【イナズマ小説】『いつか君に捧げた歌』腐注意!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:phoenix☆:2013/01/02(水) 18:23

こんにちはー☆フェニックスです。
この小説はボカロ曲の『Calc』と言う歌を元にした小説です!
これから頑張りますのでよろしくお願いします♪
♪attention♪
・意味腐((ww
・何だコレ。ゴミ?状態
・初めてなので、ご容赦下さい!

2:phoenix☆:2013/01/02(水) 18:31

言い忘れましたが、荒らし悪コメはなしで。
あとこの小説は蘭マサです☆

3:phoenix☆:2013/01/02(水) 20:47

※死ネタ※

 ある夏の日。俺は、君に出会ったんだ。
  ―…ことの発端は、数時間前…

霧野side-in稲妻高校放課後 金曜日
モブ男「なぁなぁなぁなぁ霧野!知ってる?」
蘭「っるせぇなぁ…てめーはしつこい豆しばか。」
モブ男「何だそれッなんかひでぇぇぇ!!」
蘭「…で、何だよ」
モブ男「…軽音部あるだろ。そこの1年のさー、えーと…誰だっけ…そう!狩屋ってヤツと影山ってヤツ!」
蘭「そいつらがどうしたんだよ」
モブ男「部活動として稲妻公園で『放課後ケミストリー』って名前でライブやってんだと!」
蘭「へー。そりゃすげーや((棒読み」
モブ男「てめぇ棒読みって…」

正直どーでも良かった。関わるわけじゃあるまいし。

担任「まだ残っていたのか。完全下校時間、とっくに過ぎてるぞ!今回は見逃してやるが、今すぐ帰れよー!」
蘭・モブ男「はーい!」

…帰り道…
モブ男「じゃ、俺こっちだから。あ!土曜日ゲーセンいこうぜ♪」
蘭「…却下だな。用事があるんだ」
ゲーセンか…行きたいが…母さんが用事つくるなっていってたからな…。
モブ男「ちぇっ…つれねぇなぁ」
蘭「今度行ってやるよ。じゃ、またな」
モブ男「絶対だぞー!またなー!」

…土曜日…
蘭「はぁぁぁぁ!?」
霧野ママン「ごめんねー?用事はなしになったの。せっかく準備してくれたのに…」
蘭「はぁ…もういいよ…あー、暇になったなぁ…」
俺は暇というものが苦手だった。人がいる所に行きたい…!
(あ!そういえば…!あいつが…ライブとかなんとか…稲妻公園だったよな)
                         時間の都合上 続く☆

4:晴花:2013/01/03(木) 01:44


蘭マサ好きなんです!

がんばってください

5:木葉:2013/01/03(木) 06:19

来たよ〜

6:phoenix☆:2013/01/03(木) 10:43

晴花さん、木葉!コメントThank You☆
頑張ります!蘭マサ同士がいるとかmj嬉しいです❤
晴花さんタメOKですよ!晴花さんはタメOKですか?

7:晴花:2013/01/03(木) 10:45


良いよ!
これから、よろしくね^^

8:phoenix☆:2013/01/03(木) 10:46

続きかこうかな…よし書こう。

9:phoenix☆:2013/01/03(木) 10:47

あら晴花さん、いらっしゃいませ♪

10:phoenix☆:2013/01/05(土) 13:08 ID:D4.

うふふ誰かいますか?

11:phoenix☆:2013/01/05(土) 13:09 ID:D4.

いないな…よし続きかこう。

12:phoenix☆:2013/01/05(土) 14:38 ID:D4.

―in稲妻公園
蘭「あー…そういえば何曜日にライブあるか聞くの忘れてた…今日ライブ無かったら、また暇にるぅぅ…」
(まぁ、せっかく稲妻公園まで足を運んだんだし…うん。俺の運を信じよう…!)
蘭「うーん、多分噴水の所でやってるんじゃないかなー…」
そう思って噴水のある所へ向かった。
音楽が聞こえてきた。
蘭「お!やってるじゃん♪ラッキー♪」
案の定、人ごみが出来ていた。近づいて、背伸びをしてみた。
蘭「ビンゴ!」
稲妻高校の制服を着て1年のネクタイをしているあたり、本人達に間違いないだろう。

輝・マサキ「♪限界なんてどこにもないんだってー、自然に思える仲間がいるー次のパスに込める、エールはすぐに自分で跳ね返ってくるよ!」
マ「♪今日もー、受け取るナイスアシストー!」(影山輝&狩屋マサキキャラソン『放課後ケミストリー』より)

蘭「…!」
綺麗だった。楽しそうに、歌っていた。
何十分ぐらいたっただろうか。彼らは終わりのあいさつに入っていた。
マ「今日は長らく聴いてくださり、ありがとうございました。これからも宜しくお願いします!」
今日俺はきみに恋をしたんだ。        また時間の問題上 続く☆

13:くろぬこ(& ◆7GZE:2013/01/09(水) 13:21 ID:QHw

phoenix☆!
見に来たよー^ ^

なにこの小説!<・>=<・>
面白すぎる^ ^
やっぱすげーよphoenix☆は!

14:phoenix☆:2013/01/11(金) 19:36 ID:D4.

くぅぅぅろぉぉぉぬぅぅぅこぉぉぉ!!//////
わわわわわわ////ごめんね!うごのコメ返出来てないのと、ここのコメ返出来てないのは、DSとPCどっちも
禁止されて…ホントごめんー><明日にはDS返してもらうから…

来てくれてありがとおッ///

!?///面白いですと…!?///ありがとおお///
くろぬこも凄いよ!

15:木葉:2013/01/11(金) 21:45 ID:cZM

リア充爆発しろやんねっ☆

あ、ども。木葉(又は一希)です☆

16:phoenix☆:2013/01/19(土) 20:25 ID:1v2

おいぃぃぃ!?きなこちゃあぁぁんッ!?<・><・>;
なんか鬼が見えた…((ゾクッ

17:phoenix☆:2013/01/19(土) 20:26 ID:1v2

そろそろ続き書かないとなぁ…

18:phoenix☆:2013/01/19(土) 21:27 ID:1v2

蘭「!?」
俺は、思わず硬直した。
前方約8メートルに…
マ「でさーあの人頭のチューリップ抜いちゃったのwww」
輝「えぇーwほんとにー?www」
   マサキが、いた。
蘭(どうしよ…)
                              *
マサキSide
マ「!」
マ(うわ…美形男子にガン見されてるううぅ…!何か悪いことしたかなぁ…早いとこ謝ったほうがいいよな…!)
輝「?狩屋君、どうしたの?」
マ「…ごめん輝君、先部室行ってて…!」
輝「え?う、うん。分かった…もうすぐ卒業式のライブあるんだから、出来るだけ早く来てね?」
マ「うん」
短く返事を返し、俺をガン見してる美形先輩を見た。
                              
マ「あ、あの((蘭「うわあぁぁッ!?」
マ「!?((ビクッ」
蘭「あ…す、すまない…」
謝られた…だと…!?
マ「ぁ…こちらこそすみませんッ…その、驚かせてしまって…」
何かよく分からないが、謝ったんだ。よし。部室行こう。
マ「ぇと、俺はこれで…」

蘭「ッ…!狩屋ッ!!///」

(ぇ。なんで俺の名前…!?
やっぱ怒られる…!?)
呼ばれて恐る恐る振り返る。

蘭「狩屋のこと…好きだッッッ!!/////」

マ「…ゑ?」

今、あの人廊下のド真ん中でなんつった?
マ「ぇ、いや、え?」
蘭「…///」
『マサキは理解した!▼』
マ「はああああぁぁぁぁ!?!?//////」
ぇえ…!?あれ?何だコレ??
皆見てるのに…!?///男の俺に告白…だと!?/////どうしたんだコイツ!?
誤って酒でも飲んだのか!?/////
マ「えっと…あの、保健室行きますか…?」
蘭「何!?狩屋はそんなに積極的だったのか!?////」(押し倒す的な意味でw)
な、何!?((ピシャーン
マ「なんでソッチの方角にイっちゃうんですかぁぁ!?///違いますよッ!誤って酒でも飲んだのかと思って…!///」
(八ッ!)
視線を、感じる…!///
そうか!ここは、廊下のド真ん中!!まずい…この状況を打開しなければ…!
マ「…ついて来て下さい!!ここじゃ、視線が…!」(ダッ)
俺は走った。行き先は…屋上!!
蘭「あっ!待てよッ!」(ダッ)

モブ男「おまえら…ホモだったのか…!?Σ<・><・>;」
                             続く♪

19:phoenix☆:2013/01/30(水) 21:25 ID:1v2

にゅにゅにゅ☆


はい、すみませんでした。

20:phoenix☆:2013/02/14(木) 22:53 ID:1v2

あの、この小説やめて、他の作品作ろうって考えてるんですが…
理由は、話が長く、グダグダになってしまいそうなので…

みなさんは、続き読みたいですか?コメントお願いします。
2月17日までに「続きが読みたい」というコメがなければ、一言コメして、スレッド作って別の小説を書きます。
コメがあったら、グダグダな続き(期待しないでw)を書いてから、他の作品を作ろうと思っています。

また、「他の作品」の方が見たい という方もコメお願いします。


別の小説については、蘭マサで、シリアス書こうと思います。
題名は『<蘭マサ>Brain death-脳死-【腐注意】』としようと思います。

みなさん、コメントお願いいたします。

21:phoenix☆:2013/02/18(月) 19:11 ID:1v2

皆さん今までありがとうございました!
これから他の作品を作ります。

これよりいい作品を作るように頑張ります!

では!これからも宜しくです☆


書き込む 最新10 サイトマップ