貧乏神が!オリジナル小説☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:モルさん:2013/04/01(月) 10:56 ID:yqE

ルール
1 荒らしNG
2 みんなはみてるだけでお願い
3 感想お待ちしてまーす
4 リクエストOK
仲良くしようね

2:モルさん:2013/04/01(月) 11:24 ID:yqE

さっそく小説書きますΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!
    とある朝・・・・
市子「あー大変貧乏神のせいで遅刻しちゃうじゃない」
紅葉 「しりませんよー私のせいじゃありませんよっ!」
     さかのぼること一日・・・・
紅葉「ねぇ市子今日みんなで宴会しません?」
市子「嵐丸たちがくるならいいわよ・・」
  市子の考え・・・<嵐丸たちがいない場合幸福エナジーを取られるかも・・・>
嵐丸「おお宴会なら行くぜ」
   夕方・・・・
紅葉「早速貧乏神アイテムお酒は二十歳になってから」
嵐丸「あ、それ7巻のラウンド30にでてきたやつか」
紅葉「嵐丸くんちょっとこそこそ・・こらを市子に飲ませていじってやりましょうよ」
嵐丸 「おもしろそうだな」
市子「・・・?嵐丸ジュース分けてくれる」
嵐丸「おおいいぜ」
紅葉「嵐丸くんいまです」
   ピーンポーン
市子「誰だろ・・・紅葉ほかに誰かよんだの?」
嵐丸「どうせ撫子とかだろ」
市子「はーい」
石蕗「桜いるか・」
市子「なっ・・・・よりによって石蕗かぁぁ」
紅葉「あ石蕗くん待ってましたよ市子がどうしてもいれてっていうからバイト休んできてもらったんです」
市子「なにかってなこといてんだこの腐れ貧乏神がっっっ!!!!」
嵐丸「紅葉がやりたっかたことがわっかたぜ」
石蕗「おじゃまします」
嵐丸「市子ジュースわけたぞ」
市子「ありがと」
     ゴクッ・・・・
市子「あーつわぶきら 来てたんら」
市子「よけいにのどかわくな〜」
紅葉「あ・・市子それ飲みすぎ・・・」
市子「みんらで楽しもう・・・ぐ〜〜〜」
       そして朝・・・・
市子「ほらあんたのせいじゃない!!」
     終わり・・・・
撫子「わたくしの出番がありませんわ」


書き込む 最新10 サイトマップ