ドーリィ♪カノンの小説を書くよー(^◇^)(#^.^#)

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:笹:2012/08/27(月) 11:17

移転しました
次から書きます^^

2:笹:2012/08/27(月) 11:19

プロローグ
僕は、ヒトカラがすきだけど
まさか、こんな風になるとは、
思ってもいなかったー。

3:笹:2012/08/27(月) 11:20

オリジナルです。

4:笹:2012/08/27(月) 13:25

心音語り手1話
今日もいい詩ができたでぇーす♪
作詞作曲してるでーす
奏士きゅん今日も素敵デスネ!(^^)!
でも奏士きゅんとラブラブになれる日はまだ遠いー。
そう思ってたある日ー。
だだいまでぇーす♪
おかえりここにゃん
バイトの幸田さん。16歳。
カラオケルームに向かう私。
そこには、とんでもないことが起きたのですー。

5:ひまわり:2013/01/11(金) 09:14 ID:rg2

あのーー

6:鏡時:2013/01/11(金) 16:28 ID:Hac

アドバイスです。

「♪」や顔文字等をなるべく控えましょう。

それと。

セリフの所に「」をつけましょう。

最後にもう一つ。

情景描写を増やしましょう。

お手本(?)です。



「今日もいい詞ができたでぇーす」

ワタシはウキウキ気分で、あるカラオケ店(ワタシの家)のドアを開けた。

もうお分かりかもデスが実はワタシ…作詞作曲してるでぇ〜す!

奏四きゅんを見ていい詞を作ってるでぇ〜す。

奏四きゅん…今日も素敵だったでぇ〜す。

ワタシはフロントの床をスキップした。

それくらい、いい詞が出来たカラでぇ〜す。

「ただいまでぇ〜す。」

ワタシは元気よく『ただいま』のアイサツをした。

「おかえり、ここにゃん」

ワタシのアイサツに返事をくれたのはココのカラオケでアルバイトしてる幸田さんでぇ〜す。

少しだけワタシより年上の16歳でぇ〜す!

高校生デスよ…。

そんなことを考えながらワタシはカラオケルームへ向かった。

―まさか、あんなことになるなんて―…




みたいな感じです。

改行はクセなので気にしないでください。

がんばってくださいね


書き込む 最新10 サイトマップ