エヴァンゲリヲン二次創作 〜碇シンジに妹っ!?〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:りいぽんぬ:2012/12/07(金) 18:03

エヴァンゲリオン大好き❤なりいぽんぬです。
エヴァンゲリオンを知らない人でも楽しめるような作品にしますので、ご愛読いただけると嬉しいです。

※注意※
エヴァンゲリヲン本作には何の関係もありません。
ほんっとにぜんっぜん関係ないので、本編とごっちゃにしないようにお願いします。
たまに本編で出てきたシーンや用語もありますので、お気をつけください。

それでは、どうぞ!!

2:りいぽんぬ:2012/12/07(金) 18:11

「シンジ」
この柔らかな声。
ーーー母さん。
声のする方を見ると、黒い髪の少女がいた。
少女はまた、「シンジ」と呟いた。
「君は誰? 誰なの?」
少女はふっと微笑むと、光の粒となって消えた。

3:りいぽんぬ:2012/12/07(金) 18:19

「っは!」
……また、知らない天井だ……。
扉が開いた。
「綾波、」

「食事。緊急招集、食べたら来て」

綾波は、そう言うと、すぐに行ってしまった。

4:りいぽんぬ:2012/12/07(金) 18:25

プラグスーツを着ると、すぐにエントリープラグへ入れられた。
弐号機、零号機も一緒だった。
「……?」
あれは何だろう。
形は初号機に似ているけれど、カラーリングが違う。
黒。真っ黒だった。
所々にあるピンク色が可愛らしい。
乗っているのは、誰だ?

5:りりか:2012/12/07(金) 19:00

いれてください〜♪♪
エヴァンゲリオン大好きです★アスカちゃんが大好きで…♡
あっ、もちろんレイちゃんも…♡
続き楽しみです!
応援してまーす!

6:りいぽんぬ:2012/12/07(金) 20:34

りりかs☞コメントありがとうございますっ
嬉しいです^^
続き書いておきますねぇ♥

7:りいぽんぬ:2012/12/07(金) 20:37

「何してんのよ、バカシンジ」
アスカが話しかける。
「あ、いや、何でもないよ」
「ふぅーん。ま、いいわ。来るわよ!」
【シンジくん、アスカ、レイ。来るわよ。気をつけて】
ミサトが言った。

8:りいぽんぬ:2012/12/07(金) 20:44

「ねぇミサト、 あのエヴァおかしいわ、あんなの見たことないわよ!」
【どういうこと!?】
「……あのエヴァ」
レイが呟くが、再び黙った。
その瞬間、使徒が弐号機の前に飛んできた。
「アスカ!」
シンジは瞬発的にアスカのもとへ走った。

9:りいぽんぬ:2012/12/08(土) 07:13

「っ!」
アスカが身構えた瞬間、使徒のコアが破裂した。
なんと、目の前にはあのエヴァがいたのだ。
「何よこれぇっ!!」
使徒は悲鳴をあげながら血を吹き出した。
もろに血をかぶった三機は、何もすることなく終わった。

10:りいぽんぬ:2012/12/08(土) 07:15

シンジは、あのエヴァに乗っている人物を調べた。
しかし受信拒否。
結局、誰なのか分からないままだった。

11:りりか:2012/12/08(土) 12:25

はわわぁぁぁ〜
おもしろいです★
続き頑張ってくださいね。
応援しています!


書き込む 最新10 サイトマップ