−千と千尋の神隠し−8年後―――U

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:椿 ◆XZbk:2012/09/05(水) 22:17

どうも!!椿です。
もともとあったスレが、ごちゃごちゃになったので、「U」という事で…!!

これは、リレー小説です。

皆さんの感想待ってます♪

―お願い琴
T荒らし、中傷はしない
Uナリもしない
V前スレにいた、鳥頭丸・rain・みく・J・王音は、来て欲しいです!



以上です♪では、スタート!!(*・ω・)ノシ

2:結愛:2012/09/05(水) 22:18

小説頑張ってください

3:つばき:2012/09/05(水) 22:35

間違い発見(◎-◎;)『お願い琴』→『お願い事』です…

結愛さん
有り難うございます!!

4:みく:2012/09/05(水) 23:03

きたのだ!

結愛さん!
よろしく!

5:結愛:2012/09/05(水) 23:14

みくさん>よろしくお願いします。

6:みく:2012/09/05(水) 23:17

ついでに!
結愛さんは何歳?
…もう…呼び捨てでいい?

7:結愛:2012/09/06(木) 16:21

みくさん>呼び捨ていいですよ!
年齢は中学三年の15歳です。

8:菜花:2012/09/06(木) 18:26

新しく立て直したんですね!

前のからずっと読んでましたっ!

今回も楽しみです♪

9:みく:2012/09/06(木) 18:42

みくよりうえだぁ!
みくは中二の13歳!

タメでいいよ〜

10:J ◆LlR.:2012/09/06(木) 19:15

わぁーw

新しいスレ立てありがとーー!!

11:未桜:2012/09/07(金) 19:13

千と千尋 大好きです!
入れてくれませんか?

12:王音:2012/09/08(土) 11:50

来ました!!


これから宜しくお願い致します^^

13:みく:2012/09/08(土) 13:21

お〜!
王音きたぁ!
ていうか、最近みんな来ないねぇ…

14:王音:2012/09/08(土) 15:08

>>みくさん



そうですね…やっぱり忙しいんですよ;

15:みく:2012/09/08(土) 17:56

う〜ん…受験とか、テストとかあるのかなぁ?
もうみくは終わったんだけど…課題テスト…まだ英語しか返ってきてないけど散々な結果だったよ…
やばいかも…

16:rain:2012/09/08(土) 18:03

はい、明日書くとか言ってたけど書いてない馬鹿でーす…。
こんばんわ、♪

17:みく:2012/09/09(日) 02:48

rain〜!
やっときてくれたんだね!

18:J ◆LlR.:2012/09/09(日) 21:10

しばらく来れなくてすいません…

小説早く書いて下さい><

19:みく:2012/09/10(月) 21:35

でも…つばききてないじゃん…順番もまだ決めてないし…まだ書かないほうがいいと思う…

20:rain:2012/09/11(火) 22:24

−ジーワジーワ…
−ミーンミン…

九月。多くの学校でも始業式が行われ、新学期のスタートを切ったところだろう。
この都立高校も今、その始業式が行われたところだ。

「夏休み期間中、だらけることなく―……。」

校長の声がマイクを伝い、体育館中に響く。
その声は大きく、太くなっているため、誰の耳にも入りやすいことだろう。
しかし、この場にいる誰ひとり、そんなことを聞く余地はない。
なにしろ体育館。
もちろんエアコンなど付いているわけもなく、ましてや何百人という生徒がいっぺんに集まるのだ。
窓こそ開けてあるものの、九月といえどまだ暑い。そんな日差しと人間の熱気。
そんなところに押し込まれ、わざわざ話を聞く必要があるのだろうか……。

−…ふぁ、と短い欠伸をしながら少女は考えた。
少女の名は、荻野 千尋。都立緑ヶ丘高校の普通科、二年生。
明るい茶褐色の髪を腰まで伸ばし、外に出ても焼けない体質。と言わんばかりに真っ白な肌。
細いウエストに同じく細い四肢。おまけに顔は整った目鼻立ち。
誰が見ても振り返ることだろう。
千尋はいままでありとあらゆる人に告白されてきた。
−…が、いまだ好みの人−…は現れない。

千尋の好みのある人物はただ一人−…。

千尋だけが知る、あの人なのだからー……。





>みく
かいちゃったけど…。
順番は、前のスレに書いてあるよ!
一に椿が書いてくれた通りだと思うから…。

21:離乃*♪:2012/09/11(火) 22:45

久しぶりに来ました!
覚えてますか?
Uおめでとう!

22:J ◆LlR.:2012/09/11(火) 23:17

えー…と椿来ないから飛ばさない?

いつまでも待ってても意味ないし、来たら来たで書けばいいと思うし……

23:みく:2012/09/11(火) 23:52

う〜ん…でも、みくは待ってたいな…

24:J ◆LlR.:2012/09/12(水) 00:15

でも……このままだと続かないじゃん?

25:みく:2012/09/12(水) 23:27

じゃあ、一回椿と話してみるね!

26:椿:2012/09/13(木) 22:04

ありゃ?何か皆混乱しとる(;´∩`)

順番とかは、前やってたのの付けたし的に、
「rain→(鳥頭丸)→椿→みく→J→王音」
で、良くない?鳥頭丸は、最近見かけないから、今は飛ばしといて、来たらまた入れる…てきな?

27:みく:2012/09/13(木) 22:10

オッケーじゃあ、椿の番だから!
よろしくね!

28:椿:2012/09/13(木) 22:29

そう。ハクだ。
ずっとずっと忘れられない、私の思い人。
ハク、貴方は今どうしてますか?

…寝ても覚めても貴方の事ばかり。
私、頑張って可愛くなった。
勿論勉強も。

だからお願い。



もう一度、貴方に会いたいよーーーーーー…

29:王音 ◆5F.I:2012/09/13(木) 23:09

皆さん凄いです…!

wktkしながら見させていただきます←

30:椿:2012/09/13(木) 23:10

王音さんも凄いじゃん(*^_^*)

31:みく:2012/09/13(木) 23:22

次の日

「いってきま〜す」
と元気な掛け声とともに千尋は家を出た
「おはよ〜」
「おはよ〜」
友達がみんな話しかけてくれる
「おはよう!」
とそのあいさつにかえしながらふと思った…
ハクは今何してるんだろう…と
そして放課後(いろいろとばしてごめん)

「ばいば〜い」といってみんなと別れる…
そして…

「千尋」

と、何のためらいもなく自分の名前を呼んだのはだれかと確かめるために振り返った
そしてそこにいたのは…

ハクだった―――――――

32:梓:2012/09/14(金) 16:34

入れてもらってもいいですか?
皆さん、小説お上手ですね。
前は、勝手に注意しちゃったりしてすいません(汗

33:王音 ◆5F.I:2012/09/14(金) 16:57

>>椿さん

いえ、僕はまだまだ未熟ですよ!!



>>みくさん

上手いですね…
続きが気になります!!



>>梓さん

僕も以前はすみません…
宜しくお願い致します^^

34:みく:2012/09/14(金) 18:43

梓さんよろしく!
ヨビタメおっけーですか?
みくはおっけーです♪

35:みく:2012/09/14(金) 18:44

王音ありがとう!
全然うまくないよ!
王音のほうが上手いじゃん!

36:ユリ ◆LlR.:2012/09/14(金) 23:29



「---ハク…」
揺れる木々、一瞬一瞬全ての時間がスローモーションのように動く
「ハク…ハク…なの……?」
ハクの名を呼んだ瞬間目の奥がジンジンしてきてすぐに涙が溢れる。

目の前に柔らかく笑う青年は口を開いた
「久しぶりだね、千尋」
久しぶりに聞いたハクの声、とても安心する

あたしの目からボロボロと涙が溢れたー・・・

書きました〜

小説皆様お上手ですw

続きお願い致します。

37:rain:2012/09/15(土) 08:44

>梓s
よろしくお願いします、♪

>ALL
みんな小説うまいねー…。
羨ましいよ…。

>ユリs
すいません、ここの小説はもともと決まったメンバーで書いているので…。
いきなりそういうふうに書かれるのはやめていただきたいのですが…。

38:梓:2012/09/15(土) 10:42

あっヨビタメ全然いいですよ!
こちらこそ宜しくお願いします。(^-^)/

39:王音 ◆5F.I:2012/09/15(土) 11:01

>>みくさん

いえいえ…
僕はまだまだ未熟ですww


>>rainさん

あの、ユリさんはJさんですよ。 トリップを見ればわかると思います…


>>梓さん

僕も呼びタメで大丈夫です^^



************************

昔より少し伸びた緑髪、優しげな目、私よりも高い身長…
昔とは違う姿だけど、その変わらない優しげな目でわかった。

まるで悲しみが洗い流されるように、千尋の瞳から涙がボロボロ零れてくる。
こんな姿を見せたくない…千尋が服の袖で涙を拭う。
だが涙は滝のようにまだまだ零れて…

「遅くなってすまない…千尋。」
ハクは自分が身に着けている服の袖で、そっと優しく涙を拭ってやった。

40:rain:2012/09/15(土) 11:57

>王音s
そうでしたか、すみません…。

>ユリs
名前間違い住みませんでした…。

41:みさ:2012/09/15(土) 12:19

前のスレからずっと見ていました!!
すっっっごいファンです♪
口論になったときはどうなるかと思いましたが…スレ立て直されて良かったです!!(*^^*)
これからも頑張って下さい\(`∀´)/
ちなみに小5の10歳です(・ω・)

42:みく:2012/09/15(土) 18:19

rain!久しぶり!

みささん!
よろしくね♪

43:J ◆LlR.:2012/09/16(日) 19:12

に”ゃぁぁあ!!w

すいませぇぇん!!!!
間違えました……orz

本当にごめんなさい。

44:梓:2012/09/17(月) 17:41

みささん、新入り同士宜しくお願いします^^
最新頑張って下さい!

45:rain ◆qpUY:2012/09/17(月) 20:14

あれから、どれくらいの月日がたっただろう?
一年、二年。
どんなに月日を重ねて、同じ季節を振り返ろうとも
そのたびに貴方がいない現実を突きつけられた。

会いたい。

なんど願ったことだろう。
だけど、そんな願いがかなうような甘い世界ではなくて。
もういっそあの時のことが夢であってほしい。
そう思った。なのにー…。

今、私の目の前にいるのは?
外見こそ変わってしまっても。私が泣くのを優しく見守ってくれるのは?
涙を拭うその優しいては?

一体誰のもの?

ずっと求め続けてきた。
別れてから気付いたこの思いの名。
いままでどんな人に会おうとも、思わなかったこの思いは。
どんな時でも貴方に向けられていて。
だけど会えなくて。
悲しかった。苦しかった。
友達が、嬉しそうな顔で話をするたび、焦がれてゆく。

だいすきだよ、ハク。

ずっと言いたかった。言わなかった。言えなかった。
言えないことがこんなにも苦しくて。
今、ここで会えたのが嬉しくて。
今なら言える?
ハクは受け止めてくれるだろうか。
だけど、そんなことは思っていられない。

勇気を出して。
涙でぐしゃぐしゃになった顔をあげた…。


>みく
久しぶり!これからちょこちょこ来るようにするね!

>みさs・梓s
よろしくお願いします、♪

>ALL
なんか書いてて自分もよくわからなくなるよううな駄文でホントすいません…。

46:王音:2012/09/17(月) 20:20

>>rainさん

駄文なんて言わせませんよ←
てか、文才分けてくださいよ((

47:rain ◆qpUY:2012/09/17(月) 20:32

>王音s
いやいや…。
私の文才なんか分けたら下手になっちゃう…。

てか今更ながらタメでもいいですか?

48:鏡時:2012/09/18(火) 16:04

…すんごくおもしろいです!

てか、泣けます!

千尋、きっと美人なんだろ〜な♪

更新、待ってます!

49:梓:2012/09/18(火) 19:20

Rainさんと王ネ音さんって文才有り過ぎです( ´ ▽ ` )
羨ましい限りです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

千と千尋って、都市伝説ありますけど、あれって本当なんでしょうか?

50:梓:2012/09/18(火) 19:47

Rainさんと王ネ音さんって文才有り過ぎです( ´ ▽ ` )
羨ましい限りです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

千と千尋って、都市伝説ありますけど、あれって本当なんでしょうか?

51:rain:2012/09/19(水) 18:11

>梓s

いやいや、文才なんて…。
ありがとうございます、

都市伝説は…いろんなとこで聞きますけどどうなんでしょうね…。

52:梓:2012/09/19(水) 18:26

Rainさん、私のことは呼び捨てで「梓」って呼んでください
修正「王ネ音さん」→「王音さん」です(^◇^;)
しかも二回も書いちゃってすいません

やっぱり都市伝説は謎のままなんですね。( ̄^ ̄)ゞ

53:rain:2012/09/19(水) 18:46

>梓
わかった、じゃあ梓って呼ぶね、あとタメでもいい?
私も呼び捨てと、タメでいいから…。
あ、それとrain、は小文字の「r」から始まるので…。

54:梓:2012/09/19(水) 19:51

タメは全然OK (タメってこれでいいのかな?)
rain\(//∇//)\でいいのかな?
すいません・・このipローマ字入力にすると、
必ず最初のローマ字は大文字になってしまうんです・・
決してわざとではないんです(>人<;)

55:rain:2012/09/19(水) 19:56

>梓
うん、それでいいよ♪
そっか、じゃあしょうがない…。
まあどっちも同じように読めるから気にしないさ!

56:王音 ◆5F.I:2012/09/19(水) 21:16

>>rainさん

そんなことなi((強制終了
勿論大丈夫ですよっ
椿さんかうずまるさん、まだですかねぃ…(´・ω・`)



>>鏡時さん

千尋はきっと究極美人れすよ←
頑張って更新しやす!←←



>>梓さん

お口はチャックれすよ!!←
この僕が上手いなら赤ちゃんクソ天才じゃないですかww

57:梓:2012/09/19(水) 22:09

王音さん(汗
そ、そんなことないですよ?王音さんは、
賢く・イケメンで・優しく・文才に恵まれてて完璧な男の子です!!!!!
王音さんとかrainなどなどの小説を楽しみにしています。(*^^*)

rain<やっと普通にいれられたよ〜(T○T)

58:王音 ◆5F.I:2012/09/20(木) 18:00

>>梓

イケメソ・男の娘の間違いれすよ←

正しいと勇ましい女子・男の女になりますね((

59:椿:2012/09/20(木) 18:10

あ、書きます書きます!
ごめん、これなくて…(ノд<。)゜。

60:梓:2012/09/20(木) 18:23

王音さんすいません!僕と言ってたのでてっきり男の子かと・・・
本当にすいません!m(_ _)m
椿サマ宜しくお願いします。

61:椿:2012/09/20(木) 18:29

あ、梓さん!この前は、すみませんでした(;´∩`)

62:椿:2012/09/20(木) 19:04

「ハ…ク?」

泣いて、腫れてしまった私の目蓋を撫でて、涙を拭って私の問いかけにゆっくりと頷くハク。

「どうして、ずっ…」

言葉を遮られ、ハクに抱きつかれた。そしてゆっくりと、喋り出した。
「私は、千尋にもう一度会いたかったから、頑張ったんだ。そしたら、それを見兼ねた湯婆婆が契約をしてくれたんだ」

「契約…?」

「そう。契約」

そういったハクは、宝物を大事に扱うような、優しい口調だった。

63:王音 ◆5F.I:2012/09/20(木) 20:09

>>梓さん

いや95%男子なのでお気にせず←



>>椿さん

ふぉぉぉ!ハクカッケェェ((

みくさん、楽しみですね←

64:梓:2012/09/20(木) 20:42

61<こちらこそすいませんでした
以後気をつけます。
62<椿さんの小説サイコーです!( ´ ▽ ` )
63<ふぅ安心しました。でも・・すいませんでした。

65:椿:2012/09/20(木) 20:50

さ、さ、さ、最高!?何て勿体ない言葉!サンクス☆゚+。(*′∇`)。+゚
梓&王音
ためおk?

66:梓:2012/09/20(木) 20:56

私は、OKです!
いやいや、最高という言葉は、あなた様にピッタリです(*^^*)
64>>これの向き間違えました・・

67:みゅみゅ いじめ:2012/09/21(金) 19:29

いきなりですが
ハクの本名って何でしたっけ?


あと私の作った小説
「いじめ〜消えない傷跡〜」
にも来てくださいね〜

68:椿:2012/09/21(金) 20:19


有り難う!ならタメで(´∀`)


宣伝、ここではしないでくれませんか( ̄〜 ̄;)

69:王音 ◆5F.I:2012/09/26(水) 07:43

上げますね、

70:みゅみゅ いじめ:2012/09/26(水) 18:57

はい…以後気を付けます

71:王音 ◆5F.I:2012/09/28(金) 07:41

>>みゅみゅさん

そういえば…

なんとかのこはくぬしでしたよねww

72:王音 ◆5F.I:2012/09/29(土) 15:56

定期的にあげ、

73:千と千尋:2012/09/30(日) 06:01

ミギハヤミコハクヌシですよ
たぶん

74:一期:2012/09/30(日) 07:39

頑張ってね( *`ω´)

75:一期:2012/09/30(日) 07:42

間違えた…

76:王音 ◆5F.I:2012/09/30(日) 09:03

>>千と千尋さん

思い出しました!
ニギハヤミコハクヌシでしたよね^^


>>一期さん

はい!
頑張ります^^

77:梓:2012/10/01(月) 18:35

上げときます

78:椿:2012/10/03(水) 18:26

あげ。

79:みゅみゅ いじめ:2012/10/04(木) 21:37

なんかすごい名前…

千尋が王子様みたいな名前って言っていたのがよくわかりますよ

80:梓:2012/10/07(日) 16:26

上げときます

81:鏡時:2012/10/11(木) 17:40

なんか雑談になってない?

更新してよ〜。

82:梓:2012/10/17(水) 20:03

上げ。

83:伊織:2012/10/18(木) 20:28

T見ました!
続きがんばってください!

84:椿:2012/11/08(木) 19:15

あげます。

85:ggjkk:2012/12/15(土) 18:19

>>79
王子様じゃなくて神様ですよー(^∀^)

86:美麗:2012/12/16(日) 10:03

久しぶりに上げてみる

87:椿 ◆masc:2012/12/16(日) 17:36

「契約って……?」

ハクの事だから、湯婆婆に命を売ってしまったのかもしれない。
それとも、もっと危険な事……?

どうしよう。
私のせいでハクが死んじゃったら……。

「私は、死なないよ」

優しい声。
耳から聞こえるというより、頭に響くような、そんな感じ。
嗚呼、ハクは私の心を読み取ったんだな。

「じゃあ、契約内容って……」

「千尋と婚姻を結ぶこと」

「……え?」

今、ハク…何て言った?
え? え? そんなまさか……

「そのまさか、だよ。 簡単に言えば、結婚……かな?」

そう言って、ハクは顔を赤らめて笑った。

私……結婚するの?

88:桜の精:2012/12/19(水) 21:18

あ わたしまちがえて前のに書いちゃったのかな?
すみません
桜の精と申します
まぜていただけないでしょうか(・ω・)ノ
千と千尋の大好きさだけは自信あります


書き込む 最新10 サイトマップ