星くずと水平線

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:メッツ:2012/07/22(日) 11:33

平凡すぎる男。浅井 明利(あさい あきと)

常に完璧主義。白藤 真緒(しらと まお)

あり得ない二人の他人を巻き込みすぎた地球侵略計画が始まる……

2:玲:2012/07/22(日) 11:34

メッツさんはどんな小説を書くんですか?

3:メッツ:2012/07/22(日) 11:35

そうですね。色々かきますが、これが始めてのオリ小説デス。

いっつもアニメのばっか何で(笑)

4:マッチン:2012/07/22(日) 11:37

ってことは、オタクってこと?

5:メッツ:2012/07/22(日) 11:43

まぁ。そんな感じです😊

それじゃ書き込みますね。


一話

今は夜。

君が星くずだとしたら、僕は水平線。

この世の中で僕を基準に星くずが天才的。海が何も出来ない。

大きく分けてこの二つになる。

もちろん、僕と同じ立場の人もたくさんいる。

むしろ、一番多いと考えてもおかしくはない。

6:メッツ:2012/07/22(日) 11:54

交わることのない水平線と星くず。

僕はいつもこんなことを考えてる。先生にも期待され、クラスにも頼られる、

明らかに次元の違う子を見ながら。

先「はいえー真緒。この問題分かるか?」

ほら、まただ。先生は絶対あの子を当てる。

真「はい。まず、Xの式をYの式と入れ替え、…………」

何言ってるのか分かるっちゃ分かる。

それでも何でこんなすらっと答えが出てくるのかがわからない。

やはり次元が違うのだろうか。

7:匿名さん:2012/07/22(日) 11:55

キーンコーンカーンコーン。

チャイムが静かになった。

8:メッツ:2012/07/22(日) 12:18

僕は席を立ち、トイレに行こうとした。

コツコツと誰かがこちらに向いて歩いてくる。

明「?」

明利は首をかしげた。

ぎゅうぅぅぅぅっ

明「!?」

明利に誰かが抱きついてきた。

明利は恐る恐る顔をみようとする。

9:園篠:2012/07/24(火) 00:46

こんばんはぁ!!!ってこの時間は誰もいないかあ。

もしものときのために感想を打っときます。

めっちゃオモロイ!

正直、点の位置や先生のことなど不審な点は沢山ありますが。

小説としては◎だと思います。

自分的に……ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

私もソウルイーターの十二単でブログやってます

ぜひぜひ!


書き込む 最新10 サイトマップ