らく魔女〜フウカの初恋〜[絶対ひとりはきてほしいです]

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ねの:2012/08/19(日) 13:53

なんかいっぱいスレをつくってしまって

すいません[泣]

ってところでルールを説明させていただきます。
まず荒らしはなしです。
この話は恋です。
これだけです。

私もがんばってかくのでよろしくおねがいします。

☆☆☆☆☆☆☆☆♪♪♪♪☆☆☆☆☆☆☆

2:ねの:2012/08/19(日) 14:18

パティ先生「えぇ〜これがああなって...」

ヤッホー!
わたしフウカ!こうみえても魔女なの。
今はパティ先生のひまな授業をきいているところ。
それがひまのなんのって••••
おっ!?今パティ先生がだれかをあてようとしてる!!!!!

やばい••••

パティ先生「それでは•••チトセくんにきいてみましょうか。」

げぇぇぇチトセかよ〜
チトセが「はい」といって立つとチトセギャラリーがきゃあきゃあ言い始めた。
そうそうチトセはわたしの幼なじみなの

まぁかおはいけてるんだけどね
と窓側に目をやると•••••••••••••••
あっあのこ!!!!!!!!

3:ねの:2012/08/19(日) 21:07

あっあのこ・・・!!!

・・・・セイラちゃんだ・・・

って!!何凹んでんの?!あたしは!!

で・・・もなぁ

キーンコーンカーンコーン

どっどうしよう!

チトセがセイラちゃんのところにいっちゃう・・・

はぁあたし・・素直にいえばいいのに・・
もう!いってきてやる!

フウカ「チトセェ〜!映画館の券をもらったからさ〜  ・・・だからさ・・・」

チトセ「だからってなんだよ・・・」

もっもう!ケーワイなやつね!!

フウカ「だから・・・映画館にいっしょにきてほしいなって」

チトセ「・・・・・・」

(なっなによ!なんかいいなさいよ!!」

チトセ「べっべつにいいが・・・・おおおお前のためじゃないんだっ忘れんな!」

あたしはわかってた。チトセは映画館へ早くいきたいってことを・・・




でも・・・・・・一番恐れていたことが起こった・・・・

4:ねの:2012/08/19(日) 21:20

【なんか誰も来ないのに勝手に書いちゃってすいません・・・続きをおたのしみください】

セイラ「チトセ様・・・どうかなされましたか?」

チトセ「それがなぁフウカが・・・」

いっいわないで・・・
セイラちゃんまで映画館へきちゃう!!

チトセ「      映画館へいっしょに行きたいっていいだしたんだ     」

あたしは目の前が真っ暗になった。  初デートかもしれなかったのに・・・

って!!なんであたしがチトセとラブみたいな空気になっんの?!

やめてよやめてよ!!

フウカ「じゃあ・・・土曜日にね・・・」

チトセ「おい?!フウカ?なんかショック受けてないか?」

フウカ「そんなわけないでしょ!じゃーね!」

なるべくいつもどうりの調子で言ってその場から逃げだした。

あの子からもはなれたかったし・・・・


チトセに心を読まれてしまいそうだったから・・・

5:ねの:2012/08/20(月) 16:03

続きはだれか1人がきてくれたらにします

6:ショボンな毎日:2012/08/20(月) 20:10

二次創作板には誰か来て、というより既存のキャラを使った小説などを書くことを目的にスレを立ててください。
また、頻繁に更新していればスレも上に上がるので自然と目に留まりやすくなります。
他のスレを見る限りこのスレの原作を知ってる方もいらっしゃるようですし、そのうち人が来るようになります。
他の人との交流が目的ならば交流板にスレ立てしてください。
言い方少しキツくなってしまいましたが、頑張ってください。

7:コナン☆:2012/08/20(月) 21:41

初めまして〜〜☆
コナンでぇ〜〜〜〜す☆

8:コナン:2012/08/20(月) 21:45

早く続きみたい!

9:ねの:2012/08/22(水) 15:13

<<6ショボンな毎日さん!アドバイスありがとうございます!!

<<7、8

はいっいまからかきますよ〜(笑)

10:ねの:2012/08/22(水) 15:46

そして映画館へ行く日・・・


フウカ「うっわぁぁぁ!もうこんな時間!」

あぁ〜もう!こんな日に限って・・・

適当に服を選び一瞬で着替えを済ませた。

そしてテーブルの上に<映画館!!!>とだけ書いて

窓から飛び出した。

しばらく超スピードで飛んでいると人影が見えた。

って!!

その人影・・・・

フウカ「チトセ!!」

チトセ「フウカ!!・・・おっせぇよ・・」

フウカ「あのねぇ・・・あたしが遅れるってわかってんならまたなければいいでしょ!」

でも・・・チトセ、あたしのこと待っててくれたんだ・・・

なんかそう思うと映画館がわくわくしてきたっっ!!

ものすごいスピードでほうきを走らせてきたから、

三分ほどでついた。

映画館の中に入るとエアコンが効いていてきもちいい!!

ドアを開けるともう始まりかけていた。

フウカ「ひ〜〜〜っもう始まっちゃった・・・・」

チトセ「元といえばお前のせいだろ・・・」

フウカ「うっさいわねぇ!!」

腰をかがめながらチョコチョコと歩いていくと、

あたしたちの席とセイラちゃんのすがたがあった。

なに?!先に行っちゃうほどセイラちゃんはあたしのこと嫌いなの?!

ムカムカしながらどかっと席に座りスクリーンをながめた。

映画のせりふ『そうなの・・・だから酸素や・・・』

フウカ「うわぁっ!ぜんぜんわかんない言葉ばっかり!」

チトセ「お前はアホだからなにもかもがわかんないんだよ・・・!」

フウカ「だからアンタはだまっときなさい!」

まったく・・・と思いながらジュースをとろうとした時・・・

だれかの手がジュースをつかんだあたしの手をにぎった。

その手は妙にあたたかくてドキッとした。

しばらくジュースをつかんでいる手を離せずにいた。

あたしの手をにぎったやつもあたしの手をにぎったまんま。

ドキドキドキドキドキ・・・・


とあたしの心臓は鳴り響いていた・・・・

11:コナン:2012/08/22(水) 22:04

めっちゃ続き気になる〜〜!

12:ねの:2012/08/23(木) 18:25

<そういってもらえるとものすごくうれしいです!!

ありがとうございます!それでは続きかきますね〜>




だっだれなの?!

あたしの手を握ってるのは・・・・

おそるおそる横をみると髪が青い男の子だった・・・

せっセイラちゃんじゃないよね???

じゃあ・・・・・チトセ??

んなバカなことが・・・・

チトセ「フウカ・・・・」

もう!なによ!

チトセの手を振り払いジュースをグビグビのんだ。

そしてジュースをもとの所に返すとチトセが何か言った。

チトセ「フウカ・・・それ・・・」

フウカ「それってジュースのこと?」

チトセ「そうだが・・そのジュース・・・」

そのジュースがなにかあんの?!

チトセ「オレ・・口つけたんだけど・・・」

フウカ「へ?」

チトセ「そのジュースオレの!!一回ジュースのんだ!」

そそそそそそそれって・・・・

フウカ「か間接キス・・・・?」

チトセは頬を真っ赤にしていった

チトセ「バッバカなに変な言い方で言うんだよ・・・(恥)」

今でも信じられない・・・・

義理ファーストキスがチトセ・・・!?

思わず唇に手を当てていたら、チトセも同じようなしぐさをして

頬を真っ赤にさせていた。

そのとき・・・・

すずやかな声がした。

セイラ「チトセ様・・・頬が真っ赤ですよ?どうされましたか?」

チトセ「なっなに?!このオレが真っ赤に・・・」

あたしはチトセが真っ赤になっているところをおかしくて

笑った。

13:コナン:2012/08/23(木) 21:12

ねのさんは小説を作るのが上手だね!
これからもがんばってー!【^∀^】

あと敬語つかわなくてもいいよ?

14:みく:2012/09/15(土) 09:45

はじめまして!いつも楽しみにしてます。がんばってください!

15:鈴:2012/09/22(土) 16:16

はじめまして書いてください

16:匿名さん:2013/10/23(水) 20:34 ID:R6w

フウカとチトセがラブラブなの大好き!(小学生5年生です)かしいしょうがっこうでーす

17:♪フウカ♪:2013/10/23(水) 20:38 ID:R6w

早く書いてくれないと殺しちゃうぞ♪・・・って、ウソウソ!(小学生が殺しちゃダメだよ!)

18:ふうり:2013/10/23(水) 20:42 ID:R6w

皆〜元気〜!?(きもっ)
う、うぅ、そ、そんなこと言わないでよぉ・・・(う、うそだってばぁ)
まぁ、嘘の嘘の嘘の嘘だけどね!

19:千尋:2013/10/23(水) 20:47 ID:R6w

ふ、ふうりさん、あ、貴女は、
き、きっと綺麗ですから!大丈夫です♪私はブスですけど☆★

20:SEX:2013/10/23(水) 20:52 ID:R6w

私、コナンさん嫌いです
コナンさんは覚えていないかもしれないけど 私の作品をめちゃくちゃにしましたからね・・・
ふふふ・・・嘘ですよ!ウーソ!

21:さきな:2013/10/27(日) 16:25 ID:R6w

あの・・・誰か、お友だちになってくれませんか?
だ、誰でもいいので!で、では!去らば!

22:みく:2013/12/22(日) 12:40 ID:e2A

ねのさん、来ませんね。

23:ふうか:2013/12/23(月) 09:25 ID:rK2


ねのさん初めまして。小6のふうか(仮の名前です)です。続ききになってまーす。

24:レイナーレ:2014/10/15(水) 01:46 ID:ZcE

新しいキャラ登場ありですか?

25:フウカ:2014/11/15(土) 10:22 ID:hb.

近日は!

26:IA:2015/01/10(土) 22:55 ID:FZs

はじめまして!! IAと言います('∀')

27:IA:2015/01/10(土) 22:56 ID:FZs

あまり慣れていないのですがよろしくおねがいします!

28:IA:2015/01/10(土) 23:03 ID:FZs

一応私中1です。

29:IA:2015/01/10(土) 23:06 ID:FZs

あと、友達になってくれませんか?
3DS投稿です

30:エネ:2015/01/20(火) 19:27 ID:.8.

初めましてエネです。

31:エネ:2015/01/20(火) 19:31 ID:.8.

今回、書かせてもらいました。よろしく。

32:エネ:2015/01/20(火) 19:33 ID:.8.

まさかそういう展開になるなんて思ってもいませんでした

33:エネ:2015/01/20(火) 19:36 ID:.8.

良かったら友達になってください(できたらでいいので)

34:エネ:2015/01/20(火) 20:27 ID:.8.

ねのさん!もう小説書かないんですか?最後にねのさんが書いた続きか見たいです!何でねのさんは書くのをやめたんですか?

35:愛:2015/01/28(水) 21:41 ID:waE

あっあのー、いまさらですが入ってもいいでしょうか?

36:IA:2015/02/06(金) 23:41 ID:L/2

あたしも、ねのさんの小説読みたいです!!!!!!お願いします!!!!

37:akane(ねの)◆X.:2015/02/10(火) 18:46 ID:6RI

皆さんお久しぶりです!ねのです!
3年振りですね・・・
あのときは、5年生でしたが今は中一になりました。
このスレを久しぶりに見たときは驚きました。
すぐ続編をかこうと思いましたが、こうやっていきなり現れても本人と信じてくれるのか考えていたら2ヵ月もたっていました。
3年ぶりで、idも違うかもしれないけど、それでも信じてくれるならば、喜んで続編をかきたいとおもいます!
長文すいません!そして返信待ってます。

38:akane(ねの)◆X.:2015/02/10(火) 18:56 ID:6RI

今更ですが、コナンさん、みくさん、鈴さん、匿名さん、♪フウカ♪さん、ふうりさん、千尋さん、さきなさん、ふうかさん、レイナーレさん、愛さん、エネさん、IAさん!
応援ありがとうございます!
あと、確認ですが3年たっているので、文章の書き方が成長してますけどokですか!?

39:IA:2015/02/12(木) 20:09 ID:L/2

ねのさんも中1ですか?あたしと同い年です!
イヤー、嬉しいです!失礼ですが何県出身ですか?

40:akaneねの◆X.:2015/02/16(月) 16:38 ID:iJ.

愛知です!

41:akane◆rg:2015/02/16(月) 16:42 ID:iJ.

id変わっているけど、気にしないでください!

42:IA:2015/02/26(木) 16:57 ID:L/2

私は大阪です!
一応陸上部で砲丸やってます

43:エネ 久しぶりです:2015/04/14(火) 19:23 ID:.8.

久しぶりに来ました。ねのさんの小説変わっててもいいから見たいです

44:匿名さん:2015/04/15(水) 16:43 ID:jOY

はじめまして面白過ぎてビックリしました!

45:匿名さん:2015/05/12(火) 17:26 ID:oe2

こんにちは。

46:エネ こんにちは:2015/05/12(火) 19:29 ID:p7w

こんにちは

47:イケニート:2015/06/02(火) 15:36 ID:Rho

こんにちは!!初めましてイケニートです!!
中二です!!もうすぐ期末ですね。
1年って事はこの間中間テストやったばっかりですよね。どうでしたか?
後、小説の続きが気になります。勉強と小説
頑張ってください!!

48:にゃか:2015/06/02(火) 16:38 ID:ARo

あの、はいってもいいですか?
よ、よろしくお願いします。
小説、面白いです。
頑張ってください。

49:エネ 久しぶり:2015/07/30(木) 23:02 ID:p7w

久しぶりです!もう2ヶ月ぐらいたちますね

50:匿名さん:2015/08/25(火) 09:59 ID:4gs

早く更新しろー

51:紗綾:2015/09/03(木) 19:19 ID:pWA

こんにちわ!
紗綾です!
本当は、コナンだったんですけど..........。
もう、ここに、いるみたいなのでやめました。
入れてください!
(他のスレでは、コナンです。でも、変えます。分かりにくいので)

52:ライラ 562:2015/10/28(水) 18:49 ID:Gpw

あの…ライラでず。
わたしフウカの恋がきになりますですっ

53:ライラ 562:2015/10/28(水) 18:52 ID:Gpw

続き…

54:akane(ねの)◆X.:2015/11/14(土) 22:18 ID:gGM

セイラ「映画、面白かったですね。」

セイラちゃんが、チトセに向かって話しかけた。

映画かー。もう正直いってなんにも映画の内容覚えてないなぁ・・・。

チトセ「あ・・・ああ!面白かったな!な!フウカ!」

フウカ「え・・・うん!超おもしろかったよね!特に女の人がすっ転んじゃうところとか!!」

セイラ「・・・・そんなシーンありましたでしょうか。」

え・・・なかったっけ!?チトセが、急にあたしに話をふってくるから・・・・!!

無言でチトセをにらみつけていると、チトセは「なんだよっ!」とまた顔を赤くしてそっぽを向いた。

55:akane(ねの)◆X.:2015/11/14(土) 22:20 ID:gGM

書いてみましたっっ!!
だいぶ文が変わっていますね・・・すいません。
というか、テストで今まで来れなくてすいませんでした!
感想お願いします!!

56:akane(ねの)◆X.:2015/11/14(土) 22:28 ID:gGM

チトセ「なぁフウカ・・・ちょっといいか。」

顔が赤いまま、チトセがあたしの手を掴んだ。

フウカ「ちょっちょっと!!なによ!」

すると、チトセはセイラちゃんと少し離れたところまで歩き、キョトンとしているセイラちゃんを横目に

ぐいっとあたしに顔を近づけた。

えっちょっチトセ!!近い、近い!! ・・・・っていっていつもなら押しのけられるのに、今日のチトセはなんか

違う。真剣な表情でもう一センチ顔を近づけてくる。

あたしは真っ赤になって顔をチトセからそむけようとしたその時・・・!!

チトセ「なぁ・・・映画の内容お前覚えてるか?」



フウカ「・・・・・・・・・・・・はぁ?」

急にそんなどうでもいいことを聞かれた。

チトセ「だってさ・・・セイラに感想とか聞かれたら答えられないだろ。・・・まぁバカなお前のことだから、忘れてるか」

にやりと笑ったチトセ。

真っ赤になったまま固まるあたし。

ぽつんと遠くにたっているセイラちゃん。

フウカ「チトセのばかあああああああああああああっっ!!」

そんなあたしの叫び声が街中に響き渡った。

57:akane(ねの)◆X.:2015/11/14(土) 22:39 ID:gGM

あたしは、走っていた。

チトセのばか、チトセのばか、チトセのばかっっ!!

なんで、あそこでキ・・・キキキ・・っキスしないの!?

ふつうそういう空気になってたらするでしょっ・・・もう!


・・・・って!!なんであたし、チトセにキスされたい!みたいなこと言ってるの!?

ど・・・どういうことなのっっ!もう・・・自分の気持ちがわからない!

路地裏にはいってしまい、立ち止まる。

そしてここが一体どこなのか・・・

フウカ「わからないっっ!!」

どっどうしよう!やっぱりひとりで知らない場所歩くんじゃなかった!

思わず座り込んでしまう。

チトセ・・・映画の内容覚えてなかったって言ってた。

あたしは、チトセとの【義理間接キス事件】でその後の映画の記憶がなかったんだけど・・・

チトセはなんで、覚えてないんだろう?

もし・・もしもあたしとの間接キスで映画の内容が頭にはいってこなかったのなら・・・

なんかちょっと嬉しいかも・・・っっ!!

って!!

フウカ「また、あたしはこんなこと考えてるっっっっ!!!」

あたしのバカっっ!

今度は路地裏に、真っ赤な顔のままのあたしの声が響き渡った。

58:akane(ねの)◆X.:2015/11/14(土) 22:42 ID:gGM

なんか「っっっ」が多いですね・・(笑)

おもしろかったかどうか、皆さんがこのスレ見てくれているなら判定お願いします!

落ちます!

59:妃子:2015/11/21(土) 14:21 ID:1aw

続き読みたいです。あと、応援してます!がんばれ〜〜☆

60:妃子:2015/11/21(土) 14:22 ID:1aw

面白いです!がんばれ〜〜☆

61:♪みーな♪:2016/01/04(月) 14:20 ID:8kI

初めまして!みーなです!ねのさんが書いてる小説大好きです!続き書いてほしいです!

62:♪みーな♪:2016/01/04(月) 14:23 ID:8kI

早く書いてくださーい!待ちきれません!!お願いです!書いてください!

63:ミノノ&◆WA:2016/02/06(土) 16:52 ID:fXE

初めまして♬小5のミノノ♬です♬早く続きみたいです♬

64:ミノノ&◆WA:2016/02/06(土) 16:53 ID:fXE

待ちきれませんっ

65:チカ:2016/02/07(日) 21:06 ID:Gpw

初めマシテー
私チカっていいます
チトセってフウカのこと好きなんですか?

66:チカ:2016/02/07(日) 21:28 ID:Gpw

キースのこと好きなキャラランキング1位でーす!

67:ミユリン:2016/02/28(日) 00:55 ID:5sg

ねのさん、ファイト〜!

68:匿名さん:2016/04/09(土) 10:27 ID:AtE

早くーー!!もう待ちきれませんよー
ねのさん!頑張って書いてください!

69:♪みーな♪ ♪みーな♪:2016/04/17(日) 11:35 ID:AtE

ねのさん書いてくれないと
私が書いちゃいますよ…?
嘘ですよ!ねのさんのような
小説は書けません!
とにかく早く書いてくださーい!

70:あすか ねのさん最高&:2016/06/25(土) 22:30

今読みました❗ちょー面白い😆ねのさんはやく続き書いて下さい❕
...今度私もらくだい魔女の小説書こっかなー。もし私が本当に書いたらよろしくお願い致します。
ねのさんを見習って頑張ります❗

71:あすか ねのさん最高&:2016/06/25(土) 22:32

よかったらアドバイスなど、どなたかお願い致します🍀

72:アオイン:2016/08/21(日) 17:56 ID:vFY

ねのさん早く書いてください!

73:ミルク牧場◆X.:2016/09/01(木) 01:58 ID:bS6

お久しぶりです!
お待たせしてしまって申し訳ありません(T_T)
私もみなさんのらく魔女小説読んでみたいので、リレー方式にしてもぜんぜん大歓迎ですよ!(日本語がw)
続きです!

**************************
こういうとき・・・いつも見つけてくれるのはチトセだった。
だから、あたしはどこかで期待してるのかもしれない・・・チトセが迎えに来てくれることを。
フウカ「だから早く・・・迎えに来てよ・・・」
そうつぶやき、涙がにじんできたその時だった。
???「フウカ・・・?」
誰かから呼ばれたような気がして、がばっと顔を上げる。
なんだか嬉しいような気がして、そんな気持ちをかき消しながら、むすっとした顔を作って、声の主の方を向く。
・・・がそこにはチトセの姿はなく・・・
フウカ「キース!!!」
あたしは急いで、チトセ用に作っていたむすっと顔を取り消した。
キースは、やさしい笑みを浮かべて、あたしのほうに近づいてきた。
キース「フウカ・・・なんか目赤くない?もしかして・・・泣いてた?」
フウカ「うっ・・・」
あたしは完全に図星で、目を空中に泳がせていると、キースがあたしの頬に触れた。
キース「なにか悲しいことがあったんだね・・・でも、もう安心していいからね」
どこまでも優しいキースの声に、また涙がにじんでくる。
( チトセといると、なんか胸がぎゅってなるし、ドキドキするし、なんかあたし変だよ・・・・。
 でもキースと一緒にいると心があったかくなる・・・これが恋っていうのかな?)

74:akane(ねの)◆X.:2016/09/01(木) 01:59 ID:bS6

あっ!行開けるの忘れてました!!
読みにくいかもしれません・・・すいません!

75:akane(ねの)◆X.:2016/09/01(木) 02:00 ID:bS6

>>73
これは私です!!
紛らわしくてすいません!

76:akane(ねの)◆X.:2016/09/01(木) 02:07 ID:bS6

さらに続きです!短いです!
***************************

あたしが泣きじゃくっていると、後ろの方で何かが動くような音がして、はっと顔を上げた。

そこにはチトセが、呆然とした顔で立っていた。

フウカ「チトセ・・・!」

驚いたような声を上げると、チトセは、ずかずかと歩いてきてあたしの腕を強く掴んだ。

チトセ「お前が、フウカを泣かせたのか!」

キースに向かっていきなりそんなことを言い出すチトセ。

(ちっチトセが泣かせたんでしょっ)

フウカ「違う!キースはあたしをなぐさめてくれて・・・!!」

チトセ「いくぞ。」

チトセは何も言わずに、あたしの腕を掴んで歩き始めた。

77:akane(ねの)◆X.:2016/09/01(木) 02:09 ID:bS6

しばらくテストでこれないです!
リレー小説のようにつないでもらっても構いません!(むしろリレー小説してみたいですヽ(・∀・)ノ)
それでは落ちます!

78:浜や魚:2016/10/06(木) 22:03 ID:Hw2

面白いそうです

79:マーヤ:2016/10/07(金) 14:26 ID:2Sw



書いていいですか⁇

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「何よ!離してよ‼」





あたしは、チトセの手を振り払いキッと睨みつけた。




すると、チトセは、ムッとした表情をして、キースがいた路地裏に目をやる。





「なんで、あいつといたんだよ!」





「はぁ⁉」





間違っても、迷子になったからなんて言ってはいけない…




あたしは、チトセからそっぽを向いて、





「あんたに、関係ないでしょ‼」




と、素っ気なく答えた。


本当は、こんな事は、言いたくない…



でも、素直になれない…


セイラちゃんなら素直に「寂しかった…」とか、言うのかな…





1人、俯いていると、チトセの「はぁ…」という、ため息が聞こえた。





(こっちが、ため息つきたいわよ‼)





長い沈黙を破ったのは、鈴の音のような声をした女の子…





「チトセ様〜」





ウサギみたいなセイラちゃんだった…





ハッと顔を上げて、セイラちゃんをチラッと見ると、あたしの事を冷たい目で見つめていた…





「何か、不満があるのなら早く言って下さい」





さらに、追い打ちをかけるように冷たく言い放った…





あたしは、その言葉にカチンと来て…





「もういい‼ あたし、帰る‼」





あたしは、拳をグッと握りしめて2人に言った。





あたしは、2人の顔を見ないまま大通りに出た。





(久しぶりに、チトセと一緒に居られると思ったのに‼)





もう、最悪‼ と、顔を上げてふくれっ面で歩いていると、
あたしのお気に入りのお店が見えた‼





「気晴らしに、行こっかな〜」





あたしは、呟くように独り言を言うと、お店の扉を開けて中に入った。

80:マーヤ:2016/10/07(金) 14:43 ID:2Sw


何で、このお店がお気に入りかって⁇


それわね〜、とっーてもかわいいネックレスがあるの‼






その、ネックレスっていうのは、金色の星の形をしたネックレス‼





星の1番上の角っこに、銀色に輝く小さな宝石が埋め込まれてるんだ〜‼






あたしは、それを見たくていつもの場所へと向かった。





でも…







「あれ? あれれ?」







ない、ない、な〜い‼



あの、ネックレスがどこにもない‼







「何で⁉」






欲しかったのに…と、呟くと可愛らしい店員さんがやってきて、






「何か、探しているんですか⁇」






と、あたしに目線を合わせて言った。






あたしは、頬をぽりぽり掻きながら、






「ここにあった、ネックレス…」






と、言った。





すると、店員さんは、ハッとした顔をして、申し訳なさそうな顔をした。






「昨日、売れちゃったのよぉ…青い髪の子に…」






(青い髪の子? まさか、セイラちゃんの事?)





ダメダメ、青い髪の子って、言われただけでセイラちゃんの事を考えちゃ…






あたしは、店員さんにそうなんですか…と答えると、お店から出て行った。






「残念だなぁ…」






あたしは、赤く染まった空を見上げてそう呟いた。






(次のお小遣い貰えてたら買えてたのに…)







はぁ…と、ため息をついて、足を進めると、誰かに肩を掴まれた。






「なーにが、残念何だよ‼」





「え?」






あたしが、振り返るとそこにいたのは、













ーーチトセーー





だった…

81:マーヤ:2016/10/07(金) 15:00 ID:2Sw



「ち、チトセ⁉」






あたしが、驚いたような声を出すと、チトセは、耳に指を突っ込んで、うるさいとアピール。






ーーどーせ、セイラちゃんもいるんでしょ!ーー







あたしが、さっきの事を思い出してムスッとした顔をしていると、







「ごめんな…さっきは…」






「へぇ⁉」






突然の事に、素っ頓狂な声を出した。





チトセは、あたしの事をまっすぐ見て、







「セイラには、帰ってもらった…」







と、言った。





あたしは、







「あら、いいの?2人で何処かに行ったら良かったのに…あたしなんかほっといてさ!」







と、嫌味を言った。






セイラちゃんとチトセが、仲良くしていると、胸がギュッと痛くなる。






何故だかわかんないけど、悲しくなる、そして、イライラしてしまう…







靴のつま先を見ていると、






「……ほっとける訳ないだろ!」







チトセが、怒りを込めたような口調で言った。






顔をあげると、チトセが、あたしを睨んでいる。





「何でよ!」




あたしも、負けじと睨み返すと、チトセは、俯いてしまった…





ーーは?ーー




キョトンとして、チトセを見つめていると、




「…………から…」




「え?」




チトセが、ボソッと呟いた…




すると、チトセは、顔をあげてあたしの事をじっと見る。




そして、





「もう少し、話したかったから‼」





と、言って後ろを向いてしまった…




ん? ちょっと、ストップ‼ 話したかったから⁇…

82:マーヤ:2016/10/07(金) 15:02 ID:2Sw

あ⁉ ごめんなさい‼

リレーだと思っていました‼


本当にごめんなさい‼

83:サクランボ:2016/10/08(土) 15:15 ID:Pio


リレー式の見てみたいな〜〜

84:勿忘草 珊瑚:2016/11/02(水) 18:38 ID:anE

勿忘草 珊瑚(わすれなぐさ さんご)と申します。ねのさん、マーヤさんお上手ですね!羨ましいです!!!!!私も、リレー式いいと思います!

85:勿忘草 珊瑚:2016/11/19(土) 08:20 ID:KVE

書かないのですか?

86:珊瑚:2016/11/20(日) 18:40 ID:KVE

書いて欲しいです!楽しみにしています!

87:珊瑚:2016/11/20(日) 18:47 ID:KVE

「ま、ま、待って!どういうこと!?整理するから、そこにいて!」話したかったから…???私と?なんの?嫌味じゃないのぉ?それ以外無い…!それだ!「まっ、お前、なんか変にとらえてないか!?すっ、素直に話したかっただけなんだ…。」

88:マーヤ:2016/11/26(土) 16:20 ID:6jY



素直に話したかった…だけ…?


前に向き直ったチトセの事を、首を傾げて見つめると、「あぁ、もう!」と苛立たし気にガリガリと頭を掻く。




「素直にって、あたしをバカにする事?」



「そうしたいけど、今は違う」



「じゃあ、食いぶちに困ってるから助けてくれって事?」


「なっ!そ、それも…違う」


チトセが、怒らない。


この事を言ったら、絶対に怒るのに…


本当に、食いぶちに困ってるのかなぁ?


「それじゃあ、何の話ですかねぇ」



あたしが、横を通っていく人達を避けながらそう言うと、



「ここは、人が多いし騒がしい」


チトセが、ホウキを取り出す。


そして、ホウキにまたがると上空で「速く、来い」
…と。



渋々と言った感じで、ホウキを取り出し、それにまたがるとチトセの元までホウキを走らせた。



「何処に行くつもり?」



「・・・」



はぁ〜〜?無視〜〜?

…じゃ、ないか…




チトセは、無言でホウキを進めた。


チトセの隣にホウキを並べて進んでいると、


「なぁ」


不意に、チトセが声をあげた。


それと、同時に今まで『今日の夜ごはんが何か』という思考が中断。



「何?」



あたしが、チトセの方を向くとチトセは、前をジッと見て、



「セイラが、一緒に来るの嫌だった?」



「セイラちゃん?」



嫌と言えば嫌だけど…



こっちを見た群青色の瞳から逃れるように目を逸らした。



「…ちょっとだけ、ムッとした」



俯いて、足をふらふらさせると、



「ふ〜ん」



顔を上げるとニヤニヤと笑っているチトセの顔…



思わず、目を見開くと、



「それって、嫉妬?」


「は、はぁ⁉ そ、そんなんじゃないわよ‼」



嫉妬なんか、するわけない…


いや、してた…


顔が火がついたように熱くなるのが分かった。


いつの間にか下にある群青色の…チトセの瞳の様な色の海を見つめる。



《オレは嫉妬したけどな、フウカがキースといた時》



「ん?何か言った?」



突然、小さく囁く様な声が聞こえた。


不思議に思ってチトセに目を向けるけど、



「キレーだな、この海」


とかなんとか言っている。


風の音と間違えたのかな?

89:楓 よろしくね(o^-')b:2016/11/26(土) 19:24 ID:WWQ

初めまして。楓です。入っていいですか〜?ときどきしか投稿できないです。


書き込む 最新10 サイトマップ