーヌ。全てが全て。彼女のものでした。
「お金が足りなくなったなら愚民どもからしぼりとれ」
「私にさからうものたちはしゅくせいしてしまえ!!!!!」

〜続く〜


これはストーリーものなのか…
自分でも驚き…ww

15:はるる☆:2012/06/11(月) 16:19

悪ノ娘〜緑の国を滅ぼしなさい〜

どうも皆さん。ごきげんうるわしゅう。

私はこの国の王女、リンと申しますの。よろしくね^^
私は今、恋をしていますの。海の向こうの青い人に…でもね。
青い人…「KAITO」さんは…緑の女に恋をしているらしいの。
「チッ」

私は舌打ちをした。こうなったら…
私は大臣を呼びだして静かな声で言った。



「緑の国を滅ぼしなさい__。」


幾多の家が焼き払われて幾多の命が消えていった。
苦しむ人々の嘆きは王女には届かない___。


「あら、おやつの時間だわ!」
〜続く〜


書き込む 最新10 サイトマップ