夏目友人帳の小説

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:みーすけ:2012/09/26(水) 16:58

大好きな『夏目友人帳』の小説を書きたいと思います!
自己紹介!
6年の女子で、12歳です!
千葉県住み〜♪よろしくね!

2:みーすけ:2012/09/26(水) 17:35

書きます!

はぁ、はぁ、はぁ…
少年は走っている。
彼の名は夏目貴志。回りから見ればふつうの男子高校生だ。
だが、彼には他の人とはちがう所がある。
小さい頃から時々見る、『変なもの』それはきっと、
妖怪という物なのだろう。
俺は両親を早くに亡くし、親戚の家を転々としてきた。
血の繋がっていない、俺と関わりを持ってしまった人々の間で、
俺は暮らしてきた。今の家でお世話になり始めたのは先月。
ここはかつて、俺の『祖母』も暮らしていた土地だ。
祖母も変な物が見える体質だった。
その体質のせいで祖母はいじめられていた。
もちろん、俺もだ。  続く…

3:みーすけ:2012/09/26(水) 19:32

訂正!
11歳です!(笑)

4:ゆゆ:2012/09/26(水) 22:11

いれて♪
面白い!

5:みーすけ:2012/09/26(水) 22:11

この変な力のせいで親戚の間をたらい回しにされてきた。
所で何で逃げてるのかって?あいつが見えないなんて
羨ましいよ。
?「うぁぁぁぁ!名を返せ、『レイコ』!」
(くそ、早い…!)?
?「返せといってるんだ!!」
こう言うときは神社にでも逃げ込め…
ズダァァァァァン!
貴志「ぐはぁぁ…!」
やつにつかまった。凄まじい力で。
?「わたせ!『友人帳』を…!」
ダァン!  俺はヤツの顔面を思いっきり蹴った。
?「うわぁぁぁ!目、目がぁ〜〜〜!」
(今の内に…!神社に!)続く…

6:みーすけ:2012/09/27(木) 16:57

ゆゆsどぞどそ!!>∀<

?「ぐっ…まっ待て!友人帳を…」
(さっきから言っている『友人帳』って聞き覚えがあるな…)
貴志「はっ、入った!」『ブチッ』
貴志「ん?なんだろう…今の音」
ゴゴゴゴゴゴ…
♪「やっとおのれを囲む決壊が壊れた…」
(なんか嫌な予感がするな…)
ガタガタガタガタ…
貴志「うわぁぁぁぁ!」続く…

7:匿名さん:2012/09/30(日) 08:56

パクリ?

8:ゆうき yuuki:2012/10/01(月) 21:26

やっぱりみーすけの小説
は面白いね!
続き書いてね!

9:みーすけ:2012/10/01(月) 22:26

ゆうきありがとう!
貴志「うぁぁぁぁぁぁ?」
でできたのは招き猫だった。
(なんだ…ただの招き猫じゃないか…)
「おい、そこのお前。人間の癖に私を恐れないとは無礼な!!」
貴志「ま、招き猫がしゃべった!?」
驚きの余り、腰を抜かしてしまった。
「私は招き猫ではない!」
貴志「じゃあ、なんなんだよ!!」
「私は斑(まだら)。今はこんな姿だが、本当は
それはそれはきらびやかな姿でな?つやつやな毛、凛々しい顔立ちで…」
貴志「はいはい、わかったから自慢話は終わりにしてくれ。」
斑「ん?そう言えばお前、夏目レイコじゃないか?」
貴志「夏目レイコは俺の祖母だ。」
斑「お?ちがうのか。よく見てみれば、男だ。」
貴志「よく見なくても男だ!!」
斑「すまんすまん。あやかしには、はっきりと性別は決まってないんだ。」

10:& ◆7ahs:2012/10/02(火) 19:20

漫画どうりだな。もうちょっと、オリジナルを入れてほしいです★

11:みーすけ:2012/10/05(金) 18:45

10すいません!最初はプロローグ的な感じなんで、
だんだんオリジナルになってきます。
すいません。


書き込む 最新10 サイトマップ