僕は友達が少ない★夢小説

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:*りのん:2012/07/29(日) 08:23

コメントは受付るぞぅ♪
オリキャラ有り。
「あれ? こんなキャラいたっけ??」ってならないように(笑
ルールは守ろう(*^ω^*)

2:*りのん:2012/07/29(日) 08:28

★小鷹めせん

よう、皆。
俺は羽瀬川 小鷹。
俺は今、隣人部へと向かっている。
隣人部について、知らない奴もいるかもしれないから一応説明しておこう。
ゲームしたり、適当に喋ったり、おかし食いながら寝たり。
まあ、友達作りが目的なんだが……。
一生懸命友達を作ろうとしてることはしてるけど、誤解や人見知りでできない奴のため部だ。
俺は、こんな隣人部でも楽しいと思う。
お、自己紹介して間に着いちまった
ようこそ、隣人部へ。

3:*りのん:2012/07/29(日) 08:33

「お兄ちゃん来たー!?!」
元気良く飛び出してきたマリア。
手にはポテチの袋。「お、今日はのり味なのか」
「うんっ!! 毎日塩味はつまらないからな!! ババアに買ってもらったー!!!」
「来たわね小鷹!! 今日という今日は返事を聞かせてもらうわよ」
何となく恥ずかしげにやって来た星奈。
返事? ああ、告白の……(8巻参照

4:雨:2012/07/29(日) 08:42

うまいですね^^

5:*りのん:2012/07/29(日) 22:41

雨さん⇒お褒めのお言葉ありがとうございます♪

「え……あー…うん、そーだな…」
「何よはっきりしないわね!! むー……」
頬をわずかに膨らませる。
マリアは何が何やら分からずにただ2人を交互に見比べる。

ーすいません切りますー

6:りのん*:2012/08/07(火) 19:04

「うるさいぞ肉。神聖な放課後に騒ぐな」
本を読みながら寝てしまっていたのか、夜空がぶつぶつと文句を言う。
「何よ、寝てる時にタカ・・・とか何とか呟いてたくせに」
「なっ! それは寝言だ! 決して私は小鷹の夢など見ていない!」
「へー見たんだ〜」
おお、今日は形勢逆転しそうだな。
「おや? 小鷹先輩。今日もモテますねぇ」

7:りのん*:2012/08/07(火) 19:07

「おお、理科。俺は出来ればもっと性格のいい奴に好かれたいな」
「ふふん。またまたご冗談を。先輩は先輩の為なら身体までも差し出すエロエロ女の子が好きなんですよねっ♪」
「んなわけない!!」


書き込む 最新10 サイトマップ