ナゾトキ姫は名探偵ーナゾトキ姫と記憶喪失の月と桜の歌姫ー

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:SIA:2012/10/19(金) 16:37

一人でも来てくれると嬉しいな♪
この、小説の主人公の設定です

桜牙 月歌(さくらが るか)

髪の長さ 膝くらい
髪の色 紫
目の色 右目 あお 左目 赤
容姿
袖の長い黒いパーカーに、下に紫のアゲハ蝶のついた白いTシャツを来ていてデニムの短パンに膝までの黒いスパッツをはいている
茶色っぽいブーツをはく
左右の目の色が違うため右に黒い海賊が着けるような眼帯をしている
量腕に包帯を巻いている

2:SIA:2012/10/19(金) 16:57

設定て、書き忘れがひとつありました
それは、歌がうまいこと
です!

(…僕、ちゃんといい子にしてたのに…ママ、僕ちゃんといい子にしてたのに……それでも、駄目なの…?僕を見捨てないで……!!!

パパ……!!パパも、僕を捨てるの…?なんで!!なんでなの!!!
置いていかないで…!!!!置いていかないでよ!!!!!パパ!!ママ!!)

私、桜牙 月歌
幼いころのことを思い出した
幼い頃のことは、いじめと親からの暴力をうけていたことこれだけしか覚えていない
「はぁ〜……」
私は、黒いパーカーに紫のアゲハがついたTシャツにデニムの短パンにひざまでの黒いスパッツとブーツ
この、コーデが好き
もちろん、いつも同じもの来てる訳じゃないよ!
「っ………」
ここで、私の意識は途切れた………

…………………………………………。
…………………………。
…………………。
…………。
……。
…。

3:SIA:2012/10/19(金) 19:58

〜月歌の記憶〜
「いかないで!!!置いていかないで……!もっと、もっといい子になるから……!!置いていかないで……!!!!!!」
なんで………!!!
「僕なんて、生まれなきゃよかったんだ…………………!!!!!!!!!」
???「一緒に、帰ろう」
「えっ?そんなことしたら君は、殺されちゃうくせに!」

4:SIA:2012/10/20(土) 18:47

???「大丈夫だよ」
「僕の、せいで殺されちゃうんだよ……!!!!!」
???「そんなの、私の知ったことじゃないわ。君の名前は?」
「………桜牙」
???「したの名前」
「………したの名前、無いの」
???「月歌………。」
「る…か…?」
???「君の、名前は、月歌。
桜牙 月歌!!!」
「いい名前!!!ありがとう!!君はの名前は?」
???「残雪 時雨(ざんせつ しぐれ)!!よろしくね!!」
「けど、僕は帰る場所無いんだよ」

「はっ!」
???「大丈夫ですか?」
「だ、誰?」(怯え)

5:SIA:2012/10/21(日) 10:59

ここどこなの?
捕まった?ここ2階の部屋か……
「くるな!!僕に、近づくな!!!!」
???「え、えーと………どうしましょう………」
「…………じゃ」(飛び降りる)
数分後
何が、あったんだろう………。
そう、思いながら
黒いパーカーのフードをかぶり
私は、黒いランドセルと、同じ大きさのテディベアを抱いて歩いていった

「こんな、私は、生きてていいのだろうか」

あの時、なんで
親に、暴力をふられていたのだろうか

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………。

6:SIA:2012/11/01(木) 20:35

女子中学生1「辞めてください……」
女子中学生2「はぁ?なんにいってんの?」
女子中学生3「もっと、可愛がってあげるよ」
「お前ら、何やってんだ?」
女子中学生2「あんた邪魔!」

7:望愛:2012/11/01(木) 21:34

面白いです

タメ呼び(・∀・)オッケー!

8:ノア:2012/11/02(金) 19:35

私もだよ!
面白いね!
謎解き姫。
私、大好きだよ!

9:SIA:2012/11/03(土) 11:36

望愛さん、ノアさん
ありがとう

「そんなことしても、意味がないだろう…?」

私は、いじめられてる子の前に立ち
顔フードで、かくし
男の声でこういってやった
無意識のうちに………

「………!」

いじめっこは、カッターナイフを
握っていた
私は、カッターナイフを握っている
ほうの腕を蹴り

女子中学生2「いった………!!」
カッターナイフを何処かに飛ばした

女子中学生3「覚えてなさい!」
………….。

「大丈夫?」
女子中学生1「はい…ありがとうございました……」
「………………じゃあね…」
女子中学生1「女性だったんですか……!」
「そうよ……」

私は、
また、黒いテディベアを
抱きしめながら歩いていった…………

10:SIA:2012/11/05(月) 13:34

「……………誰か…助けてよ……」

ん?
今……なんて……?
   誰か助けてよ……?
私は、誰の助けもいらない!!
独りで、生きて行くんだ………!!
誰かを信じたら裏切られるから………!!
私は、フードを深く被り
テディベアを、強く抱きしめた
???「きゃっ!!」

転けたな………

「大丈夫…?」
???「は、はい」
???「ひなみさん、大丈夫ですか?」
???「こんなとこにいたの?」
???「梅君りっか君!!!」

「あっ!!!さっきの………!!」
???「……?」
数分後
「そうだったの……ごめんなさい」
???「いいんですよ!!」
「…………すまない」

私は、フードをとり
深々と頭を下げた

???「あの……お名前は?」
「?……桜牙 月歌だが……」

11:萃香:2012/11/07(水) 19:51

こんばんは

12:萃香:2012/11/07(水) 19:53

「うっ・・・きもちわるい・・・・」

13:SIA:2012/11/07(水) 21:16

だれですか
1112


書き込む 最新10 サイトマップ