あやかし緋扇の小説★ミ

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:歌姫 ◆RX.g:2012/10/14(日) 08:43

あやかし緋扇の小説をかきまーす。
感想ください※(●°▽°●)※

2:歌姫 ◆RX.g:2012/10/14(日) 08:45

★題名★
〜聖の隠し事〜

3:歌姫 ◆RX.g:2012/10/14(日) 08:53

聖「はぁ・・・」
あれ?聖がため息ついてる!?
陵「未来さん、どうしましたか?」
未来「あのね陵、聖がため息ついてる。」
陵「あの聖先生が!?」
陵がびっくりしてる。
陵「聞いてみましょうか」
未来「うん。」
こうして、聞いてみることにした。


短くてごめんなさい(´^`)”

4:歌姫 ◆RX.g:2012/10/14(日) 09:29

未来「聖?どうしたの。」
私が聞いても、
聖「別に何も……?」
と答えた。
陵「そうですか。」
聖「じゃあ、職員室に行くから。」
タッタッタッ
未来「怪しい……」
陵「…ですね。 放課後、追ってみますか?」
未来「うん!」
こうして、放課後尾行をすることにした。

*放課後*
未来「あっ!聖だ。陵!行くよ。」
陵「はい。ニコニコ」
未来「なに笑ってんの?」
陵「嬉しいです。放課後も未来さんと、一緒に居れるなんて♪」
未来「カァァァァ(////)うるさい!」
タッタッタッタッタッタッ
未来「!?占いの館…?」
陵「入りましたね。」
こうなりゃ盗み聞きだぁ!!!
コソコソ
陵「未来さん!だめです。」
未来「りょお…お願い……?」
陵「(///)しょうがないですね…」
フフッちょろい♪
聖「俺…恋したんです。」
未来「え¨……」
聖「それが、友人の恋人なんです。」
占い師「友人とは?」
聖「………です。」
未来「え!?聞こえなかった…」
陵「そうですね。」
聖「ありがとうございました。」
ヤバッ、隠れなきゃ!!
サッ
隠れた。聖が出てきた。
未来「ひっ聖に好きな人…」
プッ
未来「あははははっ(爆笑)」
陵「未来さん!誰なのか、調べましょう。」
私達は、聖の好きな人を探すことにした。

5:美幸:2012/10/14(日) 09:44

聖の恋人!
聖なんて振っちまえ!
あ、遅くなりました。
美幸です。
良ければ入れて。

6:歌姫 ◆RX.g:2012/10/14(日) 10:48

美幸s
入って〜〜♪
>>5振るのかなぁ?
お楽しみに♪♪

7:美幸:2012/10/14(日) 12:55

ありがと♪
美幸でいいよ!
楽しみにしてます^^

8:ayano:2012/10/14(日) 13:52

話にいれてayanoです〜はじめまして
聖に恋人!!
気になる〜!

9:歌姫 ◆RX.g:2012/10/14(日) 14:55

>>7
じゃあ、美幸で♪

>>8
どうも!!

10:歌姫 ◆RX.g:2012/10/14(日) 15:10

未来「そうだ!!」
陵「何かわかりましたか?」
未来「友人の彼女が好きなんでしょ?なら、聞き込みをしようよ!」
陵「友人にですか?いいですね。」
未来「では、GO〜♪♪」

未来「お兄ちゃんの、友達に聞いてみようか。」
陵「はい。」
えーとっ、この辺に……
未来「あっいたいた!!」
友人A「おっ!未来じゃん。大きくなったねぇ。」
未来「聖の好きな人、知ってる??」
友人A「あっ!なんか、こそこそ女の子と話してたなぁ……」
陵「その人は、今どこに?」
友人A「うーん、あっ『正人』に聞けばわかるかも!!」
未来「電話してぇ!」

友人A「公園に居るって。」
未来「陵!行くよ!!」
陵「はい!」
タッタッタッタッ

未来「あっ!正人くん。おーーい。」
陵「こんにちは、陵です。」

正人「えっ!?聖の好きな人?」
陵「はい。知っていますか?」
正人「もしかしたら、コンビニでバイトしてる…」
未来「行ってみよう!」
正人「ばいばい。」
タッタッタッタッ

未来「ここか……」
陵「聞いてみましょう。」

未来「あの、聖って人知りませんか?」
レジの人「あぁ、その人ならさっき愛と電話で話してたわ。」
未来「会わしてもらえませんか?」
レジの人「いいわよ。」
陵「よかったです。」
レジの人「おーい、愛〜。」
愛「どうしたの?」
未来「!?あなたは!」

11:歌姫 ◆RX.g:2012/10/14(日) 15:12

↑正人は、聖の親友という設定です。

12:歌姫 ◆RX.g:2012/10/14(日) 16:17

今から書きたいんだけど、用事が…
ごめんね(><)

13:歌姫 ◆RX.g:2012/10/14(日) 19:34

未来「お兄ちゃんの、恋人!?」
愛「未来ちゃん!?」
陵「知り合いですか?」
愛「可愛い★未来ちゃんの彼氏かなぁ?」
ちょっとぉー!なにいってんの!?(///)
陵「いいえ。」
ズキッ
直接言われると、やっぱりズキッとするな。
未来「愛さん。聖さんとは、どういう関係で?」
愛「…友達……だけど?」
キョトンとして言われた。
陵「そうですか。」
未来「あっ、ありがとうございました!!さっさようなら!!」
ウィィーーン
扉が閉まった。
未来「こうなったら、直接聞くしかない。明日、聖に聞こう!」
それで、明日聞くことにした。

14:美幸:2012/10/15(月) 18:15

はーい!
小説、面白い事になってきたね^^

15:美幸:2012/10/17(水) 21:43

おーい!
歌姫sーー

16:歌姫 ◆RX.g:2012/10/20(土) 21:20

ごめんなさい!!
最近来てなくて………
今から、書きます。

17:歌姫 ◆RX.g:2012/10/20(土) 21:30

*翌日*
未来「聖ー!!」
聖「なに??」
聖は、いつも通り元気だった。
未来「あ…あのさ…………」
ヤバイ・・・
いざとなると、緊張する……
未来「すっすっ好…………」
陵「…きな人っていますよね?」
陵!?
聖「はぁ?いるわけねーだろ。」
………否定した。
陵「でも…………」
聖「そんなこと言っている暇があれば、勉強しろ、勉強!!」
陵&未来「はいぃ。」
結局、聞けなかった……
陵「いることは、確かなんですが・・・」
未来「だよね。」

             ★続く★

次は、聖目線で書きます!

18:歌姫 ◆RX.g:2012/10/20(土) 21:32

明日、書けたら書きます。
お楽しみに〜♪

19:美幸:2012/10/21(日) 09:28

はーい^^
楽しみに待っていまーす!

20:歌姫 ◆RX.g:2012/10/21(日) 10:30

あぁ・・・
書き込みエラー

21:美幸:2012/10/21(日) 10:49

ええ!?
エラー!?
長かったの?

22:歌姫 ◆RX.g:2012/10/21(日) 10:51

うん・・・
だから、聖目線は書けない・・・

23:美幸:2012/10/21(日) 11:03

はーい!
了解です^^

24:美幸:2012/10/21(日) 15:15

来たよ


書き込む 最新10 サイトマップ