【短編】二次創作【桐澪】

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:桐澪:2012/12/03(月) 17:39




桐澪です。
今回は、
アニメ、ボカロ(曲、キャラ)、漫画
の3つのジャンルの二次創作を書いていこうと思います( ^ω^)つ旦

リクエスト受け付けます!!どしどし言ってください\(`∀´)/

短編じゃない場合もあるかもしれません←

BL/NLあります。んな過激じゃないですw


じゃあ、更新率遅い&駄目作ですが、進めていきますd(°∀° )




第1話。 「黒子のバスケ」~キセキの日常~


※多少キャラ崩壊ありです←
※主はアニオタでs((((
※主の一人称は俺だけど気にすんな!w

2:桐澪:2012/12/04(火) 22:56






「俺の言うことは?」

この一言から、

この長いようで短い物語は
始まったのであった___

3:桐澪:2012/12/04(火) 23:09


現在時刻PM.7:45。
普通なら中学生はこの時間帯は帰宅し家でゴロゴロする時間であろう、

でも帝光中学男子バスケットボール部のレギュラーだけが試合前とゆうわけじゃなく、個人的に体育館で練習をしていた、



まぁ、これにもある理由__いや、ある訳があるのだが___


時間は2時間前に遡る、

帝光男バスは普段通りに練習をしていた、

そんな中、「キセキの世代」と呼ばれる帝光中学男子バスケットボールのレギュラーの中の一人、青峰大輝はシュートを撃つと同時に、同じく「キセキの世代」の一人、黄瀬涼太に言った、

「なぁ、黄瀬!」

「なんスか?」

休憩中だったらしく、携帯をいじりながら青峰のほうをゆっくりと向いた、

「なぁ、良いこと思いついた…」

そう言うと、青峰は黄瀬に耳を借りる、

「………………で、………………」

青峰が何かを黄瀬に耳うちすると、その案に賛成した黄瀬も「それ良いっスね!」と笑顔になった、



この風景を眺めていたキセキの世代、幻の6人目と呼ばれる黒子テツヤは、嫌な思いしかしなかった、

4:桐澪:2012/12/04(火) 23:11

訂正です;;;;

嫌な思い→嫌な予感 ですw


書き込む 最新10 サイトマップ