バカとテストと召喚獣小説!!(^○^)

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ねの:2012/08/06(月) 13:36

さっそくルール説明だよ

<1>荒らしなし
<2>書くのはスレ主だけでよろしくおねがいします
<3>バカテスは内容がむずかしいので私が混乱するかも・・・
<4>アドバイス、コメントプリーズ!!

以上だよ。

あなたの心に残る小説になるといいです(^_^)/

2:ねの:2012/08/06(月) 13:44

主な登場人物
吉井 明久 
坂本 雄二
などです
まぁ読んでいけばわかると思いますのでよろしくおねがいします

3:ねの:2012/08/06(月) 14:03

ここは文月学園。今日も平和ながら不幸な僕の1日が始まる

雄二「おーい明久!」
僕「なんだい?雄二?」
おぉ!これは僕の悪友の雄二!
いったい朝からなんだろう?

雄二「オマエヲコロス!!!」
ふーんおまえを・・・
っていったいなんなんだ朝から!?

僕「雄二!何を言う?!しかも朝から!やめてくれよ頭が悪くなってしまう!!」
雄二「おまえはもとから頭が悪いだろ!」

・・・いえてる・・
僕「ってそんなことよりなんなのさ!朝から!ぼくなにもしてないじゃないか」


いったい雄二になにがあったんだろう?

4:ねの:2012/08/06(月) 19:40

第1話

雄二「なにもしてない?なにをいう?!昨日俺に送ったメールいってみろ」
僕「『今日も帰りたくない気分なんだ・・・だから今日泊めてくれない?』って打ったけど・・」

まったく、だからなんなんだよ?

雄二「これにまた翔子が反応したんだ!」
いろいろな誤解が混ざってとうとう僕と雄二が付き合っているという噂がながれていたからだな?

僕「いいじゃないか霧島さん(翔子)は頭もいいし綺麗だし悪いとこなしじゃないか」

僕にとってはうらやましい限りだ。
雄二「あいつ、こんどこそ婚姻届を出す気なんだ」

あーぁっなんで霧島さんはこのくそ雄二と結婚したいんだろう。
 
まだ僕のほうがイケメンなのに

雄二「じゃあお前のほうはなんで俺の家に泊まりにいきたいなんてうったんだ?
それともあれか?明久の姉が家にいるからか?」

僕「そうなんだよ!また生活チェックをやるとかいいだしてさ・・・」

5:匿名さん:2012/08/06(月) 21:30

コメントもしよかったらください!

DSでうっているのでIDがちがいます

6:匿名さん:2012/08/06(月) 21:30

コメントもしよかったらください!

DSでうっているのでIDがちがいます

7:ねの:2012/08/06(月) 21:34

ニ回もかいてすいません
上のはねのです。なんで匿名さんってなったんだろう?

8:みく:2012/08/06(月) 22:23

いれてください!

9:ねの:2012/08/09(木) 18:48

いいですよっ
ぜひはいつてください

10:黒猫:2012/08/10(金) 10:47

僕も入っていいですか?

11:ねの:2012/08/10(金) 13:17

ありがとうございます!!

ぜひはいってください!

12:ねの:2012/08/10(金) 13:33

続きです!

姉さん・・・短く言うと天然で常識がない
僕「だからまた雄二の家へ非難しに来たんだ」

僕が言い終えたときちょうど秀吉がきた。
秀吉はどこからどうみても美少女な男(??)だ。

秀吉「二人とも、なにをしておるのじゃ?」

雄二「実はなぁ・・・(省略)」

秀吉「それは災難じゃったのう」

僕「なんか僕が悪人扱いされてるようなきがするんだけど?!」

雄二「気のせいだ」

あまりに即答すぎてよくわからなくなってきた

雄二「とにかく俺の家は無理だ」

女神様・・助けてくれ・・・・死んでしまう

秀吉「雄二の家がダメならワシの家でもかまわんぞ?」

僕&雄二「「じゃあそうする!!」」

そうだFクラスのみんなに見つからないうちに秀吉の家へ行こう!!

13:ねの:2012/08/17(金) 09:40

だれかいますか〜

14:黒猫:2012/08/17(金) 12:29

いますよ〜


書き込む 最新10 サイトマップ