バトスピ学園

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:あああ ◆J.FE:2013/04/01(月) 19:18 ID:B8Y

バトルスピリッツというカードゲームを使った小説です。
話の都合上オリキャラのみです。
バトスピに興味を持ってくれたら嬉しいです。

2:あああ ◆J.FE:2013/04/01(月) 20:18 ID:B8Y

とあるエスカレーター式の学校では生徒から教職員、果ては保護者までと年齢を問わず、バトルスピリッツというカードゲームが流行していた。

高等部にあるバトスピ部では日夜バトルに励んでいる。

「龍の覇王ジーク・ヤマト・フリードレベル3でアタック!レベル3、4の効果で光楯(こうじゅん)の守護者イーディスを破壊してそのままイーディスに指定アタックだ!」

「ちょっと待って。タケルくん。それをしたいなら、イーディスのコスト3以下のスピリットが相手の効果によって破壊された時、疲労状態で残ることが出来るという効果を解決してからじゃないとそれは出来ないわ」

「はーい。ミエ先生……」

「イーディスを疲労状態で残すわ。指定アタックはどうする?」

「とうぜん!イーディスに指定アタックだ!」

タケルはここぞとばかりに高らかに宣言した。

「ふふ。まだまだ青いわね」

ミエは不敵に笑う。

「な、なんだよ……」

「フラッシュタイミングでダークネスオーラを使うわ。イーディスのBPをプラス3000」

「なんだ〜、そんなもんじゃ俺のヤマトのBP13000には届かないよ!」

「ダークネスオーラの連鎖(ラッシュ)により龍の覇王ジーク・ヤマト・フリードのBPを−3000。さらにイーディスの強化(チャージ)によりヤマトのBPを−1000するわ」

タケルはヒヤッとしたが、まだヤマトのBPに届かないことに安心した。

「タケルくん。フラッシュタイミングはお互いが権利を放棄するまで続くのよ。さらにフラッシュでダークネスオーラを使用!イーディスにBPプラス3000。連鎖と強化によりヤマトのBPを−4000するわ」

「げっ、ヤマトのBPが5000でイーディスのBPが7000で返り討ちだって!?」

龍の覇王ジーク・ヤマト・フリードが破壊され、タケルはミエにターンを渡す。

ミエはタケルのライフを削りきり、勝利した。


書き込む 最新10 サイトマップ